2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【遮那王義経】沢田ひろふみ総合スレ3【山賊王】

1 :作者の都合により名無しです:2008/06/04(水) 23:21:43 ID:fPXXcf5f0
遮那王義経 源平の合戦・月刊マガジンで連載中
山賊王・増刊GREATで連載中

前スレ
http://anime3.2ch.net/test/read.cgi/ymag/1133583200/l50

2 :作者の都合により名無しです:2008/06/04(水) 23:22:09 ID:fPXXcf5f0
公式

月刊少年マガジンWEB
http://www.gekkanmagazine.com/
「遮那王 義経」「山賊王」の沢田ひろふみ先生のページ
ttp://www.uranus.dti.ne.jp/~sanzoku/

3 :作者の都合により名無しです:2008/06/05(木) 20:26:36 ID:hUQyhaCS0


4 :作者の都合により名無しです:2008/06/06(金) 22:30:34 ID:bWwtovYR0
カキコなさすぎて新スレの方が落ちそうだww
とりあえず月マガ連載の方はいよいよ歴史の表舞台の部分に来たね
今までがオリジナル要素が濃かったからやっと来たかという感じだ

5 :作者の都合により名無しです:2008/06/06(金) 22:36:40 ID:5MMIaIUx0
奥州で妻の話がスルーだったことに失望した

6 :作者の都合により名無しです:2008/06/06(金) 23:38:24 ID:Ns1FisJV0
>>1


義経の甘さが消えてるな 史実っぽい感じになってきたか

7 :作者の都合により名無しです:2008/06/07(土) 18:49:02 ID:b8AefFjy0
梶原とか、色々と史実の重要人物が出始めてきたな。
個人的には、義仲が気になる。

8 :作者の都合により名無しです:2008/06/07(土) 20:49:30 ID:l9bVrGTE0
骨太義仲がいいな
梶原が大河中尾っぽいなあw

9 :作者の都合により名無しです:2008/06/09(月) 10:02:21 ID:KrG6mUrVO
義経はまだ童貞なのかな?

10 :作者の都合により名無しです:2008/06/09(月) 23:22:30 ID:3bFlZzsD0
どう考えても童貞

遅くなったけど>>1

11 :作者の都合により名無しです:2008/06/09(月) 23:38:39 ID:d4IMvA1b0
脇役弁慶のセックスエピソードはやったのに、主人公義経はスルーってなに考えてんだよ
死ねよ作者

12 :作者の都合により名無しです:2008/06/09(月) 23:39:12 ID:W/RAuIA60
脇役弁慶のセックスエピソードはやったのに、主人公義経はスルーってなに考えてんだよ
死ねよ作者

13 :作者の都合により名無しです:2008/06/10(火) 19:16:53 ID:G9Fxlmcy0
脇役弁慶のセックスエピソードで金国の姫様はがばがばになった。

14 :作者の都合により名無しです:2008/06/14(土) 18:17:29 ID:nYY2jbWX0
やっぱりあれはやったって事でいいのか?

まあ普通の男子ならあそこでやるよな

15 :作者の都合により名無しです:2008/06/14(土) 19:25:45 ID:SphjXuKc0
前スレはやはりdat落ちか。

16 :作者の都合により名無しです:2008/06/14(土) 20:23:10 ID:mKz6h+Cv0
むしろあの状況ででやらなかったら、女が可哀そうだろ。

17 :作者の都合により名無しです:2008/06/15(日) 15:35:24 ID:Md1dp9Wh0
俺ですら19で童貞喪失したのに、21の義経ときたら
ムダに5年くらい奥州で過ごしたな
血筋は良いが、ただの童貞ニート様だよ

18 :作者の都合により名無しです:2008/06/16(月) 13:39:15 ID:fAwPPtpiO
義経、チ〇コ見せなさい(゜∇゜)

19 :作者の都合により名無しです:2008/06/18(水) 21:17:33 ID:OG6JPQnYO
そろそろ打ち切りの雰囲気が漂ってきたな。
このまま犬夜叉のように変わらない展開が続いてもね。

20 :作者の都合により名無しです:2008/06/18(水) 23:14:28 ID:3vr67ntqO
犬夜叉みたいにはならないでしょ! 頑張ってこれからも面白い作品を書いてほしい(^o^)/

21 :作者の都合により名無しです:2008/06/19(木) 15:08:01 ID:luyY5j4bO
京都〜百鬼編はそうでもないが、奥州編以降はワンパターンすぎる

事件が起きる
→義経が解決orアシスト
→男ども「さすがだ。ただ源氏の貴種ではない。」
→女ども「すごいわ。ジュンジュワー((;))トロ-リ」

こんなんばっか
義経の非凡さを強調しすぎだし、表現が稚拙すぎる
忍者やら清原残党だの平某だの悪役・敵キャラに全く魅力がないのも致命的
敵役がかっこよく強く描かれないとそれを倒す主人公サイドも、英雄になり得ないという創作物の基本を作者はわかってない


22 :作者の都合により名無しです:2008/06/19(木) 18:17:09 ID:kOpD1DZZ0
逆に言えば奥州編が長すぎた影響もあるんじゃね?

