2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

あの作品のキャラがルイズに召喚されました part136

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 01:44:34 ID:DzpzFi/o
もしもゼロの使い魔のルイズが召喚したのがサイトではなかったら?そんなifを語るスレ。

あの作品のキャラがルイズに召喚されました part135
http://anime3.2ch.net/test/read.cgi/anichara/1210516387/

まとめwiki
http://www35.atwiki.jp/anozero/
避難所
http://jbbs.livedoor.jp/otaku/9616/

--------------------------------------------------------------------------------

    _              ■ 注意事項よ! ちゃんと聞きなさいよね! ■
    〃 ` ヽ  .   ・ここはあの作品の人物がゼロ魔の世界にやってくるifを語るスレッドよ!
    l lf小从} l /   ・雑談、SS、共に書き込む前のリロードは忘れないでよ!ただでさえ勢いが速いんだから!
   ノハ{*゚ヮ゚ノハ/,.   ・投下をする前には、必ず投下予告をしなさいよ!投下終了の宣言も忘れちゃだめなんだからね!
  ((/} )犬({つ'     ちゃんと空気を読まないと、ひどいんだからね!
   / '"/_jl〉` j,    ・ 投下してるの? し、支援してあげてもいいんだからね!
   ヽ_/ィヘ_)〜′    ・興味のないSS? そんなもの、「スルー」の魔法を使えばいいじゃない!
              ・まとめの更新は気づいた人がやらなきゃダメなんだからね!

--------------------------------------------------------------------------------

    _         ・議論や、荒らしへの反応は、避難所でやるの。約束よ?
     〃  ^ヽ      ・クロス元が18禁作品であっても、SSの内容が非18禁である場合は本スレへの投下で問題ないわ。
    J{  ハ从{_,     ・SSの内容が18禁な展開をする場合はクロス元に関わらず本スレではなく避難所への投下をお願いね。
    ノルノー゚ノjし     ・クロス元が型月作品のSSは、本スレでも避難所でもルイズの『錬金』のように危険よ。
   /く{ {丈} }つ      やめておいてね。
   l く/_jlム! |     ・作品を初投下する時は元ネタの記載も忘れずにね。wikiに登録されづらいわ。
   レ-ヘじフ〜l       ・作者も読者も閲覧には専用ブラウザの使用を推奨するわ。負荷軽減に協力してね。

--------------------------------------------------------------------------------

   ,ィ =个=、      ・お互いを尊重して下さいね。クロスで一方的なのはダメです。
   〈_/´ ̄ `ヽ      ・1レスの限界最大文字数は、全角文字なら2048文字分(4096Bytes)。
    { {_jイ」/j」j〉     これ以上は投下出来ません。
    ヽl| ゚ヮ゚ノj|     ・行数は最大60行で、一行につき全角で128文字までですって。
   ⊂j{不}lつ     ・不要な荒れを防ぐために、sage進行でお願いしますね。
   く7 {_}ハ>     ・次スレは>>950か480KBからお願いします。テンプレはwikiの左メニューを参照して下さい。
    ‘ーrtァー’      ・重複防止のため、次スレを立てる時は現行スレにその旨を宣言して下さいね。
             ・クロス先に姉妹スレがある作品については、そちらへ投下して盛り上げてあげると喜ばれますよ。
              姉妹スレについては、まとめwikiのリンクを見て下さいね。
             ・一行目改行、且つ22行以上の長文は、エラー表示無しで異次元に消えます。
              SS文面の区切りが良いからと、最初に改行いれるとマズイです。
              レイアウト上一行目に改行入れる時はスペースを入れて改行しましょう。

--------------------------------------------------------------------------------

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 01:44:54 ID:DzpzFi/o
ヘイトが目的の人はこちらへどうぞ

現実の日本だったら犯罪者のキャラ
http://anime3.2ch.net/test/read.cgi/anichara/1156057365/

現実にいたらいじめられるキャラ総合
http://anime3.2ch.net/test/read.cgi/anichara/1187355426/

おまいらが嫌いなキャラを倒すスレ
http://anime3.2ch.net/test/read.cgi/anichara/1203997499/

時津風部屋で根性を叩き倒して欲しいキャラ
http://anime3.2ch.net/test/read.cgi/anichara/1190900372/

現実に存在してほしくないアニメキャラ
http://anime3.2ch.net/test/read.cgi/anichara/1159772153/

こいつだけは許せないと思うアニメキャラ2
http://anime3.2ch.net/test/read.cgi/anichara/1206404206/

どのアニメキャラを四肢切断して肉ダルマにしたい?
http://anime3.2ch.net/test/read.cgi/anichara/1146855901/

イージス艦に衝突されるべきアニメキャラ
http://anime3.2ch.net/test/read.cgi/anichara/1203577654/

キチガイの可能性が高いと思うアニメキャラ
http://anime3.2ch.net/test/read.cgi/anichara/1210080711/

KYだと思うアニメキャラ
http://anime3.2ch.net/test/read.cgi/anichara/1209119812/

数人でオモチャにして、飽きたらポイ捨てする女キャラ
http://anime3.2ch.net/test/read.cgi/anichara/1182432637/

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 01:45:17 ID:DzpzFi/o
157 :削除申請:2008/02/14(木) 20:56:50 ID:kMFXiYvI
管理人様
以下自作品の削除をお願いします。
(本人証明として、自ブログの方も削除致しました)

長編:1編
「ゼロのgrandma」
短編:2編
「色鮮やかな空へ」
「四系統だけど」

色々とご迷惑をお掛けしました。以降、忘却願います。






夜天の使い魔 第一部
夜天の使い魔 第二部

http://rein4t.blog123.fc2.com/

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 01:45:47 ID:DzpzFi/o
このぐらいまで単純化できそうな気がする。

爆発召喚
キス契約
「ゼロ」の由来判明(教室で爆発)
使い魔の能力が明らかに(ギーシュ戦)
デルフ購入
フーケ戦
舞踏会

最近はその流れでいかに飽きない話を作るかに凝りがち>>16

爆発
平民プゲラ
コルベール問答無用さっさと汁
キス契約
フライに唖然とする
説明はぁどこの田舎者?
何者であろうと今日からあんたは奴隷
二つの月にびっくり
洗濯シエスタと接触
キュロケフレイム顔見見せ
みすぼらしい食事厨房でマルトー
教室で爆発片付け
昼食シエスタの手伝い香水イベント
オスマンコルベール覗き見
ギーシュフルボッコ場合によって使い魔に弟子入り
キュルケセクロスの誘いしかし使い魔はインポテンツか童貞w
ルイズ寝取られの歴史を切々と語る
休日街でデルフ入手 キュルケタバサがついてくる
ルイズが爆破訓練宝物庫破壊フーケ侵入お宝げっと
この段階でフーケは絶対つかまらない
翌朝捜索隊保身に走る教師一同
教育者オスマン犯罪捜索を未熟な子供にマル投げ
小屋で破壊の杖ゲットフーケフルボッコしかし絶対死なない
オスマンから褒章 舞踏会 終わり

途中飛ばすけど、

 対7万戦と再召喚(一度使い魔契約が切れ、まっさらな状態からルイズとの関係を再構築)

を追加で。

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 01:46:17 ID:DzpzFi/o
ルールじゃないけどマナー上しておく方が良い事・システム上の注意事項
投下時はタイトルをコテハンとする、トリップ推奨
予告でクロス元他必ず説明する(一発ネタ等でばらすと面白くないならその旨明示)
 ※過去「投下してもいい?・投下します」等の予告から
  最低の荒らし投稿を強行した馬鹿者が居たため同類認定されるリスク極大

1時間に一定量超える投下は「さるさん」規制に遭うので注意
連投規制には有効な支援レスもこれには何の役にも立たない
文章量(kB)と分割予定数の事前申告をしておけば、規制に伴う代理投下をしてもらいやすい
投稿量カウントも規制も正時(00分)にリセットと言われている
他スレでの実験により規制ボーダーは8.5kBらしいという未確認情報あり

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 01:46:53 ID:DzpzFi/o
姉妹スレ一覧

【アニキャラ総合】
【ジョジョ】ゼロの奇妙な使い魔【召喚80人目】
http://anime3.2ch.net/test/read.cgi/anichara/1206915020/l50

ソードワールドのキャラがルイズに召還されました
http://anime3.2ch.net/test/read.cgi/anichara/1199900690/l50

ダイの大冒険のキャラがルイズに召喚されました
http://anime3.2ch.net/test/read.cgi/anichara/1204128590/l50

ハガレンのエドがルイズに召喚されたようです
http://anime3.2ch.net/test/read.cgi/anichara/1181052298/l50

型月のキャラがルイズに召喚されましたpart5
http://anime3.2ch.net/test/read.cgi/anichara/1207152628/l50

【カオス】ゼロのルイズが以下略【召喚70002人目】 SEED
http://anime3.2ch.net/test/read.cgi/anichara/1204218994/

【漫画サロン】
HELLSINGのキャラがルイズに召喚されました part6
http://anime3.2ch.net/test/read.cgi/csaloon/1207560191/l50

【旧シャア専用】
ガンダムキャラがルイズに召還されました 2人目
http://anime3.2ch.net/test/read.cgi/x3/1205871030/
(『もしルイズが召喚したのがトレーズ様だったら』の次ぎスレです)

【エヴァ】
もしルイズが召喚したのがシンジだったら 第弐話
http://anime3.2ch.net/test/read.cgi/eva/1190887727/l50

各スレまとめ一覧

ゼロの奇妙な使い魔 まとめ
http://www22.atwiki.jp/familiar_spirit/pages/1.html
ゼロ使×型月クロスSSスレまとめwiki
http://www13.atwiki.jp/zeromoon
ハガレンのエドがルイズに召還されたようですまとめサイト@wiki
http://www34.atwiki.jp/fgthomas/pages/71.html
新世紀エヴァンゲリオン×ゼロの使い魔 〜想いは時を越えて〜@ ウィキ
http://www10.atwiki.jp/moshinomatome/pages/1.html

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 01:47:25 ID:DzpzFi/o
やる夫が小説家になるようです
ttp://urasoku.blog106.fc2.com/blog-entry-244.html

完結:やる夫が小説家になるようです
ttp://urasoku.blog106.fc2.com/blog-entry-245.html

やる夫が「売れっ子」ラノベ作家を目指すそうです
ttp://urasoku.blog106.fc2.com/blog-entry-284.html

やる夫が同人小説家になるようです
ttp://urasoku.blog106.fc2.com/blog-entry-371.html

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 01:47:58 ID:DzpzFi/o
●     「こっ、こっ、こっ、こっ、こっ、この…バカ犬っ!!!」
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 02:10:25 ID:8r4BMQHb
乙だがテンプレは>>1のみだ

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 02:11:16 ID:gfPdrhOx
なにはともあれ乙。

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 02:45:13 ID:D/C9vrjK
>>1乙

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 02:52:35 ID:ctRyhK8H
おつなんて言わない。


13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 03:04:09 ID:RuVBerpq
粘着だか天然だかわからんが、微妙。

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 05:11:30 ID:33sE9oWi
市原悦子を召喚して、フーケ討伐の話をしてる時とか、
ウェールズに会ってる時にぶちまけるw

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 05:14:42 ID:m8pQHSBv
なにこのテンプレ荒らし
いやがらせ?

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 05:59:14 ID:q1Zx2dUJ
テンプレが嫌いならお菓子を食べればいいのに!

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 06:16:34 ID:ERpLt89y
テンプラは好きだぞ

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 06:18:11 ID:9ewBb2kN
デンプシーロールが嫌いならフリッカーを習えばいいのに!

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 06:40:28 ID:sgGoeF/n
ぼんくらはスレをたてるな


20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 06:41:08 ID:ByQvOULR
すいません7時15分から短編を1レス程度書きたいのですがよろしいでしょうか?

21 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 06:44:03 ID:gfPdrhOx
元ネタプリーズ。

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 07:02:42 ID:rsdVq4+c
1レスなら投下予告なんかいらないだろ。
投下前にリロードしておけよとは思うが。

23 :『白き塔』:2008/05/17(土) 07:15:47 ID:ByQvOULR
投下します。

平賀才人が地下倉庫でそれを見たとき、顔の色が青ざめた。
「どうしたんだい? この『白き塔』は『奇妙な工芸品』の中でも最も大きい物でね。
 とても奇妙な形をしていてね。銃だったら引き金があるだろうし、棍棒にしては大きすぎる。
 スクエアクラスのメイジ数人がかりで運んできた一品だ。」
その言葉を平賀才人は聞いていなかった。
「I.C.B.M…………。」
確かにこれならば『剣よりも長い距離』を攻撃できるかもしれない。
「おいおい、どうした相棒、青ざめて! まるで死神でも見たようじゃねえか?」
デルフリンガーがそう言って平賀才人に声をかけた。
「死神の方がまだましさ。なあ、最近このあたりで奇妙な病気はやってないか?」
「いや? でも最近、子供の数が減ったとか言っていたような気がするけど………。」
「これは早く処分した方が良い。このままだったら…………。」
「………なんだよ相棒。これは一体なんだよ!」
「凄まじく強力な爆弾」
「爆弾一つでここまで震えるなんて、臆病なガンダールヴだね。」
ジュリオはそう言ってにやにやと笑っている。
「『勇猛果敢な神の盾』じゃないのかい? それで、この爆弾はどれほどの威力を持つんだい?」
「えーと、爆発の中心の物は『固定化』かけてあっても無駄。半径1000メイル内ならほぼ確実に死ぬ。簡単な建物なら数千メイル離れてても吹き飛ばせる」
「素晴しい威力だね。」
「いや、威力が素晴しいのはわかるが、相棒、なんか別なのあるだろう?」
感心するジュリオに、ツッコミを入れるデルフ。
「さらに、中に入ってる物質は、全ての者に対して強烈な毒性を持っていて、それを防ぐ手段はハルゲニアには存在しない。しかも使えばそれはハルゲニア全土を覆いつくすぞ。」
才人のただならぬ説明にジュリオもツッコミを入れる気にすらならない。
「んな危険な物、と……とっとと処分しようぜ!」
デルフの提案に二人は頷いた。

『白き塔』の中の物は全部鉛に変えられた。外側は一応そのままにしておこうということになったらしい。
「………異界のアイテムが………」
コルベールは名残惜しそうにそれを見ていたが、桁外れの武器と言う事で諦めがついているらしい。
「相棒、そんな暗い顔するなって、相棒が説明したとおりの武器ならば無い方がハルゲニアの為だって。」
デルフリンガーがそう言って、落ち込んでいる才人を慰める。
「いや、確かにそうなんだ。だから落ち込んでるんだ。」
そう言って左手のルーンを見る。
「隊長、また一つ届きました!」
向こうで、誰かに報告している兵士がいる。その顔は満面の笑みを浮かべていた。
「ガンダールヴのルーンがある限り、向こうの世界から武器がやってくる。
 いずれ、第二第三の『白き塔』が……………」

     現実世界よりI.C.B.Mが召喚されていました。

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 07:26:52 ID:RBLhBruz
大陸間弾道弾乙
そりゃ怯えるわ
剣よりも長いどころか設備あればハルケギニア全土どこにでも届くんじゃねーのか
あとハルゲニアになってるよ
ハルケギニアね


25 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 07:35:26 ID:rsdVq4+c
>>23
> いずれ、第二第三の『白き塔』が……………
テラゴジラw

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 07:53:06 ID:42uMoPuM
で思うんだが、錬金の魔法使えばウランでもプルトニウムでも作れない?

27 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 07:57:17 ID:KBEbeP4D
錬金で操れる金属が分からない。
油とかあるしな・・・。

28 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 08:01:51 ID:rsdVq4+c
>>26
錬金での作り易さ順位がどうなってるのか分からないからなんとも。
金を作れるのはスクエアだけだったりするし。

29 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 08:06:03 ID:x5T9Krq+
実物のサンプルがあれば作れなくはないだろうけど、
ハルケギニアの技術水準じゃ「目に見えない毒気を撒き散らす危険な石」でしかないと思う

まあそれはそれで暗殺用とかで重宝しそうだけど

30 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 08:10:53 ID:Il81NLZd
タバサの冒険の話である程度明確にイメージしないといけないことはわかっている
ウランやプルトニウムは作れることは作れるだろうがそもそもウランやプルトニウムを明確にイメージできるやつがおるんかね

31 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 08:11:16 ID:ZtWcRqMu
>>29

なら、ポロニウム210が手っ取り早いな。<暗殺用

32 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 08:16:57 ID:Cpu/07jr
というか、硫黄の錬金が難しいというのがなぁ。硫黄が難しい基準が解らんからウランは楽に錬金できるのかどうか。


まあどんなに難しかろうが、精製不要で純度100%の放射性物質作れるんだしすげー有用だけど。

33 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 08:31:20 ID:Pb+HUkIa
単体の金より合金の真鍮のが簡単だったりするしなあ

34 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 08:40:39 ID:8vRI8G/T
ICBMって、起爆コードないとあんまり意味ないよな

35 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 08:50:12 ID:KBEbeP4D
イメージって言ったって、何をイメージすればいいんだ・・・。
ファンタジーにゃありがちな設定だが、便利な言葉だよな。

36 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2008/05/17(土) 08:56:02 ID:oauXLIDm
ガンダーなら起爆コードわかるんじゃないか?
使い方がわかるんだから。

37 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 08:59:48 ID:EaPBLpdI
 単純に“金は高貴なもの”“簡単には作り出せない→スクエアクラスでないと無理”っていうイメージが
定着しちゃってるから、じゃないかな。
 真鍮とか青銅は普段の生活の中で見慣れてるから作りやすい。
 硫黄は火の秘薬としては有名だけど、“秘薬”としてのイメージが強すぎて逆に作りづらい。
 銀なんかも貴族だったら食器として身近だから比較的簡単な部類なのかもしれないし。
 油は、ギーシュレベルだと重油とか軽油とか、機械油とか食用油とかに関係なく、単純に“油”なんじゃないかな。

38 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 09:05:10 ID:rsdVq4+c
硫黄は錬金できないんだっけ?
錬金でも作れるには作れるけど戦場で必要になる量には到底足りないんだ、ぐらいに思ってた。

39 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 09:07:15 ID:Cpu/07jr
そういやアニメ未見だけど、ギーシュのゴーレムの断面ってどうなってた?
多分何も考えずに断面まで青銅色に塗ったんだろうなぁ。青銅って青銅色じゃないのに。

40 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 09:09:42 ID:gM4rFwFW
>「隊長、また一つ届きました!」


まさか劣化ウラン弾?

41 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 09:12:01 ID:G5D2mvh2
遅レスだが、前スレの埋めSS、腹かかえてワロタw

42 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 09:34:54 ID:m2ycwAzL
白き塔投下乙です
ただ、核弾頭から放射線だだ漏れはまずありませんよ
ンな状態だったら真っ先にサイト達が死んじゃいますし、容器が破損していて核物質の密閉が不十分なのでたぶん爆縮しません…

43 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 09:42:47 ID:9ewBb2kN

TVのサイトみたいに、上空から落ちてくるような状況だったら
ICBM壊れちゃうよな・・・

44 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 09:43:54 ID:t0qY4xP9
こうなったら昭和20年8月6日午前7時くらいのエノラ・ゲイ召喚しようぜ

45 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 09:46:53 ID:lPPG6hr1
まぁ小ネタだからいいんじゃないかと
なかなか面白かったです。
GJ

46 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 09:49:14 ID:m2ycwAzL
>>44
シエスタの爺さんがポール・ティベッツ大佐に、サイトが乗るのがB29になって
アルビオン艦隊をトールボーイで消し飛ばすわけですね、わかります

47 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 09:51:49 ID:gM4rFwFW
>>46
クロムウェル「くやしいのう、くやしいのう…。」

48 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 10:06:01 ID:Q895wd4W
支援設備無しのICBMを使うのって、アポロロケット本体だけをもらって月に飛ばすのと比べて
どちらの方が難易度が高いだろう?

