2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

らき☆すたのこなたとシンが知り合いましたPart19

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/16(月) 22:20:07 ID:ttKRYNpr
ここは何故からき☆すた世界にやってきた(呼び出された?)、シン・アスカとらき☆すたキャラとの交流を妄想し萌えるスレです。
どんなに遅くてもいいので、気に入った職人には感想およびGJをしよう。
あなたのたった1レスでも職人は奮い立つものです。

※注意事項 ( 絶 対 に 読 ん で く だ さ い )

・シンとレイ(霊)以外のガンダムキャラは基本的に禁止です。どうしても登場させる場合は名無しでモブ限定。取り扱いには注意しましょう。
・原作のキャラを崩し過ぎないように気をつけよう。新たなキャラ付けをする場合は慎重にやっていこう。
・原作キャラを辱めるのはやめよう。自分ではそうやっていないと思っていても第三者からすると違うこともあるので注意。
・「気に入らないネタはスルー」を徹底しよう。ただしテンプレ違反などにはそれとなく優しく注意しよう。

・「荒 ら し は 絶 対 に ス ル ー」 しましょう。構うと削除依頼が通らなくなる可能性がある上、他のスルーしている住人からすると邪魔です。
・および、「荒 ら し に 構 っ て い る 人 も ス ル ー」 を徹底しましょう。大抵荒らしの自演ですので注意するだけ無駄です。

・AAの連投は禁止です。携帯ユーザーに優しいスレになろう。
・自分一人でニヤニヤするのではなく、みんなでニヤニヤしよう。SSでなくとも小ネタでなくとも君の妄想を投下すれば話題の種になるぞ。
・ネタを投下する場合は過去スレ、もしくはまとめサイトのキャラ紹介なんかを参考にするといいでしょう。
・頻繁に避難所を覗くとよいと思われます。意外とネタ投下されるぜ!
・らき☆すたゲーム単品の話題はスレ違いです。該当スレでお願いします。
・らき☆すたゲームネタ、及びパロネタはわからない人もいるのでほどほどにしよう。
・多少のテンプレ違反があっても基本はスルーで対処しよう。過剰な自治意識は家事の元なので、長く続いた場合のみゆる〜く注意を促そう。
・ここは全年齢版なのでガチエロは控えましょう。妄想が止まらない奴は避難所に行ってぶちまけて来い。たぶん皆に喜ばれる。

フラグはシンが立てる。次スレは>>970が立てる。立つまでは雑談を控えよう。
(=ω=.)<自ら立てたフラグに気付け!シン・アスカ!!
       いや〜…本当にシンってエロゲキャラだよネ〜〜w

らき☆すたのこなたとシンが知り合いました 避難所
※本スレの進行に対する議論、SS投下に自信がない場合の投下先、規制に巻き込まれた際の代理投下依頼、荒らしが来た際の避難先などにご使用ください

PC用避難所URL ttp://jbbs.livedoor.jp/otaku/10086/
携帯用避難所URL ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/i.cgi/otaku/10086/

その他このスレ関係のURLは>>2です


2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/16(月) 22:20:29 ID:ttKRYNpr
前スレ
らき☆すたのこなたとシンが知り合いましたPart18 ttp://anime3.2ch.net/test/read.cgi/anichara/1210670122/
 
避難スレ
らき☆すたのこなたとシンが知り合いましたpart11(仮) ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/10086/1193835474/l50
※代理投下はここで頼みましょう

ゲームスレ ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/10086/1209578632/l50
※こなシンスレのゲームについてはここで語ろう。新しく作ろうとする人も大歓迎!

エロいスレ ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/10086/1199698291/l50
※R-18
 エロいゲーム関連の話題や、エロい話はここでやろう

何でもあり、練習スレ ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/10086/1192196982/l50
※SSや絵に自信がない人はここでやるといいでしょう

こなたとシンが知り合いましたのまとめwiki ttp://www29.atwiki.jp/konashin/
※まとめ人に盛大なる感謝の気持ちを忘れずにね

こなシンスレ専用アップローダー ttp://www3.uploader.jp/home/konashinn/
※絵や動画のうpに利用するといいでしょう
 また、過去ログが常にうpされているので新規の人は是非ご覧ください
 編集されている過去ログですので一切気分を害せずご覧になれますよ

アニキャラ削除依頼スレ
anichara:アニキャラ総合[レス削除] ttp://qb5.2ch.net/test/read.cgi/saku/1210154237/l50

※アニキャラの削除依頼スレです
 時間がある人は荒らしレスの削除をお願いします
 その際には避難所の雑談スレに削除依頼をしたと報告をお願いします

以上で、こなシンスレのテンプレを終了します


3 :名無しさん@お腹いっぱい:2008/06/16(月) 22:21:51 ID:ufPKObCP
>>1
乙!!

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/16(月) 22:26:01 ID:EefDHC3f
>>1 乙! 今スレも楽しくゆるく行きましょう

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/16(月) 22:27:05 ID:qXsRQvJW
>>1 テラ乙

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/16(月) 22:43:07 ID:j1rcMHCR
(〓ω〓.)いちおつー

( ゚Д゚)いちおつー

m9( ^ω^ )9mいちおつ!!!

(〓ω〓.)……妙に乗り気じゃない、なんかあったの?

(*^ω^)ふひひ、わ・か・るぅ?

( ゚Д゚)キメェ

(*^ω^)実は!

(〓ω〓.)じつわ?

(*^ω^)今日! ツンとデートする約束をしたんですおぉーっ!!!!1111

(〓ω〓.)

( ゚Д゚)

( 〓ω〓.)デェ
( ゚Д゚ )ト?

(*^ω^)そうですおそうですお! 学校の帰りに思い切って青春したい言ったら、おけ、おけけ、オッケェェェもらっちゃったんですぉぉぉ!!!

(〓ω〓;)うそだろ……

(;゚Д゚)こんな心も体も肥え太ってるのに……

(*^ω^)ふひひwwwたまんないおwwwツンとデートwwwあわよくばあなたと合体したいwww合体wwwはなぢ出るwww

(;゚Д゚)と、ところでさ、デートってどこ行くんだっ?

(〓ω〓;)まさかお泊まりじゃあるまいね

(*^ω^)バーベキューですお!

(〓ω〓.)バーベキュー?

(*^ω^)なんか『もっっっのすごく肥え太ってる豚がいるから焼殺すわ』とかなんとか!

(〓ω〓.)(……それって)

( ゚Д゚)(……いや、何も言うまい)

(*^ω^)やっぱりこの間プレゼントしたハーゲンダッツ全種セットが効いたんだお! 神様ありがとう! 僕は幸せです!

(〓ω〓.)生きろ

(*^ω^)はい!

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/16(月) 22:44:23 ID:dI+spxLl
>>1 乙です

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/16(月) 22:47:29 ID:w9swbrHi
食らえ!必殺の>>1乙!

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/16(月) 22:49:32 ID:Kw++wBxM
( =ω=.)「さあ>>1乙ざますよ」

( ゚Д゚)「俺が>>1乙してやる、全て!!」

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/16(月) 22:55:34 ID:I8y52Pei
>>1乙だぜイヤッホオォーウwww

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/16(月) 22:56:50 ID:EefDHC3f
>>6
いつもどおりOPもGJ!
汚物は消毒か……w

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/16(月) 23:12:34 ID:+ia+8VHM
>>6
シンとデートするに見えた私は末期なのだろうか…

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/16(月) 23:28:09 ID:qN1Vsfuj


14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/16(月) 23:38:54 ID:eoK7VGGT
乙です。

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/17(火) 00:00:31 ID:3/ZqSM22
(*゚Д゚)<ゆっくり>>1乙していってね!!>(=ω=.*)

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/17(火) 00:04:21 ID:V+E3pHxC
>>1 乙!
00:10くらいから8〜9レス使って駄文投下します

17 :1/8:2008/06/17(火) 00:10:03 ID:V+E3pHxC
・アスカ家命日+父の日


兄の部屋に入り浸る妹。
父と母は仲の良い兄妹に心からの微笑を浮かべる。
何をしているんだ、そんな父親からの問いに対し、妹は微笑んでごまかすだけ。
そんな妹は兄の守秘を信頼できないのか、兄の口を手で塞ぐ。
そしてそのまま兄を押し進み、兄の部屋に入り込む。
それを何日も続けてきた。一日、二日、そして今日で一週間。


「ねぇねぇお兄ちゃん。お父さん、喜んでくれるかな?」
「……さぁな」
「もう! ちゃんと手伝ってよ!」

素っ気無い声で返すシンだが、その瞳は真剣そのものでマユを見つめる。
マユは一生懸命折り紙を折り、一つ一つ鶴の形にしていく。

「あとどれくらいかな?」
「あと10羽だよ。もう少しだ」
「ねぇ、お兄ちゃん……」
「何だ?」

顔を赤くして兄に問うマユに対しても相変わらず無愛想な顔を向ける。
マユはもじもじしつつも、問いを発する。

「千羽鶴って、どんな効果があるの?」
「お前……わからないで折ってたのかよ」

心底あきれたといった表情でマユを見るシン。
マユは顔を真っ赤にしてシンから目を逸らす。

「だって、前クラスの子に折ってあげたりしたし……大体、これ作ろうって言ったのお兄ちゃんでしょ!」
「……先生が言ってた奴だと、病気にならなかったり長く生きれるようになったりするらしいぞ」
「本当!?」

18 :2/8:2008/06/17(火) 00:12:02 ID:V+E3pHxC

「……ぐっ」

それは夢と言うにはあまりに生々しく、現実に起こったことの回想であった。
その後の夢はいつものごとく、なぎ払われた家族と残った妹の腕。
彼が手を伸ばした先に残ったのは腕一本。未だに慣れない心を貫く衝撃。
上空の悪魔に、統治する国家元首に、全ての理不尽に、何もかも穿たれてしまった。そこに残ったものは彼の咆哮だけ。

「……ふぅ」

6月15日。オーブが戦火にさらされ、シンが家族を失った日。
前日から今日がその日であることはわかっていたが、やはりこの夢を見た。
この夢を見るのは今日が初めてではない。アカデミー時代は毎日のように見ていた。
だが同時に、この夢を見るのはシンにとって不快ではなかった。辛かったことのリピートでこそあるが、夢の中で家族に会えることはそれ以上に嬉しかった。
ただ、この夢を見るたびに彼は一つ心残りを思い出す。

「……」

完成することのなかった千羽鶴。渡すことの出来なかった千羽鶴。
布団から這い出て、勉強机に座る。そしてそこからずっと前の日から準備していた一つのものを取り出す。
机の中から出てきたそれは未完成の千羽鶴。叶わなかった願いだった。
現状、「九百九十八羽の鶴」だ。

「あと二羽、か」

折り紙を準備し、折ろうと折り紙に手をかけるが、それ以上手を進めることが出来ない。
手が震える。頭の中に浮かぶのは家族が吹き飛んだときの光景。
何とか一つ折るも、くしゃくしゃになったそれは鶴と言える形を持っていなかった。

「……クソ」

仕方なくそれを捨てようと手に取ったところで、シンの部屋のドアをたたく音が聞こえる。
シンはそれに過剰に反応した。昔と同じ展開に、恐怖を抱いた。
あまりの驚愕に、椅子から転げ落ち、無様にしりもちをついてしまった。

19 :投下ミス……これが本当の2/8:2008/06/17(火) 00:13:24 ID:V+E3pHxC
「まぁ、迷信だけどな」
「むぅ〜! お兄ちゃん! 願いはかなうんだよ! 私お父さんに長生きしてほしいもん。あ、もちろんお兄ちゃんにもお母さんにも! あと―――」
「……わかったわかった。マユは欲張りだな」
「……むー! お兄ちゃん素っ気無い! 私も長生きしたいんだからお兄ちゃんは私に祈ってよ!」
「はいはい。マユは俺が守るよ」
「えへへ……」

兄妹仲良く言葉を紡ぎながらも二人は鶴を折っていく。
素っ気無い返事も、軽口も、仲の良い証拠。
そして会話が止まったことに不満を覚えたシンが、もう一つ知識を披露する。

「あともう一つ、さ。千羽鶴は平和のシンボルらしいぞ」
「じゃあこれ折り終わったら、戦争終わるかな?」
「さすがに無理だろ」
「でも折り終わったら、きっと神さまが聞き届けてくれるよ。私もお兄ちゃんも頑張ったもん」

口を動かしながらも鶴の製作は進み、後二羽となった。
これで九百九十八羽。千羽まであとたった二羽。そう考えたら兄妹の頬は自然と緩んだ。

「あと一人一羽だね!」
「そうだな」

兄妹は緩んだ頬をそのままに折り紙に手を伸ばす。
そのとき、母からの叫び声が聞こえた。

「シン! マユ! 今すぐ降りてきなさい!」

二人は伸ばした手を止め、母の言うことに従い部屋を出る。
部屋に残された九百九十八羽の鶴。兄妹の想いがつめられた九百九十八羽の鶴。

父と母の剣幕の前に、兄妹はただそれに従って家を出る。
そして兄妹がその部屋に戻ることはなかった。

20 :投下しなおし。レス消費すみません 3/8:2008/06/17(火) 00:14:38 ID:V+E3pHxC

「……ぐっ」

それは夢と言うにはあまりに生々しく、現実に起こったことの回想であった。
その後の夢はいつものごとく、なぎ払われた家族と残った妹の腕。
彼が手を伸ばした先に残ったのは腕一本。未だに慣れない心を貫く衝撃。
上空の悪魔に、統治する国家元首に、全ての理不尽に、何もかも穿たれてしまった。そこに残ったものは彼の咆哮だけ。

「……ふぅ」

6月15日。オーブが戦火にさらされ、シンが家族を失った日。
前日から今日がその日であることはわかっていたが、やはりこの夢を見た。
この夢を見るのは今日が初めてではない。アカデミー時代は毎日のように見ていた。
だが同時に、この夢を見るのはシンにとって不快ではなかった。辛かったことのリピートでこそあるが、夢の中で家族に会えることはそれ以上に嬉しかった。
ただ、この夢を見るたびに彼は一つ心残りを思い出す。

「……」

完成することのなかった千羽鶴。渡すことの出来なかった千羽鶴。
布団から這い出て、勉強机に座る。そしてそこからずっと前の日から準備していた一つのものを取り出す。
机の中から出てきたそれは未完成の千羽鶴。叶わなかった願いだった。
現状、「九百九十八羽の鶴」だ。

「あと二羽、か」

折り紙を準備し、折ろうと折り紙に手をかけるが、それ以上手を進めることが出来ない。
手が震える。頭の中に浮かぶのは家族が吹き飛んだときの光景。
何とか一つ折るも、くしゃくしゃになったそれは鶴と言える形を持っていなかった。

「……クソ」

仕方なくそれを捨てようと手に取ったところで、シンの部屋のドアをたたく音が聞こえる。
シンはそれに過剰に反応した。昔とまったく同じ展開に、恐怖を抱いた。
あまりの驚愕に、椅子から転げ落ち、無様にしりもちをついてしまった。

21 :4/8:2008/06/17(火) 00:16:06 ID:V+E3pHxC

「シン君、いるかい?」

その声は家主であるそうじろうの声だった。
反応しなければいけないと思いつつ手を地面につけ立とうとするが、腰が抜けてしまって立てなかった。

「はい、何ですか?」
「入ってもいいかい?」
「いいですよ」

仕方なく立つのを諦め、その場に座り込んでそうじろうが来るのを待つことにする。
遠慮がちにドアが開かれ、そうじろうが入ってくる。

「……どうしたんだい?」
「あ、いや、その、少し腰を抜かしてしまって……」
「大丈夫かい?」
「はい。少ししたら立てるようになります」

自己嫌悪と羞恥心で顔を赤くしながらも、一刻も早く立てるようにと力を入れる。

「おや、千羽鶴かい?」
「……ハイ」

渡そうと思った相手に未完成の状態を見られるのは恥ずかしいものがあるが、正直それほどの感傷を持ち合わせることはなかった。
そもそも渡そう、と思ったのも漠然とした思いだけで、ただだらだらと作り続けていただけだからだ。

「今日、父の日ですから。そうじろうさんに何か渡そうと思いまして」
「おお、それは嬉しいね」

いまさら隠すことなど何もない。むしろ無様に隠そうとしたほうが滑稽だと想った。
お子様だの何だのとこなたに言われた対抗意識なのかもしれないな、と心の中で自傷した。

22 :5/8:2008/06/17(火) 00:17:31 ID:V+E3pHxC


この扉を開くのに、どれだけの心労を費やしただろう。
ノックするのに、どれだけの時間を費やしただろう。
いや、そもそもこの行動をするのにどれだけの時間がかかったのかわからない。
固い決意の元に入った扉の先には少年の想いが詰まっていた。感動を覚え、高揚する心を抑えつつ、平然であるように装う。

「ところで、何か御用ですか?」
「……いや、用は忘れてしまったよ。あと何羽だい?」
「あと二羽ですけど……」
「そうかい。じゃあ一緒に折っていいかな?」
「あ、はい。喜んで……」

ガンダムオタクとして、ガンダムの主人公が目の前にいる事実には感動を覚える。
しかし、それと同時に今まで見ていたガンダムの主人公が背負った事実の重さにも気づく。
アムロもカミーユも、この少年も、みな大事な家族を失っているのだ。
もし、自分がこなたを置いて逝ってしまっていたらこなたはどうなってしまったのだろうか。目の前にいるこの少年のようになってしまったのではないか。


吹き飛ばされる自分とかなた
こなたが伸ばした手の先にはゆたかの片腕
後には何も残らない。灰へ塵へと還るだけ

そんなこなたをあの世から見つめる自分
手を伸ばしても決して届かない
あのこなたが自らの手を血に染める
まだ子供だと世界に訴えても、あの世からでは決して届かないその言葉


そう考えると、この少年が他人とはとても思えなかった。
彼の家族も天からこの少年を心配しているだろう。あの世界で起こった出来事に憤慨しているだろう。
その気持ちがわかるのは父親である自分だけだ。いくらこなたがゆるくしようと考えても、この分野にだけは手を出せない。
彼の家族の代理になれたら、そう思ったことは一度や二度ではない。


23 :6/8:2008/06/17(火) 00:19:06 ID:V+E3pHxC
しかし何とか交流しようと考えても、年頃の少年との交流の仕方はわからなかった。それに、下手に父親面するのも彼に悪いのではないかと思ってしまっていた。
彼には彼の父親がいるだろう。彼はそれを誇りに思っているかもしれない。それを踏みにじるようなことはしたくなかった。
打つ手がなくなり、それとなくネットで調べたことを元に彼と交流しようと思った。

6月15日。彼の家族が亡くなった日。

話すことは特に考えていなかった。と言うか、思いつかなかった。
そんな自分を不甲斐なく思いつつも、ただ話題が出来たことが嬉しい。

「あと一人一羽だから、すぐ出来るよ」
「……いえ、すぐには出来ません」

何気なく言った言葉だった。だが、この言葉を言ったとたん彼の表情が曇るのを理解した。
今の彼は「辛そうで、泣きそうで、でも我慢する一人の子供」そういう表現がぴったりだ。

「昔作ったことがあったんですけど、あと二羽を作ることが出来ませんでした」

彼も平気であろうと装っているのだろう。視線を逸らし、当たり前のことを話しているかのように努めていた。

「千羽鶴には、長寿と健康の意味があるんです。これをプレゼントされた人が長生きするように、健康であるように、そういう想いで千羽鶴は折られるんです」

その言葉が、重すぎた。
全てを聞かずとも、理解してしまった。
いかに彼がこの千羽鶴に想いをこめたのか、それは生半可なものではなかった。

「でも、完成しなかったら、九百九十八の鶴じゃ効果はありませんでした」
「それは……」
「だから、残り二羽が遠いんです」

彼の背負っているものの重さに、いまさら気づかされる。
どうしようもなく子供だった彼が、大人にならざるをえなかった理由の重さを知った。
なぜ彼が戦う意思のないものを自分で守る気になったのか。神様は誰も助けてくれないし、祈りは届かなかったからだ。


24 :7/8:2008/06/17(火) 00:20:36 ID:V+E3pHxC

「……あの日、マユと一緒に折っていた千羽鶴は、願いを叶えてくれなかった。もし、あの鶴が完成していれば―――」

彼の言葉が突き刺さる。彼の手は震えていて、目からは今にも涙が零れ落ちそうだった。
そこから先の言葉を彼が発することはなかった。彼の視線は机に落ち、黙々と鶴を折っている。
俺には発することの出来る言葉がなかった。
彼よりも何十年も生きていると言うのに、彼に語るべき言葉はなかった。
誰よりも現実を見てきた少年には、現実を語ることも、理想を追求させることも出来なかった。
努力や願いが必ずかなうと言えば、運命が彼から家族を奪ったことや、彼が戦争で敗北したことが現実である。
現実を教えると言えば、彼は十分すぎるほど現実を知っていた。
努力だけではどうしようもない世界。祈りは届かない世界。
俺は泣いていいよとすら言えない。それは彼の信念に反する。
彼は過去と現実を同一視しない。ステラの件と祖国が撃たれなかった件で彼は泣いた。そしてフリーダムを撃破したときなど、今起こった現実にのみ彼は泣く。
過去にすがりついて泣くことだけは決してしない。そうして前へ前へと進む点は美徳であるが、見るほうとしては危なっかしいことこの上ない。
いや、実はそうではなく彼はもう泣けないのかもしれない。「時間経過」と言う現実が、彼から過去の現実味すら奪ったのかもしれない。

俺が小説家として、発することの出来る上っ面だけの言葉は何もなかった。

「じゃあ、俺もがんばらないと、な」

しかし、自然と言葉は湧き出てきた。
人間として、何より父親として、息子に教えるべき言葉は、誰に習うわけでもなく自然と湧き出てくるものだった。
だからこそ、これは俺の本当の想いである。これは彼に何かするように説教するのではなく、ただの自分に対する鼓舞なのだから。

25 :8/8:2008/06/17(火) 00:22:03 ID:V+E3pHxC

「シン君。俺は君の願いを叶えるためにがんばるよ」

―――誰かに対する願いとは、祈る人だけでなく、祈られる人の努力も必要なんだと思う。
彼の「守る」と言う想いは常に一方通行だった。
「名も知らない一般人を守る」「出会った少女を守る」「戦友であり恋人を守る」。全て一方通行で、それ以上先に進めない。
だから、俺は父親代わりとして、一つの理想と現実を彼に教えようと思う。
彼の一方通行の想いだけでなく、相互の想いが人間の関係を形作ると、彼に教えてあげよう。
彼が俺のことを父親として、この千羽鶴を折ってくれたのだから、俺はその思いに答えよう。
彼のことを息子として、相互の人間関係を作ろう。
そして息子の願いを叶えてあげよう。それが父親としてあるべき姿であるハズだから。

「ほら、完成」

口を動かしながら手を動かしていたため、二羽の鶴はそう時間をかけずに折ることが出来た。
呆然と完成品を見つめる彼の頭に手をのせ、撫でる。
彼はそれを感じて慌てたようで、千羽鶴を拾い上げ、俺に差し出すように渡した。

「ありがとう、シン」

もっと楽しさを教えてあげよう。
もっと現実を教えてあげよう。
この世界の楽しさを、人間の交流を、いろいろと教えてあげよう。
この子供に、もっともっと教えてあげよう。
あの世界の辛さを忘れるくらい、この世界が楽しいことを、教えよう。

人の交流は楽しいことばかりではない。
だが、人生とは不思議なもので楽しいことと辛いことはほとんど同程度手に入るものだ。
彼より何十年も生きてきた自分には、それを断言できる。
彼が今まで辛いことばかりを味わってきたのなら、せめてそれと同程度の幸せを手に入れることが出来るように。


ただ、祈る

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/17(火) 00:24:42 ID:V+E3pHxC
投下完了です。>>18は透明あぼんでもしといてくださいorz
慰霊碑の前で泣かずに上を見たシンから連想したSSです
そうじろうとシンはこなたとかの恋愛関係とか考えないで親子みたいな関係になってほしい

27 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/17(火) 00:32:18 ID:JVvvZ7BM
激しくGJ
そうじろうさんはひろし並のスケベだけど良い父親だよ・・・・・

28 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/17(火) 00:34:18 ID:MJ7nLp5j
>>26
GJ・・・
そうじろうの器と、シンの強さに思わず目から汁が・・・
神様は助けてくれないし、祈りも届かない。
自身の願望全てが打ち砕かれた少年が、最後にたどり着いたのは穏やかな世界と穏やかな人々。

個人的にはそうじろうはこなたとの恋愛をひたすら応援するか、邪魔するか。
そもそもシンと誰かをくっつけようとするお見合いおばさんみたいな人になりそうな気が・・・

29 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/17(火) 01:04:04 ID:FcN+Xe+b
>>26
ヒロイン達とは違う方法でそうじろうもシンを助けようとしてるんだな………。よい話でした、GJ。

個人的にだが、そうじろうさんは父親的視点でシンとこなた両方に恋愛のアドバイスしそう


30 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/17(火) 06:48:41 ID:H5XFoUG2
>>26
朝っぱらから目から汁が…GJ。

31 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/17(火) 07:31:28 ID:WEWiaoMy
シンは一回思いっきり泣いて、もう二度と泣かないってタイプだよな
本編でも同じことでは泣いてない、ハズ
種死はたまーにこういう一貫設定あるよね


そしてとりあえずそうじろうは漢

32 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/17(火) 16:18:58 ID:WKmeUwTn
そうじろうさんがかっこよすぎる…GJ!

シンが誰と付き合うとしても、そうじろうさんは見守っていそうだと思うのは俺だけ?

33 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/17(火) 19:00:38 ID:rhjYqnWn
ひなた「あら?シン君じゃない」
シン「ひぃ!?ピンク髪!!」
ひなた「あらあらあら、どうしたのそんなにおびえて」
シン「く、くるな、ピンク。ピンクくるな!」
ひなた「ああ、もう。はい、よしよし大丈夫ですからねー」
シン「・・・!(な、何だ。何か落ち着いて・・・)
ひかげ「あー!ちょっとあんた!お姉ちゃんも何やってるの!さっさと離れなさい!」
ひなた「ふふふ、ひかげちゃんはいつも元気ね」


なんだろう、らきすたのピンク髪は天然おっとり系多くね?

34 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/17(火) 19:33:57 ID:WEWiaoMy
>>33
ピンクキャラまで取られたらますますみゆきさんが(ry)

あとおまいら前スレ埋めようぜw

35 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/17(火) 20:35:36 ID:dtWd79fi
別の意味でピンクになればよい

36 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/17(火) 21:02:56 ID:9IzF1cSb
それは例の洗脳教祖になればいいってことか?

37 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/17(火) 21:10:32 ID:TE5jMgob
pinkちゃ・・・おっと

38 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/17(火) 21:50:50 ID:GsltOoCy
ひよりんの面白い同人に期待

39 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/17(火) 21:55:35 ID:V+E3pHxC
過去ログ更新しました。前回同様パスはありません

前スレ>>1000
同人誌に超期待w

40 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/17(火) 22:36:37 ID:DfhXlv+v
おいおい、ひよりんにそれは荷が重過ぎる―(イタダキマスデスワ!!)あれ?何だ、あのロボット(ry

41 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/17(火) 22:42:02 ID:EHw8ABOt
       _人人人人人人人人人人人人人人人_
      ''>   ゆっくりしていってね!!!   <
        ̄^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^ ̄
           /^\  
         /|  /ヽ `、       ,. -―-、, -z:ァ―rー―- 、
        / 丿/ ヽ∧ ム.     /::) (:)///  イ (7 (」 lヽ
      /' ̄  `、. _|_/  ヽ    ト― <_/:::∠__ |ヽ、____,ィ
    ,ノ´`\ @,、 ヾ0ノ  @ `、   ヘ  l::○::::::::::::::::l      |
   「´、    ヽ ≦≧ニニ≦≧| \.  }=八_,.. ̄ ̄ ̄ゝ      /
∠´,ノーヾ、ソゝ∨匸コ ,−,[ ̄].| ,、 `フ `7\ / ̄ ̄|/l`ー--‐イ
    ゞ彡ヾ, 、_ ,|/´ ̄i i`ヾ-リ'ヽノ`、\  ̄lT ―-..__∧ \___/
    ゝ/,、ソノ/`ヾ、lヾ/ ̄ヽ´/ヾ/l、⌒ ̄   ||‐‐ -|   `ーイ


42 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/17(火) 22:47:33 ID:WEWiaoMy
前スレ>>1000
まるで普段がおもしろくないみたいじゃないかw

43 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/17(火) 23:15:34 ID:4j3lp7RK
泣かせてみた。
ttp://www3.uploader.jp/user/konashinn/images/konashinn_uljp00015.png

個人的に姉妹の葛藤ネタがツボw

44 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/17(火) 23:30:45 ID:V+E3pHxC
>>43
切なかがみkitaaaaaaa!
GJすぎるぜ!

45 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/17(火) 23:31:49 ID:WEWiaoMy
>>43
GJ!
しかしこれだとドロドロルートか姉妹丼ルートに(ry

46 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/17(火) 23:33:35 ID:FcN+Xe+b
>>43
GJ!かがみの涙は貰っとくぜ兄弟。俺もそのネタは大好物なんだぜww



47 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/17(火) 23:36:27 ID:4j3lp7RK
間違って消してしまったのでうpしなおし・・・
ttp://www3.uploader.jp/user/konashinn/images/konashinn_uljp00015.png

それでも、それでもシンならきっとなんとかしてくれる・・・!
(姉妹の葛藤的な意味で)

48 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/18(水) 01:06:51 ID:6gsfwDUO
みゆきやみなみのように、ネタがないことをネタにされるうちはまだいい
真に恐ろしいのはそれすらもなくなることだ

と、ウィキのみさおネタを見て思った

49 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/18(水) 01:33:48 ID:a+PqlgsA
>>48
みゆき、みなみ、みさお、と頭に「み」のつくヤツばかりだな

50 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/18(水) 01:40:58 ID:K7SWP7ht
( ゚Д゚)「極めて〜近く〜限りなく〜♪」
(〓ω〓.)「何してるの?」
( ゚Д゚)「ん?スパロボAだよ、寺田さんからスパロボZへのオファーが来たからな、恥かかないように勉強をかねてな」
(〓ω〓.)「へぇ〜、マメだねぇ」(マクロスFさえ参戦すれば一緒に戦えたのに・・・)
おでこ眼鏡「センパイ、主人公はどっちを選んだっスか?もちろんラミアでございまするでありますよね」
( ゚Д゚)「俺が選んだのはバサr・・アクセルなんだが・・・」
おでこ眼鏡「え〜、何でっスか?というか今すぐラミアでやり直しやがれ」コードDTD発動
( ゚Д゚)「何というかOG2での扱いとかもう他人な気がしなくて」
(〓ω〓.)「あ〜、本気で酷かったよねアレ」



そうじろう「寺田さーん、エルガイム再参戦マダー?」
ひいらぎ父「OGにアストラナガン登場マダー?」
ひいらぎ母「風以外の魔装機神マダー?」


51 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/18(水) 02:32:29 ID:850a0mM8
他人の気がしないって、アクセルは外伝で(出番的な意味でもヒロイン的な意味でも)
ものすごく躍進しただろ
終盤沈んでったシンとは比べ物にならな・・・


・・・・すまん。いやでも、君も二次創作では躍進してるs

52 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/18(水) 05:35:52 ID:UVdbdAt1
GジェネPではメイン扱い(OP的な意味で)
連ザ2プラスのプラスモード等 嫁同人以外ならシンも躍進してるじゃないか

53 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/18(水) 06:00:03 ID:QNTHIhQh
例によってシンが宮河家へやって来た日。

ひかげ「…どーしてあの男はいつもいつも…ふんだ、大人しい顔してるけど騙されるもんですか。
    外面の良いことばかり言ったって、どうせお姉ちゃん目当てなんでしょうに。
    私がいる限り、お姉ちゃんには指一本触れさせるもんか。ぶつぶつぶつぶつ……ん?」

ひなた「――やめて下さいアスカさん、それだけは駄目ですよぅ!」
シン「駄目です、許しません」
ひなた「お願いします〜!そんなことされちゃったら、私、もう…」
シン「聞き届けられませんね。そもそも、俺がここに来たのはこれが目的なんですから」
ひなた「そんなぁ。酷過ぎますよぅ…」
シン「今更何を言ってるんですか。ほら、そんなこと言ってる内にもう出しますよ」
ひなた「ああ〜ん、嫌いやいや〜っ!」

ひかげ「……!!?(嫌がるお姉ちゃんと、こ、この会話の内容…まさか!?
    あ、あの男、やっぱりお姉ちゃんを!ゆ、許せない…絶対に許せない!)」

バンッ

ひかげ「何をやってるのよ、あんたはぁーーーーーっ!!!
    今すぐお姉ちゃんから離れろ、この変態……って、アレ?」
ひなた「ぐすん、ひかげちゃんってば聞いて〜。
    お姉ちゃんの大切な同人誌を処分しちゃうって、アスカさんがお姉ちゃんをいじめるのよぅ〜」
シン「いやでもひなたさん、幾ら何でもこんだけ大量に溜め込むのはどうかと思いますよ。
   家計だけじゃなく押入れの中まで圧迫してるって、前にひかげちゃんもぼやいてましたからね。
   と言うか、こんだけの物を買える金があるならその分を生活費に当てて下さいよ!
   あんたは良くても、満足に飯も食えないひかげちゃんが可哀想じゃないですか!」
ひなた「うぅー、人はパンのみに生きてる訳じゃないですー。
    私にはある意味、こっちの方がパンより重要で…」

ひかげ「……は、ははは……私、心配するだけ損だった…のかなぁ…?」

54 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/18(水) 06:18:23 ID:yh4B9vrq
      上、      /⌒ヽ, ,/⌒丶、       ,エ
       `,ヾ   /    ,;;iiiiiiiiiii;、   \   _ノソ´
        iキ /    ,;;´  ;lllllllllllllii、    \ iF
        iキ'     ,;´  ,;;llllllllllllllllllllii、    ナf
         !キ、: .::/:::/:::::ィ:::::|::::::l:::::';:::::';: __fサヘ.
       /  `ヾ=:イィTラトj:::;' .l:::/ イフTソ:/  'i、
       i'   ,._;:ヽ` ゙̄7:/  l:;' ` ̄フ_    |
       |  ;if≡ト- ヽ |/   iリ  ー;ニ'リ≡キi   |
        |  if!  |l l ヘ     ...-- .., /''´ `キi   |
      |  ,if ,f=|l l lヾヽ、  ー  ´ ,ィ ´ミiリ=t、キi  |
        |  ;iナ,サ |l l l リリ川川川川|爪ミミiiリ キi キi  |
        |   iナ ;サ |l l リリリリ川川川川l爪ミミilリ キi キi  |
       |  iサ ;サ, |リ リリ川川川川川l爪ミミiリ ,キi キi  |
       |  iサ ;サ, | リ彡彡川川川川|爪ミミiリ ,キi :キ、  |
        ,i厂 iサ, |彡彡彡彡ノ|川川|爪ミミリ ,キi `ヘ、
      ,√  ;サ, |彡彡彡彡ノ川川|ゞミミミリ ,キi   `ヾ
     ´    ;サ,  |彡彡彡彡川川リゞミミリ  ,キi
         ;サ,  |彡彡彡彡リリリミミミシ   ,キi
         ,;#,    |彡彡ノリリリリミミミシ    ,キi
        ;メ'´    !彡ノリリリリリゞミミシ     `ヘ、
       ;メ      ヾリリリリノ巛ゞシ       `ヘ、
      ;メ        ``十≡=十´         `ヘ、
                 ノ    ゞ

55 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/18(水) 09:02:46 ID:6gsfwDUO
>>49
そういえば「み」きさんも人妻の中では一番出番ないような・・・

>>53
GJ! シン鬼畜www

56 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/18(水) 09:03:22 ID:0c88pniS
シン厨の特徴

すごい被害者意識
・一番シンが可哀相だと思ってる
・いつまでも被害者意識を引きずってる
・他キャラの不幸は自業自得扱いだがシンの不幸は物凄く可哀想だと宣伝して回る
・シンの悪いところは人間味と負債のせい4馬鹿の悪いところは徹底的に叩く
・シンのことを褒めたり同情したりしてやらないと、叩きだの怨念が籠ってるだのと被害者面になる
・多少批判するとアンチ呼ばわり
・シンの中の人だけは被害者で人気声優だが、他キャラの声優は優遇されてた加害者側で本編に口出せる権利があったと本気で思っている

57 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/18(水) 09:04:59 ID:0c88pniS
叩き
・シンが作品中一番の被害者で、シンは他キャラを殴る権利がある
・シンもラクシズに含まれている事を無かった事にしてラクシズ叩きをする
・ラクシズ声優をキャラと混同して貶める
・見下せる対象があると優越感を感じるらしく、とりあえずシンの話と他キャラ叩きはセット
・4馬鹿のみならずシンの足を引っ張った相手(注・シン厨主観)は味方でも彼女(特にルナ)でも叩く
・そのくせ「4馬鹿以外のキャラ厨はシンの味方」と勘違いしてる
・シンマンセー、他キャラ叩きを邪魔する奴は、シン厨のフリしたラクシズ厨の荒らし
・他キャラの欠点は盛大に叩きつつシンの正当性を主張
・レイとルナマリアを詰る本スレのテンプレを変えるのには渋ったが 、シン擁護のための長いテンプレは速攻で作って採用
・リア好みの綺麗なカップリング(キラ&ラクス、アスラン&カガリ、シン&ステラ)って始まり方が
全部かなり唐突なのに、始まり方が唐突と叩いてるのはシン&ルナだけ。
ルナマリアとくっついたからシンは主役落ちした。ステラはシンを主人公にしてくれたたった一人の女の子
・何処かのスレで、シンを叩くレスが少しでもあると、それをそのスレの総意と見なし断罪する
・そのくせ自分達の所で他キャラ叩きまくりな事は「荒らしの仕業」で自分達は悪くないと主張
・もしくはストレートにしらばっくれる

58 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/18(水) 09:07:10 ID:0c88pniS
シン礼賛の世界
・ 見た事も聴いた事も無い設定捏造 (二次創作の設定が脳内公式設定になっているらしい)
・シンが信念の男だと思ってる
・シンだけがまとも、成長したキャラ
・一番シンが完璧な軍人だと思っている
・シン以外のキャラの良い所は認めようとしない
・シン以外のキャラの良い所や設定はシンにつける
・他の赤服はコネで 、シンの強さは努力で手に入れた実力で他キャラのように嫁補正ではない
・「シンは努力家で特別な才能がない」と言いながら
 ・シン厨のシンは(他作品含む)どの才能キャラよりも最初から一番強いというダブスタ
 ・才能重視の議長(DP)をマンセーする
・キラアスの戦闘勝利描写は負債補正だけどシンと運命は最強で実力
・負債のラクシズ絶対正義描写がガンダムの価値を貶めたと言いつつ
シンが絶対正義にされる二次創作を好み、「これなんてキラ二号? 」なスーパーSHINをマンセー
・ネタスレ荒らし大好き。呼ばれてもいないのに乱入いきなりどこでも
 ・シンマンセー&ラクシズアンチ活動
 ・非腐スレで腐ネタをかます
・痛いスレを大量に立てる
・とにかくマンセーされたがる。普段叩いている種キャラは勿論、他アニメキャラにまでマンセー・肉奴隷強要で喜び組化
 ・ランキング大好き
 ・ランキングでライバルとなるキャラは、他作品のキャラであろうと叩く

59 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/18(水) 09:08:59 ID:0c88pniS
シン礼賛二次創作編
・シンマンセー二次創作が超マンセーされた職人が、
 次作でシンの居ない二次創作を公開したがレスがつかず、スレが過疎って落ちた
・シン厨のマンセーするSS
スーパーシンちゃん&クロスキャラで、基地外ラクシズをフルボッコにする話
文章の上手い下手は関係無し、とにかくラクシズを断罪出来ればおk
・腐を馬鹿にしているくせに新シャア板発のシン厨ラクシズヘイトSSをひっさげ腐の同時にイベントに参加
 シン厨サークルがキラ腐にキラフルボッコ・シンマンセーサウンドノベルを押し付け、
それと交換に女性向け同人誌を強奪する

405 名前:通常の名無しさんの3倍 メェル:sage 投稿日:2007/10/10(水) 06:28:26 ID:???
343 名前:種 ◆GYW7Zys6vk [sage] 投稿日:2007/10/08(月) 21:49:26 ID:Y7gi4NiA0
本日の零攻撃で同人CDR(中身はサウンドノベル)が余ったので貰ってくださいという人がでました
受け取ると代わりに本を要求されたそうです
新手の詐欺かと思われたのですが、どうやら違うようです
サウンドノベルの内容は彗星で連載されていた種と他癌をミックスした話になっているそうで
サイトも存在しているみたいです

交換は個人の責任になりますが
小説の内容が非常に読み手を選ぶものであるのに会場では確認することが不可能
(どちらかというと種キャラに似するアンチ的な見解が強い作品です)
CDRの内容が種にアンチ的な見解であるのに、種サークルの本をCDRと交換していたことから
本を集める理由にも疑惑が集まっています
上記の理由で念のためこんなことがあったとことを注意代わりに報告します

60 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/18(水) 09:10:33 ID:0c88pniS
選民思想
・DVD等の表紙がシンならば「ガンダムファンへのサービス」で 、 キラ、アスラン等だと「腐向け商品」扱いでガノタを気取る
・新シャアでは、他作品と比較した場合、種キャラの扱いが格下になる事が殆どだが、シンに限っては何故か
 シン>>>>>>他作品キャラ>>>>ゴミ>>その他種キャラ
 といった具合になる
 

すり寄り
・話題作の主人公を「シンに似ている」と言い出す
  酷い時は「この作品はシンの扱いに不満を抱いていたスタッフが、負債へ対する当てつけに作った」と言い出す

その他 
・ギスギスした空気を作るの大好き
・なりきり自演荒らしでスレを潰すの大好き
・アンチスレにひたすら特攻&意識(ここの過去ログ参照)(最近は自治気取りながら難癖を付けにくる事が多い)
・厨アンチスレに厚顔無恥にも居座る
・コピペ荒らしに便乗してスレを潰す
・普段すり寄ってるキャラでもシン正当化・マンセーの為なら容赦なく切り捨て
・ 足し算もできない池沼
  644 名前:通常の名無しさんの3倍[sage] 投稿日:2007/09/30(日) 21:40:36 ID:???
キラが才能120努力10
シンが才能70努力60
合計値はシンの方が上
こんな感じだろうか?

61 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/18(水) 09:11:57 ID:0c88pniS
シン厨のハーレム思想

・公式のルナマリアとの関係を納得しようとせず、妄想に逃避
・シンは「種の世界観にふさわしくない」と、他作品へ現実逃避
・その割りにガンダムより余程低俗な萌えアニメの世界へ逃避(シン厨の精神年齢の低さが出ている)
・萌えアニメのヒロインと強引に恋愛関係にさせる妄想小説を書き、喜ぶ
・対象萌えアニメの主人公や男性キャラを嫌う
・対象萌えアニメのヒロインが本来好きな主人公の記憶をあっさり忘れ、シンに恋をする小説を妄想するのが好き
・本当はシン厨なのに「彼女にふさわしいのはシン」と、常に萌えヒロイン目線で
シンという最良の彼氏を見つけたという脳内設定する
・そのくせシン×○○の萌えヒロイン恋愛スレをいくつも立てるハーレム思考
・必ず対象の萌えキャラを孕ませたがる(公式設定やルナマリアとの関係を踏まえて考えると、完全にスクイズの誠)
・新作ガンダムが放映され、シンの不遇がすっかり世間から忘れ去られている事に危機感を感じている
・その為宣伝と称し、対象の萌えキャラ厨が集まりそうなアニキャラ板にスレ立て(嫌がらせ行為)
・強引にシンと恋愛関係にされる為、当然萌えキャラ厨が怒り出すが、「ネタスレ」を免罪符に「嫌なら消えろ」と煽る
・しかし、シンが叩かれるような"ネタ"はあれこれ理由を付けて荒らし認定
・その為、ネタスレなのにテンプレがやたら複雑>>1

62 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/18(水) 09:37:04 ID:kTB3ebst
>>53

GJ! さすがシンwww

63 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/18(水) 09:37:18 ID:IwU9YdOb
こなた『でね〜シンがさ〜………』
かがみ『アハハハ!あいつらしいわね〜そうそうこの前シンが………』


こなた「どうしたの?つかさ?」
かがみ「携帯電話の使い過ぎでお父さんに怒られたのよ」
こなた「ネットに繋げまくったの?」
つかさ「違うの、お姉ちゃんとこなちゃんが毎日電話で話してるから、仕方なく携帯で電話をしてたら………」
かがみ「誰と話してんの?」
つかさ「シンちゃん」
こなた「え?」
つかさ「だから、シンちゃんと毎日電話で………」
こなた「(わたし達が恋バナをしている間に)」
かがみ「(シンにダイレクトアタック!?)」
こなた「つかさが悪い!!」
かがみ「そうよ!反省しなさい!!」
つかさ「ふえぇー!?何で2人ともそんなに怒るの〜!?」



64 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/18(水) 10:10:33 ID:AEEKOqzt
つかさらしいなw 天然でやってそうw

65 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/18(水) 11:07:03 ID:qUWflryE

つかさ「ふんぬらばぁ」
かがみ・シン「ブッww」
てて〜ん
こなた「シン、かがみ、アウトォ」
みさお(吹き矢装備)「手加減なしだってVA!」
かがみ・シン「いったぁ!?」


絶対に笑ってはいけないこなシンスレ、というのが何故か浮かんできた
徹夜明けのせいかなぁ…

66 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/18(水) 11:39:33 ID:BM/kdh2t
>>52
ひより「連座2+はネタだしの際にずいぶんお世話に……」
シン「……待て、お前のそのデータ(男だけ好感度マックス)はなんだ」
ひより「ぎゃー! 先輩ー!?」

ひよりならきっとこうしているだろうと(ry

>>53
シンひでぇwww このシスコンがwwww

>>63
二人とも半分自業自得やんw

67 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/18(水) 11:52:05 ID:6gsfwDUO
>>65
このスレの場合、「絶対にニヤニヤしてはいけないこなシンスレ」のほうが(ry

68 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/18(水) 13:00:30 ID:IwU9YdOb
>>66
ひより、マーズとかヘルベルトとかでも、するのかよwww


>>67
言われて、ここの住人たちが「アウト〜」の声と共に、簡単に尻とかを叩かれる姿を想像したじゃないか!!!



69 :みなシン:2008/06/18(水) 16:41:46 ID:GGtQZG/W
『コンプレックス』
本来は無意識のイメージが感情を伴って複合している状態を表す精神分析用語だが、一般的には劣等感を指すことが多い。
「………」
その日、岩崎みなみは悩んでいた。
間違いなく美人に入る顔立ち、スレンダーな体にスラッと伸びた足、おまけにスポーツが得意で頭もいい。
文武両道、才色兼備…他人から見たら非の打ち所のないように思えるみなみだが、彼女からしてみれば自身はコンプレックスのカタマリだった。
まず真っ先に考え付くのは胸が無いこと。姉と慕っている高良みゆきと比べると、無残としか表現のしようが無いほど平面である。何度も大きくしようと努力を繰り返してきたがその思いが実ることは決してなく……話しが脱線してしまった…
とりあえず彼女が最も気にしているのは胸のことだろうが、今の彼女の頭を占領しているのは別の悩みだった。
(どうして……うまく笑えないんだろう…)
小さいときから彼女は感情を表現するのが苦手だった。頭では楽しいと思っているのに、顔に表すことができないのだ。それが元であらぬ誤解をされたことは1度や2度ではない。
「…………」
ムニムニ、と人差し指で頬を吊り上げ、むりやり笑顔を作ってみる。すると通りすがりの子供から怪しい者を見るような視線を浴びてしまった。
「はぁ」
「どうしたんだ、みなみ?」
「!?」
思わずため息をついた直後、後ろから聞こえた声に慌てて振り向くみなみ。するとそこには親友の兄のような存在であり、自分の先輩でもあるシン・アスカがいた。
「先輩…」
「ため息をついてたようだけど、なにか悩み事か?」
「あっ…はい…ちょっと…」
「俺でよかったら相談に乗るけど?」
その言葉にシンの顔を見つめるみなみ。
かっこよくて優しい先輩…そんな先輩にも自分に不満なこととかあるのだろうか…
「先輩は……コンプレックスとかありますか?」
「コンプレックス?」
「はい。実は…」
首を傾げるシンにみなみは事情を話した。自分が上手く笑えないこと。自分のその性格にコンプレックスを抱いていることを。
「………そっか」
事情を聞き終えたシンは静かに頷き、口元に手を当て何かを考え始める。
普段浮かべている優しげな表情とは違う真剣な瞳に、みなみは何か「触れてはいけないこと」に触れてしまったのではないかと思い慌てて口を開く。
「あの…!」
「んっ?あっ、悪い悪い!とりあえず、何処か別の場所に移動しないか?道端じゃちょっとな…」
「は、はぁ……」


70 :みなシン:2008/06/18(水) 16:42:11 ID:GGtQZG/W
近くにある喫茶店に入ったみなみとシン。
シンは自らが頼んだブラックコーヒーを一口飲む。
それに習い、みなみもシンに奢ってもらったオレンジジュースに口をつけた。
「さて……と」
「………」
「とりあえず、さっきのみなみの質問だけど…はっきり言ってしまえば、俺はコンプレックスだらけだ」
「えっ?」
シンの口から出た答えに、みなみは驚きの声を上げた。
彼女から見たシンは、かっこよくて運動神経もよく、いつも優しげに話してくれる理想的な存在だったので、彼が劣等感など感じているとは思えなかったからだ。
「いや…だらけだった、と言うべきかな」
「だった…?」
「例えば、そうだな……俺の目を見てどう思う?みなみ」
右手で自分の瞳を指差しながら問うシン。
『目を見てどう思う』その言葉にみなみは首を傾げながらシンの瞳を見つめる。
そこにあるのは綺麗な赤。彼だけが持つ鮮やかな深紅の瞳がこちらを見つめ返していた。
「どう…と言われても…」
返答に困っているみなみの姿を見て、シンは苦笑しながら口を開く。
「変、じゃないか?紅い目だなんて」
シンの言葉に驚き、みなみは一瞬息を止めた。
「そんなこと…」
「いや、いいんだ。自分が一番よく知ってるから」
「先輩……」
「実際、『俺が元々いた世界』にいた頃も、紅い目の奴なんて俺しかいなかった。人ってのは自分と違う異形のものを嫌う習慣があるからな。この目が元で、トラブルに巻き込まれるのも少なくなかった。だから、小さい頃から俺は、この目が嫌いで仕方がなかった」
シンは何処か遠い目をしながら話しを続ける。
「でも、ある時…1人の親友がこう言ってくれたんだ。『俺はお前の瞳が好きだ』って…『お前にしかない、お前だけの色だろう、それは……俺にはそういうものがないから、お前がうらやましく思う』って」
「…………」
みなみはいつの間にかシンの話に引き込まれていた。
オレンジジュースの中にある氷がカランッと音を立てる。
「それを言われたときに気付いたんだ。コンプレックスなんてものは、自分の考え方1つで全然違うものになるんだって……」
「……それは」
「みなみはちゃんと笑えてるよ」
「えっ?」
シンの言葉にみなみは首を傾げる。
「ただ、他の人より表情の変化が少ないだけさ。みなみの大切な人は、みなみが笑ってるってちゃんと分かっているから大丈夫さ」
俺の親友もそうだったしな……と微笑むシン。
その言葉にみなみは、胸にあったわだかまりが消え、代わりに何か暖かいものが流れ込んでくるのを感じた。
「ありがとう……ございます」
「いや、そんな大したことじゃないって…それより大分時間食っちまったな、そろそろ帰るか。送ってくよ」
「あっ…シン先輩!」
先に店を出て行こうとするシンを呼び止めるみなみ。
「んっ?」
無理はしなくていい。少しずつ変わっていこう。
そうすればいつか…先輩のように自分を好きになれるかもしれない。
「私も……私も先輩の瞳、好きです!」
そう言ったみなみの顔は、今までで一番綺麗に笑っていた。



71 :みなシン:2008/06/18(水) 16:44:51 ID:GGtQZG/W
ちょっと>>49,55に反逆して即興で作ってみました、みなみネタです。
しかしらき☆すたの世界では目が紅いのぐらい普通なのかな〜、と書き終えてから思ったりなんだり…

72 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/18(水) 17:49:26 ID:BM/kdh2t
>>70
GJ! みなみ可愛いよみなみ。気にするなシンがあまりに単純と言うかおばかというか表情出しすぎなだけだからw
シンは自分が短気なのをコンプレックスにしてそうだなw

しかし赤い目って吸血鬼的キャラ以外だとあんまいないのかな?
そらガンダムとらき☆すたの世界じゃいないわなw

73 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/18(水) 18:01:28 ID:1igyQrpM
>>69-71
 
最高に最高でGJだ!!
 
これでみなシン分が補充できた

74 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/18(水) 18:28:30 ID:qUWflryE
≫72のせいで吸血鬼の格好をしたシンが亜音速で浮かんだ
いかん、エロい妄想が…ひよりヘルプ

75 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/18(水) 18:39:41 ID:qUWflryE
おっと、こいつを忘れてた

みなシン氏GJ!
最近定期的な糖分補給がないと辛いから助かります

76 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/18(水) 18:54:33 ID:6gsfwDUO
昔の種の同人サイトなんかだと、シン吸血鬼化ネタはどこでもほぼやるネタだったな

ドSシンのエロい奴ばっかだったけどw

77 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/18(水) 20:56:02 ID:2O1AMomI
>>69-71
みなみん可愛いなみなみん。GJ!
>>76
みなみん逃げて、超逃げて!

78 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/18(水) 22:14:02 ID:2rYSV5pe
>71
片方の目で過去を見て、もう片方の目で現在(いま)を見つめている賞金稼ぎは赤っぽかったりする

79 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/18(水) 22:17:05 ID:2rYSV5pe
ミスった…
71じゃなくて>72だった

80 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/18(水) 22:23:49 ID:OhhOTElc
吸血鬼シン「さぁ、今宵の生贄はだれだ!!」
ひより「ひぇぇ、で、でも先輩なら・・・」
吸血鬼シン「うわ、ひよりか。腐ってるからパス」
ひより「な!?」

ひより「血まで腐ってないっす〜〜〜〜、はっ!ゆ、夢」

81 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/18(水) 22:57:10 ID:g0y2yJP/
ゆたか「私もお姉ちゃんのバイト先でアルバイトを始めました」
かがみ「へぇ〜偉いわねぇ〜・・・ってまてよそれって・・・」

こなた=ヲタ少女
シン=女装(内緒)
ゆたか=妹系

かがみ「本当に大丈夫かこのコスプレ喫茶・・・」

82 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/18(水) 23:21:21 ID:IwU9YdOb
>>81
ゆーちゃん……出番のために何でもやる、まるで芸人みたい……ん?久しぶりに誰か家に来た(ry


83 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/18(水) 23:56:01 ID:aWsgg67d
馬鹿な奴だ。あのお方の背から立ち昇る殺気に気付かなかったとは・・・。

84 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/18(水) 23:58:26 ID:BM/kdh2t
>>83
ゆーちゃん黒モード!?www

85 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/19(木) 00:09:18 ID:Ph5jOIwK
シンについて聞いてみました。

初期
つかさ「怖そうな人かな…」
かがみ「別にどうでもいいわ」

中期
つかさ「ほんとは優しい人なんだよ」
かがみ「あいつ、つかさの胸触ったのよ!?変態よ!」

中期2
つかさ「…好き…かな…」
かがみ「スケベで変態で短気よ…でも…」

後期
つかさ「あたしは…シンちゃんが大好き」
かがみ「嫌いじゃないわ…でもつかさが…」

86 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/19(木) 00:19:24 ID:sUPcfm0A
スレ内だと一瞬だけど、実際シンがフラグ建てるのは年単位かかってそうだな・・・シンの性格からしてあんま自分からは動かないだろうし
一目惚れらしいみゆきさんと居候補正のこなた以外はなんか時間かかってそうなイメージがある
特にかがみとかつかさはシンの性格がゆるくなるまでは恐がられてそうだしね
だが、一度建ったら(ゆるモード入ったら)乱立させるイメージがあるwww

87 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/19(木) 00:34:51 ID:dWJ3QD1V
だが大事なことを忘れないでほしい。
このスレは判例主義ではなく、全ては作者次第だということを。

88 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/19(木) 00:42:55 ID:ZxH3PVNa
ゆたか「(カシャン)あ、す、すいません」
アスカ「あ、ご主人様。申し訳ありません、この子昨日新しく入った子でして」
ゆたか「す、すいません」
アスカ「ほら、ゆたか。いいっていってくれてるから。かわりを今お持ちしますね」

ゆたか「ごめんなさい・・・」
シン「まぁ、初めてだから今のはいいけど次から気をつけろよ。」
ゆたか「うん・・・」
シン「ほら、元気だせよ。」(頭をナデナデする)

ひより「うううう、これは、イメージをかきたてられるっすぅぅぅ!!」
みなみ「あ・・・(ゆたかをとられたのかシンに頭を撫でられてるゆたかがうらやましいやら)」

89 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/19(木) 00:46:06 ID:NXqYwkH9
自室でシンが
さ〜さ〜や〜か〜な絆でいい〜そっとこなたを抱〜き〜し〜める〜から〜
とか替え歌を歌ってると、丁度こなたが入って来てお互いに顔を真っ赤にするってネタを受信した

90 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/19(木) 01:06:19 ID:kBOmePFx
>>86
まあフラグが立つ話ばかりなのも致し方なしかと〜
一応フラグたつ前の話とかも自分内では作ってるけど、ヤマなし、オチなし、イミ多少ありくらいだし、とても投下出来るものとは……www



91 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/19(木) 01:21:49 ID:iR2NPO/1
カラオケボックスにてシンが英雄を熱唱中

シン「おーとこならー誰かのために強くなれ!歯を食いしばってー思いっきり守り抜け!〜(中略)〜たーだそれだけーできればー英雄さ〜」

こなた(いつか私のためだけに歌ってほしいな)
かがみ(いつか私のためだけに歌わせてやる)
つかさ(シンちゃんは私の英雄だよ〜)
みゆき(シンさんは私だけの英雄です)
白石「やれやれこの程度の英雄に聞きほれてるなんてあんたらの耳を疑うね」
シン「なんだいきなり!?」
白石「一週間後にもう一度ここにきてください。こんなパルマばかりする奴の英雄よりもずっといい英雄を聞かせてあげますよ」

92 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/19(木) 01:53:29 ID:VczrAXCi
絶対無理に100万ルピー

93 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/19(木) 02:17:25 ID:K2V0l5Q8
その場で沈黙させられるに200万ルピー

94 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/19(木) 07:28:13 ID:+s1d4j/+
デッドエンドに300万ルピーとバルサミコ酢

95 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/19(木) 10:23:41 ID:kBOmePFx
白石がこなた達を満足出来たなら、SS書いて投下する



96 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/19(木) 11:18:37 ID:sUPcfm0A
>>90
山なし谷なしオチなしでも問題ないでしょw 世の中にはほのぼのって言うジャンルがあるんだぜ

>>91
英雄は神曲
あの歌詞なら「女もそうさ、見てるだけじゃ始まらない」ってトコがあったし、なんか感化されそな予感w

97 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/19(木) 12:19:49 ID:fhTwKHTf
ところでシンがアスカになった時の声ってどんな感じ?

98 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/19(木) 13:25:28 ID:sUPcfm0A
最初はラクスボイス、その後は好きな声を出せるようになったそうだ
使い慣れている(?)ラクスボイスをそのまま使ってるんじゃない?

99 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/19(木) 14:58:29 ID:kBOmePFx
>>98
このスレのシンなら自分の声でトラウマ発動だなww


100 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/19(木) 15:04:44 ID:+s1d4j/+
>>97
後輩には気っ風のいいお姉さま声
お客には優しいメイドさん声
 
声優?そんなの鈴ムラクスに決まっ(

声優に詳しくないから分からない

101 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/19(木) 15:30:11 ID:fhTwKHTf
そうなんだでもラクスボイスだと
ラクスより例の老け顔メイドのイメージが先行するんだけど。

102 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/19(木) 15:39:31 ID:PlVfGZj7
アスカ「ジャンクになりなさい」

103 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/19(木) 16:36:53 ID:aJ2FTDaV
>>99
自分の声だと(骨の振動的な意味で)聞こえ方が全然違うから大丈夫だろうw

レイ『ほら、ギルのおかげで特殊能力が一つ増えただろう』
シン「全っ然うれしくねぇよ!」(ラクスボイス)
レイ『ふふふ、声が戻ってないぞ』
シン「あ、あー(ラクスボイス)、あー(レイボイス)、あー(ルナボイス)、あー(鈴村ボイス)、……よし」

104 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/19(木) 16:59:39 ID:iR2NPO/1
いつものメンバーで昼食中

つかさ「シンちゃんこれ今日シンちゃんのために作ってきたの食べる?」
シン「これビーフストロガノフじゃないか!?すごいな有り難く頂くよ」
つかさ「どうかな?」
シン「うんすごく美味しいよ流石だな」
つかさ「これ食べてバイト頑張ってね」
かがみ(なによあたしだってビーフストロガノフくらい)
白石「やれやれこんなビーフストロガノフを美味いと言っているようじゃほんとにバイトを頑張れるかどうか怪しいもんだ」
シン「なんだいきなり!?せっかくつかさが作ってくれたのにかがみになんか絶対に作れないんだぞ」
かがみ「な!?」
白石「明日もう一度この教室にきてくださいこんな双子の妹が作ったビーフストロガノフよりも美味いビーフストロガノフをご覧に入れますよ」

105 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/19(木) 17:11:46 ID:4Nvaxzzr
白石が井上ヴォイスの料理にしか役に立たないチンピラ社員にww

106 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/19(木) 19:01:56 ID:aJ2FTDaV
>>104
さっきから白石が何かにとりつかれてるw
つか地味にかがみに殺されるぞシンwww

107 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/19(木) 19:18:46 ID:NXqYwkH9
>91
シンがネクサスを見たら、ダークファウストの正体で変なスイッチ入りそう…

108 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/19(木) 21:35:38 ID:iR2NPO/1
かがみがシンにお弁当を作ってきた

かがみ「これ、あんたに作ってきたんだから食べなさいよ」
シン「ああ、ありがとうところでかがみこれはなんだ?」
かがみ「春巻きよ春巻きちょっと失敗しただけよなんか文句でもあるの?」
シン「いや別に(何がちょっと失敗しただけだ。ダークマターじゃないかこれ、でもかがみがせっかく作ってくれたんだ)じゃあいただきます」
かがみ「どうやっぱり美味しくない?」
シン「(かがみが一生懸命俺のために作ってくれたんだ)あ、ああ悪くない美味いよ」
かがみ「ほんとに?無理しなくてもいいわよ」
シン「無理なんかしてないさかがみが俺のために作ってくれたんだ美味しくないわけないだろ」
白石「やれやれこんなダークマターを食べて美味いと言っているようじゃほんとに無理してないか怪しいもんだ」
かがみ「なによいきなり!?」
シン「かがみに謝れ!ダークマターにだっていいところの一つ位あるはずだ。」
白石「明日もう一度ここにきてくださいこんな双子ツンデレの作ったダークマターよりも美味いダークマターをご覧に入れますよ」

109 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/19(木) 21:38:38 ID:sLNWqBJU
さっきら白石にエラーが起きまくってるなwww 誰か直してやれよw

110 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/19(木) 21:48:32 ID:PlVfGZj7
>>108
美味しいダークマターって……

111 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/19(木) 22:04:14 ID:jiUiU3yQ
??「白石ぃ〜?・・・歯ぁ食いしばれ!!そんなエラー修正してやる!」


112 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/19(木) 22:05:30 ID:aJ2FTDaV
白石にエラーwwwwww
美味しいダークマターワロスww

直ったら今度は白ウに戻るんだろうかwww

113 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/19(木) 22:09:30 ID:sUPcfm0A
しっかし普通の白石を最近見ないなw
白ウだったりこんなんだつりw あきら様より出番があるのにまともな白石がいないとかww

114 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/19(木) 22:23:53 ID:1L4zBgY6
白石「おれはしょうきにもどった!」

115 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/19(木) 22:32:08 ID:68wqbPtm
>>108
とりあえず『。』を使ってくれ
読みにくい

116 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/19(木) 22:41:17 ID:g7yiKcqr
>>114
( ゚Д゚)「ガリだな」
( =ω=.)「うん、ガリだね」

117 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/20(金) 00:24:58 ID:0FfU96Eb
シン「バイトの時はルナの声なんだ、」
(=ω=.)「ああ、やっぱり」
シン「あー、(マユボイス)ほらな・・ってあれ?」
(=ω=.)「大丈夫、大丈夫、似たようなもんだから」

118 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/20(金) 00:34:16 ID:T1xkENiB
白石「俺、生まれ変わったら主人公になるんだ」

119 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/20(金) 01:02:51 ID:mGyqeBMU
白石をぶった切って乙女こなた投下

こなた「ねぇ、シンは今何か欲しいものとかある?」
シン「いきなりそう言われると意外とあんまり出てこないな……」
こなた「あは、わかるわかる」
シン「そういうこなたは今なんか欲しいものあるのか?」
こなた「え、私は……(シンが欲しい、なんて言えないよね)」
シン「はは、そういえばマユとかルナとかメイリンとかは何でもかんでも「これ欲しい!」って言ってたなぁ」
こなた「……そうなんだ」
シン「はは、昔のことも、普通に思い出せる。俺もゆるくなってきたんだな」
こなた「……まだまだ、もっとゆるくなってもらうよ!」
シン「おう、どんと来い!」


こなた「……シンが他の女の子の話をすると胸が痛い。私ってこんなに醜かったっけ。
    こんなちんちくりんじゃ、ステラやルナに勝てないのかな……?」

かなた『女の子なら普通だよって、教えてあげたいわ……』


あ、ありのまま今起こったことを話すぜ
シン→こなた書いてたら反転した上に二重切な系になってしまった。何を言ってるかわからねぇと思うが(ry

120 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/20(金) 01:43:48 ID:JnZfgcP9
つまらん

121 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/20(金) 01:46:06 ID:satsCM7C
もはやこなたがベタぼれな件について
初期スレのおもかげねぇぞ!