23 :作者の都合により名無しです:2008/06/20(金) 00:14:33 ID:+Qsrrhz+0
作者は、子供や少年を魅力的に描くのは上手だけど
青年と大人の男を描くのが下手なのではと思うように
なってきた。
奥州編は、長すぎたのが問題なのではなく、奥州編で描くべき
主人公の少年から大人への精神的な成長を描写しきれなかったのが
だめだったと思う。
後は、ここまで長く時間かけて連載していたんだから、奥州時代に
初恋できれば最初の結婚と長女誕生もふみこんでやってもらいたかった。
長かったわりに中身が薄くワンパターンになったのが残念。


24 :作者の都合により名無しです:2008/06/20(金) 01:28:21 ID:6g6UeXFr0
>>23
山賊王も主人公の子供時代が一番面白かったと思う

恋愛描写が苦手なのかなあとも思ったんだが
弁慶の恋の話は個人的に良かった

魅力のあるキャラを作るのは上手いのに
活かせてなくて勿体無い、盛さんとか

25 :作者の都合により名無しです:2008/06/20(金) 22:04:06 ID:beSszhXj0
平家方も時子や維盛も出てきたし、これからは合戦目白押しだし
頑張って欲しいね。

26 :作者の都合により名無しです:2008/06/20(金) 22:11:44 ID:beSszhXj0
>>24
恋愛描写と言えば、若き日の頼朝と八重のもよかったな。

27 :作者の都合により名無しです:2008/06/21(土) 11:30:20 ID:aeBOvZrR0
政子さんと頼朝にも期待する

28 :作者の都合により名無しです:2008/06/21(土) 11:46:23 ID:83lazxuE0
平家物語にある平通盛と小宰相の一の谷での逢瀬の事もやってくれないかな
教経はそれを見て兄を嗜めてるし何気に出番あるぞ

29 :作者の都合により名無しです:2008/06/21(土) 21:40:04 ID:B/waqh8z0
大姫と義高の話もやって欲しいな。

30 :作者の都合により名無しです:2008/06/21(土) 22:12:59 ID:jjS5a+zv0
だけど、一番やってもらいたいのは主人公漂太すなわち義経その人
自身の恋愛描写。
弁慶の恋愛話は悪くなかった。だけど、作者さんはもしかして脇役の
恋愛は描けても、主人公の恋に踏み込むのを怖がってるの?避けてる?
義経の奥州時代の恋人候補は何人か登場して、そうなりそうな気配がありなが
ら、それ以上に行かなかったのはどうしてだろう?

本当は、静御前との恋愛だけでなく、北の方こと河越重頼娘との夫婦愛
平時忠娘との関係も並行して一夫多妻制の下の男女関係をさばいてほしいけど
この作者にはそれが一番難関かもしれない。


31 :作者の都合により名無しです:2008/06/21(土) 22:22:42 ID:aeBOvZrR0
静のポジションにりんを持ってきた時からヤバイと思っていた

32 :作者の都合により名無しです:2008/06/21(土) 22:43:05 ID:wDrDETkM0
りん=静じゃなく、小磯さんの元で技を磨きあった
姉妹弟子で静が別人とかならまだいいんだけどな。
りんは髪型が癖毛だし、黒髪ストレートである
白拍子っぽくない。

33 :作者の都合により名無しです:2008/06/22(日) 12:06:25 ID:jRloZsfo0
意表をついてそれなら期待する
昔は成長した牛若とりんが良い感じになるのかなと思っていた

34 :作者の都合により名無しです:2008/06/22(日) 13:08:18 ID:AWxuXZv30
>>28
そういや前スレでもちょっとあったが、平家物語では硬派の教経も
妻はいたという一説はある。
妻海御前の伝説が河童の化身になったとか九州に伝わってるし。
ttp://www.kcta.or.jp/kaidou/minwa/moji/kappa.html
ただ史実では、妻の名前も出自もちゃんと出てきてないようだから
妻子はいなかった説もある。今回も多分出てこないだろうけどさ。

35 :作者の都合により名無しです:2008/06/23(月) 00:03:37 ID:JZ/FZVdr0
>>30

> 弁慶の恋愛話は悪くなかった。だけど、作者さんはもしかして脇役の
> 恋愛は描けても、主人公の恋に踏み込むのを怖がってるの?避けてる?

そういや、山賊王の長門も恋愛描写がゼロだな。
長門は義経と違って、女に興味を持つ描写すら殆ど無い。

36 :作者の都合により名無しです:2008/06/23(月) 00:12:31 ID:ZPgzILY/0
今さら言っても仕方ないけど、奥州時代に静の前に恋人か妻
の存在を出せば、牛若亡き後の実は偽者だったいうオリジナル
の味が結構出せたのに。
もし、誰かと結婚したら、漂太にとってかなり心境に変化が出る
きっかけになりうるよ。両親を知らず家族の愛を知らず孤児として
流浪して生きてきた漂太が家庭を持ったなら、その幸せを失いたく
ない奥州でずっと生きていたいという思いが漂太の中で芽生えてくる。
明るい性格だけど、親を知らずに社会の底辺で生きてきた人にとって
やっと人並みの家庭を得た経験は一番のかけがえのない大事な存在に
なってくる。牛若の身代わりではなく漂太としてのね。
それで牛若との約束との間で葛藤する。
本当は偽者だから牛若ほどは漂太自身に実は平家打倒に対する
強い動機はない。動機は牛若との約束をかなえたいだけ。
義経として生きる決意と漂太としての気持ちの葛藤の末に下した決断は・・。
だけど、この苦悩を話せる相手は誰もいない。吉次は偽者の事実を知る
奥州で唯一の人だけど、相談できる相手じゃなさそうだし。
これくらいはやってもらいたかったなあ。





37 :作者の都合により名無しです:2008/06/23(月) 00:31:41 ID:ZPgzILY/0
後、義経≠牛若丸 身代わり設定を生かした展開としては、
縁談話や恋人候補が出てきた時、女達の「さすが源氏の貴種だわ
御曹司だわポー」の態度に対して、デレーオイラもてる♪じゃなく
「お前は源氏の御曹司だから
オイラが好きなのか?源氏の名を抜きにしてオイラ自身を
好いてくれるのか?源氏じゃなくただの男だったらそれでも
オイラに変わらずついてきてくれるのか?」と辛らつに問い
ただしてもらいたい。
本当は、偽者という設定の漂太が本来なら奥底で考えそうな事に思える。