49 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 10:13:20 ID:cFbyVyd/
>>48
どっちも無理という意味で一緒だ。
ICBMなら弾頭だけ浮かせて敵陣に投げ込めば行けるか。

50 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 10:13:22 ID:x5T9Krq+
>>41
まさにオチの勝利だったなあれは

51 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 10:44:08 ID:gkjRrpSF
まさかあのAAをオチに使うつわものがいるとは思わなかったw

52 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 10:48:41 ID:hd14KExS
ソビエト連邦が召喚されたらどうだろう?
魔法なんてものがある世界なら共産主義もきっとうまく(ry

53 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 10:50:30 ID:Cpu/07jr
シューティングスターに「嬢ちゃん」とか言わせるのは勘弁。シルフィに呼びかけるなら「小さきもの」「幼き子よ」じゃね?
でもそれ以外は良かったな。オチもwww
ただブラウザにサイドバーつけてるせいでズレたのと、最初は誰かが割り込んだのかと思って首捻ってた。

54 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 10:56:34 ID:m2ycwAzL
>>49
場合にもよるけどICBMの弾頭って事は戦略核弾頭だから、下手すりゃ数ギガトンクラスの破壊力がある水爆の可能性もある
その場合、使ったらほぼ間違い無く使用者ごと消し飛ぶ

55 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 11:01:30 ID:3Q/zsE9p
「天翔ける十字軍」という中世の十字軍がインベーダーの宇宙船を奪って宇宙で暴れて大帝国を築いてしまうSFがあるんだが
最初核爆弾とかよく知らなくて投石機で敵の要塞にぶつけて一緒に死んでた

ハルケギニアに核があってもその程度の危険認識だと思う

56 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 11:11:04 ID:hd14KExS
もしその水爆がツァーリ・ボンバだったら・・・


57 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 11:14:03 ID:tNQf/JTJ
インフルエンザと診断されて
家でネトゲでもしようかと帰宅途中のサイトが召還された場合

貴族はまだ水の秘薬があるからましだが
栄養状態が悪そうな平民に爆発的に広まり

「村ごと焼いてしまいなさい!」

58 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 11:17:36 ID:hd14KExS
>>57
スペイン風邪じゃないかw

59 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 11:17:52 ID:ip0Ue434
オリヴァー・クロムウェル護国卿はインフルエンザで病死したそうだ

60 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 11:20:17 ID:4M/YSILu
>>23
乙。

しかし何気に13巻ネタはほとんど初めてな気がする。
いや、使い魔くん千年王国でちらっとでたか。

61 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 11:26:25 ID:wsGC0BEg
風邪矢病気に対して水の秘薬とか魔法は効くのだろうか?
とりあえず熱を下げるとか頭痛を和らげるとかは期待できるが、完治はできなかったりするのだろうか?

62 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 11:37:58 ID:E8Zj6Mxw
>>61
抵抗力や代謝の向上とかでなんとか

63 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 11:45:57 ID:a9SLnXeU
>>61

スレイヤーズでは病人に「ヒーリング」かけたら病気のほうも勢い増してしまい
ただの風邪だった「故郷の姉ちゃん」を肺炎にしてしまったそうな

後でげしげしに蹴られたんだって

64 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 11:53:37 ID:V+HFAPOA
ここでトリステイン魔法学院に巨大な剣が刺さってですね
剣やら弓やら槍やら斧戦隊やらがやってきて

65 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 11:56:16 ID:m2ycwAzL
>>56
重すぎて運べない( ゚∀゚)

…あと、間違えてメガトンをギガトンと呼んでいた件
数十ギガトンの爆弾なんかあったら、惑星が文字通りえぐれるっての('A`)

66 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 11:56:17 ID:cO1Hf4BM
巨大な県でリューナイト思い出すついでにピグマリオも思い出した

67 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 12:15:05 ID:84EHnhkf
巨大な剣と一緒に修羅王様とその家来たちがハルケギニアに

修羅王がアルカイドかフォルカかで展開全然違うだろうな

68 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 12:17:04 ID:wsGC0BEg
巨大じゃないけどすさまじく重いゼットゾードとか。
あ、でも錬金かけて軽い金属にすればいいのか?

69 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 12:17:19 ID:S57edX5N
リューナイトのアデューなら相性良さそうだな。
でもリューナイトはパッフィーの乳しか記憶に残ってないよママン

70 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 12:23:10 ID:UNDlkcMy
>>64
つまり、トリステイン魔法学院は九江州中学だったんですね><



71 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 12:25:30 ID:cO1Hf4BM
パフィーのふんどしっぽい服もわすれちゃいけないぜ
つうかあの胸で公式データだと78cmらしい

72 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 12:26:11 ID:4kWjTPnO
>>67
アルカイドならトリステイン修羅界フラグが立つ。
たぶん折れない。

73 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 12:31:25 ID:S57edX5N
うーん。リューナイトでクロス書いてみたいな。
っつーことで早速小説と漫画とDVDを手に入れるか…ちょうど欲しいと思ってとこだし。

74 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 12:33:35 ID:cO1Hf4BM
まてドラマCDもあった気がするぞ
あとウォルサムレジェンドつうパソゲーも

75 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 12:35:36 ID:M9ayjbe7
前スレの最後のほうの雑談見てて、ルイズ達が並行世界から「悪の女帝な虚無の魔導師ルイズ」や
「マッドサイエンティスト・ルイズ」やらを召喚するとゆー電波を受信したが……
ここじゃスレチだよな、うん。

76 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 12:36:16 ID:U1D39E/p
>>66
巨大な“県”って北海道かwww

77 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 12:37:47 ID:4kWjTPnO
>>57
異世界に召喚された場合、現実と同じに考えると病気が問題になるよな。
こういうのって重くなるから、スルーされたり、おもしろ奇病として出てきて、一騒動して都合よく治療できて、おしまいになるけど。

ちょっとした風邪でも、向こうでは未知の病気になるかもしれんし。
マラリアにエボラ、エイズに狂犬病・・・ハルケギニアに疫病の嵐が吹き荒れる。
重い、重いな〜。病気に関しては触れん方がいいかもしれん。

78 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 12:38:49 ID:cO1Hf4BM
そこでからくりサーカスですよ

79 :76:2008/05/17(土) 12:38:52 ID:U1D39E/p
しまった!
北海道は県じゃない

ちなみに最大の県は岩手

80 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 12:46:01 ID:M3ZaYai1
ファイレクシア病を流行らせよう

81 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 12:49:44 ID:cO1Hf4BM
ファイレクシアってMTG?

82 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 12:51:05 ID:D9u4fJxt
mtlでルイズがかかってなかったか?<ファイレクシア病

83 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 12:56:57 ID:t0qY4xP9
>>79
トリステインの貴族の屋敷の玄関にやけに派手な木彫り熊があったり、
ガラナがメイジ平民関係なくポピュラーな飲み物になっていたり、
鉄道が引かれた上に駅前を87式偵察警戒車や82式指揮通信車が走ってたり、
千歳基地の航空祭が夏のビックイベントになっているトリスタニアが浮かんだ

84 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 12:58:06 ID:RBLhBruz
ファイレクシアの疫病王召喚ですねわかります

85 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 13:00:23 ID:M3ZaYai1
いっそヨーグモス召喚で

86 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 13:05:09 ID:sgR+5cXl
>>77
時空のクロスロードみたいな感じか?
あれは水疱瘡で大惨事だったと思うが。

87 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 13:09:12 ID:bDQS8pZj
フェイジちゃんを呼んだら悲話一直線

88 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 13:11:54 ID:D9u4fJxt
そこで頭髪が気になるバーバリアンの彼ですよ。

89 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 13:29:31 ID:RBLhBruz
>>87
あれの主要人物は確か
カマール
フェイジ
アクローマ
イクシドール
だったな
丁度四人いる。配役どうするか。

90 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 13:36:37 ID:M3ZaYai1
フェイジって触れたら腐るよね、たしか

契約どうすんだ

91 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 13:44:32 ID:D9u4fJxt
・ゴブリン8匹なら大丈夫だろうと思っていたらアクローマに蹴散らされた。
・10版発売後の墓地でフェイジが転がっていた。
・クリーチャーが裏返っていたので表にしてみたらアクローマだった。
・速攻で突っ込んで殴った、というか殴ったあとブロックにも参加していた。
・リアニで襲撃され、プレイヤーも「プレインズウォーカー」も殴り殺された。
・コインフリップしてから自分のターンに回る間に再活性で殴られた。
・プレイヤーの1/3がアクローマに殴り殺された経験者。しかも黒と赤は手出しできないという都市伝説から「黒赤ほど危ない」
・「そんな危険なわけがない」といって出て行ったプレイヤーが5分で殴り殺されて戻ってきた。
・「ブロックすれば殺されるわけがない」とチャンプブロックしたプレイヤーがトランプルで殴り殺されて戻ってきた。
・死体のダンスでアクローマに殴られる可能性は150%。一度出てきて次のターンバイバックされる確率が50%
・アクローマによっておこる殺人事件は一日平均120人、うち20人が青使い。

92 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 13:52:21 ID:dPZrybwv
オリゼーが出てきて「かもすぞ〜」じゃだめか?w

93 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 13:55:21 ID:cO1Hf4BM
どちらかというとなぜかゴスロリ衣装の友人のほうが
つうかもやしもん長途半端にしか読んでないから
なぜゴスロリなのかさっぱりわからんおまえ女と言われるのがいやじゃなかったのかと

94 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 14:13:29 ID:x5T9Krq+
>>71
マジか
他の部分がどんだけ細いんだよって話だな

95 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 14:34:03 ID:rsdVq4+c
>>94
ウィキペディアによると、
 ルイズ:B76/W53/H75
 パッフィー:B78/W54/H76
になってるな。
数値的には大差ないはずなんだがw

96 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 14:53:36 ID:FbhI63xy
数値なんて飾りです。エロい人にはそれが分からんのです。

97 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 14:58:29 ID:kyqR1DRi
戦前から平賀譲技術中将を召喚。

98 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 15:06:50 ID:6I1OsOWX
ICBM?
つまりバタリアン缶を召喚ということか

99 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 15:08:03 ID:m2ycwAzL
デアボリカのアズライト召喚とか
すんごい気の長い話の主人公だから、いっぺんくらいそういう世界に召喚されても問題ないでしょ

100 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 15:09:09 ID:cO1Hf4BM
まあままにょにょで召還されてるしなあアズライト

101 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 15:13:52 ID:NW6ghQst
ICBMというとあれか?
降臨暦600X年、世界は核の炎に包まれた
海は枯れ、地は裂けあらゆる生命は死滅したかに見えた・・・
だが、メイジは死に絶えてはいなかった・・・・
という世紀末な展開になるのですな、わかります。

102 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 15:15:02 ID:Fv7MB4jC
ハルケギニアミレニアムな展開じゃないのか?

103 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 15:24:25 ID:SyHijIN6
モヒカンの落ちぶれ貴族が「汚物はしょ(ry」って
火の魔法使うんですね、わかります

104 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 15:25:17 ID:rvIrcpMJ
つまりジロンとギャリアを召還して、投げ飛ばすんですね

105 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 15:45:35 ID:x37Y9JWh
天体戦士サンレッド小ネタですけどよろしいか。

106 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 15:55:12 ID:mI2HSkMG
支援

107 :秘密結社ゼロシャイム総統ルイズ:2008/05/17(土) 15:56:21 ID:x37Y9JWh
今日も酷い目に遭った。

秘密結社フロシャイム川崎支部将軍ヴァンプは、夕飯である鮭のムニエルをつつきながら溜息を吐いた。
「結構いいところまで行ったと思ったんだけどねぇ、今回」
「なんで正義のヒーローってあんなに都合よく現れるんでしょうね」
話の都合だろ、とは誰もが思いつつも誰もが言わない事であったが、
ともかく毎度の事ながら呼び出した怪人がこうも簡単に屠られてしまうと
はたして本部から左遷降格を言い渡されはしないか、と一抹の不安がよぎるのだ。

「お・・・明日タマゴが特売か」
しかし悲しいかな、何しろ経済的にそう余裕の無い川崎支部では先ず優先すべきは
支部の存在そのものの確保なのである。どんなブラック企業でも赤字では立ち行かない。常識もいいところだ。
だからヴァンプ率いる川崎支部の戦闘員および怪人は日々の倹約の知恵を振り絞り、
それが正義のチンピr・・・ヒーローたるサンレッドに対する危機感を薄れさせ、
結果毎度の惨敗に繋がる所となっているのだ。


108 :秘密結社ゼロシャイム総統ルイズ:2008/05/17(土) 15:57:22 ID:x37Y9JWh
「「今度こそはすっごい奴を呼び出して・・・」」
それは誰の発した言葉かは分からない、が、その言葉を発した誰もが心の底からそう願っていた。

「魔界の果て、地獄の底に屯す悪魔よ!」「天と地とその狭間の何処かに居る私のしもべよ!」
誰かが魔方陣の前でその口上を結び始める。

「残忍で、凶暴で、冷血な、血を渇望する猛獣よ!」「清く、賢く、美しく、何者をも超越する私の使い魔よ!」
魔方陣は静かに、仄かに、輝き始める。

「「我は心より求める!この地へお前が降り立つ事を!!」」
魔方陣が放つ光に、それを見ていた誰もが目を眩ませ、
・・・やがて、光の中にその影を認めた。


「・・・・は?」
「しょ、将軍・・・!?何処へ・・・ってあんた誰!!??」
「・・・え?は?・・・どこだここはぁぁぁ!!?!」

禁呪により神奈川県川崎市へ呼び出された東京都在住の平凡極まる高校生・平賀才人は、
戦闘員ならびに怪人たちによる深い謝罪と交通費を受け取った後、帰路に着いたのである。

「いやぁ〜あの鮭のムニエル旨かったなぁ」



109 :秘密結社ゼロシャイム総統ルイズ:2008/05/17(土) 15:58:03 ID:x37Y9JWh
「・・・・・・・えっ?」
「・・・・・・・・・・・・」
「・・・・・・・・・・・・・・・・」
「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・誰よ、アンタ」

そして、フロシャイム川崎支部将軍ヴァンプは、

職と、
家を、
失った。

110 :秘密結社ゼロシャイム総統ルイズ:2008/05/17(土) 15:59:54 ID:x37Y9JWh
おしまい。書きながらマルコメ王国みたいなノリでやりたいとか思った。後悔はしていない。

111 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 16:11:09 ID:tbOkkmQu
一般人に謝罪する戦闘員と怪人フイタ

112 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 16:26:02 ID:6GWwQZnh
次はEX!で頼む

113 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 16:27:35 ID:pa+14hhT
いい人過ぎるぞ怪人&戦闘員www

114 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 16:27:59 ID:YIKmYzIB
 あの組織は地域密着型だから、一般人には礼儀正しく接するんだよな。

 しかも、一般人は普通に受け入れてるから、ある意味侵略を成功させてるし。

115 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 16:28:05 ID:40KniscG
深い謝罪と交通費が実にあの組織らしいw

116 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 16:29:30 ID:4kWjTPnO
ちなみに連中、他の組織と比べてかなり強いぞ。
相手にしてるヒモヒーローが強すぎるだけで。

117 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 16:29:49 ID:aMHACEQf
>>82
パワーストーンの汚染だからファイシス症だな

ここで旭日艦隊召喚とか言ってみる

118 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 16:31:02 ID:Cpu/07jr
というかヒーローの彼女から夕食に御呼ばれしたりするくらい地元民と親しい。
そのあとパチンコから帰ってきたヒーローも一緒に飯食うしwww

119 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 16:35:39 ID:ip0Ue434
>>110
悪いぞ汝、よくぞしでかした。
何か粗悪品を与える。

120 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 17:19:55 ID:OHIIO2q5
いや、本当ヴァンプ将軍はいい人だよな。料理上手いし。

121 :「使えない」魔:2008/05/17(土) 17:49:56 ID:rrh8hWhI
最も役立ちそうにない使い魔

浜松市在住の女子短大生で、昼間からビールかっくらってるヘビースモーカー。
声はパラレルワールドで「ルイズ」が通う高校の担任教師(謎)。

おそらく、「召喚されました」シリーズ史上、最も役立たない使い魔となろう。

122 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 18:15:09 ID:OctJyb+N
サモンナイト2からファミィさん召喚。
7万の軍勢も「ぐらぐらぐら、どっかーん!」一発で撃退。そして、カリンさんとの『最強お母様決定戦』の幕が開かれる…。

ルイズ「あんな地獄を見る羽目になるんだったら、まだ平民とかの方がマシだったわ…」

実力は高く、聡明で、人当たりもいい。しかしどう考えてもファミィ>ルイズ。ダブルお母様で涙眼のルイズが思い浮かんだ。

123 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 18:54:29 ID:c4Sq5YT6
>>117
陸地に艦隊召喚してどうすんの。
つか艦隊も7万も炉号弾で瞬殺だな。

それはおいといて>>110
運がよかったな、この才人

124 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 19:01:18 ID:gkjRrpSF
全盛期のイャンクック伝説

・メイジが3乙なんてざら。トライアングルですら乙る。
・イャンクックは本気を出した事がない
・火球1発で3ヒットは当たり前、乱れ撃ちすれば8ヒットも
・地上に降りた時の風圧だけでメイジが死ぬのは日常茶飯
・熟練メイジにより密林のモンスター全員負傷の状況から1人で逆転
・ヘクサゴン・スペルでも余裕で弾く
・ついばみが速すぎて頭が三つに見える
・間違って依頼を受注したメイジが泣いて謝った、心臓発作を起こすメイジも
・あまりに強すぎるからノボルが弱体化
・その弱体化後でもメイジをなぎ倒す
・シルフィードにビームを仕込んだのがイャンクック
・メイジを一睨みしただけでダメージを与える
・自分の尻尾を見ようとじゃれていただけでメイジが死亡
・トリステイン魔法学院でくしゃみをした時に出た火球がゲルマニアのメイジに当たり死亡
・既に克服している音爆弾でもメイジへのファンサービスのため効いたふりをする
・虚無は本来イャンクック迎撃用として開発されていた
・ノボルからハンデとして目を瞑ってくれと頼まれ実践したが、足踏みだけで勝ってしまう
・全エリアに響く咆哮をする
・ガード中に盾を割られるがヨルムンガルドが続出
・ハルケギニアの木々はほとんどイャンクックが植えたもの
・たまにアルビオンにいるのは出張で植林をしているため
・キノコ、鉱石等が毎回あるのはイャンクックが準備してくれているため
・尻尾を振り回したらハリケーンが起きたことは有名
・鷲掴みにして密林空中遊泳のサービスをしていたがメイジがビビリ過ぎるので中止した
・ランゴスタに刺されたメイジを麻痺が切れるまで待つ騎士道精神
・イャンクックを討伐できれば第2のブリミルになれるというのはもはや伝説
・戦いに疲れ、ラオに体、ラーに力と毛、バサルに鱗、ナナに炎を分け与え今の姿になった

ルイズが全盛期のイャンクック先生を召喚しました。

全盛期のイャンクック伝説を見てたら、こんなのが思い浮かんだ。


125 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 19:17:20 ID:iA1tdZRs
全盛期の先生をルイズが契約なんてさせてくれるのか?そもそもルーンを刻めるのか?

126 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 19:36:32 ID:Wi1j8Peq
>>122
ファミィママンより娘のミニスの方を召喚してほしいな。

サモンナイトは結構面白そうな気がするのに更新途絶が多いな。
アティ先生やクラレットも先が気になるし、クリュウ&シュガレットも1話から惹かれたのに・・・戻ってきてくれないかな。

127 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 19:37:35 ID:u+PWDZlt
>>48
知識があれば、サイトのノートパソコン一つでアポロは飛ばせるんだけどな。
当時のNASAの電算室丸ごとが今のパソコン1台分ぐらいだから。

128 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 19:38:53 ID:t0qY4xP9
♪けれども昔の人は立派さ8bitで月まで飛んだよー

まあ実際は16ビット相当らしいけどな。

129 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 19:43:28 ID:aWO0G4Vo
ロケットの方のコンピューターとNASA本部のコンピューターの性能を混同してる人もいると聞く

130 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 19:45:18 ID:2UXB1SxJ
トリビアでやってたけどファミコン以下じゃなかった?

131 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 20:03:51 ID:tNQf/JTJ
civに当てはめると
各国はそれほど技術格差が無いように見えるけど
コッパゲがエンジン発明してたり空飛ぶ蛇君とかいうのを作っているから

どうなるかわからんね

132 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 20:12:45 ID:x5T9Krq+
物理学や力学もそれほど発達してないように見えるハルケギニアで、
原始的とはいえ実際に動くエンジン作っちゃうコッパゲの発想力は異常

どっかでズルしてないか先生?

133 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 20:16:32 ID:OHIIO2q5
コッパゲは自覚なしの超天才なんだと思うよ。
ハルケギニアじゃ変な奴程度にしか思われないだけで

134 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 20:22:00 ID:3WAPg0GE
古代ローマ時代に蒸気機関を作る人がいたんだから問題無いと言ってみる。

135 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 20:22:20 ID:ttwNuaOE
もうやめて!作者のライフはゼロよ!

136 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 20:22:44 ID:u+PWDZlt
>>130
質を量で補ってたんだよ。何台もの巨大なコンピューターに同時に違う計算やらせて、
結果をつなぎあわせて結論をだすとか。
その全部を合わせた能力がパソコン1台分以下。

コッパゲ先生、「こっち」から流れ着いた車雑誌でもみたんじゃないか?

137 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 20:24:20 ID:M9ayjbe7
実はコッパゲはウィスパードでした。
そのうちアームスレイブとかラムダドライバとか作っちゃうんだよ!