かまわんもっとやれ

122 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/20(金) 09:25:05 ID:q8JgZX+G
出番があまりに少なすぎるキャラについて考えようと思っても、気付けばこなた、かがみネタを考え付く今日この頃

123 :愚某:2008/06/20(金) 13:21:03 ID:jKSWVLGN
最近、柊姉妹ネタしか思い浮かばない某が通りますよ
さて、こんな時刻ですが5スレ使わせて貰います。



124 :愚某:2008/06/20(金) 13:22:55 ID:jKSWVLGN
〜『2人はライバル』〜


「お姉ちゃん、今いい?」
「うん」
 つかさが私の部屋を尋ねて来たのは私が宿題をしてる時だった。

「どうしたのよ、一体?」
 つかさが一向に話を切り出さないため、私は手を止めてつかさの方を振り向いた。
「あ、うん……あのね……お姉ちゃんって人を好きになったことある?……」
「えっ!?な、なによ、突然?」
 これが少し前なら、苦笑混じりに冗談で返せたのに、現在の私では動揺がバレない様にするのが精一杯だ。
「……聞きたいって思ったの。人を好きになるってどんな感じかなって………」
 私はつかさの言葉を聞いて心の中で安堵の溜め息を吐く。
 どうやら、私ではなくつかさの個人的な話らしい。そうと分かれば、私としてもつかさの相談にのってあげたい。
「……ということは、あんた誰かを好きになったの?」
「分かんないの……でも、その人の事を考えると胸が苦しくなって、その人の姿が浮かんで来て……」
「……ふーむ、間違いないわね」
 私は眉間に人差し指を重ねながら自分の経験上からの答えをつかさに伝える。
「……や、やっぱりそうなんだ………」
 そう言って、つかさは顔を真っ赤にして俯いてしまう。
 その行動が余りにも可愛くて、私は思わず笑いそうになってしまった。



125 :愚某:2008/06/20(金) 13:24:42 ID:jKSWVLGN
「で誰?私の知ってる人?」
「え……えっとね………」
 からかい半分、真剣半分で私はつかさに尋ねる。
 つかさは人見知りすることもあって、ほとんど男子とは話そうとしない。そのつかさに慕われてるのがどういうやつか興味があったからだ。
「私と同じクラスで……お姉ちゃんも知ってる人なんだけど……ダメ!これ以上はむり〜」
「いいわよ言わなくても。明日つかさの態度で分かると思うし」
「あぅ〜」
 ホントにこれ以上聞くとオーバーヒートで倒れるのではないかというくらいにつかさの全身は真っ赤になっていた。
 姉の贔屓目かもしれないけど、つかさは料理は上手いし、愛嬌もあって可愛いし、つかさを彼女にする奴は幸運過ぎると思う……でもつかさに彼氏が出来ると私から離れるんだろうな。
 そう思うと、寂しいという気持ちも沸いて来るから勝手なもんよねー。でも、これでつかさが幸せになるなら、何よりだし………。
「つかさ、私に出来る事があったら言ってね!頑張りなさいよ!!」
「う、うん!ありがと〜お姉ちゃん!!」
 私はつかさの笑顔を見ると、思わずつかさを抱き締めた。



126 :愚某:2008/06/20(金) 13:25:34 ID:jKSWVLGN
「ふぁぁ〜眠いよ〜」
「何?あの後寝たんじゃないの?」
「えへへ…寝ようとしたんだけど、あの人の事考えちゃって………」
 それを聞くとお姉ちゃんは溜め息を一つついた。
「そんな調子じゃ、体持たないわよ?」
「でも――」
「おはよ〜かがみ〜つかさー」
「うぃっす」
 わたしはあの人の声に心臓が飛び出しそうになる。
 ど、ど、どうしよう……ちゃんと、あの人と話せるかな?ちゃんとあの人の顔見れるかな………。
「おはよ、相変わらず凄い顔ね…あんた………」
「で、で、でも、シンちゃんはそんな顔でもいいと思うよ……」
「……つかさ、かがみが言ってるのはオレじゃなくて、こなたの事だと思うぞ………」
「え?……ふぇ?シンちゃん、ごめ〜ん!」
 あの人は完全に呆れ声。ど、どうしょう!?あの人に嫌われちゃうよ〜
「そこがつかさの言いところだよ〜」
「まあ、そうだな」
 こなちゃんのフォローにあの人は笑って私の頭を撫でてくれた。
 よ、よかった〜嫌われてないみたい。
「取りあえず学校行こ。わたしは机で早く寝たいよ」
 こなちゃんの提案に反対する人はいなくて、わたしたちは学校に向けて歩き出す。

 わたしはもちろんあの人の背中を見ながら歩いて行く。そんなわたしを見て、お姉ちゃんは何か考えてるみたいだったの………。



127 :愚某:2008/06/20(金) 13:27:06 ID:jKSWVLGN
 つかさが好きな人は間違いなくあいつだ。それは朝の態度を見れば一目瞭然だ。
 つかさが誰を好きになるかはつかさの自由だから、私はあれこれ言うつもりはない。私に出来る事はあの子の相談にのってあげて、応援することだけ………そう思っていた………。

 私は学校の屋上で寝転がって、空を見上げていた。
 女の子の私がこんなことをしていても、誰も注目しない。当然だ、今は本当は授業中なのだから。
 学級委員が授業をサボるのはいかがなものかと自分でも思うけど、今は授業に出ても内容が頭に入る事はないと確信できた。

「まさか、同じ奴を好きになるなんてね〜………何で同じ人を好きになるの?……私はどうしたらいいの?………」
 私の質問に答えを返してくれる者は誰もいない。
「私だって、好きでつかさと同じ人好きになったんじゃないわよ……そもそも私の方が先だったんだし………。」
 早い遅いとかはあいつに告白もしてないのだから意味はない、そんな事は分かっている。言い訳をしても意味がない、そんな事も分かっている。
「……私………どうしたらいいの………?」
 その問いに答えてくれる人はやっぱりいなかった………。



128 :愚某:2008/06/20(金) 13:29:05 ID:jKSWVLGN
『日下部達に捕まったから、昼休みはそっちに行けないからよろしく!
後シンにお弁当でもあげたら?アピールチャンスよ(笑)
追伸.放課後も無理だからこなたと憧れの彼と帰りなさい』

 お姉ちゃんからのメールが来たのは4時間目の授業中だった。
 さすがお姉ちゃん、わたしの好きな人分かちゃったんだ……でも、アピールだなんて、そんな……いきなり……無理だよ〜
「柊どうした?顔が赤いぞ?ふゆきのところに行くか?」
「い、いえ大丈夫ですー!!」
 私は先生の質問に首が飛ぶかと思うくらいに、強く横に振った。

「かがみさんはいらっしゃらないのですか?」
「うん、日下部さん達に捕まったんだって………」
「大変だな友達多いと。かがみは面倒見良さそうだしな、誰かと違って」
「失敬な!シンだって社交性0なくせに!
まあ、かがみ的にはとても残念だと思うけどね〜」
「どうして?」
 わたしの質問になぜかこなちゃんはあの人の方を見てから、声をひそめる。
「そりゃあ、愛するシンと会えなくなるからね〜わたしもフラグGetが見れなくて残念だよ〜」
「……えっ?お姉ちゃんはシンちゃんのこと………」
「何を今更…見てると思わずニヤけて来るよね〜」

 カラン

 う……そ……。
 わたしは落とした箸を当分拾えなかったの………。



129 :愚某:2008/06/20(金) 13:30:49 ID:jKSWVLGN
今回は以上です。続きは週末にも投下予定ですので気が向いたら見てやって下さい。

べ、別に>>47の絵にインスピレーションされたわけじゃないんだからね!!元々考えてた話なんだから!!



130 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/20(金) 15:28:20 ID:q8JgZX+G
種関連詳しい人いたら、避難所のシンの人物紹介に情報提供よろしくおねがいします
趣味やら何やら、準公式でもおkっぽい
今は不確定なデータしか出てないみたいだから
あと、このスレの設定でもおっけーw

131 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/20(金) 16:46:13 ID:mGyqeBMU
・逆転

初期

男「シンって近づきがたいなぁ」
男「『こっちくんな俺にかかわんなオーラ』が蔓延してるからな」
黒井先生「泉と一緒にいるとき狙えばいいんやないか?」
男「え……? ってあれ、いつもの威圧感がない」

シン「……」(ゴゴゴゴゴ)
こなた「そんでさー、ひどいことにねー」(ゆるゆる〜)

男「な、何だあの空間は」
白石「ふっ、アレは無愛想なシンが出す『こっちくんな俺にかかわんなオーラ』と、泉の出すゆるオーラが相殺され、こちらに余波がこないのだよ」


後期

男「なんか最近教室が重くないか?」
男「それはいつぞやの『こっちくんな俺にかかわんなオーラ』じゃないか? でも今は重くないな」
黒井先生「アレを見てみー」
男「え?」

小鉈「……」(ゴゴゴゴゴ)
シン「ったく、かがみとかひどいんだぜ?」(ゆるゆる〜)

男「あ、アレは!?」
白石「ふっ、アレは泉の出す『こっちくんなシンとんなオーラ』とシンの出すゆるゆるオーラの相殺だな」


かなた『こなた……いい戦士(おとめ)の顔になって』
レイ『アレでいいんですか!?』

132 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/20(金) 17:35:41 ID:B01N5RRs
>>130
wiki見たら?

133 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/20(金) 19:16:13 ID:qbeOHTEe
>>129
GJ!!作者共に良いツンデレでしたwww
しかしこのままいくと、修羅場モードまっしぐらなような……



134 :47:2008/06/20(金) 21:46:00 ID:TvJFLIRH
>>129
GJ!
まさかかぶるとは思わなかったw

135 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/20(金) 22:38:48 ID:5rkJmrEy
相変わらずgdgdなのは変わらないんだぜ…と、まあそれはともかく、先に言っておきます
>>1と職人さんたち乙&GJ

それでは投稿します

眠れない…シン・アスカはそんな思いと共に、寝転がっていた。
現在時刻、ゼロイチジニイキュウフン…つまり、午前一時二十九分。はっきり言って、深夜と言っても
差し支えない時間帯であり、いつものシンならば確実に夢の中(…どのような夢かは除いても)にいる
時間である。

…こなたが彼の部屋にお邪魔している場合に限ってはその限りではないが、生憎と彼女は柊家へ御泊りに
行っている(その事が決定した直後、シンも一緒に来ないか、と誘われたが、以前あの家に一人で行った
時の恐怖がフラッシュ・バックしたのでやんわりと断った。…さすがにインフィニティー・シリンダーの
直撃を受けたくはない)。よって彼の睡眠を邪魔するものは皆無…の、はずだった。

しかし、そんな夜更けと言える時間になっても、彼は眠れずにいた。それは早寝早起きを習慣として
心掛けている彼にとって(軍に入っていた時の習慣ともいえるが)、ある意味では実に忌々しき問題と
なっていた。……まあ、学業に多少の影響が出るくらいで、然程問題がある訳ではないのだが←待て

そもそも何故眠れないのか…眠れない中でその答えを何度も求めようとしたが、徒労だった。確かに
原因は見えてはいると言うのに、何故か理解できる…と思うところまで至らないのだ。まるで霧の中に
薄っすらと映る明りに向けて、止めどなく足を進めるが如く。

「何なんだよ…くそっ!」

何か―――自分でも解らない何かに向けて苛立ちを混めた悪態を吐き、ごろん、と寝返りを打つ。
何の模様も描かれていない、シンプルな壁紙を見ながら、シンはもう何度目かと言う程の考察に意識を
馳せ巡らせた。

……悪夢を見て眠れないと言うわけではない。そんな事は二年前からうなされて飛び起きる経験付きで
散々経験して慣れてしまっているし、また、戦争末期の精神的な極限状況の中で眠れなくなった事も、
記憶に新しい。

だが、今回のそれは以前とは一線を画する。こちらに来て暫らく経ってからから精神的外傷…いわゆる
トラウマの類は不気味な程に形を潜めたし、以前のような極限状態でのストレスも受けてはいない。
むしろ、以前と比べると比較にならない程緩いくらいだ。それなのに、何故?……解らない。

「………………」

…ダメだ。考えても考えても、あたかも袋小路に嵌まるかのように自分の中での解答が出せない。大体が、
元々小難しい事を考えるのは得意ではないのだ。…実際、アカデミー時代にグループを組んだ時には俺が
大雑把な計画を立ててレイが細かい内容、そして全体を見てルナが意見を出し…といった役割分担が何時
の間にか形成されていた(仮にも赤を纏う者になった三人だから、ある程度の事は出来る。しかしその
役割でやった方が、何故か断然効率が良かった)

……これを、今の生活で変換するとどうなるだろうか。え〜っと、俺の役割は…こなたとみさお、それに…
ひよりかな。レイがみゆきさんとみなみ…もしかしたらゆたかも入るかも。んでルナにつかさ、かがみ、
八坂…って―――今はそんな事どうでもいいだろ!?

「っ〜〜〜〜〜あー、もう!!」

ばさっ、と掛け布団を勢い良く跳ね上げ、その勢いのまま上半身を起こす。…あのまま考えていると、
忌まわしい思い出まで思い出してしまいそうだった。例えば落ち葉が降り頻る中、マユと一緒にまるで
バカップルみたいに追いかけっこした(させられた)り……あの時ほど周りの目が気になった事はなかったな。
……いくら兄妹でもあれはないだろ。でも言われた通りにしないと泣きそうだったし…

136 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/20(金) 22:39:38 ID:5rkJmrEy
あれ?っていうか、C.E.の事がこっちで物語として放映されてるって事は…もしかしたら、このシーンも
放映されてたり…………ま、まさかな。大体、マユとの思い出はあそこだけじゃないし…そういえば初等
教育の頃、マユが虐められてるって聞いて、そいつを早とちりで一喝したら泣かれて、マユに怒られた事も
あったっけ。他にも風呂入っていたらいきなり乱入してきたり、マユの友達の前で思いっきり足滑らせて、
不可抗力で押し倒したり…他にも、他にも…

……と、まあこのように。過去の辱恥が脳裏をエンドレスで流れに流れてきて、鬱になりかけていた俺を
救ったのは…

……ころん。

「………ぬいぐるみ?」

一つの、人形―――いや、ぬいぐるみがベッドから転がり落ちる音だった。クマをもじってはいるが、決して
クマではありえないそのつぶらな瞳、そして顔―――いわゆる、「リラックマ」と呼ばれる人形である。が、
少し違う。いや、基本的な形こそ何でもない「リラックマ」であったが、その肝心の頭部と眼が決定的に違う。

どれくらい違うのかと言うと…顔は (・ω・)から(=ω=)になり、頭部に関しては( …つまり、アホ毛が実装
されたと考えてもらえばいいだろう。うん、どう見てもあいつだ。……こないだからこそこそと何か作っている
事は解っていたが…こんなもん作っていたのか。

「まったく………ん?」

暫し呆れていたが、ふと、気付いた。…なんでこれが俺の部屋に?あいつが俺の部屋に私物を持ち込むのは
決して珍しい事ではない(……さすがに服などは持ち込まない。というか持ち込ませない)が、少なくとも
昨日まではこんなものは置いてなかったはずだ。そもそも、わざわざ俺に隠して作っていたくらいだから
何かあるんじゃないか?

そう思って、枕元に置いてある電気スタンドのスイッチを入れ、そのクマの全体を照らした。……明るいところ
で見ても、外見は問題なし、と。じゃあ中身は…

「……ん〜っと。固形物は入ってないみたいだな。いや、入ってるか。でもそんなに厚いものじゃない。手紙か
 何かか?これを取り出すには、まず背中のチャックを開けて、と。なんだ?このチャック…何か噛んだみたい
 に全部開かないんだが…っと、この、うりゃ……良し!!」

…ビンゴ。そう思った俺の指の間には、少しくしゃくしゃになった大きめの便箋が挟まれていて。決して丈夫と
はいえない(少なくとも自分の力なら楽に引き裂ける)ぬいぐるみ相手に、間抜けな格闘を演じたかいがあった
というものだ。だが、これは…

137 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/20(金) 22:40:29 ID:5rkJmrEy
「俺宛ての、手紙?え〜っと、何々…『シンへ。これを見てるって事は、夜眠れなかったんだね。いやいや、
 ぐっすり眠っていて、何かの拍子に気付いたんでも全然OKだけど。でも、出来ればその場合はこの先を
 読まないで欲しいんだ。ちょっと…いや、かなり変な事が書かれてると思うから。……書いてる自分でも
 そんな風に思うんだから、これってよっぽど変だよね〜。……まあ、それは置いといて。さっき言った事
 に当てはまるんなら、この便箋の中にある子便箋を必ず…必ず読むように!』…何だこりゃ。」

…回りくどい事をする。そう実感している俺の手には、便箋の中から現れたもう一枚の便箋…先程の言葉は、
この表に宛先と共に随分と小さな文字で書かれていたものだが…をまじまじと見やる。いつも実直に過ぎる
ようなあいつばかり見てきた俺としては多少意外だったが、それだけ大切な…もとい、妙な内容なのかも
しれない。

そう思い一瞬、読むのを止めるべきかと思ったが、一応、今現在眠れないと言う条件には当てはまっている。
それなら…と(心中において)圧倒的賛成多数で可決された俺の身体は、次なる行動…手紙を読む行動に
向けて動き出した。そして―――

「………何だこりゃ」

………………呆れた。呆れ果てた。ああ、確かに『変な』事だったさ。でもな、あんな言い回しするなら
少しは真面目な事が書かれててもいいだろ?……それなのに、なのに…

『さあ、この『リラックこなた』を私と思って抱いて寝るが良い♪(=ω =.) オフフ』

―――ほんの一瞬でも悩んだ俺の時間を返せ。っていうかやっぱりあんたの顔か、あれ。良くあんなに自分
の顔忠実に再現できるな、おい。大抵は自画像って言うと、多少なりとも美化か謙遜が混じっているかの
どちらかだけど………はっ!いかん、あいつのペースに巻き込まれる(いないけど)ところだった!!

「……っつーか年頃の男にぬいぐるみ抱いて寝ろって…どういう恥辱プレイだよ、全く。
 ……あれ?追申があるな。何々―――」

『追申:私がいなくても、これで寂しくなんかないっしょ?こっちに来てからのシンってば、私が夜中に
 同衾するとぎゅっと抱きしめてくるから、多分それが原因だと思うよ。いや〜、慣れって怖いよね〜…
 ちなみに私は『リラックシン』を持ってるから。それじゃ!!』

……そうか。その追申を頭の中で理解した途端、今まで袋小路にはまったように迷走していた思考が、
少しずつまとまってくるのを感じた。確かにこの世界に来てから暫し経った頃から、あいつ―――こなた
は何を思ったのか、寝る時に俺のベットに入ってくるようになった。俺はそれをあいつが寂しかったから
だと思っていたけど…本当に寂しかったのは、俺だったんじゃないか?

大体、この世界に来てから毎日のようにうなされていた俺が、うなされなくなったのは何時からだった?
…そう、確かあいつが俺と(俺の言い分は半ば無視して)同衾し始めて、少し経った頃じゃないか!

「……そっか、俺…あいつ無しじゃあいられなくなったんだな…」

ぽつり、と呟いたちょうどその時…計ったかのように、睡魔が襲ってきた。…御都合主義と、言わば言え。
そんな謎の言葉が浮かんだのを最後に、シン・アスカは睡魔に呑み込まれる。……腕の中に蒼髪とアホ毛、
そして何ともゆる〜い顔をしたぬいぐるみを抱き抱えながら。

そして、意識が朦朧としながらも呟いた。―――ありがとな、こなた―――

138 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/20(金) 22:41:05 ID:5rkJmrEy



「『ありがとな、こなた―――』どういたしまして♪さーてシンも寝たみたいだし、私もそろそろ…」
「「そろそろ…何(かしら)(なの)?」」
「……っ!?」

「ど〜もおかしいと思っていたのよねぇ…いっつも休日、特にこっちに来た時は夜明けまで起きてるあんた
 が、「宴も酣だし、明日はショッピングに行くし…今日は早めに寝よう!!」なんていうなんて」
「それで寝た振りしていたら案の定…って事なの。説明…してくれるよね?」

「先ず…今の声は何?あたしの耳が確かなら、シンの声が聞こえたような気がしたけど?」
「い、いやー…実はあっちの『リラックこなた』はアホ毛の部分に盗聴器が仕込んであって…んでこっちの
 『リラックシン』には受信機が…」
「なるほど、それでシンの本音を聞いてみたかった、と。そういうこと?」
「う、うん」
「ふ〜ん……まあそれは別にいいわ。私も少しは興味が有ったから。それじゃあもう一つ…さっきの会話は?」

「え、え〜っと…実は、毎晩毎晩シンの部屋に潜り込んで一緒に寝てたり寝てなかったりなんかして…」
「それじゃあ、「俺、あいつ無しじゃあ〜」の爆弾発言的な件はなんなのかな、こなちゃん…?」
「そ、それこそがきっかけで…最初に悪戯で潜り込んだ時、シンってばうなされていたから…だからつい、
 母性本能が疼いて、ね?」
「添い寝した、と」
「そ、そうなるの…かな」
「そして…それが何回も続く内にどんどん一人で寝るのが物足りなくなって、今に至る…と?」
「うう、何か改めて言われると恥かしい…」

「……なるほど、言い分はよぉ〜く解かったわ。でも…人の家に来てまで、そんな犯罪紛いなことやるの
 止めてくれない?惚気聞かされるこっちの身にもなってくれると嬉しいんだけど…ねぇ?」
「か、かがみん怖いよ…その顔。つかさも何か―――ってひぃっ!?」
「こなちゃん、ずるいよ。何時の間にかそんなにフラグ立てていたなんて…私なんか、私なんか…
 やっぱり、名前がスレの題名に入っているから!?メインヒロインだから!?
 答えてよ、こなちゃん!!」
「ちょ、ちょっと二人とも、特につかさ、落ち着いて…アッ---!!」

139 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/20(金) 23:34:47 ID:R3YslNXa
>>56-61
GJ!!!!

140 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/21(土) 06:53:44 ID:yBmkWRoo
>>138を読んだら、アニメのうる星やつらを思い出したwww
確かラムがいなくなって、盗聴器であたるの本音を聞くという話があったはず……


141 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/21(土) 14:24:45 ID:JcW4WCXP
年がばれるぞ?
と、未成年で話を覚えている俺が言ってみる
一体どこで見たんだっけ?

142 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/21(土) 14:32:57 ID:sSIU4Zoz
>>141
うる星やつらはBSで再放送とかけっこうやってたからそれで見たんじゃなかろうか
まぁあくまで俺が覚えてる範囲なんで他にやってたかもしれんけど

143 :140:2008/06/21(土) 22:07:39 ID:yBmkWRoo
スゲェ、スレストだなwww……

>>141
俺はガキの時「朝の子供劇場」というのをやってて、そこでうる星とらんまを死ぬほどやってたから、それで覚えた。
関西のローカルネタでスマソ



144 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/21(土) 22:41:31 ID:YXlJEE3m
>>138
鯖落ちしまくりのせいで感想言うの遅くなっちまった・・・。鯖落ちタイミング悪かったなぁ
GJ! こなたも実はリラックシンがないと寝れないんだろーなぁw
とりあえず元軍人が盗聴されんなww

>>143
スレストは鯖が落ちまくってるから仕方ない。まぁ、単純に人がいないのもあるだろうけど
つーかこのスレ鯖落ちてなくても携帯から入るとエラーが多発するんだよね・・・なんでだろ

145 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/21(土) 23:08:29 ID:J6j+1aEy
このスレ、土日はなぜか人がいなくなるんだよな〜

146 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/21(土) 23:12:42 ID:6zVAjdDK
週休二日制です

147 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/21(土) 23:39:06 ID:uQb3BaQh
リラッコナを抱くシン
シン「それにしてもなんかいい匂いするな・・・なんだろ」

こなた「ふっふっふ。実は私の古着を縫い付けてあるのだよ。そしてリラックシンには
    シンの古着を・・・」
柊姉妹「倒してでも奪い取る」
こなた「何をする貴様らー」

148 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/22(日) 00:05:00 ID:IWyFTFiI
ガングレイヴを途中まで見てたらマフィアなこなシンスレ、というのが浮かんだ

かがみ「ファミリィの絆ってのはね、そんな柔いものじゃないのよ」
つかさ「あの人たちは、もうここには戻れないの?」
みゆき「アナタが犯したのは…我々のメンツに泥を塗ったことです、お逝きなさい」


こなた「シン、どうして…」
シン「けじめをつけにきました」

何か練りがいまいちだ、正直すまんかった

149 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/22(日) 01:49:19 ID:mvneC4hW
足らん、足らんぞ!
はやく話を追加する作業に戻るんだ!

150 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/22(日) 07:43:21 ID:Qog4I1H/
>>148
店長「ガングレイヴと」
みき「聞いてきました」


アニメしか見てないけどねww

151 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/22(日) 10:36:44 ID:sedUpPxQ
ガングレイヴはゲームの方が先だったなぁ

シン 「エベバデェ〜〜〜」
こなた 「まさかビリーが好きになるとは思わなかったよ」
シン 「フィーバー!!」

152 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/22(日) 14:01:23 ID:+aDX5LbR
>>147
神社が倒壊するほどの戦いが起こってそうだぜw
一方シンは昼寝した

153 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/22(日) 14:09:32 ID:PK2eyNOc
リラッコナを抱いてシンが幼い寝顔でベットで寝ているんですね分かります。

154 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/22(日) 14:44:09 ID:g6tCJuwo
>>153
(;´Д`)ハアハア

155 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/22(日) 16:16:34 ID:io4DP68S
ひより「腐ってなんかないッスよ〜」
シン「そういうんならいっそ脱オタしてみたらどうだ?」
ひより「そんなことしても腐の精神は不滅っす」
シン「だったら外見だけでも・・・ほら、眼鏡外してみるとか」
ひより「なるほど、古来より伝わる上等手段すね。わかります」
シン「いいから、ほら」


あやの「はっ」(キュピーン)
みさお「ん?どうしたんだよ」
あやの「今、キャラが被ったような感覚がしたような・・・」

156 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/22(日) 20:16:45 ID:q3olF4fZ
>>138
GJ! リラッコナとリラックシンを作ってるこなた想像して超和んだw


こなた「いやぁシンはホント私がいないとダメダメだねー♪ さて、今日も眠れないシンに……」
シン「……zzz」←リラッコナ抱いて寝てる
こなた「……」


シン「なぁこなた。リラッコナ知らないか?」
こなた「アレは私いないとき以外使用禁止」
シン「……はぁ?」


157 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/22(日) 20:25:27 ID:F/1uQFLJ
リラッコナにまで嫉妬かよw

158 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/22(日) 20:58:46 ID:+aDX5LbR
>>156 の別バージョン


こなた「シンの馬鹿力……」←リラッコナを剥がそうとした剥がせなかった
    「仕方ないからリラックシン抱いて一人で寝るしかないね……」


シン「起きろこなたー」
こなた「むぅー……ギュ」←リラックシンを強く抱きしめる
シン「……」

こなた「あれ、シン。リラックシン知らない?」
シン「……さぁね」


159 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/22(日) 21:02:54 ID:kK4Tk5MY
だが待って欲しい
その存在を知った女性達がこなたにだけやらせるだろうか!?
遠くない未来、シンの部屋がリラックマシリーズで埋めつくされるだろう・・・。


つまり、シンがハロをあげまくったのは、今回の複線だったんだよ!!!

160 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/22(日) 21:10:22 ID:q3olF4fZ
>>159
シン「……」←扉の前で体育座り
そうじろう「あれ、シン君どうしたんだい?」
シン「俺の部屋に入れないんです」
そうじろう「?」
シン「入れないんです」
そうじろう「(彼の苦手な何かが出たのか? ゴキブリとか? よし!)じゃあ……」
シン「開けちゃだめです!」
そうじろう「え、うわぁぁぁー!?」←人形が雪崩のようにそうじろうに襲い掛かる
シン「そ、そうじろうさーん!」


こなた「私だけの特権だったのにさー。ブツブツ」
かがみ「抜け駆けしたアンタが悪い」
こなハロ「身体(見た目的な意味で)ノディスアド考エテヨー。ブツブツ」
かがハロ「アンタガ悪イ」

161 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/22(日) 21:34:22 ID:IWyFTFiI
≫159
な、なんだってー!?(AAry
けどお姉ちゃんとしてのこなたなら、リラックゆたかも作ってそうな気がするんだ…いやむしろ泉家条約みたいなのでリラックシンを量産してたり…んなわけないか

ちなみにこのスレでシティハンターネタってまだでてなかったよな?

162 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/22(日) 21:54:22 ID:FmL9WiD8
シン「かがみ、前に借りてたラノベ返すな」
かがみ「はいはい。で、どうだった?」
シン「ああ、アニメ化もしたってこなたが言ってたけど、なかなかおもしろかったな」
かがみ「主人公がちょっと目立たないけどね」
シン「あいつは頑張ってるぞ」
かがみ「え…ああ、そ、そうね…(なんでそんなに力説するんだ?)」
シン「にしても、この主人公、ほんと鈍感だよな」
かがみ「そ…そうね…」
シン「現実にこんなにフラグ…っていのか?それが立ってたら気づかないわけないよな〜」
かがみ「…そうね…(こいつは…)」
シン「でもまぁ、最後のポニーテールにしたヒロインに『似合ってるぞ』って言う場面はなかなかよかった」
かがみ「ああ、あの場面ね。そりゃあ主人公はポニーテールが好きみたいだから」
シン「ポニーテール萌えってやつか?」
かがみ「そうそう、こなた風にいうとそうなるわね」
シン「そんなにいいもんか、ポニーテールって?」
かがみ「人それぞれじゃないかしら?」
シン「そういえばかがみは髪が長いから似合いそうだよな」
かがみ「ああ…いや、その件に関しては触れないで欲しいわ…(また武士とか侍とか言われるに決まってる…)」
シン「・・・そうか?似合うと思うんだがなぁ」
かがみ「…」

翌日
かがみ「あ、シン、おはよ」
シン「オッス…ってポニーテール?」
かがみ「いや、違うのよ、髪を結ぶ時間がなくてその…」
シン「…」
かがみ(我ながら苦しいい訳だった…)
シン「ああ、やっぱり似合ってるじゃん」
かがみ「へ!?」
シン「かがみ、にあってるぞ、その髪型」
かがみ「え…あ、ありがとう…///」


こなた「という夢を見た」
かがみ「あたしは夢の中ではツンデレなのか!」
こなた「いえいえ、夢の中 でも ですよ」
かがみ「はぁ…。まあそれはそれとして、なんであんたがポニーテールなの?」
こなた「夢に習って、ですよ」
かがみ「あ〜、ハイハイ…」
シン「オッス二人とも」
こなた「おはよ〜シン」
かがみ「オッス」
シン「…って、こなた、ポニーテール?」
こなた「どうだね似合うかね?」
シン「ああ…よく似合ってるぞ」
こなた(してやったり)
かがみ(なんとぉぉー!?)



163 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/22(日) 22:01:17 ID:erG0f31r
>>162
かがみ「という夢をみた」
こなた「私はそんなに腹黒じゃないよ〜、ところで、なんでかがみがポニーテルなの?」
シン「おっ!かがみ、その髪型似合って――」

以下、無限ループというのを思いついた……

164 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/22(日) 22:16:21 ID:q3olF4fZ
>>161
シンがハロを量産し、こなたがリラックシンを量産する……泉家は人外の巣窟になるなww
シティーハンターは出てないと思うよ。シティーハンターわからないから断定できないけどw

>>162
GJ! シーブック自重www
そういやシンはどんな髪型が好みなんだろうね

165 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/22(日) 22:24:36 ID:YR7yj3sM
>>164
そりゃぁ短髪でしょうよ、主にステラとルナ的な意味で

166 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/22(日) 22:30:24 ID:FmL9WiD8
逆に、今まで短い子ばかりだったので長い髪も新鮮じゃないかーと思っている。
あ、でも短い子も実績があるから結局どちらも(ry

167 :愚某:2008/06/22(日) 22:41:44 ID:SqrcrF93
>>166
要するにシンと結ばれたヒロインの髪型がシンの好きな髪型というわけですね!

さて少し遅くなりましたが23:00から投下させていただきます

168 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/22(日) 22:45:55 ID:phpxx+sH
>>167
いらっしゃーい

169 :愚某:2008/06/22(日) 23:00:55 ID:SqrcrF93
>>128の続き


「こなちゃん」
「どうしたの、つかさ?」
「さっきの話……本当?」
「さっき……ああ、かがみの事?」
 わたしは少しためらいながら頷く。
「本人から直接聞いてないから100%、ってわけじゃないけどね」
 そう言ってこなちゃんはなぜか分からないけど嬉しそうな顔をする。
「つかさも気付いてたんでしょ?」
「え?………」
 こなちゃんの質問にわたしは考え込む。
 そう言われてみると、あの人と話してる時のお姉ちゃんは凄く嬉しそうだった。
「でもさ〜そんなこと聞くとこみるとつかさも――」
「ち、違うよ!!お姉ちゃんの様子が近頃おかしかったから……それで………」
「なるほど。そう言えばさ、かがみ今日は理由つけて昼来なかったけど……シンとケンカしたのかな?」
 わたしのウソに思い当たる事があったのか、こなちゃんは頷いてから、指を顎に当てたの。
「えっ……どうなんだろね………」
 本当は理由が分かってるのにわたしはこなちゃんに言えなかったの。わたし、友達に2つも嘘ついちゃった………。
「これは近い内にイベント来るかもね♪結果的にかがみもシンとの仲が深まって嬉しいんじゃない?」
「う、うん………多分」
 わたしはこなちゃんの質問に曖昧な返事で頷いた。

 わたしはどうしたらいいの?………。
 だけど、その言葉がわたしの口から出る事はなかったの………。



170 :愚某:2008/06/22(日) 23:02:00 ID:SqrcrF93
「ひいらぎ〜カラオケ行こうぜ、カラオケ」
 学校が終わって、帰り支度していると日下部が声をかけて来た。
「あっ……今日はちょっと………」
「なんだよ〜またあいつらとか?」
「……そう言うわけじゃないけど…ごめん」
「みさちゃん、今日は仕方ないわよ、ね?」
 私の曖昧な返事から何かあったのか察したのか、峰岸が日下部を宥める。
「分かったよ。ひいらぎ〜今度は絶対だかんな」
「はいはい善処します」
「じゃあね、柊ちゃん」
 2人が帰った後、ふと教室を見渡せば私1人しか残っていなかった。

「これでいいのよね?………」
 私は誰にともなく問い掛ける。
「考えて見たら、あの2人ってお似合いかもね〜対の性格だし」
 教室に響く渇いた笑い。
「失恋……とは言わないわよね、フラれたんじゃないしね……だから大丈夫……だい………」
 笑いなさいよ。可愛い妹に好きな人が出来たのよ。私は姉なんだから、私が喜ばずに誰が喜ぶのよ
 だから……私は大丈夫なはずなのに、嬉しいはずなのに……何で涙が出るの?何でこんなに苦しいの………
「止まってよ……誰か止めてよ……助けて………」
 私の願いを聞いてくれるのは誰もいなかった。



171 :愚某:2008/06/22(日) 23:03:02 ID:SqrcrF93
「つかさ、まだ残ってるのか?」
「シンちゃん!?何で?」
 先に帰ったはずのオレが教室に戻って来た事につかさは驚きの声を上げる。

「気になったからな。昼休み終わってから放課後まで明らかに落ち込んでたし」
「え!?そうなの?」
「あれで落ち込んでないように見えたら、オレの目はどうかしてるね」
「そうなんだ………」
 笑わそうとわざとらしく言ったが、余り効果はなかったらしく、つかさは伏し目がちに呟く。
「どうしたんだよ、ホントに?困った事があるなら、相談にのるぞ」
「……あのね…わたし、どうしたらいいか分からないの………」
 オレはつかさの前の席に座ると、何も言わずつかさが続きを話し出すのを待った。

「……わたしの大事な人なんだけどね………その人が、わたしのために自分の事を犠牲にしようとしているの………でもわたしはどうしていいか分からないの………」
 そう言ってつかさは首を俯かせる。
「うーん……そうだな………」
 オレは椅子に持たれながら天井を見上げた。

 いい加減な励ましはオレに悩みを打ち上けてくれたつかさに対して失礼だ。
 オレは慎重に言葉を頭のなかで選んで、口に出した。
「……オレがつかさだったら…そいつを殴るな」
「ええー!?」
 オレの答えにつかさは目を開いて驚いた。



172 :愚某:2008/06/22(日) 23:04:11 ID:SqrcrF93
「な、なんで殴るの?」
「そりゃあ、勝手に犠牲になってそんなことされたら怒るだろ?」
「……でも、それはわたしのために………」
「そうしてくれってつかさが頼んだのか?」
 オレはつかさの言を遮ってつかさに質問する。
「…………」
「頼んでもいないことで犠牲になるのは余計なお節介っていうんだ!!」
 オレは勢い余って机を叩いた。

「そして、残ったヤツは後悔するんだ!もっと自分が上手く出来ていたら、こんな事にはならなかったってな!!」
「シンちゃん?………」
「……あっ……悪い………」
 つかさの呼び掛けでオレは我に帰った。
 何でつかさを励ましに来たのにオレがつかさに怒りをぶつけてるんだよ……最低だな。
「……ありがとう、シンちゃん」
「えっ?」
「今のシンちゃん言葉を聞いて勇気が出たよ」
 つかさを見るとさっきまでの迷いの目と違って、何かを決意したような目になっていた。
「わたし、行くね!」
 そう言うやいなや、つかさは鞄を持って立ち上がった。
「シンちゃんは最低じゃないよ!こんなわたしを励ましてくれたんだもん!!」
 つかさらしからぬ手早さに呆然としているオレに、つかさは言葉をかけて出て行った。
 ば、バレてる……女って凄いよな〜。
 オレは心からそう思った。



173 :愚某:2008/06/22(日) 23:05:26 ID:SqrcrF93
「つ、つかさ!?」
 教室の扉が開いたと思ったら凄い勢いで入って来たのは、私の妹つかさだった。
「よ、ハァハァ、よ、よかった。ハァ、まだハァハァい、いた〜」
「ど、どうしたのよ、一体?」
 確か私はメールで今日は一緒に帰れないって送ったはずなのに………。
「ハァハァハァハァ……お姉ちゃん、ダメだよ!自分の気持ちにウソついたら!」
 呼吸を整えるとつかさは少し怒った様子でこっちに近付いて来た。
「何の話よ………」
「シンちゃんの事、好きなんでしょ?」
「………っ!!」
 さすがに今の私の状態では、昨晩の様に動揺を隠す事が出来なかった。

「……わ、私はいいの……だからあんたが――」
「ダメ!ぜっったいダメ!!」
 私の搾り出した笑顔と声はつかさの怒声とも言えるものにかき消される。
「このままだったら、絶対後悔するもん!お姉ちゃんもわたしも……そんなのイヤだよ!!」
「じゃあどうすればいいのよ!!?」
 私は感情が押さえ切れずにとうとう叫び出した。
「あいつは1人しかいないのよ!?私達は2人いるのよ!?
……だったら、だったらどっちかが譲るしかないじゃない!!」
「……お姉ちゃん………」
「……私はあんたに幸せになってほしいのよ………」
 やばい、泣きそうになってきた………今ここで泣いたらつかさがあいつの事を諦めちゃう………。
「よかった〜。わたしと一緒だ」
「へ?」
 つかさの場違いな言葉に私は思わず間抜けな声を上げていた。



174 :愚某:2008/06/22(日) 23:07:08 ID:SqrcrF93
「一緒ってどういう事よ?」
 目が点になったお姉ちゃんはすぐに立ち直ると、こっちを見て来る。
「うーんと……そのまんまの意味。わたしもお姉ちゃんには幸せになってほしいもん。だから………」
「だから…何よ?」
「だから…ちゃんと勝負しよ!それでお姉ちゃんに負けても、わたしは悔しくないよ!」
「………私は悔しいわよ、つかさに負けると。だから」
 お姉ちゃんはそう言うと口をつり上げたの。
「私が勝つから」
「わ、わたしだって、ま、負けないもん」
 わたし達は火花を散らしてから、笑い合った。

「そうそう、みゆきも好きよね。あいつの事」
「ええー!そうなの、どうしよう〜?」
「なんだよ。急に走ってたと思ったらかがみのとこに行ったのか」
 帰ろうとしたわたし達は後ろから声をかけられたの。
「お前ら本当に仲いいよな。知り合いで仲良しの姉妹がいたけどそれ以上かな〜。
やっぱり双子だからか?」
「関係ないんじゃない?ねぇ?」
「うん!」
「後テレビでやってたんだけど、双子って同じ人を好きになるってホントか?」
『ナイショ!』
 お姉ちゃんとわたしは同時に口に人差し指を当てる。
「それくらい教えろよ………」
「ダメ」
「そうよ」
『ねぇー』
「ハァ!?……勝手にやってろ!」
 怒って歩いて行くあの人をわたし達は慌てて後を追ったの。

 お姉ちゃんとわたし。2人は双子で、2人は、恋のライバル。



〜『2人はライバル』〜fin

175 :愚某:2008/06/22(日) 23:08:18 ID:SqrcrF93
今回は以上です。

修羅場モードを期待していた方は申し訳ありません。某の器量では無理でした。ちょっくらウインダムでダータネルス海峡に行ってきますorz

っとその前に……見て下さった全ての人に感謝致します。
それでは逝って来ます。


176 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/22(日) 23:19:17 ID:phpxx+sH
>>175
個人的には平和なほうが好みなんで、軟着陸GJ!

177 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/22(日) 23:20:43 ID:FmL9WiD8
ここからが本当の戦いだ・・・!
が、GJ!!

178 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/23(月) 00:12:30 ID:qbtq5EtT
・梅雨
こなた「雨止まないねー」
シン「そうだな」
こなた「雨止まないとなんか憂鬱になるよね」
シン「お前はどっちにしろ外でないだろ」
こなた「ひどっ! ……それに髪質とか気になるし」ボソッ
シン「そんなこと気にするタチじゃないだろ」
こなた「これでも最近はがんばってるんだよ〜」
シン「頑張らなくても十分可愛いぞ」
こなた「……え?」
シン「……なんでもない」


シン「……俺も髪質とか考えたほうがいいのかな」


たまには一風変わったネタを書きたかった(過去形

179 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/23(月) 00:59:04 ID:0BUXi4Xh
こなた「そういえば黒井先生って黒井だけに下着も黒なのかな」
かがみ「あんたねぇ、いくら名前の響きがいいからって」
シン「ん?ああ、黒だったぜ。いやぁ、さすがに普通の色のもあるけど比率がな・・・」
みゆき「シンさん、ちょっと詳しいお話をお聞かせ願えないでしょうか」

180 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/23(月) 01:03:09 ID:/qoeUzSH
愚某氏は相変わらず良い仕事をなさる…GJ!
ああ、ほのぼのバトルはいいなぁ、癒される…

アナタ一人だけじゃいかせませんよ、ダガーLで援護します

181 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/23(月) 05:08:53 ID:udqWK10C
D.C.Uをプレイ中の二人。

シン「うお、主人公がとうとう消えてしまったな」
こなた「別にこういうのも珍しい展開って訳じゃないけど…
    でもやっぱり実際に目の当たりにするとグッと来るねー」
シン「…俺もいつかこの主人公みたく、皆にさよならする日が来るのかもな」
こなた「え……」
シン「なんてな。そもそも本当に元の世界に帰れるかどうかもわからない訳だし。
   まあ…流石にこのゲームみたいに皆から忘れられちまうってのも勘弁だけど」
こなた「……大丈夫だよ」
シン「ん?」
こなた「忘れないもん。私は…何があったってシンのこと、忘れたりなんかしないよ。
    これからもずっと、シンには私の側にいて欲しいよ。いなくなったりしちゃ…いやだよ…」
シン「…こなた」

こなた「(私の言ってる方こそ、ほんとはワガママなんだよね…。
     このゲームの主人公とは違って、シンには元々生まれ育った世界があるんだもん。
     でも、それでも…シンにはずっとここにいて欲しい。私の…私だけの側に、さ…)」


アニメ版のダカーポを見てたら思い付いた。謝罪はs(ry

182 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/23(月) 08:38:02 ID:enLbf9BB
>>165
最愛の妹マユは髪長いですよー

183 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/23(月) 08:53:53 ID:+fL+BO9Z
>>175
萌えさせて戴きました!自分もオムツ持参で援護します!

184 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/23(月) 12:32:10 ID:RQpNnHFg
こなた「今更止めたりはしないよ」
シン「大丈夫さこなた、俺は帰ってくる」
こなた「お土産は元気な姿を見せてくれればいいから」
シン「分かった、行ってくる」
 
 





ttp://nicovideo.jp/watch/sm6939
 
( ゚Д゚)「ただいま〜いや〜キラ・ヤマト強かったなぁwww」
(=ω=.#)「帰れ」

185 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/23(月) 12:56:13 ID:/qoeUzSH
シwwwwwンwwwwwてめ、何やってやがるwww

186 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/23(月) 15:42:13 ID:O3fVXn8M
勝手に現在のヒロイン達の格付けをしてみた。

メインヒロイン……こなた

ヒロイン……かがみ、つかさ

サブヒロイン……みゆき、みなみ、ゆたか

2周目以降攻略可能ヒロイン……ななこ、ひかる、ふゆき、ひなた、ひかげ

背景……みさお、あやの、こう

腐女子……ひより


我ながら完璧なる出来だな……ん?手紙?なになに……shine……これは………


187 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/23(月) 15:54:56 ID:9rAhHXl8
>>175
GJ!!萌えさせて貰いました。まあ、この感じの姉妹が一番らしいのかも知れないが。

なら、俺はスカイグラスパーで援護+ストライカーパックの空輸をさせて頂きます!!

188 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/23(月) 18:46:18 ID:YXiA/nQv
>>186
嵐の中でshine

189 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/23(月) 20:09:13 ID:zRe9g9dp
>>186
1年生が1人足りない件wwww

190 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/23(月) 22:32:25 ID:e+4kyzhB
>>186
みゆきさんのサブヒロイン扱いに涙が止まりません

191 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/23(月) 22:45:07 ID:W9+0v0nN
>>190
それでもアニメよりはこのスレのほうが優遇してる気がする

192 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/23(月) 22:59:24 ID:SFuL8CRj
そういえばここのシンって『マクロスF』でミハイルが余計な事を言ってクランにぶっ叩かれたシーンを見てどう、思ったんだろう?


1.怒る
「そんな事を言ったらこなたはどうなるんだ!」
2.悩む
「俺は犯罪者だったのか…」

3.鼻で笑う
「ふん!…コイツはまだまだ甘いな。」



どの答でもこなたには叱られそうだがw




193 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/23(月) 23:48:16 ID:mNX1rFD6
みなハロ「・・・・ツルーン、ペターン」
チェリー「わふわふ!!」

みなみ「・・・Vガンダム!?」

194 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/24(火) 00:02:46 ID:h/xqd1v4
みなハロでっかくなるんか!

195 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/24(火) 00:59:38 ID:Gea9KOSl
>>192
シン「胸なんて大きくすれば問題ないだろ」
こなた「シンもたいがい染まってきたね」

196 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/24(火) 11:27:03 ID:XRWvuPEe
こなた「最近みゆきさんの出番少ないね〜」
かがみ「このスレでみゆきメインのネタ無いしねぇ。なんていうかちょっと・・・あれよね」
みゆき「あの、皆さん。お気になさらずに・・・」
つかさ「そんなこと言われると余計気になるよ〜」
みゆき「いえ、本当に大丈夫ですよ。それに私は出番の代わりに赤ちゃんを貰いましたから」

こなた「・・・・・・」
かがみ「・・・・・・」
つかさ「・・・・・・」
シン「エフンッ!エーーッフンッ!エフッエフッ!!」
みゆき「ちなみに3ヶ月だそうでs」
シン「ゲフッ!ゴホッゴホッ!ン゛ン゛ッ、アーアー」

197 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/24(火) 12:29:11 ID:VMfkckJD
しばらく見かけないと思ったら大変なことにwww

198 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/24(火) 14:40:37 ID:6JkkbrJk
シンナニやってんだwwwwww

199 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/24(火) 15:23:11 ID:hioVhOKZ
>>198
それはもう、血沸き肉躍るようなことをwwww

200 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/24(火) 15:54:41 ID:KOOpBQCv
>>196
そうキタか、アンタって人は天才だw

201 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/24(火) 17:26:51 ID:s09Nhvgx
同居しているだけじゃなく添い寝までしている彼女との違いは何なんだろう?

202 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/24(火) 17:34:25 ID:EAhuw2ab
>>201
この世の中には、近すぎると逆にそういう感情が生まれにくくなるというジンクスがあってだな……

あれ、なんか今光ったようn(ふぉん、ぐしゃっ

203 :反逆:2008/06/24(火) 18:18:12 ID:BIrEpytN

≫202
こうですか、わかりません


ふとシンは、学校への道のりで歩くのを止めた。それに気付いたこなたは、唐突な行動をとった同居人に対し、母親譲りの長い髪を翻しながら彼に聞いた。
「どうしたのシン、ギャルのパンティーでも見つけたの?」
「ないよそんなもん!」
セクハラ発言に定評のある居候先の娘さんにため息を吐き、シンはセンチメンタルな思いつきがどこかに消えていくのがわかった。
それはこうだった。いつまで自分はここにいるのだろう。いつまで自分はこんな幸福の直中にいられるだろう。
もしこなたが話しかけてくれなかったら、自分の背後に、奥千万の地塗れた手が、あの世界へ、そして地獄を無限に味わう煉獄へと引きずりこもうとするのを見ただろう。
その時の自分の足元は、血の霧が立ち込め、それがこなたの下にまで伸びようとするのを幻視しただろう。
そうならなかったのは、目の前の少女の何気ない、普段通りの言葉のおかげたった。
「ありがとな、こなた」
だから感謝の言葉を、万感の想いを、彼女に聞こえぬように呟いた。
「ん〜なんか言った?」
「いや、何も」
はぐらかそうと笑ったら、こなたは何時もの悪戯顔になってシンの真横に並んだ。
「うりゃ!」
「うわっ」
そして突然にシンの腕に飛びつき、まるで子供がじゃれつくように腕を絡めた。
「い、いきなり何するんだよアンタって人は!?」
「だってさ〜シンがそうやって笑うとき、絶対なんかはぐらかそうとしてる時だもん。ならそれを暴いてやるのが同居人の役目でしょ」
「答えになってなーい!」
腕をオーバーに上下しこなたを振りほどこうとするシン。
だがこなたはまるで猫のように身軽な体と運動神経を行使して離れようとしない。
通学路を歩く他の学生たちが、まるでコントのような二人を見て、失笑しながら通り過ぎていく。「いーかげん離れろー!!」
「いやいや、よいではないかよいではないか。このまま学校までレッツラゴーなのだよ」
こなたは満面の笑みで言った言葉にシンは従いながらも、最後まで彼女の変則二人三脚を解こうと努めたのだった。
結局かがみたちが合流して強制的に引きはがされるまで離れなかったが。

『変則二人三脚』end

204 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/24(火) 19:30:27 ID:omBI+l5b
>>203
まるで仲のいい双子のような光景ですね

205 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/24(火) 20:15:35 ID:kMovhSu6
振り回されるこなたに和んだw

206 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/24(火) 21:03:52 ID:A6r1iSGl
シンがエロゲー初プレイ
シン「やっとここまできたよ。結構生々しいな(あいついつもこんなのやってたのか)」
こなた「シーンどこまで進んだー
おっもう脱がしたんだ」
シン「ここまでくるのに色々やった」
こなた「その苦労に対するご褒美が、コレなのだよ」
シン「ああ、そうだな」
こなた「でもこういうチュパチュパ音とかって、プロのおっさんの指を舐める音を使ってるんだよね〜」
――プツン――
こなた「あれ、もうゲームやめちゃうの?」
シン「うん、もういい」

207 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/24(火) 21:32:56 ID:TLpXrfZn
>>206
こなたさん、後で私の部屋に来なさい

208 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/24(火) 21:55:01 ID:zH3Z8850
>>162
ttp://www3.uploader.jp/user/konashinn/images/konashinn_uljp00015.png
こうですね、わかります。

209 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/24(火) 21:59:02 ID:CLjuCcOf
>>208
GJ!!
ていうかかがみんが絶対領域を所得しているッ!?

210 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/24(火) 22:10:11 ID:syx4yXSW
でも考えてみたらツインテって結うのそんな時間かからんよなw

つまりはかがみマジツンデレ

211 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/24(火) 22:18:44 ID:Ygk29EVE
>>208
これはGJ!!せざるおえない!!

かがみはツインもいいがポニテもいいな〜


212 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/24(火) 22:24:26 ID:6JkkbrJk
いやこれ>>43だろw

213 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/24(火) 22:52:26 ID:s09Nhvgx
>206
音を消してやればいいんじゃないか?

214 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/24(火) 22:55:46 ID:oE4QR8QB
そしてこなたがシンに実え(ry

215 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/24(火) 23:30:29 ID:hioVhOKZ
かがみとつかさはライバル化か…
ゆたかとみなみだと2人で仲良くって感じがするけどな〜ww

216 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/24(火) 23:43:51 ID:Ygk29EVE
>>215
かがみとつかさは、スレの共通認識ってわけじゃなくて、一つの可能性ってなだけだし、あんまり気にしなくてもいいと思うんだぜwww


217 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/24(火) 23:44:30 ID:kMovhSu6
>>215
職人によって違うさ
かがみがお姉ちゃんモード全開で支援したり、一歩が踏み出せないかがみをつかさが頑張って支援したりもありだしね
つまり、姉妹丼もあ(ry

218 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/24(火) 23:46:17 ID:6JkkbrJk
>>215
むしろ俺は過去ネタの一人で駄目なら二人作戦がツボに(ry

219 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/24(火) 23:53:44 ID:s09Nhvgx
フラグメイカーのシンなら鶏肉の煮込みを卵でとじた丼だってイケそう

さっきから青いものが視界の隅に映るんだが、病気だろうか?

220 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/24(火) 23:56:54 ID:kMovhSu6
>>219
同時にフラグブレイカーであるシンはそれを食う前にひっくり返しそうだがw

ってもう血の海か・・・

221 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/25(水) 00:11:33 ID:kS4ZLhNo
とりあえずおまいら、他のヒロインの事も考えてやれwwww
まだ新スレになって前回のベスト5以外(こなた、つかさ、かがみ、みゆき、みなみ)シンとほとんど絡んでないんだぞwww


222 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/25(水) 00:31:17 ID:Oj1mHrf+
>>221
他のキャラネタ考えてもいつの間にかこなたネタになってしまうのだがどうすれば(ry
と言うわけで考えてみた

ゆかり「あら〜、シンちゃんじゃない」
シン「ああ……ゆかりさんですか。って重そうな荷物持ってますね」
ゆかり「そうなのよ〜。買いすぎちゃって、シンちゃん手伝って〜」
シン「いいですよ。よいしょっと」
ゆかり「わぁ。シンちゃん力持ち〜。全部持っちゃった」
シン「このくらいなら軽いですよ」
ゆかり「えへへ〜、私たち親子に見えるかしら?」
シン「な、な、な、何を言ってるんですか! ……見えると、良いですよね」ボソッ
ゆかり「シンちゃん可愛いー!」
シン「ちょ、抱きつかないでください! バランスがぁ!(あと胸が!)」


通行人A「なんてラブラブな恋人だよ」
通行人B「見せ付けてくれやがって……」


親子に見るにはゆかりさんが若く見えぎると言う罠(殴

223 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/25(水) 00:45:25 ID:kS4ZLhNo
>>222
GJ!相変わらずここの職人は動きが速いぜwww
シンは母親を求めてるのにゆかりさんはどう見ても、彼女にしか見えない訳ですね


224 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/25(水) 01:10:56 ID:H9pK774d
パティ「コホッ、コホッすみません。アスカ」
シン「ああ、もう。いいよ、それよりなんで連絡しなかったんだよ」
パティ「皆に心配させたらイケナイと思って」

ある日、パティは風邪を引いてしまった。最初はすぐ治るだろうと思われたのだが
思いのほか、それは長引き学校をずるずると休んでしまったのだが。
それを不審に思ったシンはバイト先の店長から彼女の住所を聞きだし様子を見に来たのだ。

シン「ほら、おかゆ作ったから」
パティ「ありがとうございマース」
シン「他に欲しい物あるか?買って来てやるぞ」
パティ「イイデス」
シン「そうか?遠慮することはないんだぞ」
パティ「だったら・・・だったら少し一緒にイテください」
シン「・・・あぁ、わかったよ」

そういうとシンはそっとパティの頭を撫でてやった。

225 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/25(水) 01:33:23 ID:3ssIfflO
続きは無いんか…

226 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/25(水) 02:26:43 ID:shcSUfw1
ここで打ち止めだと・・・!?

227 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/25(水) 03:06:46 ID:Jn2GfY4d
ふゆき「きゃっ!」
シン「どうしたんですか、天原先生」
ふゆき「いえ…その、少し指を切ってしまいまして。大した怪我では無いのですけど」
シン「どれどれ。ちょっと見せて頂けますか?」
ふゆき「え?あの、アスカ君?」
シン「む、血が出てるじゃないですか。先生、ちょっと失礼します」

ちゅ〜っ☆

ふゆき「え!?あ、あ、アスカ君…!?」
シン「ふう。後はこの絆創膏を巻いて…よし、応急処置終わり。
   いや本当、あまり大したことのない傷で良かったですよ」
ふゆき「は、はあ」
シン「実は俺、昔の癖で絆創膏とか持ち歩いてるんですけど、たまには役に立つもんですね。
   それが天原先生の為ともなれば尚更です。
   まあ、生徒の俺が養護教諭の天原先生の手当てをするってのも変な話かもしれませんが」
ふゆき「いえ…そんなことはありませんよ。本当にありがとうございます、アスカ君」
シン「どういたしまして」


ひかる「むむ!ふゆき、指を怪我してるじゃないか」
ふゆき「ええ、ちょっと不注意で」
ひかる「何ということだ。ふゆきの白魚のような指が傷付いてしまうなどと。
    この世界にとって大いなる損失と言わざるを得ない歴史的な一大事件だ」
ふゆき「もうっ、ひかるちゃんってば大袈裟なんですから」
ひかる「…ふむ。しかし何だな?怪我をした割には、お前何だか妙に嬉しそうだな?」
ふゆき「あら、そう見えますか?」
ひかる「甘く見て貰っては困るな。一体何年お前と付き合っていると思っているんだ?」
ふゆき「ふふ、ひかるちゃんには隠し事は出来ませんね。
    強いて言うなら、本当の意味での怪我の功名…という所でしょうか。うふふっ」

228 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/25(水) 03:48:54 ID:shcSUfw1
次の日、学校には指を汚した彼女達の姿が!
シン「ええぃ俺の傍によるな〜!」

229 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/25(水) 04:05:53 ID:ifN+KBzo
>>228
誤変換だろうけど、指を汚したら舐めては貰えないなwww

230 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/25(水) 07:38:12 ID:b5cn8eCd
>>229
指をなめる→一見ラブラブ→ケーキのクリームをなめさせる。
と言うのを連想した俺は猛打m家だと思う・・・

231 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/25(水) 12:19:51 ID:DayHNeGC
時代劇風シンこなと物語風シンこなを思い付いた
 
 
問題なのは時代劇風だと悪役が必要だから今のスレタイじゃ書くことも出来値('A`)

232 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/25(水) 12:54:43 ID:ljrz4snL
>>231
単発ネタ、単発SSみたいに書けばいいんじゃね?
悪役は白石乙とか、適当に当てはめれば(ry

233 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/25(水) 13:26:26 ID:kS4ZLhNo
シン「うーん……」
つかさ「上手く出来そう?」
シン「おっ、先生。甘さはこれくらいでいいと思うか?」
←クリームを指につけ(ry

ペロ

つかさ「うん、いいと思うよ♪」
シン「サンキュー、じゃあ、もう少しで完成だから、待っといてくれ」
つかさ「は〜い♪」


シン「うわー何やってんだオレ!?あんなバカップルみたいなことして………ケーキが出来たら、つかさとどうやって顔合わせるんだよ!?」


つかさ「シンちゃんの指なめちゃった……どうしよう〜どうしよう〜。恥ずかしくてシンちゃんの顔見れないよ〜」


シン・つかさ『ど、どうしよう……///』


>>230を見て、こんなことを想像した俺も猛打meかもしれん


234 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/25(水) 13:59:15 ID:3Ag77tnW
>>231
白石でいいじゃん。

235 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/25(水) 14:14:26 ID:mFjApasP
>231
⊃お江戸でござる


時代劇こなたは町娘というより、たこって感じがする

236 :231:2008/06/25(水) 15:07:23 ID:DayHNeGC
やっぱり悪役は白石になるか、 

237 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/25(水) 15:12:51 ID:Oj1mHrf+
さらりと悪役にされる白石バロスwwww

>>233
よし、次は口移(ry

238 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/25(水) 16:22:17 ID:9hdZXPgQ
白石『よいではないかよいではないか』
アスカ『あーれー』



白石「フフフ…」
シン「何ニヤニヤしてんだよ…」

239 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/25(水) 17:27:22 ID:3ssIfflO
>>235
あれ?俺の想像では三度笠被ってたぜ?

240 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/25(水) 21:06:50 ID:JEB5LW8o
スパロボZのジャケ絵にデスティニー
期待しても良いよね

241 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/25(水) 21:25:08 ID:DayHNeGC
白石が悪役だと……
 
つかさ『ひかえおろ〜』
ゆたか『ひかえおろ〜』
つかさ『この場におわすおかたをどなたと心得る!!』
ゆたか『天下の副将軍のこなたさまだよ』
(〓ω〓.)「二人とも微妙に違ってない?」

242 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/25(水) 22:38:49 ID:mFjApasP
>240
シン 「期待はするけど、あんまり目立ってアイツと同じなるのは嫌だな」
こなた 「シン……」
シン 「さて、MG真武者使って武者インパルスでも作るか」

243 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/25(水) 22:56:11 ID:kS4ZLhNo
>>240
まあ、過度な期待はせずに出るだけでも良しとせんとな
てなわけで空気ぶった切りで投下


みさお「うさ目〜久しぶり」
シン「ああ、色んな意味で久しぶりだな。
とっくに背景に溶け込んだかと思ったぜ」
かがみ「し、シン!!」
みさお「そっちこそ、わたしが出なかったから、泣いてたんじゃねぇの?」
あやの「み、みさちゃん!!」
シン「表出ろ!」
みさお「望むところだze!」
かがみ「ちょっと、2人とも!?」
あやの「危ない事は止めて!」


シン「ハァハァ、見たか、みさお!」
みさお「ハァハァハァハァ、クソ〜また負けた〜」
かがみ「100m走で決着か……随分爽やかなケンカね………」
あやの「……というよりは………」

みさお「あー楽しかった!!じゃあな〜うさ目!」
シン「おう!またやろうぜ!!」
あやの「あの2人にとってはただのじゃれ合いみたいね」
かがみ「……これだから体育会系は………」


244 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/26(木) 00:37:13 ID:drj+4XWs
みさおも三度笠似合いそうだな
つ風来のシン


245 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/26(木) 04:27:04 ID:A09DNmRn
>>243
健康的すぎるw
触発されて久々に描いてみた。不健康な絵を
ttp://wktk.vip2ch.com/vipper84166.jpg
パース?何それ?

246 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/26(木) 05:54:44 ID:WEeMalRQ
>>245
GJ!!
本気でこの二人が仲良い姉弟にしか見えないんですが…

247 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/26(木) 06:31:33 ID:cVXJ4ndU
>>245
かなり仲良くみえるのに、カップルにはみえない不思議

248 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/26(木) 08:20:31 ID:ze1Nh6PO
そうかね。
俺には色々な線を超えた爛れたカップルに見えるが。

249 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/26(木) 09:27:11 ID:kDHnnnBS
>>243
>> シン「ハァハァ、見たか、みさお!」
>> みさお「ハァハァハァハァ、



ここだけでエロい想像してしまった俺はもう人としてダメだと思う

250 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/26(木) 09:34:42 ID:6DRImomf
>>245
光速で保存した。GJすぎて鼻から何か出たw


251 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/26(木) 12:30:49 ID:05ck64KN
>>245
GJ!
シン凄い体勢でゲームやってるなw

252 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/26(木) 12:45:00 ID:X+twErR5
>>245
GJ!!!
俺の脳内ではこの後シンがこなたに「結婚しよう」ていうのが再生されたぜ!!


253 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/26(木) 12:46:33 ID:8UUGnY8I
>>245
だらけきってる二人だなw GJ!

254 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/26(木) 16:18:05 ID:EUg+kpDB
テラ倦怠期wwwwww

255 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/26(木) 16:54:22 ID:jCNwrK7g
>>249
病院いって来い
俺も付いていく


256 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/26(木) 17:10:26 ID:xv7w6Az8
こなた「ねぇ〜シン〜」
シン「なんだ〜こなた〜」
こなた「何か面白いことな〜い?」
シン「あったらゲームなんかやってないって〜」
こなた「それもそだね〜」
シン「こなたは〜?」
こなた「私もないよ〜」
シン「そうだような〜」

>>245を見てたらこんな会話を受信したww



257 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

258 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/26(木) 18:20:57 ID:P/tfGHFG
>248
学校へも行かんと朝からチュパチュパチュパチュパ…そんな関係ですね?

