2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

演説スレ

1 :ギレン・ザビ:2008/06/12(木) 00:49:41 ID:uqBW6c41
我々はひとりの英雄を失った! しかし、これは敗北を意味するのか!?
否! 始まりなのだ! 地球連邦に比べ我がジオンの国力は三十分の一である 。
にもかかわらず、今日まで戦い抜いてこられたのはなぜか?
諸君!
我がジオン公国の戦争目的が正義だからだ! これは諸君らが一番知っている。
我々は地球を追われ、宇宙移民者にさせられた! 
そしてひと握りのエリートが、 宇宙にまで膨れ上がった地球連邦を支配して五十余年!
宇宙に住む我々が自由を要求して何度、連邦に踏みにじられたか!
ジオン公国に掲げる人類ひとりびとりの自由の為の戦いを神が見捨てるわけはない!
私の弟 諸君らが愛してくれたガルマ・ザビは死んだ!! 何故だ!?

新しい時代の覇権を我ら選ばれた国民が得るは歴史の必然である。
ならば、我らは襟を正しこの戦局を打開しなければならぬ。 
我々は過酷な宇宙空間を生活の場としながらも共に苦悩し、錬磨して今日の文化を築き上げてきた。
かつてジオン・ダイクンは人類の革新は宇宙の民たる我々から始まると言った。
しかしながら地球連邦のモグラどもは自分たちが人類の支配権を有すると増長し我々に抗戦をする。
諸君の父も、子も、その連邦の無思慮な抵抗の前に死んでいったのだ!

この悲しみも、怒りも忘れてはならない!
それをガルマは死をもって我々に示してくれた!
我々は 今、この怒りを結集し、連邦軍に叩きつけて、はじめて真の勝利を得る事ができる! 
この勝利こそ、戦死者全てへの最大の慰めとなる!
国民よ!
悲しみを怒りに変えて立てよ、国民よ!
我らジオン国国民こそ選ばれた民であることを忘れないで欲しいのだ!
優良児たる我らこそ人類を救い得るのである!
ジーク・ジオン!!

2 :通常の名無しさんの3倍:2008/06/12(木) 06:32:25 ID:STODHWIk
>>1
坊やだからさ…

3 :通常の名無しさんの3倍:2008/06/12(木) 08:24:29 ID:86zeCuX8
>>1
三行で

4 :通常の名無しさんの3倍:2008/06/12(木) 10:06:44 ID:???
>>1
敢えて言おう 糟であると!

5 :ギレン・ザビ:2008/06/13(金) 22:39:10 ID:???
我が忠勇なるジオン軍兵士達よ。
今や地球連邦軍艦隊の半数が我がソーラ・レイによって宇宙に消えた。
この輝きこそ我らジオンの正義の証である。
決定的打撃を受けた地球連邦軍にいかほどの戦力が残っていようと、それはすでに形骸である。
あえて言おう! カスであると!
それら軟弱の集団がこのア・バオア・クーを抜くことはできないと私は断言する。
人類は我ら選ばれた優良種たるジオン国国民に管理運営されてはじめて永久に生き延びることができる。
これ以上戦い続けては人類そのものの危機である。
地球連邦の無能なる者どもに思い知らせてやらねばならん。
今こそ人類は明日の未来に向かって立たねばならん時であると。
ジーク・ジオン!!

6 :エギーユ・デラーズ:2008/06/13(金) 22:43:07 ID:???
地球連邦軍、並びにジオン公国の戦士に告ぐ。
我々はデラーズ・フリート。
いわゆる、1年戦争と呼ばれたジオン独立戦争の終戦協定が偽りの物である事は誰の目にも明らかである。
何故ならば、協定はジオン共和国の名を語る売国奴によって結ばれたからだ。
我々はいささかも戦いの目的を見失ってはいない。
それは間もなく実証されるであろう。

私は日々思い続けた。
スペースノイドの自治権確立を信じ、戦いの業火に焼かれていった者たちの事を。
そして今また、あえてその火中に飛び入らんとする若者の事を。
スペースノイドの心からの希求である自治権要求に対し、連邦はその強大な軍事力を行使して、
ささやかなるその芽をつみとろうとしている意図を証明するに足る事実を私は存じておる。

見よ! これが我々の戦果だ。
このガンダムは核攻撃を目的として開発されたものである。
南極条約違反のこの機体が、密かに開発された事実をもってしても、呪わしき連邦の悪意を否定できる者がおろうか。
省みよ。なぜジオン独立戦争が勃発したのかを。なぜ我らがジオン・ズム・ダイクンと共にあるのかを。

我々は3年間待った。
もはや我が軍団にためらいの吐息を漏らす者はおらん。
今、真の若人の熱き血潮を我が血として、ここに私は改めて地球連邦政府に対し宣戦を布告するものである。
仮初めの平和へのささやきに惑わされることなく、繰り返し心に聞こえてくる祖国の名誉の為に。
ジーク・ジオン。

7 :鉄仮面:2008/06/13(金) 22:45:36 ID:???
宇宙世紀一世紀を経た今日、地球連邦政府の高官達は再び地球を汚染して人類にとって唯一の宝を破壊している!
もはや体制内の改革は無理と判断して、このコスモバビロニアの建設を決した。
クロスボーン・バンガードはその為の尖兵にしか過ぎず、
この再建なったコロニーに捨てられた様に住まわされた皆さんの力によって地球圏全体を守っていかなければならないのです。

我らと意見を異にする者たちよ!
私を殺しにくるのはいい!
私は逃げも隠れもしない!