138 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 20:24:34 ID:EAN0HCsQ
正直コッパゲはうまれてくる世界もしくは時代を間違えた。
もし現実世界に生まれてきたら間違いなく歴史に名前を残せる発明家もしくは技術者になれる。

139 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 20:27:55 ID:NW6ghQst
これはアレはか、Civの生みの親であるシド神を召喚するのか?
見えるぞジョセフと通信対戦で圧勝する姿を。

破壊的蛮族の強さは異常過ぎ。

140 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 20:30:34 ID:pa+14hhT
白銀のソレイユから某巨人を召喚。
モンモンが思いっきりネタキャラ扱いされるだろけどね。
ドリル〜w

141 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 20:39:39 ID:5dVmaRgd
>>138
本人も生まれてくる世界を間違えたと思ってそうだなw
まあ、コッパゲはクロス作品ではむっちゃ使い勝手の良いキャラだよなー。
特に科学万能世界から来たキャラには一番の協力者になれるし。

142 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 20:43:49 ID:aMHACEQf
コッパゲの技術力は世界イチィィィィィイイイ!!!
ポルシェ博士との競演を見たいところ

143 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 20:50:19 ID:gM4rFwFW
コルベール先生は魔法の使い方をもっと平和な方向に向かせようと頑張ってる人

そこが大好き。

144 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 20:53:58 ID:Fv7MB4jC
>>143
そして、魔法のもっと平和的な使い方を模索した結果、機械技術が発達し、
魔法なしでも普通に生活できるようになって、貴族が落ちぶれていき、
魔法は元貴族がテロに使う技術となり果てる―――


うん、皮肉の利いたオチだな。

145 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 20:55:05 ID:Hv4w6BEQ
たしかウォーズマンはアポロ宇宙船と同等のコンピューターで動いてるはず

8ビット?

146 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 20:56:22 ID:Hv4w6BEQ
>ドリル〜w
一瞬ドリトル先生かと思った
あいつまんまヴィンダールヴだな

147 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 20:56:36 ID:t0qY4xP9
緑の中を駆け抜けていく真紅の車と接触事故起こして逆ギレしてる女性ドライバーも召喚ですね。分かります。

148 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 20:58:04 ID:qqMxrJfz
>>130
この話見るといっつもおもうんだけどさ
ファミコンのCPUっつったらApple][と同じ6502じゃん。
しかも割り込み機能付きのカスタム品だぜ?

149 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 21:00:58 ID:y6Bff98N
>>148
そうなんだよなぁ
PS3のチップもアホなほど高性能なんだよな
国産ゲーム機の石って、いつも時代の最先端をつっぱしってる
ワークステーションレベルじゃないんだよな

150 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 21:03:52 ID:cd7CTx1A
あえて玖渚とあわせるとか?

いろいろ相乗効果期待できそう

151 :sage:2008/05/17(土) 21:05:02 ID:cd7CTx1A
150だがすまんsage忘れた;

152 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 21:11:25 ID:GS02eZOP
メ欄だぞ。

ちょっと今日は投下少ないね

153 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 21:13:34 ID:iDVLhQOM
>>95
つまりルイズと同世代か年上でルイズより貧乳キャラを召喚つればいいんでつね?
>とらは2より仁村 知佳召喚。御主人様と一緒に入浴編

知佳「…ルイズちゃん何サント?」
ルイズ「え…?な、76よっ!」
知佳「わ、わたし65…」
「「なかまっ!」」

154 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 21:16:23 ID:84EHnhkf
仲魔?

155 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 21:22:08 ID:t0qY4xP9
こなた「病まない病まない需要はあるさ」
ルイズ「需要って何よ!!?」

こうではないことは確かだな

156 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 21:23:25 ID:Hv4w6BEQ
モンコレナイトのバッチィなんて18才で胸筋の分しかバスト無いぞ

157 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 21:24:26 ID:GS02eZOP
ロマサガからジュエルビースト召喚…、 
外見がカエルにも見えるから色々とアウトだな。
魔法攻撃が効かないし。

158 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 21:24:32 ID:O2BLbjPI
MSXだってファミコン並みのCPUといわれていながら立派にパソコンやってたんだぜ?
しかも作りを工夫したせいでかなり使い勝手のいいパソコンだった。
ファミコン並みの性能だから戦略物資扱いしなくていいや、
と東側諸国に輸出してもいい扱いされたおかげで、
当時の東側エリートにとってパソコンといえばMSXだったんだそうな。


159 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 21:24:53 ID:NW6ghQst
主にワルドだなw

160 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 21:27:16 ID:YUT5mWiJ
キャッスルバニアから来須蒼真を召喚。
倒した相手の能力をどんどん吸収していく憚れる者として。

161 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 21:28:23 ID:D/C9vrjK
コンピューターはハードウェアより
ソフトウェアと使う人間の工夫と閃きが重要だ。

完全にスレ違いなんでそろそろ自重しような。

162 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 21:29:05 ID:WCmwNT31
胸がないといえばファリスの猛女だな
かぎりなく体脂肪率が1%に近いという

163 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 21:30:33 ID:K7VmMr+c
MUGENからADS召喚






使い魔になるわけがない

164 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 21:33:50 ID:GS02eZOP
「ゆっくりしていってね!!!」はどうだろうか?

165 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 21:36:08 ID:mpFf0n+k
桜国ガイストの正宗。素でいろんな武器が使える。しかも人間とかもヤイバとして抜刀出来るみたいだし。

166 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 21:37:56 ID:D/C9vrjK
>>162
ちょいと前某板で某国芸能人が体脂肪がほぼ無い、っていう数字を出して、
人間脳みその分だけで数%(3だか4だか)あるはずなのにこの数字はおかしい、
ってあったんだが。

随分無茶な数字だな。

ちなみに生き物の細胞膜をつくるコレステロールってのはぶちゃけ脂肪。
そんなわけでダイエットだからって脂肪を全くとらないとマジでやばいことになるとか。

167 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 21:41:58 ID:E8Zj6Mxw
>>166
脂質とリン脂質分けて計算してるんじゃね?

168 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 21:44:04 ID:WFNs80g6
>>166
そんなヒースがからかう為にいっただけのセリフをまじに分析されても
その、なんだ、困る

169 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 21:50:01 ID:2UXB1SxJ
>>144
リリカルな魔砲少女の世界みたいに魔法と科学が融合する可能性もあるがな。

170 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 21:56:26 ID:iDVLhQOM
リリカルな魔砲少女ものなら、はやてでなく最初からルイズに召喚される夜天ものが見たいな
姉妹スレのホワイト・スネイクパターンで
プライド故に他者のリンカーコアを抜き取る事に躊躇するバージョンと
なりふり構わず虎視眈々とリンカーコア狙いの黒ルイズバージョンとが

171 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 21:56:46 ID:EazLN9mH
せっかくだからモンモンがハルキゲニア召喚

と言ってみる

172 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 21:57:09 ID:5fk8zjER
>>169
>魔法と科学が融合
FF8とかFF13みたいな世界になりそうだ
零の異名を持ち爆発を自在に操る高貴なる女学生とか

173 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 21:59:50 ID:HIg581B9
さいきん戦乙女が出てこない件。

174 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 22:01:08 ID:WFNs80g6
>>172
つ【FF7の魔晄炉】【テイルズオブファンタジアの魔科学】

175 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 22:05:37 ID:MAyBxWOc
>>173
提督も…

176 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 22:10:20 ID:GYqai4RO
>>165
また懐かしい上にマイナーなものを……。

冷静に考えると桜国のヤイバどもはヤバすぎだよな、性的な意味で。
たとえ男同士であろうとも、主人公に「惚れて」仲間になるんだから。
しかもデフォルトの属性だと、同性の方が信頼度が上昇するというオマケつきだし。

177 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 22:12:17 ID:D/C9vrjK
提督は新刊が出てから、って言ってたぞ。

停止して一月二月ぐらい無くても騒ぐほどじゃないと思うが。
止まって半年とかザラなんだし。

178 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 22:14:56 ID:tNQf/JTJ
NARUTOからネジ

「チャクラを練りこんだ土人形など柔拳の前では意味を成さない」


179 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 22:16:16 ID://VoOdjZ
>>175
提督の人は14巻を読み終わってからなので、
  6月になってからだったか、6月末になると言ってましたよ。

180 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 22:19:28 ID:5dVmaRgd
提督の人は6月の頭からって言ってたね。
ヤン提督とかしんのすけとか頭の切れで勝負するタイプって何気に新鮮だ。

181 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 22:21:02 ID:2h0QfsL5
1,2ヶ月はまだ許せるが、半年以上は流石に何かしらの報告がないと辛い。
熱はそんなに長くは持たないから、長期に亘って更新が止まると殆ど続き諦めるしな。
今までどれだけの作品を待ち続けて諦めてきたか…。

182 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 22:22:28 ID:OqcX3NPE
>>180
頭の良い人じゃないと書けないからなー

183 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 22:26:26 ID:5WiYGWxz
提督、ティファニアの巨乳が忘れられず、アルビオンへ戻ったりして・・・

元の世界へ帰るのを諦めて開き直り、キャラが変わったりしてな(ヤンって、一度決断
すると迷わないタイプに見えるし<原作での作戦立案・指揮ぶりを見ると)。

184 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 22:34:53 ID:D/C9vrjK
提督は他の虚無の使い魔が誰なのかが気になる。

原作読んでないからわからないのですが、
他の世界からよばれるのはガンダルーブだけなのですか?

右手、頭脳は逆にあの世界の住人じゃないと支障が出そうだから
他の世界からよばれるという事は無さそうだけど。

185 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 22:35:13 ID:tNQf/JTJ
軍事行動って兆候が見られる筈だから

いくらトリステインが弱小国でも情報くらい来るだろうに
ガリアとゲルマニアから留学生入れてるくらいだから
何がしかの情報のラインはある筈なのに

だからアンリエッタが貴族は信用なんねーって平民を鉄砲玉に使いたがるのか

186 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 22:35:27 ID:qJ1kd8/L
信じて待ってたら銀様も言葉様も帰ってきてくれたぜ!
あとは爆熱の人が帰ってきてくれれば文句無いんだけど…

187 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 22:43:33 ID:QgLGwB+o
アルビオンにすら辿り着けずに放置されたもの、
待っても無駄だろ

188 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 22:48:24 ID:QWu3lSKb
俺はカオスヒーローの人とブータ卿の人を今でも待ってる。
求道者っぽい力ルイズも雄々しいガンパレルイズも格好良いから大好きだ。

189 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 22:50:53 ID:Fk/yK1yH
>>185
少なくともジュリオはハルケギニア産っぽいことを言っている。
というか、明らかに異世界産の人物と自分を分けた表現してる気がする(13巻)

190 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 22:54:42 ID:wIg5mVjL
俺は角の人待ってる
他にも3ヶ月以上投下されてない作品を何本か待ってるけど、きりがいいところまではいってほしい
1番きりがいいところはタルブ戦役あたりかな

191 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 22:55:50 ID:iDVLhQOM
よーしオヂさん、ゼロのしもべとるいずととら、リリカルイズと白き使い魔への子守唄、爆熱の使い魔 、力を求める使い魔 、罪深い使い魔 、ルイズさんとハヤテくんよ
の続き待っちゃうぞーーー!

192 :189:2008/05/17(土) 22:56:38 ID:Fk/yK1yH
>>184
だった。いやうっかり。

193 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 22:58:38 ID:Hv4w6BEQ
俺はベホイミの続きが……

194 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 22:58:38 ID:Fk/yK1yH
あたしゃへっぽことルイズキングダムを待ってるぞ。



195 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 23:01:37 ID:gM4rFwFW
>>164
どう見てもほのぼのな話しになりそうです。本当にありがとう(ry

196 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 23:06:35 ID:Fk/yK1yH
ジュリオに案内されて見せられた『長槍』のなかにユニットガイバーが、というのを書いたら収拾付かなくなった。


197 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 23:14:14 ID:DzpzFi/o
>>182
同意。いぬかみもよく考えられているよね。

198 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 23:15:29 ID:9PxlIFP8
にわかシューターとしては
エグゼリカに思い入れがあるんだぜ

199 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 23:16:14 ID:wIg5mVjL
>>197
荒らしに言われてもなぁ
24時間はりつきご苦労さま

200 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 23:20:30 ID:EAN0HCsQ
ところで前スレ>>1000の人、
「1000なら1000年後のハルケギニアからルイズの子孫召喚」
なんていっていたがどうするのかな? ニヤニヤ



ネタなのは分かっちゃいるが安易な発言はしないほうがいいね。

201 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 23:23:29 ID:2h0QfsL5
じゃあ俺もアティ、リュカ(DQ5)、フォックス、ダンテ、ミカヤの人達を待ち続けるか。
つか良く考えたら全部クロス先ゲームだ…。

202 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 23:28:18 ID:iDVLhQOM
既に完結済の作品の「よーし続編待っちゃうぞーーーっい!」
はダメなんでしょうか?
薔薇乙女と鬼作な王女と蛮人とご立派な…

203 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 23:28:21 ID:OHIIO2q5
んじゃあ俺ダンジョンメーカー。

204 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 23:28:28 ID:Hv4w6BEQ
古い家柄の宮大工のおれんとこでも調べたら200年くらい前しか家系さかのぼれなかったのに
1000年とか6000年とかすげえよなあ

205 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 23:29:49 ID:iDVLhQOM
ご立派×胸革命
なぜこの組み合わせがもう見られないのでせう…

206 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 23:37:25 ID:ip0Ue434
キムタクとらんまと侠者の続きを・・・

207 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 23:40:38 ID:2lPt3gLz
ディズニーがヤバいのは知ってるけど、ほかに二次が危険な作品ってどんなのがありますか?

208 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 23:44:52 ID:sgGoeF/n
>>202
普通に考えて駄目だとは思わないの?
5年くらいromってたほうがいいと思うよ^^

209 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 23:47:33 ID:vd/bJQmZ
>>207
ディズニーに限らず、米国産物の版権はヤバいとはよく聞く

210 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 23:49:36 ID:Hv4w6BEQ
>ほかに二次が危険な作品ってどんなのがありますか?
海外の映像ものは大体NGだけど、まあこの程度なら大丈夫だろ
ディズニーをネタにしても絵が無ければ平気だと思う

小説の二次創作で製作者側ともめたのはハリー・ポッターのホモパロと昔のスターウォーズくらいしか知らん

211 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 23:54:23 ID:2lPt3gLz
うーん、さすが訴訟大国
けどすでにプレデターやターミネーターのはあるけどあれはセーフ?

212 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 23:54:44 ID:sJji32/F
999のおじさんはやばいって聞いた

213 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 23:55:18 ID:YIKmYzIB
>>198
 ありがとう。やる気が補充されますた。
 ちなみに、いずれは空戦も入れようとは思ってますが、
大分先の話になりそうです。

 さて、今までメイド服、ブルマと来たのですが、次は何を着せたいですか?

214 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 23:55:22 ID:D/C9vrjK
御大が権利問題で泥水すすったと噂のディスニーや、
売れるまでプー同然だったとか言うゼロ魔の元ネタ作者とかはともかく、

海外はガイドラインに沿ってさえいれば基本的に二次創作には寛容。
金儲けとか原作を過剰に貶めたり、二次創作であることをきっちり提示しておく
とかやってればたいていOKっぽい。

215 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 23:56:17 ID:i9vwWxO1
ネズミも学校という公共施設に描いたのが問題であって
通常は金とか取らない限りファンアートに文句はつけないはずだ。

216 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 23:57:03 ID:yfULfTvR
まあ世の中には後にバンダイの屋台骨になった作品の版権を30万で売ってしまって後で血の涙を流す人もいるけどね

217 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 23:58:07 ID:flIYWlx2
>>210
>ディズニーをネタにしても絵が無ければ平気だと思う
流石にこう言う事を推測だけで語るのは非常に危険だと思うよ。
実際、他と比べて明らかに危険性が高いのは事実だし。
万が一、それで駄目出しが来たらその作品どころかこのスレ、ガチで終わりかねんぞ。

ま、それはさて置き、二次が危険かどうかはそれぞれの作品の二次創作についての
ガイドラインとかがあるならそこを参照してみればいいと思う。



218 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 23:59:19 ID:D/C9vrjK
>>216
あのとき此処まで売れ続けるとは誰も思ってなかったからな。

本人も「その時はこれで次の仕事が出来ると喜んでいた」とか言ってるし。

219 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/18(日) 00:01:59 ID:a1Y6Jcre
「また爆発かよ!…!?何かいるぞ?」
黒くて丸い耳が二つ、金色のボタンが付いた赤いズボンをはいたネズミがそこにいた…。
「うわぁぁぁこれヤバいって!」
「写せねぇ!マジでこれ写せねぇよ!!」
『やあ、ボク、ミッ…』
「ああぁぁぁぁぁ俺は何も聞いてない何も聞いてないぃぃぃぃ!!」
「ひぇぇぇぇぇぇぇぇ!!」

後日、異世界からたんまりと請求書が来たらしいがそれはまた別なお話。

220 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/18(日) 00:03:24 ID:tDss2fkH
>>216

玩具の足にやたら車輪付けてたあの会社の事か?

221 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/18(日) 00:05:55 ID:ip0Ue434
姉妹スレで大量の漫画本ごとウンガロでも召喚してみたらどうだい

222 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/18(日) 00:07:18 ID:Hv4w6BEQ
今までに見たOKだった例

1)遺伝子操作で作られた醜い殺人怪物がミッキーマウス大好きで隠れ家にディズニーアイテムを収拾
2)股間に金属バイブを装着して女学生をレイプしようとするミッキーマウス
3)妄想を具現化する能力持ちによって出現、ヤク打ちながらヨダレ垂らして主人公を襲うミッキー(名前は伏せられていた)

キャラクター本人が登場しなければ大丈夫なのかな

223 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/18(日) 00:18:14 ID:A9C9zQXx
米国黒鼠は使うなら事前に許可を取ること。
そうでないのは訴訟。

小学校のプールはこれに引っかかっただけ。
ググってみたらそうあった。

あと細かいのに一々文句は付けないだけでしょ。
よほど悪質でないかぎり面倒臭いから。

これ以上は自重しようよ。

224 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/18(日) 00:24:08 ID:dYnaTYcU
>>219
まさに『記すことすら憚られる』使い魔

225 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/18(日) 00:24:50 ID:ELsz6ODn
ドラえもん召喚ってまだないよな

226 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/18(日) 00:26:54 ID:YLSnKDU6
>>225
ジョゼフんとこなら呼ばれてたな

227 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/18(日) 00:27:01 ID:rhylmLhn
そもそもディズニーとかルーカスとか版権が厳しいところには
触れなければいいだけの話
どこまでなら大丈夫なんて推測したところで所詮は推測でしかないし

そんなにやりたければ個人でサイト作ってそっちで自分の責任の
範囲内でやればいいだけだろ

自分で作るのが面倒臭いor何かあったときに責任取りたくないって
考えなら手を出すなと

228 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/18(日) 00:30:17 ID:fcT2yx1R
>>225
一応「ザ・ドラエモンズ」からだけどエル・マタドーラが召喚されている。

…あれも長らく続編投下されてないな…。

229 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/18(日) 00:31:20 ID:6WhCD1n8
版権にうるさいところは本気になると怖いぞ
見せしめ訴訟に積む金もはんばじゃない
2ちゃんだからって追跡されないとは限らないんだから気楽に考えてやり過ぎると怖い目にあうぞ

230 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/18(日) 00:33:52 ID:FWG71kwI
>>225
くりまんじゅう召喚にはウケタ

231 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/18(日) 00:47:48 ID:bRbJUOap
鬼平犯科帳から火付盗賊改方長谷川平蔵宣以を召喚… トリステイン治安維持物語の始まり

232 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/18(日) 00:48:28 ID:aOI20VOg
ハルケギニアの治安とかは割りかしまともなほうじゃなかったか

233 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/18(日) 00:51:34 ID:A9C9zQXx
火付盗賊改って平和が続いて武士が弱体化して舐められるようになって
凶悪犯が増えたから設立されたんだっけ?

234 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/18(日) 00:51:58 ID:cgSyMbwD
伝勇伝より、ライナ・リュート召喚…お昼寝王国実現に向けて〜〜

だめだぁ、エリス居ないのいいことに、何もしなさそう・・・話、進まない・・

235 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/18(日) 00:55:20 ID:Bey5kmER
>>231

盗賊を密偵に使ったり、人足寄場を作って盗賊を
社会復帰させたりするんだろうな。

おマチさんが大活躍だ。

池波キャラなら秋山小兵衛の召喚を見てみたい。

236 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/18(日) 01:00:58 ID:bRbJUOap
ゼロの火盗改
ゼロの剣客

ああ…結構良さそうだこれw
しかし武士の心理描写とか立ち回り、美味そうな飯表現は難しそうだなあ

237 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/18(日) 01:17:03 ID:c0oC3+vT
馬鹿な事を言っているかも知れないが
SO2のアシュトン召喚ものを書こうとか考えた。
リメイクのプリシスがくぎゅだったので思い付いただけだ、反省している。

238 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/18(日) 01:40:08 ID:L35cnOvc
宵闇とカオスヒーローが戻ってきてくれれば何よりなんだがなあ。
ふたつともいいところで止まってるし…。

239 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/18(日) 01:44:43 ID:iLq2GnRU
悪魔がこんにちはの人も


240 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/18(日) 01:46:12 ID:+V3LZ7mj
>>236
うまい麦飯じゃのう

241 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/18(日) 02:12:26 ID:bt1gzgst
ペルソナ2の人もとまっちまって・・・もう・・・

242 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/18(日) 02:12:55 ID:zDp9UhCr
興津はこっちに召喚されても気苦労が多そうだな
虎眼流ほどじゃないが学院の面子もアレな奴らが多いし

243 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/18(日) 02:14:33 ID:hd/77nk9
これまでにアメコミキャラで召喚されたのってスパイダーマッのヴェノムだけ?
ウルヴァリンなら刺されようが燃やされようが平気だし異世界に飛んだ経験もあっておもしろそうなんだけど

244 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/18(日) 02:14:37 ID:ZZnTsGwc
へっぽこ、虎の字、とら、ドモン、カオスヒーロー、アバン先生、ベホイミ、カービィ、グレン、アレン、牙狼…
どれも半端なところで止まってるから続きが気になってしょうがない。職人さんカムバーック!