静=りんだと幼馴染だからこの展開は意味なさないけど
河越正室辺りで。

38 :作者の都合により名無しです:2008/06/24(火) 03:15:44 ID:sW0TipY60
>>28
 そもそも通盛がこの先登場するのかな?一の谷の合戦では重衡・敦盛
 ・忠度といったあたりは確実に登場するだろうし、知盛に義経のライバルと
 してスポットをあてるのなら知章も出てくるだろうけど通盛・経正・盛俊といった
 連中は出番があるかわからんしなあ。まあ絶対に出番はないだろう清房・清貞
 ・経俊・師盛・業盛よりはましなんだけど。
  
  それにどの軍記物語を参考にしてこの先の話は進んでいくんだろう?
  参考にする話によっては微妙に出陣する武将が変わったりするし。


  
  
 
 

39 :作者の都合により名無しです:2008/06/24(火) 18:18:44 ID:uZ7rybl50
どうなんだろうな、ただ一の谷始まる前の戦では父教盛と教経と共に
出陣してるのもあるし、墨俣川の戦いにも出てる。
平家方の状況を知らせる為に出てくる可能性はある>通盛

あと通盛の部下の菊王丸も出るんじゃないかな。平家物語では
兄が死んだ後に教経に仕えてて、菊王丸が屋島で死んで教経は
戦意喪失したぐらいらしいから。

それもまあ当分先だろうけど。

40 :作者の都合により名無しです:2008/06/24(火) 18:29:59 ID:uZ7rybl50
あと倶利伽羅峠の戦いにもいたな>通盛

軍記物は何を参考にしてるんだろうな。今回の梶原軍に
平家側が奇襲はオリジナル展開?だろうし。

41 :作者の都合により名無しです:2008/06/25(水) 03:50:19 ID:tMDzKxob0
>>墨俣川の戦い
義円が参加しているから触れずに済ますことはないと思うけど義経が
 直接に参加した戦じゃないから話だけですませて戦闘シーンが描かれる
 事はないんじゃないか。 義円も全成も義経とのからみが全く書かれてないし。

>>倶利伽羅峠の戦い
 軍記物の種類によっては通盛は能登侵攻の別働隊の方にいるんで
  倶利伽羅峠にはいない場合があるんだよな。

  そういえば作者は源氏一門はどのくらい登場させるつもりなんだろう
  希義あたりは話だけだろうけど、甲斐の武田一族は勢力はかなりの
  もんだし、志田義広は叔父なのに平家や義仲側についているし足利
  義兼・矢田義清や新田義重、源広綱・有綱、平賀義信、源頼隆や佐竹
  一族等々その気になればいくらでもだせるし。


  

42 :作者の都合により名無しです:2008/06/25(水) 18:20:46 ID:SFXd6URj0
漂太も今若や乙若(全成や義円)の存在については知ってるからな。
全成は政子の妹が妻なのもあるし、出して欲しいけど。
鎌倉で接触するとかさ。

43 :作者の都合により名無しです:2008/06/27(金) 00:08:22 ID:tlKn3VJt0
阿野全成が登場するなら、奥州編かそれ以前に既に登場している気が
する。なんといっても、母親が常盤御前だからね。
奥州編で異父兄弟の範頼が登場して今若が出なかったということは、
おそらくこの作品では登場しないと見た。
本来なら、異父兄弟の範頼より阿野全成の方がよっぽど義経(牛若)を
気にかけて奥州に会いに行きそうな人物に思えるんけどな。

あるいは、常盤御前が牛若の替え玉の漂太義経を心配して、身代わりと
牛若の死の事実を阿野全成と義円には教えて、義経を守って欲しいと頼む展開
があっても良かったかも。何といっても二人は本物の源氏の息子達。
源氏兄弟の中で、偽者の事実を隠しながらは漂太にとって辛いと思う。
自分が常盤なら、そうするだろうな。


44 :作者の都合により名無しです:2008/06/27(金) 00:10:57 ID:tlKn3VJt0
>>43
訂正。異父兄弟の範頼 → 異母兄弟の範頼

45 :作者の都合により名無しです:2008/06/27(金) 00:46:45 ID:sbYl+aZN0
全成と義円の二人は、頼朝の出兵の辺りから歴史の表舞台に出てきたから
漂太が16の時の奥州は来れなかったという風にすればいい。平家にも
監視されてるだろうし。個人的には出して欲しいけどね。
藤原範季が養父の範頼の方が、情報も伝わりやすいし範季妻が
清盛の姪、で清盛も迂闊に手が出せないしで接触できたんだろうと予測。

でも全成とか僧にさせても、結局頼朝の元に反平氏で戦うんだから
意味なかったんだよな。しかもこの時代によく範頼を京で育てる事
できたよなと。

46 :作者の都合により名無しです:2008/07/01(火) 22:05:34 ID:X1l3PODgO
書き込み少なすぎですぅ〜(ToT)

47 :作者の都合により名無しです:2008/07/01(火) 22:50:26 ID:XkkdsM+30
なんかもう、平家方の登場だけに期待。重衡は富士川の数ヵ月後に
南都焼き討ちだからそれが取り上げられれば出るかもしれないな。
意外に宗盛もまだなんだよな。

先月の感想だが、富士川で回りが白拍子の舞見てる中維盛だけはこんな事してて
いいのかと注意して、葛藤してるのがよかった。回りが非常識な馬鹿公家達の中
責任感と常識人な所あってさ。舐められてる感もありありだったが。
ヘタレの代名詞の維盛をどういうキャラに描くのかは興味ある。

48 :作者の都合により名無しです:2008/07/03(木) 18:39:40 ID:TeIDaabNO
四巻まだ( -_・)?