8 :ハマーン・カーン:2008/06/14(土) 14:12:46 ID:???
栄光あるネオ・ジオンの兵士達よ!
かつて我々を暗黒の世界に押しやった者共は、今、我々の足元にいる。
愚かなる人間達に思い知らせる時が来たのだ。
今や地球圏は我々ネオ・ジオンのものだと!
機は熟した。
共に戦おう。
ネオ・ジオンの為に。
ネオ・ジオンの栄光の為に!

9 :ディアナ・ソレル(キエル):2008/06/14(土) 14:17:45 ID:???
全ての、命を分かち合う全ての人々よ、武器を大地に置いて、私の言葉を聞いてください。
わたくしは戦いを望みません!

かつて、私達の母なるこの地球は、人が住む事さえ許されない程に、荒廃した惑星となりました。
その様な時代があった事を、黒歴史は語っております。
なのに、地球の皆様方は、それを忘れております!!

何故でしょうか?
人間には、最も辛い体験や記憶は、忘れてしまうという悲しい性がございます。
私達ムーンレイスは、地球が再び住める様になるまで、月で暮らしました。
人類の記憶を残す為に、新しい人の再生に手を貸す為に!!

そして今日、この地球は、二千年に及ぶ歴史を刻む事を許し、人類の繁栄を築き上げる事が出来る様になったのです。
地球は、完全とは言えないまでも、再生いたしております。
ならば、ムーンレイスも地球に帰還して、地球の再生と、二度と誤った歴史を歩まない様に、手を貸したいのです!

宇宙に進出した過去の歴史を、地球の人々は、天の神々の物語にする事によって、
または、黒歴史に封印することで、再生の力を身につけたのです。
悲惨で、過酷な記憶だけでは、人は再生も再帰も不可能だからです。
ですから、歴史的事実の解釈を変え、場合のよっては、歴史そのものも書き換えてしまうのです。

私達は、この目も、鼻も、唇も同じです。
この体も、地球人、ムーンレイスの違いはありません。

同じ、人類だからです!!

私は、ここでムーンレイスの為の国家を、サンベルト一帯に宣言する事は止めて、
再度、交渉を再開されます事を、アメリア大陸の人々に、お願い申し上げます!!

10 :クラックス・ドゥガチ:2008/06/14(土) 14:33:09 ID:???
聞け!国民よ!
我々は、連邦という地球に巣食う寄生虫を、根絶せねばならないっ!
この作戦によって、地表の60%は死滅するであろう。
我々は、自らの手で母なる大地を汚す!
その事で深い悲しみに沈む者もいるであろう。

だが!
地球を無傷のまま、連邦を駆逐するすべは既にない。
そして、彼らが存在する以上我ら宇宙の民がその恩恵を受けることはない!
無なのだ!
ならば新しい世界に残された40%こそが、いかに至宝であるかを考えてみよ!
それが我らに豊かさをもたらすかを思うがよい。
怒れ!国民!
この大破壊を招いたものがすべて連邦の無能であると知れ!
怒りを力に変えよ!

そして、この宇宙に、新しい秩序をもたらすのだっ!

11 :通常の名無しさんの3倍:2008/06/14(土) 21:56:07 ID:???
ボエェー

12 :ブラッドマン:2008/06/16(月) 01:46:39 ID:???
あの、忌まわしき大戦から十五年、遂に今日という日が訪れた。
混沌たる戦後は幕を閉じ、今、我々の前にあるのは輝かしき未来である!
しかし、世界はいまだに一つではなく、多くの混乱が人の苦しみの根源となっている。
だが、その苦しみも、今日という日を境に新たな局面を迎えるだろう。
我々は、死んでいった多くの同胞に約束しよう。
あの、忌まわしき戦争を二度と起こさぬと。
生き残った我々は、決して過ちを繰り返さない。
新たな秩序が、輝かしき未来をもたらすだろう。
私は今ここに、新連邦政府の樹立を宣言する!