245 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/18(日) 02:26:36 ID:I0M87qE/
ひいきの職人さんの投下を期待して数ヶ月…筆を折ったんだったら一言かいてくれんかなぁ
そしたら諦めもつくのになぁ

246 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/18(日) 03:12:23 ID:SUPJ21fR
>>243
たしかよそのスレでスポーンが途中まであったはず
スレが落ちてそのまま消えたんだっけ?
アメコミだかマーヴルだかとのクロススレだったような……
個人的にはシュマゴラス呼びたいな
見た目大当たりだし邪神だから強さバッチリだし

247 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/18(日) 03:25:32 ID:ErpOaT7K
カスタムロボを呼び出したらどうなるかな

248 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/18(日) 03:26:49 ID:jsFFAD4N
姉妹スレの石仮面などのアイテムを召喚する話はどれくらいあったかな?
アイテムの定義は「誰かが使うことによって効果がある物」であって、
デルフや夜天の書みたいに意志があっても誰かが使わないと意味がない物も該当する。


249 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/18(日) 03:35:50 ID:YLSnKDU6
>>247
アイコンタクトレジスターあるから登録されてないやつじゃないといかんだろうし
それだとパーツもデフォルトのしか使えん……
使用者とセットでないと……フカシ様とか……
それとも契約で強制書き換えでもするか?

250 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/18(日) 03:37:31 ID:hr37BFkA
>>249
フカシ召喚とな
でもケンゴとかトラジさんとかが召喚されたらロボなしでもなんとかやってけそうだよな

251 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/18(日) 03:37:33 ID:4U7K9nxg
アメコミは上位クラスを呼ぶと混沌としそうだなあ
ウルヴァリンとかタートルズは見てみたいが

252 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/18(日) 03:40:06 ID:ErpOaT7K
>>249
GCのカスタムロボなら主人公も喋るし使用者としてはいいかもしれない
個人的にはレイのどれかでも呼べればいいかなと思ってみる

253 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/18(日) 03:42:09 ID:zDp9UhCr
アメコミの上位陣は怒号一発で宇宙が半壊するような奴らだぞ

254 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/18(日) 03:50:25 ID:hd/77nk9
>>246
アメコミのクロススレか
>>253
上の下ぐらいのフェニックスクラスで惑星破壊だからなあ

255 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/18(日) 03:50:51 ID:lmIVdDHm
アメリカ人は馬鹿だしな

256 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/18(日) 03:59:50 ID:F3IAkV/9
クリプトン星人の生き残りはー?

257 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/18(日) 04:03:10 ID:YLSnKDU6
>>252
V2の偽主人公はどうよ?

258 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/18(日) 04:06:18 ID:vv8eQ1lB
マグニートーが面白そう
彼はホロコーストの経験者かつ,人間に対するミュータントの優位性を説いているから
貴族と平民というシステムに対する理解はあるはず・・・だがアポカリプスの様な絶対支配を望んでるんじゃないから
一時期はX-MENの指導者もしてたし,根っからの悪人じゃない。苦悩の多いキャラ
後若返ってリもしてるし

その磁力は地軸を揺るがすほど強力だが

259 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/18(日) 04:15:03 ID:LqWTm2mB
少なくとも>>255よりは賢いと思う。

260 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/18(日) 04:19:31 ID:O6c6tMn9
デモンベイン元ネタで、九郎が召喚「されない」話ってのはどうだろう

アル「うつけが! わらわと九郎の契約に割り込もうなぞ不遜もいいとこぞ!」

とか言って召喚がキャンセルされて、ルイズ呆然、キュルケ爆笑とか

261 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/18(日) 04:44:26 ID:4U7K9nxg
>>256
クラーク・ケントは強すぎるからなあ
実写ドラマのハイスクール時代のまだスーパーマンではないころなら丁度いいけど

262 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/18(日) 04:58:32 ID:UEEcqbQ0
>>261
スモールビルか。
アレはアレでどのシーズンから呼ぶかで性能が大きく変わるが。

263 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/18(日) 04:59:07 ID:fOe3IMUq
アメコミっつーか、まぁドラマ(アニメ版もあるけどね)だけどスターゲイトネタは考えて少しだけ書いたっけな
他が忙しいから破棄したけど
スターゲイトと召喚ゲートが混戦してSG1辺りがやってくるっつー

264 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/18(日) 05:12:07 ID:4U7K9nxg
>>262
シーズン2の眼から熱光線が発現したぐらいがバランス的に丁度いいかな
>>263
ゴアウルドまで出てきて収集がつかなさそう

265 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/18(日) 05:17:59 ID:Cy3iK0An
スレチっぽいが、逆召喚でアメリカに迷い込んで、
ミュータントとして迫害されるルイズ達とゆーのを連想。

8巻辺りのサイトが居ない時に、単独じゃなく何人かで飛ばされると面白そう。

266 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/18(日) 05:21:24 ID:ELsz6ODn
ミスタースポックはエルフ扱いですね

267 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/18(日) 05:31:04 ID:fOe3IMUq
>>264
大丈夫だよ、あの世界だと魔法のような高度な科学力で脅そうにも、ああ魔法ね、あるあるwwwで皆スルーするし
偽りの神を名乗ってもブリミル万々歳過ぎて通じないし
強すぎる上に誰かのっとったら厄介なのは確かだけどね
ゴアウルドの宇宙船は他銀河行くスペックは無いし収拾付かない範疇では溢れないよ
オーライが着たら即終了だけど

268 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/18(日) 05:32:43 ID:fOe3IMUq
抜かってた
後、北欧神話系のルーンネタがあるから銀河系内設定にしてもアスガードとの不可侵領域でおkとか思ったのよ

269 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/18(日) 05:44:14 ID:4U7K9nxg
スターゲイトもネタも結構いけそうなんだな


270 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/18(日) 05:55:11 ID:fOe3IMUq
スターゲイトって元々色んな文明圏の他の惑星訪問して回るストーリーでその辺の設定がっちし作られてるからクロスネタの親和性高いんだよね
既にシンプソンズとクロスネタをオフィシャルがやらかしてるけどな!

271 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/18(日) 07:05:06 ID:Krxib0wl
アメコミネタならシルバーサーファーとか
そしてギャラクタスがやってきちゃってさぁ大変

272 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/18(日) 07:22:43 ID:V/0f8yJ0
アメコミからならハルクもいいな。
テファに召喚させて、ブルースの時は子供達に勉強教えて、ハルク形態でたかられる。

273 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/18(日) 07:37:11 ID:4U7K9nxg
ハルクでも初期のころだと破壊衝動だけの怪物で
てこでマイティ・ソーを

274 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/18(日) 07:59:47 ID:Krxib0wl
コッパゲと組ませるにはアイアンマンとミスターファンタスティック、どっちがいいだろう?
…ミスターファンタスティックの方が良いに決まってるよな、うん。
ちょっと意表をついてDr.ドゥームというのも悪くないな。

275 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/18(日) 08:26:53 ID:yKlWal49
ビーストでいいんじゃね?

276 :水の使い魔Splash☆Star 第5話:2008/05/18(日) 08:46:53 ID:KOJYqlgG
今日の「yes!プリキュア5GoGo!」の放送が終わったら(つまり9:00頃から)第6話を投下します。
今回はフリッグの舞踏会です。

277 :水の使い魔Splash☆Star 第6話(1/5):2008/05/18(日) 08:59:35 ID:KOJYqlgG
一行は『破壊の杖』を取り戻し、フーケを拘束して学院に帰還した。
4人は学院長室でオールド・オスマンに事の経緯を報告していた。
(学院長がミス・ロングビルの色香に惑わされて、まんまと秘書に雇ってしまったことが判明して、気まずい空気が流れたのはまた別の話…)

オールド・オスマンは照れたように咳払いをすると、厳しい顔つきをしてみせた。
「さてと、フーケはよくぞフーケを捕まえ『破壊の杖』を取り戻してきた。」
ルイズ・キュルケ・タバサの3人は、誇らしげに礼をした。
シタターレは、その後ろで少々退屈そうにしている。
「フーケは城の衛士に引き渡した。そして『破壊の杖』は無事に宝物庫に戻った。一件落着じゃ。
 君達の『シュバリエ』の叙勲申請を、宮廷に出しておいた。おって沙汰があるじゃろう。
 といっても、ミス・タバサは既に『シュバリエ』の爵位を持っているから、精霊勲章の授与を申請しておいた。」
3人の顔がぱぁっ!と輝いた。
ルイズは喜びのあまり後ろのシタターレを振り返り…、その顔を見て一瞬考えてから尋ねた。
「オールド・オスマン…。あの…彼女には何も無いんですか…?」
「残念ながら、彼女は貴族ではない。」
シタターレは言った。
「いらないわよ。そんなややこしそうなもん。」

オスマンはポンポンと手を叩き
「さてと、今日の夜は『フリッグの舞踏会』じゃ。このとおり、『破壊の杖』も戻ってきたことじゃし、予定通り行う。
 今日の主役は君たちじゃ。用意をしてきたまえ。せいぜい、着飾るのじゃぞ。」



278 :水の使い魔Splash☆Star 第6話(2/5):2008/05/18(日) 09:00:17 ID:KOJYqlgG
3人が出て行ったあと、部屋にはミズ・シタターレとオスマン氏だけが残された。
「なにか、私に聞きたい事がある様じゃな。」
「わたくしの額にある、これはなんですの?
 額がかっと熱くなる度に『奇跡の雫』が不思議な反応をするわ。
 いくらわたくしの『ウザイナー』とはいえ、何百にも分裂して再生できるなんて、考えられませんわ。
 いつかの『氷の塔』の時もそう…、あれだけの力は『調子がいい』程度じゃ説明できない。
 わたくしに何が起こっているの?」

オスマン氏は話そうかどうか、しばらく悩んだあと口を開いた。
「それは、『ミョズニトニルン』の印じゃ。伝説の使い魔の印じゃよ。」
「伝説の使い魔の印?」
「そうじゃ、『神の頭脳』と呼ばれた伝説の使い魔『ミョズニトニルン』。
 その伝説の使い魔は、ありとあらゆる魔道具(マジック・アイテム)を使いこなしたそうじゃ。
 『奇跡の雫』とやらが何かは知らぬが…この世界で言うところの『魔道具』に当たるのかもしれん。
 そして、伝説の使い魔のルーンによって、その力を余すことなく使いこなすことができたんじゃろう。」
ミズ・シタターレは首をかしげた。
「そんな伝説のルーンが、このわたくしに…。」
「なぜ、お主に刻まれたのかは、私にもわからん」
オスマン氏はきっぱりと言った。
(『奇跡の雫』に反応してるって事は、『滅びの力』か『精霊の力』とルーンが関係しているのかしら。
 いえ…、こっちの世界に来たときに感じた、おチビちゃんの力の流れ…あれかもね…)

「ま、考えたってしょうがないわ。」
「力になれんですまんの。ただ、これだけは言わせてくれ。私はお主の味方じゃよ。」
いつの間にかオスマン氏の肩には、使い魔のハツカネズミが乗っている。
「なるほど、今日は水色か…。しかし、ミス・シタターレはもっと大人っぽい下着をつk」
シタターレのハイキックがオスマン氏に炸裂した。
「わ、私はただ『味方』として適切なアドバイスを…」
「ふざけるなっ!!」



279 :水の使い魔Splash☆Star 第6話(3/5):2008/05/18(日) 09:00:56 ID:KOJYqlgG
シタターレは、オスマンを蹴り倒すと憮然として部屋を出て自分の小屋へ戻った。
「今晩はなんとかのお祭りって言ってたわね。てことはみんなの財布の紐も緩みそうね。
 さーて、今度は何を売りつけてやろうかしら…。」
彼女があれこれ思案していると、ルイズがやってきた。
「ちょっと、こっちに来なさい!」
ルイズはシタターレをキッと睨みつけると、手を掴んで引っ張っていく。
「な、なによ、おチビちゃん。わたくしは今から店の準備が…」
「いいから、こっちに来なさい!」
ルイズはシタターレの言葉に耳を貸さず、彼女の手をずんずんと引っ張り、校舎の一室まで連れて行った。

「ルイズ、ゲスト用の一番大きい奴借りてきたんだけど、多分これでいけると思うわ。」
部屋に入ったルイズにキュルケが語りかけた。彼女は大きな赤いドレスを抱えている。
シタターレは何が起きているのかわからず部屋を見回していると、ドアをノックして、金髪巻き髪のモンモランシーが入ってきた。
「持って来たわよ、特製の『香水』…。
 それと、これ、学院に来るときにお母様から借りた奴だけど、これなんか似合うんじゃない。」
そういって、モンモランシーはもってきた箱を開いた。
中には、大きな宝石の付いた金の首飾りが入っている。
「あ、これいいわね。確かに似合いそう。」
「でしょ!」
シタターレを除いた3人がそんな話をしていると、またドアをノックする音が聞こえる。
「…連れてきた…。」
今度は、タバサがメイドを3人引き連れて部屋に入ってきた。

「あら?シエスタじゃないの。ここで何するつもり?」
すっかり、頭が『?』になってしまったシタターレは見知った顔のメイドに尋ねてみた。
だが、仕事モードのシエスタは、それには答えずぴっしりと直立不動で前を見ている。
貴族の令嬢が4人もいる前で、勝手におしゃべりする訳にもいかないのだろう。
「ん、あんたの知り合い?丁度いいわ。
 私の使い魔である、ミズ・シタターレに、このドレスを着付けなさい!
 舞踏会の間中、ずっと踊ってても大丈夫なくらい、ぴっちり補正をかけてね。
 当然!、髪やメイクも、きっちり決めてあげなさい!!」
ルイズはメイドたちに向き直ると、こう指示した。

「ちょ、ちょっと!なに言い出すのよ!?わたくしはいいわよ。」
「よくない!!オールド・オスマンは、私たちを『主役』と言ったのよ。
 あんたも『主役』の一人なんだから、出なくてどうするのよ!!」
「そんな事言っても、わたくし『舞踏会』なんてもの見たこともないわよ…」
焦るシタターレを見ながら、黒髪のメイドはにんまりと笑うと隣のメイドに目配せする。
「かしこまりました。ミス・ヴァリエール!
 では、あちらの小部屋で『おめしかえ』をさせていただきます。」
シエスタはそういって、シタターレの右腕をがっしと掴んだ!
すぐさま、もう一人のメイドが左腕をがっしと掴み、小部屋の方へ連れ込む。
残ったメイドは、ドレスやアクセサリーを恭しく受け取ると、小部屋に入りカーテンを引いた。

「それでは、採寸させていただきます。手を前に出して…」
「今着ている、お召し物はこちらでお預かりします。では、まずこの帯から…」
「ちょっと、まちなs」
「はい、動かないでくださいね。採寸がずれてしまいます…。」
カーテン越しに聞こえてくる声を聞きながら、4人は満足そうに顔を見合わせた。
ルイズがにんまり笑うと、キュルケがそれに応える。
「さて、私たちも急いで準備しないとね。負けてられないわよ!」



280 :水の使い魔Splash☆Star 第6話(4/5):2008/05/18(日) 09:01:36 ID:KOJYqlgG
アルヴィーズの食堂の上の階が、大きなホールになっている。舞踏会はそこで行われている。
華やかな会場の中では、着飾った生徒や教師達が、豪華な料理が盛られたテーブルの周りで歓談している。
ホールの中では、キュルケがたくさんの男に囲まれ、笑っている。
モンモランシーは、ギーシュとなにやら話している。
黒いパーティドレスを着たタバサは、テーブルの上の料理と格闘している。
それぞれにパーティを満喫しているようだった。

ホールの壮麗な扉が開き、扉の衛士が到着を告げる。
「ヴァリエール公爵が息女、ルイズ・フランソワーズ・ル・ブラン・ド・ヴァリエール嬢、
 その使い魔、レィディ・ミズ・シタターレのおな〜〜〜り〜〜〜!!!」
ルイズは長い桃色がかった髪をバレッタにまとめ、ホワイトのパーティドレスに身を包んでいた。
肘までの白い手袋が、ルイズの高貴さをいやになるくらい演出し、
胸元の開いたドレスが、つくりの小さな顔を宝石のように輝かせている。
後ろに控えるのは、その使い魔。
すらりと伸びた細く背の高い体を、赤いパーティドレスで包んでいた。
いつもは胸まで垂らしている青い巻き髪を、後ろで編み上げシニヨンにまとめている。
胸元の空いたドレスは彼女のバストを際立たせ、金の首飾りがアクセントとなり妖艶さを醸しだしている。
白いドレスのルイズと赤いドレスの使い魔、
対照的なふたりが、お互いを引き立て会場の視線を釘付けにしている。
主役が全員揃ったことを確認した楽士たちが、小さく、軽やかに音楽をかなで始めた。

ふたりは、ホール中央から少し離れたテーブルまで歩いた。
その姿と美貌に驚いた男達が、何人も寄ってくる。
ルイズは男達のダンスの誘いを「少ししてから」と答えると、隣の使い魔の様子を見ている。
その視線の先では、ひとりの貴族が赤いドレスのシタターレにダンスの誘いを申し込んでいる。
「私と一曲踊っていただけませんか、ミ・レィディ。」
金髪でタキシード姿の貴族は膝を曲げると恭しく頭を下げた。
「わ、わたくしっ!?」
シタターレは、初めての経験尽くしに舞い上がって声まで裏返っている。
タキシード姿の貴族はにこやかに笑うと、彼女に向かって手を差し伸べた。
「で、でも、わたくし…ダンスなんてやったこと…」
「大丈夫、殿方がエスコートしてくれるわよ!」
ルイズはそういって使い魔の背中を押した。
「もちろんですとも、ミ・レィディ。」
男は、ルイズに押されてよろけたシタターレを支えると、ホールの中央へとエスコートしていった。



281 :水の使い魔Splash☆Star 第6話(5/5):2008/05/18(日) 09:02:11 ID:KOJYqlgG
はじめてつけるコルセットに、慣れない靴、はじめての舞踏会に、はじめてのダンス。
シタターレは見よう見まねで、何とか相手の動きにあわせて踊っている。
ここ10日ほど、なにかと学院の話題の中心だった使い魔。
その意外なドレス姿と、意外に初々しい反応に、会場中の注目の的になっている。

「ダンスに誘うように友達に頼んでおいたけど、必要なかったかもね。」
シタターレのダンスを見ているルイズにキュルケが話しかけた。
「そうかもね。ま、『主役』なんだし、いいんじゃないの。」
「あいつもまんざらでもなさそうね。」
シタターレは段々とコツをつかんできたのか、ノリノリで踊り始めている。
時々ステップを間違えたり、バランスを崩してつんのめりそうになり、殿方に支えてもらっているが、
それも含めて、なかなか楽しそうに踊っている。

「あいつが来てから、いつも驚かされてばっかりだったけど…、
 はじめて、あの使い魔に『一泡吹かせる』ことが出来た気がするわ。」
ルイズは、シタターレのダンスを見ながらポツリと呟いた。
「いつかの掃除の服の借りも返せた?」
ルイズはうなずくと、はっと気が付いてキュルケの方を向いた。
「あんた?もしかして、全部知ってたの…。」
「さて、どうだか?、んじゃ、私も踊ってくるわ。あんたも折角なんだから楽しみなさいよ。」

ふたつの月が、ホールに月明かりをおくり、蝋燭と絡んで幻想的な雰囲気を醸しだしている。
軽やかな音楽と楽しげな喧騒の中、『フリッグの舞踏会』の夜は更けてゆく。



282 :水の使い魔Splash☆Star:2008/05/18(日) 09:02:55 ID:KOJYqlgG
今回はここまでです。
第1部終了といったところでしょうか。

283 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/18(日) 09:12:34 ID:SUPJ21fR
あんたの書き込み見て曜日間違ってる事に気づかずにキバもプリキュアも見逃してしまったことに今気付いた乙
水色……わかってるじゃないか
シタターレはスプラッシュスターの敵役だっけ?
レンタル探そうかな

284 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/18(日) 09:19:28 ID:Dmb1t14G
uo!
朝からお疲れ様です、支援できずにすいませんでした。

285 :水の使い魔Splash☆Star:2008/05/18(日) 09:21:40 ID:KOJYqlgG
1ヶ所訂正です。
(1/5)のラスト近く
×:オスマンはポンポンと手を叩き
○:オスマン氏はポンポンと手を叩き宣言した。

286 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/18(日) 10:10:05 ID:2HdMS94O
シタターレの人 GJ! 続きも wktkしてます。

ちょっとだけ。

(1/5)冒頭、
フーケはよくぞフーケを捕まえ『破壊の杖』を〜

『フーケは』はいらないのでは?