49 :作者の都合により名無しです:2008/07/03(木) 18:40:46 ID:2zN6PrXg0
四巻出るのは8月だろう

50 :作者の都合により名無しです:2008/07/04(金) 18:37:27 ID:VSUGlf100
さすがに梶原を悪く書きすぎ

51 :作者の都合により名無しです:2008/07/05(土) 10:40:46 ID:zgpOBPXw0
世界の満足王に俺はなる!!

52 :作者の都合により名無しです:2008/07/05(土) 11:09:21 ID:g66JgIL4O
世界の盗撮王に俺はなる!!

53 :作者の都合により名無しです:2008/07/05(土) 22:00:27 ID:zV7HTaaA0
梶原が絵に描いたような小悪党で萎え

ところで黄瀬川の対面をスルーしてどうする気だ?
鎌倉まで行って政子か全成(もういるはずだよな?)に泣きつくのか?

54 :作者の都合により名無しです :2008/07/05(土) 23:41:24 ID:91aH7F0Q0
義時に拾われて、彼の案内で途中の宿で頼朝と感動のご対面になったりして。

55 :作者の都合により名無しです:2008/07/06(日) 07:19:57 ID:uXOu3Iik0
義時は富士川の合戦にいたっけ?年的には景季と同じぐらいだよな

56 :作者の都合により名無しです:2008/07/07(月) 00:20:36 ID:PZllgi5e0
頼朝のジト目に笑ってしまった(笑うとこじゃないんだろうがw)。
いまんとこ、名将として描いてくれてんね。
政子もかわいく描かれてるし。

57 :作者の都合により名無しです:2008/07/07(月) 14:17:26 ID:wg6a+7fQO
毎日新聞の反日変態記事を編集した本が、講談社から英語版のみ販売されてますよ

http://www.amazon.com/Tabloid-Tokyo-Bizarre-Japans-Weeklies/dp/477002892X


講談社の本を不買しよう
どうしても読みたい本は漫画喫茶か立ち読み、中古で

58 :作者の都合により名無しです:2008/07/08(火) 02:43:42 ID:pqc/vf9h0
>>53-54
この先の展開を考えると河越重頼あたりと絡ませてもいいんじゃないか。
  しかし作者はどういう意図があって義経と政子の弟をからませたんだろう?
 北条家と義経は対立する要素ばかりで仲良くなる理由はあまりないと
 思うけど。

 
 

59 :作者の都合により名無しです:2008/07/08(火) 04:36:18 ID:8BGIyHYT0
義経の運命に北条を強く関わらせる構想かも
数年前の大河ドラマみたいに「義経排斥を主導したのは政子・北条家」とかするつもりか?
この漫画じゃ梶原は小物過ぎてあまり大したことはことはできそうにないし
(大河の方ははっきりいって失敗だったと思うが)

60 :作者の都合により名無しです:2008/07/08(火) 14:07:24 ID:y0zFfBxF0
どっかで正体バレイベントは入るんだろうね
誰にばれるかが問題ではあるが

逃れて野党になって、道々のものに

61 :作者の都合により名無しです:2008/07/08(火) 21:40:43 ID:Xzy9ZyWi0
既に景時の言葉にもあるが「源氏の名を騙る者はいるだろう」は当たってるからな。
(理由は牛若の遺志だけど)
ただ頼朝や範頼は漂太に味方しそうな気がする。清盛が自分は出自がわからないと
弟達に言ったけど、それでも弟達はついてくると言ってたように。

まだ出てきてないが北条時政と、梶原景時が結託してバラす展開になるんでは。
双方平氏筋の家柄だし、牛若の警備が厳しくなる前の情報ももしかしたら知っているかもしれない。
清盛をたしなめた時後の牛若の人格と、それがおこる数ヶ月前のその後があまりにも
違いすぎるとか長成の元家来への事情聴取とかさ。

62 :作者の都合により名無しです:2008/07/08(火) 22:02:44 ID:tI2ptGPw0
>>清盛をたしなめた時後の牛若の人格と、それがおこる数ヶ月前のその後があまりにも
違いすぎるとか長成の元家来への事情聴取とかさ。

それでばれるなら、清盛がとっくに替え玉の事実に気がついていそう。
何度かかぎつけそうになっても依然として漂太=義経を信じきっている。
京都にいる清盛で無理だったことが、関東にいる時政と景時ではなおさらな
ような。

だけど、時政と景時による正体バレは大ありだと思う。
だとしたら、なおさら阿野全成がキーマンになりそう。
まず、本能的カンのレベルで牛若≠義経に気がつきそうな人物でもあるし。
第一、全成なら常盤御前に直接問いただすことができる立場。

63 :作者の都合により名無しです:2008/07/08(火) 22:14:00 ID:Xzy9ZyWi0
>>62
ただ、関東にいるとはいえ伊東祐親は京にも何年か赴任してるし
時政や景時だって京にないわけではないだろう。
そういやその時の責任者の奴、嘘を清盛にして報告してそれを
清盛が信じちゃったんだよな。そいつが源氏方に寝返った後に
酒の席で愚痴ってバレるとかかな。

阿野全成は異母兄弟である頼朝や範頼とは違って、牛若とは完全な
同母兄弟だからな。肉親の直感的な観で、お前は誰だと言えても不思議ではない。
出てきてほしいけど。

64 :作者の都合により名無しです:2008/07/08(火) 22:19:31 ID:Xzy9ZyWi0
追加
その時ってのは清盛の昇進の宴の後、軒下一座+牛若がいた五作の家。
その責任者は送り込んだ刺客の上司桐島って奴だったかな。
(コミックスの一部では桐岡になってたが間違いか?)