13 :グリーン・ワイアット:2008/06/16(月) 21:53:20 ID:???
宇宙暦0079、つまり先の大戦は人類にとって最悪の年であった。
この困難を乗り越え、今また三年ぶりに宇宙の一大ページェント、観艦式を挙行出来る事は
地球圏の安定と平和を具現化したものとして喜びに耐えない。
そも観艦式は、地球暦1341年英仏戦争のおり、 英国のエドワード3世が出撃の艦隊を自ら親閲した事に始まる。
その共有すべき大宇宙の恩恵を一部の矮小なる者共の蹂躪にまかせる事は

(中略)

スペインの無敵艦隊、アメリカの白艦隊、日本の連合艦隊など、あまたの艦隊が、大いなる歴史の中にその名を刻んでいった。
そして今、大宇宙の茫洋たる海原に、我が地球連邦宇宙軍の勇壮なる姿を誇示すべく、観艦式の開催を高らかに宣言するものである。
諸君。
煌めく星々の光を、恵の光を放ち続ける太陽を、そして目映くも美しい母なる地球を見てほしい。

(中略)

すなわち、人間としての尊厳を捨て去ることに他ならない。諸君、我々は新たなる決意の時を迎えたのだ。

14 :バスク・オム:2008/06/16(月) 22:22:14 ID:???
省みよ!
今回の事件は、地球圏の静謐を夢想した、一部の楽観論者が引き起こしたのだ!
デラーズ・フリートの決起などその具体的一例に過ぎん!
また三日前、北米大陸の穀倉地帯に大打撃をもたらしたコロニーの落下事故を見るまでもなく
我々の地球は絶えず危険に曝されているのだ!
地球!
この宇宙のシンボルを忽せにしない為に、我々は誕生した!
地球!
真の力を取り戻す為に、ティターンズは起つのだ!

15 :クワトロ・バジーナ:2008/06/18(水) 21:05:23 ID:???
議会の方と、このテレビを見ている連邦国国民の方には、突然の無礼を許していただきたい。 
私はエゥーゴのクワトロ・バジーナ大尉であります。 
話の前に、もう一つ知っておいて貰いたい事があります。
私はかつて、シャア・アズナブルという名で、呼ばれた事もある男だ。
私はこの場を借りて、ジオンの遺志を継ぐ者として語りたい。
勿論、ジオン公国のシャアとしてではなく、ジオン・ダイクンの子としてである。
ジオン・ダイクンの遺志はザビ家の様な欲望に根ざしたものではない
ジオン・ダイクンがジオン公国を創ったのではない。

現在、ティターンズが地球連邦軍を我が物にしている事実は、ザビ家のやり方より悪質であると気付く。
人が宇宙に出たのは、地球が人間の重みで沈むのを避けるためだ。
そして、宇宙に出た人類は、その生活圏を拡大した事によって、人類そのものの力を身につけたと誤解を して、
ザビ家の様な勢力をのさばらせてしまった歴史を持つ。 
それは不幸だ。
もう、その歴史を繰り返してはならない。
宇宙に出ることによって、人間はその能力を広げる事が出来ると、何故信じられないのか。
我々は地球を人の手で汚すなと言っている。
ティターンズは、地球に魂を引かれた人々の集まりで、地球を食い潰そうとしているのだ。

人は、長い間、この地球という揺り籠の中で戯れてきた。
しかし、時は既に、人類を地球から巣立たせる時が来たのだ。
その期に至って、何故、人類同士が戦い、地球を汚染しなければならないのだ。
地球を自然の揺り籠の中に戻し、人間は宇宙で自立しなければ、地球は、水の惑星ではなくなるのだ。
このダカールさえ、砂漠に飲み込まれようとしている。
それほどに地球は疲れ切っている。
今、誰もがこの美しい地球を残したいと考えている。ならば、自分の欲求を果たす為だけに、
地球に寄生虫のようにへばりついていて良いわけがない。
現にティターンズは、この様な時に戦闘を仕掛けてくる。
見るがいい、この暴虐な行為を!
彼らはかつての地球連邦軍から膨れ上がり、逆らう者は全てを悪と称しているが、それこそが悪であり、人類を衰退させていると言い切れる。

テレビをご覧の方々は、お判りになる筈だ。
これがティターンズのやり方なのです。
我々が、議会を武力で制圧したのも悪いのです。
しかし、ティターンズは、この議会に自分たちの味方となる議員がいるにもかかわらず、破壊しようとしている。

16 :マリア・ピア・アーモニア:2008/06/18(水) 21:22:15 ID:???
ザンスカールの将兵達、殊に機会油に塗れている者、小さなコックピットの中で震える者こそ私の愛する者達であります。
私は戦いの後、あなた方を優しく迎える事が出来る様に全力を尽くします。
皆様は世界をザンスカールの大いなる愛で包む事が出来るまで、その命を私に預けていただきたい。