287 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/18(日) 10:17:52 ID:qzQpk8qP
水の使い魔の人GJ!!

元ネタは見たこと無いけど引き込まれます

面白い

288 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/18(日) 10:18:59 ID:nMN9nkgH
>>261
じゃあ、句楽兼人で

289 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/18(日) 10:27:33 ID:dYnaTYcU
投下乙です
……水色か。きっと褐色肌に映えていい感jうわ、ちょ待っなにすやめt

>>274
コッパゲならDr.オクトパスあたりでもよさそう
映画版の最後で沈んだ後とか

290 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/18(日) 10:27:57 ID:nnJ8XPOr
>>261
スーパーマンって魔法やら幻術には弱かったはず

291 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/18(日) 11:07:33 ID:aUxL7/DX
銃弾を眼球に撃たれても銃弾の方が潰れてしまうのに、魔法で操られた子供にリンチされると死にかけています>スーパーマン

292 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2008/05/18(日) 11:13:59 ID:FHBelDmq
>Dr.オクトパス
映画版だと素のオクタヴィアス博士はいい人だからなあ

293 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/18(日) 11:17:45 ID:CdjVp/5f
>>291
逆に考えるんだ、デルフリンガーの必要性は誰よりも高いと

294 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/18(日) 11:22:40 ID:lPH0hqWl
>Dr.オクトパス
確か原作でも元は善人なんよね、実験の失敗で悪人になっちゃったけど。
だから実験が成功したパラレル世界では善人のままだ。

295 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/18(日) 12:08:40 ID:BzWGOfRm
ちなみに聖杯戦争でいろんなキャラを召喚する作品を掲示板式でしてみようっつー
趣旨のHPはヨーダ呼んだところで警告受けたと聞く。

他にも「携帯電話の普及で電話BOXが無くなり困ってるアメコミヒーロー」は
秋本治が描く事すら憚ったくらい版権に煩いみたいです

296 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/18(日) 12:10:53 ID:eUpB7BXp
日本には父親がスーパーマンで母親がワンダーウーマンな超怪力女が住んでるから、そいつを呼ぶのはどう?

297 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/18(日) 12:11:36 ID:BzWGOfRm
オクトパスもだがアイアンマンやジャイアントマン、あとMr.ファンタスティックもコッパゲと相性よろし

リードなんか映画二本作られてメジャーっぽくなってきたし

298 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/18(日) 12:14:12 ID:J0Bv9Lkr
マイナーだが、アカイイトやアオイシロとの組み合わせも妄想し易い。
しかし内容が著しく百合ん百合んになってしまうがよろしいのだろうか?

299 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/18(日) 12:18:53 ID:SUPJ21fR
>>298
えろんえろんな表現が普通に出るようなら避難所だな
百合の匂いがぷんぷんするくらいなら別にここでも。まあ避難所が無難とは思うけど。

300 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/18(日) 12:50:38 ID:dgSG3ToP
メルへブンとかから誰か来ないかな

301 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/18(日) 12:55:47 ID:k41yWFW0
>>299
緊急避難でアクションにすれば問題ない
ただ、アカアオを書くような人は今例外なく忙しいと思うが

302 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/18(日) 13:03:33 ID:v1SscTxl
零 〜蝶の使い魔〜
という電波を受信した。

303 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/18(日) 13:11:08 ID:J0Bv9Lkr
>299
いや、そんなどストレートなエロ表現はしないよ。
足舐めたり首筋に噛み付いたり鼻血を吸いだすぐらいだよ。

304 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/18(日) 13:15:09 ID:BJdRXzWJ
単行本買った記念にアザゼルさんとか。

召喚の翌日
「うう……憂鬱だわ。らしい使い魔と思ったら中身はセクハラ野郎なんて……」
「ふふん、この悪魔アザゼルさんを甘く見てもらったら困りますわ。まあイケニエは毎日の下着で手を打ち」「ライト」(ボムス!)」
ガチャ
「あらおはようルイズ。ちゃんと召喚できたのね。ああそれと紹介するわ、私の使い魔のサラマンダーよ」
「…………」(ゴゴゴゴゴゴ)
「ちょっと、挨拶しなさいよ。私に恥をかかせるつもr」

「ぺっ!」(びちゃ

「…………アザゼル、あんたもアレよりはましね」
「(な、なんや背景にゴゴゴを背負った上に主人に唾を吐くとは、何と言う御仁や……)」

305 :誰もが考える1レス小ねた:2008/05/18(日) 13:28:02 ID:2gurrwsa
 京太郎は「ある物」を探して走っていた。
 今、街では怪獣が暴れていた。全部で5体が好き放題に殴り合っているのだ。早くなんとかしないといけない。
 しかし彼は「あれ」がないと変身できないのだった。
「あった!」
 電柱に変な鏡がはりついているのを見つけた。
 もし横から見ていたらそれが宙に浮いてる不自然さにきづいたかもしれないが、京太郎は焦っていたのだ!
 いつもと同じように叫んで、そこに飛び込む!
「ミラー・スパーク!!」

 その後、地球で鏡京太郎ことミラーマンの姿を見た者はだれもいない。

306 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/18(日) 13:55:28 ID:BzWGOfRm
>>304
アザゼルというとジャバウォックとかナイトとか四人の子持ちのアレですか?


307 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/18(日) 13:57:23 ID:fFAvtUoK
アザゼルと聞くと珪素生物の方を思い浮かべてしまう

308 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/18(日) 13:58:33 ID:Tboed/nE
>>306-307
俺がおおいなw

309 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/18(日) 14:14:51 ID:wsGZ+DHq
>>308
更にもう一人俺、参上!

召喚したら、とりあえずルイズの顔が浮かび上がったり

310 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/18(日) 14:18:14 ID:iWs3EN7B
アザゼルで思いだしたけど、造魔を召喚とか。ほぼ言う事聞くし、見た目もまあ問題ないし。

311 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/18(日) 14:29:52 ID:0t5o/HE2
コッパゲにヴィクトルやスリルの理論を再現できるかだな。
きゅいきゅい合体で龍型で完成だ(おい

312 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/18(日) 14:45:39 ID:0k0WOhXu
ふと、サイトがワールドゲイトで飛ばされたのが、エリア11だったらって電波が飛んできた。

ガンダールヴの力でナイトメアを操縦するサイト。そしてうっかりかっこつけて
「俺の名前は平賀才人、“ゼロ”の使い魔だ!」
とか言っちゃってなし崩し的にとんでもないことにw

313 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/18(日) 14:50:07 ID:udxGq9c3
>>309
やぁ、俺

314 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/18(日) 15:16:24 ID:WKEccmSE
>>307>>308>>309>>313
俺も俺も!

315 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/18(日) 15:20:22 ID:bjgt0AUK
>>311
いっそのことコッパゲがスティーブンやヴィクトルを召喚して
弟子入りすればいい。

316 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/18(日) 15:22:00 ID:cAHjeXDi
魔法の乱用で気候変動が起こり
ハルゲキニア滅亡

317 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/18(日) 15:24:39 ID:jZnJePdt
>>307-309,313-314
何で俺がこんなにいっぱいw
そして「ゼロ」のコンプレックスから黒ルイズが、貴族の誇りや良心から白ルイズが生まれるんですねw





……寧ろブリミルがアザゼルに取り込まれた誰かで四人の使い魔がジャバウォックほか四体、もちろん憚られるのは黒ブリミルから生まれたジャバウォック、
メイジはモデュレイテッドARMS、とかするのも面白かも試練

318 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/18(日) 15:27:29 ID:1hmECmiy
>>312
ハルケギニアに巨大ロボ召喚はちょくちょく話題になるけど、
巨大ロボのある世界に才人転移ってのも面白そうだな。
ガンダールヴ補正でスペック以上の性能を発揮するガンダムとか。

319 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/18(日) 15:30:39 ID:W1iF8q0M
>>306-309 >>313-314 >>317
よう、俺
確かARMS召喚を書いてた人いたけど、続きは来ないのかな

320 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/18(日) 15:32:13 ID:KfHLc+DT
>>180
ヤンとは逆に、ヤバい方向に頭が働く使い魔もみたいな。
ハンニバル・レクターとか「サイコメトラーEIJI」の沢木晃とか。

321 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/18(日) 15:36:13 ID:Krxib0wl
金田一少年の事件簿から高遠とかか。

322 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/18(日) 15:42:19 ID:x0oYLdp+
硫黄は錬金できないそうだが、硫化水素を錬金するのはありか?

323 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/18(日) 15:48:56 ID:ph26YMtq
>>320
森博嗣の作品から真賀田四季を召喚
密室での四季とルイズとの会話を通して描かれる
ルイズ・フランソワーズ・ド・ラ・ヴァリエールが殺されるまでの七日間

Vシリーズの自称天才科学者にルイズとコッパゲが振り回されたり

324 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/18(日) 15:49:09 ID:BzWGOfRm
>>320
ヤバい方向に頭が働く・・・・・・「魔操機神」よりゼツ召喚?
メイジの脳をゴーレムに組み込む研究はじめるとか
ジョゼフと気が合いそうだ

325 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/18(日) 15:51:19 ID:dbu5W+Z4
>>320
レクター博士はやばすぎるだろ。
特にハルケギニアの連中は総じて無礼スキルを持っていることだし、
フーケの肝臓ステーキとかワルドの脳みそソテーとか乱れ飛びそうだ。
そして、sの料理を巡ってマルトーと料理談義。

326 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/18(日) 15:54:14 ID:A9496+KI
>>322
あれ、キュルケがやってなかったっけ?

327 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/18(日) 16:02:18 ID:CBblUh9c
>>325
シエスタの婆ちゃんがムラサキ夫人なんですね?


328 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/18(日) 16:08:54 ID:25pjvDAk
>>320
京極堂シリーズから堂島大佐を召喚

ジョゼフとはすごく息が合いそうだな
ルイズやタバサあたりがトラウマいじられてゲームの道具にされるのが見える

329 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/18(日) 16:11:20 ID:KfHLc+DT
危険人物でも契約さえできればルーンの洗脳で
少なくともルイズには危害は加えないかな?

330 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/18(日) 16:13:35 ID:NVcmCR/d
>>305
裏番組の方が…
ついに東方へと旅立つオストラント号、しかし聖地を目前にしてサザン星人(桑田ではない)の攻撃を受け墜落…
しかし気絶から覚めたルイズ達が見たものは…

>ガンダールブジャイアント

巨大化した方のスーツが蒸れやすいんです

331 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/18(日) 16:16:14 ID:ro4CGd5D
>>620
トオル・ジョーニアス・ヒラガー召喚とか?
富士見でも、真でもどっちでもかまわない。

個人的には、ニョズにすると楽しそうな気がする。


332 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/18(日) 16:32:54 ID:cAHjeXDi
xenosagaから主任

「エーテルサーキットオープン」

あれ?U.M.Nが使えるなら
アレンにメール送って助けに来て貰えるんじゃね?

333 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2008/05/18(日) 16:33:39 ID:D1jyuG2U
「天国に涙はいらない」のアブデル召喚とか
ルイズが『お義兄ちゃん』と読んだら、即契約してくれそうな気がする

334 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/18(日) 16:36:45 ID:8dUZ3Jua ?2BP(30)
アザゼルか。
そういやキース・グリーンを召喚させるネタを考えていたときにアザゼルを登場させるつもりだったよ。
まあ、あの人の能力はあまりにも最強過ぎるからボツにしたけど。
どうにか中和させようとミョズをホワイトにしたらさらにインフレが加速して\(^o^)/

335 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/18(日) 16:37:02 ID:0RZmsl/3
ネタをあっというまにARMSにかっ攫われていった>>304が不憫でなりません

336 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/18(日) 16:41:56 ID:9LXUxhaH
>>306-309 >>313-314 >>317 >>319
やぁ、俺
ARMSの人待ってるんだけどなぁ・・・ワイド版最新刊発売されたし帰ってきて欲しい><

337 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/18(日) 16:44:57 ID:O9cp1phz
>>333
奴のストライクゾーンは小学生だ
タバサですら厳しい

338 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/18(日) 16:49:54 ID:Bzmgk1Sl
>>337
アブデル的にはルイズもタバサもどちらも問題ないぜ!!
ルイズの方は巻が進んだ感じでないと身長で難しいが。

339 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/18(日) 17:26:09 ID:8dUZ3Jua ?2BP(30)
あ・・・・・・いまフっと思い浮かんだんだが、
モンモランシーがストZERO3(またはナムカプ)の神月かりんを召喚
すると・・・・・・
ttp://www.mmv.co.jp/special/game/ps2/zero/image/character/illust7.jpg
ttp://gfd.jp/annex/2007/06/nxc_24.html
!?


340 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/18(日) 17:26:28 ID:Cy3iK0An
とりあえず本編開始前のたまちゃんだけは召喚しちゃなんねぇ。

謎の疫病発生でトリステイン崩壊しかねないし、
手紙回収に行ったらアルビオンが墜落しかねないし、
ミョズさんの操る人形やガーゴイルが変質して凶暴化、暴走しそうだし。

……アレ? なんか面白そうかも?

341 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/18(日) 17:28:59 ID:Ixvosvok
>>333
ヤツならテファに召喚されてウェストウッド村の守護神になる方が“らしい”な。

342 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/18(日) 17:36:10 ID:XaDIdAmH
>>304
ラグドリアン湖の水の精霊はアンダイン姐さんか…

343 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/18(日) 17:41:20 ID:dYnaTYcU
>>339
ダブル縦ロール吹いた

たしか『さくらがんばる』のかりんなら、飛行機から体一つで飛び降りても無事なんだよなぁ
まぁ、中平版のはほとんどのキャラが出鱈目なんだけど

344 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/18(日) 17:49:00 ID:NVcmCR/d
水の精霊か…惑星ソラリスの海とかどうだろう?

345 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/18(日) 17:49:32 ID:x1XCvEYM
>>339
あまりにも似すぎて吹いた。


それよりハガー市長、ナムカプに出演していたのですか…

346 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/18(日) 17:49:34 ID:cf6vQ0hb
>>339
魔法どころじゃない連中と素手で渡り合って来た腕っ節
十代半ばにして世界経済の数パーセントを実力で支配している辣腕振り

なまじ見た目似てるだけに比較されたらモンモンマジ泣きするよ
こんなん呼び出したら


似てるといえばデビロット姫とイザベラ
こいつら組んだら絶対ろくな事にならない

347 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/18(日) 18:01:18 ID:KfHLc+DT
>>325
ルイズ:博士はお子ちゃまには割とやさしいし、
契約さえできればルーン洗脳で殺されることはないと思う。
フーケ:提督みたいに友好的に接すればむしろ気に入られそう。
でもその場合、彼女にセクハラするオスマンがヤバイ
ワルド:腕を斬られたうえに顔の肉を剥がされてグリフォンに喰わされる。
    以後復讐鬼に。
ギーシェ:だめだ、喰われる展開しかうかばない。


348 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/18(日) 18:07:45 ID:dYnaTYcU
ああ、ワルド再登場してもドラゴンの群れの餌だろうな……

あとハーピーナイフはカッコイイ

349 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/18(日) 18:09:52 ID:25pjvDAk
>>346
自分の遠い親戚か何かかと勘違いしたりするかもな

350 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/18(日) 18:14:17 ID:Awuyed71
>>346
神月流帝王学を徹底的に叩き込まれてスーパーモンモンになったりして

351 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/18(日) 18:19:31 ID:18bE2ulI
アザゼルと聞いて妖魔夜行しか思いつかなかったぜ。

352 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/18(日) 18:19:49 ID:A6E7GLEm
ストリートファイターといえば驍ヘ召還されないな

353 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/18(日) 18:21:54 ID:18bE2ulI
格ゲーキャラってあんまり書かれないよな。

354 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/18(日) 18:24:01 ID:cf6vQ0hb
内面描写少ないから書き難いのかも

355 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/18(日) 18:28:20 ID:cJzd0Ata
>>344
あれは難しいんじゃないか、色々と
あまりに巨大すぎるし

同じレム作品ならトルルとクラパウチュスの宙道師コンビなんかどうだろう

356 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/18(日) 18:30:45 ID:dYnaTYcU
まぁ、単純にパワーバランスも難しい気がする
豪鬼なんかエアーズロック叩き割るわ、深海から潜水艦吹っ飛ばすわ、大阪火の海にするわ、海真っ二つにするわとやりたい放題だし、
それと格闘で渡り合える連中となると……

357 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/18(日) 18:37:18 ID:cf6vQ0hb
>豪鬼なんか
アルビオン割るな
確実に

358 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/18(日) 18:37:54 ID:18bE2ulI
>>356
まあ、漫画版とかの真・豪鬼なら7万の軍勢を一人で蹴散らすくらい楽だろうな……問題はやろうとしないだろうことだが。

359 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/18(日) 18:43:35 ID:18bE2ulI
>>357
「ふうん!めっさぁつ!!」
気合の声と共に使い魔は大地を踏みしめる。
格闘術の発展があまり見られぬハルケギニア人には分からなかったが、この踏み込みこそが全ての技の力の原動力なのだ。
その強力な踏み足は地面にひびを穿つ。

……そして浮遊する大地アルビオンは砕け散った。
攻撃を受けたからではなく、その攻撃の発射台となったことで。

こうですか。

360 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/18(日) 18:43:36 ID:dXiUDn7n
ストリートファイターは半分公式らしい漫画の描写だと
最強クラスは戦闘の余波で山が消滅するからな・・・

この手のはジャンプ漫画等の戦闘インフレがひどい作品から
出すときに問題になる。

361 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/18(日) 18:45:41 ID:A6E7GLEm
つうか豪鬼じゃ契約しても直ぐ放浪しちゃうだろ

362 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/18(日) 18:47:26 ID:18bE2ulI
>>360
ちょっと前に、豪鬼対サウザンドマスターというバトルモノを書いてど某所に投稿したら華麗にスルーされたぜ。
これこそ魂のスルー、ソウルスルーだと。
いやまあ、俺の文章が未熟だったせいだが。

363 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/18(日) 18:48:18 ID:dYnaTYcU
「「一撃必殺」は常に新たな「一撃必殺」へと変化してゆく・・・
 時と共に場所と共に人と共に!!「一撃必殺」とはまさしく風の如し!!!」
とか
「風の拳…不滅!」
とか、ギトーが聞いたら喜びそうだ

364 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/18(日) 18:54:30 ID:cf6vQ0hb
ストーリーはさっぱり思い浮かばないが

宝物庫の塔を叩き壊しゴーレムを波動拳で吹き飛ばし
レキシントンを蹴り落とし七万人と殴り合い
アルビオンを割り砕きヴィダーシャルに竜巻斬空脚食らわし
ヨルムンガンドに昇竜拳かます

そういった勇姿だけは容易に脳裏に浮かんだ

365 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/18(日) 18:59:36 ID:dYnaTYcU
>>361

きっと普段はどこかを放浪してるんだけど、ルイズがピンチのときだけ
「猛者の咆哮、我に届かん……うぬか!? ならば拳で吼えてみせい!!」
とかいって助けてくれるんだよ。
んで、それを見てルイズがリュウみたいに殺す必要はなかったとか使い魔を制御できないのは恥とか言って修行して強くなっていくんだ。

366 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/18(日) 19:02:37 ID:Wo0nb8hH
ロム兄さん呼んでですね
シエスタとギーシュの揉め事に待てぃ!って名乗りを上げてですね

367 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/18(日) 19:05:22 ID:wsGZ+DHq
ARMS最終話のアザゼルΩの大木を召喚。

動けずとも内包するあらゆる『武器』を駆使し、虚無の使い手の盾となる。


なんてのが浮かんで消えた

368 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/18(日) 19:11:30 ID:j1aWRPwm
>>365
必要最低限の破壊で戦いを終結させる風の拳≠ネらぬエクスプロージョンの魔法で豪鬼に応えるんですね。わかります。


369 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/18(日) 19:20:31 ID:dYnaTYcU
もちろん最後はルイズの一言で〆

「確かみてみろ!」

370 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/18(日) 19:38:06 ID:AhC52FPz
エストポリス伝記2からED後のマキシム召喚。
一方で巨乳エルフはセレナを呼んで・・・・・・

だめだ、どう考えても俺TUEEEEEEな展開しか思い浮かばん。

371 :虚無と狼の牙:2008/05/18(日) 19:40:43 ID:yoNl7dpq
ウルフウッド第七話、19:45から投下します。

372 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/18(日) 19:42:19 ID:+ZlVYWNt
リュウや豪鬼なら中平のリュウ三部作が下地に使えるよな
リュウの内面描写はたくさんあるし
波動と魔法の対決は見てみたい