65 :作者の都合により名無しです:2008/07/08(火) 22:47:18 ID:Xzy9ZyWi0
ちなみにコミックス5巻での事。
連投スマン。

66 :作者の都合により名無しです:2008/07/08(火) 23:40:09 ID:tI2ptGPw0
清盛昇進の宴の時、清盛本人が漂太になりすました牛若に
会ってた。牛若が倒れて清盛宅で手当てを受けている時に
りんが思わず発した「牛様。」その言葉にあおざめた仲間たち。
それを見た清盛自身が疑惑を覚えて替え玉の事実に近づきそう
になったけ?その時、感じた疑惑はもう彼の心中にはないのか
なあ?



67 :作者の都合により名無しです:2008/07/09(水) 01:50:23 ID:Ha3CCAc70
今は忘れてるんじゃないかな>清盛
疑問に思って刺客送ったのが1167年、今1180年だし

あと五作、小磯、りんは漂太という名前は知ってる。
五作とりんは牛若と漂太という二人の存在どころか
牛若が持病もちだった事も知ってるしな。
この辺と再会した時漂太と呼ばれた時の反応によっては、梶原辺りに
正体の疑問もたれるだろうな。

68 :作者の都合により名無しです:2008/07/09(水) 02:48:50 ID:Yvif6gc7O
梶原たんは定説通りのキャラか
パパが嫌われすぎたせいで、息子も巻き沿いになるんだよな…

69 :作者の都合により名無しです:2008/07/09(水) 08:09:23 ID:1lBWbbGC0
>>68
最近の定説では悪人じゃなくなってるよ
歌舞伎ではいまだに悪人だけど

三国史の曹操みたいなものかな


70 :作者の都合により名無しです:2008/07/09(水) 10:48:56 ID:wA59ctWsO
とりあえず、満喫で最新刊まで読んできた
源平合戦時の漫画で他に面白いの教えて


71 :作者の都合により名無しです:2008/07/09(水) 18:10:33 ID:Ha3CCAc70
頼朝を石橋山で救ったのも景時だし「梶原の二度駆け」の
景季への親子愛のエピソードを聞くとそんなに悪人
ではないだろう。

ただ義経と絶望的に合わなかった。義経への悪口書き連ねたというし
合わない奴相手には感情的になりやすかったんだろうと思うよ>景時

>>70
北崎拓のますらおかな、結構ダークな表現もある。

72 :作者の都合により名無しです:2008/07/09(水) 22:06:13 ID:4UlluoVm0
悪の梶原も良いが、あの天然パーマだけはいただけない。

73 :作者の都合により名無しです:2008/07/09(水) 23:20:20 ID:Yvif6gc7O
>>69>>71
東條さんみたいだな

74 :作者の都合により名無しです:2008/07/10(木) 22:56:47 ID:kxofUnXs0
自分のイメージだと、梶原景時は悪人というより
主(頼朝)への忠誠は強いけど仕事にも他人にも厳しい。
時に周囲からの憎まれ役もあえて引き受けていたような。
義経との関係は、会社で言えば保守的で定石の方法に拘る旧世代専務
(会社創立時からずっと会社発展のために長年人生を捧げた重鎮)と
ヘッドハンティングで引き抜いた天才型の新人類若手課長(入社して
1年もたたない内に何十年のキャリアを積んだ社員の何倍もの業績をあげる)
の対立のような感じ。
天才型の若手社員がどんなに成果を挙げても、型破りな方法で危なっかしい
方法による成功なので素直に評価できない。社内でも意見が割れて議論がおこる。
社長(頼朝)が最終的に、常識人専務(梶原)の意見を尊重したのも理解でき
るかなと。どっちが善でどっちが悪か決められない。

75 :作者の都合により名無しです:2008/07/10(木) 23:13:17 ID:kxofUnXs0
自分には、梶原に曹操のイメージはないなあ。
曹操には、ヒールだけど一国の王としての存在感とカリスマがある。
劉備や孔明がかすむくらいの強烈な印象がある。
だけど、梶原はあくまで補佐役として才能が生きるタイプ。
それこそ、頼朝というカリスマを見つけたことでやっと
自分を生かす道ができたのでは。名脇役も、大スターや名監督あってこそ
名演技が出来るように。
連投ゴメン

76 :作者の都合により名無しです:2008/07/14(月) 02:39:46 ID:YhNgI5ml0
>>75
>69が曹操いったのは
最近悪役として以外の人気がでてきた
ってとこじゃない?

三国志マニアならともかく
そうでない人間にとっては演技の曹操のイメージしかないわけで
蒼天航路が人気になったから
一般にも曹操の人気が認知されだした
ってところかと。

77 :作者の都合により名無しです:2008/07/14(月) 09:57:41 ID:/lsf7OuL0
曹操と言うよりちょっと前までの
加藤清正に対する
石田三成だろ=梶原
扱いも能力も

78 :作者の都合により名無しです:2008/07/16(水) 00:19:35 ID:h1IMaa+BO
りんちゃん、まだ〜?