17 :ディアナ・ソレル:2008/06/20(金) 00:29:01 ID:???
我が親愛なるムーンレィスの人々よ。
皆を不安にさせる事態が続いた事を心から申し訳無く思います。
全ての責任は、このディアナにあります。
ですが、あの悲惨な太古の歴史から甦った人類が、我々ムーンレイスだと言う事を、
私は皆々様に知って貰いたかったのです。
自覚すべきは、人類は再び黒歴史をなぞるかも知れないという事です。
確かにそれは、人類の定めかも知れません。
それでも私は、貴方方と共にその定めに打ち勝ち、新たな歴史を築いて行くつもりです。
それを地球の人々に知らしめるのもまた、私たちの使命では無いでしょうか?
冬の宮殿に眠る一千万のムーンレィスにも、この新しい事態を伝えて、
人類の営みを月と地球に行き渡らせ、恒久的な文化圏を確立して行かなければなりません。
私は古代からの人々の様に、普通に生き死にをする真の生き方を、手にすべき時代が来たのだと確信出来る様になりました。
その為に地球の力を借りなければなりません。
そして、同じ過ちを二度と繰り返さない様に共に歩もうではありませんか。

18 :マリーメイア・クシュリナーダ:2008/06/21(土) 14:10:04 ID:???
我々L3X18999コロニーは地球圏統一国家に対し、独立を訴えると共に宣戦布告を致します。
私は世界国家元首の正当なる後継者、私の名はマリーメイア・クシュリナーダ。
トレーズ・クシュリナーダの娘であります。
私は父の遺志を継ぎます。
人類は戦ってこそ意義有る存在なのであります。

19 :マリア・ピア・アーモニア:2008/06/21(土) 14:16:18 ID:???
今日、またこの良き日にあたり、健やかな皆様方とお会いする事が出来て、嬉しく思います。
また、今日という日、明日という日も、昨日までと同じ様に平安でありますよう。
今日の恩寵の儀につきまして、皆様方の祈りをいただきたく、私、マリアからお願い申しあげます。
ムッターマ・ズガン将軍の艦隊が、私共の世界を脅かす様に迫っているサイド2の連合艦隊を阻止すべく、出撃いたします。
その作戦に参加する皆様方の愛する人、皆様方の父なる人、母なる人、慈しむ方々が、
無事に、皆様方の腕の中に戻って来る様に、祈りを捧げましょう。

皆様ま方の熱い祈りが、ムッターマ・ズガンの艦隊の下で働く、皆様方の愛する人々に伝わらない訳がありません。
明日は、ムッターマ・ズガンの勝利を祝う次なる恩寵の儀が行われる事が出来ましょう。
そして、この恩寵の儀が毎年、毎月、毎日、皆様方の祈りによって滞り無く行われ、世に広められる為に、
私は、女王マリアとして、皆様方に恩寵の念をおくります。

20 :マシュマー・セロ:2008/06/22(日) 21:34:23 ID:???
既にキャラ・スーンが友軍の艦隊を率いてグレミー討伐の為にアクシズへ向かった。
我々はこれを後方より援護し、あわよくばアクシズ奪還への尖兵へとなることを目標とする。
敵を侮るな!
アクシズのニュータイプ部隊はガンダムチームなどより遥かに強力だと言う。
エンドラの勇者達よ、勇名を馳せる者は誰か。
グレミーに与する者は誰であろうと容赦はするな!
例えそれがかつての戦友であってもだ。
運命は必ずやハマーン様に輝かしき勝利をもたらす。
悪には悪の報いが、罪には罪の報いが下されるのだ。

21 :グレミー・トト:2008/06/22(日) 21:36:55 ID:???
ジオンの兵士達よ!
もはや忍従の時は去った!
諸悪の根源はミネバ様を頂き欺瞞溢れるジオンを受け継ごうとしたハマーン・カーンにある!
真なるネオ・ジオンをこの手に握るのはハマーンの首を我が面前に捧げる諸君らである!
さすれば、この地球圏の英雄とし末代まで称えられよう!