259 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/26(木) 20:25:39 ID://xFNwIb
>>245

GJです!! ていうかもう、お互い凄い空気って感じがw
一緒にいるのが当たり前で、いなくなると呼吸が出来ない並に困るとか。

不健康な妄想が湧きそうなので、
>>249さんの病院に、俺も行ってきます。

260 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/26(木) 22:11:11 ID:RYjaajFM
なんかこのスレのSS
書いてる内容がほとんど一緒だな

らきすたキャラはシンに恋愛する催眠術にでもかけられてるとしか思えない

261 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/26(木) 22:24:07 ID:QiCaRmST
>>345
なんというか……「雰囲気」が描かれてるな……w
GJですw

262 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/26(木) 22:25:04 ID:BWwqOd30
>>345に期待

263 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/26(木) 23:31:21 ID:X+twErR5
久しぶりの予言ktkrwwww

264 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/26(木) 23:42:38 ID:GrX3dCl5
俺も>>345に期待

265 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/27(金) 00:02:09 ID:4I49hpL7
これはまたロングパスだな

266 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/27(金) 00:29:22 ID:DWwRCCiB
>>245
いい、すごくいい
この絵を見て

シン「なーこなたー」
こなた「んー?」
シン「昼どうするー?」
こなた「んーそうめんとかにしょっか?」
シン「そうめんかーそれでいいやー」
こなた「んー」

こんな会話が聞こえてきた俺は色々もうダメだ

267 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/27(金) 01:02:17 ID:a6gscCAD
>>258
・・・・・・・・・・・・ふぅ。

268 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/27(金) 01:06:46 ID:fAJZwFOy
>>257
・・・・・・・・・・・・ふぅ。

269 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/27(金) 01:32:42 ID:p2iiJiVH
なんでオレのこなたがシン厨の慰み物にされなあかんのだ

270 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/27(金) 02:05:18 ID:pcfTacc6
そうかもう夏なんだな

271 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/27(金) 02:13:36 ID:76fGfdgQ
シンが来た当初

シン「かがみ、教科書貸してくれよ」
かがみ「はぁ、また!?いい加減にしなさいよ!?」
シン「オレだって、好きで忘れてるんじゃないんだよ!!」
かがみ「うっさい!言い訳すんじゃないわよ!!」
シン「うわ、教科書投げるな!!!」
みさお「あいつら仲わりいなー」
あやの「犬猿の仲って感じね………」


現在

シン「かがみ――」
かがみ「はい」
シン「……よくわかったな………」
かがみ「こんだけ忘れてたら覚えるわよ」
シン「じゃあオレがいつ忘れても安心だな」
かがみ「あんたは自分で持って来る気はないのか……別にいいけどね」
シン「頼りにしてるぜかがみ」
かがみ「……ばか」
みさお「ついに柊も呆れたか〜」
あやの「そうかしら?柊ちゃん、嬉しそうだと思わない?」
みさお「そうか?」
あやの「うふふ、みさちゃんにはまだ分からないかもね」
みさお「んだよー教えろよー!」



夏になると酒が上手くなるから、ついつい深酒をして大量の電波を受信するから困るぜ



272 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/27(金) 02:52:06 ID:L+5vv9WJ
>>270
年がら年中こんなキモ小説書いてるスレなんだ
夏厨が現れるのも無理はないさ

273 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/27(金) 05:23:48 ID:KUE+5uZH
>>270
素麺と来たら夏だよねぇ
そろそろ夏ネタの時期か

274 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/27(金) 07:33:29 ID:XRoF+mQP
涌くと季節を感じるな

275 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/27(金) 08:10:00 ID:C9gYMPIS
>>271
元軍人なのに教科書忘れんなwwww

そういやシンって赤服すらちゃんとした着方してなかったし、制服もあんな感じでボタン外してんのかね

276 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/27(金) 12:22:48 ID:Cyas1Qfv
……ラフなシンの服装を見て、真っ赤になるみゆきさんを連想した俺は最早人生コナタ\(=ω=.)/

277 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/27(金) 22:30:22 ID:+YVHOwoh
シン「よぉ、つかさ」
つかさ「あ、シンちゃんだぁ〜。どうしたの?」
シン「ちょっと近くを通りかかったからお参りしようとな。それそりなんだその巫女服」
つかさ「えへへー、ちょっと暑くなってきたからチェンジしたんだ」
シン「(だからといって腋巫女服ってなぁ)」
つかさ「お母さんのお下がりなんだ」
シン「みきさんのかよ!!」


278 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/27(金) 23:49:20 ID:KUE+5uZH
みきさんあの年でその服は(グチャ

279 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/27(金) 23:54:33 ID:76fGfdgQ
みきさんのお下がりってことは、やっぱり姉妹から順になっていってるだろうから
次は……シンとつかさの娘だなJK


280 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/28(土) 00:04:26 ID:woMT4w1l
>>278
あの年だからいいんじゃあないか

281 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/28(土) 00:35:49 ID:sPacPYY7
墓が二つも増えたか
年を話題になんてするからだ

282 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

283 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/28(土) 06:08:30 ID:wWQYWbj1
墓が二つ増えて背筋が寒くなったところで、もっと寒くなる話題を……
こなシンスレのキャラで階段とかやったらどうなると思う?

284 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/28(土) 06:08:58 ID:wWQYWbj1
ごめ。会談じゃなくて怪談だ。

285 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/28(土) 10:31:37 ID:j+N000Hw
かなたさんとレイが面白がって、シン達を驚かすに一票

286 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/28(土) 11:56:18 ID:FQ35E6hN
かなたさんの登場で感動路線に行く、に一票

287 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/28(土) 13:07:01 ID:OpOnY7fL
>>285
レイ(何故か砂を撒き散らしつつ)「さぁ望みを言・・グベシャァ!!!

チリンチリ〜ン

( ゚Д゚)「アレ?何か挽いたか」
(〓ω〓.)「どうせカエルか何かじゃないの?」


288 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/28(土) 13:17:34 ID:OJavjrS7
レイ『……』ジー
かなた『……』ジー
シン「……二人とも、他にすることないのか?」
レイ『これでも一応守護霊だからな』
かなた『それに私たちはこの世に干渉できませんし』
シン「……(いや、かなたさんはこなたの守護霊なのになんで俺に?)」
かなた『浮気しないか見張っているんです』
シン「はぁ!? お、お、お、俺とこなたはそんな関係じゃ……って心を読まないでくださいよアンタって人はーっ!!」
かなた『私は別にこなたとは言ってませんよ?』ニヤニヤ
シン「くっ……、(でも、何もできないってのは可愛そうだな……)」


こなた「どうしたのさシン。いきなり肝試ししようなんて」
かがみ「アンタから何か誘うなんて珍しいじゃないの」
つかさ「あ、あんまり怖いのは勘弁してね?」
みゆき「ふふふ、とても楽しみです」
シン「ああ、どんどん怖がらせてやるよ」


レイ『かなたさん、そちらはお願いします』
かなた『ふふ、レイ君も頑張ってね』
シン「……(よかった、二人とも楽しそうだな)」
かなた『シン君、ありがとう』
シン「お、俺は俺がやりたかっただけで、別に……」
かなた『ふふふ、そういうことにしといてあげる』


流れにそってレイとかなたさんネタ
背筋が寒くなると言えば肝試しだぜ

289 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/28(土) 18:11:48 ID:MR+bu/IR
最近過疎りすぎじゃね?

290 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/28(土) 18:16:30 ID:/A+PKn/O
土日は過疎る
それがここの伝統

291 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/28(土) 18:28:26 ID:j+N000Hw
>>287
レイwwwカワイソス

>>288
いい話ダナー。かがみ、つかさ、みゆきは巻き添えだがwww


292 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/28(土) 19:05:57 ID:n5W4pZRm
>>289
ひよりんじゃないけど最近、ネタが思い浮かばないのよねorz
誰か、燃料補給してくれないかな〜

293 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/28(土) 19:26:45 ID:j+N000Hw
>>292
燃料になるか分からんけど……みゆきさんが大学に合格したらしい………
ソースは今月か先月のコンプ


294 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/28(土) 19:48:16 ID:woMT4w1l
>>292
ネタが浮かばないひよりんをネタに(ry

295 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/28(土) 19:57:19 ID:OJavjrS7
>>290
確かに昔から土日は過疎るんだよなぁこのスレww

>>292
俺も雑談がないからネタ探しに四苦八苦してる
一周年に備えてみんな我慢してるんだと思い……たい
まぁ一度過疎ったら悪循環だし、皆でどんどん盛り上げていこうぜ

296 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/28(土) 19:58:13 ID:n5W4pZRm
>>293
大学か〜 そういえば前に、こなたが教育学部に進学したって話があったな

>>294
ネタ不足の彼女にはもう何度、助けられたことかwww
あれ?こんな時間にお客さn(ry

297 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/28(土) 23:03:51 ID:MR+bu/IR
>>296
こなたはいい反面教師に・・・おや、誰か来たようだ

298 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/28(土) 23:43:41 ID:+EaBeOm4
>>295
一周年用のネタに時間をとられてるんだぜ

299 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/29(日) 00:00:06 ID:+Fkzf0r0
=ω=.)<慌てない、慌てない。ひとやすみ、ひとやすみ

;゚д゚)<いつも休んでるお前が言うな〜!


300 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/29(日) 00:16:33 ID:cQ+KQoec
というかここの住民の大半が土日都合悪いだけ何じゃないの?
一週間過疎が続いたってわけでもないし、そんな騒ぐことじゃないと俺は思うが………


もし、みんながネタで言ってたら、マジレスしてスマン



301 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/29(日) 00:18:31 ID:FjOlvDfY
もしよかったらこんなネタで誰かやってみてくれ
「シンとゆいさんがカーチェイス」
シン→バイク
ゆい→車(パトカーか一般車)
あ、そろそろ柊姉妹の誕生日だ

302 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/29(日) 00:26:40 ID:VZ3xxIoI
>>300
最近は土日関係なく過疎ってるし割りと危ういとおもう
ネタ投下より雑談がすくねーのがキツイ。ネタに繋がらん

>>301
パトカーでやったらシンが捕まるイメージがw

303 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/29(日) 00:26:53 ID:cuc6rSs2
ひなたさん絡みでネタを考えようと思っても、何故かひかげちゃんがオチに来る話ばかり思い付く
…なんか最近、シンに対して刺々しい態度ばかり取ってる妹の方が
姉よりもよっぽど脈があるんじゃないかという気がしてならないんだよな…

304 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/29(日) 00:56:58 ID:FjOlvDfY
>>302
ごめん、俺もそう思った
んで、電波受信

―国道三号線久喜―栗橋間―
爆走するスズキ『インパルス』を駆るシンとそれを追跡するパトカーのゆい

ゆい「そこのバイク!シン君!無駄な抵抗はやめて止まりなさい!!」
シン「俺はなにもやってねーよ!!」
ゆい「いや、スピード違反だし!それ以前に!あなたはとんでも無いモノを沢山盗んだわ!!」
シン「何も盗んでないし!!俺が何盗んだってんだ!」
ゆい「女の子達の心よ!」
シン「は?」

305 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/29(日) 08:29:44 ID:oBibofl1
>>303
ツンデレですね、分かります

306 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/29(日) 09:25:25 ID:mFtwObp+
>>304
シン・アスカは大変な物を盗んでいきました。

>>303
いいじゃないか。
自分が思いついたものを書けば。

307 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/29(日) 12:55:34 ID:jSAqbtm/
>>304
普通にスピード違反してるのかww
後はシンの場合ノーヘルかね?w

308 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/29(日) 17:39:30 ID:+fUmXlcu
>>307
シンは規則は守るからノーヘルではないと思う

309 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/29(日) 17:51:16 ID:ke9oGVrT
>>308
ところがどっこいアニメ本編でノーヘルだったんだよ

310 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/29(日) 19:00:52 ID:mGpWoraS
>>309
若さゆえの過ちだったんだよ

311 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/29(日) 19:34:48 ID:B1t/gGcc
シン「ザフトのん時のヘルメットだけど・・・まぁいいか」

312 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/29(日) 20:36:17 ID:cQ+KQoec
シン「で今日は何で皆でこんなとこに買い物に来るんだ?」
こなた「決まってるじゃん☆ここは何屋でしょう?」
シン「まあ、バイク屋だな………まさか!お前らもバイクに――」
みゆき「い、いえそうではなくて、今回はマイヘルメットを買いに………」
シン「マイヘルメット?」
つかさ「だって、シンちゃんにバイク乗せてもらう時にそっちの方が――」
かがみ「と、とにかく!皆の分のヘルメット代払いなさいよ!」
シン「ハァ〜!?何でだよ!?」
こなた「シン、これなんかどう?」
シン「これみよがしに、高い物選ぶなー!!!」


そうじろう「でこんなにヘルメットが君の部屋にあるわけか………」
シン「ハハッ、笑って下さい………」
そうじろう「………いや、羨ましい!!君は実に羨ましいぞー!!!」
シン「ちょっ!?そうじろうさん何を……アッー!」


313 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/29(日) 21:47:32 ID:jSAqbtm/
>>312
バイト代すっ飛んだかw
後ろに乗せてもらうんじゃなくてツーリング用に免許取ればいいのにww

314 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/29(日) 21:58:05 ID:crJxWgiG
ttp://www.nicovideo.jp/watch/sm3799446
スパロボZによるシンの雄姿

315 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/29(日) 22:10:52 ID:i/mv7iWD
>>313
バイクは整備の手間もお金もかかるからちょっと難しいような。

316 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/29(日) 22:36:48 ID:VZ3xxIoI
ツーリングできそうなのってみゆきさんくらいか?

317 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/29(日) 22:49:55 ID:kr8bSUmi
レイ『シンは大変なものを盗んでいきました。』
かなた『え…?』
レイ『あなたの娘さんの心です!』
かなた『・・・はい!』


シン「・・・ハッ!夢か・・・」
こなた「スースー・・・」
シン「・・・(゚д゚)」
レイ『な?』

318 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/29(日) 22:57:25 ID:B1t/gGcc
こなた「うー、いつか私ものっけてよね」
シン「はいはい、ヘルメット買ったらな」
かなた「(ごめんなさい、こなた。すでに私が後ろを独占しているなんて)」

319 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/29(日) 23:18:43 ID:QFduM65n
こなた 「バイクか…」

シン 「変ッ身ッ!!インパルスリャーーー!!」

こなた 「とかどうよ? ほらシンも赤いし」
シン 「何だよインパルスリャーって
   それに俺の場合赤いのは服であって、仮面じゃないぞ」

320 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/29(日) 23:59:19 ID:+fUmXlcu
シン「・・・・・・・・・・・・。」
あやの「どうしたのシン君?」
シン「ああ、何で髪を下ろしているのかなーって思ったんだ。」
あやの「たまに下ろすのよ。どこか変だった?」
シン「いや、いつもより可愛く見えたから。」
あやの「えっ。・・・・・・あ、ありがとシン君////」

あやの分が皆無だったので、少し足してみた。

321 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/30(月) 00:05:51 ID:fs+8EpXO
バイクで後ろに乗るってことは胸がでかいと破壊力が(ry

>>320
彼氏持ちにさらりととんでもないことをww

322 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/30(月) 00:09:16 ID:t7Ca45gr
>>321
胸ぺったんガールズ「「「…………」」」

323 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/30(月) 00:19:20 ID:EHP3X9BC
SS書きたいけど、短パンマンやらエラー出すぎて諦めたorz


324 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/30(月) 01:25:07 ID:xZ0OLbKZ
ひなた「(じぃ〜っ)」
シン「な、何ですかひなたさん。俺の顔に何か付いてるんスか?」
ひなた「いえ、アスカさんの目の色が綺麗だなあ〜、って思いましてぇ。
    その炎みたいに真っ赤な瞳、素敵ですよぉ?」
シン「(炎か…)昔は皆から随分と険のある表情だって言われましたよ。
   最近じゃあ、まあウサギみたいだって言う奴もいますけど」
ひなた「ウサギさんと言うとぉ…アスカさんは寂しがりやさんになるんでしょうか」
シン「…そうかもしれませんね。今、俺の面倒を見てくれてる泉家の人達には
   幾ら感謝してもしきれないくらいの恩義がありますけれど。
   でもやっぱり、たまに家族や故郷のことが懐かしくなる時もありますし」
ひなた「アスカさん…やっぱり、父母が側にいないというのは、辛いことなんですよねぇ」
シン「ひなたさん?」
ひなた「私にはひかげちゃんという家族がいますし、それで充分だと思ってますけれど。
    でも、あの子はそうじゃないかもしれません。
    私達の家には父も母もいませんから…
    それでひかげちゃんに寂しい思いをさせてしまっているのではないかって
    私はあの子に何もしてあげられていないんじゃないかって、不安になる時もあります。
    どんなに頑張っても…私はあの子の親ではなく、姉でしかないんですから」
シン「…大丈夫ですよ、ひなたさん。ひかげちゃんは寂しくなんて無い筈ですよ」
ひなた「ですけどぉ…」
シン「だって、ひかげちゃんにはひなたさんがいるじゃないですか。
   たった一人で、いつも一生懸命に頑張っているお姉さんの姿を、ひかげちゃんはずっと側で見ているんです。
   ひなたさんの気持ちは、絶対にひかげちゃんにも伝わっていますよ」
ひなた「…」

325 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/30(月) 01:26:54 ID:xZ0OLbKZ
シン「ひかげちゃん、いつも言っていますよ。
   自分はお姉ちゃん一人に負担を押し付けてばっかりだ、自分もお姉ちゃんの力になってあげたいって。
   ひかげちゃんは本当にひなたさんのことを慕ってて、尊敬していて、感謝しているんです。
   だからひなたさんが不安になる必要なんて、何処にも無いんですよ」
ひなた「アスカさん…」
シン「もし何かあった時は…俺も力になります。
   ひなたさん達が姉妹で仲良く暮らせるように、俺があなた達を守ってみせますから」
ひなた「…ありがとうございます、アスカさん。そう言って頂けて、少し気が楽になりましたよぅ。
    うふふ…それにしても今の言い方だと、何だか私、プロポーズされちゃったみたいですねぇ?」
シン「あ。いや、それは、その…」
ひなた「でもぉ、私とひかげちゃんを一緒にって言うことは…姉妹で重婚?姉妹どんぶり?
    あらまあ、アスカさんってば大胆なんですから。
    でもひかげちゃんの方は大きくなるまで、もう少し待ってあげて下さいねぇ?
    確かにひかげちゃん、毎日アスカさんが来るのを楽しみにしてますけどぉ…」
シン「あーあー、ゴホン!まあ、とりあえずひなたさんはまず無駄遣いを何とかするべきですよ。
   ひかげちゃんにロクな食事を摂らせてあげないなんて、絶対に間違ってます!
   そんなことばっかやってて、その内にひかげちゃんがグレたって知りませんからね!」
ひなた「むー。それは無駄じゃありませんー、必要経費ですよぅ。
    例え食事を犠牲にしてでも、手に入れないといけない心のオヤツが…」
シン「あんたって人はーっ!」


シン「(…真っ赤な炎、か…そうだな。俺がザフトの赤服を纏って、闇雲に力を振るって…
    大勢の人達を傷付け、沢山の物を焼き払って行ったという事実は消えないんだ。
    それを赦してくれとは言えない…けど、今の俺には新しく守ってあげたい人達だって出来たんだ。
    たった一人でこの世界にやって来たのが俺の罰だと言うなら、俺は喜んでそれを受け入れるさ。
    これ以上、大切な家族を失う辛さは誰にも味わって欲しく無い…)」

326 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/30(月) 02:03:06 ID:QRTBwbdc
>>325

シン「俺じゃ・・・あなたの心のオヤツになれませんか」
ひなた「え?あ、う、あ、あま〜〜〜〜〜〜い///」
ひかげ「どさくさにまぎれてなに人の姉口説いてるかー!!」

327 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/30(月) 08:57:43 ID:fs+8EpXO
>>325
GJ! いいなぁ姉妹の想いw

328 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/30(月) 13:33:32 ID:XKh2qXpi
>>325
GJ!しかしシンどさくさに紛れてプロポーズとは相変わらず恐ろしいぜ。


ツーリングネタで何でヒロイン達が2輪の免許取らないか幻想してみた。

いのり「でもなんで2輪の免許取らないの?」
まつり「そうそう、憧れの『カレ』とのツーリングのチャンスなのに」
かがみ「だ、だから、あいつとはそんなんじゃないって……!!だいたい免許取るのにもお金がいるし………」
つかさ「それに取れるかどうか分からないし………」
まつり「あ〜なるほどね」
みき「あら?本当はバイクの後ろに乗ると『カレ』の背中に引っ付けるからでしょ?」
双子「あう………///」
みき「分かるわーその気持ち。私も若い時はただおさんと………」
つかさ「えーお母さんも!?」
かがみ「く、詳しく教えて!!」

いのり「さて、まつり例によって取り残された私達2人だけど………」
まつり「飲もう!それしかない!!」



329 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/30(月) 16:22:54 ID:IbLq5Igt
( ゚Д゚)「この原付一人乗りなんだ」

330 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/30(月) 17:03:25 ID:ZEI9gFTR
スネオwww

331 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/30(月) 17:12:17 ID:cL3SPnQB
白石「せ、戦闘力(胸的な意味で)120000だと!!!」
みゆき「意味が分からないのですが……」

白石「戦闘力(胸的な意味で)34000!?ま、間違いねえ……」
ななこ「何や白石、ついに頭おかしくなったか」

白石「戦闘力(胸的な意味で)5000!!こりゃスカウター(自分の目)の故障だぜ」
かがみ「いきなりなんなのよ…」

白石「フフフ、戦闘力(胸的な意味で)340で俺は倒せねえ!!」
ひより「なんか妙に腹立つっす」

白石「戦闘力(胸的な意味で)…たったの5か…ゴミめ…」
こなた「……………………」

白石「ハン!!(鼻で笑っている)」
みなみ「……………………」

シン「ん、服のあちこちに赤いのがついてるけどどうした?」
こなた「いや〜、赤い絵の具ぶちまけちゃってさ。そうだよねみなみちゃん」
みなみ「はい………」
シン「ま、気をつけろよ」

>>328
いのりさん達も、シンの後ろに乗ればいいんだ!!

332 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/30(月) 18:01:28 ID:t7Ca45gr
>>331
みゆきさんつえ〜!!


333 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/30(月) 19:21:31 ID:sfF1z1hS
>>331

シン「なんだこれ?ちょっと借りるぞ」
白石「待て早まるな!!」
ガラガラ
ゆたか「お兄ちゃん筆箱忘れちゃったから貸してくれない?」
シン「ああちょっと待っててく(ry」
ピピピピピピ ボンッ!!
白石「戦闘力が50億まで図れるスカウターが壊れただと!?」
シン「お前さっきから何言ってんだ?」

334 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/30(月) 20:55:09 ID:W9hrUK27
低すぎて壊れたのk(ヒデブー

335 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/30(月) 21:26:15 ID:kejeE7/1
>>321
シン「みゆき、胸が当たってるんだけど……」
みゆき「……当たってるんじゃなくてあててるんです」

こういうことか

336 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/30(月) 23:43:22 ID:cL3SPnQB
携帯エラーばっかで、つながらないな。

337 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/30(月) 23:54:33 ID:Q8PcCGMh
つかさ「ゆっくりグーンつくっていってね!!!」

338 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/01(火) 00:33:00 ID:2pHVIm5X
>337に対抗して
みさお「おお、ウサ目!カプールが上手く出来ない、作ってくれ〜」


339 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/01(火) 00:50:24 ID:8730nLhj
>>336
同じく繋がんない
夜だとまったく繋がらないや

340 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/01(火) 02:49:48 ID:SJUVXfDa
>>335
ゆかり「えーい」
シン「ゆかりさん、胸!胸あたってますって」
ゆかり「なにか問題でも?」
シン「え?いや、その、とにかく少しは離れて下さい!!」
ゆかり「もう、シンちゃんったら可愛い(ぎゅ)」

341 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/01(火) 02:59:38 ID:5FeCA1UP
>>340
ゆかりさんと二人乗り…
みゆきさんが怒りそうだ…

342 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/01(火) 03:09:27 ID:5FeCA1UP
>>322
待て待て、胸がないならないで空力的に
あのなんですかそのナタとか斧とかノコギリとか
うぁなにをするやめ

343 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/01(火) 06:37:14 ID:X+WVOFNv
ある日の放課後

みさお「よーぉ、柊、これからカラオケいかね?」
かがみ「あー、今日はちょっとこの後予定があんのよ。悪いわね」
かがみ(今日はシンをさりげなく誘って遊びに行く予定なんだから)
みさお「えー。しゃーねーなーちびっ子でも誘うか」
かがみ「峰岸はどうしたのよ」
みさお「んぁ? 今日は日下部ポチョムキンと御同衾」
かがみ「アンタ最近こなたの悪い語彙が移って来てるわね……
     まぁ、そう言うことだから、ごめんね」
みさお「おー。別に気にすんなよー」

みさお「と言うわけで、ちびっ子、これからカラオケいかね?」
こなた「何がどういうわけなのか良く解らないけど今日はちょっと予定があるのだよ」
みさお「なんだよちびっ子もかよ」
こなた「ふっふっふ、その様子ではかがみんにも振られたね」
みさお「その通りなんだよな、どうすっかな」
こなた(悪いが今日はシンを直行でお持ち帰りして着せ替え人形する予定なのだよ)
こなた「みさきちとカラオケは盛り上がりそうだけど、悪いね」
みさお「んぁ、気にすんなー」

みさお「おっ、柊妹じゃん」
つかさ「あ、日下部さん」
みさお「あー、良かったら姉の代わりにカラオケくっか?」
つかさ「カラオケ行くんだ。でもごめんなさい、今日はちょっと予定があるんだ」
つかさ(今日はシンちゃんがバイトない日だから、誘ってショッピングに行くんだ)
みさお「んぁー、そうなのかー」
つかさ「せっかく誘ってくれたのに、ごめんね」
みさお「いやいや、気にすんなー」


かがみ「シン! せっかくだしこの後ゲーセンにでも……」
こなた「シン! 今日はまっすぐ帰るよー。ゆーちゃんも待ってるよー」
つかさ「シンちゃん! 今日お買い物付き合ってくれないかな……」
みゆき「シンさん、よろしければうちで勉強会など……」

シン「ああ、悪い、今日先約あるから」

か・み・つ・みゆ「「「「ええええーっ!?」」」」


つかさ「あーあ、こんなことなら日下部さんの誘い断らなきゃ良かったな」
こなた「や、みさきちつかさにも声かけてたんだ」
かがみ「これだけ人いれば盛り上がっただろうしなぁ」
みゆき「私は誘われませんでした……」
こなた「みゆきさんはみさきちと縁が浅いからしょーがないよ」


その頃……

シン 「なんだ、みさおと2人っきりか」
みさお「あー、なんかみんな声かけても用事があるってゆーんだよ」
シン 「ふーん」
みさお「おっ、早く曲入れちゃおうぜ」
シン 「時間がもったいないからな」

344 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/01(火) 07:14:51 ID:O6u06l+/
ななこ「スマンけどなぁアスカよー、今日ちょっと付き合えー」
シン「わー!だからって何そんな抱き付くような真似をするんですか!」
ななこ「ふふん、なんや柄にも無く照れよって。
    うりうり、そんなに乳が好きか、せやったらもっと当ててくれるわ」
シン「ぬおぉ!何やら柔らかい二つの感触がーっ!」
ひかる「(遠くから見てる)……ふむ」

ひかる「アスカ」
シン「うお。何ですか桜庭先生、急にしがみ付いて来たりして」
ひかる「…む、いや、何だ。ちょっと貴様に付き合って欲しいことがあってな」
シン「それは別に構いませんが…ちょ、そんなに力一杯抱き付かれたら苦しいですって」
ひかる「ぬぐ!…な、なあアスカよ、貴様は今のこの状況に何か感じ入る物はないのか?」
シン「桜庭先生の行動が若干不可解ということ以外は」
ひかる「んがっ!」
ふゆき「…あら?ひかるちゃんにアスカくん、何をなさっているんですか?」
ひかる「うわ〜ん。ふゆき、聞いてくれ〜。アスカが私の心の傷を抉るんだ〜。
    こいつに大人の女としてのプライドを傷付けられたぁーっ」
ふゆき「は、はぁ」
シン「な、何を人聞きの悪いこと言ってるんですか!?先に声を掛けて来たのは先生の方でしょうに!」
ひかる「やかましい!私とて教師と言えど女だ!この鈍チンの馬鹿チンがーっ!」

345 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/01(火) 11:00:57 ID:MmLUuXhU
>>335
ななこver.
シン「黒井先生、胸当たってますって!」
ななこ「なんやアスカ、教師後ろに乗せといてそないなこと気にするんか?」
  
こなたver.
こなた「シン、なんか感じない?」
シン「いや、なんにも。それよりちゃんと捕まっとけよ、お前飛ばされそうだから」
こなた「シンのバカ!」

346 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/01(火) 11:06:34 ID:MmLUuXhU
おっと、何も見ずに投下したら>>444と丸被りしたぜ。

ちょっくら小鉈さんのとこ行ってくる。

347 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/01(火) 13:08:50 ID:hNB0TV1d
>>343
なんという潰れ合うフラグwww
最後に笑うのはなーんも考えて無い、おバカか………



348 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/01(火) 13:58:20 ID:q0lvCKkK
>>343
出し抜こうと策略したら、策略に溺れちゃったわけだ。GJ

349 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/01(火) 14:44:32 ID:GVPUykbA
>>343
天然は強いなw

>>344
いやしかしないものはないから反応のしようが(ry
シンは胸がなければおにゃのこにくっ付かれてるって言う感情はないのかw

350 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/01(火) 17:16:39 ID:Vkr+PAl/
下手な方法だけどシンの耳元で、私だって女の子なんだよ…?的なことを呟けばムネナインジャーな人達でも何とかなるかも

351 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/01(火) 18:04:42 ID:hNB0TV1d
でもシンはこなたを何だかんだで女として見てるネタ多いよね〜みなみも。
問題はゆーちゃんだな、妹分しか見られてない………


352 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/01(火) 18:15:43 ID:4BMJSR1b
>>351
まったく同意.
>>350の内容を読んで,真っ先に夜の寝室でシンが寝静まった後に添い寝をしにベットにもぐりこみ,
シンを軽く抱きしめて耳元で
「・・・私だって,女の子なんだよ・・・?」
と言うのを幻想した.

353 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/01(火) 18:25:07 ID:XHWbLxGo
そんでもって理性を保つために種割れですね、わかります。

354 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/01(火) 20:03:49 ID:Qf4iO5ys
シン「あー、くそ」
あやの「どうしたの?」
シン「いや、ちょっと古文がひっかかっちゃって。現代文はなんとかのになぁ」
あやの「古文は少し得意だから教えてあげようか?」
シン「え?いいのか」



かがみ「で、なんで恋歌メインに教えたわけ」
あやの「え?あ、あははは。なんでだろうね」

355 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/01(火) 20:34:09 ID:ZRZUJgBe
それに、「いい願いだけを選んで叶えた」と言うが、一方で
「間違いだと気づいていたけど、寂しいから義之を作った」とも言っており、これは
「ボクが植えた桜はいい願いしか叶えないけど、ボクの願いは間違ってます」
ということになり、まさに自己矛盾だ


356 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/01(火) 20:40:37 ID:2pHVIm5X
何の誤爆だ?

357 :愚某:2008/07/01(火) 20:45:35 ID:hNB0TV1d
>>354
そういや、あやのは国語が得意……時代が来たというのか………

さて誤爆も来たところで、21:00から6レス投下します。



358 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/01(火) 20:55:08 ID:PGdN9aTl
>>355
ダ・カーポか?
>>357
おお。期待して待ってます。

359 :愚某:2008/07/01(火) 21:00:29 ID:hNB0TV1d
〜『2人の誕生日』〜


「シ〜ン、もう決めた?」
 隣りでこなたがゲームをしながらオレに聞いて来る。
「いや、まだ決めてない」
 何の話かというと、すぐ近くに迫っているオレとこなたの共通の親友であるかがみ、つかさの誕生日プレゼントの事だ。
「へ〜、遅いじゃん。わたしの時はすんなり決まったのにさ」
「まあな」
 こなたのからかい混じりの皮肉をオレはあっさり流す。

 別にオレだって何も考えていないという訳ではないのだが………。
 双子だからと言って同じ物を渡すと手抜きと思われないか?とか、それだったらアイツらが好きなお菓子の詰め合わせ……これはいくらなんでも安上がりすぎるだろとか。
 考えれば毎回こんなルーチンに行き着くから、未だにプレゼントを決めれていない状況だ。

「ねぇ、シン。わたしに提案があるんだけど………」
「ん?」
 こなたがゲームする手を止め、こちらを見て来る。

…………。

「……うーん。それは面白そうな気がするけど、アイツらは喜ぶか?」
 こなたの提案にオレは腕を組む。
 大事なのはウケを狙うことじゃなくて、アイツらが喜んでくれなければ意味がない。

「だいじょーぶ!きっと喜ぶって」
「根拠は?」
「シンがプレゼントするから♪」
 前にも似たような事を言われた気がする………。
 オレはこなたの不敵な笑みを見ながら、デジャヴに襲われていた。



360 :愚某:2008/07/01(火) 21:01:55 ID:hNB0TV1d
「えっ、誕生日会?」
「そう。2人の誕生日は平日でしょ?
ちょっと早いけど、土曜にうちで盛大に祝ってあげようと思ってさ〜」
「うわー!ありがとうー!!」
「気持ちは有り難いんだけどさ…この年で、ねえ?」
「え〜!みゆきさんも来るって言ったのに〜」
「なっ!?受験生のみゆきに迷惑と思わないのかあんたは?」
 お姉ちゃんはわたしと違って大学を受験するから、こなちゃんの誘いになかなか首を縦に振らないの。
 でもね。お姉ちゃんは最後には行くと思うよ。
 お姉ちゃんは優しいし、こなちゃんの気持ちを無駄にしないもん♪それに………。

「こなた、無理強いは良くないって。かがみはかがみの事情があるんだ……残念だけど………」
「うん……そうだね………」
 そう言いながら、ガックリと肩を落とすこなちゃんとあの人。
「ま、まぁ!せっかくやってくれるんだし………た、たまには息抜きも必要だしね!!」
 2人の様子を見て、お姉ちゃんは慌てて付け加えたの。ほらね♪
「ありがと〜かがみ」
「無理言って悪いな」
 わたしはお姉ちゃんに頭を下げる2人がこっそりVサインを送りあうのが見えたの。
 こなちゃんだけじゃなくて、あの人もお姉ちゃんの性格わかってるんだー……そうだよね…最近、前より仲いいもんね……あの人とお姉ちゃん………。
「つかさー!何してんのー?帰るわよー!」
 顔を上げて見ると少し前にいるお姉ちゃんがとても遠くに見えたの………。



361 :愚某:2008/07/01(火) 21:03:31 ID:hNB0TV1d
「ではこれより、双子の誕生日会を始めたいと思いま〜す!まずはプレゼント授与式!」
 誕生日会の司会であるこなたがハイテンションに場を仕切る。
 そしてその言葉を受けてみゆきが立ち上がった。
「かがみさん、つかささん誕生日おめでとうございます。これつまらない物ですが」
 みゆきが2人に渡した物はペアの指輪だった。ああいうのって恋人同士に渡すんじゃないのか?

「みゆきには毎年高価な物もらっちゃって……ごめんね」
「いえ、お気になさらずに、私がプレゼントをしたくて買った物ですから」
「ありがと、大切にさせてもらうから」
「ゆきちゃんありがとー、わたしも絶対大切にするね♪」
 オレの杞憂を余所にペアの指輪をもらって嬉しそうにする2人。
 そうか。かがみとつかさは日頃から仲がいいから、ペア物の方が良かったのか………。
 そうと分かっていればオレも……でもそうするとみゆきのと比べると見劣りするだろうし………。
「じゃあ、今度はわたしたちのターンだね」
 オレが葛藤をしている間にもこなたの仕切りで場は進んで行く。……本当に大丈夫か?不安になってきた………。
「わたしとシンのプレゼントは……これだ!」
 そう言うとこなたはオレを指差した。



362 :愚某:2008/07/01(火) 21:05:20 ID:hNB0TV1d
「これ、って………」
「シンちゃん?………」
 2人はオレとこなたを交互に見つめる。
「その通ーり!わたしたちのプレゼントは『明日一日シンを好きにしていい権利!』」
『ええ〜!!?』
 かがみとつかさだけでなく何故かみゆきも驚きの声を上げる……って当たり前か、こんな非常識なプレゼントないだろうしな。
「それ+2人には『ギアス』を授ける!」
「ギアス?……なにそれ?」
「要するにオレに一回だけ好きな命令を出せる権利ってことだ」
 つかさの質問にオレが答える。

「では、どんな感じか実例を見せよう!」
 ん?実例?そんなの話にはなかったぞ………
「では…泉こなたが命じる!シン!扉の向こうにいるもの排除しろ!」
 そういうことか………
「イエス、マイロード」
 オレは立ち上がってドアを開ける。そこにいたのは………。
「や、やぁ、奇遇だねー。僕は断じて女子高生の話を盗み聞きするつもりじゃなかったんだよー」
「……そうじろうさん……だったら男達は下に行きましょ」
 オレは溜め息をつくと、そうじろうさんを引っ張って階段に向かう。
「ちょっと待った〜シン君!これは取材!そう次の作品の――」
「シーンついでにケーキお願い!」
「了解ー!」
 なおも何か言っているそうじろうさんを引きずって、オレは下に降りた。



363 :愚某:2008/07/01(火) 21:06:41 ID:hNB0TV1d
「こなた、何企んでるのよ?」
 私はドアを閉めに立った、こなたの後ろから声をかける。
「ん〜企みって?」
 振り向いたこなたの表情からは、相変わらず何を考えているかは読み取れない。だが………。
「だって、おかしいじゃない!?これって私とつかさがチャンスってことよ!?そんな敵に塩を送る見たいな事………」
「でも、かがみはわたしの誕生日の時に塩くれたじゃん♪」
 うっ!変な事だけ覚えてるわね………。
「あ、あれはー……そ、そう!シンが困ってたから仕方なくよ!仕方なく!!」
「へ〜」
 ニヤニヤと笑うこなた……このペースはマズい!私の自爆パターンだ。な、何とかしないと………。

「まぁいいや、元々言うつもりだったし」
 私が何かを言う前にこなたは私相手にからかうのを止めて、話をしだした。
「わたしは考えた。シンがいかに2人にフラグ立たさずにプレゼントを渡す方法を………」
「それがこの方法なんですか?」
 みゆきの問いにこなたは自信満々に頷く。
「その通り!
これは2人を一緒に遊ばせることによって、お互いシンのことで牽制しあい、修羅場モード突入でどちらかのフラグ消滅!
さらに残った方も汚いやり方での方法にシンがっかりでフラグ消滅の危機!という作戦なのだよ!!
どうだ見たか、この完璧な作戦を!!」
 こなたはまるで勝利者の様に声高らかに宣言した。



364 :愚某:2008/07/01(火) 21:09:07 ID:hNB0TV1d
「それはそれは、素晴らしい作戦で」
 お姉ちゃんが投げやりにこなちゃんを讃える。
「ぬう、バカにしてるな。これは三国志の有名な………人が使った作戦だというのに」
「あんた今、その有名な人の名前忘れたろ?」
「曹操ですね。曹操というのは後漢末期の………そんなことより、かがみさん大丈夫なんですか?」
 いつもの詳しい説明を省いてまで、ゆきちゃんが心配そうにお姉ちゃんを見たの。

「大丈夫!その作戦でさっき言った以外の結果があるから!」
「何それ?」
「私とつかさの両方ともシンとの仲を発展させるってやつよ!!」
「し、しまった!!その事はまったく考えて無かったー!!」
 お姉ちゃんの答えにこなちゃんは頭を抱え込む………でも、そんなことできるのかな?
 お姉ちゃんはあの人と仲良くなる自信がある見たいだけど、わたしにはそんな自信ないよ………。

「てなわけだから、つかさ!やるわよ!!」
「えっ?……あっ……うん………」
「ん?つかさどうし――」
「おーい、ケーキ持って来たぞー、ドア開けてくれー」
 お姉ちゃんがわたしに話しかけようとした時にあの人がケーキを持って来たから、それでこの話は終わりになって、みんなで誕生日パーティを楽しんだんだよ♪
 でもわたしの心には不安見たいなものが消えなかったの………。

〜つづく〜

365 :愚某:2008/07/01(火) 21:10:27 ID:hNB0TV1d
今回は以上です。
いつも通り、抜け駆けしてすみません。
さて双子強化企画第2団。続きは双子の誕生日に投下を予定しております。
その間にスレ1周年記念で、に何か別のを投下するかもしれませんが両方ともお目にとめてくだされば幸いです。
それでは失礼します。


366 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/01(火) 21:35:52 ID:PGdN9aTl
ふぁーい。GJ!

367 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/01(火) 22:09:19 ID:tWCgrW3X
ある夜の出来事……

シン「(布団に違和感が…。こなたのやつ、また潜り込んで!?)」
ゆたか「すー…すー…」
シン「(なななななな、何でゆたかが!?寝ぼけて潜り込んだのか!?)」
ゆたか「ん……」
シン「(駄目だ…抱きつかれているので身動きが…)」
ゆたか「ううん……」
シン「(こうして見ると、ゆたかも色っぽい……。
   な、何考えているんだ俺はああああああああ!!!!)」
ゆたか「くー…くー…」
シン「(唇がなにげにエロい…。じゃなくて!!
   と、とにかくこの状況を何とか…)」
ゆたか「シンおにいちゃん……」
シン「(な、何だ……)」
ゆたか「だいすき………」
シン「………………………………………。
   (こんな事で、こんな事で、むがあああああああああ!!)」


こなた「シ、シン目の下にクマできてるけど………」
シン「あ、ああ…昨日は寝れなかったんだ…」
こなた「ふ〜ん、エロい事でも考えてたのかね?」
シン「ち、ちげーよ!!
   (昨日はやばかった…明け方にゆたかを部屋に戻すまでよく理性がもった…
   夜中ずっと種割れしていなかったら、理性が確実に完全崩壊していたな…)」

>>351-353を見て電波が来た。

>>365
GJ!!続き楽しみにしてるぜ!

368 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/01(火) 22:33:14 ID:KuU8PMl/
「ただいまー」
「おかえり」
「ゆたかは?」
「母さんは体調が良くないって休んでる」
「そうか…。あまり無理させんじゃないぞ。
 ゆたかは体が弱いからな」
「そんな母さんに9人も子供を作らせた父さんが一番無理させたと思うんだけど」
「………」




>>367でシンが種割れしなかったらと考えていたらなぜかこんなのを思いついた
しかし私は謝らない


369 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/01(火) 23:26:29 ID:t0Mw8m4X
>>367
シン「(それにしてもゆーちゃん、いい香りが・・・。
    おかしい、風呂場にはいつも同じシャンプーやらしかないのになんで
    こんなに違いがでるんだ?
    それに…こなたとも違う匂いだ、なんかこう和らぐ匂いというか…
    って!!何考えてんだ!俺!!)」
ゆたか「うーん(ぎゅぅっ)」
シン「(胸元に息がかかってるーーーーーーー)」

370 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/01(火) 23:31:41 ID:8730nLhj
なんだこのゆーちゃん祭りはwww
子供9人っておまw

371 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/01(火) 23:49:09 ID:GVPUykbA
いきなりゆーちゃん大躍進www

372 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/02(水) 00:32:04 ID:VjdDniFp
なんだなんだ!?ゆーちゃんの逆襲か!?
>>367-369、GJだぜ!!


373 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/02(水) 00:34:34 ID:8ZVF8lKo
シン「今日はゆたかと二人きりか。珍しいこともあるもんだな。
   夕飯も食い終わったことだし、何だか手持ち無沙汰になっちまったな」
ゆたか「う、うん…お兄ちゃんの作ってくれた御飯、すっごく美味しかったよ。
    私もあれぐらい上手に作れるようになりたいな…」
シン「サンキュ。まあ、と言っても多少の心得がある程度でこなたやつかさ程では無いさ。
   人に食わせる為の飯を作るなんて、今まで作る機会も無かったしな」
ゆたか「……」
シン「さーて、これからどうすっかな。俺の宿題はもう片付けちまったし。
   ゲームでもやるか?でも対戦物はゆたか向きじゃないしなぁ」
ゆたか「(…折角お兄ちゃんと二人きりなのに、私どうしたらいいかわかんないよ。
     それに…それに、お兄ちゃんは…)」
シン「ん?どうしたんだゆたか、体調でも悪いのか?」
ゆたか「わあ!ち、違うよ、そういうんじゃなくて…」
シン「そうなのか…でも無理はするなよ、お前は体があまり強くないんだから」
ゆたか「う、うん」

ゆたか「(お兄ちゃん…私だって、お兄ちゃんに一人前の女の子として見て欲しいよ。
     でも、今の私じゃあ無理なのかなぁ。
     いつまでもお兄ちゃんに何とも思われないままなんて、そんなの嫌だよ…)」

シン「ゆたか?」
ゆたか「あ、う、ううん、何でもない!あ、あのねお兄ちゃん。
    今日、私学校の宿題でわからない所があるの。
    それで、お兄ちゃんさえ良かったら、少し教えて欲しいかなーって…」
シン「なんだそんなことか。わかった、いいぜ。国語と日本史じゃなければ俺でも教えられるからな」
ゆたか「ありがとう、お兄ちゃん」

ゆたか「(…今は、これで充分なんだよね。
     お兄ちゃんにいっぱい優しくして貰って、今日だけは二人きりで…。
     でもいつか、逆に私がお兄ちゃんに頼って貰えるような女の子になりたい。
     はっきりとあなたのことが好きだって、言いたい…)」

ゆーちゃん祭りだと聞いて便乗してみた。反省(ry

374 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/02(水) 00:42:54 ID:VjdDniFp
>>373
GJ!!!ゆーちゃんガンバレ!いつかはシンのバカも気付く……ハズ

しかし、まだゆーちゃん祭りが続くとは……俺もまだまだだな


375 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/02(水) 00:47:40 ID:JIunVSBP
ゆーちゃんが体調を崩した。


シン「ゆたか、お粥作ってきたぞ。食べれるか?」
ゆたか「うん、大丈夫だよ。」
シン「どうかな?」
ゆたか「すごく美味しいよ。早く元気になるからね」
シン「元気になったら、二人でどこかいこうな」
ゆたか「ありがとうお兄ちゃん」
白石「やれやれ、こんなお粥を美味いと言ってるようじゃ本当に体調がよくなるか怪しいもんだ」
ゆたか「だっだれなの!?」
シン「お前どっから入ってきたんだ!ゆたかが怯えてるじゃないか!」
白石「一週間後もう一度体調を崩してここにきてください。こんなシスコンの作るお粥よりも美味いお粥をご覧に入れますよ」

376 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/02(水) 00:55:03 ID:rHIw2V4R
な、なんだ? いったい昨日今日は何の日なんだ!?
何の前触れもなくいきなりゆーちゃん祭りかよww みんなGJ!

>>373
しばらくは妹分で、最後に逆転するわけですね。わかります!
マ○「だがあまり続くと妹と言う立場から抜け出せなくなる。素人にはお勧めできない諸刃の剣よ」

>>375
白石まだエラー起きたままかよww

377 :367:2008/07/02(水) 01:11:10 ID:/PjwXHgu
たまたま思いついて書いたものがゆーちゃん祭りになるとはwww
みんなGJだぜ!!!


378 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/02(水) 01:24:29 ID:K+sBYCsT
たった一日でこの躍進・・・
どうやら彼女は眠れるトラだったようだな

379 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/02(水) 02:18:46 ID:pn+9EX43
霊『能あるホークは爪を隠す、か』

彼方『迂濶だったわ…彼女の力を侮っていた!』

シン「久し振りに出て言うことがそれですか…」

380 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/02(水) 07:20:28 ID:ywyAYpgY
眠れるトラ・・・
砂漠の獅子・・・


381 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/02(水) 09:18:01 ID:CUaZV2s1
同じホークでもどこかの姉妹とは大違いだ

・・・・ん、あれはMS?


382 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/02(水) 09:34:28 ID:VjdDniFp
こなた「あんなこと言われてるよ〜二人とも♪」
つかさ「そうだったんだ………」
かがみ「ちょっと待て!あれは私達のことじゃないでしょ!?」
シン「お前ら朝から元気だな……ホークったら……みなみだろ?なぁ?」
みなみ「え!?あっ……そんな私は……」
こなた「シン、それは無茶ぶりでしょ………」


383 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/02(水) 11:29:03 ID:bhqXTCYH
ゆたか「お兄ちゃ〜ん、シンお兄ちゃ〜ん」
シン(お兄ちゃんか…)


〜回想〜
マユ『お兄ちゃんっ、マユね、大きくなったらお兄ちゃんと結婚する〜』
シン『こやつめ、ははは』
マユ『いいでしょ〜?』
シン『わかったわかった。大きくなったらな』
マユ『絶対だよ!じゃあ忘れないうちに今から市役所行って婚姻届を…いや無理か。
   そうだ、マユとお兄ちゃんの血判があれば法的拘束力があるはず。それを……ブツブツ』


シン(お兄ちゃん、なんて呼ばれることはもう無いと思ってたが……)
ゆたか「どうしたの?お兄ちゃん」
シン「……いや、お兄ちゃんって呼ばれるのが懐かしくてな。つい…」
ゆたか「お兄ちゃん…」

こなたの部屋『お兄ちゃぁぁぁぁんっ!!そこっ、そこらめぇぇぇっっ!!イッちゃうぅぅぅぅぅっ!!』

ゆたか「……お兄ちゃん」
シン「今から一緒に、これから一緒に、殴りにゆこうか」




ゆたか祭りに便乗してみた

384 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/02(水) 13:10:51 ID:kv12afws
あれ、マユがなんか黒いww
そしてこなた自重www

385 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/02(水) 13:26:18 ID:zBymiReN
>>383
こなたにより全て台無しwww
最後のシンのセリフはアスカ繋がりなのか?www

386 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/02(水) 15:26:08 ID:rHIw2V4R
>>383
マユwwwwwww
こなたはワザとやってるようにしか見えんwwwww


387 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/02(水) 16:30:29 ID:Pahb6bVS
シン「運動ができないゆたかのためにウィーフィット買って来たぞ」
ゆたか「わー、これやってみたかったんだー」
こなた「おお、スカッドハンマーズ専用機だったうちのウィーにもとうとう別ソフトが」

ゆたか「んー、しょっと」
こなた「おお、どうだ!!」
シン「(う、ふ、二人とも薄着だからヨガやるたびへそやらなにやらが…
    め、目の毒だ…)」

そしてTV画面の反射でシャツから胸元が見えるのに気づき立てなくなるシン


388 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/02(水) 19:58:12 ID:KJPGJdzr
>>387

大丈夫、二人ともそんなに胸無いから
ん?こんな時間にお客さんが・・・

389 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/02(水) 20:09:54 ID:7sA095SR
あまいな。
胸がないからこそ、シャツの襟口から無防備に曝される事があるのだよ。

390 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/02(水) 20:33:18 ID:u4GR9Tf3
ゆい「おー。こいつが噂の屋内でスポーツが出来るってヤツかね。
   では次はこのゆい姉さんがチャレンジだぁ!よっ、ほっ、はっ…
   (数分後)お、こりゃ結構手ごたえあるね。えーいクソ暑い!上着なんぞ脱いじまえー!
    うりゃー!てぇりゃあー!どっせぇーーーい!!」
シン「………(見えてないミエテナイ胸元のたゆんたゆんがダッガーンボヨヨンボヨヨンなんて俺には何もミエテナイ
   脇から下からどっかから何やら尖る何かが見えてるのも単なる俺のイリュージョンさ
   種割れを信じる俺を信じろ、そーだとも俺のV-MAXの力を信じるんだブツブツブツブツ…)」

ゆたか「な、なんかさっきからお兄ちゃんが瞳孔開きっ放しのまま、ずーっと黙ったままんだけど…」
こなた「でも何気に視点がゆい姉さんの胸に行ってる気がするのが、そう、とっても腹正しいね。
    すっごくムカつくね、プツンと来るよね、怒りの電流が迸っちゃうよね!」
ゆたか「こ、こなたお姉ちゃん」
こなた「ゆーちゃん。今日を最後に我が家のWii Fitは禁止ね。
    こいつには今後、未来永劫解かれることの無い封印を貼りつけておいて
    それからシンのラッキースケベ野郎には108の罰を与えて、そしてその次は…ふ、ふふふふふ」
ゆたか「…お姉ちゃんが恐いよぅ(泣)」

391 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/02(水) 20:37:23 ID:3JzTUwHl
パルマの使い過ぎで理性(たましい)を喰われて獣(けだもの)になったシンを人間に戻す為に、こなた達がシンの髪を解かす

我ながら何て変なネタなんだ…

392 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/02(水) 20:49:08 ID:LYJlBQ+n
確かに掌の槍ではあるがwww

393 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/02(水) 20:52:07 ID:7sA095SR
シン「はっ!? ……? ゆい姉さんは帰ったのか?

 室内には放置されているWii Fitと……

シン「? ゆたか、こなたはどこへ行ったんだ?」
ゆたか「こなた? お兄ちゃん、それ、だれのこと?(にっこり)」

394 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/02(水) 20:55:29 ID:rHIw2V4R
>>390
種割れの集中力を持って胸を凝視……。スケベすぎるwwww

395 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/02(水) 21:28:19 ID:zU4BSwJq
>391
藤田和日郎画のシン、こなた!描いてみせるがいい!

396 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/02(水) 21:59:51 ID:3JzTUwHl
>395
それ無理。こなたとどっこいどっこいのレベルの俺には無理だ

397 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/02(水) 22:20:43 ID:JKaAnKq3
つーか、>>390は小ネタ仕込み過ぎだろwww


398 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/03(木) 00:00:48 ID:IK7k4TuI
ttp://www3.uploader.jp/user/konashinn/images/konashinn_uljp00016.jpg
アスカになれるようになりました。
※右側は営業スマイルです。


おまけ。
ttp://www3.uploader.jp/user/konashinn/images/konashinn_uljp00017.jpg

399 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/03(木) 00:14:36 ID:LhJBC3Pk
>>398
相変わらず良い仕事をなさるぜ! GJすぎる!
つーか欲しいwwww

400 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/03(木) 00:26:29 ID:IuDe5IQ3
>>398
こりゃ相変わらずのGJだぜ!!
これは白石じゃなくてもホレるなwww
ただデスティニーが泣いてみえるのは俺の気のせいか?www


401 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/03(木) 05:17:26 ID:VhQPco3x
                             l!
                        __   ヾ、
                  ー=ニ;´_:::::::`ヽ、 ヽヽ
              `ヽ、 __.. -:::'´::::::::::::::  :::ヽ}:::ヽ
                ` ーァ:...  :::::::::..   ::. .::. :::/_
                ,r '´:::::  .::: .: /::..::.ヽ::ヽ::::ヽヽ`ヽ
               /イ::...::  /:/::::j::::l:::::';::ヽ::ヽ::::::::`ヾヽ、
              /./:/:::::: .::/:::/:::::ィ:::::|::::::l:::::';:::::';:::::::::::ヽ`ヽ
             './:;イ::::::/.::/:::/l:::/ l::::ハ::::::ト、::ト;:::ト;::::::::::トヽ
              /'´j::::;:イ::;;j:;/~1:l-;|:::j l::::::j-ヘ!ヘ;|-}:}:::::::', `GJだあああああ!!
            〃 /:::/::::l::::〈《;;:・:;;》:::;' .l:::/《;;:・:;;》:/:::::/:|   
             !' ./::;ィ:/:::ヽ;:ヽ`;*::o_,,.;.-・。¨;;:*:フ;:':::/lト;! 
             l::/ .|ト;:::ト;{;0・"*(●)(●):。ニ':/ 〃i!
             |;'  l!ヘ::|l;トr_!・:・トェェェェェェェイ‘o`''´,rrr'从
             |!   .リ-ヘ ::トc/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:|@;;/ |ヽl `
             '    ヽ ヾ\ {/⌒ Y ⌒ヽ;|;;/ j j j
                   ヽ  ;~し-‐〜‐-、ノ´//}/

402 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/03(木) 07:57:10 ID:xiHQPuxZ
>>398
そりゃ運命も泣きたくなるさwww
果てしなくGJ!!

403 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/03(木) 17:50:57 ID:ugdlfrNQ
こなた 「う〜ん、派手にぶちかましてるねぇ」
シン 「ファンタジー物か……結構古そうだな」
こなた 「まあ、90年代の作品だしね
    新シリーズも始まったし、旧シリーズを見直してるんだよ」
シン 「ふ〜ん」
こなた 「シンも一緒に視る?」
シン 「おう、何か面白そうだしな」
獣神官登場
シン 「こいつ絶ッッッッッッ対、敵だ!!
   ヅラみたいな髪形にあの声、間違いない!!」
こなた 「あまり熱くなっちゃダメだよシン、ゆる〜くゆる〜く」

404 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/03(木) 19:52:46 ID:LyHU0hpF
>>403
竜の巫女さんの声はステラだったよね。
他に誰かいたっけ?

405 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/03(木) 20:25:09 ID:IuDe5IQ3
>>404
盲目の賢者様の声が、不可能を可能にする仮面の人

といっといて空気切って投下

ひより「いよいよキタッー!!」
パティ「オ〜ひより凄いやる気ネ!!」
ゆたか「でも、田村さんの気持ちわかるな〜。私も今からドキドキしてるよ」
みなみ(コクリ)

パティ「なんにセよ、楽しみデス。なんト言ってモ………」
ひより「ひより祭り開幕だからね!!」
ゆ・み・パ「え?」
ひより「みんなどうしたの?前々スレではパティ、前スレでは岩崎さん、今スレでは小早川さんと祭りがあったんだから次は………」
ゆたか「あ、あのね、私達がいってるのはスレ1周年の事なんだけど………」
ひより「な、何ですとー!?じゃあ、ひより祭りは!?」
みなみ「……今のところ、その予定は………」
パティ「考えて見るネ、ひより……アナタがヒロインだったのを誰モ覚えてまセん!!!」
ひより「そ、そんな!!わたしだって、妹キャラで!ヒロインの1人で!腐女子!のはずなんだよー!!わはぁーん!」

ゆたか「行っちゃった………」
シン「お前らこんなとこにいたのか、一緒に帰ろうぜ」
みなみ「……狙ったかの様なタイミング……ですね………」
パティ「ひよりのヒロイン復帰ハ当分お預けネ……」



406 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/03(木) 20:33:24 ID:0Iygh5Ie
妹の携帯をいじるシン


ピッ
携帯「はいマユでーす。」
シン「・・・・・」
携帯「でもゴメンナサイ。ほんとはマユじゃありません」
シン「誰だよお前!?」
携帯「私は・・・ガンタンクです。」
シン「お前こなただな!」



メイリンをこなたにしただけ

407 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/03(木) 21:16:16 ID:EwjsjwRI
白石「なあ、シンよ…」
シン「何だよ?」
白石「女の子の膝枕って、至高の贅沢と思はないか?」
シン「はあ!?いきなり何だよ…」
白石「女の子の膝に頭のせるんだぜ!!
   その時の膝のやわらかい感触を楽しみたくないのか!?」
シン「いや、妹に膝枕しながら耳掃除してもらった事があるんだが…」
白石「なにィ、膝枕だけじゃなく、耳掃除もだと!?
   だ、だが所詮は妹だ…彼女じゃない!!」
シン「まあ、そうだが……」
白石「アスカちゃーーーん!!罪深き俺に膝枕と耳掃除をしてくれーーー!!」
シン「…………。(今度バイトでそういうフェアがあったら、やってみっか)」
白石「だから、お前も家族以外の女の子に膝枕で耳掃除をやってほしくないのか!!」
シン「まあ、やってほしいかな……」

女の子達「………………………………」



こなた 「ほらほらシン頭を乗せなよー、耳掃除してあげるよー」
かがみ「ま、まああんたも一人じゃ耳掃除できないから、やってあげるわ…」
つかさ「シンちゃ〜ん、耳掃除やってあげるよ〜」
みゆき「あの、耳掃除はいかがでしょうか?」
みさお「ウサ目〜、耳掃除してやるぜ〜」
あやの「うふふ、後はお姉さんに任せて頭をのせてね」
ゆたか「お兄ちゃん、私とみなみちゃんで左右ずつやるから…」
みなみ「ゆたかが左で、私が右です…」
ひより「ねえ!!腐女子の私にそんなスキルはないっす!!」
パティ「シ〜ン、米国スタイルでやってあげますヨ〜」

シン「な、何だいったい…」

白ウ「知れば誰もが望むだろう!!君のようになりたいと!!君のようでありたいと!!(血涙)」


>>405
ひよりガンバレ!!

408 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/03(木) 21:18:20 ID:1fZR6cnI
>>406
某保健所さんのフラッシュか

409 :みなシン:2008/07/03(木) 21:22:48 ID:i3EYV1Qn
>>405
ひよりんはフラグブレイクの数なら半端ないんだけどなぁ
私も彼女には、かませ犬役として何度お世話になったことかwww

410 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/03(木) 21:24:39 ID:i3EYV1Qn
>>409
あっ…コテ外し忘れt(ユルシテヒヨリサマー

411 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/03(木) 21:33:50 ID:LaZODxy3
罰としてあやのメインの作品をツクリナサーイ

412 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/03(木) 21:51:25 ID:dBeqSz9P
白石「あ〜アスカちゃんに会いたいなー。そして次はかれこれこーゆー御奉仕をして欲しくて云々…」
シン「……ふむ」

(後日、コスプレ喫茶にて)

アスカ「はい、どうぞ白石さん」
白石「おや。何だいアスカちゃん、このお菓子は。俺これ注文した記憶無いんだけど?」
アスカ「白石さんには良くお世話になっている、いえお世話させて頂いておりますので
    今日は特別に、日頃の感謝を込めてのサービスですわ。
    拙くて恐縮ですけれど、こちらは私が手ずから作らせて頂きましたのよ」
白石「何!何だって!?アスカちゃん手作りのお菓子サービス!?
   これは只事では無い!ありがとうアスカちゃん、俺もう天にも昇る程に幸せいっぱいだよ!
   そういうことならこいつは在り難く頂かせて貰うよ!」
アスカ「ふふふ、どうぞごゆっくり」

パティ「…聞いてもイイですかシン、どうして白石にトクベツなサービスを?」
シン「ああ、たまに俺の提案したアイデアが次のフェアに採用されることがあるだろ?
   そんな時は大概、白石が考え付いたネタが元になってるんだよ。
   いやあいつ原案のイベントって毎回結構盛り上がって店長とかも喜んでくれるしさ。
   この店の常連でもあることだし、たまには日頃のお礼も兼ねて
   あいつにサービスしてやってもいいかと思ったのさ」
パティ「良くワカリマシタ。ですがシン、白石にだけサービスして
    目の前の私には何もナッシングとは少しヒドイですネ。おモチがバーニングデスよ。
    タマには助け合うバイトの同僚として、私にもサービスして下サーイ」
シン「え、ちょっと待てパティ、何故そんな風に顔を近付けて(ry」

省略されました。この先が気になる方は「サービス・ハーレム・ルーザー・マジック」と
書き込んでも何も起こりません

413 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/03(木) 23:08:22 ID:BqdYuLiW
白石いいように使われてるな・・・

414 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/03(木) 23:21:32 ID:LhJBC3Pk
>>412
それでもくっ付くことは絶対にない。白石哀れすぎるwwww
最終的に男とばれても「もう男でもいい」とかいいそうだwwww


しかし、明日が一周年か
……一周年作品間に合うだろうか。間に合わせたいぜ。だがなんか20レスくらいになりそうな悪寒が(ry

415 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/03(木) 23:31:13 ID:bBAVtAlV
>>412
なぜパプワ君www

416 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/03(木) 23:34:45 ID:IuDe5IQ3
>>407
そこで座り方がエロいかがみんの出番ですね、分かります!!

>>414
20レスか、なかなかの大作ジャマイカ、それが投下されるんだったら、自分は書かなくてもゴフン!ゴフン!とにかく期待してるぜ!!


417 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/03(木) 23:40:23 ID:YwBClP8p
ほのかに座り方がエロいかがみん絵は避難所行きですね!分かります!!

418 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/03(木) 23:54:24 ID:xiHQPuxZ
>>414
>男とばれても「もう男でもいい」
”もういい男と結ばれても”に見えた。何でだろ・・・疲れてるのかな・・・

419 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/04(金) 00:00:09 ID:/5U2GPyL
   シン        ヽ 丶  \
    アスカ   \ ヽ  ヽ     ヽ
/  /    ヽ   \ ヽ   ヽ
 /   |  ヽ \     \  ヽ  ゝ            (SS)
ノ 丿       \  ネ \   ヾ
 ノ  |   |  丶  \     \          (絵)
   /          \     \/|                (MAD)
 ノ   |   |      \  タ    |         ↑
     /\        \      |         (  ↑
   /   \       /      |          )  (
  /      \      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄         (   )
/_        \                    ) (         パルマ
 ̄  | な  こ  C| ̄          ノ⌒ ̄⌒γ⌒ ̄⌒ゝ           / /
   | い .な  ・ |         ノ  フラグブレイカー ゝ         / /
   | で  た  E|        .丿              ゞ      _/ ∠
   | ね . 達 に|       .丿/|/|/|/|\|\|\|\|\ゝ     .\  /
   | ! .の 帰|                │                V
――| .と  こ  っ|――――――――――┼―――――――――――――――――
   / .い  と てヽ  巛巛巛巛巛巛巛巛 人巛巛巛巛巛巛巛巛巛巛らき☆すけ
    う  忘 も
    気.  れ                           _    ┌┬┐        | | |
    持             /| ノ―┬  日 日   /|  丶 .├┼┤  |   ヽ └┼┘
    ち               |  ┌┼   | 日 .|    i /   | └┴┘  ヽ     | | |
                   ┴ . ̄ ̄| ̄        V    / ノヽ_ヽヽ       └┴┘

420 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/04(金) 00:05:41 ID:bBAVtAlV
>>419
いきなり大作来てるとはww
一周年オメ。意外と早いもんだね

421 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/04(金) 00:14:35 ID:q7Mi45rQ
>>419
ちょwww大作の意味が違うwww
だがGJ!!!

422 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/04(金) 01:01:25 ID:8z6tvxmN
>>419
GJ!そうか1周年か・・・何か描こう、明日休みなんで。
だれか お題 たのむ

423 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/04(金) 02:06:24 ID:fbIyWtNf
>>422
なら、俺の書き込み時間の下1ケタが


1…こなた
2…かがみ
3…つかさ
4…みゆき
5…あやの
6…みさお
7…コウ
8…黒井先生
9…みきさん
0…らき☆えろ


でよろ

424 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/04(金) 05:55:52 ID:JAS2s+Zm
レッツ・ギャンブル!

425 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/04(金) 07:30:56 ID:pKe2J+Cs
14日じゃなかったのかぁぁぁぁぁ!!
 
 
書かなきゃヤバいジャマイカ

426 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/04(金) 07:43:43 ID:pKe2J+Cs
忘れてた、今のうちに言っておく!!

携帯からはファイルシークを使ってcookie&リファラーをオンにしてここに書き込むんだ!!
そうすれば夜でも書き込めるぞ!!
 
ファイルシーク
ttp://fileseek.net/
 
設定済み(上のURLをここに変えて書き込むんだ!!)
ttp://p28.fileseek.net/cgi-bin/p.cgi?menU=http%3A%2F%2Fgame13.2ch.net%2Ftest%2Fread.cgi%2Ffamicom%2F1214345974%2F&sZ=40RC

427 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/04(金) 09:24:51 ID:RO6hHg+7

    (.`ヽ(`> 、                        / ̄ ̄ ヽ,
     `'<`ゝr'フ\                  +   /        ', +
  ⊂コ二Lフ^´  ノ, /⌒)                    |{0}  /¨`ヽ {0},
  ⊂l二L7_ / -ゝ-')´                 + .l   ヽ._.ノ   ', +
       \_  、__,.イ\           +     リ   `ー'′  |    +
        (T__ノ   Tヽ        , -r'⌒! ̄ `":::7ヽ.`- 、   ./|
         ヽ¬.   / ノ`ー-、ヘ<ー1´|  ヽ | :::::::::::::ト、 \ (  ./ヽ
          \l__,./       i l.ヽ! |   .| ::::::::::::::l ヽ   `7ー.、‐'´ |\-、

このスレに出会って絵を始めて一年、思い返せばあっという間だったよ。
これからもヨロシク頼むぜ
ttp://www3.uploader.jp/user/konashinn/images/konashinn_uljp00018.jpg

428 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/04(金) 09:40:34 ID:+CAK6ZHl
>>427

あなたの絵にどれだけ助けられたか……
 
最高のGJをあなたに!!

429 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/04(金) 10:07:08 ID:8z6tvxmN
>>427
おおーGJ!揃い踏みですナー

430 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

431 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/04(金) 11:18:17 ID:q7Mi45rQ
>>427
これは凄い力作・大作だ……和尚GJであります!!!
いや〜和尚の絵には萌えさせて頂いて、これからもよろしくです!