79 :作者の都合により名無しです:2008/07/16(水) 01:06:53 ID:ZIwn5iBiO
お前らの歴史上人物の印象なんてどうでも良い

80 :作者の都合により名無しです:2008/07/16(水) 07:06:51 ID:EyMaqFL70
話題がないときはそういうのでもいいじゃないの
月刊誌だし、どうも話題が途切れがちになる>歴史話

少なくとも遮那王では、清盛亡き後の平家は悪に描かない気がする。頼朝も。
悪役なら梶原や北条辺りの御家人とその政争とか、朝廷の後白河とかあの辺じゃね。
外部の敵より、内部の敵になりそうな気がする。

81 :作者の都合により名無しです:2008/07/18(金) 23:52:26 ID:Vxrj/sZA0
なんという過疎っぷりwww

82 :作者の都合により名無しです:2008/07/20(日) 12:00:02 ID:yGkoAlLk0
>>81
いや、むしろ最近は盛り上がってるぜ。
前スレなんて、2年以上かけてようやく埋まったが、今年は既に、1ヶ月ちょっとで80超えてるし。

83 :作者の都合により名無しです:2008/07/20(日) 18:08:59 ID:9zlYMFSD0
一応新シリーズになって歴史も動き出したからな
前スレの時はずーっと奥州編だったし
やっぱあんなに奥州編いらなかったと思う

84 :作者の都合により名無しです:2008/07/20(日) 19:35:22 ID:uhvctOc+0
奥州編はほんとにいらんかった

85 :作者の都合により名無しです:2008/07/21(月) 01:20:43 ID:pT8+NXyX0
奥州編はもっと短くて良かったな。

最初に2話くらい使って
佐藤兄弟の心を掴んで

その後すぐに清原編に入って
数話で終了でよかった。
せいぜい単行本2冊で十分

86 :作者の都合により名無しです:2008/07/21(月) 17:49:55 ID:9FhmrLqC0
長くても範頼に会った18巻で終わらせとくべきだったな>奥州編
週刊や月2回ならともかく月刊連載だったからか、余計長々とした印象がある
編集部もそういう配分もっと考えてほしい

87 :作者の都合により名無しです:2008/07/22(火) 00:01:51 ID:wlkfeye80
長さはこれくらいでも良かったけど、どうせなら義経を結婚させて欲しかったな。
水樹でも杏でも良いから。

そして、幸福の中で頼朝の挙兵を聞き、今の幸せを捨てて牛若との約束を果たすべきか
苦悩する・・・・という流れが良かった。

88 :作者の都合により名無しです:2008/07/23(水) 12:32:47 ID:RrE9RPxLO
この漫画って連載始まってから、8年位になるんだ〜(゜〜゜)

89 :作者の都合により名無しです:2008/07/24(木) 02:37:53 ID:4huiOmyl0
そんなになるのか・・・長いなー。
連載当初から追っていたから、感慨深い物がある。

90 :作者の都合により名無しです:2008/07/24(木) 11:55:39 ID:dTRVtDYaO
静御前は?

91 :作者の都合により名無しです:2008/07/24(木) 17:32:55 ID:6DZbngbQ0
当分先だと思うよ>静御前登場
木曾義仲・巴よりもな

連載は山賊王の方が先に始まったんだっけ
ただあちらは年6回だからまだ回数少ないんだよな

92 :作者の都合により名無しです:2008/07/24(木) 19:47:31 ID:AOVz0Y2I0
静御前の正体は予想を裏切ってほしい
無理かな

93 :作者の都合により名無しです:2008/07/24(木) 23:27:57 ID:BL8v2XBh0
作者の気が変わればあるんだろうが…
りんあんまり人気無いなw
俺はわりと好きなんだけど。

94 :作者の都合により名無しです:2008/07/24(木) 23:58:23 ID:CWwCAFa40
私もりん好きだよ。
自分は、逆に幼少期の軒下一座時代の絆からして
静はりんしかありえないと思っている。
第一、りんは子供だったし、成長すればいくらでも変わるし
大化けする可能性大だよ。
特に女の場合はね。

95 :作者の都合により名無しです:2008/07/25(金) 00:08:43 ID:KMp4eOZ40
むしろ、静御前以上に河越重頼の娘をどう描くのかが気になる。
奥州に妻子を連れて逃げたこと、妻の実家に起こった悲劇。
最期に妻と幼い娘と一緒に自害したことはちゃんと描いてもらいたいけど
無理?
漂太義経が、八艘飛びさながらに静と重頼女との間を行ったり来たり
泳ぎまわり、さらに平家が保身の為に姫を差し出し、四角関係で女難
の義経という平安時代ならではの展開を期待したいけど、この作者に
出来るかなあ?不安だなあ。

96 :作者の都合により名無しです:2008/07/25(金) 08:00:30 ID:n79OC8TZ0
>>92-93
同意
>>94
そうか?容姿的には山賊王のなつめみたいな容姿だと思うが
6巻裏表紙のりんの金髪で赤白衣装はあまり似合ってなかったぞ

それに作者は金国の人間がたくさん出てきた時の巻の時、特に意味はないみたいな事
言ってたが気が変わりやすいのでどうなるかわからんらしき事も書いてた
りんと別れた描写からもう5年ぐらい経ってるしあれからの反響が、工エエェェ(´д`)ェェエエ工
それはちょっと…っていう反響が多かったら編集も当然変えさせるだろう
現に徳子とも壇ノ浦で次会うのかと思ったけど、1171年に間接的に会ってるし

そういや沢田氏は女キャラ描くのは苦手と公言してるし、恋愛描写は全く期待できないな
山賊王の長門は入れ替わりでもない完全オリジナル設定だから女なしでもそこまで
つっこまれないが、歴史上の人物である義経の有名な恋人静の存在スルーしたら
鎌倉での舞とかどうなるんだとなるし
(それなら義経なんて題材選ぶなと思うが…)

97 :作者の都合により名無しです:2008/07/25(金) 08:13:15 ID:KMp4eOZ40
6巻裏表紙のりんの白拍子姿は、あの子供のりん状態での
白拍子姿。再会しる時の静御前の姿とは別もの。
作者にとってのある意味試作品のような意味あい
だと考えた。その反響をみながら静御前の造りを練っておこうと。
大人になったりんが、目鼻立ちに面影をもちながら髪の毛は
黒くなっている可能性もあるんじゃないの。
それに輪郭はとうぜん丸顔から普通にうりざねに変形するだろうし。
髪なら染めるなり髪質が変わるなりかつらにするなり、いじれる。