22 :ヒイロ・ユイ:2008/06/22(日) 21:49:30 ID:???
太陽系に生物が生息する事を奇跡的に可能にした惑星、それが地球である。
アフターコロニー195年、コロニー開発において、人間は豊富な資源と、培われた技術力で新たな大地を所有する事になる。
しかし、それはあくまでも母なる大地、地球の疑似空間に過ぎないのだ。
コロニーの作られた意味は何だったのであろうか?
地球での人類の生活を豊かにする為の技術開発が、その主な目的と聞く。
人類は、この疑似空間に、無理な要望を持ったのではないのか?
自らの生命維持は、自然の脅威もなく、地球以上に安定性を持つ。
止まる事を知らない発展は、人類に永久的な生存を約束したかの様に見える。
宇宙にはゼロからのスタートを許されたと浮かれた時代もあったのだろう。
しかしコロニーが、いや、人類が地球を忘れることができるとは信じがたい。
コロニーの開発技術は地球に何をもたらしたのか。
地球が最も欲する技術、それは軍事力なのだ。
破壊は人類の捨てる事の出来ない精神なのだ。
今、コロニーは軍事的な気質を持ちつつある。
地球が忘れられないのだ。
地球の美しさは偉大だ。
人類という大きな力を持つ事になった動物は、一つの惑星の管理まで考えだす。
惑星規模では、生物生存など、刹那的時間なのだ。
自己の事なのだ。
所詮、人間が考えられるのは、何も変わらないのだ。
人間が宇宙に出た年月は、無駄であったのだ。
現実の前に理想は夢でしかない。
偽りの生活空間、偽りの平和主義。
宇宙は、より多くの戦いを生む温床にしか過ぎない。
戦争は多くの命を奪う。
その事の哀しみを人間は忘れた事は無いのだが、決して戦う事を止めようとはしない。
流された血や涙は、儀式の飾りに過ぎない。
時代の節目は、戦争でしか語られない歴史がある。
平和の為に戦うなどと色褪せた綺麗事は、過去、何度となえられた名台詞だろう。
コロニーは平和の為に軍備を持つという。
地球と何も変わりはない。
仲間入りが出来たつもりなのだ。
多くの血を流す事で、意気揚がるというのだろう。
では、人間は何故戦うのだろう。
戦う事に存在意味があるのかもしれない。
戦っている人間には充実感がある。
そして、戦っている人間が、汚れて見えないのも事実だ。

23 :リリーナ・ドーリアン:2008/06/24(火) 00:52:15 ID:???
皆さん、この映像を見て恐れてはなりません!
平和は誰かから与えられるものではありません!
自分自身の力で手に入れ、そして、平和を維持する責任から逃げてはなりません!

24 :フィル・アッカマン:2008/06/24(火) 21:53:14 ID:???
地球帰還作戦後、我がディアナ・カウンターに最悪の不祥事が発生した。
親衛隊のハリー・オード大尉麾下のメンバーが、ディアナ・ソレル閣下を地球人に売り渡したのだ!
これは許し難い事である!
地球人は、ディアナ様を人質に脅しをかける!
いや、殺害しているかもしれん!
我がディアナ・カウンターはこの様な脅しに屈することなく、ムーンレィス全員の力を結集しなければならない!
私は、地球人の蛮行を憎む!
しかし、ディアナ様の意志を受け継いだ我々ディアナ・カウンターはこの脅しに屈する事はない!
地球人は徹底して、完膚無きまでに叩いて、
ムーンレィスの、ムーンレィスによる、ムーンレィスの為の国家を、この地球上に花開かせるのだ!
それを、サンベルト共和国と言う!
サンベルト共和国!
何たる美しい響き!

25 :トレーズ・クシュリナーダ:2008/06/26(木) 21:24:06 ID:???
古き良き伝統とは、人間の奥深い感情が築き上げた労りの歴史。
私は戦う事が時に美しい事と考えると共に、命が尊い事を訴えて、失われる魂に哀悼の意を表したい。

私は人間に必要な物は絶対的な勝利ではなく、戦う姿、その姿勢と考えます。
しかし、モビルドールという心無き戦闘兵器の使用を行うロームフェラ財団の築く時代は、後の世に恥ずべき文化となりはしないでしょうか?
また、戦わずにいられない人間性を無視する完全平和を讃える宇宙コロニーの思想は、その伝統を知らぬ哀れな世迷い言と感じておりました。
しかし、その境遇の中から私の理想を越えた新しい兵士が現れました。
それがガンダムのパイロット達なのです。
彼らの純粋性に満ち溢れた感情の前に伝統は霞んでで見える事でしょう。
守るべきものを持ち、さらに守っていたものに裏切られた彼らは歴史上の敗者なのです。
しかし、彼らにその認識は無い。
それどころか、彼ら自身はまだ戦う意志に満ち溢れています。
美しく思われた人々の感情は常に悲しく、重んじた伝統は弱者としての叫びの中に消え失せる。
戦いにおける勝者は歴史の中に衰退という終止符を打たねばならず、若い息吹は敗者の中より培われてゆく。

私は……敗者になりたい。

26 :トレーズ・クシュリナーダ:2008/06/28(土) 00:46:05 ID:???
各国の首脳の人々に申し上げる。
我々の世界国家は一体何の為に存在しなければならないのか?
前元首であった女王リリーナは平和の為だと言った。
だが、人々の心に安らぎは戻ってきただろうか?
答えはノーだ。
今もって人々は不安に怯え、脅威に震えている。
何故か!?
ホワイトファングと名乗る武装集団が我々のこの地球に戦いを挑もうとしているからだ。
我々は彼らのこの振る舞いを決して許してはならない。
各国首脳の方々、いや、世界国家の人々全てに申し上げる。
今こそ我々は一丸となって宇宙の脅威と戦わねばならない。
そして、地球圏の真なる統一と平和を勝ち取ろうではないか!
それが、我々の存在意義なのだ!