432 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/04(金) 14:24:08 ID:/UfJbA3R
>>427






GJ

むしろこれで絵師1年目ってのが恐ろしいんだが

433 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/04(金) 14:27:27 ID:a/FjSICq
>>427
GJ!!最高の良作にありがとう!!

434 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/04(金) 15:46:28 ID:K0VNWFH6
>>427
GJ!
これで一年って……ありえねぇw 俺も絵を書こうとしてるけど人に見せられる代物じゃないのに、一年でこれは凄すぎるwww

しかし一年間、これだけマターリさせてくれたこのスレはすげぇなぁw
いろいろあったねぇw 全員凄いよw

435 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/04(金) 17:44:10 ID:8z6tvxmN
1周年演目Final Fantasy W
かがみ「あと1,2秒早ければ・・・もぅ!」
つかさ「でも、ゆきちゃん幸せそう。」

>>423によりヒロインはみゆきさんに。つか1周年関係ないなw
ttp://wktk.vip2ch.com/vipper85477.jpg

436 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/04(金) 17:54:09 ID:RO6hHg+7
>>435
すげえぇぇ!! GJ!!
暗黒剣士が似合いすぎるぜ、シンw みゆきさんがなんかエロティックw
この配役は正解だったなw

437 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/04(金) 18:38:38 ID:RaG91CxQ
>>427
力作GJ!
勢揃いだねw

>>435
GJ!
二人とも似合いすぎだぜw

438 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/04(金) 18:40:47 ID:NRjKdyoi
>>435
みゆきさん白魔道士スゲー似合ってる!

439 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/04(金) 18:41:16 ID:HruWJ7Y/
>>427
GJ! 相変わらず最高だぜw

>>435
GJすぎるwすげえwww

440 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/04(金) 18:41:36 ID:K0VNWFH6
>>435
こちらもGJ! ってお題から一日でこれ書いたのか、凄すぎるww
そして45分頃から19レスSS投下します。間に合わせるため細部が疎かですが、ご容赦をorz
規制に引っかかったら避難所に投下するので、誰か代理投下してくださると幸いです

441 :1/19:2008/07/04(金) 18:45:50 ID:K0VNWFH6

かた こと かた こと

心地良い振動。人の眠気を引き出すと言われる定期的な振動はこなたの身体を揺らす。
こなたの長く青い髪が自分の瞼をくすぐり、そのまま寝させないかのようなむずかゆさを感じさせる。
このままもう一度寝ようか、それとも瞼を開けて意識を覚醒させようか、一瞬の躊躇がありながらもゆっくりと瞼を開いていく。

「……ん」

こなたの寝起きの呻き声はお世辞にも色っぽいとは言えなかった。いつもと違う何かを感じながらもこなたは目をこする。
直後心地よい振動がこなたの睡魔を刺激し、再び眠りにつかせようとしたが頑張って起きることにする。

かた こと かた こと

しかし再び感じる振動のあまりの心地よさに眠ってしまいそうになる。
聞くところによると電車の振動と言うものは人間の睡眠欲を駆り立てるらしい。だから寝過ごして終電まで行ってしまう人間が多いのだろうか。
確かもみゆきさんもやってしまったと聞いている。ああ、だからこんなに眠いのかと納得しつつ、瞼を持ち上げる。
何で電車の中にいるのか、考えることもなかった。なぜならば漠然とこれが夢だとわかっていた。
足元には埃があるほど汚れており、電車の内部はどこもかしこもボロボロだった。田舎の列車がこんな感じなのかと考えつつ、大きな欠伸をする。

「……ふわ」

眠い、ひたすら眠い。これが夢ならばもう一回寝てしまってもいいのかと思いつつ、それを勿体無いと思ってしまった。
夢ならば夢の中なりに何かできることがあるだろう。ネットで見た記憶では「夢の中自分のやりたいことをやる方法」などがあるはずだ。
信用などはなからしていない情報だったが、せっかくこういう機会に恵まれたんだし何かやろうと思った。

442 :2/19:2008/07/04(金) 18:46:57 ID:K0VNWFH6
だが、こなたは何をしていいかわからなかった。とりあえず空でも飛んでみようかと念じてみるが、何も起こらない。

「つまらないなぁ」

口を尖らせ、何も起こらない現状に心を苛立たせる。
電車は何も変わらず定期的な振動を起こしつつどこかへ向けて進んでいくし、自分は空を飛べない。
夢の中でくらい何か面白いことがあっても良いと思うのだが、そううまくはいかないようだ。
まぁ、今のこなたにとって夢の中よりも現実のほうがよほど面白いことが起こっている。起きたときに何が起こるのかと一日をワクワクして向かえるほどだ。

「……って、うぉ!?」

そこでこなたの目の前に何かが座っていることに気づく。普通ならすぐに気づいてもおかしくないのだが、こなたは気づかなかった。
まるで今急に現れたかのような感覚を覚えながらも、目の前の何かに視線を移す。

ああ、これはシンだ。

座ったままでも緊張しているような体勢。肩に手を置くだけでも相手をなぎ倒すような気迫。間違いなくこれはシンだった。
俯いているため彼の前髪が彼の顔を覆ってしまい、彼の表情は見えない。どうやら寝ているようだ。
手を伸ばそうとしたが、昔迂闊に触ったら殺されかけたことを思い出す。軍人として戦場にいたことを考えれば当たり前ではあるが、あの時は本気で自分が死んだと思ったものだ。
それだけの殺気と腕力、相手を殺すことのみに集中させた瞳。もしシンが「相手の姿を脳で理解する前に殺す」人間だったならば、自分は本当に死んでいただろう。

しかし、今は違う。

こなたは恐れることなくゆっくりと、だが確実に、手をシンのほうへ伸ばし、優しく頭を撫でる。
さらさらな黒髪は音を立てて乱れる。シンは起きることなく寝息一つ立てずに静止している。シンという人間を知らないものだったならば死んでいると勘違いしてもおかしくないほど彼は静かだった。

443 :3/19:2008/07/04(金) 18:48:37 ID:K0VNWFH6
だが、こなたは知っている。軍人としてそういう寝方になったシンを、そして半分の理由は単純にシンがそういう寝方であるだけのことを、こなたは知っている。
思えば寝ているシンに向かってこうすることは珍しくもなんともないが、シンより先に起きると言うのは初めての出来事かもしれない。
いつもはシンが自分を起こしているからだ。そう考えると、この夢はいい夢なのかと思い始め、なんとも幸せな気分になる。
ずっとこうしてみたかったが、シンはこなたにとって早起きすぎた。念願ともいえる願いが一つ叶ってホクホクしていると、外の景色に気づく。

「そういや、どこに向かってるんだろ」

電車は何もない平原をただひたすら走り抜けていた。地平線の彼方が見えるほどの広大な平原で、草木などの命は一切存在しない荒れた土地。
窓を開けようと手をかけたが、どうやら開かない窓のようだ。窓から顔を出して行く先を見る作戦は失敗。
シンがピクリと動いたような感じがして慌てて振り返るが、それは完全に気のせいだったようでシンの位置は僅かも変わっていない。
気づかれたくない相手がいるときや自分が変に気を使っているときはこういうことが多いものだ。こなたは安堵のため息を一つ吐くと再び外の景色に視線を移す。
どうせ現実世界では早く起きてしまうのだから、それまではゆっくり寝かせてあげようと言うこなたなりの心遣いだった。

「……あれ?」

向けた先の景色は先ほどと打って変わって、こなたの家がそこにあった。
一瞬で過ぎ去ったその場所の次は、かがみの家がそこにあった。世界をはさみで切り取って、別の場所にくっつけた様な風景。
まるで川を流れ行く水のように無数の景色がそこを流れていく。こなたの記憶の中にある景色が流れ行くその姿は見ていて壮観だった。
川の水の流れを見ているかのような感覚。流れていく風景に風情を感じる。たとえ現実として不可解であっても、こうして流れていくのが当たり前であるかのように感じる。
時間の経過と言う、ごく当たり前の出来事を景色にすればこういうものなのではないだろうか。
小学校のころの思い出、中学校のころの思い出、そして今の思い出……時間は流れて戻ることはない。

444 :4/19:2008/07/04(金) 18:49:41 ID:K0VNWFH6
見れば見るほどその光景は愉快だ。昔は当たり前であったことも今ではおかしく見えてしまう。ポケベルが便利とされた時代があったが、今は携帯電話がある。
そのように次々と進んでいく時代の先は、どこまであるのだろう。


人類が月に行ったその何年後も先、その宇宙船の発展型はどこまで行けるんだろう


とある歌の歌詞にそんなものがあった。その答えを知るはずの少年はこなたのすぐ近くにいる。
宇宙が近く、今よりもっともっと身近になった世界の人間。ありとあらゆる技術が今の時代を超越する時代。
月に行くことはおろか、火星に住むことも宇宙に住むことも可能な世界。

こなたは、その世界のことを何も知らない。

今までシン・アスカはその世界のことを喋ることはなかった。
「こんなものがある。こんなことがあった」そんな簡単なことは日常会話でそれとなく聞くことはあるが、もっと根本にある「何か」をシンが話してくれたことはなかった。
シンが話すことはその世界の上っ面で、本当のことかもわからないほど霧散している話。シンがあの世界について話したくないことは明白だった。
寂しげに目を細めてシンを見る。何でそこまで話したくないのか、こなたにはわからない。
こなたの知るゲームや漫画ではそういう過去の話を知ることによって仲が深まったなどと言う話が多い。だからこそ不安になる。
シンは帰るつもりなのではないかと、この世界に長くいるつもりはないのではないかと、こなたはそう考えてしまう。
必要以上に親しくならない。そのことからこなたが推測できるのは「帰るつもりなのではないか」などと言う結論のみ。
理屈とかそういうもの抜きで、こなたはその事実を認めたくない。ただ「嫌」だった。
逃がしたくないかのようにシンに向かって手を伸ばす。深く考えたくない。ただ頭を撫でたかった。
その指先がシンの髪の毛に触れる直前、世界が揺れた。

「え……」

自分がぐにゃぐにゃになる感覚。電車が急停車したようで、自分がその場に立っている感じがしない。
頭を打った。「痛い」。思わず頭をさするが、特に傷もなく、血も出ていないようだった。
その場をゴロンゴロンと転がってのたうち回る。若干涙目で目を開けると、そこは空き部屋だった。
こなたはその部屋に覚えがあった。シンが来る前のシンの部屋がそこにあった。
生活するものは何もない。そこに人が住んでいないと雰囲気と物で判別できる。そこには誰もいないのだ。
思考が停止し、何もかもが頭から吹っ飛んだ気がした。数瞬そうなっただけで、再び世界が揺れた。

445 :5/19:2008/07/04(金) 18:51:01 ID:K0VNWFH6

「起きろ、こなた」

その声に強く反応して、こなたはものすごい勢いで飛び起きた。
身体を起こしながら目を開ける。視界にはシンの姿が入っていたが、脳までその情報が届くことはなかった。
このままでは起き抜けに頭をぶつけ合うと言う王道イベントが待ち受けているはずだったが、シンはその卓越した超反応でこなたの頭突きを回避した。
こなたとしてはいきなり目の前にシンの顔のドアップがあったことに加え、それが急にいなくなったこと、夢の内容などのせいで硬直していた。

「おい、大丈夫か?」

体中の節々が痛い。変な寝方をしてしまったのだろうか。
着ているパジャマが気持ち悪い。寝汗をかきすぎたようで、肌にべったりと密着している。
瞳は虚ろで、開いてこそいるがその瞳から脳まで情報が伝達されることはなかった。
こなたは意識せずかけ布団を強くつかむ。シーツがしわになり、手汗で濡れるほど強くつかんでいた。
これはただ事ではないと気づいたシンは、ゆっくりとこなたの背中をさすろうとする。
だが、触れようとしたその腕をものすごい剣幕のこなたに掴まれた。

「うぉ!?」
「……あ」

相変わらず虚ろな瞳はシンの姿を映していない。ただシンの腕を掴んで、その存在を確認するかのようにベタベタと触る。
その行為だけでいったい何分立ったのか、シンからしてみれば凄く長い時間であったが、実際には数十秒の出来事だった。

「……シン?」
「あ、ああ。おはよう」
「……シン」
「……?」
「……このラッキースケベ。胸触ってるよ♪」
「え……あ、ご、ごめん!」


446 :6/19:2008/07/04(金) 18:51:55 ID:K0VNWFH6
腕のほうまでこなたがベタベタしていたせいか、気づけばシンの手はいつものごとく掌の槍、パルマ・フィオキーナを発動していた。
どこか嬉しそうに言うこなただが、対するシンは真っ赤になって大慌てだ。
シンからすれば「(大きさの問題的に)胸触っているのに気づかなかった」と言いたいところだったが、そんなことを言えばこなたが小鉈モードになって今日中にバッドエンドを迎えることは確定だっただろう。
それを言わなかったのはシンが慌てていたことと、こなたが最近やけに胸のことにこっていることを知っていたからだ。とっさにとは言え口を閉じることが出来たシンを褒め称えてあげよう。
もちろん、バッドエンドなどと言った考えまでは浮かんではいないし、乙女心もわからない。シンは今日も元気にKYだった。

「に、二度寝するなよ! じゃあ俺降りてるぞ」
「あいあい〜♪」

いつもどおりのこなたに戻ったのを確認すると、シンは部屋を出て行った。後姿からでもシンの顔が赤いのがわかる。思わずニヤニヤしてしまう。
シンが部屋を出て行くのを確認すると、こなたは「いつもどおりのこなた」を演じるのをやめた。

「……はぁ」

憑き物や幸せなど、さまざまなものをこぼれ落としそうなほど大きなため息を一つ吐いた。
その後、大きく身体をそらして身体全体を使って深呼吸をする。深く息を吸い込み、深く息を吐き出す。これだけの動作でも身体の調子は元に戻っていった。

「起きてるよね、私」

シンが着てからは目覚まし時計を使うのをやめた。目覚まし時計のやかましい音は不快だ。不快な音を出させて人間を起こす仕組みはわかってはいたが、ムカつくことに変わりはなかった。
対するシンの声は、人のぬくもりを感じて心地よかった。起きても不快になることはなく、起きやすかった。
そして今では大好きな人の声になっている。朝一番、何より最初に耳にする音が好きな人の声というものは至福だった。
そう、泉こなたはシン・アスカの声で起きた。


447 :7/19:2008/07/04(金) 18:53:09 ID:K0VNWFH6
つまり、シンは今ここにいるということだ。先ほどまで触って確認していたので当たり前のことではあるが、こなたはその事実を認識して落ち着いた。
充電しておいた携帯電話を手に取り、着信やメールを確認する。特に何も来ていなかったが、ふと日付に目が行った。

7月4日

それはシン・アスカがこの家にやってきた日であり、この世界のさまざまな因果が狂った日である。
普通ならありえない出会い。普通ならありえない出来事。それを全部ひっくるめて、シンはこなたにいろいろなものを運んできてくれた。
そう、今日で一周年。その事実に気づいたこなたは青ざめた。

こんな毎日が、続くものなんだろうか。
シンがここにいることはオカシイ。常に続くことなんだろうか。
漫画やゲームなんかだと、世界からの修正が入ったりしないんだろうか。
一周年と言うと、シンは今日帰ってしまうのではないか。

その考えまで行き着くと、こなたの焦りはますます加速する。
今日見た「悪夢」は、いったい何なんだろうか。
電車の進む先は未来だった。未来ということは……

「こなた! 早く降りて来い!」

こなたの思考を粉砕する一喝。思わず携帯電話を落としてしまう。
慌てて着替えて、身だしなみも無茶苦茶なまま急いで食卓に向かう。

「ごめんごめん。いやぁ寝ちゃいそうだったよ〜」
「ったく、二度寝するなって言っただ……」

そこまで声に出したシンが硬直する。こなたがシンの硬直に気づいた瞬間、シンは思いっきりこなたから視線を外した。

「……服はちゃんと着ろ!」
「ありゃりゃ……」


448 :8/19:2008/07/04(金) 18:54:12 ID:K0VNWFH6
慌てすぎたせいでこなたの服は滅茶苦茶だった。あられもない姿と言ってもよく、もしもこなたの胸が大きかったのならば逆セクハラとも言えるほど胸元が開いていた。

「スケベー」
「な、そっちが勝手に……!」
「お兄ちゃん、お姉ちゃん……」

ゆたかの嗜めの声が入ると、シンは罰を悪くしたような顔をして椅子に座る。そうじろうは徹夜で作品を仕上げたらしく、まだ寝ている。
こなたは「にゃははー」などの声を出しながら椅子に座る。大丈夫、「いつものこなた」を演じられている。
シンが無言で茶碗を出し、こなたも無言で茶碗にご飯を盛る。こなたが卵に手を出そうとするとシンは無言でこなたに醤油を渡す。いつもどおりの見事なコンビネーションだ。
いつもどおり何も変わらない、変える気のない毎日だ。

「……なんだよ」

どこか不機嫌そうな声のシンによって、こなたの心臓は跳ね上がる。

「え?」
「さっきからこっちをずっと見てるだろ。顔になんかついてるのか?」
「あー、ボーっとしてただけだよ」
「そうか」

シンとしては納得がいっていないようだったが、それ以上追求はしてこなかった。
そんなシンの心遣いに感謝しながらも、こなたはシンに視線を送り続けた。
恋する乙女などの視線ではない、恐る恐る怖いものを見るような視線。

「……ご馳走様」
「あれ、早いね」

シンの食事は基本的にいつも早い。軍人だから当たり前ではあるが、一般人から見るとただ早いようにしか見えない。
しかし今日は輪にかけて早かった。こなたのさり気ない疑問の声にこたえることはなく、無言で食器を流しに置き、シンは戻っていった。
その背中はどこか不機嫌そうだった。ゆたかは心配そうな視線を送っていたが、シンはそれに気づいていないようだった。


449 :9/19:2008/07/04(金) 18:55:04 ID:K0VNWFH6
こなたはそんなシンを見て、さらに不安になった。だがずっとそんな気分でいるわけにも行かず、学校に行くための準備を進めるために食器を片付けた。

「ごちそうさま」
「え、まだ半分も……」
「あー、なんか今日は食欲わかないんだよねー」

ゆたかの心配そうな声に対し、視線を合わせることすらせずにそこを立ち去る。今のこなたに誰かを気遣う余裕はなかった。

450 :10/19 規制により代理投下:2008/07/04(金) 19:15:19 ID:RO6hHg+7
それからのシンは、妙に刺々しかった。
まるで初めて来た日のように、何にも関心を示さず、無愛想な表情を崩すことはなかった。
授業中もずっとシンの表情を見続ける。いつもとどこか違うその表情に不安は増大していくが、見ないことは出来なかった。

「シンさん、どうしたんでしょうか……?」
「あー、少し遅れた反抗期だよ、きっと」

みゆきの心配する声に対し、ゆる〜い答えを返す。その答えは本当のことではなく、みゆきに変な心配をかけさせないための答えだ。
それでいて、自分にそう言い聞かせるための答えだ。シンが今日変なのはただ反抗期が訪れただけ、そういうことにしておきたかった。

いや、それも違う。

シンが異世界から来た、なんてことを知っているのは自分とそうじろうだけだ。
シンはそのことを誰にも話さないし、おそらく話すつもりはない。それはシンと常日頃会話していてわかる。
「シンが帰ってしまう」かもしれないということを知っているのは自分だけだ。
要するに、自分は「シンの秘密を知っているのは自分だけ」という状況を維持したいだけなのかもしれない。

(ホント、最低だよ)

どうも最近自傷してばかりだ。私らしくない。
ただのオタク少女で、こんなこととは無縁で、もっとおばかで、何の心労もない。それが私だったはずだ。

「……はぁ」

自然とため息が多くなる。
みゆきさんがこちらにも心配そうな目を向けてきたが、何でもないよと言って離れてもらう。
遠目でシンを見つめると、シンは静かに何かを考え込んでいた。
その表情は真剣そのものだ。来た当初にナイフを研いでいたときの目に匹敵する。
帰る方法でも考えているんだろうか。私にはわからない。

451 :11/19 規制により代理投下:2008/07/04(金) 19:16:15 ID:RO6hHg+7
(帰らないで欲しいな)

自然と頭の中に浮かんだ思考に自己嫌悪し、頭を振って邪念を払う。
我侭は言っちゃいけない。そんなばかなこと考えてもいけない。
つい最近まで我侭ばっかり言っていた私が、凄い変わりようだと自分でも思う。
我侭ばっかり言っていて、もう嫌われていると思うけれど、せめてこれ以上嫌われたくない。そんな思いだけが私の中で渦巻いた。

「でも、本当にありえることなんだよね」

シン・アスカの戦う理由。それは戦う意思のない人を守るためだ。
それ以外の理由はなく、ただそれを信念にして生きてきた。それはもはや心の支えといってもよく、取り払えるものではない。
全てのそんな人たちを守るなんてことは出来ない。でも、シンは馬鹿だから、お子様だから、妥協というものを知らない。
折れる自分を許すことなんて出来ない。妥協することが悪いことだと勘違いしていると思う。
どんな人間も妥協をして生きてきていることを彼は知らない。どこまでも彼は子供だから。
もし彼が帰るというと言ったとき、自分はどう返すだろうか。
きっと、泣いて、縋り付いて、我侭を言うんだろう。
アニメや漫画のように笑って送るなんて絶対無理だ。最後の最後まですがりつく自信がある。

シンが自分の世界のことについて話さない理由。それは帰るためではないだろうか。
軍人として情報漏洩せず、ただ帰るためではないだろうか。
思考は永遠にループし、気をどんどん重くしていく。

そんな思考の渦に飲み込まれ、気づけば全ての授業が終わっていた。
黒井先生に何度か叩かれた気がするけど、覚えていない。
憂鬱な気分で帰り支度を進めていると、シンが意を決したようで、真剣そのものな表情でこちらに歩いてきた。


452 :12/19 規制により代理投下:2008/07/04(金) 19:17:17 ID:RO6hHg+7
怖い


「なぁこなた、大切な話があるんだけど……」


怖い!


私は帰り支度も済んでいない鞄を引っつかみ、逃げるように―――実際逃げているのだが―――教室の外へ飛び出していった。
後ろを振り返っていないが、シンはたぶん呆然としているんだと思う。普通なら逃げるのに反応して捕まえられてもおかしくないからだ。
これもゆるくなった影響なのかもしれないが、今の私にそんなことを考えている余裕は一片たりとも存在しなかった。

(だめ、帰っちゃダメ!)

自己嫌悪すらする余地がないほどに頭の中を一つの思考が埋め尽くす。
こんな風に一時的に逃げることに何の意味もないことはわかっている。でも、シンの帰る場所はプラントじゃない! 私の家だ!
だけど、今はその事実が私の肩に重く圧し掛かる。私に逃げる場所はないのだ。

「……どうしよ」

頭の中が冷えてくると、自分の取った行動がいかに愚かなものかわかってくる。
どうせ家に帰ればシンと会うことになるのだ。そうすれば今度は逃げられない。

「何してんだろ、私」

意味もない行動であると理解した。だけどその事実を受け止めたくなかった。
興奮した頭に冷水をぶちまけられた気分だ。
私に出来ることなんて何もない。シンを帰らせないようにすることなんて出来ないだろうし、我慢することも出来ない。


453 :13/19 規制により代理投下:2008/07/04(金) 19:17:56 ID:RO6hHg+7
結局、私はシンと違って世界を変えることなんて出来ないし、人一人変えることも出来ない。
シンをゆるくする、なんて言っておきながら、それはただシンのことを考えていない傲慢な考えだった。
戦わない、と言う考えをシンに植えつければ、苦しむのはシンなのだ。彼は妥協を知らないから。
私はただのオタク少女で、シンみたいなエリート軍人ではない。何も出来ない、ちっぽけな存在だ。


だけど、誰にも負けない、唯一つ自慢できることは私にもある。
だから、私がすることは一つだった。

454 :14/19 規制により代理投下:2008/07/04(金) 19:19:07 ID:RO6hHg+7
家中にいい匂いが蔓延する。鼻に触るだけで涎をたらしそうになる甘い匂い。
その匂いを作るのはただ一人、泉こなた。真剣そのものと言った表情でケーキを作る。
少し台所を離れ、自分の部屋に駆け込む。ベッドの下から装飾を取り出し、台所に駆け戻る。
前々から用意していた様々な装飾。こなたの想いを込めた一筆書きにより、形こそ崩れているが想いは崩れない文字がそこにある。
食卓の壁にその紙を貼り付け、またいそいそとケーキの元まで走る。
ずっと前からやろうと思っていたことだ。今日という日を決して忘れず、前々から準備を重ねてきたのだ。
思えば、こなたはこうして一つのことに一生懸命になるのは初めてだった。彼女のオタク趣味を除けばだが、誰かのために一生懸命になることは初めてだった。
匂いに釣られてそうじろうが食卓にやってくる。紙を見たそうじろうは驚いたような表情を見せ、次に笑った。年甲斐もないといわれるような子供の笑みで、まるで悪いことを思いついたようだった。
家の中の雰囲気の変化に釣られてゆたかがやってくる。紙を見たゆたかは驚いて、柔らかく微笑んだ。ケーキ作りを手伝おうとこなたの近くに寄ったが、やんわりと断られた。

「そろそろ夕食……?」

夕飯の準備を手伝おうとしたシンがやってくる。うん、全部予想通りだ。
ポカンと口を開け、呆然と紙を見つめるシンがそこにいる。うん、その反応もわかってた。

「あ、あ、あ……」


『一周年記念! うちのシンはただのシンではないのだよ!』


彼が見せたのは悲しみに満ちた表情や怒りに震える表情ではない。この世界に来て思い出した、私が作った馬鹿みたいに呆然とした顔だ。

「そっか、もう一年か」
「そうだよ! いやぁこの一年間、シンのスケベレベルは上がるばかりで……」
「な、何を言ってるんだ、お前はー!」
「ふふふ……」


455 :15/19 規制により代理投下:2008/07/04(金) 19:20:37 ID:RO6hHg+7
「笑わないでくれよ、ゆたか……」

愕然と肩を落とし、ため息を一つ吐くシン。
シン以外の全員がくすくすと笑う中、そうじろうがシンの肩をぽんと叩く。

「シン君も変わったね」
「そうですか?」
「うん、ゆるくなったよ」

その言葉を聞いて考え込むシン。しかしそんなシンとは裏腹に、こなたの心は舞い上がった。
一年間、ずっとシンをゆるくしようとしてきた。それが他の人から評価されることに嬉しさを覚えないはずがない。

「ちぇ、言ってくれれば手伝ったのにさ」
「何言ってるのさ。今日の主賓はシンだよシン!」
「そんな一周年くらいで大げさだな……」
「重要だよ! もっと準備をしてもいいくらいだよ」
「おいおい……十分凄いぞ」

シンは祝ってもらって心底嬉しそうに装飾を見つめている。こなたが作った大きなケーキを感心したように見つめる。

「いやいや。このらき☆すけを祝うにはもっと。たとえば来年とか……」
「おいおい」

こなたは自分で言っておきながら「来年」という言葉に反応して、それ以上先の言葉を飲み込んだ。
シンが放った窘めの言葉がこなたの不安をさらに加速させる。やっぱり、帰るつもりなのでは―――
そんな不安を吹き飛ばすかのように、シンは笑った。

「毎年こんな風にやったら、疲れるだろ」

シンがさらりと言い放った言葉に反応したのはこなただけ。ゆたかとそうじろうは先ほどから成り行きを見守っている。


456 :16/19 規制により代理投下:2008/07/04(金) 19:21:24 ID:RO6hHg+7
こなたは目の前が滲んだ。目を開けているはずなのに、前が見えなくなった。

「来年もいるの?」
「え、いちゃ駄目か?」

寂しそうな表情に変わるシンを見つめる。困ってしまった、といわんばかりに困惑した顔。
対するこなたの表情は、涙を滲ませ、花が咲いたような元気な微笑み。

「大歓迎!!」


457 :17/19 規制により代理投下:2008/07/04(金) 19:22:11 ID:RO6hHg+7
この一年間、本当にいろいろなことがあった。
今思い出せるのは毎日毎日楽しかったということだけ。一日が充実しすぎていて覚えていることは割と少ない。
ずっと怒っていて、ずっと辛かったあっちの世界とは違い、今のこの世界はただ楽しい。
シン・アスカが求め続けた「優しくて暖かい世界」が、今彼を取り巻く環境となっていた。

「ったく、皆酔いつぶれるなんてさ」

一人一人寝室まで運ぶほうの身にも成って欲しいとぼやきながら、最後の一人であるこなたを背負う。
軽い、けど重い。この重さに酔いそうになるが、同時に泣きそうになる。
もう、この重さを感じることはないと思っていた。全てを失って、もう誰とも親しくなることはないと思っていた。

最近はこなたがやけに素っ気無かったし、そわそわしていた。今日に至ってはなにやら悪夢を見たようだし、ずっとこっちに視線を送っていた。不安になって声をかけたら逃げられた。
正直、結構辛かったものだが、こんな盛大なパーティを開かれてしまっては文句の一つも言えない。

「重い、な」

幸せだからこそ、重い。
シン・アスカはもう二度と何かを失うつもりはない。その想いだけは誰にも抑えられない。
だからこそ、シンは「あちらの世界」のことを少しも「こちらの世界」に持ち込まない。
優しくて暖かな世界には、血なまぐさいあの世界は不要なのだ。
何より、自分も優しくて暖かい世界にいるためには、全ての過去を切り捨てるだけの代償は必要だろう。
だからシンはあちらの世界を誰にも話さない。たとえ誰かに問われても、なんと言われようと答えることはないだろう。
あちらの世界の出来事は全て墓の中にまで持っていく。それだけの覚悟がある。だから―――

「俺はここにいるよ」

458 :18/19 規制により代理投下:2008/07/04(金) 19:23:03 ID:RO6hHg+7
一つの言葉を解き放つ。全てはこの一言だけで十分だった。
こなたをベッドにのせ、優しく毛布をかける。やんわりと頭を撫で、微笑む。
そして背を向け、起こさないようにこなたの部屋を立ち去る。
今日はこれでさよなら。でも、終わらない。終わらない明日へ。

「こなた、また明日」

生きている限り永遠に続く、明日へ。

459 :19/19 規制により代理投下:2008/07/04(金) 19:23:44 ID:RO6hHg+7
投下終了です。本当はこの三倍ほどあったんですが、レス量と時間的に断念して削りましたorz ゆえに文章の細部がおかしいことになってます。
ワード一枚=1レスで投下しましたが、もう少し1レスに詰め込めそうですね。次からは気をつけます。
一周年記念。すべての職人様にGJを!


460 :愚某:2008/07/04(金) 20:44:05 ID:q7Mi45rQ
>>435
GJ!!!これが発売されたらFF派じゃない某でも買うな……

>>459
なんという大作GJ!!そして、代理投下乙です

みんな大作過ぎて、気後れするけど、でもそんなのry
というわけで21:00から7レス使わせてもらいます


461 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/04(金) 20:54:33 ID:Rb47qTfC
俺も>>427さんに影響されて描いてみました
下手糞でごめんなさい
ttp://sabouru.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/data/IMG_001373.jpg

462 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/04(金) 20:55:47 ID:EGs0c+Mr
>>459
GJ!シンの決意に全俺が泣いた
「終わらない明日へ」をこんな形で目にするとは

>>460
ユーハブコントロール
期待して待ってます

463 :愚某:2008/07/04(金) 21:00:37 ID:q7Mi45rQ
〜スレ生誕一周年記念SS〜


「よく来てくれた諸君!」
 3人の少女が放課後の会議室に入ると、先に座っていた少女に声をかけられた。
「何なのよ?急に私達を呼び出して?」
「まあまあ、取りあえず席に着きたまえ」
 少女の進めに、3人は顔を見合わせ思い思いの席に着いた。

「そうそう、先にこれを渡して置こう」
 そう言って少女は小さな紙を3人に渡す。
「これなーに?」
「コードネームだ」
「コードネーム…ですか?」
「今回の会議は誰が参加してるのか分かられたくないのでこういう処置をとる。
ちなみにわたしのコードネームは『konakona』」
「わたしは……『ドジりぼん』?わぁー、かわいい!」
「そ、それバカにされてるんじゃあ?………私は……『ツインテ』って、中途半端に訳さないでよ!」
「私は『天然萌え』……何か人の名前見たいですね」

「さて、それぞれのコードネームの確認が終わったところで本題に入る」

 ゴクッ

 『konakona』の発言にその他の全員が唾を飲み込む。そして、『konakona』は3人を見回すと口を開いた。
「ここにいる皆がシンとのフラグを建たせて丁度1年……ぶっちゃっけどうよ!?」



464 :愚某:2008/07/04(金) 21:01:40 ID:q7Mi45rQ
「ぶっちゃっけ、ってどういう意味よ?」
 『konakona』の発言に『ツインテ』が疑問を挟む。
「早い話、シンを落とせる算段がついた?ってこと」
「それは、暖簾に腕押し、糠に釘といいましょうか………」
 『天然萌え』が諺を駆使して答えるが、なんということはない、要するにシンの攻略法が見つかってないと言っているのだ。

「こな……『konakona』ちゃんはそんなのあるの?」
「ない」
 『ドジりぼん』の質問に『konakona』は自信満々に自分のステータスである胸を逸らして答える。
「だいたいそんなのがあったらこんなことにもなってないと思うけど?」
 『ツインテ』が冷ややかな目で『konakona』を見てくる。
「ふふ、あわてなさんな『ツインテ』。今のは確認だよ〜。
皆、シンが自分に心が傾いてるっていう手応えがない、だよね?」
 『konakona』の発言に悔しいが頷く事しか出来ない3人。
「まあ、それはわたしもそうなんだけどね………そこで!わたしはこういう物を用意したんだよ!!」
 溜め息を一つしてから『konakona』は一本のビデオテープをどこからか取り出した。



465 :愚某:2008/07/04(金) 21:04:18 ID:q7Mi45rQ
「……その中には何が納められてるのですか?」
 『天然萌え』の問い掛けに『konakona』はニヤリと笑う。
「これは、わたしのお父さ……もとい!諜報員『カモン・マイロード』がシンの今の心境を記録したビデオなのだよ!!」
「じ、じゃあその中に………」
「シンが私達の誰を好きかを………?」
「わたしも内容はまだ見てないけど、かもね〜。
どうする?見たくない人は席を立ってもいいよ」
 『konakona』の発言に席を立ち上がる者はいない。
 皆分かっているのだ。ここで席を立てば、それはこの競争での完全なる脱落を意味するらということに。
「じゃあ、みんないいんだね?映すよ?」
 『konakona』の再度の問い掛けに3人は決意のこもった目をして頷く。
 『konakona』はそれを確認すると再生ボタンを押した。

『シン君』
『何ですか〜?そんな真剣な顔しちゃって〜?』
「ねぇ、シンちゃん少し変じゃない?」
 『ドジりぼん』が言った様に、いつものシンと違って画面のシンは不自然なくらいに陽気だった。
「た、多分、諜報員が話を聞きやすくしようと、シンにお酒を飲ませたんじゃないかな?
わたしが帰って来たら酒瓶転がってたし………」



466 :愚某:2008/07/04(金) 21:05:49 ID:q7Mi45rQ
「未成年に酒を飲ますなよ………」
 『konakona』が汗を垂らしながらの解説に『ツインテ』がジト目でツッコミを入れる。
『キミがこの世界に来てもう1年以上たつ』
『ああ〜いわれてみたら、もうそんなになるんですね……』
 陽気だったシンがそこで寂しげに笑う。それを見ると、4人の少女達は胸を痛める。だが、そんな少女達を余所にビデオは続いて行く。

『そんな中で、君はこなたを始めその友達と知り合った』
『ハイ、アイツらには世話になりっぱなしです………』
『そうか………。しかも周りが可愛い女の子ばっかりだしな………』
『は、はぁ………』
『なんだ、その気のない返事は!?君は自分がどれだけ素晴らしい環境に身を置いてるか分かってないのか!?』

「あのー『konakona』さん、『カモン・マイロード』さんも………」
「うん、飲んでるね………。
この状態になったら長いんだよね〜」
「『konakona』早送り」
「ラジャー」
 オヤジの居酒屋トークに皆興味はないらしく『ツインテ』の提案に誰も異論を挟む者はおらず、諜報員の動きが速くなった。



467 :愚某:2008/07/04(金) 21:07:30 ID:q7Mi45rQ
 ようやく諜報員『カモン・マイロード』が今回の主題に戻って来たのはビデオの時間表示が100分を指し示そうとするところだった。

『――じゃあ、こなたとかがみちゃん、つかさちゃん、みゆきちゃんが崖から落ちそうになったら、誰から助ける?』
『そうですね………』
 シンはコップに注がれた液体を見ながら考える。
 その口から出る名前を聞き漏らすまいと少女達は食い入る様に画面を見つめる。

『……つかさですね。次はみゆきでかがみ、こなたの順ですね』
 シンの言葉に1名を除いて少女達の顔が青ざめる。
 中でも最後に名前を告げられた少女の顔色は自身の髪の青を通り過ぎて、白くなっていた。
『なんでその順番なんだい?良ければ聞かせてくれないか?』
 そんな失意の少女達の中に自分の娘がいるのを知ってか知らずか『カモン・マイロード』は冷静にシンに質問する。

『体力順ですね。この順番じゃないと全員は助けられませんから』
 まったく予想いしてなかったシンの解答に『ドジりぼん』は万歳の格好のまま固まり、ほかの少女達も目を点にする。
 画面の『カモン・マイロード』も少女達と同じ気持ちなのか苦笑を浮かべている。
『そう言う合理的な答えじゃなくて…そうだな………1人しか助ける時間がなかったら、誰を助ける?』
 その質問は以外だったのかシンは瞬きを素早く数回した。



468 :愚某:2008/07/04(金) 21:08:44 ID:q7Mi45rQ
「……そうですね…………それだったら」
 そこでシンは言葉を区切ると、コップに残った液体飲み干す。
 今度こそ、の思いで少女達は画面を注視する。

「オレは4人とも同時に助けます」
「いや、シン君それは………」
「何でですか!?全然合理的じゃないでしょ!?」
「そうなんだけどね……1人しか――」
「そんなルール誰が決めたんですか!?」
「いや、俺だけどさ………」
 液体の影響からか完全に目が座り、いつも以上に頑固になってるシンに、さすがに歴戦の諜報員も説得する術がなかった。
「それに!オレがアイツらをそんな危険な目に合わせないですよ!!
オレが守ります!ぜっ―――」

 バタン

 飲み過ぎたのか、それとも生来から弱いのか、シンは言葉の途中で机に突っ伏してしまった。
 取り残された諜報員『カモン・マイロード』は頭を掻いた後、困った笑みを浮かべて、隠しカメラの方を向いた。
「以上!諜報員の報告終わります!」

 プツン

 諜報員の言葉と共に画面はブラックアウトした。
 もちろんそれで収まらない者達がいた。少女達である。
『なんじゃそりー!?』
 少女達の叫びが会議室に響き渡った。



469 :愚某:2008/07/04(金) 21:10:38 ID:q7Mi45rQ
「シンの様子だと、私達の戦いはまだまだ終わりそうにないわね」
「だね。これだったら見なくてもよかったよ。
でも『ツインテ』今の言葉、打ち切り漫画の最終回みたいだよ」
 『ツインテ』の言葉に、ビデオテープを直しながら『konakona』も頷く。
 2人とも、シンの八方美人的な答えに不満気な口調だが、同時に今の段階で決着がつかない事に心の中では安堵しているのだろう。
 そして何より慕ってる人から『守る』と言われて、やはり嬉しいのは動作の端々から感じられた。
 考えてる事は全員同じはずなのに、天の邪鬼な2人に『ドジりぼん』と『天然萌え』はお互い顔を見合わせ微笑んだ。

 ガラ

「ハァハァ、いた!お、お前ら!こんなとこにいたのかよ?」
 会議室に息を上がらせながら、入って来たのは先程のビデオの主役シン・アスカだった。
「シンちゃんどうしたの?そんなに慌てて」
「バカ!お前ら4人とも姿が見えなくなるから探してたんだろ!!」
「すみません、御心配をおかけして………」
「え、い、いや、ち、違う!!心配なんかしてない!!オ、オレは一刻も早く帰りたかっただけだからな!!」
 『天然萌え』の言葉を慌てて否定するシン。しかしその言葉を真に受ける者は誰もいない。
 むしろ少女達にはそんな正直じゃないシンが可愛く思えてしまう。それを恋は盲目と理解しておきながら。

「あーもう!とにかく帰るぞ!!」
『はーい!』
 返事をすると同時にシンの元に駆け寄る少女達。

 そしてシンは歩き始める、大切な少女達と共に。

〜fin〜


470 :愚某:2008/07/04(金) 21:11:57 ID:q7Mi45rQ
スレ1周年おめでとうございます!!
今回は書き方を変えたんですげど、慣れない事はするもんじゃないですねwww

このスレを発展させっていった全ての住人の皆様ありがとうございます!!そしてこれからもよろしくお願いします。



471 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/04(金) 21:19:51 ID:Rb47qTfC
つまんね

472 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/04(金) 21:38:50 ID:Co+yXLCl
まんねを貰ってもどうしたらいいか分かりません!

473 :みなシン:2008/07/04(金) 21:41:54 ID:GDlqTswe
シン「皆様、このスレが始まって」
みなみ「1周年…」
シン・みなみ「「おめでとうございます!」」

シン「それにしても…」
みなみ「どうしたんですか?」
シン「いや、こういう台詞だけの形式なのは珍しいと思ってな」
みなみ「あの…そのことなんですが…」
シン「みなみ、何か知ってるのか?」
みなみ「ここに…作者からの手紙が…」
シン「手紙?」

『シン&みなみへ
   昨日1周年だと始めて知って、SSを書く余裕がなかった。
   正直、反省してる。
みなシンより』

シン「なんじゃこりゃーー!!」
みなみ「後、最近忙しくてSSを書いていなかったそうです…」
シン「まったく、こんな手紙書く余裕があったら前スレ辺りの続きでも考えろってんだ」
みなみ「そう…ですね(そうすれば、もっとシンさんと一緒に…///)」
シン「んっ?どうしたんだ、みなみ?顔が赤いけど」
みなみ「な、なんでもありません…///」
シン「そうか?それならいいけど…」

シン「それでは、今後も」
みなみ「作者共々…」
シン・みなみ「「よろしくお願いします!!」」


いや、ホントに最近忙しくてSSを作れないんですよね。ネタはあるんだけど…
夏休みに入れば時間がとれると思うので、その時はよろしくお願いします。
>>459
GJ!!こんな大作を私もいつか書いてみたいです!
>>470
コードネームが的を得てて吹いたwww
他のメンバーのコードネームも知りたいですね!


474 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/04(金) 21:51:49 ID:a/FjSICq
>>435
GJ!!凄すぎるw

>>459
すげえ大作GJ!!代理投下もお疲れ様〜

>>470
こちらもGJ!!少女達の戦いはまだまだ続くのかw

>>473
SS待ってるぜ!!

そして、こなシンスレ1周年おめでとう!!!
さて、あやのSS取り掛かるか…

475 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/04(金) 23:48:45 ID:Sx9CMKYO
一年生「いただきまーす」
みなみ「あむ・・・」
ひより「お、ゆたかちゃんの玉子焼き美味いっすね」
パティ「ビューティフル、でもどこかで食べたような・・・」
ゆたか「えへへ〜実は今日のお弁当私が作ったんだ、お兄ちゃんに教えられながら」
ひより「!!」
パティ「ドーリでこの甘みとしょっぱみの加減を味わったと思ったら!!」
みなみ「・・・ずるい」
ゆたか「(たまには一緒にいる利点を利用しなきゃ、ね)」

476 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/04(金) 23:53:45 ID:pKe2J+Cs
投下行くぜ!!

477 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/04(金) 23:54:16 ID:+CAK6ZHl
彼女に酷いことを言ってしまった
 
 
大学の帰り道、いつものように行き着けのバーに俺たちは一杯だけ飲みに来た。
気のいいマスター、気っ風のいいママさん、バリエーション豊かなカクテル、ほのかに香るバー特有の匂い。この店を知るまでバーとは堅苦しくて疲れる処だと思っていた。
いつものように俺は特等席に座る、かがみはその隣だ。そしていつものようにマスターが二つのグラスを出し俺たちの前に置きそれを一口飲み、彼女との談話が始まる。
話しの中身にたいした意味なんていらなかった、大学の話し、バイトの話し、友達の話し、彼女と言葉を交わすだけで俺は楽しい、しかし今日はいつもと違った…
なんであんな酷いことを彼女言ってしまったのか自分ですら分からない……
あの時はどうかしていたんだ、謝りたい…しかし会うのが怖い、どうやって話し掛けたらいいのか分からない……
そして俺の足はいつのまにかこのバーの前に来てしまった。

478 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/04(金) 23:55:06 ID:+CAK6ZHl
店主 「やあいらっしゃい」
俺が店に入るなり慣れた手つきでウイスキーの蓋を開けているマスターがいた
シン 「どうも...」
店主 「なんだ、若いのに元気がないな」
シン 「毎日元気な奴なんていませんよ」
俺はいつものように……俺は俺の特等席ではなく店の奥、一番目立たない席に腰を架けた
店主 「珍しいな、お前がここに座らないなんて。まさか…まだ謝ってなかったのか!?」
シン 「顔を合わせるのも辛くて…」
店主 「全く、お前ってヤツは本当に呆れた野郎だよ。で注文は何にするよ?」
シン 「注文はまだ大丈夫です、少しここで考えさせて下さい…」
店主 「やれやれ」
 
カランカラン
 
店主 「はいはいいらっしゃい、ちょっと客の相手してくるぞ
    いつまでも落ち込んでないでシャキッとしろよなシャキッと」
 
ママ 「いらっしゃいました〜」
店主 「なんだお前か」


479 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/04(金) 23:55:51 ID:+CAK6ZHl
彼に酷いことを言ってしまった


彼に誘われたバー、その店を知るまで洒落たドラマだけの世界だと思ってた。

彼が背伸びして見栄を張ってるのを楽しんでた口もある、けどここのマスターにはお見通しだった。
『コークは好きかい?』
メニューににらみ合う私たちにマスターがそう言った、彼は軽く頷いた
『ならこいつだな、青春の味がするぜ、甘みと苦さ、そして刺激があるんだ』
私も彼もそれにした。お酒は何も知らなかった、けどこれなら大丈夫らしい。すぐに私達はこのお酒とこのマスターのファンになってしまった。

言葉に出さなくても人の気持ちを分かってくれるマスター、女の子の相談を嫌な顔ひとつせず聞いてくれるママさん、安くて美味しいサイドメニュー、私が抱いていたバーへのイメージを全て取り去ってしまった。

いつものように彼は特等席に座る、私はその隣だ。そして変わらぬようにマスターが二つのグラスを出し私たちの前に一杯置かれ彼との談話が始まる。
大学のこと、友達のこと、妹のこと、彼といるだけで私は楽しかった。けれどあの日だけは…違った。

彼と私…私たちは別の人間なのに……悪いのは全て私だ、彼は悪く無い。
謝りたい…けれど会うのが怖い、今の関係が壊れてしまうと思った……
どうやって話し掛けたらいいのか分からない……
そして今日も私はこのバーの前に来てしまう。

480 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/04(金) 23:56:37 ID:+CAK6ZHl
ママ 「あら、入らないの?」
店前で立っている私に出勤してきたママさんが声を掛けてきた、長い間そこに立っていたからさぞかし怪かっただろう。
ママ 「ははぁんもしかしてまだ昨日のこと謝ってなかったのね」
図星だった、言い返す言葉も見つからない
ママ 「中に彼がいるかもしれないから入れないのか、じゃあ私が見てきてあげるからちょっと待っててね」

カランカラン

少しの間、ママさんが着替えてお店から出て来た
ママ 「まだ誰もいなかったわよ」
彼は帰ってしまったのだろうか、私は外から一番良く見える席……彼の特等席に座った。ここからなら彼が前の道を通ってもよく見えるだろう。

店主 「やあ、今日は彼と一緒じゃないのかい?」
かがみ「た…たまには一人で飲むのもいいかなって……」
挨拶もほどほどにマスターが馴れた手つきでグラスの用意を始めた。
かがみ「あっ今日は後から頼んでもいいですか?」
店主 「やれやれ君もか、」
かがみ「君?」
店主 「ああいや何でもないこっちの話しだよ」


481 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/04(金) 23:58:24 ID:+CAK6ZHl
ママ 「ちょっとどうするのよ!!」
店主 「大丈夫だって、俺にいい考えがある」 
 
ママ 「お客様、大変お待たせしました〜」ニヤニヤ
シン 「あれ?俺はまだ頼んで無いですよ」
ママ 「あちらの席のお客様からのプレゼントです」ニヤニヤ
シン 「あちらの席?」
 
そこには驚いた顔でこちらを見るかがみの姿があった
 
シン 「かがみ!!」
かがみ「シン!!」
シン 「どうしてここに!?」
かがみ「ここに来ればシンに会えると思って……」
シン 「そんな…本当なら俺から謝りに行かなきゃいけないのに……」
かがみ「シンは悪くないわ。シンじゃないわ、悪いのは全部私……シンの昔のことを知ってるのにあんな事言ってしまって……」
シン 「違うんだ、俺はもう昔の事なんてどうでもいいんだ。もう俺はこっちの世界の人間なんだ。」
かがみ「えっ?」
シン 「俺はかがみのいるこの世界でずっと暮らしたい、だからあの話しなんて気にしなくてもいいんだよ」
かがみ「そんな…あんなに酷いこと言ったのに許してくれるの……」
シン 「だから悪いのは俺だっての」
かがみ「あ…あ…ありがとうシン……」
シン 「かがみ…………」
 
チリンチリン
 
店主 「お二人さん、早く飲まないと美味しくなくなるよ」
ママ 「ささいつもの特等席に座って」
シン 「すっすみません!!」///
かがみ「はい!!」///
 
 
 
あの青春には戻れないけど片隅にはいつも…………
 
      移りゆく時代に
      変わらない気持ち

    パトリック・コーラサワー

482 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/05(土) 00:01:01 ID:+CAK6ZHl
また来年もこうしていたいな

483 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/05(土) 00:15:36 ID:2t8/GAM2
http://www.nicovideo.jp/watch/sm3851028
伝説のバルサミコスパフェを食べてみた


484 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/05(土) 00:56:45 ID:5g9JOJJ9
>>481
GJ! オチはやはりコーラかww

485 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/05(土) 00:58:53 ID:drQBOr+6
店長…まさか恋愛マイスターか

486 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/05(土) 10:38:07 ID:1NzqdnEt
読み返したらママの声がバーローになったww

487 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/05(土) 12:04:59 ID:PZc0qBec
そういえば『らっきー☆ちゃんねる』って終わっちゃったんだよなぁ…

せめてこのスレは長く続いて欲しいものだ。



488 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/05(土) 20:42:15 ID:zpqTqhz4
らっきー☆ちゃんねる♪

あきら「おはらっきー☆この番組のナビゲータの小神あきらです」
白石「アシスタントの白石みのるです
いや〜それにしても久しぶりですね〜、これ」
あきら「なにソレ?あんたさー、最近出番がまた増えてきてるからって上から目線?」
白石「え!?いや?そんなことは……」
あきら「白ウに続いて、バグかエラーか知んないけどさー、調子乗ってんじゃないわよ!!!」
白石「そんな!調子になんか乗ってませんよ!!」

あきら「そういうんだったらみのレンジャー、シン・アスカをここに連れて来い!!」
白石「待て!いきなりそのコーナーに入るな!」
アキシリアン「出来るのか?出来ないのか?」
白石「……ああ、わかった」
アキシリアン「出来るのか?出来ないのか?」
白石「………変身じゃー!!……そんないきなり呼べると思ってるのか!みのるパン――」
シン「ういーっす」
あきら「え!?シンお兄ちゃん……?なんでー?どーして?」
シン「いや、『元祖らきちゃん』終わっただろ?楽しみに聴いてたから、お礼言いたくてさ、無理言って入れてもらったんだよ」
あきら「うわぁー!!……シンお兄ちゃん………ありがと、あきらマンモスうれPー」
シン「そりゃよかった。来たかいがあったよ」
白石「またフラグか!やっかいな奴だよ君は!一週間後もう一回ここに来たまえ!君なんかより凄いフラグを立ててやろう!」


489 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/05(土) 22:26:45 ID:osAReGE3
混ざってるぞ白石ww

490 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/05(土) 23:20:11 ID:MB43MYks
白石ぶっこわれすぎとるwwwww

491 :プラントに渡った当初のシン:2008/07/06(日) 00:02:28 ID:L3Z3Tz8S
           l
   / ̄ヽ     l               お
   , o   ', 食朝 l         _     .は
   レ、ヮ __/  べご l       /  \    よ
     / ヽ  よは.l       {@  @ i    う
   _/   l ヽ うん l       } し_  /
   しl   i i  を l        > ⊃ <   今
     l   ート   l       / l    ヽ   日
 ̄ ̄¨¨~~ ‐‐‐---─|      / /l   丶 .l  も
      ___    |      / / l    } l  い
 /ニュ トーイ    l    /ユ¨‐‐- 、_  l !  い
 ヽ廿'  .`廿'    l _ /   ` ヽ__  `-{し| 天
   n  .____  l /         `ヽ }/気
  三三ニ--‐‐'  l          / //  だ
 ̄ ̄ ¨¨¨ー─‐‐--- ,,, __ ____/ /_/                  ´
      ,, _    |         ̄¨¨` ー──---
モパ  /     `、  |          _
グク /       ヽ .| モパ    /   ヽ モパ
モパ./  ●    ●l | グク   l @  @ l グク
グク l  U  し  U l | モパ   l  U  l モパ
   l u  ___ u l | グク  __/=テヽつ く グク
    >u、 _` --' _Uィ l    /キ' ~ __,,-、 ヽ
  /  0   ̄  uヽ |    l  ヘ  ゝ__ノ-' ヽ
. /   u     0  ヽ|    ~ l   ヽ-┬ '
 テ==tニト      | / て=-、─----‐‐─ヽ
/ ̄) ̄        ト'    ト= -'   <ニ>

492 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/06(日) 01:01:16 ID:2VcU1D8K
白石「やれや(ryこなた「やれやれだぜ」
白石「なんだお前は!」
シン「お前がなんだ」


白石の汎用性は異常

493 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/06(日) 13:28:42 ID:m5vSTYp+
・QMAネタ

こなたと一緒にマジアカ中

タイピング問題、「機動戦士ガンダムSEEDの主人公は……」

こなた「キラ・ヤマト。解答!」
シン「早いな」
こなた「これでも伊達に賢者では……」

「キラ・ヤマトですがその続編である機動戦士ガンダムSEEDDESTINYの主人公は誰でしょう?」

こなた「……」
シン「……」
こなた「……(これって、私がSEEDDESTINYの主人公をキラって解答した形になっちゃうのかな!?)」

「不正解」

シン「ありゃ、残念だったな」
こなた「い、いやーこれは不正解じゃないとまずいでしょ」
シン「……気を使ってくれてありがとな、こなた」
こなた「……(例えキラが主人公だったとしても、シンは私の主人公だよ)」


リアルにこの問題に遭遇したとき不覚にも噴いてしまったw
ちゃんと主人公はシンらしくて一安心したけどw

494 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/06(日) 14:28:31 ID:bPGkZdYN
>>493
最初はこなたがシンを主人公のことでからかってたけど、
今は逆だな、こなたの方が過敏になってるwww


495 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/06(日) 15:01:54 ID:k02WH8F4
QMAもひどい引っ掛けを用意してくれるなw
俺の知ってる奴だと

Q:読みをタイピングしてください
  『八意永琳』

一般人が何人読めるんだろうね、これ。

496 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/06(日) 15:24:43 ID:Ul8JWQqU
SEEDの台詞代表が「グゥレイト!」だからな。絶対わかっててやってるよw

497 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/06(日) 19:12:42 ID:ItdxyeuR
明日は七夕だイヤッホー
 


498 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/06(日) 19:14:16 ID:syCYheeO
柊姉妹の誕生日でもあるな

499 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/06(日) 19:21:28 ID:bPGkZdYN
つかさ「明日は私達の誕生日だね」
かがみ「なんか年がいもなくドキドキするわね」
シン「みんな一周年でお前らの誕生日なんか忘れてるって、そもそも七夕と被ってるしな」
つかさ「あう〜」
かがみ「そ、そこまで言わなくてもいいじゃない………」
シン「いいんだよ。だってクルッお前らの彦星はオレ1人で十分だろ!?シュピーン」
かがみ・つかさ「あまーい!!!」
シン「なんならオレは姉妹丼でもいいんだぜ?」
つかさ「姉妹丼?」

ドゴッ!

かがみ「言いたい事は?」
シン「スマン、調子乗りすぎた………」

つかさ(姉妹丼って何なんだろ?私とお姉ちゃんのためにシンちゃんが作った新しい料理なのかな?)
かがみ(姉妹丼か、それだったら……って何考えてるんだー!?
私は法を守る弁護士を志してるのよ!そ、そんなこと……で、でもそれだったらつかさと争わずに住むし………)



500 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/06(日) 20:00:29 ID:VRu6QVYs
むしろ俺は姉妹丼で納まれば御の字だと思っている

501 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/06(日) 20:40:12 ID:hHFcmWkV
どうせならハーr(あれ、なんだあの紫色のブラストインパルスは・・・

502 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/06(日) 20:41:15 ID:rzS+7YFa
つかさ「キャッホー イヤッホー 千年万年百万年。」

503 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/06(日) 21:18:58 ID:+P1HZHz1
とりあえず、教えてくれ。

その丼に入ってる姉妹は二人前か? それとも四人前か?





それともさらに一人追加して真・親子ど(デッドエンドシュート!! アッー!


504 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/06(日) 22:15:46 ID:aMXTK7dV
>>503
むしろみきさんは丼に姉妹を盛り付けるや役目だろう。

みき「ご飯は冷蔵庫の中に作ってあるから、レンジでチンして食べてね」
かがみ「はーい」
ただお「それじゃあ、いってくるよ」
つかさ「いってらっしゃーい」
いのり「楽しんできてねー」
まつり「お土産よろしくー!」

ただお「夫婦で旅行なんて、何年ぶりだろうねぇ……」
みき「うふふ。そうね」

みき(冷蔵庫の中のおかずには全部ばっちり媚薬を混入済み。
 寝室のコンドームは気付かれないように一つ残らず穴を開けておいた。
 そして仕上げに、シン君に旅行の間泊り込んでくれるように要請!
 コレで間違いが起こらないはずがないわ♪)

みき「帰ったら、シン君にもお土産を渡さないといけないわね。
 彼が留守を預かってくれるから、旅行にもいけるんですし」
ただお「まぁ、ね」
みき「……あら? ひょっとして嫉妬してるんですか?」
ただお「……いや、まぁ、なんというか……その……」

みき(あらら♪ 可愛いわねぇ……
 ついでだから、もう一人家族増やしちゃおうかしら)



 見たいな感じで、ただおさんは孫と娘を同時に(インフィニティシリンダー



505 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/06(日) 22:30:02 ID:mvnY1Y+o
なんという孔明w

506 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/06(日) 22:45:33 ID:RY3nf046
だが、間違いは起こらなかった!

全てのフラグを叩き折る・・・それが シ ン ク オ リ テ ィ !!!

507 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/06(日) 22:52:03 ID:1AiXNeaA
そして新たなフラグを立てる

人呼んでフラグ更新男

508 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/06(日) 23:04:04 ID:SQB/RdMs
>>504
みきさん凄い行動力www

シン「……………。(まだ来ていないな…)」
(タッタッタッタッ…)
シン「ん、来たか…。」
あやの「シン君、ごめんね待たせちゃって…あれ?」
シン「どうした?」
あやの「何でサングラスかけているの?」
シン「いや、こなたやかがみ達から逃げるための変装なんだが…」
あやの「ひ、柊ちゃん達から…」
シン「とにかく大変だった…。
  変装したり…囮(白石)を使ったり…地下道を通ったり…」
あやの「大変だったんだね…」
シン「はぁー…ま、いいや映画見に行こうぜ」
あやの「うん、そうだね」
シン「そういや、今何やってる?」
あやの「えーっとね…情報誌によると…。
    『劇場版仮面ライダーレイ 幽霊になっても俺参上!!』
    『らき☆すけ 〜ハーレム王への道〜』
    『パルマイスターアスカちゃん 白ウの挑戦状』
    この3つだけど…」
シン「…ま、まあ向こう行って決めるか」
あやの「うん♪(ぎゅっ)」
シン「な、なぜ腕を組んでいるんだ?」
あやの「恋人が腕を組むのに理由があるの?」
シン「胸が当たっているんだが…」
あやの「当てているのよ♪」
シン「さいですか…」
あやの「行こっ♪」
シン「ひ、引っ張るなって!!」


何となく思いついた反省は(ry

509 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/06(日) 23:05:40 ID:bPGkZdYN
シン「せっかく泊めてもらうんだから、オレが飯作るよ」
いのり「おーシン君なかなか手付きいいわね」
まつり「ほんといい主夫になれるね」

かがみ「あんたの寝るとこなんだけど………」
つかさ「お父さんとお母さんの部屋が空いてるよ?」
シン「いやいいよ。今この家に男はオレだけだし、徹夜で見張っとくよ」
つかさ「そ、そんな大袈裟だよ………」
シン「何言ってるんだ!何か起きてたら遅いんだ!!オレに任せとけ!!」
かがみ「はぁ、こう言うとこいつ聞かないし。つかさ寝ましょ」
つかさ「うん。シンちゃん無理しちゃダメだよ」
シン「大丈夫だ。一日二日くらいどうってことないって」


ただお「ただいま。これはお土産だよ」
みき「で、どうだった?」
つかさ「楽しかったよ♪シンちゃんといっぱいお話出来たし」
いのり「やっぱ若い子はいいわね」
まつり「それ完全におばさん発言だよ………」
かがみ「どうしたの、お母さん?」
みき「え?ううん、何でもないわよ(これが噂に聞くフラグブレイク……やるわね、でも次はこうはいかないから)」


こうですか!?よくわかりません(><)


510 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/06(日) 23:07:26 ID:xdY/9gCs
シン「つかさの料理が楽しみで、材料いっぱい買って来た。」
こなた「ついでにお呼ばれに来たよー」
こうか?

511 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/06(日) 23:29:27 ID:cdfEiRQj
>>508
こなた「フフッ…まったく、シンには困ったもんだね」
白石「ヒッ!?(こ、怖すぎる…!!)」
こなた「こんな囮で、どうにかできると思ってるのかな、かな?」
白石(しかし、何でゴスロリ服なんだ?)

小鉈『気〜をつけて〜♪神〜サマは〜見てる〜♪…』

白石「そ、その歌は…まさか!」

小鉈『1人で遠くにでも〜♪何時も見つけ出して〜く〜れる〜♪』

白石「ガクガク、ブルブル」
こなた「アハッ♪必ず、見つけ出すからね〜」
白石「ヤ〜メ〜テ〜、ノ〜トニハカ〜カ〜ナ〜イ〜デ〜」


つい便乗してしまった。反s(アレ?シンゾウノアタリガクルシイヨウナ…

512 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/06(日) 23:36:55 ID:m5vSTYp+
>>508
めっちゃリードされてるww

>>509
いつぞやのこなたみたいに、目を瞑って寝てるように警戒してるシンに触って押し倒されるかがみを妄想したw

>>511
こんな状況になったら白石は速攻で友を売り渡しそうだなww

513 :1/2:2008/07/07(月) 00:11:28 ID:WO4U3Xyf
〜学校の階段上にて〜

あやの「相変わらずシン君はモテモテね〜。でも、いい加減に気持ちをハッキリさせないと
    その内皆から嫌われちゃうかもしれないわよ?」
シン「ぬう、俺としては自然体で接しているつもりなんだが…」
あやの「それが良くないの。女の子はね、ちゃんと好きな人から
    『好き』だって言葉を言って欲しい物なのよ。
    男の子の嘘偽りの無い気持ちこそが、女の子にとっては一番のプレゼントなんだから」
シン「そ、そういうモンなのか」
あやの「そういう物なのよ」
シン「…善処します」
あやの「うん。善処して、それからちゃんと実行に移すように……って、きゃあっ!?」
シン「危ない!」

ガシッ!

シン「ふー。大丈夫か、峰岸」
あやの「え、あ、う、うん……あ、ありがとう、アスカ君…
    (か、顔が近い!目の前にアスカ君のアップが思いっきり…!」
シン「本当に危ない所だったな、こんなトコで転んだら怪我じゃ済まなかったぞ。
   もし万が一お前に何かあったらかがみや日下部、
   それにお前の彼氏だって言う日下部の兄さんにも申し訳が立たない所だった。
   お前が無事で本当に良かったよ」
あやの「(うぅ、近くで見ると本当にアスカ君って綺麗な顔してるんだなぁ。
     なんかもう後ちょっとでキス出来ちゃいそうなくらいの距離…って)
     …あ、あのねアスカ君、助けてくれたのは嬉しいんだけど…
     その…胸に手が、当たってる…んだけど」
シン「うぉわぁ!?す、すまん!そこまでは気付かなかった!本当に悪かったよ!」
あやの「う、ううん、こっちこそ迷惑掛けちゃってごめんなさいね」

514 :2/2:2008/07/07(月) 00:13:21 ID:WO4U3Xyf

あやの「はぁーっ…」
みさお「んおー?どーしたんだよあやの、何か元気ないなー」
あやの「…みさちゃん」
みさお「ひょっとして兄貴と喧嘩でもしたか?だったら私が妹としてガツンと言っといてやるぞぉ?
    そーでなくても、あやのの悩みなら私はいつでも相談に乗るからな」
あやの「みさちゃん!」
みさお「うお!?な、何だよ」
あやの「みさちゃん、あなたのお兄さんって本当に素敵な人よね。
    私の一番好きな人よね、世界中どこを探してもあの人よりも格好良い人なんていないわよね!?」
みさお「いやそれは無い!どういう訳だかお前がベタ惚れってトコ以外は絶対にあり得ない!
    っつーか一体どうしたんだよあやの!?
    今日のお前、何かこうメッチャクチャおかしいぞ!?」
あやの「あぅぅ……私ってばあの人がいるのに、他の男の子相手にすごくドキドキしちゃったの…
    これじゃあただの浮気者じゃない。もぉっばかばか、私のばかっ」
みさお「夏の陽気であやのが壊れたぁーっ!」


なんか最近このスレを見ていると
「運は凸にあり〜!やはり天はこのあやのを求めているのだ!」という声が聞こえて来るので
ついやっちまった。でも俺は退かぬ、媚びぬ、顧みぬ

515 :{0}/¨`ヽ{0}:2008/07/07(月) 00:28:45 ID:1chsh12l
天の川を越えて跳べ!シンパルス!

ttp://www3.uploader.jp/user/konashinn/images/konashinn_uljp00019.jpg

ってことで、かがみ&つかさ誕生日おめでとう
なんとか間に合ったヨー

516 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/07(月) 00:40:15 ID:1WlJzLwq
>>514
DS版なら…ってこの手も駄目か?