373 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/18(日) 19:44:10 ID:x1XCvEYM
支援

374 :虚無と狼の牙:2008/05/18(日) 19:46:02 ID:yoNl7dpq
虚無と狼の牙 第七話

 例のウルフウッドのタルブ行きに関してルイズは何をしていたか。その話は数日前までにさかのぼる。
 その日ルイズはウルフウッドが日中いないことに気が付いた。
が、その前の日の晩に派手にけんかをした後なので、むしろ顔を合わせないほうが都合がいいとばかりに、大して気にも留めなかった。
 ただ、それでも一日中顔を合わせないとなれば気になってしまうものである。
時間が経つにつれてそわそわしながらも、それでもなんとなく気まずい空気を感じてルイズは夜、寝る前になるまで部屋に戻らなかった。
 悪いのは誰がどう考えてもウルフウッドのほうなのだが、これで機嫌を損ねて出て行ったりしたらどうしようなどと不安になりながら部屋に戻ると、誰もいなかった。
悪い予感を感じたルイズは部屋の真ん中に置手紙があることに気が付いた。

『ちょっと用事があるのでタルブの村へ行ってきます。数日中には戻ります』

 そこまで読んでルイズは首をかしげた。あの馬鹿はタルブなんて田舎の村へ何をしに行ったのだろうか。
もしかしたら拗ねて出て行った? 
昨日、蹴り飛ばしたのはやりすぎだったのかもしれない。
もしかして、本格的に愛想を尽かされた?
 ルイズは不意に胸を締め付けるような不安に駆られた。
 しかし、一瞬にしてルイズにとってそんな疑問はどうでもよくなった。それはその続きにこう書かれていたからである。

『ウルフウッドさんの面倒は私がちゃんと見るので、心配しないでくださいね シエスタ』

 ちなみにウルフウッドが伝言を頼んだのは前半部分のみである。


375 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/18(日) 19:46:55 ID:dYnaTYcU
支援砲火

376 :虚無と狼の牙:2008/05/18(日) 19:47:06 ID:yoNl7dpq
 それから数日後、ウルフウッドはトリステイン城下町にいた。
「あらー、この子がウルフウッドちゃん? シエスタから聞いていたけど、なかなかに男前ねっ」
 目の前に何かがいる。何かとんでもないものがいる。何かとんでもないものがくねくねと動いている。いや、蠢いている。
「あのー、メイドのじょうちゃん。この個性的なお方はどちらさまで?」
 ウルフウッドは震える指で目の前の存在を指差す。
「あぁ、私のおじさんのスカロンさんです。トリステインで魅惑の妖精亭という居酒屋をやっているんですよ。ウルフウッドさんにはここで働いてもらいます」
 ウルフウッドは右手で額を押さえた。オカマというキーワードが彼の記憶の中から思い出したくないものを強引に引き出してくる。
「……ワイ、オカマにはちょっと嫌な思い出が」
「今更何を言っているのよ、ウルフウッドちゃん? さぁ、今日からきっちり四百エキュー分働いてもらうわよ。私はスカロン、よろしくね」
 差し出されたスカロンの右手を顔面蒼白なウルフウッドは手に取った。ウルフウッドの顔からは半分魂が抜けかけている。
「なぁ、メイドのじょうちゃん」
「はい。なんですか?」
「この人がピチピチの服を着ているのは、実は自分の力を抑えるための拘束やとかいうことはないな? 
口癖が『えぐるわよ』とかそういうことはないよな? 
鞄からパイルバンカーで杭がポンポン出るとかそういうこともないよな?」
「へ?」
「いや、なんでもない。気にせんといてくれ。ちょっと、ワイの人生経験がおかしいだけやねん。きっと、そうやねん。あぁ、そうやということにしとこ。ちゅうか、そうしといて……」
 青白い顔をしたウルフウッドを呆然とシエスタは見つめる。よっぽど過去強烈なオカマにトラウマがあるらしい。
その横でスカロンが己の肉体を誇示すべく不思議な踊りを踊っていた。


377 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/18(日) 19:48:05 ID:18bE2ulI
しえーん、かむばーっく

378 :虚無と狼の牙:2008/05/18(日) 19:48:48 ID:yoNl7dpq
 ルイズ・フランソワーズ・ド・ラ・ヴァリエールはトリステインの城下町を一人歩いていた。
 今の彼女はただの学生ではない。女王陛下から極秘任務を受け賜った、女王直属の女官である。
 彼女は普段から愛想のいいほうではないが、今はそのきつく上がった眉毛を普段より二割り増しきつく上げて、本人的には仕事の出来る女な感じを演出しているつもりである。
端から見れば、彼氏の浮気現場に乗り込んでいく気の強い女の子にしか見えないが。
 そんな彼女はとある店の前で立ち止まった。国家の命運を左右する極秘任務だ。失敗は許されない。
そう、これは極秘任務であって、自分はそれを遂行するためにここへ来たのであって、理由はそれ以外にはなにもない。
そう自分に言い聞かせてから、その店のドアを開けた。
「ようこそ、いらっしゃいませー。魅惑の妖精亭へ!」
 明るい女の子の声に迎えられる。彼女たちは店に入ってきた客が若い女の子で、しかもたった一人であるということに怪訝な顔をした。
 そんな周囲の目線を気にせずルイズはずかずかと店の奥へと進む。
もはや、彼女の目は一点しか見つめていない。テーブルを一つ通り過ぎ、また一つ通り過ぎ、そして店の奥までやってきた。
 その視線の先には忙しく厨房を動く一人の男。
「はい! 五番テーブルさん、あがったでぇ! はよ持っててや! 三番テーブル、あとは焼くだけやからもうすぐやで!」
「……ウルフウッド、あんた何やってるのよ」
「なんや、お客さん料理遅いいうて文句言うてんのかいな。悪いけど、ちと今いっぱいいっぱいや。なんとかもう少し間を持たしたって!」
 そう言いながらウルフウッドは手際よくフライパンに油を塗る。
「だから、あんたは、何をしているのよ」
「あーもう、そんなゴネんといてや。ワイかていっぱいいっぱいなんやて」
 そう言いながらも手を休めることなく、額のねじり鉢巻で汗を拭き、ウルフウッドは皿に野菜を盛りつける。
「だから、あんたはいったい何がいっぱいいっぱいなのよ! ご主人様を放っておいて!」
 その気迫に初めてウルフウッドは振り向いた。目の前にいるのは見慣れた少女の姿。
 魅惑の妖精亭特製のはっぴの袖で手を拭きつつ
「あれ、じょうちゃん。なんでこんなところに?」
 不思議そうな顔でのんきな声でそう言い放つウルフウッド。
「そ、それはこっちのセリフよ! 大体、あんたこの場に馴染みすぎ!」
 魅惑の妖精亭にルイズの叫び声が響き渡る。
 数日ぶりに顔を見たウルフウッドは、見事に居酒屋のおっさんと化していた。

「さぁ、はっきりと説明してもらいましょうか」
 ルイズは厨房の中のウルフウッドに詰め寄る。
「あぁ。それについてはちと長くなるんやけど、簡単に言うと」
「簡単に言うと?」
「ワイ、借金のカタにここに身売りしたねん」
「はぁー!?」
 またまたルイズの叫び声が魅惑の妖精亭に響き渡った。客たちも食事をする手を休め、ウルフウッドたちをじっと見つめる。
「ど、どういうことか、説明しなさい。い、一体あんた使い魔の分際でいつの間に借金なんかこさえて、勝手に売り飛ばされているのよ。
わざわざわたしがタルブまで出向いたら、あんたトリステインに行ったって聞いて。
それからこの城下町で背の高い目つきの悪い男を見なかったかって聞き込みをして、やっと見つけたと思ったら、これ? え、どういうこと?」
「あれ、じょうちゃんわざわざワイを探しに来てくれたんか?」
「その話は今はいいの! あんたのことを話しなさい、あんたのことを!」
 ルイズは両手を握り締めて、真っ赤な顔で怒鳴った。


379 :虚無と狼の牙:2008/05/18(日) 19:50:08 ID:yoNl7dpq
 ルイズの気迫に押されたウルフウッドは仕方なく、その場で簡単にその後の経過を話した。
 タルブの村に必要なものがあって、それをシエスタを案内役にコルベールと買いに行ったこと。
そこで貰った竜の亡骸と千発の弾丸の移送をコルベールに任せたこと。移送についてはコルベールが自分がお金を出すと言った。
本来ならそこまで世話になるつもりもなかったウルフウッドだが、コルベールの目が早くこれらをいじりたいと訴えていたので、お言葉に甘えることにした。
そして、今現在そのときの借金を返すため居酒屋で住み込みバイトをしていること。
 それらをかいつまんでウルフウッドは説明した。
 ルイズは一応それを黙って聞いていたが、やがて拳を握り締めわなわなと震え始めた。
「で、あんたはメイドに借金をしてここで働いているわけ?」
「そや」
 まったく悪びれずに答えるウルフウッド。その姿にルイズは苛立ちを隠せない。借金をするなら、なぜまずわたしに相談しないのか。
ましてや、メイドに勝手に借金を作ってそのカタにこんなところで働かされているとは何事か。
 そこまで頭の中をめぐらせて、何か怒鳴ろうとしたとき、空気を読まないのんきな声が割って入ってきた。
「あ、ウルフウッドさーん。三番テーブルの料理まだですか? って、あ」
 ルイズはその人物をキッとにらみつける。
「あんた、確かうちの使い魔と仲の良いメイドのシエスタって言ったわよねぇ」
「え、ええ。そうですけど」
 まずい、とシエスタは思った。ルイズは怒っている。まぁ、仕方がないといえば仕方がないが。例の置手紙に挑発的な一文も入れたし。
それにしても、このわがままでかつ性格がきついことで知られるルイズがわざわざトリステインまで殴りこんでくるとは意外だった。
「ごめんなさいね。うちの馬鹿使い魔が迷惑かけちゃったみたいで」
「いえ、そんなことはございませんわ、ミス・ヴァリエール。ウルフウッドさんは自分で望まれてここに居られるのですから、迷惑だ何てそんな」
「借金なんてしちゃってごめんなさい。今すぐ、全額耳を揃えて返して差し上げて、この使い魔はとっとと連れて帰りますわ」
「そんな。ミス・ヴァリエールがお気になさることはありませんわ。これはウルフウッドさんと私だけの問題ですから」
 二人はにこやかに穏やかな口調で会話を続ける。こめかみをひくつかせながら。
 気が付けば厨房の動きは完全に止まっているのだが、それについて文句をつける人間は誰もいない。
みな息を潜めて事の成り行きを見守っている。みんな好きなのだ、こういうしょうもないいざこざが。
「借金はいくら?」
 ルイズがドスの効いた低い声でウルフウッドに尋ねた。
「よ、四百エキューほど」
 その迫力に百戦錬磨のウルフウッドでさえ思わずたじろいだ。
「四百エキューね」
 そう復唱してルイズは不敵に笑うと、懐から袋を出した。
「これでちょうど四百エキューあるわ。これでうちの使い魔の借金を全額返済させていただくわよ。文句はないわね」
「いや、けどじょう――」
 口を挟もうとしたウルフウッドをルイズは思い切りにらみつける。ウルフウッドはその迫力に黙ってしまった。
 ――あかん、これはもうオレにはどうもこうもできひん。人の領域を外れた魔人同士の戦いや。


380 :虚無と狼の牙:2008/05/18(日) 19:51:33 ID:yoNl7dpq
「あ、ありがとうございます、ミス・ヴァリエール」
 その袋をこめかみと右頬をひく付かせながらシエスタは受け取った。何か言いたげに口を動かそうとしたが、シエスタの口から言葉は出なかった。
 シエスタはいらだたしげにルイズをにらみつけると、
「返すものも返していただいたので、私は帰ります。さようなら!」
 そう吐き捨てるように言うと、エプロンを床に投げつけて、そして店から走り出ていってしまった。
「おい、じょうちゃん……」
 ウルフウッドがルイズを小突く。しかし、当のルイズは勝利の感覚に酔っていた。
 ざまあみろ。お金で人の使い魔を縛り付けようなんて魂胆が悪いのよ。
「さぁ、ウルフウッド、帰るわよ!」
「え? ちょ、ちょっと待ってや。まだ、ワイ仕事が残って」
「そんなのどうでもいいでしょ。もうお金返す必要ないんだから。
それよりもこんなところで人の手伝いしなんかしていないで、わたしの手伝いをしなさい。
わたしがここへ来たのは別にあんたを探すためじゃなくて、もっとちゃんとした任務のためなんだから」
 そこまで勢いよく言って踵を返したところでルイズは固まった。
「ない」
「はぁ?」
「なくなっちゃった」
「だから、何がて?」
「今日泊まるところも、ご飯もない」
「何を言うとんねん?」
「だから、ないのよ! もらったお金を全額あの子に渡しちゃったのよ!」
「はぁー!?」
 今度はウルフウッドの絶叫が妖精亭に響き渡った。
「あんたのせいよ! あんたが何も考えずに借金なんか作るから! この場当たり使い魔!」
「な、それを見境なく持っている金全額使うた奴に言われたないわ、ボケ!」
 二人は思い切りにらみ合う、しかしすぐにルイズは泣きそうな表情になった。
「どうしよう……こんなんじゃ姫様に与えられた任務を満足にこなせないじゃない」
「なんや、その任務とかに必要やったら、今からあのメイドのじょうちゃんに掛け合ってお金を返して――」
「絶対いや! それだけは絶対にいや!」
 ルイズは首をぶるぶると振った。
「そんなに言われてもどないすんねん。ワイかて金持ってへんのやで」
 ウルフウッドは途方に暮れるように肩を落とした。思えば四百エキューというのは大金だったのだなぁ、などと間抜けな感想を抱きながら。
 居酒屋に勢いよくなだれ込んできた少女が、いつの間にか男と一緒に途方に暮れている。
この光景は周囲の好奇心を刺激するに十分であった。いつのまにやら彼らの周りには無遠慮な人だかりが出来ていた。
「だったらさぁ、あんたもここで住み込みで働いたらいいんじゃないの?」
 その野次馬の中から一人の少女が落胆している二人に声を掛けた。
「ジェシカ」
 ウルフウッドが顔を上げた。
 ルイズは彼が彼女を名前で呼んだことに露骨に嫌な顔をした。このウルフウッドという男は滅多なことでは人を名前で呼ばないのだ。
自分だって記憶にある限りではたったの一回だけ。それがこの女は――
 実は本当の敵はシエスタではなくこのジェシカだったのではないか、とルイズは勘ぐった。


381 :虚無と狼の牙:2008/05/18(日) 19:53:07 ID:yoNl7dpq
 しかし、当のジェシカはそんなことはお構いなしだ。
「お金がないんでしょ? んで、泊まるところも食べるものもない、と。なら、うちで働けばいいじゃない。部屋ならウルフウッドの部屋があるしさ」
「いや、唐突にそんなん言われても。第一ええんか? 店長の許可を得てへんで?」
「大丈夫よ。私は店長の娘よ? 少々の権力なら私にだってあるし。それに、あんたが後見人なんでしょ?」
 なんだそのなれなれしい会話は。第一ウルフウッドが私の後見人? 使い魔が? ご主人様の? 馬鹿言ってんじゃないわよ。
 ルイズはキッとした視線でジェシカをにらみつける。今にも殴りかかりそうな勢いだ。しかし、ジェシカはそれをどこ吹く風。
「けど、なんでそない親切やねん? なんか裏があるんちゃうか?」
 よし! いい事言ったウルフウッド! さすがわたしの使い魔!
 ルイズは心の中で手を叩いた。
「えー、だってさぁ」
 ウルフウッドの疑いの眼差しに思惑ありげな笑みを浮かべるジェシカ。
「なんかおもしろそうじゃん。そっちのほうが」
「だ、だからって勝手に決めないでくれる?」
 ルイズが口を挟む。一文無しになってしまったせいで、さっきまでの勢いはもうない。
「まぁちょっと、あんたにも悪い話じゃないんだから……」
 そう言ってジェシカはルイズに耳打ちした。
 最初はいらだたしげに表情をゆがめていたルイズだったが、やがて観念したのかこくりと頷いた。
 こうして、ルイズとウルフウッド二人の住み込みバイトが決定した。


「いいこと! 妖精さんたち!」
 スカロンが、腰をきゅっとひねって店内を見回した。
「はい! スカロン店長!」
 色とりどりの派手な衣装に身をつつんだ女の子たちが、いっせいに唱和した。
「ちがうでしょおおおおおお!」
 スカロンは腰を激しく左右に振りながら、女の子たちの唱和を否定した。
「店内では、ミ・マドモワゼル≠ニ呼びなさいって言ってるでしょお!」
「はい! ミ・マドモワゼル!」
「トレビアン」
 腰をカクカクと振りながら、スカロンは嬉しそうに身震いした。目の前の光景にルイズの目は点になっている。
ウルフウッドはその横で無我の境地に達していた。
「さて、まずはミ・マドモワゼルから悲しいお知らせ。この魅惑の妖精亭は、最近売上が落ちています。
ご存知のとおり、最近東方から輸入され始めた『お茶』を出す『カッフェ』なる下賎なお店の一群が、わたしたちのお客をうばいつつあるの……。ぐすん……」
「泣かないで! ミ・マドモワゼル!」
「そうね! 『お茶』なんぞに負けたら、『魅惑の妖精』の文字が泣いちゃうわ!」
「はい! ミ・マドモワゼル!」
 スカロンはテーブルの上に飛び乗った。両手を指揮者の用に振り上げ、腰をカクカクと振る。
「魅惑の妖精たちのお約束! ア〜〜〜〜ンッ!」
「ニコニコ笑顔のご接待!」
「魅惑の妖精たちのお約束! ドゥ〜〜〜〜ッ!」
「ぴかぴか店内清潔に!」
「魅惑の妖精たちのお約束! トロワ〜〜〜〜ッ!」
「どさどさチップをもらうべし!」
「トレビアン」
 呆然としていたルイズがやっと口を開いた。
「……ウルフウッド、なにこれ?」
「大丈夫、じき慣れる」
 この世の全てを悟りきったようなウルフウッドの声が、静かにルイズの耳に染みこむ。
「大丈夫、って……あんたはなんで平気なのよ?」
「じょうちゃん。世の中にはな、『えぐるわよ』と言いながら容赦なく杭で串刺しのハリネズミにする、アレよりのはるかに強力なオカマが居るねん。
あの程度のオカマにビビッてたらあかん。それに比べたらまだ全然マシや」
「はぁ」
 しみじみと答えるウルフウッドの言葉にルイズはなんとも返事が出来なかった。そもそも比較対象が何かおかしい気がする。
「それじゃあ、本日入った新しいお仲間を紹介するわ。ルイズちゃーん」
 スカロンが隅の方で腕を組んでいたルイズを呼んだ。
昨日の騒動でルイズのことは紹介するまでもなく、ここにいる誰にとっても周知のことだったのだが、一応は慣習ということで。
 嫌そうな顔をしたところを、ウルフウッドに背中を押されてルイズはしぶしぶスカロンの元へと歩いていった。
 そう、ルイズはここで『妖精』としてしばらく住み込みで働くことになったのだった。

382 :虚無と狼の牙:2008/05/18(日) 19:54:38 ID:yoNl7dpq
 ぼろぼろの机とぼろぼろのベッドしかない屋根裏部屋でウルフウッドは机に何か紙を並べていた。
「なぁ、じょうちゃん」
「……なによ」
「ワイの気のせい違たらええんやけどな」
「だから、なによ」
「……これって金を稼ぐどころか、借金が増えていってへん?」
 ため息を付きながらウルフウッドは手に持った紙を扇形に広げてルイズに見せた。
「ワイ、文字は読めへんけど、これはどう考えてみても稼ぎを上回っているとしか思えへんで」
 ウルフウッドの手に持った紙はルイズ宛の請求書だった。
 とにかく、このルイズ。ここで妖精として働き出したのはいいのだが、次から次へと客とトラブルばかり起こすのである。
そして、そのたびに始末書代わりにいろいろな破損物の請求書が毎日のように届けられていた。
「う、うるさいわね。そ、そんなの、微々たる物よ!」
「じょうちゃんがせめてもっとチップでも貰ろてくれたまだええんやけどなぁ」
 ウルフウッドはそのままベッドにごろんと横になる。
「じょうちゃん。アンタこういう職業向いてへんで。客商売いうんは難しいんや。ジェシカとか見てみい。
ああいう真似、箱入りどころか檻入りで育てられたじょうちゃんには到底できひんやろ」
 ウルフウッドは天井に向かってゆっくりと言葉をしみこむように語り掛ける。ルイズは部屋の隅でうつむいていた。
今日もお尻を触ろうとした客を一発殴っていたのだった。
「働くのはワイがやるから、おじょうちゃんは帰り。そのほうがええやろ」
「いやよ」
 ウルフウッドの提案をルイズは即決で否定した。
「言ったでしょ。わたしはちゃんとした任務でここへ来ているの。
別にお金を稼いでいるわけじゃないし、ましてや、あ、あんたのためなんかじゃないんだから」
 ルイズは口を尖らせて、体育座りの膝に顔をうずめた。
「その任務いうのはなんやねん?」
「市井の人々の間で不穏な動きがないかの調査。そのためにわたしはトリステインに来たの。
言っておくけど、あんたを追ってきたとかそういうことは全然ないんだからね」
 だったらなんでタルブに寄っていた? という質問を、それを言うと話がややこしくなりそうなので、ウルフウッドは呑み込んでおいた。
「やから、こういう酒場みたいな人の集まって、しかも酒のおかげ口が軽くなる場所で働いているいうわけか?」
「そう」
 ウルフウッドは上半身を起こした。
「そやけど、なんでそんな仕事がじょうちゃんやねん? 
そもそもそういった仕事をさせるいうことは上のほうは何か尻尾を掴んでいるいうことやろ?」
 ルイズはしばらく考え込むような仕草をした。