27 :ゼクス・マーキス:2008/06/30(月) 00:57:09 ID:???
地球の世界国家は統一が平和をもたらすと言っている。
まさか、元OZ総帥であるトレーズからこの様な詭弁を聞かされるとは思ってもいなかった。
諸君らは忘れてはいまい。
かつて地球には《地球圏統一連合》という組織が存在した事を。
あの愚かな組織は戦争をなくし、平和を実現しただろうか?
否!
断じて否!!
統一連合は正義と平和の名の元、我々のコロニーに攻めこんできたのである。
そして、その後を継いだOZもまた同じだった。
常にコロニーが攻められる対象となり続けたのだ!
だが、戦争の根絶はもはや国家を統一するなどというレベルの問題ではない。
人類のあり方に帰結する問題なのだ。
人類は遥かな太古、両足を大地に踏みしめた時からすでに戦いを始めていた。
その長きにわたる民族間の争いが国家間の争いに変わり、有史以来何千年もの間大地を血で汚した。
これは戦いを本能として持っているからに他ならない。
では、あきらめるしかないのか?
いや、そんな事はない。
なぜなら、自らの本能すら乗り越える力を持つ人類が存在するからだ。
諸君らはもう気付いているだろう。
そう、コロニー市民こそが闘争本能を制御し、平和の実現を可能にした新たな人類なのだ。
コロニーの市民は人類を拒む宇宙空間で生き続けてきた。
そこで戦いなどという悲惨な行動をとる事がどれほど無意味か身を持って知っている。
わかって欲しい、宇宙で生きる事が精一杯のコロニー市民は戦う事などできないのだと。
では、なぜ我々が立ち上がったのか?
戦いを望む旧人類が安定した地球に留まり、武装しない我々を支配しようとするからだ。
我々人類は宇宙へと巣立ち、ニ00年近くもたっている。
もうこの辺りで争いの歴史に終止符を打つべきではないのか?
そのためには地球というすべての闘争の温床を排除しなければならないのだ!
むろん、我々とて無益な殺生をするつもりはない。
地球から飛び出す気持ちがあるなら、どんな人間でも受け入れるつもりだ。
この事をふまえ、世界国家元首であるトレーズ・クシュリナーダに再度通告する。
我々の要求は地球をこの宇宙から排除する事!
これが受け入れられぬ場合は、人類最後の戦争を開始する事となる!!

28 :ビジャン・ダーゴル:2008/07/02(水) 00:51:21 ID:???
我らスペース・マハは歴史的なクーデターを敢行し、腐敗しきった地球連邦に正義の鉄槌を下した。
今、地球連邦政府の機能は、その大部分をマハが掌握しつつある。
この青き水の星は、我ら人類が神から賜ったものである。
我々は、この星の自然を蘇らせるという、崇高な目的を持って地球に舞い降りた。
このバイエルンは質実剛健な土地柄であったと聞く。
我らマハの本拠地を築くのに相応しい場所である。
私はこの地に、新しい地球連邦を樹立する考えである。
地球圏の繁栄の為、人類の輝かしい未来の為、この私に力を貸して欲しい。
諸君の一層の奮闘を期待する。
マハが勝利する日は近い。

29 :リリーナ・ピースクラフト:2008/07/07(月) 21:22:10 ID:???
皆さんは世界の指導者です。
ですが、これからも指導者であり続ける為にはロームフェラ財団も変わらなければなりません。
今、この時代が変革して行く様にです。
何ゆえ対立がなくならないのか?
自分ではない他者の存在は常に対立の対象となるからです。
対立をなくす為には全てが一つにならなければなりません。

私はここで再び宣言します。
対立の図式をなくし、平和な統一国家を造る為に最大の力を保有するOZこそがまず武器を手放すのです!

世界が一つになるという事は地球に限る事ではありません。
二つの存在が対立を生むのです。
私達は宇宙と一つになるのです。
地球は宇宙と、宇宙は地球と共存を始めるのです。

OZの武装を解除して宇宙に共存を呼びかけるのです。
皆さんにはこれまでの指導者として、この変革を受け入れる事を望みます。


いいわ、ヒイロ。 私を殺して。


30 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/19(土) 13:36:26 ID:YQg44tjr
age

31 :久夛良木健:2008/07/24(木) 00:00:11 ID:???
4つ目のプレイステーションプラットフォームを導入し終えた今、
これらのプラットフォームにより最先端の技術と全世界のクリエイターの
皆様の創造力を結び付けることによって、コンピュータエンタテインメントの
新しい世界を加速できたことは、私にとっても大変エキサイティングな経験でした。