相手が誰なのか公言されてるしなぁ


でも>>508みたいなのをもっと読みたいと思う俺は駄目人間

517 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/07(月) 00:44:50 ID:HnbBqr7t
>>514
聖帝何やってんのww
シンとあやのの彼氏はなんかいい友達になれそうな気がするw

>>515
GJ!
七夕と誕生日を合体させるとは……さすがだぜ!
地味に星の顔に噴いたww

518 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/07(月) 00:46:30 ID:UqMT8qw7
>>514
あやの祭りになるといいんだけど…

>>515
和尚GJ!!シンが物凄くショタっぽいwww

519 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/07(月) 00:51:10 ID:JAdYVFwt
あやのは彼氏とシンとの間で揺れてこそ輝くと思うんだ。

他のキャラには無い(ゆい姐さん除く)状況だし。


520 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/07(月) 00:54:31 ID:Flt5/f9Y
>>515
GJ!!やはりあなたが来ると思ってたぜ!!

天の川を飛び越えるとは……やつのフラグは化け物か!?


521 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/07(月) 01:04:54 ID:sOYWQs6T
ここはアニメキャラ板。>1に掲げる以外に則るべき設定はアニメか、いいとこ原作までにしておくべき。
…というのは俺が何か書く場合の考えで、世界観を壊さない程度ならそれぞれの作者が決めればいいさ。

>>515
銀河へ〜向かって〜飛べよ〜シンパ〜ルス
BGMはこうですか?わかりません><

522 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/07(月) 01:05:56 ID:qQZXq9Rx
>>515
シン「(川幅約20メートル)いけるか・・・?」

つかさ「お姉ちゃん、見て。あれ!!」
かがみ「シンじゃない、っつーかあいつなんで川を走って渡ってるのよ!」

シン「うぉぉぉぉぉぉぉっ・・・
   く、あと5メートル足りない、か・・・(ごぼごぼごぼ)」

つかさ「あ、沈んだ」
かがみ「無謀すぎるだろ、あの馬鹿」

523 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/07(月) 01:52:35 ID:cmcMxVI1
みんなで西遊記をやってみた
三蔵法師→みゆき
孫悟空→こなた
沙悟浄→つかさ
猪八戒→かがみ
馬→シン

みゆき「あのシンさん、重くありませんか?」
( *゚Д゚)「ハアハア平気だよ…ハアハア…(ムハー!やわらけぇ〜!!)」
(#〓ω〓)「おいシン、てめぇケツ出せ。如意棒でガバガバにしてやんよ」
つかさ「ついでにフリスクも一箱突っ込もうよ♪」
かがみ「それよりこの配役に異議を申し立てる」

524 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/07(月) 02:33:12 ID:Flt5/f9Y
シン「そういや、今日は七夕なんだな。
でも彦星ってヤツは幸せだよな」
かがみ「何で?」
シン「1年でも会えるんだからさ。好きな奴に………」
かがみ「シン………」
つかさ「シンちゃん………私達じゃダメかな?」
シン「つかさ………」
かがみ「そうよ!私達じゃ不満?」
シン「………いや。ありがとな2人とも」


シン「どれだよ、天の川って?」
つかさ「あれだよ、ああれ」
シン「どれ?」
かがみ「ほら、星がいっぱいあるとこよ」


なんでSS書いてる途中にこんな電波を受信するんだ!!


525 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/07(月) 06:18:36 ID:pYYZ46NL
これは良い彦星ン

526 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/07(月) 07:32:06 ID:sd0AqYZH
今思ったんだけどクライン派ドム三人衆がこっちに来たら思いっ切りヤクザにしか見えない気がする

527 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/07(月) 07:52:51 ID:Dqz5aCbS
>>522
シン「こんな…こんな事で俺は!!」パリーン!

つかさ「シンちゃんまだやるみたいだね」
かがみ「いくらあの体力バカでも川を走り抜けるなんて無理でしょ」

シン「うぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!」バシャバシャバシャ

つかさ「おぉ!シンちゃん走り抜けたよ!」
かがみ「バカだ、本物の体力バカだ」

つかさ「シンちゃんすご〜い!」
かがみ「シン、何やってんの?」
シン「うぉ?!かがみとつかさか、いやちょっと七夕の練習をな」
かがみ「七夕の練習?」
シン「知らないのか?七夕の日は川を天の川に見立てて、走り抜ける風習があるってこなたが…」
かがみ「そんな風習ないわよ…」
シン「そうなのか?!」つかさ(どんだけ〜)

528 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/07(月) 15:19:42 ID:HnbBqr7t
>>523
なんというド助平
そしてかがみワロスww

>>527
バカだ。こいつバカだw

529 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/07(月) 16:28:18 ID:x90l2/GL
こなた 「さ〜さ〜の〜葉〜さ〜らさら〜 さ〜さ〜の〜葉〜さ〜らさら さ〜さ〜の〜葉〜さ〜らさら〜」
シン 「何でずっと同じところ歌ってるんだ?」
こなた 「いや〜、ここから先が思い出せなくてさ」
シン 「まったく、アンタって人は」
こなた 「ムッ……それじゃ、シンはちゃんと歌えるの?」
シン 「当たり前田のクラッカー
   さ〜さ〜の〜葉〜さ〜らさら〜 さ〜さ〜の〜葉〜さ〜らさら〜 さ〜さ〜の〜葉……あれ?」
かがみ 「何ベタなことしてんのよ……」

530 :愚某:2008/07/07(月) 18:41:15 ID:Flt5/f9Y
>>529
ホントだ、歌えないやwww


何とか間に合いましたので、19:00から8レス使って投下します。



531 :愚某:2008/07/07(月) 19:00:08 ID:Flt5/f9Y
>>364の続き


「これいいわね〜」
「生憎だけど無理だからな」
「まだ、何も言ってないじゃない………」
「買って欲しいオーラを出してるぞ」
「うっ!……そんなの出てる?」
 最近あの人は前以上にお姉ちゃんに心を開いてる気がする………ううん、気がするんじゃなくて、心を開いてる。
 2人をずっと見て来たわたしには分かるの……どんな事が2人の間で起きたか知らないけど……

 やっぱりわたしじゃお姉ちゃんに勝てる訳なかったんだ………あの人とお姉ちゃん凄く楽しそうだし、きっと周りの人もあの2人を恋人同士って思ってるよね………。
 そしてわたしは2人のお邪魔虫、だよね………。
 今日はなるべく――
「ひゃう!?」
 突然わたしの頬に冷たい物が当たり、わたしを声を上げる。
「どうしたんだよ、さっきから?」
「ほんと。下ばっか向いてるわよ?」
「えっ!ううん、何でもないよー!」
 わたしはごまかすために必死に手を振る。ダメだよ……また2人の邪魔してるよ………。
「何か知らないけど、これ飲んで元気だせよ!」
 あの人が渡してくれたのは、さっきわたしの頬に当てたメロンソーダだったの。
「遠慮する事無いわよオゴリだし」
「オレのな。何で自分で出した………」
 2人の会話を聞きながら飲んだクリームソーダはとっても苦かったの………。



532 :愚某:2008/07/07(月) 19:01:17 ID:Flt5/f9Y
「注文は以上ですか?」
「はい」
「あれ?」
 昼食を頼んだウェイトレスが背中を向けて去っていくと同時にあいつが呟く。
「どうしたの?」
「いやバイトから着信が来てた。ちょっと掛けて来るから、お前ら先食べててくれ」
 そう言い残すとあいつはトイレの方に歩いて行った。

 さてと………。
「つ・か・さ」
 私は隣りに座ってるつかさの頭を小突く。
「は、はぅ!な、なに?」
「なに?じゃないわよ。どうしたのよ?朝からほとんど喋らないし」
 つかさはお喋りというわけではないけど、それでも今日は喋らなさすぎなのは、つかさをちょっとでも知ってる人なら分かる事だ。
「そ、そうかな………」
 つかさは無理矢理な笑みを作って私に向ける。
 全くこの子は……私と似て嘘つくのは下手なんだから。
「何考えてるか当てよっか?」
「え?」
「『お姉ちゃんとシンちゃんは仲良くしてるし、わたしの入る隙間なんてないよ』でしょ?」
「……うん、そんな感じ………」
 隠しても無駄と思ったのか、つかさはわりとあっさり首を縦に振る。
「……わたしは2人のお邪魔虫だもん………」
 つかさは今にも泣きそうな声でそう言った。



533 :愚某:2008/07/07(月) 19:02:06 ID:Flt5/f9Y
「何言ってんのよ。お邪魔虫はお互い様じゃ――」
「違うの!」
 私の言葉をつかさは遮る。
「分かるもん、わたし………。
シンちゃんがお姉ちゃんにしか向けてない顔があるの、分かるもん……ずっと見てるんだから………」
「……そうね、確かにそんな顔あるかもね」
 私の頷きにつかさはますますしゅんとなる。

「でも、それはお互い様じゃないの?」
「え?」
「つかさにも、ちゃんと向けられてるわよ。そういう顔」
「え!?……どんな時………?」
 つかさの様子からどうやら自覚していないらしい、ってことは言わなきゃダメか……悔しいから言いたくないのよね。
「例えば、つかさからのお弁当を食べた時の顔。私には絶対あんな顔してくれないわよ。
……後はほら、あんた、よ、よく、頭を撫でられるじゃない?あれも羨ましいかな〜なんて思う時が少しだけ!少しだけよ!あるんだから………」
「……ホント?」
「嘘ついても仕方ないわよ」
 私は優しくつかさの手を取る。
「あんた、1年くらい前に言ったわよね?勝負するって、そんな簡単に諦めるようなやつに勝っても、私は嬉しくないわよ。」
「……お姉ちゃん……」
 つかさはそこでようやく頷くとやっと笑みを見せた。
 こうやって私達を含めて、こなたもみゆきも塩を送り合うから何時までも決着がつかないんじゃ………。
 そんな考えが一瞬私の頭を過ぎった。



534 :愚某:2008/07/07(月) 19:03:25 ID:Flt5/f9Y
「でもね、お姉ちゃん」
 わたしはまだ引っ掛かる事あって、お姉ちゃんに質問したの。
「お姉ちゃん今日、自信あるんでしょ?」
「ああ、あれ?」
 お姉ちゃんはこなちゃん相手に、今日あの人との仲を深めるって宣言してたの。
「あれは、売り言葉に買い言葉というか……」
 わたしの質問にお姉ちゃんは苦笑を浮かべる。
「一晩経つとね、そう考えてる時点でこなたの思う壺って気付いたの。
だから私達の誕生日プレゼントなんだから、ただ楽しんだらいいかなーって、思ちゃってね」
 お姉ちゃんはそう言って悪戯っぽく笑ったの。
「……それいいかも。うん、わたしもそうするー」
「マネしないの」
「えへへ」
 お姉ちゃんは笑いながらわたしの頭を小突いたの。

「ワルイ、ワルイ。ん?先食べてろって言ったのに」
 すでに料理は来てるけど、わたしもお姉ちゃんも3人一緒に食べたかったから手をつけずにあの人を待ってたの。
「で何だったの?」
「今日バイト入ってくれないか、だってさ。ずっと前から休むって言ってるたのに」
「わたしたちのために?」
「そうだぞ、だから有り難くするようにな」
 お姉ちゃんだけじゃなくて、わたしたちのためか……信じてもいいんだよね………。
「取りあえず、食べましょ」
 お姉ちゃんの言葉にわたしとあの人は頷いた。



535 :愚某:2008/07/07(月) 19:04:36 ID:Flt5/f9Y
「そう言えばさ」
 飯も食べ終え食後のコーヒをすすりながら、オレは話を切り出した。
「お前ら、双子って嫌じゃないか?」
「え?なんでー?」
「こういう祝い事の時まとめて片づけられる事が多いだろうからさ」
 つかさが午前中元気がなかったのはこれが原因かもしれない。
 オレがそんなふうに扱ってないと思っていても、どう感じるのは2人なんだから。
「私は双子でよかったって思ってるから、別に嫌じゃないけど……ただ………」
「ただ?」
 かがみは言うべきかどうか、少し考えてから口を開く。
「セットで扱うんじゃなくて、私達1人1人を見て欲しいな」
 そう言いながらかがみは真っ直ぐオレを見て来る。まるでオレが2人をセット扱いでしか見ていないと言ってるかのように。
「なんだよ!?オレがかがみはつかさの双子の姉、つかさはかがみの双子の妹としか見てないと思ってるのかよ!?オレはお前達をそんな――」
「思ってないわよ。だからそれでいいじゃない」
 オレを遮って言ったかがみの顔には、オレの考えてる事を見透かしたかの様な笑みがあった。
「くっ……トイレ行って来る!」
 かがみの答えを否定する気はないし、かといって肯定するのも自分の心の内を言ってるようで恥ずかしい、だからオレが今出来るのはこれだけだ。
「ね?私の言った通りでしょ?」
「うん、よかった………」
 トイレに向かうオレに2人の楽しそうな会話が聞こえて来た。



536 :愚某:2008/07/07(月) 19:05:41 ID:Flt5/f9Y
「さてそろそろ行くか」
「待って」
 わたしたちが席を立とうとすると、お姉ちゃんが止めたの。
「なんだよ?」
「柊かがみが命じる」
 その言葉にあの人に緊張が走る。お姉ちゃん何をお願いするんだろ?
「シン・アスカ!今日一日、柊つかさの半径1m以内にいるように!」
「え?……それでいいのか?」
「いいわよ。ほら返事は?」
「い、イエス、マイロード………」
 ひょっとしてお姉ちゃん、わたしのために………?
 お姉ちゃん方を見ると目で合図をしてくれた。
 うん、午後からはわたしも楽しむね♪


「さて時間的にここが最後だな」
「東京タワーでシメとはなんつーベタな………」
「だ、だって、あんまり行く機会ないし〜」
 お姉ちゃんのツッコミにわたしはしどろもどろになって答える。
「しかし、展望台来るまでにどれだけ金とるんだよ!ここは!?」
「し、シンちゃん………でも、ほら、夜景が綺麗だよ」
「確かに鷲宮じゃ見れないわねこれ」
 わたしたち3人はしばらく無言で百万ドルの夜景を見てたの(その時あの人にもたれたのは内緒だよ)。

「そう言えば、つかさ。お前ギアス使ってないぞ」
「あっ、忘れてた」
「使わないと、勿体ないわよ」
「うーん………」
 何してもらおう?
お姉ちゃんはわたしのために使ってくれたんだし、わたしもお姉ちゃんのために……お姉ちゃんが喜びそうな事は……そうだ!



537 :愚某:2008/07/07(月) 19:06:50 ID:Flt5/f9Y
「えーと……柊つかさが命じま〜す。
お姉ちゃんの頭を撫でてあげて下さーい」
「ん?そんなんでいいのか?」
「うん!」
 不思議そうにつかさを見るあいつ。
 だがつかさが真面目に言ってる事が分かるとあいつは小さく頷いた。
「イエス、マイロード」
「って、ちょっと待て!こんな公衆の面前で……来るな〜!」
 私は東京タワーの中心で悲鳴らしきものを叫んだ。

 なんだろう……やってもらいたいかなー、とは言ったわよ。確かに嬉しいんだけど……それ以上に、は、恥ずかしい!!
 つかさみたいに嬉しさを出したらいいんだろうけど、照れが出るのが私のダメなところよね。
 で、でも仕方ないじゃない!?恥ずかしすぎるわよ!!これ!!
「も、もういいでしょ!?……やめなさいよ!!」
 私は全身を震わせ顔を真っ赤にしつつあいつに訴える。
「それはつかさに言ってくれよ」
「だから、やめてー!撫でるな〜」
「だってお姉ちゃん、これをやってほし――」
「もういい!もういいから!!お願いやめさせて〜!」
 私はつかさに懇願する。
「え?は〜い。シンちゃん、もういいよ〜」「ちぇ、なかなか新鮮だったんだけどな」
 つかさの言葉と共に私の頭にあるものが取り払われた。
 悶死するかと思った………。
「さてと、2人ともギアスも使ったしそろそろ帰るか」
「うん!」
「帰るぞ、かがみ」
「わ、分かってるわよ!!」
 絶対あいつと付き合っても、頭を撫でさせないようにしよう、私はあいつの背中に固く決意した。



538 :愚某:2008/07/07(月) 19:08:18 ID:Flt5/f9Y
 一応成功したのか?
 オレは電車に揺られながら自問自答をしていた。
 最初は喜んでくれるか不安だったけど、2人とも楽しんでくれたみたいだし。

 コテ

 左の肩に重みを感じたので振り向いて見ると、つかさがオレにもたれかかっていた。
「くーくー」
 午前中はなんか考え事してたみたいだし、疲れが出たんだろ。
「見ろよかがみ、つかさのヤツ―――」

 コテ

 オレが右側に座っているかがみに話しかけようとしたら、かがみがこっちにもたれかかって来た。
「すーすー」
 かがみ、アンタもかよ!?

 ふと見渡すと、車内のいくつかの男達がこっちをみていた。
 どうにも居心地の悪さと照れ臭ささを感じたオレは2人を起こそうとする。
「おい………」
 声に出して気付いた両肩にもたれられて、どうやって起こすんだ?
ここは車内だし大声を出すわけにもいかないし………。
「くーくー」
「すーすー」
「……まあいいか」
 オレは少し考えて、起こすのを諦めた。
 終電まではまだまだ時間はあるし、少々寝過ごしても大丈夫だろ。
 それにもう少し、コイツらの寝顔を見ておきたい。
 こんだけの寝顔は滅多に見れないだろうしな。
「かがみ、つかさ、ちょっと早いけど、誕生日おめでとう。これからもよろしくな」
 オレの言葉は寝てるはずだから聞こえていないはずなのに、2人はニッコリと微笑んだ。



〜『2人の誕生日』〜
〜fin〜


539 :愚某:2008/07/07(月) 19:09:14 ID:Flt5/f9Y
 さて今回は以上です。最後まで目を通して頂きありがとうございました。

スレ一周年のSSが間に入って、ややこしくなってすみません
これにて『双子強化企画』は終……あ、まだ進行形があったやwww

最後に、かがみ、つかさ誕生日おめでとう!!


540 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/07(月) 19:34:55 ID:4mOjsv2a
GJ!!最高でした!
あと柊姉妹、おめでとう!

541 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/07(月) 20:35:14 ID:jaGbGDVA
このスレのみんなはどんな願い事を笹に飾るのかな

笹を取りに行くのはやはりシンかな

542 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/07(月) 22:14:22 ID:3Wg6PVR4
こなた「シン、それは笹やない、竹や」
シン「゚д゚」

543 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/07(月) 22:43:54 ID:HnbBqr7t
>>542
シン「笹取ってきたぞ」
こなた「それ竹じゃん」
シン「な!?」
こなた「まったくもー」
シン「……orz」
こなた「……ま、まぁ、たまには竹に願い事をかけるのもいいんじゃない?」
シン「……ふん」

笹を知らないで取ってきてと言われ、重武装で笹狩りに向かう軍曹的なシンも面白そうだw
あるいはみゆきさんを同伴すれば意外と何とかなるのかな

544 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/07(月) 23:59:51 ID:sd0AqYZH
かがみ「シンのヤツいつまで待たせるのよ!!」
つかさ「お姉ちゃんもうすぐ明日になっちゃうよ……」
かがみ「明日会ったら承知しないんだからね!!」
つかさ「あっ!お姉ちゃん見て見て流れ星だよ!!」
キラキラ
かがみ「わあ……待ったかいはあったのかもね」
つかさ「すごいすごい、まるで天の川だね」
かがみ「天の川?」
 
???『こりゃあまた失礼、天の川を借りに行ったら彦星様と話しが弾んじゃってね』
 
かがみ「シン!!」
つかさ「シンちゃん!!」
シン 「俺からの誕生日プレゼントさ、これならいくらでもお願い事ができるだろ?」

545 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

546 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/08(火) 00:27:12 ID:moju1ZCs
>>544
あまーい……というか今回はくさーいだなw

547 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/08(火) 00:30:14 ID:bMduIS6Z
>>539
GJ!かがみとつかさは好敵手でありながら互いに味方だなw

>>544
どうやって彦星と会ったんだwww



548 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/08(火) 01:06:35 ID:4PtbmFJs
マユ「七夕・・・天の川・・・今の今までは
   私(織姫)−天の川(血縁という壁)−彦星(お兄ちゃん)
   だったけど今は違う!!今の私は、とうとう積年の思いを晴らせるのよ!!」

かなた「させないわよマユちゃん。シン君はうちのこなたのものですから」

ゆたか「うう、なんか寒いよ」
こなた「うん、おかしいね。暑いのに」
シン「なんだなんだ、二人とも夏風邪か?」

549 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/08(火) 01:25:03 ID:iFQA1a4p
その川は越えられねぇよww
誰がうまいこと言えと(ry

550 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/08(火) 08:24:31 ID:k7JATbGZ
いや、多分ゆたかに取り憑いて的意味かと……

551 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/08(火) 11:03:02 ID:TwfPqc2C
ゆたかに取り憑いてるマユは明らかにおるすばんスレ
のマユだな。

552 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/08(火) 13:21:35 ID:moju1ZCs
>>551
マユはどこでもブラコンやってるような気が(ry


・連座ネタ

こなた「ねぇねぇシン。このスレで連座の好感度MAXの台詞やったらどうなるかな?」
シン「はぁ……?」
こなた「私としてはこんな感じ」

シン(キラキラ)「俺、ずっとこなたを守るから!」

シン「お前が主人公なのかよっ!」
こなた「だって連座でシンのキラキラ(=新規イラスト)なかったし、好感度MAX時の友軍機台詞(=新規ボイス)なかったし、こっちのほうがお得だよ」
シン「アンタって人はー!」
こなた「(シンのキラキラ(デレデレ)顔みたいし、甘い台詞言われたいしねー)」ニヤニヤ


このスレのみんなのキラキラ顔を考えて真っ先にシンが浮かんだ
やっぱりコイツ、主人公っつーよりヒロイン(ry

553 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/08(火) 14:06:15 ID:lkNpv8gf
>>549
天の川じゃなくて三途の川だもんな
おや、今誰か来たか?

554 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/08(火) 15:07:21 ID:fjxQ3ZiY
>>553

レイ『三途の川は』
かなた『川下に下れば』
まゆ『生き返れますよ』

555 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/08(火) 19:51:09 ID:kv0yKiET
こなた「〜♪」
シン「………なあ」
こなた「な〜に?」
シン「何で俺の膝の上に座っているんだよ……」
こなた「だって、おとーさんもゆーちゃんもいないしさー。
    いちゃつけるのは今しかないよー」
シン「ま、そうだな(ギュッ)」
こなた「ど、どうして抱きしめるのさ///」
シン「なんだよ、いちゃつくっていたのはお前だろ」
こなた「そ、そうだね///」
シン「(こいつもやっぱ女の子だから、いい匂いがするなー)」
こなた「(うう…凄くはずかしいけど、凄く嬉しいよ…)」
シン「(このまま時間が止まればいいのにな…)」
こなた「(おとーさん達なるべく遅く帰ってこないかな…)」

シンの膝の上はこなたの定位置

556 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/08(火) 20:50:49 ID:pC+X3WlB
>>555
このバカップルが〜!
ニヤニヤするだろうが!

557 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/08(火) 23:30:26 ID:iFQA1a4p
何という甘甘
いいぞもっとやれ

558 :名前が無いよ:2008/07/09(水) 00:08:40 ID:RKPzz4hh
なんとなくこうネタを書いてみた。


「ひより〜ん、これ…どういうことかな?」
ラフ程度しか描かれていないまっさらな原稿を片手に、八坂こうはその原因を問い詰めていた。
「い、いやーそのぉ…何ていうか、申し訳ないッス…」
妙な語尾で頭をかきながら謝るのは、その原稿の作者である田村ひよりだった。
「いったよねぇ〜…コレだけは落とせないって。ヤバいよ〜って…」
質問を続けるこうの口は、あくまでも物腰柔らかい先輩を演じていた。
しかし、その目は明らかに物腰やわらかい先輩のものではなかった。
「うぅ…すいません…」
「ハァ〜…」
と、こうは頭を抱えながらため息を着く。
ひよりの遅筆が今に始まったことではないが、絵描きである以上遅い早いは仕方ないだろう。
しかし今回…いや、最近特にそれが顕著だったのだ。
だが涙目で謝罪する後輩をこれ以上攻めるわけにもいかず、こうは諦めを含んだ表情で椅子に腰をかけた。
(…ん?)
ふと、一冊のスケッチブックがこうの目に入った。
表紙には簡素に最近の日付が書いてある。
(最近の日付…これ、ひよりんのネタ帳かな…?)
何の気なしに取り上げパラパラめくる。
そこに描かれていたのは
(この男…たしかシン・アスカ…だっけ)
さすがに絵描きの卵だけあり、特徴を捉えたその絵は人目で誰を描いたかわかる代物だった。
半年ほど前に転校してきたその男子生徒は、こうの周りでもその名を聞くことがあるほどの有名な存在だ。
成績優秀、スポーツ万能、容姿も申し分なく、そして一番の特徴である日本人とは大きく違う赤い瞳。
こんなまるで漫画の主人公か!?とツッコミたくなるような男が現実にいるのだ、話題にならないほうがおかしい。
(しかしなんでひよりんのスケブに…?)
不思議に思いながら、ちらりと視線をひよりの方へ戻す。
「ひっ!す、すいません、あとちょっと、あちょちょっと待ってくだ…って、何見てるッスか!!」
また怒られると勘違いし謝り倒していたひよりだったが、こうがスケッチブックを持っていることに気づきあわててそれを取り返した。
「み、見てないッスよね…?」
取り返したスケッチブックを両腕で抱きかかえながらこちらをみている。
まだ見られていない、とでも思っているのだろうか。
「見たよ〜。ひより〜ん…上手く描けてるじゃないか」
その顔は先ほどまでの怖い先輩のものではなくなっていた。
…変わりに、ワイドショーネタに食いつく主婦、とでもいわんばかりにニヤニヤとしていたが。
「ふぇ!み、み、見ちゃったッスか!?」
「いや〜、あたしは上手く描けてるとおもうけどねぇ〜?」
ひよりの顔がみるみる赤くなっていく。
可愛い反応だな…などと後輩の様子を眺めながら、ふとこうは疑問を抱いた。
「…ちょっと待て。コレを描いてたのって…最近だよね…?」
「!!」
「てことはさ…ひよりん、原稿描かずにそれを描き溜めてた…って事?」
「…」
やばい、そんな顔をしてひより顔をそらす。が、それは無言の肯定でもあった。
しばらくの間、二人を沈黙が包む。

559 :名前が無いよ:2008/07/09(水) 00:09:16 ID:RKPzz4hh
「ハァ〜…」
沈黙を破ったのは、またしてもこうのため息だった。
「…す、すいません…」
それに続くはやはりひよりの謝罪。しかし、その次の展開は違った。
「仕方ないね…」
両手を肩の位置でひらひらとお手上げのジェスチャーをしながら言う。
「でも!」
ビシッ!とひよりを指差し
「我がアニ研のひよりをここまで骨抜きにした男シン・アスカ!どれ程のものか見せてもらおうか!」
「あ、あの〜こうちゃん先輩?」
「ひよりん!」
「はい!?」
「今回は原稿を落としたこと、目を瞑ってあげよう!」
なぜだか分からないが、命拾いした…そう思ったのもつかの間、
「だが、その代償は払ってもらうわよ!」
「だ、代償ッスか!?」
代償…そう言われひよりの脳裏を罰ゲームが駆け巡る。
(こうちゃん先輩の事ッス、きっとDESTINYって書いたダンボールを被らせて町を練り歩かすくらいやらされるッス!!)
想像しただけで恥ずかしくなる。そのような場所ならまだしも、公の町中を練り歩くなどいくらひよりでも出来ようはずも無かった。
「無理ッス!運命は無理ッス!せめて白タイツにビームサーベルッス!!」
「はぁ?何わけわかんない事言ってるの!違うわよ!」
「はへ?」
「シン・アスカっていったっけ?その人をアニ研に入部させなさい!」
「はい…って、えええ!!ま、マジッスか!?」
「だって、そうすればひよりんもきっちり仕事するし。それにネタに尽きそうにないしね?」
「いや、そりゃ…って、ち、違うッス、自分そんなんじゃないッスから!!」
「照れるな照れるな。このこうちゃん先輩はお見通しさ!」
赤い顔で否定する後輩を無視し話をすすめる。
「ということでさ、まずは情報収集だ」
「情報収集ッスか?」
「そう。何も知らずに突っ込んでも、無理だってのはわかってるからね。そうねえ、とりあえずひよりんの知ってることを教えて?」
「は、はぁ…」



「なるほど、友達の家の同居人で、そこのお姉さんと同級生かぁ…まるでギャルゲだね」
「自分もそう思うッス」
うんうん、と頷きながら納得する。変なところで意見が一致した二人だが、これが二次元に魅力を感じている者同士といったところだろう。
「よーし、ひよりん!あたしは情報を集めてくるから!あんたはちゃんと次の原稿上げなさいよ!」
「も、申し訳ないッス…了解しました…」
「ではでは、こう八坂、吶喊します!じゃね〜」
「あ…いっちゃった…ていうかこうちゃん先輩、またゲームの影響を受けてる…」
呆然とするひよりを部室に残し、こうは飛び出していった。
どこかで聞いたことのあるようなセリフを残して…。

560 :名前が無いよ:2008/07/09(水) 00:10:05 ID:RKPzz4hh
 
翌日。
「つってもなぁ〜どうすりゃいいんだろ!?」
休み時間、廊下を歩きながら独り言をつぶやくこう。と、
「なにをぶつくさ言ってるんだ?」
「はい?」
声のした方へ振り返る。こうの後ろ…というよりちょっと下には
「ひかるセンセーじゃないですか」
生徒よりも小さな背丈にお世辞にも教師っぽい、とは言えないようなだらしない格好。
アニ研の顧問でもある桜庭ひかるだった。
「こりゃわざわざ御説明どうも。で、何をどうしたいって?」
しょうもない思いつきで行動をはじめたこうだったが、考え込んでいても仕方が無いと目の前の教師に事のあらましを話した。
「はぁ〜、田村がな〜」
「でしょう!?春ですよ、春!」
「まぁそうだがな〜…」
ダボダボの白衣で腕を組み、なにかしら言いづらそうにしている。
わりと何事もズバズバいうひかるにしては珍しいことだった。
「どうかしたんですか?」
「ん〜、まぁなんだ。相手は強敵、敵も強敵だ。頑張れ、と言っておこう」
「ハァ〜?なんですかーそれ?」
「じゃーな」
パタパタと白衣を振りながら職員室へ向かうひかりを見送りながら考える。
「相手…っていうとアスカ先輩の事かね?じゃあ敵って…?」
しばらく廊下で考え込むが答えが出ようはずも無く
「ん〜…まぁいいか!悩む前に行動だ!」
考えるのを止め再び歩き出した。向かう先はもちろん、3−Bである。



「さて、着いたわけだが…」
入り口から気づかれない様に中をうかがう。
休み時間のため、人気はまばら。その中に目標の人物は発見できなかった。
「えぇい、ここにはいないか…」
「はぁ〜いそこの君!誰を探してるのかね!?」
聞いたこと無い声。その超えの主は初対面であるにも関わらず妙にフレンドリーだった。
「え?あ、えーっと、アスカ先輩っているかなぁーって…」
瞬間、その男子生徒の顔が険しくなる。目の錯覚だろうが、その顔に仮面のようなものを被っていた。
「またシンか!やっかいな奴だよあいつは!」
「え…そうなんですか?」
「知れば誰もが望むだろう、アイツのようになりたいと!アイツのようで在りたいと!」
そう言い放つと男子生徒は泣きながら走っていった。
何が彼をそうさせたのか。そんな事はこうには分からないが、彼がシンに対して恨みに近い妬みを持っていることはわかった。
「何か知らないけど…アスカ先輩って恨まれてるのね…メモっとこ」
こうのメモ帳に

名前:シン・アスカ
特徴:恨まれている

の一文が付け加えられた。

561 :名前が無いよ:2008/07/09(水) 00:10:55 ID:RKPzz4hh
「さてと」
パタンとメモ帳を閉じ手元の時計を見る。まだ休み時間終了までは時間があった。
お目当てのシンがいないのなら待っていてもしょうがない、そう考え別の手段に出ることにした。
「あの〜、すいません」
「ん〜?何かな?」
とりあえず手当たり次第に情報収集。それがこうのとった手段だった。
まぁ同じ学年だしいつかは知り合いにたどり着くだろう。という安直な考えだったが、
「シン・アスカ先輩って知ってますか?」
「おお〜、シンね。知ってるよぉ〜」
「え、ほんとですか!?」
いきなり知り合いにたどり着いた。
一見すると小学生にも間違われるかもしれない身長にゆるいしゃべり方。頭にはアホ毛が揺れていた。
「あの、アスカ先輩について調べてるんですけど…アスカ先輩ってどんな人なんですか?」
「ん〜一言で言うと…ラッキースケベだね」
「ほうほう、スケベなんですか?」
「いやいや、ラッキーでスケベなんだよ」
チッチッ、と人差し指を左右に揺らし答える。
どうやらただのスケベではないらしい。
「スケベはスケベでも、あいつのスケベは特別なんだよ〜ほら、アレ見てごらん」
「アレ?」
女子生徒の指差す方向には、先ほどまで探していた人物、シン・アスカがいた。
ツインテールの女子生徒と何か話しながら歩いている。
「別段変わったところは…ってあぶない!」
こうが何も感じず視線を戻そうとしたときだった。ツインテールの女子生徒がつまずき転びそうになる。
…が、間一髪シンに抱きかかえられ転ばずにすんだ。
「おお、ナイスキャッチ、さすがですねえ!」
「シンの本当の能力はここからなのさ!」
バッチーン!
その言葉が終わると同時くらいに、シンは思いっきり平手打ちされた。
そりゃもう見事なまでにフルスイングのを。頬を押さえながら、ツインテールの女子生徒と何かしら言い合っている。
「ちょ、ケンカはじめましたよ!?」
「原因はシンだね」
「え!?」
こうの目には、せっかく助けたのにビンタされた可愛そうなシンにしか見えなかったのだ。
しかし真実は、
「さっき抱きかかえたとき、あいつ胸触ったよ」
「ま、マジですか!?そりゃあビンタもされますね…」
「フフフ…あたしの目をごまかそうたってそうは行かない…あとでお仕置きだ…」
(ちょ!この先輩なんでこんなに怖いオーラ纏ってんの!?)
何か黒い波動に包まれた先輩女子生徒から距離をとりつつ、こうは再びメモ帳に加筆する。

名前:シン・アスカ
特徴:恨まれている
   ラッキースケベ
   胸を触るのが上手い
   やっぱり恨まれてるっぽい

(ひよりん…あたしが言うのもなんだけど、どうしてこの先輩なんだ…)
もっともな疑問だった。

562 :名前が無いよ:2008/07/09(水) 00:12:01 ID:RKPzz4hh
―――放課後、アニ研の部室。
「こうちゃん先輩、何かいい情報ありました?」
「ん〜…」
今日一日の情報収集の結果を見返してみる。
メモ帳は、殆ど似通った情報ばかりで埋め尽くされていた。
「そうだねー、スケベでかなり恨みを買っているって事くらいしか分からないね」
「はぇ!?アスカ先輩がですか!?」
素っ頓狂な声を上げ驚くひより。そりゃそうだろう、自分の想っている先輩がそんな風に見られるとは思っても見なかったのだ。
「いろいろ聞いて回ったんだよ?えーっと、
 優しいけどちょっとエッチだよ(リボンの先輩)、
 いい人ですが少し色を好むところはありますね(眼鏡の先輩)、
 あんなスケベあったことない!そりゃあたまには優しいけど…(ツインテールの先輩)
 などなど…どんだけスケベなんだろうね?」
「…」
そこまで言われているとは。ひよりは少しシンに同情する。
無論、故意にではないにしろひよりもそのスケベな先輩の被害にあっていたが、話がややこしくなりそうなので言わないでおこうと決めた。
「ま、まあアスカ先輩なら仕方ないッスね…」
「ん?そーなの?ま、あたしはひよりんがちゃんと原稿書いてくれればいいけどね!…で、どのくらい進んだ?」
しまった。と思ったのも後の祭り。今日も今日で全く進んでいなかったのだ。
もちろん、隠し通せるわけも無く、
「ほう…いい度胸じゃないのひよりん…あたしがこんなに苦労して情報収集したのに…」
「ひぃ〜、す、すいません〜」
部室にはただ、ひよりの謝罪の弁が響くのみだった…。



つづく


563 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/09(水) 01:08:59 ID:rbwL2LvJ
>>562
GJ! こういった形式の作品は斬新だw
結局、スケベの一言で集結されるシンwww

564 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/09(水) 01:23:48 ID:ZR47u5Fj
>>562
GJだ!
こなたが危ないww
シンはもうむっつりスケベすぎるwww

565 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/09(水) 01:34:13 ID:9bfmCsn4
GJ!
こうちゃんフラグキタッー!(?)
続きを楽しみにしてるぜ!


566 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/09(水) 11:12:12 ID:9bfmCsn4
こなた「もうすぐ夏休みだね〜」
つかさ「そうだねー。今年はどこに行こうかなー♪」
かがみ「あんたら現実逃避してないでテスト勉強しなさいよ………」
シン「そうだぞ。こなたなんて特にヤバいんだろ?」
こなた「いいよね〜かがみは日頃からやってるし、シンは勉強しなくてもいい点取れるし」
シン「バカ!オレは昔、勉強したのが生きてるんだ!努力しないでいい点が取れるか!」
かがみ「じゃあ、シンも歴史の勉強しょっか?努力しないで――」
シン「つかさ、お茶用意するから手伝ってくれ」
つかさ「は〜い」

かがみ「逃げたな………」
こなた「こりゃシンも補習っぽいし、わたしもやらなくていいよね?」
かがみ「いいわけあるか!!」
こなた「答えは聞いてない!!」


567 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/09(水) 12:50:27 ID:rbwL2LvJ
>>566
偉そうなこと言っといて歴史はどうしようもないのがシンクオリティw

568 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/09(水) 22:41:39 ID:SVTNsPMv
昨日も今日も人がいないね。
どうしたんだろ?

569 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/09(水) 22:54:13 ID:MX4T2tiE
>>568
いる時はいるけどいない時はいないのがこのスレなのだよ

570 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/09(水) 23:11:16 ID:9bfmCsn4
>>568
学生はテストやら何やらで忙しい時期だからね。人もいなくなるんじゃない?

今は祭り(スレ一周年・柊姉妹誕生日・七夕)が続いたから充電期間って感じでいいんじゃね?



571 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/09(水) 23:38:37 ID:EI3CJMGD
みんな、きっと噴き出したハナヂの掃除に忙しいんだよ。



572 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/09(水) 23:53:23 ID:ZR47u5Fj
んじゃ、一周年の時に出そうと思った話題出してみる
今まで出たネタで、これ系のもっとみたいってのある? 一年を振り返る的にね

例をあげると、切なこなたネタ、掲示板ネタ、かがみ悪夢ネタ、甘いネタ・・・みたいな感じで言われてるネタのこと
一年でいろんなネタ出たけど、最近出ないネタも多いよね

573 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/10(木) 00:01:38 ID:eZ4nRZ9H
小鉈みたいなー。

574 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/10(木) 00:10:19 ID:Qv/3G4zF
みゆきさん独白ネタ。
丁度、このスレの流れを決定したような……

575 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/10(木) 00:40:08 ID:qH6LPEey
切なこなたネタかな
けど、甘甘ネタもいいなー

576 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/10(木) 11:17:40 ID:IPF49pMD
俺もみゆきさん独白ネタ好きだったよ〜
こっそり相談してるってのがツボで掲示板ネタも好きだった

577 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/10(木) 12:18:14 ID:LxKizuT6
こんなものを見つけた
ttp://www.nicovideo.jp/watch/sm3888913



578 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/10(木) 12:21:08 ID:IPF49pMD
>>577
避難所でうpされてるやん

579 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/10(木) 12:28:37 ID:LxKizuT6
マジスカ!?
すまそ。

580 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/10(木) 13:09:56 ID:WaKXW7oY
いままであまりスポットの当たってないキャラに頑張って欲しいな。
あの人とかあの人とかあの人とか…

581 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/10(木) 13:31:40 ID:3+3TJn17
スポットの当たってない人か…

そうじろう 「俺かなぁ?」
レイ 「いえ、俺です」

582 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/10(木) 14:41:14 ID:FxZWHO7u
>>580
でもなんだかんだで、皆一回はスポットライトが当たったよな。
これってスゲェよな〜


583 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/10(木) 16:01:48 ID:WaKXW7oY
確かにネタになってないキャラはいない…はず。
こうとかあきら様もネタあるしな。





584 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/10(木) 16:25:20 ID:FoVJwkj3
ひなたとひかげネタも凄く安定してて好きだわー

585 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/10(木) 18:16:19 ID:qDbf/qZg
このスレを新シャア板から捜して早半年…
ようやく見つけたぜおまいら!(・∀・)

586 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/10(木) 18:42:40 ID:IPF49pMD
お帰り兄弟
また一緒に盛り上げようぜ

587 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/10(木) 19:24:12 ID:5DoO1urF
よう兄弟
帰還を祝ってバーボンを奢るぜ

588 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

589 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/10(木) 23:01:12 ID:qH6LPEey
>>585
おかえり〜
ゆっくりといきましょう

590 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/10(木) 23:03:03 ID:3cMMhAaC
ゆっくりしてる暇は無いぞガーデルマン!さぁ出撃だ!!

591 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/11(金) 00:31:08 ID:UOnmKCUY
>>590
破壊神はヴァルハラにお帰りください。

592 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/11(金) 02:32:22 ID:O2oYno85
(=ω=.)「シーン!トオッ!」
シン「どわっ!抱き付くなよ」
(=ω=.)「いいじゃん、別に。わたしたちに遠慮は無用じゃん♪」
シン「あ、あのな……この際だから言ってやるよ!そんなにベタベタされると困るんだよ!!」
こなた「え!?……ご、ごめん…今度から気をつけるよ………(シンには迷惑だったんだ………)」
シン「ああ、そうしてくれ!………これ以上されると、オレは男として理性が保てる自信が無い………」
こなた「え!?」
シン「じゃあな」

バタン

シン「あれはこなたにとってはただのスキンシップなのに、
あんな自意識過剰な事言ったらこなたが引くのは分かってるだろ……何してんだオレは………」

こなた「今のって、私を女の子に見てるって事だよね?
嬉しいけど、シンは私の事、男だったら誰でも抱き付く女って思ってないよね?……シンだけだよ……私がこんなことするのは………」



593 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

594 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/11(金) 09:02:15 ID:OFQan9fK
(〓ω〓.)暑くて超ダルイんスけどォ、マジ半端ないんですけどォ

( ゚Д゚)だらし無いなぁ……

(〓ω〓.)クーラーぶち壊れてもうどうしていいかわかんないんですけどォ

( ゚Д゚)扇風機使え

(〓ω〓.)このくそ暑いのに扇風機なんか取りに行ったら遭難間違い無しなんですけどォ

( ゚Д゚)遭難しろ

(〓ω〓.)ほら、このうちわで私を扇ぐのだ(ぺち

( ゚Д゚)………(すーい すーい

Σ(〓ω〓.)あっ、てめっ! なに自分を扇いでやがる!

( ゚Д゚)マジ涼しいんですけどォ

(〓ω〓#)てんめぇーッ! ドタマかち割ってそのシンナー漬けの脳みそを煮干しにしちゃらぁーッ!(どたどた

( ゚Д゚)ばかめ! このザフトレッドが女子高生なんぞに捕まるかよぉ!(どたどた





(;〓;ω;〓;)……争いは、憎しみと

(;゚;Д;゚;)汗しか、生まない、な………


595 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

596 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/11(金) 12:30:16 ID:8Gm1RDwz
>>592
でもなんだかんだ言って嬉しいのがシン

>>594
なんというバカ二人wwww

597 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/11(金) 20:26:10 ID:wd5SA0D/
>>594
召使い扱いwwww

598 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/11(金) 20:32:37 ID:HfdS/ziR
>>594
暑いってことはこなたは薄着で、しかも汗だくだから肌にピッチリでブラとか透けて……
……流石こなた(貧乳)だ、なんともないぜ(AA略 むしろシンの服が透けてるほうが(ry

599 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/11(金) 20:40:36 ID:MdoIevIG
>>592
シン我慢をするな!!理性を解き放て!!

600 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/11(金) 21:16:57 ID:Q6NyMSda
>>598
こなたはまな板なんだからブラ必要なくね?

601 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/11(金) 21:21:10 ID:EPebW6bT
胸の部分に突起があるわけですね、分かりm

602 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/11(金) 22:01:24 ID:truAPeDm
こなた「シンなにみてんの〜?」
シン「ゲド戦記」
こなた「あー命を大切にしない奴なんかぶっ殺してやる。だっけ?」
シン「違うよ。つーか言ってること無茶苦茶だぞ」

603 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/11(金) 22:52:56 ID:Dztiru9H
シン&小鉈 「「魂の…共鳴!!!!!!」」

風呂入ってたらこんなネタを思い付いた

604 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/11(金) 22:56:19 ID:VFpw8N+a
背中に胸を押し付けるこなたか……


( ゚Д゚)「こなたって、魚とか野菜とかそういうイメージがあるよな」
(〓ω〓.)「ほうほう。その心は?(ひょっとして、家庭的な女の子って意味かな? カナ?)」
( ゚Д゚)「まな板」
(〓ω〓.#)「…………」


こんな会話を連想した俺は何者なのだろうか。

605 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/11(金) 23:00:29 ID:o2Qq36sH
>>604
間違いなくここの住人だろうw

606 :Mr.R:2008/07/12(土) 00:26:17 ID:oj7jN81m
シン「こなた。かがみ。ちょっと話がある。」

かがみ「何よいきなり?」
シン「こんなものを見つけたんだが?」

(と、懐からアニ○ディアを取り出す)

こなた「なになに?何か面白い記事でもあったの?」
シン「『なになに?』じゃ無い!こりゃ、何だ?」

(と、あるページを開く)
『アニメ○ィアDVD好評発売中』

と、書いてある広告の横には水着のこなたとかがみの『生写真全員プレゼント』の文字が…


かがみ「仕方なかったのよ。編集部の人にどうしてもって言われちゃって…」

こなた「おんやぁ〜?シンったら自分も写真欲しかったとか?」

シン「な、何をバカな事を…。大体、お前の平面胸なんか見飽きたし。」

こなた「(怒)その胸にいっつもパルマしてくるのは誰なのさ」

シン「なんでそれが今、関係あるんだよ。」




かがみ「つーか、おまえら公衆の面前で何て会話してる。」







久々に書いてみた。
反省はしているorz

ラブラブな話が書きたかったのに…


607 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/12(土) 00:36:01 ID:+d/pTXDg
>>606
シンもそういう系のものはいっぱい出てるだろw

608 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/12(土) 00:52:40 ID:n4i0qzJ6
メージュじゃシンだけハブられてたけど


609 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

610 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/12(土) 08:01:03 ID:EM7IZe9m
                  _,. ----- 、
              ,.. -:'ノ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`` 、
            /.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
             ,:':.:.:/. :!:.:.:.:.:.:.:.:.:.: :.:.:.:.:.: ヽ:. :.:ヽ
           /: :.:.:.ヽ、ヽ:.:.:.:.:.:.. :. :.: :.:. ヽ:. :.:',
            /: : : :.:.:.:./ !:.:.ヽ:..  . :. :.:.:. :', :.:.:.!
         i:.:. : .:.:.:.:/ ',:.',:.', \:..:.:..:.. :.:.:.:.:.:',:.:.:.|
         |:.:.:. ..:.:.:/--、 ', ', ',  __'、:.:.:...:.:.:.:.:.:!:.:.:!
           !:|:.:.:.:./,r=、、 ヽヽ`' ,r=、、'、::.:.:|i:.:.}:./
            ヾ、!:.i:i、ト::く:}゙    _ト:く:},, |:.:.:.!∨ソ
           |``! ` ̄   ;    ̄´ /,ィ:.:|イ/
           !:.:.:.ゝ   丶      /' /レ':.:!| ふう・・・
           /|:.:.:.:.\  ー_-     /!/ !:.:|:!
            / ! :.!:|ヾ:.iヽ   ,._ '´='イ.:i/.:.:!ヽ
            ヽ:|ヽ !|:::::|lT´'´::::::/::|レ'ノバ
             ヽ___!_::|i !/!_::::::::::::!∠.._
       _,.. -― ''''"´:;:;:;:;:;:;:;`!! !´i/_::::ノ'::;:;:;:;:`丶、
     r'´:;:;:;:;:;:, -―i:;:;:;:;:;:;:;:;/ー{''"´:;:;:;:;:;:;:;_:;:;:;:;:;:`` ー- 、
     |:;:;:;:,/:::::::::::::|:;:;:;:;:/::::::::::ヽ:;:;:;:;:;:;:;:/::::::::`丶、:;:;:;:;:;:;:;:.`ヽ
     |:;:;/:::::::::::i::::::::!;:イ::::::::::::::::::::::ヽ:;:;:;:;/:::::::::::::::::::::ヽ:;:;:;:;:;:;:;:;:|
    |:;:|::::::::::{::|/;:;:;/:::::::::::::::::::::::::::::ヽ/:::::::::::::::::::::イ::::|:;:;:;:;:;:;:;:|
    |;:;i:::::::::::!イ:;:;:;:/::::::::::::::::::::::::::::::/ ̄ ̄ ̄/::::::::|i::::::i:;:;:;:;:;r‐!
    !;:|:::::::::/::|:;:;:;:i::::::::::::::::::::::::::::::/___/::::::::::|:|::::::l:;:;:;/ 1:!
     !:;|:::::::::i::::|:;:;:;:!:::::::::::::::::::::::::::::i___/::::::::::::!::!::::::ヽ;:{ ´|:|

611 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/12(土) 09:07:09 ID:qAzPUb3C
>>606
写真が欲しいのに、正直に言えないw

612 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/12(土) 12:19:31 ID:hLnrcOJh
シン「ういーっす」
かがみ「いらっしゃい。先に居間に行っててお茶持って行くから」

つかさ「あ゛〜」
シン「やっぱりやってるか」
つかさ「シ、シンちゃん!?」
シン「こなたも扇風機出した瞬間やってたぜ」
つかさ「シ、シンちゃんも一緒にやる?」
シン「だれがそんな子供じみた事やるかよ」
つかさ「あぅ〜」



かがみ「お待たせ〜」
シン「あ゛〜」
かがみ「あんた………」
シン「か、かがみ!?いや、これは!あの、違うんだ!!」
かがみ「別にいいわよ。やると思ったし♪」
シン「ち、ちょっと待て!今オレをつかさやこなたと同レベルにしただろ!?」
つかさ「!!……シンちゃんのくせにい〜」



613 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/12(土) 13:09:11 ID:mJkzZPLG
最後の「シンちゃんのくせにぃ〜」
と気軽に言えるようになったところが時間を感じさせるなぁ・・・

614 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/12(土) 17:39:28 ID:0KXUqq0C
最近シンとこなた達による絶望先生風OPが思い浮かんでしょうがない

615 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/12(土) 19:46:52 ID:hLnrcOJh
こなた「てなわけで、シンに絶望先生のコスプレしてもらったよ♪」
みゆき「コスプレですか………」
かがみ「こういうときの行動力すごいなぁ」つかさ「わぁ〜見せて見せて」
こなた「じゃあどうぞ!」

シン「ど、どうだ?」
こなた「……何だろうね〜」
みゆき「似合っていないことはないのですが………」
かがみ「わかった!違和感の原因が」
つかさ「ホント?」
かがみ「シンに知的さを出すような服は似合わないのよ!!」

『………ああー!』
シン「ちょっと待て!それどういう意味だよ!?」
かがみ「だってあんた、すぐ頭に血が上るし」
つかさ「歴史が苦手だし」
みゆき「考えるよりまず行動ですし」
こなた「らき☆すけだもん」
『ねぇー♪』
シン「お、お前ら……そこまで言わなくても……ああ!どうせオレには!似合わないさ!!」

シン「……でなんでオレはお前らにそろいもそろって頭を撫でられてるんだ?」
こなた「いやいや気にしなさんな♪」
かがみ「(ああいう行動されるとねー)」
みゆき「(ほっとけませんね)」
つかさ「(困っちゃったね♪)」
シン「(絶望した!心の中で頭を撫でられていることを喜んでるオレに絶望した!)」



616 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/12(土) 20:25:53 ID:gi8FfzA1
シンは基本弟属性だからね。

617 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/12(土) 23:00:20 ID:qAzPUb3C
しかし、シンは兄属性もある

618 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/12(土) 23:27:02 ID:mEOGWru5
姉と妹による挟み撃ちの定理ですね。わかります。

619 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/12(土) 23:31:41 ID:K92X7HP7
ひなた「あらあら、それなら分があるみたいね」
かがみ「ふん、何をいってるのかわからないわ」
ひかげ「ちょっと、私は認めたわけじゃないんだからね」
つかさ「そんなのカンケイネェ」

こなた「ううう、なぜ私達はでれないのか」
ゆたか「私はクリアしてるのに」
みゆき「多分泉さんが妹だからじゃないでしょうか」
こなた「あんまりだ!!」
ゆかり「みゆき、こうなったら私達も参戦よ」
こなた「ちょっとまてぇ!!」

620 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/13(日) 00:07:43 ID:2nD/gfJ2
シンは中々なつかない犬
こなたはやけに馴れ馴れしい猫
かがみはよく鳴くミニブタ
つかさは河童
みゆきはのんびり屋のイルカ

621 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/13(日) 00:49:28 ID:n0A4Z7hV
河童だけ動物じゃない件

622 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/13(日) 00:52:28 ID:LATMrMLc
>>619
ゆたか「私達従姉妹だからアリだよね?」
こなた「おお〜ゆーちゃんナイス!我々はまだ戦える」
ゆかり「そうだ。みなみちゃんも入れて三姉妹にしましょ♪」
みゆき「お母……お姉さん!!」
みなみ「……よろしくお願いします………」

ひより「姉妹丼と聞いてd……いや、わたしも妹属性が………」
パティ「ひより、それはムリあるネ………」


623 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/13(日) 00:59:30 ID:2nD/gfJ2
>621
何故か真っ先に河童が思い浮かんで、それ以外が思い付かなくなっちゃったんだ…
ごめんよ、つかさ

624 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/13(日) 01:06:32 ID:TI+V1yDk
まつりといのりもw

625 :Mr.R:2008/07/13(日) 01:54:45 ID:GdV429yU
前に似たようなのがあった気がするけど…



白石 「モテるとはパルマる事と見つけたりぃぃぃぃぃぃぃぃ!」

白石「と、言う訳でアスカちゃんに(性的な意味で)必殺の…」


アスカ「(顔面に笑顔で蹴りを入れながら)死ね!」


こな「と、いうか普通に犯罪だよね。アレ。」

かが「ブザマね」

つか「ジュアッグ!」




626 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/13(日) 02:55:34 ID:djT5g7QZ
>>625
白石「(よし、このタイミングなら)あ〜っとバランスが〜〜〜」
アスカ「………」

こなた「あ、あれはっ」
パティ「白石が倒れてくる流れで逆に手をとってキメています!!」

白石「痛ぁぁぁぁいっ!!」
アスカ「お客様、当店でのセクハラ行為は禁止されています」

こなた「(あの動きはCQC…、シンこういう時はGJだよ)」

627 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/13(日) 03:07:52 ID:NKBvizN7
いのり「ふ……ふふふ……姉妹! コスプレ! それなら私達が一番有利じゃない!?」
まつり「うぉ、行き遅れかけが無駄に燃えてるよ」
いのり「行き遅れいうな! まだ2○(ピー)だからっ」

かがみ「でもうちのはコスプレってわけじゃないし、いろいろまずいんじゃないの?」
いのり「大丈夫だって、今時巫女さんなんてそこらの子がバイトでやってるご時世よ?」
まつり「うちじゃ雇わないけどねー」

つかさ「で、でもやっぱりお母さんたちとか反対しそうな気が……」
みき 「あら、構わないんじゃないかしら」
つかさ「ってお母さん!? どんだけ〜」









かがみ「っつかなんでアンタまで巫女装束着てんだ子持ち人妻!」

628 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/13(日) 04:48:54 ID:1w1iMXFr
                  _,. ----- 、
              ,.. -:'ノ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`` 、
            /.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
             ,:':.:.:/. :!:.:.:.:.:.:.:.:.:.: :.:.:.:.:.: ヽ:. :.:ヽ
           /: :.:.:.ヽ、ヽ:.:.:.:.:.:.. :. :.: :.:. ヽ:. :.:',
            /: : : :.:.:.:./ !:.:.ヽ:..  . :. :.:.:. :', :.:.:.!
         i:.:. : .:.:.:.:/ ',:.',:.', \:..:.:..:.. :.:.:.:.:.:',:.:.:.|
         |:.:.:. ..:.:.:/--、 ', ', ',  __'、:.:.:...:.:.:.:.:.:!:.:.:!
           !:|:.:.:.:./,r=、、 ヽヽ`' ,r=、、'、::.:.:|i:.:.}:./
            ヾ、!:.i:i、ト::く:}゙    _ト:く:},, |:.:.:.!∨ソ
           |``! ` ̄   ;    ̄´ /,ィ:.:|イ/
           !:.:.:.ゝ   丶      /' /レ':.:!| 浮気する男はサイテー
           /|:.:.:.:.\  ー_-     /!/ !:.:|:!
            / ! :.!:|ヾ:.iヽ   ,._ '´='イ.:i/.:.:!ヽ
            ヽ:|ヽ !|:::::|lT´'´::::::/::|レ'ノバ
             ヽ___!_::|i !/!_::::::::::::!∠.._
       _,.. -― ''''"´:;:;:;:;:;:;:;`!! !´i/_::::ノ'::;:;:;:;:`丶、
     r'´:;:;:;:;:;:, -―i:;:;:;:;:;:;:;:;/ー{''"´:;:;:;:;:;:;:;_:;:;:;:;:;:`` ー- 、
     |:;:;:;:,/:::::::::::::|:;:;:;:;:/::::::::::ヽ:;:;:;:;:;:;:;:/::::::::`丶、:;:;:;:;:;:;:;:.`ヽ
     |:;:;/:::::::::::i::::::::!;:イ::::::::::::::::::::::ヽ:;:;:;:;/:::::::::::::::::::::ヽ:;:;:;:;:;:;:;:;:|
    |:;:|::::::::::{::|/;:;:;/:::::::::::::::::::::::::::::ヽ/:::::::::::::::::::::イ::::|:;:;:;:;:;:;:;:|
    |;:;i:::::::::::!イ:;:;:;:/::::::::::::::::::::::::::::::/ ̄ ̄ ̄/::::::::|i::::::i:;:;:;:;:;r‐!
    !;:|:::::::::/::|:;:;:;:i::::::::::::::::::::::::::::::/___/::::::::::|:|::::::l:;:;:;/ 1:!
     !:;|:::::::::i::::|:;:;:;:!:::::::::::::::::::::::::::::i___/::::::::::::!::!::::::ヽ;:{ ´|:|

629 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/13(日) 08:21:04 ID:QwzFuijl
人妻ガールズで一番最年長ってみきさんかな・・・
社会人の娘がいるとは思えないぜ

630 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/13(日) 08:46:47 ID:LATMrMLc
最年少はかなたさんかな?十数年ほど止まってるし………。

しかしよく考えると『人妻カールズ』って意味的に無茶苦茶なはずなのに、あの人達にはピッタリすぎるユニット名だな〜。


631 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/13(日) 10:57:41 ID:SkXbcjl2
みなみの母親の名前ってなんだっけ

632 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/13(日) 12:03:46 ID:nByV212N
柊家みんなで巫女服来て泉家行ったりとか、そうじろうが歓喜しそうだなw
だが肝心のシンは白石やらみさおやらと遊んで家にいなかったって感じが(ry

633 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/13(日) 15:41:01 ID:LATMrMLc
>>631
名前はまだない。
名前がついたら人妻ガールズ次メンバーをゆい姉さんと争うと思われ

>>632
スレ名が「そうじろうと柊家族が知り合いました」になるんですね!……需要?さあ〜


634 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/13(日) 19:53:00 ID:EUgw2ZIa
こなた「夏休みは1回は肝試しをしたいね〜」
かがみ「そうね、暑さを取っ払うにはちょうどいいわね」
みゆき「でも、どこで肝試しをするのですか?」
つかさ「うちの神社を使えばいいよ〜」

シン「(肝試しをするのか…レイやかなたさんを呼ぶかな…)」

635 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/13(日) 20:36:25 ID:dVcYjWX/
な、何なんだこのスレはw
世界は広い、同じ妄想をする人間がいたとは………

636 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/13(日) 20:51:48 ID:J3StjFCA
>>635
はじめましてだ兄弟
ゆっくりしていってね(AA略

637 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/13(日) 20:53:59 ID:O5FqEJJR
>>635
やぁ新たな兄弟

          ,.-;'´      _人人人人人人人人人人人人人人人人人人人_   ,,==二==、、
        /;:'´       >        ゆっくりしていってね!!!   <  /       ヾヽ
     /l ./::-'",.-''" ̄ ̄ ̄  ̄^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^ ̄            ヾヽ
    /::l/::::::::::: .: .::::::. ::::::::::::::::... :.:: ;:ヽ、                        _. .─:─-、_     l l
   {:::':::::::::::::::::;::.:::::::::::::::::::::::::;:::::::::::. :::ヾ゙ヽ、             ,-‐: :  ̄: : `:‐´: : : : : : : : : : : :ヽ    | /
.   ゝ.:: . :::::::: ::::: :::::::::::::. :..::::.. :::::::::::.. ::::.::ヽ           /:_:_: : ‐: : : : : : : : /: : : : : : : : : :`:ヽ.」/
  / .: .: . ::: .: :: .:::.::::::::::::::::::::::::::::. ::::::::::::::::::::::::ヽ       -´‐´´  /: : : : : : : /: : /: /: : : : : :, : : : : : : : :ヽ
. / ::: .:: .:: .::: : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ;:'、            /: : /: : : : :/: :/l : :l : : : : :/l: : : : : : : : : : :ヽ
. ,':.:::::::::::::::.:::::::.::::::::::::';:::::i;::::::::::::::::;::::::::::l:::::::::::::::::;::',`ヽ         /: : :/: : : : /: /-´┤、/: : : :// l: :l: : : : : : 、: : : :ヽ
 ::::::::::::::::::::::::::::::::::l::::;i:::::l ヽ::::::i:::;ヘ;:::::::}::::::::::::::::::i::',          / // : : : : /: :/:/  l: /l : : : / ┤A: : : : : : :l: : : : :l
 :::::::::::::::::::::::::::{:::;イ::::l|::::|  ';:::::l::|f=';:;イ::/::::::::::}:::ハ:!       '´  l : : : : /: /l/、__|/ l : : :/  l l l`:、: : : : :V: : : :l
 :::::::::::::::::::::::::::|:/‐!:/゙|:::|  l::::ハ|`'‐リ '7:::::::::::;i:::l '            l: : : : :l: :/l |T::::::::ト l: : l   l:l ヽ: : : : : : ヽ: : :l
 ィ:::::::::::i:::::::::;i:;ilてl/ァl::;'   l/ ゞ‐''"/:::::/:::/l::;'            l: : : /:/: :l l lo::::::l  V:/  テ'ミ=、」、: : : l: : l: : l
. !:::::::::;l::::::::::'K!'、__フ,ィ:|   ヽ    /ィ;イ::::::l.j/              l: : :/ l/.: :l  辷り  V   b:::::::::://〉: : :ト: : l: /
 .l:::;i:::::'l:::::::::::ヽ ̄´ リ     l    "/:::::;リ               l: /  l l: :l     、 `  辷:::り/ /ヘ: ::ハ: l/
. ∨!:i::::l:::::::::::ヽヽ        _-_ノ  ,.';ィル'               V    l:/: 、    ,、,、__     . l:ハ: :ノ: ヽl
   j/';::li::::;:::i;::::ゞ`、    ̄ ‐ ''  ,イルー==;−,                  l/: : :`>、_ `─ '     ,/:/: : l/: : :l`
    ヾl/ リヘゞヌj l` ‐  _   , ' l‐ , =;f‐イ"|               l: : : : //: :`>,‐-─,<:´: :/: : : ハ: : : l
      r'<=f=ゝ、___,. ニ彡='7/´ l|  | |               /: : : : :/- '´,-'    l, ヽ: /: : : :ハ: : : :l


638 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/13(日) 20:58:54 ID:LATMrMLc
コラ!まずは新しい兄弟に飲み物を出さないか!
つバルサミコ酢

小ネタやSSや絵やゲーム等色んなのがあるのでマッタリしていってくれ



639 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/13(日) 21:01:55 ID:nByV212N
このスレで飲み物って言ったらこれだろ

どうぞ
つコーラサワー


>>636 >>637
シンクロ乙w

640 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/13(日) 21:08:23 ID:EUgw2ZIa
>>635
       _人人人人人人人人人人人人人人人_
      ''>   ゆっくりしていってね!!!   <
        ̄^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^ ̄
           /^\  
         /|  /ヽ `、       ,. -―-、, -z:ァ―rー―- 、
        / 丿/ ヽ∧ ム.     /::) (:)///  イ (7 (」 lヽ
      /' ̄  `、. _|_/  ヽ    ト― <_/:::∠__ |ヽ、____,ィ
    ,ノ´`\ @,、 ヾ0ノ  @ `、   ヘ  l::○::::::::::::::::l      |
   「´、    ヽ ≦≧ニニ≦≧| \.  }=八_,.. ̄ ̄ ̄ゝ      /
∠´,ノーヾ、ソゝ∨匸コ ,−,[ ̄].| ,、 `フ `7\ / ̄ ̄|/l`ー--‐イ
    ゞ彡ヾ, 、_ ,|/´ ̄i i`ヾ-リ'ヽノ`、\  ̄lT ―-..__∧ \___/
    ゝ/,、ソノ/`ヾ、lヾ/ ̄ヽ´/ヾ/l、⌒ ̄   ||‐‐ -|   `ーイ

641 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/13(日) 21:10:44 ID:dVcYjWX/
このスレの暖かさは異常だなw
よろしくだ、変態という名の紳士達

642 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/13(日) 21:12:29 ID:7GjyDdSW
妄想してる暇は無いぞ>>635!さぁ出撃だ!!