383 :虚無と狼の牙:2008/05/18(日) 19:55:47 ID:yoNl7dpq
「まぁ、一応あんたもわたしの使い魔っていうわけだから、知らぬ存ぜぬはよくないわね。この依頼は女王陛下直々の非常にプライベートなものよ。
わたしの活動費も女王様のポケットマネーから出ているようなものだわ」
「なんでまたじょうちゃんに?」
「例のフーケの一件でね。わたしたちがフーケを捕まえた腕を見込まれてっていうことらしいわ」
「なるほど。んで、その怪しい動きいうのは?」
「こんなこと、あんたに言ってもわかるかどうか分からないけど。レコン・キスタ」
「なんやそれ?」
「現在の王政を倒して、共和制を敷こうとしている貴族たちの集まり、らしいわ」
「要するにテロ集団っていうやつか?」
「まぁ、簡単に言うならそうね。近々、アルビオンでクーデターが起こるっていう噂もあるし。
それで、貴族の集まるこういった酒場で、女王陛下の信頼に篤いわたしが情報収集に当たるわけよ」
「なるほどな。まぁ、納得はしたわ」
 再び、ウルフウッドはベッドの上にねっころがった。
「んで、肝心の釣果は?」
 ルイズはわざとらしくウルフウッドから目を逸らした。
「寝る。明日も早いから、もう寝る」
 そう口を尖らせて言いながらベッドの上に座った。
「ほら、わたしの寝る場所を早く空けなさいよ」
「へいへい」
 あきれるような声を出してベッドから立ち上がろうとするウルフウッドの裾をルイズが掴んだ。
「……あんたねえ。こんなところで、わたしを一人で寝かす気?」
 そのままルイズは天井を指差す。そこには黒い塊のようなものがぶら下がっていた。
「別にこうもりかて、人を襲うわけちゃうから大丈夫やって。現にここ数日でそんなことなかったやろ?」
「うるさいわね! それはあんたが隣にいたからかもしれないじゃない! 
だから、その、今日もわたしの隣で寝なさい!」
「しゃあないな」
 ウルフウッドは苦笑いすると、ルイズの隣にもそもそと入ってきた。
そしてルイズに背中を向ける形で横になる。
 ルイズはその背中にしがみつくように両手を添えた。
 そして、二十分ほども立たない間にルイズの寝息が聞こえ始めた。


384 :虚無と狼の牙:2008/05/18(日) 19:56:41 ID:yoNl7dpq
 ウルフウッドはため息を付きながら皿を洗っていた。
 横目で接客……らしきことをしているルイズをちらりと見る。
 あぁ、また客とケンカしてるわ。
 そうボソッと呟くと、現実逃避するようにまた皿を洗い始めた。
「ねぇ、ウルフウッド」
「なんや、ジェシカ? お前接客せんでええんか? チップレース中やろ」
 ウルフウッドは皿から視線を外さずに答えた。
「別にいいのよ。もうチップは百二十エキューもたまっているし、この勢いだと今日の収穫ゼロでもトップは確実ね」
「そら、儲かってるようで何よりや」
「それそうとさぁ……」
 ジェシカはウルフウッドの体にしなだれかかるようにもたれかかった。
「前から訊きたかったんだけど、あんたとルイズって子って一体何?」
「どういう意味やねん」
「そのまんまの意味よ。あんたたちってシエスタとも知り合いみたいだしね」
「ワイがあのメイドのじょうちゃんの同僚で、じょうちゃんがワイの妹。そう説明したやろ」
 ウルフウッドはルイズがお忍びの任務なので正体がばれるわけにはいかないと考えた嘘をそのまま伝えた。
が、そんな話は二人の態度を見れば、真っ赤な大嘘であるというのはよっぽどの間抜け相手でない限り丸分かりである。
「まぁ、言いたくない事情があるならわたしもそこまで詮索はしないわよ。けど、これだけは教えてもらうわよ」
 ジェシカはずいっとウルフウッドの顔の前に自分の頭を差込んで、ウルフウッドの目を見つめる。
「あんた、シエスタとルイズどっち?」
「どっちって言われても。何が?」
「鈍いわねー。それともごまかしてる?」
「わからへんもんはわからへん。これで納得できひんか?」
「あんたって面白いわよね。まるで玄関は開け放っているのに、中に入ったら部屋のドア全部に鍵がかかっているみたい」
 ジェシカがにんまりと笑った。ウルフウッドは上を見上げて軽くどうしたものかと考える。
「ウルフウッドー! あんた何そんなところでサボってるのよ!」
 聞き慣れた声がウルフウッドの背後から聞こえた。振り返るとルイズが真っ赤な顔で仁王立ちしている。
「そ、それにあんたそ、その女とくっついて、い、一体何をやっているのよ!」
「別に何も。それよりじょうちゃん、仕事はどないしてん」
「そうそう。妹ちゃんは関係ないわよ。わたしはお兄さんと大人の話をしていたんだから」
 ジェシカがわざとらしくルイズを妹と呼び、悪戯っぽい笑みを浮かべる。
「大人の、話、ですって?」
「そ。わたしが借金を肩代わりしてあげようかって。たしか四百エキューだったかしら? 
それだったらわたしだったら三週間で稼げるわね。もちろんお金を返してなんていわないわよ。ただ、一つだけわたしのお願いを聞いてもらうだけで」
「な、なによ、それ」
 ルイズがわなわなと震え始めた。
 ウルフウッドはジェシカの目を細めて、ジェシカに何アホなことをとアイコンタクトを送る。
 しかし、ジェシカはそんなウルフウッドの視線に悪戯っぽい笑みを返すと、大仰に両手を挙げて
「だって、いつまでも妹ちゃんがそんな風に足を引っ張っていたらいつまでたってもお金がたまらないじゃない。そんなんだったら待っているシエスタがかわいそうでしょ?」
「なっ!」
 痛いところを疲れてルイズは言葉に詰まった。そして、何かを決意した目でジェシカをにらみつけた。
「見てなさいよ、この馬鹿女。わたしだってその気になれば、あ、あんたなんかよりチップを稼げるんだから、み、見ていなさい!」
 そう言うが早いかルイズは踵を返しホールへと走るように向かった。その姿をぼんやりと見送るウルフウッド。
「えらいもん焚き付けてくれたな」
「いいじゃん。面白そうだし」
 ウルフウッドの責めるような口調にもけろっとした笑顔で答えるジェシカ。
「絶対、なんかゴタゴタでドタバタのイザコザが起こるで……」
 ウルフウッドがそうひとり言を呟いた数分後、見事に彼の予想は的中した。


385 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/18(日) 19:56:55 ID:MD8MJxFN
支援

386 :虚無と狼の牙:2008/05/18(日) 19:57:42 ID:yoNl7dpq
以上です。支援ありがとうございます。

387 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/18(日) 20:03:43 ID:25pjvDAk
乙。

トラウマになってたのかウルフウッドw

388 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/18(日) 20:15:21 ID:N0l2UgYV
乙ー。

>>370
俺TUEEEEEEE展開以前に、あの二人はあのままでそっとしてあげて欲しいなあw

389 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/18(日) 20:37:46 ID:QFhFQOb0
乙です。

クリムゾンはやばかったからな、おかまにかなりの耐性がついたんだろうな。

390 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/18(日) 20:55:52 ID:dgSG3ToP
ハーメルンのバイオリン弾きのオカリナを召喚。
実力も性格も従者としても申し分ない。ただし持ってくる情報は古い。

391 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/18(日) 20:58:30 ID:O9cp1phz
>>390
七万の軍勢と戦って魔力を使い切って瀕死になってティファの血を貰って延命とな

392 :使い魔はじめました ◆xq/C1v8U32 :2008/05/18(日) 21:07:23 ID:kGEO0wMn
こんばんは、今から投下をはじめさせてもらってよろしいでしょうか?

393 :使い魔はじめました ◆xq/C1v8U32 :2008/05/18(日) 21:09:39 ID:kGEO0wMn
始めさせていただきます
  
使い魔はじめました―第七話―

「あ、サララさん!」
厨房の入り口で、シエスタが声をかけてきた
配膳を手伝いにきた、と告げると同時に、
くぅ、と可愛らしくサララのお腹が鳴った
「あらあら。先にお昼にしましょうか。
 デザートを配るまでは、まだ少し時間がありますよ」
シエスタの言葉に従って、先に昼食を取らせてもらうことにする
その前に、と辺りをきょろきょろと見回した
「ボクならここだよー」
いつの間にか足元に擦り寄っていたチョコが、にゃあ、と声を上げる
「ゴハンなら、ちゃんとお腹いっぱい食べたよ。
 ルイズは、まだ食堂にいるみたい」
そう告げた後で、チョコはちらちらとサララを見る
どうしたの、と尋ねると何か言いたげにしていたが、
ふるふると頭を横に振ると笑って返事をする
「うーん……何でもないよ。ただ、サララはいつも元気だなって思っただけ」
おかしなことを言うなぁ、とサララはチョコの頭を撫でてやる
「ホントに……元気で、すごいなぁ」
チョコがそう呟いたのは、サララには聞こえなかった
昼食と手伝いが終わったらルイズと合流すると言って、厨房に入る

朝と同じ絶品の賄いのシチューと余りものらしいまだ肉のついた骨をいただく
随分と品質の良い肉なので、さすが上流階級に出すものだ、と関心する
空になった食器をシエスタに返した後で、配膳の手伝いを始める
左手に銀のトレイを持ち、右手のはさみでケーキをつまみ、一つずつ貴族に配っていく
金色の巻き髪にフリルのついたシャツを着た気障なメイジがいた
薔薇をシャツのポケットに挿しているのを見て、
まるでブラム伯爵様のようだ、とサララは思った
と、彼のポケットから、キラキラと輝く小瓶が転がり落ちる
足元まで転がってきたので、サララはテーブルにトレイを置いて拾い上げる
紫色の美しい液体がチャプチャプと瓶の中で揺れている
ほんのりと良い香がしてくるから、多分香水なのだろうと判断する
落とし主の少年は、と見回せば同年代の少年達に囲まれている
「なあ、ギーシュ! お前、今は誰と付き合ってるんだよ!」
「誰が恋人なんだ? ギーシュ!」
気障なメイジはギーシュというらしく、彼はすっと唇の前に指を立てた
「つきあう? 僕にそのような特定の女性はいないのだ
 薔薇は多くの女性を楽しませるために咲くのだからね!」
その名前と顔を頭に叩き込んだ後で、サララはその場を一旦離れることにした
少年達の体格はよく、背の低いサララは近づきにくいし、
配膳の手伝いもまだ途中である
後で渡した方がよさそうだ、と判断して配膳を続けた


394 :使い魔はじめました ◆xq/C1v8U32 :2008/05/18(日) 21:11:56 ID:kGEO0wMn
配膳を終えて、空になったトレイを厨房に返した後で、
さて、先程の少年は、と探してみれば一人の少女と歓談しているところだった
彼の下へ歩みよると、落し物です、と声をかけた
「ん……? 落し物……? ……!」
彼は、サララが手にした小瓶を見て、あからさまに顔色を変える
「こ、これは僕のじゃないよ、き、君は何を言っているんだね?」
「ギーシュ様、どうかなさいましたの?」
「け、ケティ! あ、い、いや、何でも……」
そんな彼の様子を見て、ピンと来た、とでも言うようにサララは表情を変える
それから、何もかも分かってますよ、と声には出さずに微笑んだ
すいません、言葉が足りませんでした、と尋ねなおす
落し物ですが、持ち主をご存知ありませんか、と
「え? ……あ、ああ! 知ってるよ、勿論さ!」
サララが話を合わそうとしているのに気づいて、ギーシュは慌てて取り繕う
では、持ち主の方へ返してあげてください、と
少女からは見えないように小瓶のやりとりをする
小瓶をポケットにしまったギーシュが安堵の表情を見せたのを確認して、
それではこれで……と去ろうとしたサララをケティが引き止める
「ちょっと、あなた。どうして、ギーシュ様に尋ねたの?」
どうやら、平民である彼女が貴族である彼に臆さず話しかけたことを
少女は怪しんでいるようだった
サララは笑顔でそれに答える
自分は、ここへ来たばかりなので他の平民達とはそこまで親しくない
困っていたところに、目を引く姿をした貴族がいたのでつい声をかけた
交友関係も広そうだったのできっと持ち主を知っていると思った……
ギーシュを褒め称える方向で、そんなことをまくし立てていく
連れの男を褒められて嫌な気分になる年頃の少女などそうそうおるまい
「ま……まぁ、そうだったんですね」
一気に流れこんできた情報に押し流されて、少女は一応納得したようだ
「そ、そういうことらしいね。さあケティ、そろそろ午後の授業だろう?」
「あら、本当ですわ! では失礼しますわね、ギーシュ様」
ケティが走り去ったのを見送り、ギーシュがほっと一息つく
「……平民にしては、機転が利くじゃないか」
商売の基本ですから、とニッコリしたまま答える
「商売……?」
その言葉にギーシュが頭に疑問符を浮かべた
「サララ! 何してんのよ!」
ルイズが、サララの姿を見つけ、駆け寄ってきた
「……あぁ、そうか。君はミス・ヴァリエールが召喚した……」
「何よギーシュ。サララに文句でもあるの?」
キッ、と睨みつけられて、大仰に首を振る
「とんでもない! すばらしい平民だよ、彼女は!」
「……すばらしい? ギーシュ、ソレはどういうことかしら?」
「げ、え、あ! モ、モンモランシー!」
金の巻き毛の少女が、腕を組み、彼の後ろに立っていた
「ギーシュ、あなたまさか、そんな小さな子にまで……!」
「モンモランシー、誤解だ」
冷静な態度を装っていたが、額には冷や汗が伝っている
「か、彼女は僕が落とした香水を拾ってくれただけさ!
 君からもらったあの香水を……」
「私が折角あげた香水を落として、拾われるまで気づかなかったのね、ギーシュ?」
「さ、咲き誇る薔薇のような顔を、そのような怒りで歪ませないでくれたまえ。
 僕の『香水』のモンモランシー」
「問答無用ーッ!」
彼女が呪文を唱えると、水が滝のようにざばーっと彼の上に降り注ぐ
「水でもかぶって反省しなさい!」
「あ、ま、待っておくれよ、モンモランシー!」
ヘソを曲げて食堂から出て行く彼女の後を、びしょぬれになった彼が追いかける
その場に残されたルイズとサララは、目の前で繰り広げられた痴話げんかに、
ぽかん、としてしばらく声も出なかった

395 :使い魔はじめました ◆xq/C1v8U32 :2008/05/18(日) 21:12:45 ID:kGEO0wMn
その頃、院長室ではオールド・オスマンが背中を撫でていた
「あいたたた、ミス・ロングビルも下着を覗かれたくらいで、
 あんなに怒らなくてもいいと思うがのう」
そんな時、ガタン、と音を立てて扉が開かれた
「オールド・オスマン! たた、大変です!」
「大変なことなどあるものか。すべては小事じゃ」
「ここ、これを見てください!」
コルベールは、先程まで読んでいた書物を手渡した
「これは、『始祖ブリミルの使い魔たち』ではないか。
 まーた、こんな古臭い文献を読んでおるのかね、
 ミスタ……えーっと、ソンバーユ?」
オスマン氏は首を傾げた
「コルベールです! お忘れですか!」
「そうそう。そんな名前じゃったな。君はどうも早口でいかんよ。
 で、コルベール君。この書物がどうかしたのかね?」
「これも見てください!」
コルベールが、サララの額に刻まれたルーンのスケッチも手渡す
それから、コルベールはオスマン氏に泡を飛ばして説明をした
春の使い魔召喚の儀式の際に、ルイズが魔法の使えない
メイジの女性商人と、あと猫と鍋を呼び出してしまったこと
ルイズが、彼女と『契約』した証明として現れたルーンが気になったこと
それを調べていたら……
「始祖ブリミルの使い魔、『ミョズニトニルン』に行き着いた、と
 そして、彼女が『ミョズニトニルン』であると、結論づけたわけじゃな?」
「そうです! 至急王宮に指示を仰ぎましょう!」
「いや、それには及ばんよ。まだ、本当に『ミョズニトニルン』じゃという
 明確な証拠もない。しばらくは、様子を見た方がいいじゃろうて」
「でも、伝説なのですよ!」
「だからじゃよ、コルベール君。もし本当に『伝説』の力なんちゅーもんが
 存在したら、それは王室のボンクラ共には渡せん。
 奴らは、その力を使って戦争を始めるかもしれんからのう。
 この件は他言無用じゃ、ミスタ・コルベール」
「はい!」
コルベールが深くおじぎをした所で、オスマン氏が尋ねる
「ところで、その……おほん、商人とは、えー、どんな女性なのかね?」
「まだ少女のようです。見たところ、10代前半というところでしょうか?」
「何じゃ……つまらんのう」
ちっ、と舌打ちをするオスマン氏
コルベールは心の中で、このスケベジイイ、と呟いた

396 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/18(日) 21:13:34 ID:gYsXjf3b
豪鬼って自力で次元の壁越えられるよね、

ナムカプだと。

それはそれとして支援。

397 :使い魔はじめました ◆xq/C1v8U32 :2008/05/18(日) 21:14:40 ID:kGEO0wMn
以上で投下終了です
弟に「七万の軍勢が消え、後には七万の『すきやき』が残る、というEDではどうか」
と言われました 弟の才能にSHIT

398 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/18(日) 21:17:35 ID:BJdRXzWJ
乙ー。



ササラって……やっぱり自分とギーシュに立ったフラグをペキペキ自分の手で折って、モンモンとのフラグをせっせと立て直してあげるのかなぁ……
幸せになってもらいたい娘なんだけどなぁ。

399 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/18(日) 21:20:09 ID:hKtHtIO7


>「水でもかぶって反省しなさい!」
モンモンがマーキュリーw

400 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/18(日) 21:20:51 ID:cQ9W9Nia
ダンジョンメーカーと林檎の続きまだー?

401 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/18(日) 21:29:58 ID:Cy3iK0An
>『すきやき』エンド

弟マジでスゲエw
本編の感想が一瞬で吹き飛んだぜww

402 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/18(日) 21:31:23 ID:LfiiVZsf
ルイズに匹敵するツンデレだと聞いて灼眼のシャナをまとめ買いして読んだ。
現在6巻。
なんだが、いまいち話に引き込まれない。
変だな、結構いいツンデレのはずなんだが・・・???
どこが引き込まれない要素なんだろう????

403 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/18(日) 21:41:42 ID:XtO6G6jQ
ルイズの方がこわれたデレ方をする時があるからじゃないか

404 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/18(日) 21:44:08 ID:TkX4karQ
>>402
ツンデレっていっても、アニメの中の人の影響が大きいような気がする。
原作のみだとちょっと違うかねえ

405 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/18(日) 21:45:24 ID:WcH3Y90+
荒れるからよそうや

ザブングルから最終回後のラグを召喚
タルブにはアイアンギアーが!
シエスタはコトセットの子孫!
そしてガンダールブ・ファットマンがオデコ姫とギアギアで殴り込み!
掟破りの大活劇!

406 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/18(日) 21:47:27 ID:rUnwo5yE
クリムゾンネイル召喚で、ダブルエレ姉(姐)

407 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/18(日) 21:51:37 ID:/FxS0TO8
使い魔もツンデレでルイズとのダブルツンデレ…

いい!ツンデレキャラ召喚って難しそうだけど面白そうだ!

408 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/18(日) 21:54:13 ID:nGS4hF/q
サンダーバードからパーカーを召喚
元々貴族の従者で技量は問題ないし礼儀正しい。
ペネロープ号もあったらほぼ無敵

まあ金庫破りなんてとんでもない特技もあるが

409 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/18(日) 21:54:42 ID:cf6vQ0hb
>使い魔もツンデレでルイズとのダブルツンデレ…
「魔女ッ子メグちゃん」のノンだな
ツンデレの古典だ

410 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/18(日) 21:55:38 ID:8dUZ3Jua ?2BP(30)
>>407
社長の事かぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!