今後はこの経験を活かし、更なるチャレンジを、SCEを離れて
更に広いネットワークで加速していきたいと思います。

32 :通常の名無しさんの3倍:2008/07/24(木) 15:59:07 ID:???
ここまでシャア(≠クワトロ)の演説なし

33 :西田啓語録:2008/07/26(土) 00:09:39 ID:???
全ての行動は確固たる理念に基づくべき、と言うのが我々の考え方です。

私達の仕事はこの日本という国を守る事にあります。
だがふと振り返って、そこに見出したのは醜く退廃した日本の姿でした。
確かに日本は漠然と豊かになりました。
しかし、生きるとは、ただ物質的な豊かさを手に入れることなのでしょうか。
荒んだ郷里には目もくれず、飽くなき欲望にひたすら身を任せ、資本に踊らされ、
主体性無き迎合と無責任、保身だけが処世の術として生き残っている。

私は醜く歪んで行く日本人を見るに耐えなかった。
そして自らの視力を絶った。
ところが、今ではむしろ目が見えていたときよりもなお一層、日本人の醜さを強く感じるようになってしまいました。
これもおそらくは現実から逃避しようとした私に課せられた、戒めなのでしょう。

焼身を研ぎ直したもので身幅の割に重ねが薄くなっていますが、私にはもうその繊細な刀紋を見る事は出来ません。
ですが、その怜悧な気を感じる事は出来ます。
これこそが真の日本人の姿ではないでしょうか。
透明な真理の中に生き、郷土を愛し、その美しい自然を慈しむ。
自らに厳しくある事を尊び、利己を潔しとしない。
そうした理念が息づいていた事を、何よりも無言のこの刀が語ってくれていると、私は思うのです。

民主とは、形ではなく理念の中に息づく思想です。
同じように独裁もまた形ではなく理念の中にある。

この国で真に経世済民思想に基づく改革が行われたのは武士階級によってのみ。

必要悪と言えども制限無き権力は必ずや腐敗の道へと繋がる。
人はそれと知らずに、何時の間にか権力に身を委ねてしまうもの。

権力の集中は三年。
三年の間に理念と強固な意志に基づく体制を作り、後は国民の審判に委ねる。

天の時、地の理、人の和、このどれ一つ欠けても真の革命は成し得ません。
その一度に全てを賭けなければならないのです。

34 :西田啓語録:2008/07/26(土) 21:17:36 ID:???
だからこそなお、私達は自らの理想に対して純粋でなければならない!

新しく植えた木はその場に根着いた。広川君、私は思う。
おそらくそれは、その風土で育った木だったからなのだと。
大地や風土を拒む命はいつか破局を迎える。

門戸は開けたままでいい、ただ取り去るのです。
彼らを引き寄せる蜜を、毒を帯びた幻想を。

皆がひたすら欲望に走った二十世紀末、結局人は何を得たのでしょうか。
見てください、今日の日本人を。
豊漠とした豊かさに安住し、危機を捉える感覚すら失ってしまった。
欲望に駆られた移民の盲流を生み出す豊かさの夢が、実は単なる幻想に過ぎないことを。
多くの人は気づいているのに、敢えて自らの問題として捉えようとしない。

恐怖、妬み、疑心暗鬼、確かに人間はそうした負の感情に支配されてきました

出来る出来ないではありません、それはやらねばならぬ事。

しかしそれ以上はこの私がさせません。
私が日本を守ってみせます!

自らを生み、育んでくれたこの国土。
そこに自然と湧き起こってくる愛情に改めて目を向けたとき、否応無く心の中に生じてくる理想。
それに応える何かを求めて特自と言う組織を選んだ。

理想を抱き続ける事はそれ自体が過酷な試練。
何故なら常に現実が巨大な障壁となって理想を打ち砕くからです。

理想を妨げるのは決して理想ではありません。
それは圧倒的な無関心から生まれる無理解です。

35 :西田啓語録:2008/07/29(火) 00:31:02 ID:???
歴史を見ても法が人間の問題を解決した事はない。
結局は人間なのです。

信じています。
誰が何と言おうとも私は否応無く日本人なのです。

見てください、精粋のように透明な刀身。
しかしこれは、永い年月の間に数え切れないほどの戦火を潜り抜け、その度に鍛えられ上げられた末に至った究極の姿。
この帳面さは日本人が本来持っていた心。
それゆえこれは既に武器ではなく己が心。
己が心を他人に向ける者があるでしょうか。
もし向けられるとしたら、それは己自身。

どんな事をしようと、人々の声を抑えることはできないでしょう。
あの巨大な群衆は大きな川の流れのようなもの。
無理に堰止めようとすれば、それこそどのような奔流となって暴れ始めるかわからない。
それよりも我々がなすべきは、その行く末に少しでも力を及ぼすことです。