98 :作者の都合により名無しです:2008/07/25(金) 21:12:43 ID:+8MwZRPc0
>>96
りんってまんま幼女ナツメのイメージだよね

りん=静だとして
既に弁慶、徳子、静と既に幼少からの知り合いってのが
個人的にはちょっと不満かなあ
そういう偶然の出会いは一つぐらいで良いかなと思う

99 :作者の都合により名無しです:2008/07/25(金) 21:52:10 ID:fIJSOOIBO
平将門

100 :作者の都合により名無しです:2008/07/25(金) 22:00:28 ID:n79OC8TZ0
平将門は時代が違う
あとsageろ

101 :作者の都合により名無しです:2008/07/26(土) 00:27:44 ID:q2CcaXD40
弁慶の恋愛描写は悪くなかったんだよね。
昔のトラウマにとらわれている男女が偶然出会う。そしてお互いに
似たもの同志であることを感じて距離を縮めていく過程は
まさに大人の恋愛だよ。お子様の恋愛ごっこもどきしか描けなさそう
だと失礼ながら予想していただけに、そこでかなり見直したんだよ。
だけど、これは脇役の弁慶だから冒険できたような気がする。
主人公の恋愛描写は失敗すると致命的だから冒険できずに
避けているような匂いがする。杏や水樹の扱いでそれを感じた。
まさか、漂太の初体験の相手が静御前だなんて、そんなありえない事態まで
になったらある意味ですごい嫌なんだけど。


102 :作者の都合により名無しです:2008/07/26(土) 18:52:44 ID:1IFnM9XB0
盛さんのアダルトな恋愛がみたい

103 :作者の都合により名無しです:2008/07/27(日) 00:26:00 ID:VjvITJYa0
盛さんの場合、以前も言われていたように
かすみとくっついたら雰囲気があってよさそう。

104 :作者の都合により名無しです:2008/07/27(日) 02:34:56 ID:ONiU5dmo0
りんが

しずやしず〜
とか
吉野山〜

とか舞うのか…

105 :作者の都合により名無しです:2008/07/27(日) 07:25:19 ID:MhU9NfIh0
>>104
それが萎えるならファンレターやメールでも出して、感想と共に
そういうのは嫌とか書いといた方がいいぞ
作者本人は読んでるかどうか知らんが

106 :作者の都合により名無しです:2008/07/28(月) 00:04:54 ID:Ni4VWgVO0
りん=静を嫌がる人多いみたいだけど、
とりあえず漂太義経とりんとの再会がどうなるか
妙齢の女性に成長したりんがどうなっているかを
見てから判断しても遅くはないと思う。
決め付けるのは早いんじゃない。なぜなら
りんが小磯さんに連もれられた時、おそらく10才にもなっていなかった。
長い年数たてば、まず容姿はかなり様変わりしているのは間違いない。
特に白拍子なら白拍子向きの容姿を作りこんでくるよ。プロの芸人が地のまま
素顔のままで人前に出るわけないじゃない?
それに、性格や身のこなし、しぐさなども、孤児で漂太や仲間と行動していた
時とはすごい様変わりだよ。小磯さんに厳しく躾けられていることは間違いない
だろうから、白拍子にふさわしいように根性からたたきなおされて矯正
されているだろうね。りんは勝気なところがあったから厳しい躾でも
小磯さんの期待にこたえてそうな気はする。
りんと静が同一人物なら、性格が勝気ってところ、唯一それだけだと思う。

マイフェアレディのイライザか、みにくいあひるの子の
ような変化を期待したい。とうかそうだろうことが普通に予想できる
展開だけど。

107 :作者の都合により名無しです:2008/07/28(月) 22:27:43 ID:EK5iSrCF0
奥州編でこんなに長くなると思わんかったからな
静が出るまでにどれぐらいかかるのか・・・・
グダグダにならんか心配だ

108 :作者の都合により名無しです:2008/07/29(火) 02:12:03 ID:TdQWbqCn0
106がキモいのがよくわかった

むしろこの二人よりも今後出てくるだろう木曾義仲と巴、義高と大姫や
平家勢の恋愛の方がかなり重要だと思うけどね
大抵片方が死んだり、下手したら両方死んでたりする(女の身投げとか)
今までの義経自体の恋愛があほらしく見えるぐらい悲しいよ

109 :作者の都合により名無しです:2008/07/29(火) 02:55:44 ID:EH36QwtB0
>>108
巴や大姫は出てくるだろうけど、平家側の恋愛は描くかなあ?
 義経との多少の絡みがありそうなのは重衡くらいじゃないか?
 あとは徳子のことも多少は描くだろうけど。
 それよりも義経との関係がある河越氏や阿野全成等の源氏
  一族をしっかりと描いて欲しいな。


110 :作者の都合により名無しです:2008/07/29(火) 22:09:51 ID:TdQWbqCn0
そういや富士川以降は義経しばらく表舞台に出ないな
出るとしたら1181年7月の鶴岡若宮宝殿上棟の際に馬ひっぱる役目の時ぐらい?
あと全成は出してほしいな、なにせ範頼の養父の藤原範季まで出したぐらいだし
本来なら牛若の実兄で、政子の妹を嫁に貰ったぐらいだから接触はできるはず
そもそも山賊王の時代の阿野廉子(登場してないが)は全成の子孫だし
存在はさすがに知ってるだろう…と思う、漂太も牛若の兄二人がいるのは知ってるし

平家方はあえて遮那王〜に出さなかったと作者本人が書いてる位だし
気合入れて描いていくとあるから、これから出番は増えるんじゃないか?