643 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/13(日) 21:14:19 ID:1yHfMaeY
>>641
そりゃ脳内常春のやつらばっかりだからなw

644 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/13(日) 21:27:28 ID:O5FqEJJR
>>642
いや、妄想する時間は必要だ
だが、妄想はするだけならただの妄想だが、晒せばネタになるいいものだ

645 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/13(日) 23:02:45 ID:G1tYGZys
遅れ馳せながら

みさお「ヴァ〜」(扇風機に)
シン「え?『あ』でやらないか、普通」
みさお「『あ』って言ってたよ。聞き違いだってヴァ」
シン「そうか?ならいいけど」
みさお「ヴァ〜」
シン「お前、わざとだな!この」
みさお「うさ目、引っ掛かった、引っ掛かった♪」ドタバタ
シン「まて、てめぇ!」ドタバタ

あやの「楽しそうね」
かがみ「暑苦しい!そこ!」(うらやましくなんかないんだから…)


646 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/13(日) 23:33:17 ID:nByV212N
みさおは自然にベタベタいちゃいちゃしてるなw

647 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/14(月) 00:18:46 ID:7h966JFO
シン「あ、インパルスが会員様3割引になってる」
こな「あの店の会員なんだよね、私」
シン「頼む!代金渡すから買ってきてくれ!」
こな「お安い御用だネ」


こな「半額だったからつい、ハルヒのフィギュア買ってきちゃった☆」
シン「あんたって人はアアアアア!」

終われ

648 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/14(月) 00:41:47 ID:eUxX6anY
>>645
シンってみさおと絡むと途端に同レベルになるよなwww

>>647
スレ初期のこなたとシンのやり取りみたいでなんか懐かしいぜ!

このスレせい(お陰)で俺のこなたのイメージは変わったな〜


649 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/14(月) 00:59:22 ID:XIMgB2CK
>>642
ちょw閣下www

650 :Mr.R:2008/07/14(月) 01:41:39 ID:CutB42t2
シン「…完成だ!」

こな「シンってば、ここしばらく何を作ってたの?」
シン「ふふふ…見よ!これこそBB戦士のデスティニーを改造して作った出朱手新(デスティニー)大将軍だ!」

こな「(久々にデスティニー病、発症したなぁ…)」
シン「番長風雲禄で武者が終わった時はビックリしたよ」

こな「まあ、戦国伝どころか番長でもデスティニーは完全にハブられてたしねぇ」

シン「そう。だが、これはきっと神が与えたもうた試練!そして俺はその試練を乗り切ったのだ!!

ちなみにSDスピリットは『600』』


こな「低っ!」




この意味が分かった奴は多分、20代。



651 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/14(月) 01:52:56 ID:bXzLO6+H
ガンキラーに勝てないとは・・・

652 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/14(月) 04:54:26 ID:G/Z2vwLm
以前みゆきさんとの家族イラストがあったが、他のキャラのも見てみたいなあ……

653 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/14(月) 07:08:59 ID:C7NQ9Bx9
      上、      /⌒ヽ, ,/⌒丶、       ,エ
       `,ヾ   /    ,;;iiiiiiiiiii;、   \   _ノソ´
        iキ /    ,;;´  ;lllllllllllllii、    \ iF
        iキ'     ,;´  ,;;llllllllllllllllllllii、    ナf
         !キ、: .::/:::/:::::ィ:::::|::::::l:::::';:::::';: __fサヘ.
       /  `ヾ=:イィTラトj:::;' .l:::/ イフTソ:/  'i、
       i'   ,._;:ヽ` ゙̄7:/  l:;' ` ̄フ_    |
       |  ;if≡ト- ヽ |/   iリ  ー;ニ'リ≡キi   |
        |  if!  |l l ヘ     ...-- .., /''´ `キi   |
      |  ,if ,f=|l l lヾヽ、  ー  ´ ,ィ ´ミiリ=t、キi  |
        |  ;iナ,サ |l l l リリ川川川川|爪ミミiiリ キi キi  |
        |   iナ ;サ |l l リリリリ川川川川l爪ミミilリ キi キi  |
       |  iサ ;サ, |リ リリ川川川川川l爪ミミiリ ,キi キi  |
       |  iサ ;サ, | リ彡彡川川川川|爪ミミiリ ,キi :キ、  |
        ,i厂 iサ, |彡彡彡彡ノ|川川|爪ミミリ ,キi `ヘ、
      ,√  ;サ, |彡彡彡彡ノ川川|ゞミミミリ ,キi   `ヾ
     ´    ;サ,  |彡彡彡彡川川リゞミミリ  ,キi
         ;サ,  |彡彡彡彡リリリミミミシ   ,キi
         ,;#,    |彡彡ノリリリリミミミシ    ,キi
        ;メ'´    !彡ノリリリリリゞミミシ     `ヘ、
       ;メ      ヾリリリリノ巛ゞシ       `ヘ、
      ;メ        ``十≡=十´         `ヘ、
                 ノ    ゞ

654 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/14(月) 13:29:35 ID:gmFBKqOB
原作でこなた達が卒業したと聞いて飛んできたが、特にこのスレは変わりないんだな。
正直、ホッとした。


655 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/14(月) 13:35:04 ID:bFfYNdG2
このスレでは奇面組現象が発生するから原作のことはなんら問題ない

656 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/14(月) 14:00:21 ID:UTNKWZ1K
卒業したってことは最終回だったの?

657 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/14(月) 14:13:01 ID:eUxX6anY
>>654
原作みたいに時を進めるとシンをどうするかも難しいからね〜。何より学園の方がネタ出やすい


>>656
いや、何事もなく続くみたい。所謂、もうちっとだけつづくんじゃ


658 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/14(月) 14:41:43 ID:0jJ6QmAm
卒業しても、ゆーちゃんあたりを主役にして続くかもな。
新入生にあきら様がいたり。

659 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/14(月) 14:45:22 ID:0bS6GZoj
種死が終了して3年経った今でも全く成長しないお前らとこなた達を一緒にするな

660 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/14(月) 14:58:31 ID:eUxX6anY
シン「あの〜先生?」
ななこ「何や?」
シン「何でオレだけ居残りなんですか?」
ななこ「そんなん簡単や!自分しか世界史のテストで赤点とりそうなんがおらんからな」
シン「ほんとかよ………」

キーンコーンカーンコーン

ななこ「まあ、こんだけやったら赤点はないやろ。ほな解散」
シン「やっと帰れる………」


シン「やっぱり誰も残ってないよな〜
………オレ一人か………今なら……元の世界に戻っても当分気付かれないだろうな………」


ちょっとしたシンの心の闇それをなぎ払うのは?

次のレスの時間の下一ケタで決まる!

1…やっぱりゆる〜くこなた
2…今こそツンデレかがみ
3…天然で癒せつかさ
4…シリアスならこの人みゆき
5…最大兵器妹属性ゆたか
6…クールに不器用にみなみ
7…腐女子の奇跡ひより
8…ハイテンションで吹き飛ばせ!パティ
9…大人の魅力でななこ先生
0…次レスに持ち越し



661 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/14(月) 15:03:59 ID:6bsCMg6e
これで。

662 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/14(月) 15:15:42 ID:b8J2pAW1
>651
しかし一部の武器はガンキラーと被り気味
掌から何か出したり、肩にカッターが付いてたり…


こなた 「ところで騎士デスティニーやコマンドデスティニーやデスティニーランダーは作ったの?」
シン 「……その事で頼みがある」
こなた 「お金なら貸さないよ」
シン 「チッ……」

663 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/14(月) 15:19:02 ID:1k2Y9wCy
いろんな時間軸があっても面白いし、卒業した後のネタも面白そうだな

664 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/14(月) 15:23:59 ID:eUxX6anY
>>661の結果黒井先生に決まり〜☆

ちょっと今から出かけるんで、夜には投下出来るかと


665 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/14(月) 15:46:30 ID:MbWhZhCi
>>664
楽しみにしてるぜ


しかし最初は卒業式辺りにシンが帰るのがそれっぽいと思ったが、今となっては何事もなく卒業しても違和感ないなw

666 :Mr.R:2008/07/14(月) 19:02:50 ID:CutB42t2
たまにはホンワカ学園生活を…



昼時にて

シン「なあ。こなた?」

こな(チョココロネを食べながら)「何?」

シン「ふと、思ったんだけど…チョココロネって、パンを少しずつ、ちぎってチョコを付けながら食べればいいんじゃね?」

こな・かが「「あ…」」

みWiki「確かにシュークリームでもそういう食べ方をする方はいらっしゃいますね。」

つか「バルサミコ酢〜」


そこに白石、登場。

白石「はっはっは!お前らまだまだ、甘いな。俺は先にチョコを口で全部吸い出してから残ったパンを食べるぜ!」


全員「「「「キモい!」」」」




ごめんよ。白石…



667 :664:2008/07/14(月) 20:26:17 ID:eUxX6anY
>>660

ななこ「アスカ、まだおったんか?」
シン「せ、先生!?」
ななこ「何やそのツラは?」
シン「笑ってるんですよ、オレを」
ななこ「はい?」
シン「今までオレは一人で生きて来ました……でも今は、怖いんです。一人になるのが………一人になったら、みんなにオレの事忘れられるんじゃないかって………いつからオレはそんなに弱くなったんだろ………」
ななこ「…………」
シン「………すいません。ガキ見たいな事言って………」

ななこ「……確かにガキやな」
シン「なっ!?」
ななこ「でもそれでええんとちゃうか?
昔は知らんけど、今の自分の周りは同じガキばっかやねんから、寂しかったら寂しいって言わな分かりよらんで?」
シン「…………」
ななこ「自分だけが背伸びせんでええねん………そんな事言って引く奴等やないやろ?」シン「………(コクン)」

ななこ「よっしゃ!!ほな帰ろか!!」
シン「……先生。晩飯オレが作りますよ」
ななこ「はぁ、何言っとんねん!?教師の家に来る気か!?」
シン「お礼させてくださいよ。それに世界史で聞きたい事もあるし」
ななこ「……まあ、ええやろ。なんなら………」
シン「?」
ななこ「大人の夜も教えたろか?」
シン「な、な、な、何言ってんだ!?アンタ教師だろ!?」
ななこ「カッカッカッカッ!ほな行こか」
シン「……ったく」


甘甘で行こうと思ったが配分を間違えたらしい。だが俺は気に(ry


668 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/14(月) 21:17:07 ID:YjsaoyB1
シン「○○大学法学部合格おめでとう、かがみ」
かがみ「あ、ありがとう・・・でもあんただって同じ大学の工学部に受かってるじゃない」
シン「ああ」
かがみ「卒業してからも同じ大学だなんて、気が滅入るわね(これからもシンと一緒のとこにいけるなんて・・・///)」
シン「そう言ってくれるなよ、こっちは結構楽しみだし、お前のこと当てにしてるんだぜ?」
かがみ「え・・・///」
シン「お前法学部なんだろ?だから、大学でパルマしたときに弁護してもらおうと思って」


かがみ「アンタって人はーーっ!」バキッ
シン「ひでぶ!?」
かがみ「大体弁護士じゃないから弁護するのは無理よ?」
シン「そんな・・・ほかのみんなは別の大学だから、頼れるのはお前、かがみしかいないんだよ。パルマはどうしても治らないっぽいし」
かがみ「全く・・・呆れて物も言えないわね」
シン「申し訳ない」
かがみ「・・・分かったわ、弁護するのは無理だけどア、アンタがパルマしないよう私が四六時中傍についてみ、見張っててあげるわ!」
シン「はぁ!?」
かがみ「そうと決まったら、は、早く部屋を借りに行くわよ!」
シン「いや待て!なんでそうなる?」
かがみ「アンタがパルマするのは自然の摂理なんだから仕方ないんでしょ、だから私がついててあげようっていってんの」
シン「いやだからなんで部屋を借りるのかと」
かがみ「ルルルルームシェアよ!ルームシェア!どうせ同じとこ行くんだからその方が経済的でしょう!
    べ、別にあんたと一緒に暮らしたいってわけじゃないんだからね!」
みwiki「ルームシェアというのは一つの住居に他人同士が住むという(ry」
シン「最後なんか言ったか?」
かがみ「な、なんでもないわよ!分かったならさっさと行くわよ」
シン「あ、ああ分かった(若干気圧された)・・・かがみ」
かがみ「(シ、シンと一緒に暮らせるなんて・・・///)なぁ!?な、何よ急に改まって!?」
シン「これまで色々とありがとう、そして、これからもよろしくな」
かがみ「///うん、こちらこそ・・・ね」



かがみ分が少ないようなので書いてみた
酔っ払った頭では他の人を出すことはできなかった。だが俺は気(ry


669 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/14(月) 22:28:45 ID:XhQTL/yM
なんという投作ラッシュ!!
みんなGJ!!

670 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/14(月) 23:43:26 ID:UTNKWZ1K
大学編は人数分の私服デザイン大変そうだな。
女の子だから2、3パターンってわけにはいかないだろうし。

671 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/15(火) 00:01:09 ID:3VALP19o
>>668
ちょwwwみwikiさん何してんのwww

672 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/15(火) 00:56:27 ID:6Ig8ruam
こなた「とうとう私達も卒業だねぇ。シンも学校でもゆーちゃんと会えなくなるから
    さびしいんじゃない?」
シン「何行ってんだこなた、俺は3年に進級だぞ?」
こなた「え?」
ゆたか「朝は別々になっちゃうねぇ、お姉ちゃん」
小鉈「そぅ………」

673 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/15(火) 02:10:47 ID:tTii+H1E
      上、      /⌒ヽ, ,/⌒丶、       ,エ
       `,ヾ   /    ,;;iiiiiiiiiii;、   \   _ノソ´
        iキ /    ,;;´  ;lllllllllllllii、    \ iF
        iキ'     ,;´  ,;;llllllllllllllllllllii、    ナf
         !キ、: .::/:::/:::::ィ:::::|::::::l:::::';:::::';: __fサヘ.
       /  `ヾ=:イィTラトj:::;' .l:::/ イフTソ:/  'i、
       i'   ,._;:ヽ` ゙̄7:/  l:;' ` ̄フ_    |
       |  ;if≡ト- ヽ |/   iリ  ー;ニ'リ≡キi   |
        |  if!  |l l ヘ     ...-- .., /''´ `キi   |
      |  ,if ,f=|l l lヾヽ、  ー  ´ ,ィ ´ミiリ=t、キi  |
        |  ;iナ,サ |l l l リリ川川川川|爪ミミiiリ キi キi  |
        |   iナ ;サ |l l リリリリ川川川川l爪ミミilリ キi キi  |
       |  iサ ;サ, |リ リリ川川川川川l爪ミミiリ ,キi キi  |
       |  iサ ;サ, | リ彡彡川川川川|爪ミミiリ ,キi :キ、  |
        ,i厂 iサ, |彡彡彡彡ノ|川川|爪ミミリ ,キi `ヘ、
      ,√  ;サ, |彡彡彡彡ノ川川|ゞミミミリ ,キi   `ヾ
     ´    ;サ,  |彡彡彡彡川川リゞミミリ  ,キi
         ;サ,  |彡彡彡彡リリリミミミシ   ,キi
         ,;#,    |彡彡ノリリリリミミミシ    ,キi
        ;メ'´    !彡ノリリリリリゞミミシ     `ヘ、
       ;メ      ヾリリリリノ巛ゞシ       `ヘ、
      ;メ        ``十≡=十´         `ヘ、
                 ノ    ゞ

674 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/15(火) 03:26:52 ID:Sjdo0s+e
>>659
こういうハーレム妄想してる奴は童貞だから・・・しょうがないよ

675 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/15(火) 03:47:24 ID:GcSRSb2b
(声優ネタですまない)

シン「……」
かがみ「おはよー…ってシン、あんた今日はなんか元気無いわね?
    もしかしてこなたと喧嘩でもした?なーんて…」
シン「かがみ」
かがみ「う、な、何よ?」
シン「お前今、何か困ってることとか無いか?心配事はあるか?誰かにいじめられたりしてないか?」
かがみ「ちょっ…ど、どーしたのよあんたは!?なんだって突然そんなコト聞いて来るのよ!?」
シン「いや、何だか急にお前のことが心配になっちまってな…。
   もしお前に万が一のことがあったりしたらどうしようと思ってさ。
   かがみ、何かあったらすぐ俺に連絡してくれな。俺が絶対、お前のことを守ってやるからさ」
かがみ「…!?え、あ…も、もうっ!一体何なのよ!
    今日に限って急に優しくなっちゃったりして!
    で、でもその気持ちは嬉しいかな…あ、ありがとね、シン…」


ななこ「…一体アスカの奴に何があったんや。っつーか泉、アスカに何を薦めたんや?」
こなた「うお、先生にかかればバレバレですなぁ。今日のお題はホレ、これですよ」

( =ω=.)つ テイルズオブレジェンディア

こなた「いやぁ、コレをシンの奴にプレイさせたら
    かがみにも優しくなるかなーと思ったらホント、ドンピシャでしたよ。
    あいつったらもう感情移入しまくりの何のって」
ななこ「そーいや、柊に声の似とるツンデレツインテール娘がエライ目に遭っとったのぉ…。
    でもええんかいな、泉?アスカの奴が柊にベタベタしとって」
こなた「はっは。最近のあいつ、私にもあんな風にして来てますからノープロブレム。
    シンに優しくされたいなら、先生も今がチャンスですよ?」
ななこ「…ウチ、あのゲーム嫌いや…なんか、アスカの奴がウチの乙女心を袖にしとるよーでなぁ…」
こなた「あ゛〜…先生もシンと同じよーに感情移入しまくってるんですね…あの女剣士キャラに…」
ななこ「…アスカのバカたれがぁ、ウチの気持ちにも気付けっちゅーんやぁ」

676 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/15(火) 09:25:25 ID:kB7dhgYU
レジェと声優かぶりまくりだからなw
黒井先生で思ったが先生ズって卒業したら一番接点なくなるな・・・

677 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/15(火) 11:59:38 ID:P7jgh6r0
家庭教師という手があるじゃないか!

・・・・かなり厳しいけど

678 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/15(火) 12:00:40 ID:XdiaJnEy
>>676結婚しちゃえば問題ないだろ?

679 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/15(火) 12:23:06 ID:ZMiRlU0v
>>675
シンにレジェンディアはステラ的な意味で最もやらせちゃいけないゲームだろw

>>676
シン「急に呼び出して何かと思ったら……」
ななこ「うち、今年から陸上部の顧問やねん。だから後輩指導よろしゅうな!」
シン「陸上部だったみさおに頼んでください」
  
シン「先生は何の用ですか?」
ひかる「今年から模型部が新設されてだな、一つ後輩指導を頼もうと思ってな」
シン「プラモなら先生一人で十分でしょ」
 
シン「ふゆき先生は何部ですか?裁縫とかだったら手伝えませんよ?」
ふゆき「違うのよ、アスカ君。今度応急救護の授業があってその時人工呼吸をやるんだけど、人形がなくなっちゃってその代わりを……」
シン「喜んで代わりをやらさせてもらいます!」

こんな感じでなんとか絡ませられるはずだ

680 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/15(火) 12:26:10 ID:augsi0Ku
今678がいいこと言った

681 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/15(火) 12:51:51 ID:cawVE1V1
ボルテッカァァァ!!

682 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/15(火) 14:21:44 ID:PC9RTAvD
                  _,. ----- 、
              ,.. -:'ノ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`` 、
            /.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
             ,:':.:.:/. :!:.:.:.:.:.:.:.:.:.: :.:.:.:.:.: ヽ:. :.:ヽ
           /: :.:.:.ヽ、ヽ:.:.:.:.:.:.. :. :.: :.:. ヽ:. :.:',
            /: : : :.:.:.:./ !:.:.ヽ:..  . :. :.:.:. :', :.:.:.!
         i:.:. : .:.:.:.:/ ',:.',:.', \:..:.:..:.. :.:.:.:.:.:',:.:.:.|
         |:.:.:. ..:.:.:/--、 ', ', ',  __'、:.:.:...:.:.:.:.:.:!:.:.:!
           !:|:.:.:.:./,r=、、 ヽヽ`' ,r=、、'、::.:.:|i:.:.}:./
            ヾ、!:.i:i、ト::く:}゙    _ト:く:},, |:.:.:.!∨ソ
           |``! ` ̄   ;    ̄´ /,ィ:.:|イ/
           !:.:.:.ゝ   丶      /' /レ':.:!|  妄想しても現実派変わらない
           /|:.:.:.:.\  ー_-     /!/ !:.:|:!
            / ! :.!:|ヾ:.iヽ   ,._ '´='イ.:i/.:.:!ヽ
            ヽ:|ヽ !|:::::|lT´'´::::::/::|レ'ノバ
             ヽ___!_::|i !/!_::::::::::::!∠.._
       _,.. -― ''''"´:;:;:;:;:;:;:;`!! !´i/_::::ノ'::;:;:;:;:`丶、
     r'´:;:;:;:;:;:, -―i:;:;:;:;:;:;:;:;/ー{''"´:;:;:;:;:;:;:;_:;:;:;:;:;:`` ー- 、
     |:;:;:;:,/:::::::::::::|:;:;:;:;:/::::::::::ヽ:;:;:;:;:;:;:;:/::::::::`丶、:;:;:;:;:;:;:;:.`ヽ
     |:;:;/:::::::::::i::::::::!;:イ::::::::::::::::::::::ヽ:;:;:;:;/:::::::::::::::::::::ヽ:;:;:;:;:;:;:;:;:|
    |:;:|::::::::::{::|/;:;:;/:::::::::::::::::::::::::::::ヽ/:::::::::::::::::::::イ::::|:;:;:;:;:;:;:;:|
    |;:;i:::::::::::!イ:;:;:;:/::::::::::::::::::::::::::::::/ ̄ ̄ ̄/::::::::|i::::::i:;:;:;:;:;r‐!
    !;:|:::::::::/::|:;:;:;:i::::::::::::::::::::::::::::::/___/::::::::::|:|::::::l:;:;:;/ 1:!
     !:;|:::::::::i::::|:;:;:;:!:::::::::::::::::::::::::::::i___/::::::::::::!::!::::::ヽ;:{ ´|:|

683 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/15(火) 14:56:06 ID:QdEDCEL5
>>675
何一つ報われないで不幸なまま死ぬあの子ですね
シンが過保護になるのも無理はないわぁ

だが黒井先生をレジェに合わせたらシン刺されるぞwwwww

>>679
なんというむっつりスケベ
ふゆき先生専用人体模型ですね

しかしシンは不器用だから誰かに物を教えるのは苦手そうだなw

684 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/15(火) 18:00:39 ID:g0JVJu8s
最近、職人様方の作品(GJ!)がほのぼのばかりで黒化(ヤンデレ?)ネタがないから
小ネタを投下してみた…正直すまんかった。何がやりたいんだ、自分は…
それと稚拙且つほとんどシナリオ形式なのは勘弁して欲しいんだぜ…それでは


「……ごめんね、シン。もう…耐えられないよ…」


(=ω=)「シーン!!」
( ゚д゚)「わっ、何だよ、こなた。いきなり腰に飛びついてきたりして。鍛えている俺だから
よかったけど、他の奴にやったら一緒に倒れかねないぞ」
(=ω=)「オッフッフー♪いや〜何でも…」

こなた「あるかな」

ズブッ

シン「……………え?」
こなた「ごめんね、ごめんね……」
シン「こ…なた……」

ドサッ

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

ごめんね、シン。でもシンも悪いんだよ。私の思いに、一年間も気づかないんだから。
………大丈夫、死なせはしないよ。でも…シンを病院で看病するのは私の役目だからね?
これだけは、誰にも渡さないよ。永遠に、私の権利なんだから。

ね、シン。夏休み中には治るだろうから…治るまで、できるだけ一緒にいてあげるから。

だから……サビシクナンカ、ナイデショ?

〜END〜

685 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/15(火) 18:12:04 ID:7iYzKyqS
多少だったらいいけど……さすがにこれは避難所投下にしてほしかった……



686 :{0}/¨`ヽ{0}:2008/07/15(火) 18:26:10 ID:3VALP19o
画像整理してたら冬真っ只中なネタがでてきた・・・・・・
描きかけのネタも見つけたけど初詣ネタだったぜ
ttp://www3.uploader.jp/user/konashinn/images/konashinn_uljp00020.jpg

687 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/15(火) 18:40:02 ID:ga6BzAcn
なんなんだこのスレ…
こなたと知り合ったスレなのは分かるがただのハーレムスレじゃねえか…


688 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/15(火) 18:44:37 ID:VNRfv93S
>>686
和尚規制解除おめ&四コマGJ
コーディーはやっぱり太りにくいのね

689 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/15(火) 18:46:03 ID:lnbqDA5y
>>687
流れを変える革新的なネタきぼん。


690 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/15(火) 18:47:25 ID:5F5j6cIL
こなたがシンをボコボコにするネタきぼん

691 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/15(火) 18:48:55 ID:sOvvBf/L
>>686
3コマ目に悶えた
GJ!

692 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/15(火) 18:54:24 ID:G8NgjmQY
>>686
実はつっこみどころはかがみの寿司の皿だったり

693 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/15(火) 18:55:26 ID:7iYzKyqS
>>686
和尚GJ!!
4コマは久しぶりだぜ!!
俺も3コマ目で来たぜ!

694 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/15(火) 19:33:13 ID:5/BuZb6Q
では空気を読まず卒業ネタをVA、668の続きです


かがみ「しかしこの部屋も狭くなったわね〜」
シン「まあ当然だな、2人が4年も暮らせば物も増えるし、それに・・・」
きょう「だぁ〜」
シン「住人も増えたしな」
かがみ「668で一緒の部屋を借りようって言った時は、こんなことになるなんて想像もできなかったわよ」
シン「すまない、俺と一緒に暮らしたばっかりに・・・」
かがみ「何謝ってるのよ?」
シン「だってこうなったせいでお前は結局大学院に行けなかったわけだし」
みwiki「大丈夫ですよかがみさん、法科大学院の受験資格は(ry」
シン「ん、何か聞こえたような?」
かがみ「幻聴でしょ、ところでこうなったせいって・・・アンタ!現状に不満があるわけ!?」
シン「あるわけない!むしろ幸せすぎるくらいだ!」
かがみ「私もよ!だから謝らないで頂戴!
    大学院に行けなかったのはそりゃ少しは悔しいけど、それ以上に今幸せなんだから!」
シン「・・・」
かがみ「・・・な、何とか言いなさいよ///
    (う、結構恥ずかしい事を言っちゃったわね・・・それもこれもシンがいらんことを言い出すからよ!)」
シン「かがみ」
かがみ「何よ!急に真面目くさっちゃって」
シン「俺絶対にお前たちを守って幸せにしてみせるからな!」
かがみ「/////・・・あまり期待しないでおくわね」
シン「なっ、人がせっかく」
かがみ「冗談よ」


ギュ


かがみ「・・・期待していいのね?」
シン「ああ、大船に乗った気でいろよ」


2年後、関係諸氏に結婚式の招待状が届けられることとなる。そこに印刷されている名前は勿論―――





卒業ネタを書いていたはずなのに・・・orz
キャラの性格がだいぶ違うんじゃないかとか、三点リーダを使いすぎだとか
ツッコミどころ満載ですがお目汚しに
俺の文才では複数人を絡ませるのは到底無理だorz

695 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/15(火) 20:57:00 ID:QrWVzC2T
>>694
大丈夫。
俺よりよっぽど巧いぜ。



696 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/15(火) 21:33:16 ID:QdEDCEL5
>>685
ヤンデレネタも全部避難所じゃなくてたまにはこっちでもいいんじゃねー?
別にこっちで禁止しているわけじゃないし、このくらいなら別に問題ないだろう
いろんな風が入らないと飽和するしね

>>686
GJ! かがみよ、それは運動しているかしていないかの差だろうw

>>694
GJ! 甘甘だ……ってみゆきさんwww

697 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/15(火) 21:34:09 ID:QdEDCEL5
ごめ、飽和とか日本語オカシイ
「飽きる」ってことにしといてくれ

698 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/15(火) 22:05:06 ID:CcM8xudx
              _
           ,,. : ‐'' "´;;;;;``'ー- 、..,,_
          /. ;,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,; .ヽ,
       ,,./. ;,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,; .\
      〃. ;,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,; .ヽ
     , 彳. ;,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/バ;ヾメ;:`ミ_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,; .゙、
    //. ;,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;//:7- __ _  ヾ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,; .ヽ
    ´/. ;,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;//_/ ̄      ゙、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,; .',
   〃. ;,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;// /      _,,._ i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,; .゙,
   《, ;,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;∧ヾ、    ,;ii〃"゙`ミ;.i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,; .i|
  、{. ;,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ト〈、`゙,.  , ´ ,._.,.,、,_ `゙|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,; .゙,
  i". ;,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;リヘソ,> Y! i〃 <.(; ),゙ゞノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,; .《
  ((. ;,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;人"´`.:;;l l;.゙ `^''ーヾ`,リ!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,; .リ
  ソ. ;,;;;;;;;;;;;;;;;;i      r'(;. );:..      l |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,; .ヾ,
 ゞ. ;,;;;;;;;;;;;;;;;;;;i┘    ヽヘ、;ハ ,)      /!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,; .ゞ
ヾ". ;,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|ヾ;:            ,:; 人;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,; .((._
.`゙》. ;,;;;;;;;;;;;;;;;;;;| :;;i 、-‐‐:v.‐-:、_  〃;:  !;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,; .〃
.ノリ. ;,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙、:;| `ヾニゞ‐;;;;ニフ  j|;.  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,; .{{
((. ;,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`、   - ̄    ,./;:. /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,; .ソ,
_.)). ;,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ilヽ、._  ;,.    ,.:-‐'"/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,; .ノノ
彡. ;,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i;;》 \ニ ;`  ̄  . ::;〃─ン;;;;;;;;;;;;;;;;;;,; .'"<

       飽和ア唖ア阿ア吾ア蛙ア

699 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/15(火) 22:42:15 ID:MgK+F4J4
>>686
かがみ…自分の食べた寿司の皿の数をみろw

>>694
GJ!!結婚前に子供を作るなw

700 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/15(火) 23:26:12 ID:kB7dhgYU
>>686
GJ! 相変わらず最高だぜ!
つーかあからさまな恋人同士で微笑ましいw

701 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/16(水) 01:23:29 ID:dYXF+2BV
シン「卒業かぁ。みんなどこに行くんだっけか」
こなた「かがみんは法学部に行くんだよ」
シン「法律かぁ。ZAFTの軍記くらいならわかるんだけどな」
こなた「わかっても守らなかった癖に〜」
シン「い、一応いつもは守ってたぞ!」
こなた「ボタン一番上外してたくせに〜」
シン「あ、アレは……暑かったんだよ!」
こなた「戦艦の中なのに〜? シンはオーブ出なのに暑がりなんだねぇ」
シン「あ、ああ! 俺は暑がりなんだよ!」
こなた「そんな暑がりのシンにこれはいらないよね……っと」
シン「うわ、何すんだよ」
こなた「いいじゃん。どうせ使わないボタンなんだから私がもらってあげるよ」
シン「でもそれ第二ボタンだぞ。いくら俺でもさすがに付けてたぞ……」
こなた「気にしない気にしない♪ どうせもう着ない制服だしさ」
シン「……よくわからん奴」


こなた「いやったぁー! シンの第二ボタンゲット!」
かがみ「殺して」
つかさ「でも」
みゆき「奪い取ります」
こなた「な、なにをする。きさまらー!」


一応お約束のネタ
身内の牽制合戦中にまったく知らない後輩あたりに掠め取られそうな気もするけどw

702 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/16(水) 08:42:02 ID:5oaXu9yt
                                     __,. -‐''" ̄ ̄ ̄ ̄`丶、
                                , -、 ,.- ''´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::... :. `ヽ、
                             / __::ヽ:::::::::. :::::::::::: ::::. :. ::::::::::::::::::::. ::. ::ヽ
                             '://:ヽ:}:::: ::. : : :: . :. ::. ::::. ::.. :::::::::::::::..:. ::::::',
                        .    j::i´ :::::l'::: ::. : .. :. :. :. . . . :::..:::..:::::::::::::::::::::::::::',
          /´ヽ           ハ:! .::::::l : : :ト;:. :ヽ:..:. :. ::.::. :::::::::::::::::::::::::::::::::::::!
           /     l       /:;:`.: ..::::!.l.:l::!丶.::ト、:::::::.. :::::::::::::::::::::::::::、::::::::::::::!
           {    |        l;イ. .:::;:::八';:';', '、::'、\:::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::l
         │     |       l !:: ::;l:::{:zミ;:';', /ヽ:i_,.zヽ、:::::::::::::::::::::::::::ハl:::::::ll!
           l     !       '、:;/{::::::fl{トlヾ ``ヘ〃テ_フ;、:::::::::::::::::::::トヽ:::、:ll
          __'、   ゙、      ヾ ゙}.::/.トゞヽ    、_ヒ__ソト:: .: .: .::::::i:l)ノ;、:トl
      /´ ̄/  ',     '、_     / _{.:;::::l  '        〃 . ..::::::::::ハ!'/. リ
  / ̄/ /    ヽ    \ /‐''"´   `ヽ:.       //::/:::::jィ/
  |  / {     / ー  ´   \ _        ヽ;-、  ‐''‐7:;;ィ´ .::://
  .l /  |    fヽ         ヽ `ー、     V_)    "´,/ ..::;イ/ 浮気者!
  | {    l    !  丶、_     ヽ   \     |.___,,. イ ノ.:::// 
  ヽ\  l     ヽ          |    l |   ト、ノヘ ~´  :/、_
   `ーヽ、_\__)          \  l |   } \ \  '`ヽ `丶、:_  
             ` ー-、─、     `メ/   /   \ ヽ_   |    l|  ̄ヽ、
               //ヾー\     ヽ  /  i   \ ヽ‐┴、  ハ    `丶、
              //   \ ` ー-─ ' /  :!    \ヽ  | /  |

703 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/16(水) 09:38:07 ID:v3AcCnPY
つかさ「手をつないで下さい!……これだと強引かな?
手をつないでもいいかな?……これだと馴々しいかも………」
シン「何してんだつかさ?」
つかさ「シンちゃんと手をつないで帰りたいんだけど………って、し、し、し、シンちゃん!?」
シン「よし、じゃあ手繋いで帰るか」
ぎゅ
つかさ「え?え?……///」



704 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/16(水) 15:49:15 ID:0i+/uRVQ

世間一般の学生達はもうすぐ夏休み、夏休みと言えば墓参りだろ!
ということで墓参りネタをヴァ



シン「墓参り?」
こなた「そうだよ〜お父さんも行くし、もちろんシンも来なくちゃダメだよ、荷物持つの大変なんだから(それにもう家族も同然だし・・・)」
シン「行くのは吝かじゃないけどな、家でも仏壇があるだろ、それじゃダメなのか?」
こなた「チッチッ、分かってないねぇシン。この場合こちらから行くってのが大事なんだよ」
シン「どういうことだ?」
こなた「仏壇にはないけどお墓の中にはお母さんのお骨が入ってるでしょ?」
シン「ああ」
こなた「つまり、お母さんに会いに行くってことなんだよ〜」
シン「なるほどな、その発想は無かったわ」
こなた「ちゃんと会って報告したいこともあるしね〜」
シン「報告したいこと?」
こなた「秘密だよ〜、じゃあ今週末に行くから予定空けといてね」
シン「了解だ」
こなた「ところでシンは墓参りしたことないの?」
シン「無いな。何しろ金もヒマもなかったし、何より入れる物が無かったしな、マユの携帯は手許に置いておきたかったし・・・」
こなた「・・・ごめん、変な事聞いて」
シン「気にするな、俺は気にしない。じゃあ週末だったな、ちゃんと準備しておかないと」
こなた「準備?」



週末―



こなた「準備ってそれのこと?何それ?」
シン「これか?紙の灯篭だ、オーブでは墓参りの時にこれを飾る風習があるんだ」
こなた「ふーん、ってわざわざ自作したの?」
シン「当然だろ、この世界では売ってないんだから」
こなた「・・・手間かけさせちゃったね」
シン「気にするな、俺がしたくてやったことだしな。それにかなたさんにも世話になってるし」
こなた「え?」
シン「な、なんでもない。それよりそうじろうさん達待ってるぞ」
こなた「あ、そうだね。じゃあ行きますか!」

705 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/16(水) 15:50:38 ID:0i+/uRVQ
とある霊園に到着
シン「きれいな所だな、さて・・・」
こなた「シ〜ン、こっちこっち〜」
シン「おう、今行く」
シン「これがかなたさんの墓か・・・、手入れも行き届いてるし石も高級そうだ」
みwiki「これは本御影石ですね、他の墓石との違いは(ry」
シン「うん?こなた何か言ったか?」
こなた「うんにゃ、何にも〜、そんなことより掃除手伝ってよ〜」
シン「悪い悪い」

10分後―

シン「思ったより早く片付いたな」
こなた「まあお彼岸の時にも来て掃除したからね〜」
シン「こなたはずいぶん長く手を合わせてたみたいだけど、何話してたんだ?」
こなた「前言ったでしょ〜秘密だよ〜(好きな人の落とし方を聞いてたなんていえないよねぇ〜///)」
シン「そっか、じゃあ帰るか」
こなた「そだね〜」
そうじろう「あー待ったシン君、こなた、悪いけどまだ用事があるんだ」
シン「何でしょう?」
こなた「もうお参りもすんだでしょ〜?早く帰らないと日が暮れちゃうよ〜」
そうじろう「悪い悪い、すぐすむから。シン君妹さんの携帯は今持ってるかい?」
シン「え、ええ持ってますが・・・」
そうじろう「少し借してくれないか?」
シン「はぁ、かまいませんが」


こなた「携帯をお墓の上に置いて・・・、お父さんいったい何を・・・(何だろう、お父さんのあんな真剣な顔みたことない・・・)」
そうじろう「シン君のご両親、聞こえますか、私はあなたがたの息子さんを預からせて頂いている泉そうじろうです」
そうじろう「私にあなたがたの代わりができるとは言えませんが、それでも預かった以上はシン君を一人前にしてみせます」
そうじろう「ですから、見守っていてください。あなたがたに安心していただけるよう、私は精一杯努力していきます」
シン「そうじろうさん・・・」
こなた「お父さん・・・」
そうじろう「一度ちゃんと挨拶しておきたくてね・・・、ハイ妹さんの携帯」
シン「そうじろうさん、俺・・・」
そうじろう「どうしたシン君、こなた?さっさと帰ろう、日も暮れてきたし腹も減ってきたしな」
シン「!!・・・、ハイ!あ、荷物は俺が持ちますよ」
こなた「今日はお父さんの好物の親子丼だよ〜」

こうしてどことなくぎこちなかったシンと泉家との関係は急速に深まっていった。
シンがこの世界に来て初めての夏休みに会った出来事である。






1レスで終わらせるつもりが・・・orz
あまり出てきてないネタ、ということで書いてみました
もう一周年なのに今更だとか、後半墓参り関係ないとか
相変わらずツッコミどころ満載ですが、お目汚しに
なお灯篭のくだりは俺の地元の風習です(単に出したかっただけですw)
そうじろうは普段チャランポランでも大人の顔が必要なときはできる男だと思うんだ

706 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/16(水) 17:00:00 ID:4spgmATa
全力でGJ!!
やっぱそうじろうさんは大人だなぁ…

707 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/16(水) 18:21:23 ID:OnkDh+DW
普段が普段なだけに、真面目になったそうじろうのかっこよさは異常ww

708 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/16(水) 19:21:55 ID:/xLZBVmp
>こなた「今日はお父さんの好物の親子丼だよ〜」
ここが別の意味で聞こえたのは俺だけでいい

709 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/16(水) 19:22:05 ID:g1JJmfp3
>>701
シンの第二ボタンをめぐる争いが始まったかw

>>703
奇跡のフラグメイクwww

>>705
GJ!!そうじろう凄くカッコいい!!

710 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/16(水) 21:52:10 ID:OTXpalc0
ゆたか「はぁ・・・、どうして私ってこう体が弱いんだろう。
    きっと大人になるまでこうしていなきゃいけないんだ・・・」
ファさッ←風に揺れるカーテン
ゆたか「誰!?」


シン「ピータパンさ」

シン「どうだいお姫様、月夜の空をドライブとしゃれてみないか…」
ゆたか「まさか…わたしこんなカッコウだよ」
シン「だれも見ちゃいないさ、月以外はね!」

711 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/16(水) 22:01:45 ID:g1JJmfp3
こなた「ネトゲ、ネトゲ〜(ドタドタドタ)」
シン「…………おい」
こなた「ん、なにさ?」
シン「廊下を走るな、風呂から上がったら服くらい着ろ
 つーか、体くらいちゃんと拭け」
こなた「まーまー、廊下が水浸しくらいいいじゃん〜」
シン「テメー!!誰がそれを掃除すると思ってんだよ!!」
こなた「だからだよ、今夜はおとーさんがいないんだから無礼講だよ〜
    それよりも、このバスタオル姿萌えない?」
シン「そんな事より…(ツルッ)おわっ!!」
こなた「こ、こっちに倒れこんで…うわわっ!!」
シン「(まずい……このまま倒れこんだらパルマどころのレベルじゃなくなる…
   だったら…体を引くしかないな!!)ふんっ!!」
こなた「く、空中で体を!?」
ズターン!!
シン「い、いたた…大丈夫かこなたあああああああああああ!!」
こなた「そ、そんな声出してどうしたののののののののの!!」
(シンの眼前にはM字開脚したこなたが…その距離約5p)
シン「……………………………」
こなた「(シ、シンに見られた見られた見られた/////////)」
シン「……………………………」
こなた「(パ、パルマなんてレベルじゃないよ…///
    せ、責任とって、結婚してもらうしか…///)」
シン「……………………………」
こなた「(ひゃん!シ、シンの息がかかって…///
    さ、さっきからシン静かだな…)ね、ねえシン…」
シン「……………………………」
こなた「な、なんか話してほしいなー…だ、黙ったままだし…」
シン「……………………………(ドクドクドクドクドクドク)」
こなた「は、鼻血!?お約束のワンパターン…じゃなくて!!
    ゆーちゃーん!!救急箱ーーーーー!!」

シン「うーん………」
ゆたか「大丈夫、おにいちゃん?」
シン「いやー…鼻は大丈夫なんだが…」
ゆたか「どうしたの?」
シン「鼻を打った前後の記憶がないんだよ…」
ゆたか「強く打っちゃったからだと思うよ」
シン「ま、そうなんだが……」
ゆたか「覚えてることとかないの?」
シン「うーん…なんかきれいな一つの縦筋みたいなのが見えたんだよ…」
ゆたか「縦筋?」
シン「ああ、それに何か物凄くよかったものだったような…」
こなた「も、もういいじゃん///いちいち思い出さなくても…///」
シン「ま、そうだな。つーか、顔赤いぞこなた」
こなた「な、なんでもないよ///(思い出さなくてよかったよ…
    でも…鼻血を出したって事は、私を女の子って意識してるんだよね…)」


ちょい電波が来た
それじゃ樹海へ行ってくる

712 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/16(水) 22:07:51 ID:ksJDoHqH
綺麗な話の後にエロとは…
ここは本当にカオスだぜ!


まあ、住人の俺が言えた事じゃ無いがw

713 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/16(水) 22:25:03 ID:I3Vv7gMW
縦筋って事はこなたにはまだ生えt
あれおかしいなここ8階なのに窓が割れたような音g

714 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/16(水) 22:49:32 ID:738aQPNd
>>710
コwwwブwwwラwww

715 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/16(水) 22:55:23 ID:j/XASHF8

00二期のCMを見て

こなた「シン何見てんの?」
シン「後輩達の二期のCMだよ、やっぱ頑張って欲しいからなぁ」
こなた「なるほど流石後輩思いのシンだね」
シン「…正直」
こなた「ん?」
シン「後輩がハムの人辺りに主役取られないか心配でな」
こなた「…(=ω=.;)」












シン「あと、服のセンスが死んd」
こなた「例えチョッキだろうがボレロだろうが言っちゃダメ!」

716 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/16(水) 23:09:58 ID:6ERHYyVS
>>710
鬱フラグクラッシャーシンですね、判ります

717 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/17(木) 01:04:06 ID:o6mH7GIx
時折目にする「みwiki」はシンのスタンドでおk?

718 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/17(木) 01:27:03 ID:VilDZ2Ba
>>717
妖怪の一種
あー、これ多分わっかんねーだろーなーってときに現れて、一通り説明してくれる


高良みゆきとは全くの別物である

719 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/17(木) 01:33:04 ID:eVIMo2Uy
さすがスキマ妖怪の娘だな、あれ?なんか目の前が裂けなんだゆか

720 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/17(木) 04:07:53 ID:mVK+2uMz
やっとレポートが一段落ついたので、休憩がてらに


シン「ごちそうさま」
ゆたか「シンお兄ちゃん、もういいの?」
シン「ああ、食欲がわかなくてな」
ゆたか「夏ばて?何か意外だな〜」
シン「意外?」
ゆたか「うん、お兄ちゃん夏男って感じがするから」
シン「そうか・・・?確かに夏は好きだけど、この暑さにはどうにも慣れないな。前いたとこはこんなに暑くなかったし」
ゆたか「ふ〜ん、でもちゃんと食べないと体に悪いよ?」
シン「分かってはいるんだがな・・・」

数日後

シン「ゴホッ・・・ゆたかの言ったとおりだ、風邪ひいちまうなんてな」

ガチャ

ゆたか「お兄ちゃ〜ん、おかゆもってきたよ」
シン「迷惑かけてすまないな、ゆたか」
ゆたか「おやすいご用だよ、お兄ちゃん。いつもはわたしが看病してもらってるから、今日はわたしがお兄ちゃんを看病するね!」
シン「ゆたか・・・、ありがとう」
ゆたか「いいのいいの、はい、あ〜ん」
シン「い、いや一人でちゃんと食えるって!」
と、レンゲを奪い取ろうとしたが・・・

721 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/17(木) 04:08:38 ID:mVK+2uMz
ポロッ

ゆたか「ほら〜、レンゲも持てないじゃない。いいからいいから」
シン「う・・・///」
ゆたか「はい、あ〜〜〜ん」
シン「アーン///(まさか女の子にあ〜んされる日がくるとは思ってなかったな・・・///)」

モグモグ、ゴクリ

ゆたか「わたしがつくったんだけどどうかな・・・おいしい?」
シン「ああ、うまいよ(恥ずかしくて味はよく分からんかったけど、少なくともマズくはなかった・・・と思う)」
ゆたか「よかった〜、これはうまくいったみたいで」
シン「これ?」
ゆたか「うん、おかゆつくるのは初めてだったから何回か失敗しちゃったんだよ〜。つくってもらうことは多いのにね、エヘヘ」←赤くなりながら頬をかく
シン「ゆたか・・・(そこまでして・・・、ちゃんと味わってない少し前の俺は死ぬべきだな、答えは聞いてない!)」

数分後

シン「ごちそうさまでした」
ゆたか「おそまつさまでした、でもあっというまに食べちゃったね〜」
シン「うまかったからな、とても」
ゆたか「そう言ってもらえてうれしいよ、その食欲があればもう大丈夫だねお兄ちゃん」
シン「ああ、もう大丈夫だ」
ゆたか「でも今日はあまり動いちゃダメだよお兄ちゃん、今日はわたしがお兄ちゃんを看病するんだから!」
シン「分かった、ゆたかの言うことはきくよ。今日の俺はゆたかに看病されるんだからな」
ゆたか「そ、そうだよ〜///、じゃ、じゃあわたしは食器さげてくるね///(こんなに素直なお兄ちゃんはじめてかも・・・//)」


シン「ゆたか」
ゆたか「な〜に?お兄ちゃん」
シン「今日は本当に・・・ありがとうな」
ゆたか「・・・うん!」



翌日シンは快癒した。しかし張り切りすぎたのか、ゆたかが寝込んだためシンが看病することになるのだが・・・
その話はまた別の機会に







リアルに夏バテ気味だったのでそれをネタにしてみました。
ボケた頭で書いているのも手伝っていよいよもってツッコミどころ満載ですが、お目汚しに
なお最後のところに思わせぶりなことを書いてますが電波の状況によって書くか書かないか決まります、要するに気分次第ですw

ゆーちゃんに妹以上のポジションを与えてやりたくて書いた。後悔も反省もしていない。



722 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/17(木) 10:33:31 ID:gHgVHxY4
GJ!
ゆーちゃんのあ〜んは凶器だぜ!
最後の文章.期待させてもらいますよ!!

こっちは修士論文に発表用の論文作成とめまぐるしくて,
こういうほんのりした文を見てると癒されるぜ・・・


723 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/17(木) 13:52:51 ID:Mnb9pV2s
                                     __,. -‐''" ̄ ̄ ̄ ̄`丶、
                                , -、 ,.- ''´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::... :. `ヽ、
                             / __::ヽ:::::::::. :::::::::::: ::::. :. ::::::::::::::::::::. ::. ::ヽ
                             '://:ヽ:}:::: ::. : : :: . :. ::. ::::. ::.. :::::::::::::::..:. ::::::',
                        .    j::i´ :::::l'::: ::. : .. :. :. :. . . . :::..:::..:::::::::::::::::::::::::::',
          /´ヽ           ハ:! .::::::l : : :ト;:. :ヽ:..:. :. ::.::. :::::::::::::::::::::::::::::::::::::!
           /     l       /:;:`.: ..::::!.l.:l::!丶.::ト、:::::::.. :::::::::::::::::::::::::::、::::::::::::::!
           {    |        l;イ. .:::;:::八';:';', '、::'、\:::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::l
         │     |       l !:: ::;l:::{:zミ;:';', /ヽ:i_,.zヽ、:::::::::::::::::::::::::::ハl:::::::ll!
           l     !       '、:;/{::::::fl{トlヾ ``ヘ〃テ_フ;、:::::::::::::::::::::トヽ:::、:ll
          __'、   ゙、      ヾ ゙}.::/.トゞヽ    、_ヒ__ソト:: .: .: .::::::i:l)ノ;、:トl
      /´ ̄/  ',     '、_     / _{.:;::::l  '        〃 . ..::::::::::ハ!'/. リ
  / ̄/ /    ヽ    \ /‐''"´   `ヽ:.       //::/:::::jィ/
  |  / {     / ー  ´   \ _        ヽ;-、  ‐''‐7:;;ィ´ .::://
  .l /  |    fヽ         ヽ `ー、     V_)    "´,/ ..::;イ/ 浮気者!
  | {    l    !  丶、_     ヽ   \     |.___,,. イ ノ.:::// 
  ヽ\  l     ヽ          |    l |   ト、ノヘ ~´  :/、_
   `ーヽ、_\__)          \  l |   } \ \  '`ヽ `丶、:_  
             ` ー-、─、     `メ/   /   \ ヽ_   |    l|  ̄ヽ、
               //ヾー\     ヽ  /  i   \ ヽ‐┴、  ハ    `丶、
              //   \ ` ー-─ ' /  :!    \ヽ  | /  |

724 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/17(木) 15:57:53 ID:AWkHPSw1
みゆき「目薬って案外ひとりではやりにくいんですよね」
シン「じゃあ、俺がやってやろうか」

みゆき「それではお願いします」
シン「(うっ、あんな事軽く言っちゃったけど目薬をさすっていうのもなんか
    ドキドキするな)」
こなた「あれ?二人とも何してるの?(どん)」
シン「おわっ!?」
みゆき「ふえっ?」

ちゅっ

シン「〜〜〜!!」
みゆき「////!!」
こなた「あっ・・・」

シン「わ、悪い。みゆき!」
みゆき「キス…、アスカさんとキス、しちゃった…///」

こなた「うわ、なんてことを」
かがみ「こなた、あんた何をした?」
つかさ「こなちゃん、ああいうときのシンちゃんに近づいちゃダメってよく知ってるはずだよね?
    なんで近づいたのかな?」

725 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/17(木) 16:26:10 ID:3INYhU4H
>>715
運命シャツや「貧乳命」シャツを着てるやつにファションをどうこうと小一時間(ry

>>721
ゆーちゃんは萌え要素持ちなのに、母性もだせるから困るぜww

>>724
皆暑くなってきたから過激になってきたな……いいぞもっとやれ!!

726 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/17(木) 16:48:40 ID:o6mH7GIx
こなた「シン、ティエリアって男だと思う?女だと思う?」
シン「男だ」
こなた「なんで言い切れんのよ?」
シン「双子の弟だからだよ」
こなた「……シン、私は無印までしか認めないよ」
シン「認めてくれよ!」

727 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/17(木) 18:30:24 ID:fcFs5cca
>>724
つかさ怖えーw

728 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/17(木) 20:36:26 ID:3INYhU4H
ひより「皆さん、すみません」
こなた「どうしたの?」
ひより「いや〜、ネタに詰りまして……何かいいネタありませんか?」
つかさ「えーとねースイカを食べると……」
ひより「ひ、柊先輩!!今回は恋愛系でしてそ、それは………」
かがみ「じゃあこんなのは?」

シン「かがみ、ほら」
かがみ「あっ、これ新巻出てたんだ〜」
シン「これ…かがみにやるよ」
かがみ「え?どうしたのよ一体?」
シン「い、いや、ほらさ、いつもお前とケンカばかりしてるからさ……お詫びみたいなもんだ。その……これからもよろしくな………」
かがみ「シン………///」

ひより「おお〜いいっすね〜」
つかさ「それだったら、わたしもあるよ」

つかさ「ねぇ、そのお弁当に入ってるの何?」
シン「よく聞いてくれた!これはオレが考えた新メニュー……
そうだ。つかさ味見してくれよ」
つかさ「うん、いいよ」
シン「サンキュ、ほらあ〜ん」
つかさ「し、し、シンちゃん!?……///」
シン「なんだよ、今更。遠慮するな」
つかさ「う、うん………あ〜ん」

ひより「そういうんっスよ!そういうのが欲しいんっスよ!」
こなた「じゃあ、わたしもいうかな〜」

こなた「格ゲーなら負けませんよ」
シン「クソ、負けるかよ!!」
 グラグラグラ
こなた「え?地震?」
シン「こなた伏せろ!!」
 グシャ
………
こなた「ふー治まったね……でもさっきの音は……?
あっ、シンのデスティニー………もしかして、シンわたしのためにデスティニーを払って………?」
シン「……こなた、ケガはないか?」
こなた「う、うん………」
シン「じゃあ、それでいい。プラモよりお前の方が大事だからな」
こなた「………シン、ありがと///」


ひより「皆さん、ありがとうございました。お陰でいいものが書けそうです!」
こなた「いやいや、ネタに困ったらまた来たまえ〜」


ひより「シン先輩、あなたどこのギャルゲーの主人公なんですか!?……そしてなんだ!?ネタが出来たのにこの胸の痛さは………?」


729 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/17(木) 20:55:34 ID:/EnMkBKs
GJ!,やっぱシンのフラグメイクは天性のものかww
それとひよりん頑張れ、超頑張れw

730 :Mr.R:2008/07/17(木) 21:02:31 ID:Km05+MLA
【『マクロスF』を見ながら】

シン「このアルトって、モテモテだなぁ…」

こな「そうだねぇ。」

シン「俺も一度くらいは女の子にモテてみたいなぁ…」

こな「(いや、あんた十分にモテてるよ!)」

シン「しかし、このアルトって奴は…」

かが「どうかしたの?」

シン「いや、さっきからフラグ折りっぱなしだなぁ。って、思ってさ。
どれだけフラグクラッシャーなんだよw」

かが「(ちょ、あんたがそれを言うか?)」





シン「ん?どうしたんだ、二人とも…暗い顔をして。」

こな・かが「はぁ…(ため息)」




731 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/17(木) 21:19:31 ID:M8lnO9X7
ひより「あのー、先輩いいっすか?」
シン「何だよ?」
ひより「ベスト3に入りたいっす……」
シン「は?」
ひより「フラグゲットの話っすよ!!
    まだ、ベスト3に入ったことないっす!!」
シン「……同じ1年組のみなみもないぞ」
ひより「岩崎さんはいいんです!!
    職人さんにも優遇されてるっすから!!」
シン「なにムキになってんだ…」
ひより「だって、小早川さん祭りがあったんすよ!!
    その後にひより祭りが来るかなーと思ったけど、その兆候すらねえ!!」
シン「はあ……」
ひより「私のネタってほとんどが、腐女子!!ギャグ!!妄想!!
    シリアス、甘甘、なんかは数える程しかないっす!!」
シン「まだ、わからないだろ…」
ひより「このスレでのフラグゲットベスト3は無理っす!!
    まず、こなた先輩に…祭りがあった小早川さん…
    それに、背景でノーマークだった峰岸先輩など…
    ベスト3候補だけでもう埋まってます!!」
シン「諦めるなよ…」
ひより「このスレでは諦めるっす……
    だけど、次スレではベスト3どころかベスト1を頂くっす!!」
シン「ま、がんばれ…」
ひより「で、では、デデデートに行こっす///」
シン「は!?なんでだよ!?」
ひより「さ、さっそくのフラグゲットっす///」
シン「わけわかんねーよ……ま、行くぞ」
ひより「りょ、了解っす///」

732 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/17(木) 21:32:29 ID:3INYhU4H
ひより、まだ常連の柊姉妹やみゆきさんもいるしベスト5でも厳しいよ。ひより
ベスト10くらいならイケるかもしれないが………まぁなんだ……デートを楽しんで来いwww


733 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/17(木) 21:44:56 ID:nrHm92W1
>>731
ようこそ勇者…道(フラグ)を開く者よ…
でもみゆきさんすら中々ベスト3に食い込めないんだし、ひよりんは相当頑張んないと

でも少し前のスレではパティがベスト3に入ってたこともあったっけか

734 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/17(木) 22:02:06 ID:V0FH6k7d
あきらさまとこうさんが悲しそうな顔をしておられます。

735 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/17(木) 23:55:49 ID:Dhg2SSZB
みきさんとゆかりさんも悲しそうな顔をしています

736 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/18(金) 00:03:08 ID:NpZ6kz7W
>>735
いや、あんたらはダメだろw

737 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/18(金) 00:38:06 ID:h4Iz0YhP
>>652
で思い出したんだけど
以前シン+みゆき+娘っていうGJな絵があったんだが
誰か持っている人まとめかここにうpしてくれないか?

738 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/18(金) 01:57:16 ID:Rk9JpMd1
                                     __,. -‐''" ̄ ̄ ̄ ̄`丶、
                                , -、 ,.- ''´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::... :. `ヽ、
                             / __::ヽ:::::::::. :::::::::::: ::::. :. ::::::::::::::::::::. ::. ::ヽ
                             '://:ヽ:}:::: ::. : : :: . :. ::. ::::. ::.. :::::::::::::::..:. ::::::',
                        .    j::i´ :::::l'::: ::. : .. :. :. :. . . . :::..:::..:::::::::::::::::::::::::::',
          /´ヽ           ハ:! .::::::l : : :ト;:. :ヽ:..:. :. ::.::. :::::::::::::::::::::::::::::::::::::!
           /     l       /:;:`.: ..::::!.l.:l::!丶.::ト、:::::::.. :::::::::::::::::::::::::::、::::::::::::::!
           {    |        l;イ. .:::;:::八';:';', '、::'、\:::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::l
         │     |       l !:: ::;l:::{:zミ;:';', /ヽ:i_,.zヽ、:::::::::::::::::::::::::::ハl:::::::ll!
           l     !       '、:;/{::::::fl{トlヾ ``ヘ〃テ_フ;、:::::::::::::::::::::トヽ:::、:ll
          __'、   ゙、      ヾ ゙}.::/.トゞヽ    、_ヒ__ソト:: .: .: .::::::i:l)ノ;、:トl
      /´ ̄/  ',     '、_     / _{.:;::::l  '        〃 . ..::::::::::ハ!'/. リ
  / ̄/ /    ヽ    \ /‐''"´   `ヽ:.       //::/:::::jィ/
  |  / {     / ー  ´   \ _        ヽ;-、  ‐''‐7:;;ィ´ .::://
  .l /  |    fヽ         ヽ `ー、     V_)    "´,/ ..::;イ/ 浮気者!
  | {    l    !  丶、_     ヽ   \     |.___,,. イ ノ.:::// 
  ヽ\  l     ヽ          |    l |   ト、ノヘ ~´  :/、_
   `ーヽ、_\__)          \  l |   } \ \  '`ヽ `丶、:_  
             ` ー-、─、     `メ/   /   \ ヽ_   |    l|  ̄ヽ、
               //ヾー\     ヽ  /  i   \ ヽ‐┴、  ハ    `丶、
              //   \ ` ー-─ ' /  :!    \ヽ  | /  |

739 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/18(金) 07:47:36 ID:Hc+RlDBJ
      上、      /⌒ヽ, ,/⌒丶、       ,エ
       `,ヾ   /    ,;;iiiiiiiiiii;、   \   _ノソ´
        iキ /    ,;;´  ;lllllllllllllii、    \ iF
        iキ'     ,;´  ,;;llllllllllllllllllllii、    ナf
         !キ、: .::/:::/:::::ィ:::::|::::::l:::::';:::::';: __fサヘ.
       /  `ヾ=:イィTラトj:::;' .l:::/ イフTソ:/  'i、
       i'   ,._;:ヽ` ゙̄7:/  l:;' ` ̄フ_    |
       |  ;if≡ト- ヽ |/   iリ  ー;ニ'リ≡キi   |
        |  if!  |l l ヘ     ...-- .., /''´ `キi   |
      |  ,if ,f=|l l lヾヽ、  ー  ´ ,ィ ´ミiリ=t、キi  |
        |  ;iナ,サ |l l l リリ川川川川|爪ミミiiリ キi キi  |
        |   iナ ;サ |l l リリリリ川川川川l爪ミミilリ キi キi  |
       |  iサ ;サ, |リ リリ川川川川川l爪ミミiリ ,キi キi  |
       |  iサ ;サ, | リ彡彡川川川川|爪ミミiリ ,キi :キ、  |
        ,i厂 iサ, |彡彡彡彡ノ|川川|爪ミミリ ,キi `ヘ、
      ,√  ;サ, |彡彡彡彡ノ川川|ゞミミミリ ,キi   `ヾ
     ´    ;サ,  |彡彡彡彡川川リゞミミリ  ,キi
         ;サ,  |彡彡彡彡リリリミミミシ   ,キi
         ,;#,    |彡彡ノリリリリミミミシ    ,キi
        ;メ'´    !彡ノリリリリリゞミミシ     `ヘ、
       ;メ      ヾリリリリノ巛ゞシ       `ヘ、
      ;メ        ``十≡=十´         `ヘ、
                 ノ    ゞ

740 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/18(金) 09:43:17 ID:EiUIHxQC
いのりさんとまつりさんも悲しそうな瞳で見つめています

741 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/18(金) 14:33:56 ID:WhzVoNXL
シン「ぼくらの、に出てる畑飼ってキャラ他人の気がしないんだけど…」
こなた「女孕ませようとしてるとこは一緒だねwwwwwwwwww」
シン「あんたって人はー!俺が何時そんなことしたんだよ」
こなた「何時っていうかいつもやってるじゃんwwwwwwwwwwww」

742 :エロ注意:2008/07/18(金) 15:24:02 ID:PW8hB+gB
やわらかい…

目覚めにしては早い時間だったが居候のシンは手にいつもとは違う違和感に意識が覚めた。

しかし、未だ瞼はその重みで閉じており、その目で違和感を確かめる迄には至らなかった。なんだ…これ…

夢うつつにシンは手にあるそれを揉んでみる。するとそれはマシュマロのように柔らかい物体であることをシンは知った。

まさかおっ〇゜いじゃ…

重い意識の中ふと脳裏に浮かぶものの、こなた宅にこんなにもふくよかなおっ〇゜いを持っている者はいない。なんだこれは…?

強く握ってみた。するとそれは次第に固みを帯び始める。
「…ん…シン……」

遠くからこなたの声が聞こえた気がした。も、もしかして今手にあるのは…こ、こなたのっ!

覚せいする意識と共に目を開けるとそこにあったのはシンと夜中ベットに忍び込んできたこなたとの間にあった宗次郎さんのち〇ち〇であった。
不純異性行為をしていないかどうか監視の為にきたのであろうか、宗次郎さんの寝顔は険しく、そして手にパルマされたブツはとても固かった。
血の気が引いていくのを身体で感じながら、それから手を話そうとすると


「か、かなたっ…」


という言葉のあとに大量の白濁とした液体がシンの手の中に広がった。

「うっ…ウワアアアアアアアア!!!!!!!!」


ーその朝シンは一人洗面台へ向かいその手を洗った。

そしてその手で引かれるままこなたに触れた。

シンの顔には一筋の涙が零れた。

743 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/18(金) 18:36:52 ID:mPVQKGcH
つかさ「ごめんねー送ってもらちゃって」
シン「いいよ、気にすんな」
つかさ「でも、シンちゃんもう少し離れて歩いた方が………」
シン「なんでだ?」
つかさ「わたしなんかと付き合ってると思われちゃうよ?」
シン「え?」
つかさ「だから……ね」
シン「オレは別につかさと恋人でもいいけど………」
つかさ「え!?」
シン「あっ、でも、つかさに迷惑か、ワルィ」
つかさ「そ、そ、そんなことないよ!!……じゃあ手を組んでもいいかな?///」
シン「あ、ああ……ほら///」
つかさ「(家までシンちゃんと恋人………信じられないよ………)」
シン「(うわー、サラッと恥ずかしい事言った、オレ!……でもいいな、これ………)」
つかさ「シンちゃん、寄り道していこうよ〜」
シン「そう……だな。行くか!」


切ない係のはずだったが、甘甘になってしまった………俺の味覚はおかしいらしい


744 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/18(金) 19:32:01 ID:b1RZ90j6
あまぁあああいwwww

745 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/18(金) 20:32:52 ID:JNWb53kH
秋葉、こなた達のバイト先を見た帰り

不良A「あれ?君達可愛いね。今高校生?」
不良B「今から俺たちとどう?」
みゆき「あ、あのー。私達は今帰りのところで」
かがみ「なんなのよ、あんた達」
不良C「うわー、君すっげー可愛いね。俺と付き合わない?」
つかさ「お、お姉ちゃん」
かがみ「つかさに何するのよ!」
不良C「っせーな、あんたらもどうなるかわかってんの?」(ナイフを取り出す)

ゲシッ
不良C「ゲッ」
アスカ「そのへんにしときな、ガキの悪さにしちゃ度を超してるよ」
不良A「カッコつけるなよ姉ちゃん!オレたちがだれだか知ってるのか!?」
アスカ「知らんね、少年聖歌隊か………。もっともおあいこね!私もなんでこんなバイト
    でこんな格好してるのかわからないんだ!」

746 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/18(金) 20:56:31 ID:/fY+z8bj
コブラさんに触発されたかw

747 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/18(金) 22:17:11 ID:lOuCpt/D
あやの「はい、あ〜ん」
シン「……あ、あーん(モグモグモグモグ)」
あやの「どう、おいしい?」
シン「あ、ああ……」
あやの「あれ?お弁当おいしくなかった?」
シン「いや、そうじゃないんだ………
   あ〜んされる事に慣れていないんだ……」
あやの「もしかして、嫌だった?」
シン「それはない!!すっげー嬉しい!!
   ただ……は、恥ずかしいんだ///」
あやの「うふふ、恥ずかしがらなくてもいいのに♪
    お姉さんに任せておけば万事OKよ♪」
シン「弟扱いするなよ……」
あやの「だって、弟に見えちゃうから♪」
シン「だったら……こうだ!!」
あやの「ん!?……」
シン「んん…………これで弟扱いはやめろよ……」
あやの「時々、凄く大胆だね……」
シン「……うっせ///」
あやの「ねえ……」
シン「何だよ……」
あやの「もう一回……キスしてくれる///」
シン「了解……俺だけのお姫様」


かがみ「うわー///すっごい大胆///」
つかさ「いいなー…いいなー…」
みさお「なんか、あやのがすっげー可愛く見えてくる……」
こなた「あの空間に入ったら、私達完璧KYだよね……」



>>743に影響されて考え付いた反省は(ry

748 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/18(金) 23:42:24 ID:mPVQKGcH
>>747
一瞬何に影響されたか分からなかったけど、
甘さ、か。確かに頂いたたぜ!