アメリカはこれまでも対テロという名目で、度々直接的攻撃手段に訴えてきました。
しかし今回は目標が情報と言う形にならない脅威である事が、最後までネックになってくるはず。
自らの行為を正当づける証拠を得られる見込みが、まず無いからです。
そうなるとアメリカの戦略として考えられるのは、第三国のテロに見せかけた攻撃だけ。
如何にして米軍の攻撃を阻止するか、最後はそこにかかっています。
その為にもTA中隊を失うわけにはいかない。

誰しも一度は強い意思を持って、自らを問わければならない。

何を為したかは結果にでしかない。
大切なのは何を為そうとしたか、何かを為そうとした時に、人はその中に自らの生きる道を見出す。

三歩歩けば数十年の時が過ぎる。
四本の柱の間では時もまた泡沫の幻。
貴方の足の運びからは、遥けき彼方に消え去ったかつての日本人の声が聞こえくる

36 :西田啓語録:2008/07/30(水) 00:20:02 ID:???
それは、アメリカが今為そうとしている事に対する反撃の矢とするため。
斜陽の大国、アメリカをして今一度覇権国家にのしあげようとする最終的な手段に対抗するために。
これまでアメリカは自国の通商政策のスケープ・ゴートとして繰返し日本を利用してきました。
日本もまた唯々諾々とアメリカの政策に従ってきました。
しかし、今度だけは座視できない。
食料と言う最終的な手段に訴えてきた今度だけは!

経済の崩壊、元より望むところです。
その為に私達は準備を進めてきたのです。
三年の間、国民を貧しさに耐えさせる為に。

今我々はたとえ、国民に貧しさを強いるとしても、三年の間は凌ぎきる自信があります。
しかし、同じ三年間の破滅的な経済不況をアメリカは耐える事ができるでしょうか。

確かに、私の個人的な目的はもっと別のところにあります。
それは、この国を貧しくすること。
この二百年間、人はただひたすら発展の幻想に踊らされてきました。
しかし、宴は終わったのです。
今我々が為さねばならぬのは、人が歴史を刻み始めて初めて、目の前の坂を胸を張って堂々と下ること!

確かに私の行いは失敗するかもしれない。
しかしたとえ失敗したとて、私が為そうとしたという事実だけは残ります。
その事実こそが次の世代の可能性を生むのです。

たとえそこが現から隔てられた夢幻の世界であったとしても、演じられる物語を通して、観る者に我が思いを伝える事が出来ます。

今や世界経済を支える投機資金の殆どは、電子の情報と化し、そしてそのことが経済の過剰な膨張をもたらした。

この戦いに勝者はいません。
確かに貴国はヘーモニズムを放棄した。
だがそれは決して、挫折ではない。
我々もあらゆる攻勢を中止しました。
疑念を捨て互いに理解し合う。
この単純な行為が現実に政治の場で示される事は殆どありません。
それを貴方は示した。

戦いはそれを始めるよりも、終わらせる方がはるかに難しい。
皆さんその事を今一度思い起こしていただきたい。

37 :レディ・アン:2008/07/30(水) 23:23:08 ID:???
この戦いはコロニー側にも地球側にも意味はありません。
しかし、戦わなければならない必然があります。
この戦闘は共にコロニーを守る為の戦いだからです。
アフターコロニー195年、戦闘の歴史の幕が下ろされようとしています。
しかし、この二人が戦わなければ平和は来ないのです。
感じますか?
この戦いの悲しさが。
見えますか?
この戦いの向こうにある平和が。

この戦いは、皆さんに突きつけられた平和への問題定義です!

38 :シャア・アズナブル:2008/08/12(火) 01:38:05 ID:???
このコロニー、スイートウォーターは、密閉型とオープン型を繋ぎ合わせて建造された極めて不安定なものである。
それも、過去の宇宙戦争で生まれた難民の為に、急遽建造されたものだからだ。
しかも、地球連邦政府が難民に対して行った施策はここまでで、入れ物さえ作ればよしとして、彼らは地球に引きこもり、
我々に地球を開放する事はしなかったのである。
私の父ジオン・ダイクンが宇宙移民者、すなわちスペースノイドの自治権を地球に要求した時、父ジオンは、ザビ家に暗殺された。
そして、そのザビ家一党は、ジオン公国を騙り、地球に独立戦争を仕掛けたのである。
その結果は諸君らが知っているとおり、ザビ家の敗北に終わった。
それはいい。
しかし、その結果、地球連邦政府は増長し、連邦軍の内部は腐敗し、
ティターンズのような反連邦政府運動を生み、ザビ家の残党を語るハマーンの跳梁ともなった。
これが難民を生んだ歴史である。
ここに至って私は今後、絶対に戦争を繰り返さないようにすべきだと確信したのである。
それが、アクシズを地球に落とす作戦の真の目的である。
これによって、地球圏の戦争の源である地球に居続ける人々を粛正する。

諸君!
自らの道を開く為、難民の為の政治を手に入れる為に、あと一息、諸君らの力を私に貸していただきたい。
そして私は、父ジオンの許に召されるであろう!

33 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)