111 :作者の都合により名無しです:2008/07/29(火) 23:14:19 ID:XuAPyo5z0
>>108
平家側に比べると義経のドラマなんてっていうけど、
この漫画、主役は義経だし・・・。
別に平家物語をそのまま現代漫画訳しているわけではないだろうし。
タイトルが遮那王義経である以上、まず主人公とその身近な人間関係
を第一に描くの筋じゃないの?




112 :作者の都合により名無しです:2008/07/29(火) 23:31:00 ID:TdQWbqCn0
>>111
だが下手すると鎌倉での空白期間を、奥州編みたいに
オリジナルエピソード長々でgdgdとなる可能性も高いんだが
それなら史実のドラマやったほうがマシって感じになってる
むしろ宇治川辺りまでは木曾勢や平家勢の方が活発に動いてるし

113 :作者の都合により名無しです:2008/07/30(水) 00:20:16 ID:2vhLLsHr0
それは、「遮那王義経」という漫画の中で、主人公義経とその愛人静の
話よりも平家や義高&大姫のドラマの方が重要だというのについて
そりゃあ違うだろと言ったまでで。
別に空白期間をだらだらやればいいとは思ってはいないけど。
日本史としては、確かに木曽や平家の動きの方が活発だけど、だからってその時に
描くのは平家と木曽のドラマよりは、主人公のドラマだと思う。
頼朝や北条家が感じた佐藤兄弟への疑惑、その背後に見え隠れする奥州藤原氏への懸念、
それを受けた義経の思い。秀衡呪いの儀式を行った頼朝。奥州に帰国しようとした佐藤兄弟。
後の悲劇の予兆、関東御家人との人間関係などなど。(ここらで河越重頼、畠山重忠と会わせ
と会わせてもいいと思う。)空白白期間に描ける面白いドラマもあると思う。
要は、作者の力量次第なんだけどね。その上で平家や木曽も描くならもちろん文句ないけど

114 :作者の都合により名無しです:2008/07/30(水) 02:00:51 ID:YG7hVhDf0
ここで義仲編に突入します。

115 :作者の都合により名無しです:2008/08/05(火) 13:35:37 ID:swaKHl9+0
あいかわらず梶原を
小物にかきすぎてるな。


116 :作者の都合により名無しです:2008/08/06(水) 03:54:56 ID:0q8qwrs50
とうとう、正体ばれフラグが立つ頃なのかな。

117 :作者の都合により名無しです:2008/08/06(水) 11:24:53 ID:Eeq/74lGO
ここって何人位、来てるんだろ?

118 :作者の都合により名無しです:2008/08/06(水) 13:46:50 ID:VgMcxi/t0
あなたとわたしのふたりだけ
ふふ…

119 :作者の都合により名無しです:2008/08/06(水) 18:48:27 ID:CPstE8s20
>>115
梶原ヲタ乙
実際小物だろ、頼朝死後は他から反感買って
滅ぼされる位だし

120 :作者の都合により名無しです:2008/08/06(水) 21:19:00 ID:WRLpbzJ70
金太の口封じしたら沢田は神 そっからダーク面に堕ちる義経

121 :作者の都合により名無しです:2008/08/07(木) 01:30:42 ID:3yYB9lgy0
いきなりだったんで仕方ないけど、あそこで知らない振りをしてしまったのは不味かったな。
「おお、漂太の知り合いか」って言ってやったら良かったのに。

122 :作者の都合により名無しです:2008/08/07(木) 15:15:24 ID:KidhN4yD0
ここで金太が5人目の家来になり名前が駿河次郎あるいは鷲尾三郎に変更なんてことはないな

123 :作者の都合により名無しです:2008/08/07(木) 18:31:14 ID:bBi3FQWG0
つーか金太っていつごろまで出ていたっけ?


124 :作者の都合により名無しです:2008/08/08(金) 01:01:43 ID:JVGs5GGl0
>>116
義仲終わるまではもつんじゃね?

125 :作者の都合により名無しです:2008/08/08(金) 01:20:37 ID:IgsM3OEW0
五人目って誰だろうな。
弁慶や伊勢、佐藤兄弟に匹敵する有名どころ……常陸坊海尊あたりの気もするが。

126 :作者の都合により名無しです:2008/08/09(土) 16:28:43 ID:yx6kvkjQ0
戦じゃ機転がガンガンききまくるのに、こんな程度のこと
ごまかせないなんて不自然すぎだろ(・3・)

127 :作者の都合により名無しです:2008/08/11(月) 23:02:46 ID:DGKX5QKz0
今までも、義経は戦以外の所では結構どじっ子じゃないか。

128 :作者の都合により名無しです:2008/08/13(水) 21:16:43 ID:SWckbax5O
4巻発売『祝』(`∇´★

129 :作者の都合により名無しです:2008/08/17(日) 11:46:06 ID:rXOvQMSm0
新刊見たけど、まだ水樹の話引っ張ってたのかよ
結婚したわけでもないくせに。
それでようやく奥州出発って本当だらだらしすぎ…

吉次はともかくかすみがついてきたのは驚いた
理由はやっぱり義経のためかな…
景時のパーマ面白すぎる。この先どんな嫌な奴になっても
あのパーマ見るだけで笑える。

130 :作者の都合により名無しです:2008/08/18(月) 06:15:48 ID:9Jbwbpds0
なんでパーマにしたんだろうな。別にあの時代でもパーマはいくらでもいただろうけど、
小物の匂いのする顔と相まって、どうにもおかしい。

131 :作者の都合により名無しです:2008/08/18(月) 23:42:10 ID:wo7wJpki0
拙者の頭は兜の中で蒸れてああなったのだから
別に不自然ではなかろう(・ω・ )!!

132 :作者の都合により名無しです:2008/08/20(水) 13:10:33 ID:DKa8LbCf0
てか金太って軒下一座にいたっけ?

38 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)