しかしあやのとみさおの立場が逆転する日がくるとはな………

749 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/19(土) 00:06:48 ID:s/R3q33c
>>747
これはいいあやのw



750 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/19(土) 01:44:50 ID:FAIoTPMR
こなた「突然ですが問題!」
シン「なんだ急に?」
こなた「このスレでの定番といったら?」
シン「難しいな〜スレでの定番か……多種多様な住人達による雑談や小ネタやSSや絵、レスの最初のブーン、レスの最後のレイの発表。
……後は週末は開店休業になる、だろ。
レス番970が譲り合い宇宙になる……んなところか?」
こなた「一番大事なの忘れてるよ」
シン「ん?……なんだ?」
こなた「それは……わたしとシンの切なくて甘い話がある、だよ!!」
シン「ば、バカ!恥ずかしくて誤解を招くこと言うな!
それにこの暑いの抱き付くな!!」
 ガシ!!
こなた「ああ、後パルマがあったねー
って痛い!シン!ガッチリ顔に決まってる!ギブ!!シン、ギブ!!」



751 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/19(土) 01:59:37 ID:CSjxM61X
>>750
週末の閉店休業と譲り合い宇宙噴いたw
しっかしどんなにクソ暑くてもこなたはシンにくっ付いている気がするww

752 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/19(土) 02:52:49 ID:RZUqY9KH
                                     __,. -‐''" ̄ ̄ ̄ ̄`丶、
                                , -、 ,.- ''´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::... :. `ヽ、
                             / __::ヽ:::::::::. :::::::::::: ::::. :. ::::::::::::::::::::. ::. ::ヽ
                             '://:ヽ:}:::: ::. : : :: . :. ::. ::::. ::.. :::::::::::::::..:. ::::::',
                        .    j::i´ :::::l'::: ::. : .. :. :. :. . . . :::..:::..:::::::::::::::::::::::::::',
          /´ヽ           ハ:! .::::::l : : :ト;:. :ヽ:..:. :. ::.::. :::::::::::::::::::::::::::::::::::::!
           /     l       /:;:`.: ..::::!.l.:l::!丶.::ト、:::::::.. :::::::::::::::::::::::::::、::::::::::::::!
           {    |        l;イ. .:::;:::八';:';', '、::'、\:::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::l
         │     |       l !:: ::;l:::{:zミ;:';', /ヽ:i_,.zヽ、:::::::::::::::::::::::::::ハl:::::::ll!
           l     !       '、:;/{::::::fl{トlヾ ``ヘ〃テ_フ;、:::::::::::::::::::::トヽ:::、:ll
          __'、   ゙、      ヾ ゙}.::/.トゞヽ    、_ヒ__ソト:: .: .: .::::::i:l)ノ;、:トl
      /´ ̄/  ',     '、_     / _{.:;::::l  '        〃 . ..::::::::::ハ!'/. リ
  / ̄/ /    ヽ    \ /‐''"´   `ヽ:.       //::/:::::jィ/
  |  / {     / ー  ´   \ _        ヽ;-、  ‐''‐7:;;ィ´ .::://
  .l /  |    fヽ         ヽ `ー、     V_)    "´,/ ..::;イ/ 浮気者!
  | {    l    !  丶、_     ヽ   \     |.___,,. イ ノ.:::// 
  ヽ\  l     ヽ          |    l |   ト、ノヘ ~´  :/、_
   `ーヽ、_\__)          \  l |   } \ \  '`ヽ `丶、:_  
             ` ー-、─、     `メ/   /   \ ヽ_   |    l|  ̄ヽ、
               //ヾー\     ヽ  /  i   \ ヽ‐┴、  ハ    `丶、
              //   \ ` ー-─ ' /  :!    \ヽ  | /  |

753 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/19(土) 03:33:21 ID:9TapBC6V
>>750
レスとスレを間違えてないか?

754 :750:2008/07/19(土) 04:32:16 ID:FAIoTPMR
>>753
ブーンとレイの所?
ニィアンス的に伝わるかな〜と思ったんだけど、スレの方が分かりやすかったな。
指摘サンクス


755 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/19(土) 04:48:32 ID:FAIoTPMR
あっ、ニュアンスだwwwなんだよニィアンスってorz
疲れてるな、寝よ………

756 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/19(土) 09:40:40 ID:GCe8TMCt
〜フラグゲットの歴史〜

こなた 1位5回  2位2回
かがみ 1位2回  2位2回  3位2回  4位1回
つかさ 2位4回   3位2回
みゆき 3位2回  5位1回
みさお 2位1回

ゆたか 2位2回
みなみ 4位1回  5位1回
ひより 5位1回
パティ 3位1回

こう見ると、こなたが凄いw3位以下になった事がないwww
柊姉妹も大奮闘してるw
けど………みゆきさんが………orz

757 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/19(土) 09:43:14 ID:ywCIdFfO
>>737
持ってるけど絵師さんに許可とかとらんでいいんだろうか。
問題ないならまとめのロダにでも上げるけど。

758 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/19(土) 09:56:19 ID:JandkHV7
ひより「立てるの!?これ、立てるの!?ねぇ!フラグ!フラグ立てる!?」
シン 「あぁ、立てるよ」
ひより「本当!?大丈夫なの!?ギャグじゃない!?」
シン 「あぁ、甘甘だから大丈夫だよ」
ひより「そうかぁ!私腐女子だから!腐女子だから甘い話少ないから!」
シン 「そうだね。少ないね」
ひより「うん!でも甘甘なんだ!そうなんだぁ!じゃぁ立てていいんだよね!」
シン 「そうだよ。立てていいんだよ」
ひより「よかったぁ!じゃぁ立てようね!フラグ立てよう!」
シン 「うん、立てようね」
ひより「あぁ!甘い話だからフラグ立てられるね!ね、先輩!」
シン 「うん。みなみの立ててくるよ」
ひより「あぁー先輩と岩崎さんは今フラグを立てているよー!気をつけようねぇー!」(泣)

759 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/19(土) 10:39:54 ID:2WJi7sPh
>>758
吹いたwww ひよりに萌えたw

760 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/19(土) 10:51:49 ID:rzapXae9
>>758必死すぎるwwwあれ・・・?目から汗が

らき☆すたのかがみとシンが色々済ませたあと、隣に越して来てんけど・・・PART1
ttp://wktk.vip2ch.com/vipper88467.jpg 先生ごめんよ。

>>757もしかしてttp://wktk.vip2ch.com/vipper88469.jpgな構図の奴?なら全く問題無いです。

761 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/19(土) 10:51:54 ID:FAIoTPMR
>>756
スゲェ乙!改めて見るとメイン四人が強いな〜。
でもらき☆すたのレギュラーともいえる8人は一回ははいってるんだな……ひよりんでさえwww

>>757
まとめロダに出すのは、元々はスレに投下されたからいいんじゃない?
絵師さん本人がダメを出してから削除するというのではダメかな?
>>758
ひより落ち着けwww


762 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/19(土) 10:57:51 ID:FAIoTPMR
おっと!数秒単位で絵師さん本人から…………

>>760
GJ!!!、なんという夫婦………。しかし色々とはなんだ!?色々とは!!



763 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/19(土) 11:00:50 ID:ywCIdFfO
>>760
せんせいwww

許可出たのでので>>737にパス
ttp://www3.uploader.jp/user/konashinn/images/konashinn_uljp00021.jpg


764 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/19(土) 11:07:39 ID:GCe8TMCt
>>760
GJ!!ななこ先生がwww

765 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/19(土) 11:25:37 ID:gtiKVujm
>>756を見てみなみがべスト3に入っていないのに疑問を持ったから前スレを色々と見てきたんだが…
なるほど、みなみが多くフラグをゲットできたスレでは何故か他のキャラのフラグゲット数も半端ないんだな。
他のスレの時だったら1位をとってもおかしくないぐらいだったんだが……ある意味、不憫だなぁw

ひよりは………ガンバッwwww

>>760
GJ!!一瞬、先生がレイに見えたwww


766 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/19(土) 12:11:49 ID:CSjxM61X
>>754
スレ(スレッド)とレスは別物だぞ、とマジレスする俺格好悪い

>>760
うぉぉぉぉGJ!
今回はちゃんと髪の色も変わってるんですねw
って言うかそのスレ建てたのは黒井先生か!?w
一緒にご飯食べたりして先生に娘がなついたりしそうだな


767 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/19(土) 13:08:13 ID:WitKKwtY
気がつけば、明日みさおの誕生日だってヴぁ

768 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/19(土) 15:05:06 ID:Y2cWXRSy
>>760
テラGJ!
なんという新婚家庭
間違いなく黒井先生は二人のツンデレ愚痴惚気を聞かされて萎える

769 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/19(土) 16:09:17 ID:NGZx280a
      上、      /⌒ヽ, ,/⌒丶、       ,エ
       `,ヾ   /    ,;;iiiiiiiiiii;、   \   _ノソ´
        iキ /    ,;;´  ;lllllllllllllii、    \ iF
        iキ'     ,;´  ,;;llllllllllllllllllllii、    ナf
         !キ、: .::/:::/:::::ィ:::::|::::::l:::::';:::::';: __fサヘ.
       /  `ヾ=:イィTラトj:::;' .l:::/ イフTソ:/  'i、
       i'   ,._;:ヽ` ゙̄7:/  l:;' ` ̄フ_    |
       |  ;if≡ト- ヽ |/   iリ  ー;ニ'リ≡キi   |
        |  if!  |l l ヘ     ...-- .., /''´ `キi   |
      |  ,if ,f=|l l lヾヽ、  ー  ´ ,ィ ´ミiリ=t、キi  |
        |  ;iナ,サ |l l l リリ川川川川|爪ミミiiリ キi キi  |
        |   iナ ;サ |l l リリリリ川川川川l爪ミミilリ キi キi  |
       |  iサ ;サ, |リ リリ川川川川川l爪ミミiリ ,キi キi  |
       |  iサ ;サ, | リ彡彡川川川川|爪ミミiリ ,キi :キ、  |
        ,i厂 iサ, |彡彡彡彡ノ|川川|爪ミミリ ,キi `ヘ、
      ,√  ;サ, |彡彡彡彡ノ川川|ゞミミミリ ,キi   `ヾ
     ´    ;サ,  |彡彡彡彡川川リゞミミリ  ,キi
         ;サ,  |彡彡彡彡リリリミミミシ   ,キi
         ,;#,    |彡彡ノリリリリミミミシ    ,キi
        ;メ'´    !彡ノリリリリリゞミミシ     `ヘ、
       ;メ      ヾリリリリノ巛ゞシ       `ヘ、
      ;メ        ``十≡=十´         `ヘ、
                 ノ    ゞ

770 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/19(土) 18:34:45 ID:ozKQ2g2F
>>760
ステラ的な髪型は健在なのなwww

771 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/19(土) 19:05:03 ID:uCORbeE/
ひよりんがあまりに哀れを誘ったので



――陵桜学園アニメーション研究部

ガラガラ

シン「失礼します、桜庭先生いらっしゃいますか?」
ひより「たった今出て行ったばかりっす〜、ってシン先輩っすか。先生に何か御用っすか?」
シン「ああ、俺が作ったフルスクラッチの1/60デスティニーの出来栄えを見てもらおうと思ったんだが・・・、いないんじゃ仕方ないな」
ひより「そ、そうっすか・・・(フルスクラッチってどこの狂四郎っすかww)」
シン「何か言ったか?」
ひより「い、いえ何にも」
シン「そうか?しかしひよりもいつもせいが出るな」
ひより「まあこれが私の生業っすからね〜」
シン「生業っておま・・・ん?何か臭うな?」
ひより「クンクン・・・確かになんか臭いっすね〜」
シン「何の臭いだ?この辺にはそんな臭いそうな物はないし・・・」
ひより「さ、さあ〜?(そ、そういえば今週に入ってから一回もお風呂に入った記憶が無いような・・・)」

数瞬後

シン「アンタの臭いかーーっ!」
ひより「ひ、ひぃっ!す、すいません!」
シン「なんて不精で不潔なんだよ、アンタって人はーーっ!」
ひより「そ、そこまで・・・。でも人に迷惑かけてるわけじゃないんで、別にかまわないんでないかと思うですのことよ。(ム、言語機能が・・・)」
シン「俺が今迷惑を被った!それに、大体もったいねぇよ!」
ひより「もったいない?」
シン「ああそうだよ!折角かわいい顔してるのにそんなことで損するのはもったいないって言ったんだ!」
ひより「え・・・///」
シン「な、なんとか言えよ///」
ひより「わ、わかったっす・・・今日帰ったらちゃんと入るっすよ」
シン「悪いけど信用できないね、帰ったが最後また原稿に明け暮れるんじゃないのか?」
ひより「その可能性は否定できないっす・・・、じゃあどうすればいいんすか?」
シン「じゃあこうするか、俺がひよりの家に行って、風呂に入るのを見張っててやる!」
ひより「それなら安心・・・ってえぇぇーーーーっ!?」
シン「ひよりもそれでいいな?答えは聞かないけど」
ひより「ちょっ、ちょっと待っt・・・」
シン「即断即決だ、そうと決まればさっさと行くぞ!」
ひより「そんな強引な、アーッ!」


772 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/19(土) 19:07:25 ID:uCORbeE/
―翌日


小鉈「昨日ひよりんと一緒にお風呂入ったんだって?どうしてそんなことになったのかな?カナ?」
カ・ガーミ「詳しく・・・」
づかさ「説明・・・」
リリカルみwiki「して下さいますか?」
魔ゆたか「お兄ちゃん?」
その他嫉妬に狂った人々がシンを取り囲んでいる。
シン「お前ら何か勘違いしてないか?確かにひよりの家には行ったけど、一緒に風呂なんか入るわけないじゃないか」
女性陣『ふーん・・・』
シン「本当だって・・・おおひより!いいところに来てくれた、こいつらに昨日のことを説明してくれよ」
ひより「ああ、昨日のことっすか。あれは痛かったっすねぇ・・・(原稿が書けなかったから)」
シン「ハァ?」
ひより「でも、シン先輩にあーんなこと(モデル)とかこーんなこと(コスプレ)とかやってもらえたんで、そのことを思えば私の痛みぐらいどうってことはないっすよ///」
シン「な、何を言い出すんだ!そんなことしてないだろ!」
ひより「したじゃないっすか、私に拒否権もなく強引に・・・」

ゴゴゴゴゴゴ・・・・・・

シン「だからそれは・・・」
女性陣『お取り込み中悪いんだけど』
シン「何だよ今・・・ってヒイッ!」
女性陣『スコシアタマヒヤソッカ・・・』
シン「ちょっとお前ら落ちt・・・・アッー!」




こうしてあらぬ誤解を受けたシンだが、その誤解は後日あるものを代償にすることで解けたらしい。
シン「ケーキって高いもんなんだな・・・。俺の、預金・・・」







ひよりんの渇望っぷりに涙が出たので書いてみました。
彼女のご希望はシリアスか甘甘とのことでしたが、そのどちらもまとまらんかったのでこういう形でお茶を濁させていただきます
相変わらずお目汚しですが、生温い目で見ていただけると幸いですw
ひよりんもこなたやかがみを見習って、自分の趣味をシンに伝染してやれば少しはなんとかなるんじゃないかと思うんだ


>>760
GJ!
先生はまだ一人暮らしですかwひょっとして行き遅r・・・(ピンポーン)ん?出前なんか頼んでないのにな?




773 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/19(土) 21:30:16 ID:gtiKVujm
>>772
GJ!!
みんな怖スwww

774 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/19(土) 21:30:40 ID:wlGaYUrp
>>772
GJ!!ひよりん久々のフラグゲットwww

775 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/19(土) 23:16:15 ID:+Wt/TBfb

ジュウシマツ先生、シンみさおの親子絵が見たいです……


776 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/20(日) 00:17:16 ID:iaQPqghn
      上、      /⌒ヽ, ,/⌒丶、       ,エ
       `,ヾ   /    ,;;iiiiiiiiiii;、   \   _ノソ´
        iキ /    ,;;´  ;lllllllllllllii、    \ iF
        iキ'     ,;´  ,;;llllllllllllllllllllii、    ナf
         !キ、: .::/:::/:::::ィ:::::|::::::l:::::';:::::';: __fサヘ.
       /  `ヾ=:イィTラトj:::;' .l:::/ イフTソ:/  'i、
       i'   ,._;:ヽ` ゙̄7:/  l:;' ` ̄フ_    |
       |  ;if≡ト- ヽ |/   iリ  ー;ニ'リ≡キi   |
        |  if!  |l l ヘ     ...-- .., /''´ `キi   |
      |  ,if ,f=|l l lヾヽ、  ー  ´ ,ィ ´ミiリ=t、キi  |
        |  ;iナ,サ |l l l リリ川川川川|爪ミミiiリ キi キi  |
        |   iナ ;サ |l l リリリリ川川川川l爪ミミilリ キi キi  |
       |  iサ ;サ, |リ リリ川川川川川l爪ミミiリ ,キi キi  |
       |  iサ ;サ, | リ彡彡川川川川|爪ミミiリ ,キi :キ、  |
        ,i厂 iサ, |彡彡彡彡ノ|川川|爪ミミリ ,キi `ヘ、
      ,√  ;サ, |彡彡彡彡ノ川川|ゞミミミリ ,キi   `ヾ
     ´    ;サ,  |彡彡彡彡川川リゞミミリ  ,キi
         ;サ,  |彡彡彡彡リリリミミミシ   ,キi
         ,;#,    |彡彡ノリリリリミミミシ    ,キi
        ;メ'´    !彡ノリリリリリゞミミシ     `ヘ、
       ;メ      ヾリリリリノ巛ゞシ       `ヘ、
      ;メ        ``十≡=十´         `ヘ、
                 ノ    ゞ

777 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/20(日) 00:25:59 ID:8KduK1eI
みさお、誕生日おめでとう!!

778 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/20(日) 10:23:39 ID:RmTWe7sX
みさお、誕生日おめでとうだってヴぁ!


779 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/20(日) 10:29:03 ID:8fDlqMUx
〜もしもオーブの公用語が日本語じゃなかったら〜

(〓ω〓.)「これ、シン・アスカ、外人」
( ゚Д゚)「ナイストゥミィチュー、アイアムオッパイ、オッパイスキー」
かがみ「初めまして、私は柊かがみよ」
( ゚Д゚)「カッガーミ」
(○ヮ○)「私は高良みゆきです」
( ゚Д゚)「タッカーラ」
みさお「おっす! わたし日下部みさお! よろしくな!」
( ゚Д゚)「クソカーベ?」
みさお「ノウッ」


780 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/20(日) 11:14:59 ID:MW8MB0Ps
>>776
夏の風物詩だな

781 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/20(日) 12:34:14 ID:ts47uYO4
シン「あ〜やっと終わったー」
みさお「この暑さに補習は勘弁してほしいよな〜」
シン「だな。そう言えばみさお今日誕生日だろ?
オレがおごるから、どっか行こうぜ」
みさお「おお〜、ウサ目あんがと!…でも、今日はな……」
シン「部活か?いいじゃん、今日くらいサボっても」
みさお「いや、練習しときたいんだ……わたしには最後の夏だからな………」
シン「みさお………」
みさお「あっ!こ、こんなのわたしのキャラじゃねーよな!い、今のは忘れてくれよ!」
シン「…………」
みさお「じゃあな、ウサ目」
シン「待てよ。そういうことだったらオレに手伝わせてくれ」
みさお「へ?」
シン「強い練習相手がいた方がいいだろ?
誕生日プレゼントの変わりってわけじゃないけどさ」
みさお「シ……ウサ目……それじゃ頼めるか?」
シン「ああ、任せとけ」
みさお「手を抜くなよ!」
シン「当たり前だろ!」



誕生日思い出したのが昨日だったんでSS書けなかったから、変わりにこれで………。
みさお誕生日おめでとう!

782 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/20(日) 12:48:12 ID:qBmG1PTf
最後の夏なのに怪我をして大会に出れなくなったみさお
その意思を次いで、一時的に陸上部に入部したシン

彼等の思い出の夏が・・・・・って妄想したけどありえないからやめた
やっぱ、シリアスよりのんびりのほうが好きだわ


783 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/20(日) 14:28:13 ID:Zhqh5vZN
むしろみさおの専属コーチになればいいじゃない
いくら誘っても陸上部に入ってくれない。じゃあせめて色々教えてくれって感じでさ

スパルタツンデレ講師誕生

784 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/20(日) 15:14:22 ID:s2vyghcw
みさお「はぁ、はぁ、どーだ」
シン「うん、いい感じだぞ。みさお」
みさお「あーもう動けねぇ」
シン「ほら、手かすら…」
みさお「ん?どーしたウサ目」
シン「(競技用のシャツから胸が…)い、いや、なんでもない!」

785 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/20(日) 19:12:52 ID:nPbrJU3j
コーディネーター方式でやったらみさきちが体壊すぞ。
ここは、

登場当初から紆余曲折でコーチをさせられる。
               ↓
こなたに突っ込まれるほどのツンデレを発揮し、みさきちとの間にフラグ乱立。
なんだかんだでまったりゆったり甘い雰囲気。
               ↓
無茶な練習でみさきちが体を壊し、『もう一度同じことがあったら二度とは知れません』な状態に。
二人の仲がギクシャクし始める。
               ↓
紆余曲折を経て和解。最後の夏に向けて二人はラブラブで立ち向かう!

ってな入念な流れを経て!

……っていうか、自分のPC、『みさきち』を『岬地』と変換したんだが、どう思う?

786 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/20(日) 19:37:35 ID:ts47uYO4
さあ、そのPCで早く妄想を文字にする作業に入るんだ

787 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/20(日) 21:37:28 ID:gJrA+ZNE
シン「おーい、みさおー」
みさお「どーした、ウサ目?」
シン「今日誕生日だって聞いてな
   ほら、プレゼント」
みさお「おお!!MGのズゴックとZZじゃん!!
    あんがとなーウサ目!!でも、高かったろこれ?」
シン「まあ、3割引にポイント割引使ったから安く買えたが…
   でも、誕生日にこういう物しかやれなくて悪いな」
みさお「あたしは何でもいいぜ〜
    こういうのはくれた人の気持ちがこもってるからな」
シン「ま、喜んでもらえてよかったよ」
みさお「それじゃ、こいつはお礼だ!!」
ちゅっ
シン「お、お前///」
みさお「そんなに赤くなるなよ〜///
    3秒る−るだぜ///」
シン「お前だって顔赤いじゃん…」
みさお「う、うるせー///
    ウサ目も自分の誕生日プレゼント期待しとけよ
    すっげえのプレゼントしてやるからな!!」
シン「ああ、その時は俺も凄いお返しするからな」

とりあえず、みさお誕生日おめでとう


788 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/20(日) 22:59:07 ID:7jzbRLjj
今日はみさおの誕生日だったのか…ハッピーバースデー、みさお

みさお「おーっす、ウサ目♪(ぎゅ〜っ)」
シン「うぉお!?何だよみさお、いきなり抱き付いたりして何の真似だ!?」
みさお「いやなー?普段あやのがウチの兄貴とこーゆー風にベタベタイチャイチャしてるモンだから
    ちったぁ楽しいモンなのかなーと思って試してみたんだけど…
    どーだ?ドキドキしたか?ま、私は単に暑苦しいだけで別に大したコトはねーわなぁ」
シン「………たよ」
みさお「あん?何だってぇ?」
シン「ああ、したよ!いきなり抱き付かれてドキッとしたっての!
   お前だって女の子なんだから、緊張ぐらいして当たり前だろうが!」
みさお「え……ま、マジ…?」
シン「だからそう言ってるだろ!わ、悪ふざけにしては度が過ぎるぞ!」
みさお「……!ご、ごめん、ウサ目…私が悪かったよ」
シン「いや…俺の方こそ、強く怒鳴ったりしてすまないと思ってる」
みさお「んーん、気にすんな…って、私が言うのもおかしいけど、とにかくごめんなウサ目!」


みさお「あービックリしたぁ…ウサ目がいきなり大声を出して来たのもそうだけど…
    確かあいつ、私に抱き付かれてドキっとしたとか言ってたよな?
    それってつまり…私のことを女だって意識したって…コトなんだよな…
    あれ、何だ、何か急に胸がドキドキして来たぞ。
    どうしたんだろ私、ウサ目の奴が言ったコトが、なんかすごく気になって仕方が無い…」

789 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/20(日) 23:57:21 ID:DXkX85pB
みさお誕生日ネタ結構豊富だねw 全員GJ!

790 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/21(月) 00:10:00 ID:JVoei7Bc
みさおはスレ初期のこなたみたいだなwww
まだシンとの間が友達感覚というか……ってことは切な係みさおが誕生するのか?


791 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/21(月) 00:26:45 ID:VMlkvZAh
こなたの出番がなくなる気がw

792 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/21(月) 01:12:18 ID:GRmDOLE1
みさお「おいチビっ子、お前いい加減にしろよな」
こなた「む、なんなんだというのだね」
みさお「柊に続いてウサ目まで独占して!ウサ目くらい私にも寄越せ」
こなた「だったら自分でフラグを勝ち取ればいいじゃないか!!」

ぎゃーぎゃー

シン「仲いいよな、あの二人」
あやの「うん、そうだね。それよりこれからクレープ屋によっていかない?」

793 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/21(月) 01:34:27 ID:BtIsLZkn
                  _,. ----- 、
              ,.. -:'ノ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`` 、
            /.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
             ,:':.:.:/. :!:.:.:.:.:.:.:.:.:.: :.:.:.:.:.: ヽ:. :.:ヽ
           /: :.:.:.ヽ、ヽ:.:.:.:.:.:.. :. :.: :.:. ヽ:. :.:',
            /: : : :.:.:.:./ !:.:.ヽ:..  . :. :.:.:. :', :.:.:.!
         i:.:. : .:.:.:.:/ ',:.',:.', \:..:.:..:.. :.:.:.:.:.:',:.:.:.|
         |:.:.:. ..:.:.:/--、 ', ', ',  __'、:.:.:...:.:.:.:.:.:!:.:.:!
           !:|:.:.:.:./,r=、、 ヽヽ`' ,r=、、'、::.:.:|i:.:.}:./
            ヾ、!:.i:i、ト::く:}゙    _ト:く:},, |:.:.:.!∨ソ
           |``! ` ̄   ;    ̄´ /,ィ:.:|イ/アスランみたいにモテたいの?
           !:.:.:.ゝ   丶      /' /レ':.:!|
           /|:.:.:.:.\  ー_-     /!/ !:.:|:!
            / ! :.!:|ヾ:.iヽ   ,._ '´='イ.:i/.:.:!ヽ
            ヽ:|ヽ !|:::::|lT´'´::::::/::|レ'ノバ
             ヽ___!_::|i !/!_::::::::::::!∠.._
       _,.. -― ''''"´:;:;:;:;:;:;:;`!! !´i/_::::ノ'::;:;:;:;:`丶、
     r'´:;:;:;:;:;:, -―i:;:;:;:;:;:;:;:;/ー{''"´:;:;:;:;:;:;:;_:;:;:;:;:;:`` ー- 、
     |:;:;:;:,/:::::::::::::|:;:;:;:;:/::::::::::ヽ:;:;:;:;:;:;:;:/::::::::`丶、:;:;:;:;:;:;:;:.`ヽ
     |:;:;/:::::::::::i::::::::!;:イ::::::::::::::::::::::ヽ:;:;:;:;/:::::::::::::::::::::ヽ:;:;:;:;:;:;:;:;:|
    |:;:|::::::::::{::|/;:;:;/:::::::::::::::::::::::::::::ヽ/:::::::::::::::::::::イ::::|:;:;:;:;:;:;:;:|
    |;:;i:::::::::::!イ:;:;:;:/::::::::::::::::::::::::::::::/ ̄ ̄ ̄/::::::::|i::::::i:;:;:;:;:;r‐!
    !;:|:::::::::/::|:;:;:;:i::::::::::::::::::::::::::::::/___/::::::::::|:|::::::l:;:;:;/ 1:!
     !:;|:::::::::i::::|:;:;:;:!:::::::::::::::::::::::::::::i___/::::::::::::!::!::::::ヽ;:{ ´|:|

794 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/21(月) 01:37:16 ID:BQHOhWjN
>>791
最近はこなたも変わって来てるし、大丈夫じゃね?


むしろ、さらにみさおやあやのが本格参戦する事によりレギュラー4人が更なる進化をだな…


795 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/21(月) 02:21:13 ID:MykKXYgW
誕生日に間に合わなかったが>>645の続きを考えてみた


みさお「けどさ。『あ』でやっても『ヴァ』みたいじゃん」
シン「なら『あ』でやって見ろよ。見張ってるから『ヴァ』にすんなよ」
みさお「分かったってヴァ…」(何か顔近いな…真面目な顔、結構格好いいかも…///)
シン(勢いで言ったけど、女の子の口元見つめるって……みさおの口元可愛いかもってフェチか俺…///)
みさお///「真面目な顔で見張るの禁止!」

あやの「ヤッパタノシソウ」
かがみ(ウラヤマシクナインダカラ)

796 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/21(月) 02:42:13 ID:Dg58R8LT
>>792
二人が言い争ってる間にあやのが抜け駆けwww

>>794
みさおは前から参戦してた
あやのは現スレから本格参戦w

>>795
みさおが可愛いw


797 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/21(月) 04:07:48 ID:JVoei7Bc
>>795
何て一生懸命なんだ…こんな下らんことに、この2人はwww

798 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/21(月) 11:16:12 ID:+/klSVFD
そうじろう「絶対にこなただ!!」
ゆい「いやいや、祭りもあったしゆたかかもしれないよ〜」
ただお「かがみやつかさを信じたいが…大穴だな…」
みき「二人とも今回は無理そうだから、誕生日のあった日下部さんを推すわ」
ゆかり「みゆきは今回も絶望的なので、あやのちゃんに一票♪」
こう「ひよりんにしたいけど…フラグゲットが絶望なんだよね…
   つーか、私もフラグがないのが悲しい……」
白石「では、私は野球で言うならば、9回裏2O2S10点差の状況で逆転…
   サッカーならば、後半ロスタイム時に5点差の状況で逆転…
   バスケでは、100点差で試合時間残り10分の状況で逆転…
   というわけで…私はオッズ6万倍のあきら様に賭ける!!」


レイ『一体、あの人たちは何を話し合っているのですか?』
かなた『今度のフラグゲットの発表で誰が1位を取るかについての事よ』
レイ『そうですか……………』
かなた『それと、賭けもしてるみたいね』
レイ『……………』

799 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/21(月) 12:38:28 ID:JVoei7Bc
まだレスは200ほど残ってるし、あきら様を入れて全員にチャンスがある!……はずだ


800 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/21(月) 14:23:16 ID:JW+ryFoU
みさお「くそーウサ目めぇ〜私もコーディなんとかになってやるー!!」
シン「いや無理だから・・・」
みさお「よしっまずはファッション誌をチェックだぜ!!」
シン「そっちかよ!!」

801 :みなシン:2008/07/21(月) 16:41:11 ID:qN0cWpUL
ようやくまとまった時間が取れたので投下します。
>>799つまりがんばればみなみにもチャンスが!?

注意
・前スレと同じようにシンとみなみが付き合っています。
・みなみのキャラが壊れ気味なので、そういうのが嫌いな方はスルーを。
・ひよりん、許しは請わないよ……だって同類だろう?私達は(人の事を自分のネタにするあたり)


802 :みなシン:2008/07/21(月) 16:42:32 ID:qN0cWpUL
「何故…どうして…」
この時、田村ひよりは頭を抱えていた。
確かに原因は全面的に自分にある。それは認めよう……しかし、こんな事になるなんていったい誰が予想できただろうか。
目の前に広がるのは床全体に散乱したお菓子の袋や空のペットボトルに栓の開いた瓶。部屋中に漂うアルコール特有の香り。
そして…
「うふふふ…♪しんさ〜〜ん♪」
「み、みなみ!?ちょっと待て!」
「にげちゃだ〜め〜で〜す〜」
まるで子猫のようにシンにじゃれ付くみなみの姿だった。


803 :みなシン:2008/07/21(月) 16:43:09 ID:qN0cWpUL
話は先日行われた、コミケ当日まで遡る。
その日の我らが陵桜学園アニメーション研究部のブースは、出品した作品がすべて完売するほどの大盛況だった。
それは、常日頃から良い作品を作るために精進を重ねてきたひよりの努力が報われた結果………などでは決してなく
「ありがとう…ございました…」
「次も買いに来なさいよっ!いいわね!!」
売り子の助っ人として呼んだ、みなみ(綾波レイ、コス)とシン(惣流・アスカ・ラングレー、コス)の力だった。
「いや〜本当に助かったッスよ、先輩!みなみちゃん!」
片づけがひと段落したひよりはコスプレから普段着に戻った2人に労いの言葉をかける。
「……は、恥ずかしかった…」
しかしみなみは、先ほどまで自分がしていた格好を思い出して頬を染め、
「たくっ!人手が足りないから手伝ってくれって言うから来てみれば、こんな仕事なら事前に説明しろよ」
シンは腰に手を当てながらひよりを睨んでいた。
「先輩、声がアスカちゃんのままッス」
「んっ?あー、あーあー…よし、直った」
「……うーむ」
いつも不思議なのだが、この先輩はいったいどうやって声を変えているのだろう?…とひよりは首を傾げた。
「?田村さん…?」
「どうかしたのか?」
「い、いえ別に!それより、手伝ってくれたお礼を兼ねて、2人を私の家に招待したいんスけど、いいッスか?」
「「えっ?」」
ひよりの提案に顔を見合わせるシンとみなみ。
「俺達は別にかまわないぞ。なっ、みなみ」
「…ご迷惑でなければ」
「全然OKッス。むしろこっちが迷惑かけちゃったんスから…」
「それなら…喜んで」
「よし、それじゃ全部片付くまで待っててくださいッス!!」
「ああ、分かった」


804 :みなシン:2008/07/21(月) 16:43:57 ID:qN0cWpUL
場所は変わってひよりの部屋。
机の上に置かれたお菓子やジュースを囲んで、ひよりが乾杯の音頭をとっていた。
「それじゃあ、我が部活始まって以来の大盛況に…」
「俺達は部員じゃないんだがな」
「細かいことは言いっこなしッス!改めて、大盛況にカンパーーーイ!!!」
「「カンパイ!(…)」」
オレンジジュースが入ったコップを合わせあう。
「それで、みなみちゃんと先輩はどんなきっかけで付き合うことになったんスか?」
「そ、それは」
「………秘密」
「え〜〜!?」
それから3人は、お菓子を摘みながら他愛もないおしゃべりに花を咲かせていた。
問題が起こったのはそれからしばらくしてだった。
「あっジュースが切れちゃった。ちょっと冷蔵庫見てくるッスね」
「悪いな、ひより」
「…手伝おうか?」
「大丈夫ッスよ。二人共待っててください」
そう言い残して1階の冷蔵庫に向かったひより。
しかし…
「おかしいな〜。確かまだ残ってたはずなんだけど…」
いくら探しても買い置きしていたはずのジュースが入っていなかった。
「誰か飲んじゃったのかな〜どうしよう?」
わざわざ買いに行くのもどうかと思うし……仕方ない、2人には麦茶で我慢してもらおう、そう考え始めたその時、ある1本の瓶が彼女の視線に止まった。
「あれ?なんだろう…これ」
冷蔵庫の奥に閉まってあったそれを取り出しての銘柄を確認するひより。その銘柄はすべて英語で書かれており、かろうじて酒の一種であるということだけが確認できた。
「お酒か〜」
大方、珍しい物好きの兄が買ってきたのだろう。そう思い再び冷蔵庫の中に戻そうとしたのだが…
(待てよ……?)
ひよりの頭に、ある考えが浮かんだ。
最近は大分、表情が豊かになったみなみちゃん。しかしそれは、シン先輩と一緒に居るときや先輩のことについて話すとき限定で、普段の彼女の表情はまだ硬い。
もしみなみちゃんがお酒を飲めば、普段は見られない彼女の隠された表情を拝むことができるのではないのだろうか。
「…………」
普通の漫画とかなら、ここで天使(良心)と悪魔(邪心)が出てきて言い争いなどをする展開なのだろう。
「ぐふ、ぐふふふふ……」
しかし、残念ながらひよりは腐女子、邪な心しか持ち合わせていなかった。
そうして意気揚々と冷蔵庫を後にしたひよりの手には、わざわざラベルを剥がしたビンが握られていた。


805 :みなシン:2008/07/21(月) 16:44:40 ID:qN0cWpUL
「おまたせ〜ってあれ?」
ひよりが部屋に戻ってくると、何故か部屋の中にいたのはみなみだけだった。
「みなみちゃん、シン先輩は?」
「お手洗いに行ってる……後、泉さんの家に『帰るのが遅くなる』って電話をしてくるって……」
「なるほど〜(チャ〜ンス!!)」
邪魔者が居ないと知ったひよりは自分の願望を達成するべく、急いで計画を実行に移した。
「ところでみなみちゃん。変わったジュースがあるんスけど、飲んでみない?」
「変わった…?」
「うん。私のお兄ちゃんが買ってきたんだけどね」
トクトクトク…
そう言いながらひよりは、新しく用意したコップにそれを注ぐ。すると瓶の中からは透き通った蒼色の液体が流れ出てきた。
「綺麗な色……」
「そ、そうッスね(なんでこんな色なんスか!?)」
みなみはそのある種、幻想的とも言える色に素直に感動したが、ひよりはありえないお酒の色に冷や汗を流す。
「ほ、本当は外国で売ってるジュースなんスよ。決して怪しい物じゃないッスよ!」
「へぇ……田村さんは、飲まないの?」
「わ、私は先に下で飲んできたッスから…ささ、遠慮せずに!!」
「そう……なら、頂きます」
自ら怪しくないと言っている時点で怪しさ大爆発なのだが、人を疑うことを知らないみなみは疑問に思うこともなくコップを手に取り、そのままゆっくりと口元に持っていく。
「……(コクンッ)」
(いぃぃやっっったぁぁぁぁぁぁっっ!!!!)
みなみがお酒を飲み込んだのを確認したひよりは、まるで何処かの盟主王のごとく心の中でガッツポーズをとった。
「…………」
1口飲み終えたみなみは、ぽーっと何もないはずの正面の壁を見つめていた。
その頬は桜色に染まり、瞳のほうも僅かに潤んでいる。……はっきり言って、同姓のひよりから見ても色っぽい表情だった。
「ど、どうッスか、味のほうは?」
「…………」
「あの…みなみちゃん?」
「…………」
「もしも〜し?」
何を言っても反応がないみなみの様子を不審に思ったひよりは、彼女の目の前で手の平を左右に振る。


806 :みなシン:2008/07/21(月) 16:45:47 ID:qN0cWpUL
「……たむらさん」
するといきなりみなみがこちらを向いて話しかけてきた。しかも、話し方が微妙に片言になっている。
「は、はい!?」
そんなみなみに驚きながらも何とか返事をするひより。
「これ……おいしい」
「そ、そうッスか?」
「おいしい」
そう言いながら再びコップに口を付けるみなみ。その様子を見ながらひよりは首を傾げる。
(あっれ〜、もしかしてもう酔ってる?)
いくらなんでも早すぎるのではないか?
実はこの時、ひよりにとって想定外の事態が2つ起こっていた。
1つ目は、みなみがある程度酔いやすい体質であること。しかしこれは、今まで酒を1回も飲んだことがないことを考えれると当然とも言える。問題は2つ目だ。
2つ目は、ひよりの兄が買ってきたという酒が特殊な物だったということ。味はまるでジュースのように甘く、酒が苦手な人でも楽に飲むことができる。
その反面アルコール度数が普通のビールなどと比べると半端なく高いため、アルコールに弱い人間が飲むものなら1口目で泥酔状態になってもおかしくないほどの一品だった。
(う〜〜ん?)
そんな事とは知らず必死に頭を捻るひより。
「おかわり……」
トクトクトク…
そんなひよりの目の前で、みなみは2杯目の酒を注ぎ始めていた。
「って!?ちょ、ちょっとタンマ!!」
「?」
慌てて止めに入るひより。確かに普段見られないみなみの様子を見たいとは思っていたが、こんな少量でこの状態になるのは異常だと判断したからだ。
「み、みなみちゃん。あんまり、飲みすぎないほうがいいかと」
「なぜ?」
「な、何故って」
実はお酒だったから、なんて口が裂けても言えない。
「こんなにおいしいのに…」
コクコクコクッ
そう言いながら2杯目を一気に飲み干すみなみ。
「あ、あ〜〜〜!?」
「ぷは〜〜♪」
もはやすでにキャラクターが変わってきているみなみの様子にひよりは半分涙目になる。
ガチャッ!!
「悪い。電話が遅くなっちまって…って、なんだこの臭い!!酒か!?」
そんなひよりに追い討ちをかけるかのように戻ってくるシン。
「あ〜!!しんさ〜〜ん♪」
「み、みなみ!!??」
ドンガラガッシャーン!!
シンの姿を見つけたとたん、突撃するように彼の胸に飛び込んでいったみなみを見つめがら、ひよりは自らが犯した過ちを悔い改めるかのように、頭を抱えていた。
そして話は冒頭に戻る……


807 :みなシン:2008/07/21(月) 16:46:48 ID:qN0cWpUL
「………と、言うわけッス」
「………なるほど」
数分後……ひよりは、ある程度落ち着きを取り戻したシンの目の前で正座をさせられ、何故こんなことになったのかを事細かに説明させられていた。
「し〜ん〜さ〜ん♪」
ちなみにみなみは先ほどから上機嫌に、シンの右頬に自分の頬をスリスリと摺り寄せている。
「ひより…いったい…」
「………」
   「〜〜〜♪」
一瞬の静寂……
「何考えてるんだ、アンタって人はっ!!!!」
「ごめんなさい〜!!」
直後、迫力のあるシンの怒号がひよりの部屋を振るわせた。
「で、でもこんなに強いお酒だなんて知らなくて…」
   「うふふふ、しんさ〜ん♪」
「そういう問題じゃないだろう!!」
   「しんさん…?」
「ひぃ〜!」
こんなことになるのなら悪戯なんかしなければ良かった…と、後悔するひより。
しかし、時は戻らない。悪戯をして良いのは、怒られる覚悟がある者だけなのだ。
「大体、アンタはいっつも…!」
さらに何か言おうとシンが口を開いたその時、
「しんさん!!」
ボキッ!!
「グハッ!?」
自分が話しかけてもいっこうに構ってくれない事に業を煮やしたみなみが、強制的にシンの顔を自分の方へ向けさせた。
……何か硬いものが折れるような音がしたが大丈夫だろうか?


808 :みなシン:2008/07/21(月) 16:47:46 ID:qN0cWpUL
「み、みなみ……オレ、今ひよりと大事な話をしてるんだけど…」
涙目になりながらみなみに話しかけるシン。
「だめ」
しかし彼の願いは、頬を膨らましたみなみの一言で却下された。
「しんさんがみていいのは、わたしだけです!」
(それなんてガンダム史上最大のバカップル?)
まるでどこかのニュータイプのような言葉を言い始めたみなみに、ひよりがつっこみを入れようとしたのだが。
「だから〜」
「な、何を!?――」
「んっ」
ぶちゅーー
まるでそんな擬音が聞こえてくるような熱い口付けをするみなみ。いきなり目の前で繰り広げられた情事を、ひよりは呆然とした様子で見つめる。
「ん!むーむー!?」
慌てて離れようとするシンだったが、みなみの腕が彼の顔をガッチリと押さえ込んでいるため身動きが取れない。
「……はっ」
数秒後、我を取り戻したひよりは徐に立ち上がると、シン達に向かってこう呟いた。
「そ、それじゃあ……邪魔者は退散するッスね」
「んむ!?」
「朝になったら帰ってきますんで、御2人ともごゆっくり〜」
「むー、んむむー!?」
背後から感じる視線を追い払うかのように、ひよりはそそくさと部屋を後にした…
バタンッ
「ぷはっ」
そしてさら数十秒後…ようやくみなみが長い口付けを終えると、瞳を潤ませながらシンの顔を見つめる。
(うっ!?)
みなみの突然の行動と今まで見たことないような艶やかな表情に、シンは冷静な判断ができなくなる。
「しんさん…」
「な、何だ?」
「わたしのこと……すき、ですか?」
「なっ!?」
「すき、ですか?」
頭がパンク寸前にまで追い込まれているシンに、重ねて尋ねるみなみ。
「好き…だよ」
何とか言葉を紡ぎ出したシンの答えを聞くと、みなみは幸せに微笑み…
「うれしい♪」
再びシンの唇を奪うべくに彼に迫った。
「ちょ、ちょっと待ったみなみ!?これ以上は!!!」
「し〜〜〜んさ〜〜〜ん♪♪♪」
「アッーーーーーーー!!!!!」

(全年齢板の壁にぶち当たりました。不可能を可能にしたければ『らき☆えろ、らき☆えろ』と――)


809 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/21(月) 16:49:08 ID:qN0cWpUL
おまけ
「アッーーーーーーー!!!!!」
自分の家から聞こえてくる断末魔のような叫びを聞いて、玄関に座り込んでいたひよりはため息をついた。
「ワタシタチハドウシテ…コンナトコロヘキテシマッタンダロウ…」
何となく口にした言葉に答える者は誰もいない。真夏のはずなのに、肌に感じる夜風は妙に寒かった。
「あっもしもし、こうちゃん先輩?ちょっと今日、泊めさせてほしいんスけど…」
とりあえず今日の寝床を確保するべくひよりは立ち上がり、暗い夜道の中を1人歩き始めた…

END



おまけのおまけ
翌日、昨夜自分が起こした行為を思い出したみなみが恥ずかしさのあまり自室に閉じこもってしまったり、事の真相を知り怒ったゆたかが、数日間にわたりひよりと口を利かなくなったりする話があるのだが…それはまた次の機会で。

今度こそホントにEND

810 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/21(月) 17:58:42 ID:+/klSVFD
>>809
GJ!!みなみがもの凄く可愛いw

811 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/21(月) 21:43:00 ID:5N5+vu8y
(=ω=.)「シン〜」
( ゚Д゚)「なんだよこなた」
ttp://nicovideo.jp/watch/nm4025107/login
(=ω=.)「なにとは言わないけど君も好きだねぇ」
(;゚Д゚)「お、俺は何にも知らないぞ!!」 
みさお「シンも私の良さがやっとわかってきたか」

812 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/21(月) 22:08:07 ID:JVoei7Bc
>>809
だめだ、みなみに萌えるよりひよりんが可哀相になってきた……なんかひよりんネタ考えようかな


813 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/21(月) 23:47:56 ID:/rIGxOf9
だれかいのり姉さんのフラグ立ててやってくだしぃ……

814 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/21(月) 23:49:44 ID:JW+ryFoU
このスレを見ている人にラミアスレを見ている人がいるのはきっとひよりんがry

815 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/21(月) 23:53:03 ID:+/klSVFD
>>813
まつりさんも忘れるなよw

816 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/22(火) 00:02:36 ID:QeiyymJP
これ以上、姉妹を争わせないでくれ!!w

817 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/22(火) 00:25:59 ID:0DCDHNS1
姉妹話を切って投下


かきかきかき
シン「なあ〜ひより、まだ――」
ひより「シン先輩、動かないでもらえますか?」
シン「わ、悪い……」


ひより「いや〜、先輩のお陰ではかどりました!
感謝してるっス!」
シン「いやいや、でもあれだな。
絵かいてる時のひよりっていつもと違うよなー」
ひより「うっ!いつもよりヒドいっスか?」
シン「いや何ていうか何時にもまして真剣というか……」
ひより「そ、それは〜せっかく見てもらうんですから、良い物を提供しないといけませんから
ってカッコつけすぎっスね」
シン「いや、立派だと思うぞ」
ひより「……せ、先輩!わたしとフラグ建てても仕方ないっスよ〜!」
シン「ん?そうか?
今のお前ならフラグ建ててもオレは惜しくないぞ」
ひより「え?」
シン「まあ、なんだ……今のお前は腐女子じゃなくて……その……普通の女の子だぞ………」
ひより「……せ、先輩………」
シン「そんな目で見るなよ。言ったこっちが恥ずかしいだろ………」
ひより「あはは、なんっスか、それー?
……先輩、並んで歩いていいですか?」
シン「ああ」



ひよりんが乙女すぎる?たまには、ってことで勘弁してあげてください!


818 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/22(火) 01:01:59 ID:f0ZQUxD0
…あれ?ひょっとして俺、姉妹話を蒸し返そうとしてる?


シン「ふう…今日も暑いな。大丈夫かいひかげちゃん、もし辛くなったらすぐ言ってくれよ」
ひかげ「そんな大袈裟な……それに暑いのは、そうやってあなたが
    私にベタベタと引っ付いて来るからじゃない!」
シン「ははは、参ったな。俺としては、もし何かあった時に
   すぐひかげちゃんを助けられるようにって思ってのことだったんだが…」
ひかげ「もおーっ!いい加減にしてってば!私、そこまで心配して貰う程子供じゃないもん!」
シン「む、それもそうか。ひかげちゃんは一人前の立派な女の子だもんな。
   寧ろひなたさんの浪費癖の方がヘタな子供よりもよっぽど性質が悪いしな…」
ひかげ「だから!そんな風にお姉ちゃんの悪口は言わないでよ!!……あ」
シン「うん?」

ひかげの視線の先にあるアイスクリーム屋を発見するシン

ひかげ「………(ごくり)」
シン「(ははぁ、さてはひかげちゃん)
   あー。何だか俺、急にアイスが食いたくなっちまったな!
   こんな暑さだし、冷たくて甘いアイスクリームが食べたくなっても仕方がないよなぁ!」
ひかげ「う…!」
シン「きっと美味いだろうなぁ。ここでキンキンに冷えたアイスを食ったりしたら
   こんな炎天下なんてパーッと吹っ飛んじまうに違いないよな!」
ひかげ「うぐぐぐ……ふ、ふん!ばっ、バカみたい!子供みたいにはしゃいじゃって!
    そんなにアイスが食べたいなら一人で食べに行けばいいじゃない!
    わ、私は別に、そんなの欲しく無いし…こんな所で無駄遣いする訳にだっていかないし…」
シン「そうだな、ひかげちゃんの言う通りだ。
   俺、どうしてもアイスを食いたくなっちまって我慢できないよ。
   だからひかげちゃんの言葉通り、今からひとっ走り行って買って来る。
   悪いんだけど、ちょっとそこで待っててくれな」
ひかげ「え…あ、ちょ、ちょっと待ってってば!……も、もうっ!一体何なのよぉーっ!」

819 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/22(火) 01:02:51 ID:f0ZQUxD0
そして数分後。

シン「ただいま。待ったかい、ひかげちゃん?」
ひかげ「……別に待ってない。待ってる間、何度もあなたを置いて先に行っちゃおうとは思ったけど」
シン「そうか」
ひかげ「…で、どうしてお兄さんは二つもアイスを持ってるんですか。
    まさか一人で全部それを食べちゃうつもりとか?」
シン「あれ?おかしいな、確かに俺は一人分を頼んだつもりだったんだけど…店の人が間違えたのかな?
   幾ら何でも、俺一人でアイス二個は多過ぎるし。
   あーあ、このままじゃ溶けちまうよ。
   勿体無いなぁ、誰かこの余ったアイスを食ってくれる奴とかいないかなー」
ひかげ「むううぅぅぅ〜っ…!」
シン「だからどうだいひかげちゃん、もし君さえ良かったら…」
ひかげ「もうっ!幾らそんな風にまどろっこしい言い方をしたって
    これじゃあ結局、私がアイスを催促したのと変わらないじゃないのよ!」
シン「ひかげちゃん」
ひかげ「…いただきます。本当は私、すっごくアイス食べたかったんだもん…
    だから、その……あ、ありがとう…」
シン「ふふ、どういたしまして。ほらひかげちゃん、遠慮せずにたんと召し上がれ」
ひかげ「……はぁ〜あ、ほんと、お姉ちゃんのことさえなければ
    カッコ良くて優しいお兄さんに見えるんだけどなぁ…
    でも騙されないもん、これだって私を懐柔してお姉ちゃんに近付く作戦に決まってるんだから…」
シン「(マユもこんな風に意地を張ったりする時があったよな。
    何だか懐かしいな。こうしてマユのことを思い出すのも久しぶりな気がする。
    …ただ甘いだけかと思ったが、このアイス…ちょっと苦い味もするかな)」

820 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/22(火) 01:16:37 ID:QYvkKBbE
>>817
いやいや、乙女ひよりんも悪くないよw

>>819
シンはやっぱりシスコンだなw


821 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/22(火) 01:38:04 ID:0DCDHNS1
>>819
ひかげちゃんの呼び方が変わって来たなwwこれはニヤける


822 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/22(火) 06:29:11 ID:DnZOMTf1
>>760
>>763
かなり遅くなったけどありがとうございます!

823 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/22(火) 06:46:10 ID:EnfrDWjz
フラグゲッターは難しい……フラグ成立済みなら書きやすいんだけど

824 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/22(火) 07:05:46 ID:MRIaRgf3
                  _,. ----- 、
              ,.. -:'ノ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`` 、
            /.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
             ,:':.:.:/. :!:.:.:.:.:.:.:.:.:.: :.:.:.:.:.: ヽ:. :.:ヽ
           /: :.:.:.ヽ、ヽ:.:.:.:.:.:.. :. :.: :.:. ヽ:. :.:',
            /: : : :.:.:.:./ !:.:.ヽ:..  . :. :.:.:. :', :.:.:.!
         i:.:. : .:.:.:.:/ ',:.',:.', \:..:.:..:.. :.:.:.:.:.:',:.:.:.|
         |:.:.:. ..:.:.:/--、 ', ', ',  __'、:.:.:...:.:.:.:.:.:!:.:.:!
           !:|:.:.:.:./,r=、、 ヽヽ`' ,r=、、'、::.:.:|i:.:.}:./
            ヾ、!:.i:i、ト::く:}゙    _ト:く:},, |:.:.:.!∨ソ
           |``! ` ̄   ;    ̄´ /,ィ:.:|イ/だから負け犬と言われるの
           !:.:.:.ゝ   丶      /' /レ':.:!|
           /|:.:.:.:.\  ー_-     /!/ !:.:|:!
            / ! :.!:|ヾ:.iヽ   ,._ '´='イ.:i/.:.:!ヽ
            ヽ:|ヽ !|:::::|lT´'´::::::/::|レ'ノバ
             ヽ___!_::|i !/!_::::::::::::!∠.._
       _,.. -― ''''"´:;:;:;:;:;:;:;`!! !´i/_::::ノ'::;:;:;:;:`丶、
     r'´:;:;:;:;:;:, -―i:;:;:;:;:;:;:;:;/ー{''"´:;:;:;:;:;:;:;_:;:;:;:;:;:`` ー- 、
     |:;:;:;:,/:::::::::::::|:;:;:;:;:/::::::::::ヽ:;:;:;:;:;:;:;:/::::::::`丶、:;:;:;:;:;:;:;:.`ヽ
     |:;:;/:::::::::::i::::::::!;:イ::::::::::::::::::::::ヽ:;:;:;:;/:::::::::::::::::::::ヽ:;:;:;:;:;:;:;:;:|
    |:;:|::::::::::{::|/;:;:;/:::::::::::::::::::::::::::::ヽ/:::::::::::::::::::::イ::::|:;:;:;:;:;:;:;:|
    |;:;i:::::::::::!イ:;:;:;:/::::::::::::::::::::::::::::::/ ̄ ̄ ̄/::::::::|i::::::i:;:;:;:;:;r‐!
    !;:|:::::::::/::|:;:;:;:i::::::::::::::::::::::::::::::/___/::::::::::|:|::::::l:;:;:;/ 1:!
     !:;|:::::::::i::::|:;:;:;:!:::::::::::::::::::::::::::::i___/::::::::::::!::!::::::ヽ;:{ ´|:|

825 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/22(火) 07:45:30 ID:foVjdjBI
>>809
じーじぇー!!!酔っ払ったみなみ、可愛いよw
そして、ヒヨライガー自重wwww

>>817
乙女ひよりんwwこのままがんばれば、ベスト3入りも夢じゃないかも…

>>819
GJ!!柊姉妹を喰っちまいそうな感じだなww



そういえば、前にみんなが酔っ払ったらどういう酔い方をするかっていう話が出てたな。
なんとなく、シンは酒に強いイメージがある…

826 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/22(火) 08:43:06 ID:QYvkKBbE
>>825
自分のイメージとしては…

シン・強い
こなた・強い
かがみ・弱い
つかさ・弱い
みゆき・強い

こんなもんかな。
まあ、酒なんか飲んでたらゆいねーさんにメチャクチャ説教されそうだが…

827 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/22(火) 10:41:40 ID:0DCDHNS1
ゆい姉さんは柊姉妹、ゆたか、こなたを飲みに
誘う、びっくり警察官だから大丈夫だろww

828 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/22(火) 13:27:00 ID:anQPPEjh
シンはコーディネーターってところを見ると酒を飲んでも一切酔わない気がする

だがツンデレってところを考慮するとデレデレになりそうな気が(ry

829 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/22(火) 13:30:21 ID:Psgiwv48
>>825
個人的には

シン・強い.けどピークになるとすぐ寝る.
こなた・実はそんなに強くない.
かがみ・家が家だからあまり飲まないけど強い.
つかさ・弱い.
みゆき・エロイ.
ゆたか・ドクターストップ.

見たいな感じ.
とりあえずこなたは弱くないのに酔った振りしてシンにもたれかかり,
「酔っちゃったかも・・・」
とか言ってそうなイメージがある.

830 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/22(火) 15:36:33 ID:hh5vb6WG
>>823
フラグゲッターがブラックゲッターに見えたオレ石川信者。

831 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/22(火) 15:38:40 ID:3zc+PMoS
>>825
もしシンの酔い方が>>809のみなみと同じだったとすると…

みなみ「しんさん…わたしのこと、すきですか?」
シン「もちろんだよ///」
みなみ「うれしい♪」
チュッ!
シン「おれのことすきか?みなみ」
みなみ「だいすきです///」
シン「ありがとう♪」
チュッチュッ!!
みなみ「しんさん…わたしのことs(以下、無限ループ…

(〓ω〓#)「どぅあぁれだぁあぁぁあ!!!2人に酒を飲ませたのわぁああああ!!??」
ひより「ゴメンナサイ、ゴメンナサイ、ゴメンナサイ、ゴメンクサイ…」
こう「てか少しは懲りようよ、ひよりん……」


こんな感じですかね?
みなシン氏、すんません

832 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/22(火) 17:02:53 ID:0DCDHNS1
そう。お互い酔ってたら楽しいんだけどね……お互いが………

833 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/22(火) 17:39:25 ID:IL7+6q8Q
かなり出遅れた感があるけども、みさお誕生日おめでとうということで


―始業前、陵桜学園3年教室前の廊下

みさお「ウサ目〜」
シン「何だみさおか、どうした?」
みさお「どうしたじゃねえよ〜、こないだはウチの誕生日だったってのに何にもしてくれなかったじゃんか〜」
シン「いや別に忘れてたわけじゃないんだがな、何かバタバタしちゃってな・・・本当だぞ」
みさお「じゃあ今日ご飯奢ってくれ〜」
シン「何でそうなる!?」
みさお「誕生日プレゼントってことにしとくからさ〜、いいだろ〜」
シン「まあいいけど・・・それで?何食いたいんだ?」
みさお「うなぎ」
シン「ハァ?」
みさお「うなぎったらうなぎ!もうすぐ土用だし、ちょうどいいじゃん!」
シン「土用?」
みwiki「土用というのは江戸時代平賀源内が・・・(ry」
シン「何か言ったか?」
みさお「うんにゃ何にも〜」
シン「幻聴かな・・・、それにしてもこの世界の人達は変なことをするんだな」
みさお「うなぎ〜」ダキツキッ
シン「分かった、分かったから抱きつくな暑苦しい!」
みさお「じゃあうなぎ食べさせてくれるか〜?」
シン「ああ、でも店で食うのは金がかかるから俺ん家で食わせてやる。丁度今日は御呼ばれやら何やらで、皆外で食べて帰るって言ってたしな」
みさお「私はうなぎさえ食べられれヴぁどこでもいいよ〜(ラッキー♪)」
シン「なら学校がひけたら家に来い、こなたの家は分かるよな?」
みさお「おう、チビっ子の家は知ってるぜ〜」
シン「じゃあ決まりだな」
みさお「楽しみにしてるぜぇ〜(ウサ目が作ってくれるなんてな〜、ヒィらぎやチビっ子には黙ってないと)」

―終業後、泉家前

みさお「ウサ目〜、おじゃまするぜぇ〜」
シン「おう来たか、もうできてるぞ」
みさお「さすがウサ目!愛してるぞ〜!」
シン「俺もだ、って何を言わせるんだ!」
みさお「いいからいいから、じゃあいただきまぁ〜・・・」
シン「どうした?食わないのか?」
みさお「何だこれ?」
シン「何って白焼きに決まってるだろ?酒のつまみには丁度いいんだぜ?」
みさお「ちがーうっ!私が食べたかったのはカバ焼きであって、こんなのうなぎじゃないーっ!」
シン「なんてこと言うんだ!カバ焼きなんか胸焼けするだけじゃないか!これが本当のうなぎだ!嫌なら食わなくていい!!」
みさお「うわ〜ん、カバ焼〜」
シン「泣いたって・・・」
みさお←泣きはらした顔でシンを見つめる
シン「チッ・・・泣く子と教祖達には勝てない、か。分かった、まだ残ってるからカバ焼きも作ってやるよ!だからもう泣き止めよな」
みさお「うん・・・」

834 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/22(火) 17:40:28 ID:IL7+6q8Q
―十数分後

シン「できたぞ〜」
みさお「おお、この匂いこの脂これこそまさにうなぎだぜ〜っ!さすがウサ目!愛してるぞ!」
シン「ああ俺もだ、ってさっきから何を言わせるんだ!」
みさお「いいからいいから、では改めていただきま〜す(はぁと」
シン「ったく・・・どうだ?」
みさお「うまい!お世辞じゃなくうまいぜ〜、この分ならウサ目はいい奥さんになれるな!」
シン「ほ、ほめたってもう何も出ないからな!それに奥さんってなんだ!」
みさお「あ、照れたのか〜?いくらウサ目はウチんだからってそんなに照れんなよ〜///」
シン「アンタって人はーーっ!」
みさお「照れるな照れるな〜」
シン「全く!みさおは全く!いいから早く食え!」

―食後

みさお「あ〜うまかった、ごちそうさま〜」
シン「おそまつでした」
みさお「でもウサ目、今日は無理言ってごめんな〜」
シン「気にするなよ、こっちこそ誕生日当日に何もしなくてごめんな」
みさお「でも、今日こうして手料理ゴチソーしてくれたじゃん。普通はそんなことしないぜ〜」
シン「そ、それは他のプレゼントよりこっちの方が安上がりと思ったからで・・・べ、別に他意はないんだからな!」
みさお「と、とにかく今日はありがとな!」
シン「喜んでもらえたなら何よりだ」ガチャガチャ←食器を片付けている
みさお「あ、ウサ目!唇にご飯粒ついてるぞ」
シン「何?ど・・・?」

ちゅっ〜〜

みさお「へへ〜///こ、これはほんのお、お礼だかんな///」
シン「アンタって人はーーーっ!!///」
みさお「そう照れるなよ〜、・・・それともやっぱ迷惑だったか?」
シン「う・・・・迷惑なんかじゃ、ないけど」
みさお「だったらいいじゃん♪ウサ目〜愛してるずぇ〜♪」
シン「ああ、俺もだ・・・って何度言わせる気だーーっ!」




その後シンは帰ってきたこなた達に流しに置いてある二人分の食器を発見され、色々詰問されるのだか・・・
それはまた別の話である。




誕生日ネタのハズが訳の分からんことになってしまったorz
シンの嗜好は俺の好みを反映させました。相変わらずお目汚しですが生温い目で見ていただけると(ry
ところで人様のネタって勝手に書いてもいいんですかね?785氏のとか



835 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/22(火) 18:08:46 ID:yKb3mHaq
ひかげ「ああ、もうバーゲン時期のデパートってなんでこう混むのかな。
    ってお姉ちゃん、どこ。おねえちゃーん………。
    嘘、はぐれちゃった………」

ひかげ「どこー、お姉ちゃん。お姉ちゃーん。あっ(どん)
    痛たたた…」

すっ←手が差し伸べられた


シン「どうだい、歩けるかい?」
ひかげ「え、あんた…なんでここに」
シン「君のお姉さんのひなたさんに頼まれて、キミを探しにきたお兄さんさ。
   あいにく運命は故障中でね」
ひかげ「お姉ちゃんに!?」

836 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/22(火) 19:10:50 ID:+/CHYyls
>>814
しかしスパロボZでシンと競演するのはあやのさんという罠

837 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/22(火) 19:20:45 ID:feacKb5I
>>834
GJ! 面倒見良いな。やはり妹補正か?w
人のネタをどんどんつなげて昇華させるのがネタスレの醍醐味だし、大丈夫でしょ

838 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/22(火) 19:37:54 ID:foVjdjBI
>>831
ちょ、ひよりんまったく反省してねぇwww

>>833
みさおの泣き顔って、原作でかがみに冷たくされた時にしてた小動物チックな顔しか思いつかない

839 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/22(火) 22:28:01 ID:QYvkKBbE
かなたさんが生きてた場合のシミュ


こなた「んじゃ、行ってくるね〜」
シン「では、行ってきます」

そうじろう「…………………………(スタスタスタスタ)」
かなた「そうくん、何処へ行こうとするの?」
そうじろう「し、心配だから……つ、ついて行こうと……」
かなた「駄目です」
そうじろう「な、何か間違いがあったらどうするんだ!!」
かなた「間違いとは?」
そうじろう「デートの帰りにホテルでも寄るかもしれないじゃないか!!」
かなた「絶対にないから心配しないでください。
    そもそも、シン君にそんな甲斐性があればこなたは子供を作っています」
そうじろう「い、いや……しかし……」
かなた「そうくん、シン君を信じられないの?」
そうじろう「彼は信じている……
      寧ろ、こなたのことを任せてもいいと思う……
      ま、万が一の事もあるから……やっぱり、ついて行く事に……」
かなた「そ・う・く・ん(ニッコリ)」
そうじろう「は、はひ……」
かなた「二人を信じて待つか……
    それとも、私の麒麟・極もしくはツインバスターライフルの直撃を喰らうか……
    どちらがいいですか(ニッコリ)」
そうじろう「信じて待ちます……」
かなた「よろしい」

結局、二人には何もなかった。
それを聞いたそうじろうは喜び、かなたは舌打ちしたそうな……

840 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/22(火) 22:34:52 ID:0DCDHNS1
>>829を見て思い付いた

こなた「おっとと、ふらついて来た〜」
シン「おいおい、もう酔ったのかよ?
そんなに弱いなら飲むなよ」
こなた「へへ、いいじゃん、いいじゃん♪(すっかり騙されてるね、シン)」

ぴた(こなたがシンにもたれかかる)

シン「こ、こなた!?」
こなた「いや〜、もう真っ直ぐ座れないし〜
どうせ、明日になったらわたし忘れてるし〜」
シン「そうなのか?」
こなた「そう、朝になったら記憶飛ぶ人なのだよ〜♪」
シン「そうか………じゃあ」


こなた「………(ち、ちょっと!シン!まさかキスして来るなんて///)」
シン「忘れるんだったらいいよな?」
こなた「(これ、明日には忘れたフリをしとかないと……。
というより今恥ずかしくて、シンの顔見れないよ〜///
こうなったら……)」
シン「こなた?」
こなた「ぐーぐー」
シン「なんだよ?酔いつぶれか?
仕方ない部屋まで運ぶか………」
こなた「(酔いつぶれた相手にしかキスしないシンの意気地無し………恥ずかしくなって寝たフりする私の意気地無し………)」



841 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/22(火) 23:28:14 ID:KccADtW3
>>840
つまり、シンは酔っ払うと

 キ ス 魔

になるということか・・・
でもきっと覚えていないんだろうなぁ・・・
酔っ払うと外見変化ないけど中身が変わるタイプか・・・

842 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/23(水) 00:13:02 ID:ih1BNZwL
じゃあ、よっぱらったシンを女装させて、その前に白石を置いていこう。

843 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/23(水) 00:44:04 ID:5ZzH+kdB
>>839
ツインバスターライフルって、かなたさんはウィングゼロかよwww

844 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/23(水) 00:48:12 ID:67zlWTUL
そうなるとかなたさんも、そうじろうさんのバスターランチャーみたいに物干し竿の二刀流を振り回すのか……

845 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/23(水) 01:36:09 ID:KxEQ6FJR
>>839
かなたはそうじろうをだます為にシンに甲斐性がないと言ったのか、
本当に甲斐性がないと思っていたのか
後者ならシンへたれすぎるwwww

>>840
なんと都合のいい酔っ払いw
シンも酔ってるなww

846 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/23(水) 02:40:06 ID:ys4Lo6RK
                  _,. ----- 、
              ,.. -:'ノ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`` 、
            /.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
             ,:':.:.:/. :!:.:.:.:.:.:.:.:.:.: :.:.:.:.:.: ヽ:. :.:ヽ
           /: :.:.:.ヽ、ヽ:.:.:.:.:.:.. :. :.: :.:. ヽ:. :.:',
            /: : : :.:.:.:./ !:.:.ヽ:..  . :. :.:.:. :', :.:.:.!
         i:.:. : .:.:.:.:/ ',:.',:.', \:..:.:..:.. :.:.:.:.:.:',:.:.:.|
         |:.:.:. ..:.:.:/--、 ', ', ',  __'、:.:.:...:.:.:.:.:.:!:.:.:!
           !:|:.:.:.:./,r=、、 ヽヽ`' ,r=、、'、::.:.:|i:.:.}:./
            ヾ、!:.i:i、ト::く:}゙    _ト:く:},, |:.:.:.!∨ソ
           |``! ` ̄   ;    ̄´ /,ィ:.:|イ/だから負け犬と言われるの
           !:.:.:.ゝ   丶      /' /レ':.:!|
           /|:.:.:.:.\  ー_-     /!/ !:.:|:!
            / ! :.!:|ヾ:.iヽ   ,._ '´='イ.:i/.:.:!ヽ
            ヽ:|ヽ !|:::::|lT´'´::::::/::|レ'ノバ
             ヽ___!_::|i !/!_::::::::::::!∠.._
       _,.. -― ''''"´:;:;:;:;:;:;:;`!! !´i/_::::ノ'::;:;:;:;:`丶、
     r'´:;:;:;:;:;:, -―i:;:;:;:;:;:;:;:;/ー{''"´:;:;:;:;:;:;:;_:;:;:;:;:;:`` ー- 、
     |:;:;:;:,/:::::::::::::|:;:;:;:;:/::::::::::ヽ:;:;:;:;:;:;:;:/::::::::`丶、:;:;:;:;:;:;:;:.`ヽ
     |:;:;/:::::::::::i::::::::!;:イ::::::::::::::::::::::ヽ:;:;:;:;/:::::::::::::::::::::ヽ:;:;:;:;:;:;:;:;:|
    |:;:|::::::::::{::|/;:;:;/:::::::::::::::::::::::::::::ヽ/:::::::::::::::::::::イ::::|:;:;:;:;:;:;:;:|
    |;:;i:::::::::::!イ:;:;:;:/::::::::::::::::::::::::::::::/ ̄ ̄ ̄/::::::::|i::::::i:;:;:;:;:;r‐!
    !;:|:::::::::/::|:;:;:;:i::::::::::::::::::::::::::::::/___/::::::::::|:|::::::l:;:;:;/ 1:!
     !:;|:::::::::i::::|:;:;:;:!:::::::::::::::::::::::::::::i___/::::::::::::!::!::::::ヽ;:{ ´|:|

847 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/23(水) 03:29:56 ID:ifBwHwZr
>>835
最近妙に鬱フラグブレイカーがあらわれるな。

848 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/23(水) 16:28:27 ID:w+G2wzOu
プールに花火に海と夏はネタが豊富だな

849 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/23(水) 17:53:35 ID:67zlWTUL
(=ω=.)「ふっふっふっ、イベントよりどりみどり」
(゚Д゜)「何でもいいから宿題しろ」


850 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/23(水) 20:09:35 ID:qTexvsMz
かがみ「自重しろ、3年生だろ」

851 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/23(水) 21:38:05 ID:w+G2wzOu
ここって、水曜も人いないな

852 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/23(水) 21:51:54 ID:t8hq6RAv
ここのSSマジでキモいよ

853 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/23(水) 22:19:06 ID:fIEnx/9a
>>851
世間の学生はテスト期間真っ最中、だと思う。大学生とか

854 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/23(水) 22:24:05 ID:KxEQ6FJR
単位を取るかSSを書くか、それが問題だ

それを葛藤してどっちも進まないと言う悪循環が(ry

855 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/23(水) 22:33:54 ID:Ivcsqyv7
海……つまり、水着か

みなみ「……(ぺたぺた)」←みゆきを見る

みゆき(ぽよんぽよん)

みなみ「……(ズーン)」
ゆたか「だ、大丈夫だよ!わたし達も、きっとまだまだ成長するから…」
(〓ω〓.)「病まない病まない、貧乳はステータスだよ?」

( ゚Д゚)「なんなら、俺が大きくするの手伝って――」
かがみ「フンモッフ!!!」



856 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/23(水) 23:00:51 ID:5ZzH+kdB
>>853
大学生だが、もう夏休みで暇な俺がいるw

857 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/23(水) 23:30:20 ID:67zlWTUL
>>854
あれ?俺いつ書き込んだろ?

858 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/23(水) 23:39:39 ID:kSX+riA5
シン「・・・・・」
こなた「どうしたの?ニコニコ動画みて?」
シン「いや、あまりにもこの主人公が不遇でな・・・・」
ttp://www.nicovideo.jp/watch/sm4034824

859 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/23(水) 23:46:44 ID:w+G2wzOu
結構大学生いるね
そんな自分も今日夏休みに突入した大学生w

860 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/23(水) 23:48:37 ID:hq/6Tlfg
大学生は大がくせえ

861 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/24(木) 01:17:24 ID:CSL9V+W3
なぜ、テストや課題提出前にこそネタが出るんだろうか
我慢して全て終わらせたころにはネタが消えているんだろうか

あと、寝る前なんかもネタが出まくるのに起きたら全部忘れるのは何でなんだろうか

862 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/24(木) 01:27:12 ID:mRa092jR
>なぜ、テストや課題提出前

ひより「退避エネルギーが働いてるからっス!」

>あと、寝る前なんかもネタ

ひより「それは寝る時にしか妖精が降りて来ないからっス!」

何故、そんなことがわかるのか?

ひより「自分がそうだからっス(泣)!!」


863 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/24(木) 03:18:50 ID:NKYbBf46
アスカ「〜〜〜〜♪(キラッ)」
白石「うわー、ここでアスカちゃんの星間飛行が見られるとは!!」


かがみ「あいつ何やってんだろう」
こなた「うん、最近練習してたよ。あれ」

864 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/24(木) 05:18:42 ID:ja7ajtdo
                  _,. ----- 、
              ,.. -:'ノ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`` 、
            /.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
             ,:':.:.:/. :!:.:.:.:.:.:.:.:.:.: :.:.:.:.:.: ヽ:. :.:ヽ
           /: :.:.:.ヽ、ヽ:.:.:.:.:.:.. :. :.: :.:. ヽ:. :.:',
            /: : : :.:.:.:./ !:.:.ヽ:..  . :. :.:.:. :', :.:.:.!
         i:.:. : .:.:.:.:/ ',:.',:.', \:..:.:..:.. :.:.:.:.:.:',:.:.:.|
         |:.:.:. ..:.:.:/--、 ', ', ',  __'、:.:.:...:.:.:.:.:.:!:.:.:!
           !:|:.:.:.:./,r=、、 ヽヽ`' ,r=、、'、::.:.:|i:.:.}:./
            ヾ、!:.i:i、ト::く:}゙    _ト:く:},, |:.:.:.!∨ソ
           |``! ` ̄   ;    ̄´ /,ィ:.:|イ/だから負け犬と言われるの
           !:.:.:.ゝ   丶      /' /レ':.:!|
           /|:.:.:.:.\  ー_-     /!/ !:.:|:!
            / ! :.!:|ヾ:.iヽ   ,._ '´='イ.:i/.:.:!ヽ
            ヽ:|ヽ !|:::::|lT´'´::::::/::|レ'ノバ
             ヽ___!_::|i !/!_::::::::::::!∠.._
       _,.. -― ''''"´:;:;:;:;:;:;:;`!! !´i/_::::ノ'::;:;:;:;:`丶、
     r'´:;:;:;:;:;:, -―i:;:;:;:;:;:;:;:;/ー{''"´:;:;:;:;:;:;:;_:;:;:;:;:;:`` ー- 、
     |:;:;:;:,/:::::::::::::|:;:;:;:;:/::::::::::ヽ:;:;:;:;:;:;:;:/::::::::`丶、:;:;:;:;:;:;:;:.`ヽ
     |:;:;/:::::::::::i::::::::!;:イ::::::::::::::::::::::ヽ:;:;:;:;/:::::::::::::::::::::ヽ:;:;:;:;:;:;:;:;:|
    |:;:|::::::::::{::|/;:;:;/:::::::::::::::::::::::::::::ヽ/:::::::::::::::::::::イ::::|:;:;:;:;:;:;:;:|
    |;:;i:::::::::::!イ:;:;:;:/::::::::::::::::::::::::::::::/ ̄ ̄ ̄/::::::::|i::::::i:;:;:;:;:;r‐!
    !;:|:::::::::/::|:;:;:;:i::::::::::::::::::::::::::::::/___/::::::::::|:|::::::l:;:;:;/ 1:!
     !:;|:::::::::i::::|:;:;:;:!:::::::::::::::::::::::::::::i___/::::::::::::!::!::::::ヽ;:{ ´|:|

865 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/24(木) 09:54:59 ID:fRc4iXz1
140ほど残っているけど、容量的にヤバイからレイの出番かな

866 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/24(木) 14:04:08 ID:CSL9V+W3
今450か……微妙だね

867 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/24(木) 14:46:47 ID:46yTdl4+
もう次立てなかあかんか?

868 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/24(木) 16:30:03 ID:mRa092jR
900……じゃあ早いか、950で新スレって とこかな?


869 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/24(木) 16:34:16 ID:CSL9V+W3
普通に進めて容量が480超えたら次スレ建てる
でいいんじゃないか?

870 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/24(木) 17:05:51 ID:fRc4iXz1
それでいいと思う
しかし、今回は1000取り合戦ができないか…

871 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/24(木) 20:12:12 ID:3+9DNQ3S
ぶっちゃけ、こなた以外のキャラをシンに添い寝させて生パルマ体験したらどうなるんだろな?

872 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/24(木) 20:34:57 ID:mRa092jR
こなた以外は添い寝したら、もう個別ルートに向かって一直線じゃね?www


873 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/24(木) 21:50:03 ID:vnywq6uC
こなた以外のキャラ……つまり白石のことですn(ギャー!!!!!)

874 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/24(木) 21:53:24 ID:o8mUYUDy
>>873と白石の姿が見えないんだが、誰か知らないか?
…ん、何だこれ?小さい鉈……こ

875 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/24(木) 21:57:06 ID:doKRX2aC
白石はむしろシンと寝たらパルマするほうでは。

「むにゃむにゃ……アスカちゃん……」
「おきろヴォケ!(ドスッ、突き刺さる膝)」
「ぐほぉっ!?」

876 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/24(木) 22:16:10 ID:mRa092jR
まず、なぜシンと白石が一緒に寝るいう説明を……しなくていいです

877 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/24(木) 22:16:20 ID:Q5ZAzh0z
>>875
修学旅行にて
シン「スースー」
白石「ん、むにゃ…(寝ぼけながらシンの後姿みて)アスカ…ちゃん?」
シン「スー…っ!!」←何かを感じて反応した
白石「ダグハァッ」




ひより「つーことっすね」
シン「いい加減にしろ腐女子」

878 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/24(木) 22:48:33 ID:fRc4iXz1
(柊姉妹が泊まりにきました)
シン「すぴー…」
つかさ「シンちゃん…おじゃましまーす(モソモソ)」
シン「ぐかー…」
つかさ「えへへ…一回シンちゃんと寝てみたかったんだ…
    シンちゃんあったかいね…」
シン「ううん……(ムニュ)」
つかさ「ひゃん!!や、やだシンちゃん胸をつかんで///」
シン「うーん…(ムニュムニュ)」
つかさ「だ、だめ…そんなにパルマしちゃ///
    あ、パジャマの中にまで///」
シン「がー…(ムニュムニュムニュ)」
つかさ「こ、これがこなちゃんの言ってた生パルマ///
    あん…そんなとこまで触っちゃ駄目…///」


シン「うーん、よく寝たー……つーか、何でつかさがここに?」
つかさ「シンちゃん……私をシンちゃんのお嫁さんにしてね///」
シン「は、はあ…」

かがみ「何で、つかさがあんたと一緒に寝ているのかしら?」
小鉈「それ以前に、お嫁さんってどういうことかな?カナ?」


何となく思いついた、反省は(ry

879 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/24(木) 22:57:41 ID:8O0KEMgv
>>878
なんというラッキースケベ
と言うか普段こなたにそんなことやってんのかいw

880 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/24(木) 23:18:59 ID:LEtmStNP
つかさ、皆の先に行くなんて・・・・なんて恐ろしい子

881 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/24(木) 23:33:18 ID:JFVYSKRq
つかさはある意味ニュータイプw


882 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/24(木) 23:47:02 ID:CSL9V+W3
つかさはまさにダークホースとしていきなり突き進むなw これが天然の力かw

883 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/24(木) 23:56:08 ID:mRa092jR
つかさはニュータイプか………んな感じ?


朝食

シン「悪い、あれ取ってくれ」
こなた「はいはい、これだ――」
つかさ「はい、シンちゃん。お醤油」
シン「おっ、サンキュー」
かがみ「……よく分かったわね」
つかさ「うん、なんか生パルマされてからシンちゃんの考えが分かるようになってね………」
シン「つかさやめろー!オレが悪かったって///」
こなた「そんなんが人類の革新だなんて………」
かがみ「認めたくなーい!認めたくなーい!」

勝手に続きを書いた事は反省する、だが(ry

884 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/24(木) 23:59:08 ID:8O0KEMgv
つまり一般家庭は全員NTか


平和でいいなぁ

885 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/25(金) 00:03:01 ID:fRc4iXz1
>>883
続きを書いてくれた事に敬意を表する!!

886 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/25(金) 00:04:29 ID:cbPRSmXb
つかさは一番ニュータイプが似合う
幸薄系ガンダムヒロイン的に考えて

887 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/25(金) 00:15:49 ID:O54qFX5h
>>886
幸薄かよwww

888 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/25(金) 00:17:52 ID:BpayNrmZ
つかさがNT……

つかさ「はっ」ピキーン
シン「どうした?」
つかさ「えっと……あれ?」
シン「……?」
つかさ「……忘れちゃった」
シン「……」

むしろかがみと合わせてカデコリーFは(ry

889 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/25(金) 00:21:30 ID:pqxoVqXX
薄幸系ガンダムヒロインは後半で大体ry(あははグーン)

890 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/25(金) 00:56:42 ID:+JpJTwm6
つかさは幸薄だったら……
最近のみゆきさんの出番n(スコシ、アタマヒヤシマショウカ


891 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/25(金) 01:16:23 ID:bGC0CL6f
NTかぁ

シン「なぁ、つかさ。今、俺が考えている事を当ててみろよ」
つかさ「良いよ、ちょっと待ってて」

ジッー

つかさ「はっ!」ピキーン
シン「分かった?」
つかさ「シンちゃんの・・・・エッチ///」
シン「えっ!?(バルサミコスって考えていたんだけど!?)」
つかさ「(バルサミコスはすぐ分かったけど)シンちゃん、無意識にエッチな事でも考えていない?」
シン「はぁ?」

シンは煩悩だらけだから、いろいろ知られるとヤバい

892 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/25(金) 01:20:45 ID:bGC0CL6f
後は

シン「・・・・・・」
つかさ「シンちゃん、何を考えているかな? 覗いちゃおうっと。」
シン「(・・つか・・)」
つかさ「(つか? 塚?・・・・もしかして、私!?/////)」
シン「(つか、今日暑すぎるだろ)」

何か違うな

893 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/25(金) 01:21:46 ID:bGC0CL6f
訂正

誤 つかさ「(つか? 塚?・・・・もしかして、私!?/////)」
正 つかさ「(つか? 塚?・・・・もしかして、私の事を考えているの!?/////)」

894 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/25(金) 01:22:37 ID:cbPRSmXb
らきすた世界は平和だな
つかさがNT付きでガンダム世界行ったら
やはり幸薄ヒロインしか思い浮かばない

895 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/25(金) 01:54:34 ID:nld8/3TI
さちうすかはっこうか統一してくれ。

896 :レイ:2008/07/25(金) 02:00:55 ID:4YA1+rLl
「レイ・ザ・バレルだ。何、出番が早いだと?気にするな、オレがガンダムだ!
………すまない、スレ1周年ということで浮かれすぎたな……今後もシンの事をよろしく頼む。
 さて今回もこのスレでシンとのフラグGetした順位を発表する。
 もしもこれ以降にフラグGetした場合は、次回の結果に反映されるので気にしないでくれ。
 それとフラグGetの判断は俺がしているのから多少の誤差は出ると思うが、大目に見てくれると有り難い。

 さて1周年を記念してこのコーナもリニューアルをしたいと思う。
 何?このコーナーは1年経っていないだと?そんなことはもういいだろう。

 始めに新しく6位〜10位を発表する。
 なお発表は6位〜10位にいる人物を五十音順で発表するので、一番最初に出た名前が必ずしも6位もしくは10位と思わないでくれ。
 この人物はここらへんか?と脳内予想で楽しんでくれれば幸いだ。
 では6位〜10位はこのキャラクターだ
 岩崎嬢、日下部嬢、黒井女史、パトリシア嬢、峰岸嬢、の5人だ。
 
 では次はベスト5の発表だ。ちなみに前回の順位は5位がみゆき嬢
 4位がみなみ嬢
 3位がつかさ嬢
 2位がかがみ嬢
 1位はこなた嬢
 さて今回はどうなったのか?
 発表は皆の要望に答えてあの人にしてもらう」


897 :かなた:2008/07/25(金) 02:02:35 ID:4YA1+rLl
「レイ君、お疲れ様!改めましてかなたです。
 これからはレイ君と一緒にこのコーナーを担当する事になりました。
 えーとじゃあ、これからベスト5の発表するわね。

 第5位はみゆきちゃん。近頃順位安定してるわね、ついに初期のヒロイン復活かしら?

 第4位はゆたかちゃん。
 今回は祭りにより4位を獲得。会話したことはないけど、姪なのよね。こなた共々頑張ってね。

 第3位はかがみちゃん。今回はシン君と大人な関係が多かったわね。ある意味では皆より先に言ってるわね。

 第2位はつかさちゃん。つかさちゃんもシン君との仲が縮まったみたいね
 ひょっとしてつかさちゃんも天然のフラグメイカー?

 そして第1位はこなた!!
 2回続けての1位ね。今回は双子ちゃんやみさおちゃんの誕生日や祭りがあって、どうなるかと思ったけど、よかったわー!
 でもあんまりシン君との仲は進展してないみたいだから、気を抜いたらすぐ取られちゃうわよ、こなた。

 以上で発表は終わりです。
 今回は祭りでフラグをGetした子が沢山いたんだけど、その時以外でフラグをあまり取れなかったのよね。
 逆にベスト3は安定してフラグGetをしてたから、あんまり印象に残ってないかもしれないけど……こうゆうさり気なさが強さなのかもしれないわね。

 えーと、まだまだぎこちないけど、これから徐々に慣れていくから、皆よろしくね。
 それじゃ今回はこのへんで……ば、バイニー……こ、これも慣れないと……///」



898 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/25(金) 02:05:10 ID:f8iGqU6X
ひより「そこで私が発酵ヒロインとして登場ッスよ!」
シン「臭いから帰って風呂入って来い」
ひより「…確かに3徹の後ですけど女性にそれは酷いッス!」
シン「自分で言ってたじゃないか」
ひより「がはっ!」

899 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/25(金) 02:06:10 ID:KBIk8MGP
>>897
職人の新たなる挑戦ッ!僕は敬意を表するッ!!

900 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/25(金) 02:55:03 ID:bGC0CL6f
900

901 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/25(金) 07:32:02 ID:d6LRTETa
      上、      /⌒ヽ, ,/⌒丶、       ,エ
       `,ヾ   /    ,;;iiiiiiiiiii;、   \   _ノソ´
        iキ /    ,;;´  ;lllllllllllllii、    \ iF
        iキ'     ,;´  ,;;llllllllllllllllllllii、    ナf
         !キ、: .::/:::/:::::ィ:::::|::::::l:::::';:::::';: __fサヘ.
       /  `ヾ=:イィTラトj:::;' .l:::/ イフTソ:/  'i、
       i'   ,._;:ヽ` ゙̄7:/  l:;' ` ̄フ_    |
       |  ;if≡ト- ヽ |/   iリ  ー;ニ'リ≡キi   |
        |  if!  |l l ヘ     ...-- .., /''´ `キi   |
      |  ,if ,f=|l l lヾヽ、  ー  ´ ,ィ ´ミiリ=t、キi  |
        |  ;iナ,サ |l l l リリ川川川川|爪ミミiiリ キi キi  |
        |   iナ ;サ |l l リリリリ川川川川l爪ミミilリ キi キi  |
       |  iサ ;サ, |リ リリ川川川川川l爪ミミiリ ,キi キi  |
       |  iサ ;サ, | リ彡彡川川川川|爪ミミiリ ,キi :キ、  |
        ,i厂 iサ, |彡彡彡彡ノ|川川|爪ミミリ ,キi `ヘ、
      ,√  ;サ, |彡彡彡彡ノ川川|ゞミミミリ ,キi   `ヾ
     ´    ;サ,  |彡彡彡彡川川リゞミミリ  ,キi
         ;サ,  |彡彡彡彡リリリミミミシ   ,キi
         ,;#,    |彡彡ノリリリリミミミシ    ,キi
        ;メ'´    !彡ノリリリリリゞミミシ     `ヘ、
       ;メ      ヾリリリリノ巛ゞシ       `ヘ、
      ;メ        ``十≡=十´         `ヘ、
                 ノ    ゞ

902 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/25(金) 09:20:12 ID:gI2L6Rmr
>>901
昨日お前を見たわ
マジキモイ

903 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/25(金) 09:43:01 ID:O54qFX5h
>>896-897
レイとかなたを支援するぜ!

904 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/25(金) 13:35:12 ID:nXgs5LB2
>>897
毎度乙だぜ!

905 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/25(金) 14:00:25 ID:+JpJTwm6
>>897
レイとかなたさん乙ー

906 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/25(金) 18:29:04 ID:vKjRsQf2
乙!
……そしてひよりん……がんばれ、超がんばれ

907 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/25(金) 19:54:08 ID:TSPhWuSc
>>896-897
みゆきさん5位か……正直もっとひk(アレ、メノマエガマッピンクニ)

908 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/25(金) 20:20:41 ID:5/Fmee/G
ひ・よ・り・んwwwベスト3どころの話じゃねぇwwww

909 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/25(金) 20:38:52 ID:Qy+9lIIk
流れをぶった切ってスマン。

ちょっと前によった場合の話が出てたが、仮に酔った場合シンに一番甘えそうなのって誰かね?

910 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/25(金) 20:54:11 ID:BKiCG5jV
>>909
白石

911 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/25(金) 21:12:55 ID:TwdzTiON
>>909
自分の考えではこなた、かがみ、つかさ、ゆたかあたりかな
みなみ、みさお、あやのも甘えそうかな

912 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/25(金) 21:25:22 ID:/G7Rdu02
みゆきさんもああ見えてって感じがするな




あれ?もう一人いたような気がすんだが

913 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/25(金) 21:44:18 ID:Qy+9lIIk
貴重な意見ありがとうございます。

普段あんまり甘えたりフラグを立てないキャラ…
これはいいネタになりそうだw

914 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/25(金) 21:47:25 ID:5/Fmee/G
>>909
みなみかなぁ?
まぁ、>>809>>831の印象が強すぎるせいもあるだろうけど…

>>912
レイのことじゃね?

915 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/25(金) 22:06:19 ID:/G7Rdu02
>>914
そうか、レイのことか!
ありがとう

916 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/25(金) 23:35:28 ID:TwdzTiON
>>897
ひより「……………………」
シン「ま、まあ、気にするなよ……」
ひより「もう……絶望しかないっす……」
シン「そういうなよ……」
ひより「ベスト5どころか6位〜10位にも入ってないっす……」
シン「う……」
ひより「はあ……」
シン「まあまあ、次スレではがんばればいいんだしさ
   諦めちゃいけないぜ」
ひより「……そうっすね、ここで諦めちゃ駄目っすね……
    慰めてくれてありがとうございます!!
    よーし、次スレではベスト5にはいるっす!!」
シン「その意気だぜ!!」
ひより「では、さっそくホテルに行くっす!!」
シン「……………………は?」
ひより「ここで子供でも作らないとベスト5は無理っす!!
    下手すると、ベスト5どころか出番がなくなって空気になります!!
    だから、先手を打っておかないと……」
シン「いや、その理屈はおかしい………って腕引っぱんな!!
   は、早まるなって!!やめろ!!やめろ!!やめろ!!
   アッーーーーーーー!!」

917 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/26(土) 00:14:33 ID:y9Wf3Xr4
フラグを立てて子供を作るまでが恋愛ですよ

918 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/26(土) 00:22:28 ID:MFhn3gFj
>>916
長い道のりだwww

919 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/26(土) 00:27:27 ID:DXH/IwMN
>>896-897
あやの「orz」
かがみ「なんか峰岸、元気無いわね…」
みさお「おう。良くわからないけど、最近たまにあんな風になるんだよ。
    別にアニキと喧嘩したって訳でもなさそうだし」
かがみ「何か他に心配事でもあるのかしらね…どっちにしろ、あんな峰岸の姿は見てられないわ。
    日下部、私達に出来ることがあるなら力になってあげましょ」
みさお「そうだな。柊の言う通りだ、私らあやのの親友だもんな」

あやの「うう〜…どうしてかなぁ、どうしてこんなことになっちゃったのかしら…」
かがみ「峰岸」
あやの「ふえ?……ああ、柊ちゃん、みさちゃんも…」
みさお「なああやの。お前ひょっとして、今悩み事とかあるんじゃないのか?」
かがみ「私達で良かったら相談に乗るわよ。もし差支えが無かったら、話してみてくれない?」
あやの「……えーと…その、実はね、アスカ君のことなんだけど」
みさお「ウサ目の?ウサ目がどーかしたかぁ?もしかしてまたアイツに胸でも揉まれたのかぁ?
    ホント、普段は無愛想で可愛げがねーけど、アイツもけっこースケベだよなぁ。
    顔も成績も運動神経もイイから大分救われてるってカンジではあるけどなー」
かがみ「…ちょっとこら日下部。それ以上シンのこと言ったら私がキレるわよ、色々な意味で」
あやの「……みさちゃんの言う通りなのよ…アスカ君、側で見るとすごく格好良くって…
    こっちが困ってる時は何だかんだ言いながらも助けてくれるし…
    だから最近、アスカ君に会うと何だかドキドキして来ちゃうの…私、彼氏がいるのに…」
みさお「…………マジ?」
あやの「嘘じゃないのよ!嘘じゃないから困ってるの!
    私ってばみさちゃんのお兄さんの彼女なのに!これじゃあただの尻軽女みたいじゃない!
    もおーっ、バカバカ!私のバカっ!峰岸あやのの浮気者ーっ!」
みさお「お、落ち着けよあやの…そりゃ私もウサ目の奴がかっけーと思うからさ…
    ホラ、何だ、ちょっとぐらいアイツ相手にドキッとしたって誰も怒りゃーしねぇって!
    もしそれでアニキが何か言って来たら、私が庇ってやるって!」
かがみ「…フ、フフフフフ…シンの奴ぅ〜…彼氏持ちの峰岸までこんな風に悩ませてしまうとは…
    許せん、もう許せん、あらゆる意味で許してはおけんわ!
    一体全体どうしてくれようか…あンの優柔不断の浮気者めぇ〜っ」
みさお「……私は一体どーすりゃいいんだよorz」

920 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/26(土) 02:37:40 ID:nLy5oZ9y
      上、      /⌒ヽ, ,/⌒丶、       ,エ
       `,ヾ   /    ,;;iiiiiiiiiii;、   \   _ノソ´
        iキ /    ,;;´  ;lllllllllllllii、    \ iF
        iキ'     ,;´  ,;;llllllllllllllllllllii、    ナf
         !キ、: .::/:::/:::::ィ:::::|::::::l:::::';:::::';: __fサヘ.
       /  `ヾ=:イィTラトj:::;' .l:::/ イフTソ:/  'i、
       i'   ,._;:ヽ` ゙̄7:/  l:;' ` ̄フ_    |
       |  ;if≡ト- ヽ |/   iリ  ー;ニ'リ≡キi   |
        |  if!  |l l ヘ     ...-- .., /''´ `キi   |
      |  ,if ,f=|l l lヾヽ、  ー  ´ ,ィ ´ミiリ=t、キi  |
        |  ;iナ,サ |l l l リリ川川川川|爪ミミiiリ キi キi  |
        |   iナ ;サ |l l リリリリ川川川川l爪ミミilリ キi キi  |
       |  iサ ;サ, |リ リリ川川川川川l爪ミミiリ ,キi キi  |
       |  iサ ;サ, | リ彡彡川川川川|爪ミミiリ ,キi :キ、  |
        ,i厂 iサ, |彡彡彡彡ノ|川川|爪ミミリ ,キi `ヘ、
      ,√  ;サ, |彡彡彡彡ノ川川|ゞミミミリ ,キi   `ヾ
     ´    ;サ,  |彡彡彡彡川川リゞミミリ  ,キi
         ;サ,  |彡彡彡彡リリリミミミシ   ,キi
         ,;#,    |彡彡ノリリリリミミミシ    ,キi
        ;メ'´    !彡ノリリリリリゞミミシ     `ヘ、
       ;メ      ヾリリリリノ巛ゞシ       `ヘ、
      ;メ        ``十≡=十´         `ヘ、
                 ノ    ゞ

921 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/26(土) 06:48:58 ID:cvUQ65nu
つかさ「ハァ〜」
シン「どうしたんだよつかさ?」
つかさ「シンちゃんランキング見た?」
シン「ああ、2位だったな」
つかさ「また1位とれなかったな〜、って」
シン「オレが言うのも何だが、十分高いじゃないか。
何が不満なんだよ?」
つかさ「だって、毎回2番手、3番手って、それって都合の良い女ってことでしょ?」
シン「ハァ!?(また、なんかのドラマに影響されたな)
そんなことあるわけないだろ!!
オレに取ってつかさは大事な女の子だよ!!」
つかさ「ホント?じゃあ、証明して」
シン「証明か……」

チュ☆

シン「ど、どうだ?これでし――」
つかさ「…シ、シ、シ、シ、シ、シ、シ、シンちゃんのHー!!!///」

ドヒューン!

シン「ちょ、つかさ!?………なんだよ、証明しろって言ったのそっちだぜ?
………バカみたいだろオレが………」



922 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/26(土) 07:32:19 ID:b/cXX8jN
                             l!
                        __   ヾ、
                  ー=ニ;´_:::::::`ヽ、 ヽヽ
              `ヽ、 __.. -:::'´::::::::::::::  :::ヽ}:::ヽ
                ` ーァ:...  :::::::::..   ::. .::. :::/_
                ,r '´:::::  .::: .: /::..::.ヽ::ヽ::::ヽヽ`ヽ
               /イ::...::  /:/::::j::::l:::::';::ヽ::ヽ::::::::`ヾヽ、
              /./:/:::::: .::/:::/:::::ィ:::::|::::::l:::::';:::::';:::::::::::ヽ`ヽ
             './:;イ::::::/.::/:::/l:::/ l::::ハ::::::ト、::ト;:::ト;::::::::::トヽ
              /'´j::::;:イ::;;j:;/~1:l-;|:::j l::::::j-ヘ!ヘ;|-}:}:::::::', `GJだあああああ!!
            〃 /:::/::::l::::〈《;;:・:;;》:::;' .l:::/《;;:・:;;》:/:::::/:|   
             !' ./::;ィ:/:::ヽ;:ヽ`;*::o_,,.;.-・。¨;;:*:フ;:':::/lト;! 
             l::/ .|ト;:::ト;{;0・"*(●)(●):。ニ':/ 〃i!
             |;'  l!ヘ::|l;トr_!・:・トェェェェェェェイ‘o`''´,rrr'从
             |!   .リ-ヘ ::トc/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:|@;;/ |ヽl `
             '    ヽ ヾ\ {/⌒ Y ⌒ヽ;|;;/ j j j
                   ヽ  ;~し-‐〜‐-、ノ´//}/

923 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/26(土) 09:55:50 ID:Z38uReI8
>>919
悩んでるあやのが可愛いw

>>921
シン……お前って奴は……

924 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/26(土) 10:57:02 ID:EfJinIjf
>>919
つ【DS版らき☆すた】

925 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/26(土) 11:35:19 ID:RUVY5ogm
>>921
すげぇ、シンから進んでキッスなんて・・・・つかさ、何て恐ろしい子

926 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/26(土) 12:10:28 ID:X77fPpss
>>919
よし、Wデートイベントを(ry

927 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/26(土) 14:53:12 ID:E7gdKx+J
>>926
ダブルブッキングは気をつけろ!失敗こいたら血を見るぞ!!

928 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/26(土) 16:34:56 ID:MFhn3gFj
死なないように頑張るんだ!シン!!

929 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/26(土) 17:13:14 ID:iDWcyVaE
いや、ここはWブッキングするのはあやのだろ

930 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/26(土) 17:36:45 ID:bZrlfrIf
レイ「今スレも淡々と終わったぞ」

レイ「深夜の泉家でお供え物を食べよう」

レイ「パクパクモグモグ」

レイ「´;ω;`パクパクモグモグ」

931 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/26(土) 18:11:13 ID:cvUQ65nu
>>930
かなた「レイ君どうしたの?」
レイ「かなたさ、ん、饅頭が、詰って、………」
かなた「ええー!?
お茶!お茶!」


レイ「ハァハァ、助かりました。かなたさん」
かなた「だから、お供え物には気をつけてっていったでしょ」
レイ「すみません」
かなた「そんなに謝らなくてもいいのよ
次からは気をつけてね」
レイ「はい、母さん」かなた「え?」
レイ「す、すみません!失言を」
かなた「気にしてないわよ。
私はこなただけじゃなくて、あなたやシン君も私の子供だと思ってるから………」
レイ「……少し風に当たってきます………」
かなた「ええ、行ってらっしゃい」


932 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/26(土) 18:15:44 ID:MFhn3gFj
>>931
なんだか和むな

933 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/26(土) 20:24:19 ID:X77fPpss
かなたさんテラヤサシス・・・

934 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/26(土) 20:36:10 ID:A6qY/f50
>>931
まぁ、なんだ、偶には幽霊コンビにスポットが当たるのも良いよな

935 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/26(土) 20:49:40 ID:iDWcyVaE
>>931
    ノ    イイハナシダナー       }
     ヽク                  ノ }
             __,イ|__ ... .ィ  ヽソ
         , :<´ : : : |: : : : :ー<..
       /: : :/: :/} :小: : : : : : : : ≧ー
     __,/ /: : /: :/ ,| : | ∨| : : : : : 廴
    f´/ }:/.: :.ム斗' | /| `ヘ}ヽ: : : : ヘく
    ∨  ,イ: : :{ :/  j/     V | : : ∨
     ヽ、{∧ 圷旡≧/ / /≦乏ア:| ト、:ハ
      |:ヽ}ヘ:/ |  |/ / / / | | W |:「ヽ}
      |: :|:`ー.、|  | , -- 、 | | {ム/:{
      |: :|: : :|:|> 、ー'⌒ー'_. イ: : |: :|
      |: :|: : :|:|  ,.≦厂 「x  |: : :|: :|
      | : ', : :',|/  {___7`ーl: : :|: :|
      |: : :', : :|   |  .′ |: : :|: :|
      | : : :',: :', 、  '. /   :| : :′:!
      | : : ∧ :ヘヽ、 X ,. イ| ∧ : |
      | : 〈  ヽ:ヘー r‐ァ―-く/  〉:|
      |: : :|\_{ヽ{   ハ   ,イ_/l: l
      |: : :{三マ\__/U\_/ |三イ} |
      |: : : 7 {  /     }  }´ ', :│


936 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/26(土) 20:55:26 ID:ZANK4rwP
泣いてるかがみんに萌えた。

937 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/26(土) 22:24:36 ID:Z38uReI8
>>931
レイもこの世界に来てよかったな…

938 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/27(日) 00:28:52 ID:+0p107MU
こなた「最近仏壇のお供え物がなくなってるんだよね」
シン「へぇ・・・」
深夜
レイ「今日のお供え物はフルーツか」(パクパクモグモグ)
かなた「フルーツは体にいいのよ」(パクパクモグモグ)

シン(・・何だろうこの違和感は・・)

939 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/27(日) 01:29:35 ID:8vLlHRbe
>>938
霊体なのに、どうやってお供え物食べるんだよw

940 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/27(日) 01:49:25 ID:6Z28lSN3
ゆかり「やぼな突っ込みは無しよ>>938
みき「ああ、もうややこしいからでてくるなスキマ妖怪」

941 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/27(日) 02:14:21 ID:iTz0zW8F
                             l!
                        __   ヾ、
                  ー=ニ;´_:::::::`ヽ、 ヽヽ
              `ヽ、 __.. -:::'´::::::::::::::  :::ヽ}:::ヽ
                ` ーァ:...  :::::::::..   ::. .::. :::/_
                ,r '´:::::  .::: .: /::..::.ヽ::ヽ::::ヽヽ`ヽ
               /イ::...::  /:/::::j::::l:::::';::ヽ::ヽ::::::::`ヾヽ、
              /./:/:::::: .::/:::/:::::ィ:::::|::::::l:::::';:::::';:::::::::::ヽ`ヽ
             './:;イ::::::/.::/:::/l:::/ l::::ハ::::::ト、::ト;:::ト;::::::::::トヽ
              /'´j::::;:イ::;;j:;/~1:l-;|:::j l::::::j-ヘ!ヘ;|-}:}:::::::', `GJだあああああ!!
            〃 /:::/::::l::::〈《;;:・:;;》:::;' .l:::/《;;:・:;;》:/:::::/:|   
             !' ./::;ィ:/:::ヽ;:ヽ`;*::o_,,.;.-・。¨;;:*:フ;:':::/lト;! 
             l::/ .|ト;:::ト;{;0・"*(●)(●):。ニ':/ 〃i!
             |;'  l!ヘ::|l;トr_!・:・トェェェェェェェイ‘o`''´,rrr'从
             |!   .リ-ヘ ::トc/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:|@;;/ |ヽl `
             '    ヽ ヾ\ {/⌒ Y ⌒ヽ;|;;/ j j j
                   ヽ  ;~し-‐〜‐-、ノ´//}/

942 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/27(日) 02:31:01 ID:hYLFGT36
後18KBだけど1000鳥合戦は無理かな?

943 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/27(日) 02:33:32 ID:HkCQFdVS
てかもう20スレ目か
なんだか感慨深いな

944 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/27(日) 03:21:49 ID:hYLFGT36
1年でか、数字にすると何かと凄いな

945 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/27(日) 04:09:50 ID:oiCMbr8X
そろそろ次スレ建てるべきだな
誰か頼む。そのあと簡易埋め作業すれば1000いくかも

946 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/27(日) 04:21:47 ID:AwuW/gZi
      上、      /⌒ヽ, ,/⌒丶、       ,エ
       `,ヾ   /    ,;;iiiiiiiiiii;、   \   _ノソ´
        iキ /    ,;;´  ;lllllllllllllii、    \ iF
        iキ'     ,;´  ,;;llllllllllllllllllllii、    ナf
         !キ、: .::/:::/:::::ィ:::::|::::::l:::::';:::::';: __fサヘ.
       /  `ヾ=:イィTラトj:::;' .l:::/ イフTソ:/  'i、
       i'   ,._;:ヽ` ゙̄7:/  l:;' ` ̄フ_    |
       |  ;if≡ト- ヽ |/   iリ  ー;ニ'リ≡キi   |
        |  if!  |l l ヘ     ...-- .., /''´ `キi   |
      |  ,if ,f=|l l lヾヽ、  ー  ´ ,ィ ´ミiリ=t、キi  |
        |  ;iナ,サ |l l l リリ川川川川|爪ミミiiリ キi キi  |
        |   iナ ;サ |l l リリリリ川川川川l爪ミミilリ キi キi  |
       |  iサ ;サ, |リ リリ川川川川川l爪ミミiリ ,キi キi  |
       |  iサ ;サ, | リ彡彡川川川川|爪ミミiリ ,キi :キ、  |
        ,i厂 iサ, |彡彡彡彡ノ|川川|爪ミミリ ,キi `ヘ、
      ,√  ;サ, |彡彡彡彡ノ川川|ゞミミミリ ,キi   `ヾ
     ´    ;サ,  |彡彡彡彡川川リゞミミリ  ,キi
         ;サ,  |彡彡彡彡リリリミミミシ   ,キi
         ,;#,    |彡彡ノリリリリミミミシ    ,キi
        ;メ'´    !彡ノリリリリリゞミミシ     `ヘ、
       ;メ      ヾリリリリノ巛ゞシ       `ヘ、
      ;メ        ``十≡=十´         `ヘ、
                 ノ    ゞ

947 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/27(日) 04:25:16 ID:AwuW/gZi
              _人人人人人人人人人人人人人人人_
             ''>   ボコボコにしてやんよ!!!   <
               ̄^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^ ̄
         ,,==ニ=、、
        //      ヾ                   ヽ;、,..   、
           l|      ,、 `                 _ ,.  ヾ-';:::....ヾゝ
      ,.-.‐┼.──‐´: ├─.-.-、._         _,.-''"::::::::::::::::::::::::::::::::::`丶、
    /::.::./::.::.::.::.::.:l::.::.::l:.::.::. ̄ヽ ̄ ̄`     /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
   /:.::.::.//:.::.::.::.::.::./l::.::.::l.::.::.:::.::ヽ::.ヽ      /7´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'、
  /:.::.::./:/.:.::.::.::/.:/.::ll.::.::∧l:.::.::.::l.:.ヽ:.::ヽ     /::::::::::::::::::::::::::::::::;::::::、::::::::::::::::::::::::::::::'、
  l.::.::/.::l.::.:.:/77‐ /l.::./ lA、_::.:l:.::.:ミヽ:ヽ   /:::;:':::::::::::::::::::::/::::ハ::::::l::::::::!:::;:::::::::::::::::::ヽ、
  |:.:://:l.::.::.:〃/  l |.:/  l|ヽ:.::.l.::.::.::l ヾ、  /イ::::;::'::::::::::l::::ハ:::/ !:::ハl!:::ハ::l!:::::::::::::::::`r-;'、
.  l:.l/:.:l.::.::./ /   ´l.:/   ll l.::.l.::.N:.:l     l::/::::::::;::::ll';:!ミl:!  !::/ナlノテリ !:::::::::ト;:::::ハ
   l.::,r┤:./l 三三  l/  三ヨヘ人/ ヾl     :ハ:::::::::';:::l`::。:ッィ  l/ -o=- /::::::::;::lノ::/
  │ヽ l:/::.l        ,   ・l:N:.:/  `      l' ';::::l;::ヽ:''''' /::┃ii” ヽ /:::::::::/l!::::、'、
    l:l:.::.レ:.:丶_し   ー'ー  "_人l:./         ヽハ:ト;T('''' _   ;;;;丿:::;:::/ゞ―'-、
   ll:.::.::.l::.::.l:.>┬-,、..-‐:T:l:.::.ハ/             フl:::ヽ┃=i'  _,.l::/l:/'" ̄ ゙̄!
   l.::.::.:ヽ.::.Y Y  '┤、::.:l.l:.::.l               l::::ハ/`>、r'´r´イ ´     !
    l.::.::./l:.::ヽ 「 ̄`l  >l:.::.:l               ∨ ヽヽヽ l ゝ'、   _,.-‐''"`!
     キモいよ近寄るなよ

948 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/27(日) 04:28:26 ID:AwuW/gZi


          ,.-;'´      _人人人人人人人人人人人人人人人人人人人_        ,,==二==、、
        /;:'´       >こなたパーンチ!人を貴様の肉奴隷扱いするな!!<   /       ヾヽ
     /l ./::-'",.-''" ̄ ̄ ̄  ̄^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^ ̄               ヾヽ
    /::l/::::::::::: .: .::::::. ::::::::::::::::... :.:: ;:ヽ、                        _. .─:─-、_         l l
   {:::':::::::::::::::::;::.:::::::::::::::::::::::::;:::::::::::. :::ヾ゙ヽ、                 ,-‐: :  ̄: : `:‐´: : : : : : : : : : : :ヽ    | /
.   ゝ.:: . :::::::: ::::: :::::::::::::. :..::::.. :::::::::::.. ::::.::ヽ               /:_:_: : ‐: : : : : : : : /: : : : : : : : : :`:ヽ.」/
  / .: .: . ::: .: :: .:::.::::::::::::::::::::::::::::. ::::::::::::::::::::::::ヽ          -´‐´´  /: : : : : : : /: : /: /: : : : : :, : : : : : : : :ヽ
. / ::: .:: .:: .::: : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ;:'、               /: : /: : : : :/: :/l : :l : : : : :/l: : : : : : : : : : :ヽ
. ,':.:::::::::::::::.:::::::.::::::::::::';:::::i;::::::::::::::::;::::::::::l:::::::::::::::::;::',`ヽ             /: : :/: : : : /: /-´┤、/: : : :// l: :l: : : : : : 、: : : :ヽ
 ::::::::::::::::::::::::::::::::::l::::;i:::::l ヽ::::::i:::;ヘ;:::::::}::::::::::::::::::i::',             / // : : : : /: :/:/  l: /l : : : / ┤A: : : : : : :l: : : : :l
 :::::::::::::::::::::::::::::::γ--'´ ̄       / //  /      /r      '´  l : : : : /: /l/、__|/ l : : :/  l l l`:、: : : : :V: : : :l
 ::::::::::::::::::::::::::ミ V          / //i  |    __/i           l: : : : :l: :/l |T::::::::ト l: : l   l:l ヽ: : : : : : ヽ: : :l
 ィ:::::::::::i:r'''゙,ニミ' )          ,'   l l |  |   ⌒(          l: : : /:/: :l l lo::::::l  V:/  テ'ミ=、」、: : : l: : l: : l
. !:::::::::::::'K!-(、◎i         l   | | l  |                l: : :/ l/.: :l  辷り  V   b:::::::::://〉: : :ト: : l: /
 .l:::;i:::::::::ヽ ノ"} !         l    | 丶 丶               l: /  l l: :l     、 `  辷:::り/ /ヘ: ::ハ: l/
. ∨!:;、l::::::ヽヽ ' |              丶 丶'            V    l:/: 、    ,、,、__     . l:ハ: :ノ: ヽl
   j/';::li::::;:::i;::::ゞ`、    ̄ ‐ ''  ,イルー==;−,                   l/: : :`>、_ `─ '     ,/:/: : l/: : :l`
    ヾl/ リヘゞ'-ミY         ,. -'´   ∠ミーニ丶、           l: : : : //: :`>,‐-─,<:´: :/: : : ハ: : : l
      r'<=f=`丶、_ _/ ̄>-'⌒ー‐                 /: : : : :/- '´,-'    l, ヽ: /: : : :ハ: : : :l

949 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/27(日) 06:20:15 ID:tcUj6ZVe
次スレ無理だった。誰かよろ

950 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/27(日) 06:39:09 ID:AwuW/gZi
   __................      ___................               _     _         ィ三
 ̄ ̄             ̄                __,,‐'´ /イ'´// / _       三
   __..............   __ ヾ、__  ̄ ̄ ̄            /  7 / /.,/ /,,‐'´;;;、、 ̄~`''‐、彡
 ̄ ̄      ー=ニ;_:::::::`ヽ、 ヽヾ””r""‐-▽    __ /  /=/ / //   ;;;;:;:;:;:;;:;:; ィ三
      ヽ、 __-:::'´::::::::::::: } :::ヽゞ{ ゙シ    ミz、 ̄    /  / / /イミミΞミ       乍Ξ
   __.. ` ーァ:...  :::::::::..   ::. :/_ }ミV "ゞミ三 ミ≡=∠ / '´_,.ィフ ;;;;;:...ミ     三Ξ
 ̄ ̄___,r '´:::::.::: .: /::..::.ヽ::ヽ:::: z杉|!   杉彡./;;;;;;;: / ゲ''゙ /ili彡杉オミillil;:;   三Ξ
 ̄ ̄   /イ:...:  /:/::::j::::l::::';:ヾヽ、 ゞi!   三ミ/;;;;;;;;;;:;:;::;/ ,..-'´|! |i彡三三乍F!    三Ξ _、x=ァ
     /./:/::::: .::/:::/:::::ィ:::::|:::::l:';:'`ヽ ゞ、z  彡/;;;;;;;;;;;;:;:;;/ 〃;;;;;;;;;|! |!彡三三乍  _,.、-ー''"´  /
   _'./::;イ::::/.::/:::/l:::/ l::::ハ::::::ト、::::::::トミッ ミ,,,;;;;|!;;;;;;;;;;;;;:;:;/ /;:;:;::;:;:;;;|! |彡三三乍、‐'´    _、  /
 ̄ ̄_/´j:::;:イ::;;j:;/~1:l-;|:::j l::::::j-ヘ!ヘ;|}:}:三|ゞ;;;;;;;|!;;;;;;;;;;;;;:;/ /;:;:;:;:::: ::.;|! |彡ミミミミ/ _,.、-=''"´/  /
 ̄ ̄ 〃 /:::/::l:::イィTラトj:::;' .l:::/ イフTソ/三|ii!  ;|!;;;;;;;;;;;;;//;;;:;:;:;:;:;;:;:..;|! |    //゙ 三Ξ/  ∠
     !'/:;ィ:/::ヽ;:ヽ` ゙̄7:/  l:;' ` ̄フ;:':::lト;!|ii!{、;;|!;;;;;;;;;;;;;;;;Ξ!;;E!;;;;;;:;;;;:;|! | ィ三Ξ≡ _,.、-ー''  /
 ̄ ̄  ̄l::/ .|ト::ト;{ ト-ヽ |/   iリ  ー;ニ':/ |ii!ゞ  \;:;:;:;:;:;;Ξ!;;E!;;E!;;;:;;;|! |三三Ξ≡''   _,..-´三ミ
 ̄ ̄ ̄ |;' lヘ::|l;トrヘ     ...-- .., /''´,rr从 kミ,;;;; ノミ `''=−z、;;;;;;;;;;;;;;;;:;|! |三/   ,,‐=' ´  三三三三
     _|! .リ-ヘ::ト、ヽ、  ー  ´ ,ィ ´ lヽ ` !ヌ==《      _``丶、;;;;;;ゞ丶/_,,、‐'=三 Ξ≡   ,,‐'/ ̄
 ̄ ̄ ̄     ヽ ヾヽ:| `丶__. -''´ |  j j i!;;レ彡ミ  ゞ ̄ ̄ ̄     `''−;、ゞ\       ,,‐'/_/ /三三
     ___ヽ    .|       .| //}/彡三___三,,、,、、、_,.v===三三三三三三三三/´ / /__/_,.、zァ
 ̄ ̄ ̄___..     i*.';';;; ; ; ノ彡竺= ̄ _,.、‐=''´   _、xvミ(ililililililliil!l!l!!!!!;i;i;i;i;レ;1!!1!/ /
 ̄ ̄ ̄           ,,、、 ===''''¨    _,.、ー''"´彬奎 ゞlililililili!l!l!l!!!!i;i;i;i;i;i;il1!1!1!1!1!l1!1!!1!/ /
     ____       __,,,,、zz==r゙  ,.、‐彡三拜 {;; ゞミilili!l!l!l!1!1!1!1!i i i i i_i_i_i_i_l/ _≧
 ̄ ̄ ̄          ,.‐'"´ ̄  ==…-==- `^''=='~、  !ミ  `三 ̄三三 ̄乍 ̄ ̄ミ ̄//ミ
             ,/彡"゛   彡”三三竺   ``丶、 `''‐ミ竺ニ=- 、_    __ミ_ミ__.ミ、
           /ィ彡        三三      升           ミゞ彳'´ゞ竺三三三^^
     ___ ..,/ 乍彡        三      ノ豸ル  彡≡====zzzzッ;┃  ィ彡三三三
 ̄ ̄ ̄___ i! 豕Ξミ       ミ       彡ジ    ゞミ三三三三三Z┃彡三三乍
 ̄ ̄ ̄     〃豕竺彡      ミ      ィ幺リ       ゞミ三三三三;;┃彡三ミジ
       ,.‐'"{ 豸竺;;彡     彡 _、、、zv彡シ           ゞミ三三三┃彡三ミ{
     /    ミ竺亥彡    彡竺三三三ミ            ≠三三三┃彡三ミゞ

951 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/27(日) 07:26:31 ID:+67LgL23
次スレ立てました
http://anime3.2ch.net/test/read.cgi/anichara/1217110920/l50

952 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/27(日) 07:55:57 ID:ejLCLYWM
>>951
乙 こなたの胸を揉む権利を与えよう

953 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/27(日) 08:35:23 ID:Wc4Bqcd8
>>951
乙です!さて埋めますかな


954 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/27(日) 08:41:02 ID:8vLlHRbe
埋めるぜ!!
    `     ..     i   ` 、!  // /`丶 i! 丶 { ,  ´,  ミ 、_//
         、  `  ..    / ` 、./ /     i! __  `<   , ,<: : ヽ
          ヽ !   !  ==  _/ ` 、   ,  iU  ッ 、 ヽ- '´: : : \: :\ ,, -
7 、 ── , ─ 、{   {__ | | i 7_ = ニ 、 r、  }└ く  > \ _,, -  '' -,___
.j: : \   /     > --`- '─‐<  =.- ノ ┼ 7, ´ ` }..  ≠  〉__   /
: :\:_:_ヽ./   ___{ { ゝ 、      >、 __}'7 |―{ ゝ- ノ 三三 = 、= 三三三   
_: : : \ 二ニニ二  ハ `  ミ  、__ 彡' 7///:! | , /7 f \  , イ    } ァ \\ \
: : :、>、 _......._ _\i ゝ、 __    i  //ノ{ i., ',. '-′j_ /  ハ   r ──ゝ ̄ `
: : : :ヽ.. >、   \ ! |ヽ` ミ 、___ 彡′___}, ', '      /  ヽ___{!\ 、__  \
 ̄ ̄{ \ ヘ 、   〕 ! 、ヽ  }   ゝ __ , ', ' ` ー-  _/   / /ヽ \、    \
   | >、 , ヘ彡 厶}ハ {     , ' , '` - 、` - 、 ` -  ´   ´  、 ヽ {\ 、_ ..
   {、、  \_. ヘ_jfェ_ 、 } ヘ   , ' , ' :i _    ̄ ` ‐ ∠           ヽ ゙ト、
__i__\三シく__ノ くノ ヽ!{、 , ヘ , ' , '  /j ̄ ` ¬‐- 、 `    ..      .. \、`
` ー ッァ─ 、⌒<_, くヽノ へ〈 ., ' ., '__/, イィェ ._      ̄ ` ¬‐- 、 、 ...   
> < \ \`: 7 、 /\ / , ' , ' ̄' / >ヘ二 `ト、       ',    、   ` −-
/ >>.-.: \ ./ヽ / , ' , '  /\/  / /ヽ j: !        ',    、
> / .: .: .: .: .}丶、 __ , ' ,. '  V __.ハく /\ ト{: !        '     、
r‐ ′ .: .: .: .: ./    , ′, ′、_V二..ハ/ Yヽ ノ.i V          ,     ヽ
 .: .: .: .: .: .: ./   , ′, ′ {/ : : : /: : : v' _ハ j !          ,      ヽ
.: .: .: .: .: .: .:〈   , ' , '   /: ̄ : 、: : : : :\'_ム〉′j           ,       ヽ
.: .: .: .: .: .: .: .: , ' , ′  ./. : : : : : \: : : : :\i  !           ,       ヽ


955 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/27(日) 10:53:23 ID:hYLFGT36
もう次か、梅

956 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/27(日) 11:47:51 ID:Wc4Bqcd8
このレスで容量500ならこなた以外がランキングで1位をとる


957 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/27(日) 12:03:51 ID:kuT9r+e3


958 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/27(日) 12:13:01 ID:hYLFGT36
>>956
凄い波乱を呼びそうだ

959 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/27(日) 12:32:32 ID:hYLFGT36
ウメ

960 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/27(日) 12:33:38 ID:hYLFGT36


961 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/27(日) 12:39:08 ID:hYLFGT36
卯女

962 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/27(日) 15:17:15 ID:gxi1hrim
ウマー

963 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/27(日) 16:56:19 ID:2xlbWQy6
埋めー

964 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/27(日) 17:42:58 ID:f7JSKk1p
うめ

965 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/27(日) 17:45:32 ID:hYLFGT36
梅さん

966 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/27(日) 17:47:28 ID:hYLFGT36
梅子

967 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/27(日) 17:48:10 ID:hYLFGT36
埋める

968 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/27(日) 17:54:14 ID:hYLFGT36
梅沢さん

969 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/27(日) 17:55:03 ID:3Ebq/L6M
磯野く〜ん

970 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/27(日) 17:58:04 ID:Xm9AxE01
ワロスwww

971 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/27(日) 17:59:28 ID:2xlbWQy6
うめうめ

972 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/27(日) 18:06:41 ID:hYLFGT36
まだ500KBにならないな、梅

973 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/27(日) 18:07:19 ID:hYLFGT36
>>969
今、気付いたけどおまww

974 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/27(日) 18:10:24 ID:8vLlHRbe
                  ト、
                  ヽヽ
                   ヽヽ_, ‐- 、.   ... .. ...    , ‐=!l            , -=7
            ヽ`ー- _ - ´     7::      :: :. / /:::::::!|      _, -= ´   / /
              \          , -'´    .: ::.:.  /  /:::::::::||     /        /
               ヽ ---ァ ., ヘヽ.\.:::  ,. --!   /,. ---!L , -‐ 7      ,. '´
                、ー'  /  ヽヽ ー:/   ;   /  ,ィ, <‐  ̄    ,. ‐ ´
         .. ..     ノ ,  l_. - ´  ̄//:    ;  ll ̄ ヽ/ー- _`丶、__ィ ´      _, -‐
  / ̄ ー 、'_::   : _ / ム        _/、.、:..   /::  l   /    `7´, ‐ヽ  _, -_ ニ´-_, -
.く--   _ ,ィ:=; '  ̄ ヽ       ._,. -‐ ´._L -ゝ.ニ _'    l ー〈 − -  l l   ヽ´‐_´-_' - ´_ ,..
  \   \::;'     ハー- ,    \  ,ィ1イ , -ィト- |>i‐〈   l      ヽヽ  ノ、_,_ィ_-_,ニ- '__
<ニ-ト、, ,、  \ __ /, ィヽ /   ,、  \\Vーク7〉=、Yヽゝヽ   ヽ    _, ィヽ"7      / !
   l!/\7  _ーィ1 !'ヽ´   / -ヽ   ヽ //./´ _/`´//::ll>ー-, _ヽ-,ィ / ./ / 7ー   ̄ l / ̄
‐ ´/ト、   `く ハートゝ'´   /'´ ̄ ヽ   \ ヽ´/  //::/  /!   ̄!`l ̄ _/ /、l_  -‐ '
  l/  \ ヽー‐ '´   /l:i     .ハ    ` ー- __ィ  ./:::l、_ ノ  ` ーrー/  |
  ヽ   ヽ'_ー,---rヘ. ',ヾ,.   /./:\      /   /` ‐ヽ     /, ヘ'、  l
   ヽ= ´ィ  !l__ ! ハ '、ヽ- - '  V. `ヽー- _ /   ./  / |:::二ニ'// .ハ.  |
       < ヽ、/‐'__ l  ヽ r =‐- 、  ヽ--丶   / /_,. -'´イ ̄  / /::ハ  |
          ̄ ヾ  ヽ ̄/ Y /  > 、 >‐l =-<ー.ニ- '´ //  / /::/ ハ  |
               / ./  ! ヘ/´ヽ_, -‐` ´ ー ´ ヽ,-― '´ l   / /::/./ ヽ !
                / ./ /!ー '  l !_    //ヽ /     .! ./ /:/ /
              ヽ/ '  '、   /-、 `>'--- 、/ `丶、    lニ〈 // ./
                 , ィ7ー-/ / _-_ 、  ヽ-ヽ __ヽ  l ハV.' /
              , ‐ r'/-=/   〉'´  / 7 ―' 、__`7 ヾl、 !l /
             /ー 7/  /   /  ノ / 、   \   \  ヾj/
              /  ∧! ̄ l   /‐ '´_ ィ   \   \   ヽ  ヽ
                        埋め

975 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/27(日) 18:11:03 ID:hYLFGT36
これが最後かな? 梅

976 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/27(日) 18:12:19 ID:hYLFGT36
500KBならひよりが1位?

977 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/27(日) 18:13:01 ID:hYLFGT36
あっ、やっちゃった?

978 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/27(日) 18:13:15 ID:3Ebq/L6M
次スレこそひよりんの出番が10%ぐらい増えますように

979 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/27(日) 18:13:43 ID:2xlbWQy6
全部隊に徹底させろ!全力を挙げてスレを埋めるんだ!!

980 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/27(日) 18:13:49 ID:hYLFGT36
まだ埋まらないの?

981 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/27(日) 18:14:25 ID:3Ebq/L6M
うほっ、いい埋め

982 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/27(日) 18:14:47 ID:hYLFGT36
あと20?

983 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/27(日) 18:15:29 ID:hYLFGT36


984 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/27(日) 18:18:20 ID:8vLlHRbe
    `     ..     i   ` 、!  // /`丶 i! 丶 { ,  ´,  ミ 、_//
         、  `  ..    / ` 、./ /     i! __  `<   , ,<: : ヽ
          ヽ !   !  ==  _/ ` 、   ,  iU  ッ 、 ヽ- '´: : : \: :\ ,, -
7 、 ── , ─ 、{   {__ | | i 7_ = ニ 、 r、  }└ く  > \ _,, -  '' -,___
.j: : \   /     > --`- '─‐<  =.- ノ ┼ 7, ´ ` }..  ≠  〉__   /
: :\:_:_ヽ./   ___{ { ゝ 、      >、 __}'7 |―{ ゝ- ノ 三三 = 、= 三三三   
_: : : \ 二ニニ二  ハ `  ミ  、__ 彡' 7///:! | , /7 f \  , イ    } ァ \\ \
: : :、>、 _......._ _\i ゝ、 __    i  //ノ{ i., ',. '-′j_ /  ハ   r ──ゝ ̄ `
: : : :ヽ.. >、   \ ! |ヽ` ミ 、___ 彡′___}, ', '      /  ヽ___{!\ 、__  \
 ̄ ̄{ \ ヘ 、   〕 ! 、ヽ  }   ゝ __ , ', ' ` ー-  _/   / /ヽ \、    \
   | >、 , ヘ彡 厶}ハ {     , ' , '` - 、` - 、 ` -  ´   ´  、 ヽ {\ 、_ ..
   {、、  \_. ヘ_jfェ_ 、 } ヘ   , ' , ' :i _    ̄ ` ‐ ∠           ヽ ゙ト、
__i__\三シく__ノ くノ ヽ!{、 , ヘ , ' , '  /j ̄ ` ¬‐- 、 `    ..      .. \、`
` ー ッァ─ 、⌒<_, くヽノ へ〈 ., ' ., '__/, イィェ ._      ̄ ` ¬‐- 、 、 ...   
> < \ \`: 7 、 /\ / , ' , ' ̄' / >ヘ二 `ト、       ',    、   ` −-
/ >>.-.: \ ./ヽ / , ' , '  /\/  / /ヽ j: !        ',    、
> / .: .: .: .: .}丶、 __ , ' ,. '  V __.ハく /\ ト{: !        '     、
r‐ ′ .: .: .: .: ./    , ′, ′、_V二..ハ/ Yヽ ノ.i V          ,     ヽ
 .: .: .: .: .: .: ./   , ′, ′ {/ : : : /: : : v' _ハ j !          ,      ヽ
.: .: .: .: .: .: .:〈   , ' , '   /: ̄ : 、: : : : :\'_ム〉′j           ,       ヽ
.: .: .: .: .: .: .: .: , ' , ′  ./. : : : : : \: : : : :\i  !           ,       ヽ


502 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)