411 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/18(日) 21:56:04 ID:hKtHtIO7
>>409
最後はルイズと髪をひっぱりあったりなキャットファイトですねわかります

412 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/18(日) 21:59:04 ID:A9C9zQXx
>>405
コトセットってその後ラグとくっついたとか聞いたけど。

413 :MtL:2008/05/18(日) 22:01:57 ID:SdJnw8WO
10分後に投下しますー。

414 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/18(日) 22:02:17 ID:mZn2ijhp
sien

415 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/18(日) 22:02:40 ID:WcH3Y90+
ツンデレの古典はアマテラスオオミカミだと聞いたが…
ガンダ=カリン@B'tX
ミョズ=菊姉ちゃん@リングにかけろ
語る憚=シャイナさん@聖闘士星矢

ツンデレ大決戦w

416 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/18(日) 22:04:47 ID:LfiiVZsf
sienn!

417 :MtL:2008/05/18(日) 22:11:10 ID:SdJnw8WO
マジシャン ザ ルイズ 3章 (32)名誉の道行き

夜陰を縫って空を駆けるは一迅の風。
人も街も眠りについて、時間が凍り付いたように全てが静けさに沈んだ宵の刻。
厚い雲に遮られ、月光も届かぬ闇の淵。
まるで微睡みにたゆとう悪魔の腹の中のようなそこを高速で飛翔する一対の翼。
その背に跨った少女――タバサが口を開いた。
感情の抑揚を抑えた小さな声、対して答えた声は明るく甲高い。
「……南西に十五度修正、減速」
「了解したのね。きゅいきゅい!」
影の中を往く影、それは人語を解する竜、風韻竜シルフィードと、その主人たる騎士タバサであった。

「お姉さまお姉さま」
「………」
「お姉さま、お姉さま」
「………」
「お姉さま、お姉さまったら、おーねーえーさーまーーー!」
声に応えぬタバサに苛立ったのか羽ばたきながら首を器用に左右へと激しく揺らす。
その拍子に飛行進路がわずかにずれ、察したタバサがすかさず手にした杖でシルフィードの頭をぽくりと叩いた。
「きゅいきゅい! 何するのねこのちびすけは!?」
「……発見される」
言ってシルフィードの首を無理矢理左へと傾ける。するとその傾きに合わせてシルフィードの進路が修正された。
そうやって杖を使ってその角度を調整すること幾度目か、シルフィードは元の進路へと戻っていた。
「まったくもう、どうして今日は自由に飛ばせてくれないのね。誇り高い風韻竜のプライドがずたずたなのね」
そうシルフィードがぼやくのも無理はない。
既に一時間以上もシルフィードはこうしてタバサの指示にそって飛行を続けているのだ。
空を舞うように飛ぶ竜種、得に知能の高い韻竜にとっては、飛ぶことを制御されることほど屈辱的なことはない。
だが、どれほどの抗議を受けようと、タバサは己が定めた進路を外れようとはしない。
外れるわけには、いかないのだ。

「だいたい、どうしてまたあんなところに向かってるのね。お姉さまはもうあのいじわる姫との縁は切れたんだから、こんなところに来る必要なんて無いじゃないのさ」
こんなところ……つまり、ガリア王国、そして彼女達が目指す先は
「……行かなくちゃ、いけないから」
王都リュティス、その王が住まう宮殿。
向かうは――グラントロワ。




「駄目じゃ」
瞼を落とし、静かに宣言する古老。
偉大なる白髭のメイジ、トリステイン魔法学院学院長、オールド・オスマンである。

時は二日ほど前に遡る。
トリステイン王国、その一角に威風堂々と存在感を誇示する一つの建物。高度な魔法開発と研究とが行われるトリステインの英知の最高峰、通称アカデミー。
その一室に、書類の山が積み上げられた樫の机に向かって座るオスマンと、その前に立つタバサの姿があった。
「確かに、トリステイン魔法学院は無くなってしまった。だがしかし、それでも君は学院の生徒じゃ。わしは教師として、何より一人の大人として、君を危険な目に合わせるようなことを許すわけにいかん」
このとき、既に魔法学院襲撃から一週間の時間が経過していた。本当なら夏期休暇も終わり、授業が再開される頃合いなのだが、学院校舎そのものが崩壊してしまった今となってはそれも無理な話である。
だが、それでもオスマンやコルベールは教師であったし、このアカデミーにおいても教師で有り続ける姿勢を決して崩していなかった。
「気持ちは分かる。じゃが、それと君のやろうとしていることを容認することとは別じゃ。ここは聞き分けて諦めて貰うほか無い」
オスマンはそれだけ言うと手元に置かれていた書類に手ずから判を押した。
そして判を押した書類を山となった書類に置くと、ネズミの使い魔モートソグニルが違う山から別の書類を持ってきてオスマンの手元に置いく、オスマンはその書類に判を押す。
あとはその繰り返しである。
そうやってもう話は無いとばかりに仕事を再開するオスマンを、タバサは暫くの間眼鏡越しにじっと見つめていた。

418 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/18(日) 22:12:42 ID:A9C9zQXx
支援

419 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/18(日) 22:12:53 ID:w2JnhedQ
支援します

420 :MtL:2008/05/18(日) 22:16:10 ID:SdJnw8WO

「………」
「………」
「………………」
「………………」
「………………………」
「………………………」
「………………………………………………」
「まだ、何か用かね?」

ついに、根負けしたようにオスマンがため息混じりの吐息を吐いて、正面に立つ少女へ声をかけた。
彼自身も先ほどの自分の発言に含まれた矛盾を理解しているのだ。
そして聡い目の前の女生徒がそのことに気づいていることも、承知の上であった。

「あの子……ルイズは?」

適切的確、百点満点の解答。
討論の授業であったなら褒めるべきその賢さに、オスマンは苦虫を潰した顔になった。
生徒を危険な目に合わせはしない、ではルイズは? あのヴァリエール家の三女はどうだというのだろうか。
彼女は既にウルザが進め、オスマンが協力するアルビオン撃退計画において、要として組み込まれている。
そのことこそが最も危険な役目であるにもかかわらず、だ。
これこそ矛盾と言わず何と言うだろうか。
例え当事者であるルイズ自身がそのことを認めたとしても、自分がそのことを認めてはならない。そんな思いが確かにオスマンの中にもある。
だがそれでも、そこを曲げてでもオスマンは、ルイズが戦場に赴くことを止めることは出来なかった。
もう既にこの世界は、ルイズとウルザという二つの可能性に縋る他無いところにまで来てしまっているのだ。

オスマンはちらりと手元にある書類へと目を落とす。
そこに踊る文字が示しているのはここ暫くの間にゲルマニア内で急増した新種の怪物の出現報告例。勿論機密文書である。
今、ゲルマニアではこれまでハルケギニアのどんな文献にも記録されていない、新種の魔物が次々に現れているのである。
この事実こそ、ハルケギニアが、何かに脅かされているという事実の一つの証左であった。

世界と少女を天秤にかけた苦悩を滲ませて、オスマンは力無く呟いた。
「他に、方法があるのなら、喜んで選んでおるよ……」
しかし、そのオスマンの言葉に、タバサは首を左右へと振った。
「……違う」
「違う?」
「やらなくちゃ、いけないことだから……」
そう、やらなくてはいけないことだから。自分自身が課した役目だから、彼女達は迷わず進むのだ。
空色をしたタバサの瞳に、そんな意志を読み取って、オスマンはそれ以上の言葉を飲み込むのだった。







421 :MtL:2008/05/18(日) 22:20:13 ID:SdJnw8WO
複雑な飛行進路をとって目的地へと到着したタバサとシルフィードは、グラントロワ近くの森へと降り立っていた。
地上へと足をつけたタバサは、直ぐさま肩に提げていた大きく膨らんでいる鞄を地面に置いた。
「わかったわお姉さま! あのいじわる姫に仕返ししちゃうのね! そう言うことならわたしも助太刀するの! 一緒にガツンやっちゃうのね! きゅいきゅい!」
そう言ってやかましく喚き立てるシルフィード。その声に驚いたのか、近くの樹木の枝で休んでいたリスの親子が走って逃げ出していった。
更に騒ぎ立てて森の安眠を妨害しようとするその口に、タバサは鞄の中から一抱えもある何かを取り出しすと、力任せに押し込んだ。
「きゅい!?」
哀れシルフィード、彼女は突然の主人の蛮行に驚きの声を上げた。
ふがふがと何かを喋ろうとするが、タバサがそれを口にぐいぐいと押し込むのでそれも適わない。
そうやって双方じたばたとしていると、突然シルフィードが暴れるのをやめた。
口に押し込まれた『何か』、そこから滴る高級美味なエキス、最高級肉にだけ許されたハイソな肉汁、それがシルフィードの口の中でパッと広がったのである。
訳も分からず、ついぞ食べたことがないような肉塊を咀嚼する。
シルフィードが静かになったことを確認すると、タバサは鞄を掛け直して言った。
「あなたはここまで」
「………ッ!?」
「食べ終わったら、トリステインに戻って」
「!! ………ッ! !  ちょ、ちょっと待つのね」
「全部終わったら、もう一つあげる」
「きゅ………」
シルフィードが上げかけた抗議の声が、ピタリと止まる。
無言でまだ口に入っている肉をむしゃむしゃと味わう、実に美味である。
シルフィードは視線をタバサと空とを行き来させながら暫く考えてみた。

ホーホーとフクロウが五度ほど鳴いた後、シルフィードはしぶしぶといった様子でその翼を開いた。
「わかったのね。これで帰るの、でも戻ったら絶対にお肉貰うのね。嘘ついたらお姉さまの頭をがぶりといくのね」
その言葉にタバサがコクンと頷いたのを確認して、シルフィードは翼を強く空を打ち付けた。
「帰りは全速力で、一直進に……」
「きゅいきゅい、了解なのね!」
シルフィードは軽くそう返すと、再び空の舞人となった。

夜空の闇へと消えゆくシルフィードを眺め、見送るタバサ。
彼女は使い魔の姿が完全に見えなくなったのを確認すると、今度は鞄からコンパスを取り出して歩き始めた。
視界に映るのは黒々と広がる森の陰。
その中を迷い無く確かな足取りで進んでいく、まるで何度も来たことがあるかのように。
いや、事実彼女は何度もこの場所へ足を運んだことがある。
シルフィードの飛行路にしてもそう、全ては念入りに、綿密に調べ上げられた上でのこと。
警戒網をかいくぐり、ガリア王宮の懐に飛び込むための備え。
もしもその日が来たなら、踏みしめることになるだろうと思っていた道を、タバサは今歩いている。
最大の懸念であったシルフィードは、準備してきたもので上手く納得させることができた。あれでも暴れられたなら強引な方法を取らねばならなかった。
どうなるのか自身も分からない今回の道行きに、タバサは彼女を巻き込みたくはなかったのだ。
あるいは、タバサがシルフィードと二度と生きて会うことは無いかもしれない。
だが、彼女はそのことを理解した上で、迷うことなく突き進む。


それが、自分にしか出来ないことだから、自分がやらなくてはならないことだから。


                      聖者の献身と犠牲の上に、血塗られた名誉がある。
                              ――従者の騎士 バッソ・カステルモール

422 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/18(日) 22:23:39 ID:4x3Aj97D
>>412
ブルーゲイルって伊藤の商業2次だと放浪のアウトローやってたな<ラグ
世界を解放した英雄の一人を倒して名を上げようとする奴らとのやりあいに疲れ果てて。
ちなみに連載が打ち切りにならなかったら、ティンプに殺されてたそうな。

423 :MtL:2008/05/18(日) 22:23:59 ID:SdJnw8WO
今回は次回への引きで投下終了です。

長い道のりでしたがついにガリア編まで辿り着きました。。
これも暖かいご支援のおかげです。

それでは、次回もあなたのハートにゴブリンチョップ!

>>82
ルイズがかかっているのはファイレクシア病ではないのですよー。

424 :侍の人:2008/05/18(日) 22:31:30 ID:ITYcDJnS
マジシャン氏GJです。
ついにガリア編まで来ちゃいましたね。
この後投下いいですか。

425 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/18(日) 22:32:15 ID:WcH3Y90+
>>422
ラグが酒浸りとか
ジロンが死んでたりとか
基本、陽気なザブングルの世界に会わん気がして、なぁ…

426 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/18(日) 22:36:43 ID:N+xL0Q0/
アスラン召喚SSおけなのかな?

427 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/18(日) 22:38:36 ID:dYnaTYcU
マジシャンの人、乙
やっぱルイズはファイシス病かな…だとしたら治療法は……

それにしても読んでるとまたマジックやりたくなってきちゃうなぁ
しかしMTGは金喰い虫だから、再び手を出す気にはなれない……実家から昔のデッキでも取ってきて疫病王でも眺めてニヤつくか

428 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/18(日) 22:39:12 ID:F3IAkV/9
>>426
ヅラなら許可するが

429 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/18(日) 22:43:59 ID:Tboed/nE
>>426
ライオンなら俺は喜ぶ

430 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/18(日) 22:46:03 ID:dYnaTYcU
アスランて、ナルニアの?

あれって神様じゃなかったっけ

431 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/18(日) 22:47:06 ID:A9C9zQXx
>>426
外泊届けと思って傭兵契約書にサインしてしまったパイロットが
逝く羽目になった国でもOK。

432 :侍の使い魔:2008/05/18(日) 22:51:53 ID:ITYcDJnS
それでは投下します。
 
ルイズの部屋に現われたアンエリッタは感極まったように
 ひざをつくルイズを抱きしめる。
「ああ、ルイズ、ルイズ、懐かしいルイズ!」
「姫殿下、いけません、こんな下賎な場所におこしになられるなんて・・」
 銀時は最初何が起こったのかわからなかったが
 2人の話に聞き耳を立てるとどうやら2人は幼馴染らしいということがわかった。
 ルイズもかなり偉い貴族の娘と聞いているからトリスティンの姫と幼馴染でも
 おかしくはない。
 2人とも思い出話に花を咲かせている。
 元々姫に興味がない銀時は女の話に男が関わるもんではないと部屋の隅の
 藁のベッドに腰を下ろし壁に背を預けた。
 そのまま寝てしまおうかと思った。
「貴方が羨ましいわ、自由って素敵ね。ルイズ・フランソワーズ」
「なにをおっしゃいます。貴方はお姫様じゃない」
 アンエリッタはルイズに近々結婚することを伝えた。
 ルイズも一応祝福の言葉をだすが、アンエリッタの口調からそれが
 望んだ結婚ではないというのはわかっていた。
 黙って聞いていた銀時はなんとなくアンエリッタが気にいらなかった。
 銀時の周りの女性は強い女ばっかりだった。
 どんなつらい状況でも自分からつらいなどと言う女は一人もいなかった。
 道場の存続のため、遊郭まがいの店に身を売ろうとしていた新八の姉、妙しかり
 自分の命が短いにもかかわらず愛する人から身を引いた沖田の姉、ミツしかりである。
 アンエリッタはいかにも同情がほしいという口調に銀時は少しイラッときた。
 今の状況が嫌なら戦えば良い。
 ルイズですらも魔法が使えないという状況から抜け出そうと必死に戦っているのは
 銀時も良くわかっている。
 だからこそルイズの味方でいようとしているのだ。
 だが目の前のアンエリッタは恐らく戦おうとすらせず同情がほしいらしい。
 −自己憐憫がここまでくるとイライラするな。

433 :侍の使い魔:2008/05/18(日) 22:53:03 ID:ITYcDJnS
 そんな風に自分を見ている銀時にアンエリッタは気づく。
「あら、ごめんなさい。もしかしてお邪魔だったかしら」
「お邪魔?どうして?」
「だって、そこの彼、貴方の恋人なんでしょう、いやだわ「ちょと待てぃ!!」
 アンエリッタの言葉をさえぎり大声が上がったのにルイズとアンエリッタは
 驚いた。
「このピンクの凶暴な生き物と俺が恋人だぁ!!冗談も休み休み言えよ。
 姫さんよぅ」
 銀時はアンエリッタを見て凄む。
 アンエリッタは呆然としていた。
 今まで自分にこんな無礼な口をきいた人間は初めてだった。
「ちょっとあんた姫になんて口を・・その前にピンクの凶暴な生き物って
 誰のことだぁぁ!!」
「どう見てもお前のことだろう、クギミー目、ヒンニュー科、ツンデレー種のルイズさんよぉ」
「そんな生き物いるかぁぁ!!あんたなんかスギタ目、テンパー科、ダメニンゲン種のギントキじゃない」
「ルイズ・・?」
 アンエリッタはルイズの豹変振りにも驚いた。
「え・・いやー!!違うんです、全部こいつのせいなんです。こいつが悪いんです」
 姫の前でとんでもないところを見せてしまったルイズは大慌てで取り繕うとする。
「っていうか、こっちのほうが素だろ、どう考えても・・」
「もうあんたはしゃべるな!!」
「クスクス・・」
「姫様?」
 アンエリッタはそんな銀時とルイズの様子を見て笑い出した。
「とても仲がよろしいんですね、2人とも」
「ちがうんです、こいつはただの使い魔なんです」
「使い魔?」
 アンエリッタは再度銀時をみた。
「どう見ても人にしか見えませんが?」
「一応人です、姫様」
 −一応ってなんだよ、一応って
 心の中で銀時は毒づく。
「そうよね。はぁ、ルイズ・フランソワーズ、あなたって昔からどこか変わっていたけれど
 あいかわらずね」
「好きであれを使い魔にしたわけではありません」
「あれって言うな!!って言うか俺も好きで使い魔やってるわけじゃないからね」
「もういいからしゃべるな」
 そんなやり取りの後にアンエリッタはため息をつく。
 なにやらアンエリッタには悩みがあるらしい。
 しかし銀時はそのため息にわざとらしさを感じた。
 ルイズはアンエリッタの悩みを聞こうとしている。
 銀時は嫌な予感がした。
 このパターンからいくと又なんかに巻き込まれる前振りだと気づいたからだ。
 アンエリッタはなんでも無いと言っていたが結局ルイズの説得で話すことになった。
 −この女最初から話す気だったんじゃねえか、話す気がなかったんならため息なんかつくなよ。
 無意識でやってるとしたらなおさらたちが悪い。
「席をはずそうか」
 銀時の言葉にアンエリッタは首を振る。
「いや、メイジにとって使い魔は一心同体、席をはずす理由はありません」
「チッ」
 銀時は舌打ちをした。
 うまく逃げようとしたが、これで巻き込まれること決定らしい。
 −空気読めよな、姫さんよ。

434 :侍の使い魔:2008/05/18(日) 22:56:26 ID:ITYcDJnS
アンエリッタの話を聞くと、アンエリッタは近々ゲルマニアの皇帝の元に嫁ぐという。
 それは今内戦中のアルビオンのレコンキスタに対抗するためにもどうしても必要だという。
 そのためレコンキスタはその婚姻を妨げる材料を血眼で探しているらしい。
 そしてその材料とやらがあるらしい。
「おお、始祖ブリミル・・この不幸な姫をお救いください・・」
 銀時はルイズとアンエリッタの演技のような掛け合いにますますイライラした。
 −貴族って奴はいちいちこういう喋り方しないと話せないのか。
 −っていうか姫もどこまで自分をかわいそうだと思えば気が済むんだ。
 −良いから早く本題に入れ!!
 その後、銀時が根気よく2人の話を聞いていくと
 その材料とやらはアルビオンのウェールズ皇太子がもっている手紙らしい。
 話を聞いて銀時はピンときた。
 ようはアンエリッタは自分達に自分の色恋沙汰の尻拭いをやれということらしい。
 強制するようなことは言ってないが、ここまで聞いて
『それは大変だな、まあがんばれや』と言えるだろうか。
 銀時だったら言うかもしれないが、ルイズの性格を考えると
 100%無い。
 案の定、ルイズはアルビオンに行くと言い出した。
 銀時はため息をつく。
 −この姫さん、わかっててやってるのか。あんな言い方だとルイズの性格考えれば行くって言うに決まってる
 ルイズとアンエリッタは又芝居じみた掛け合いをしながら友情を確認しあっている。
 それはまるで自分達自身に酔っている様だった
 銀時はそれになに白々しいものを感じながら、冷めた目で問うた。
「ああ、ちょっと良いか」
「あによ」
「そのアルビオンって俺も行くんだろう」
「当たり前じゃない」
 銀時はうんざりした声で言った。
「俺もいろいろ忙しいんだけど」
「あんたいつも暇そうにしてるじゃない」
「俺は仮○ライダーとかやらないといけないし、結構忙しいの
 お前だってガ○ダムとハ○テが終わったとはいえ、第2期で出番があるかもしれないし
 今期は主役のやつだってあるんだろう」
「ちょっとう!!!そのネタはいい加減に自重しなさいよ!!!!」
「日○君によろしく言っといてくれ」
「だからぁぁ!!」
「あのさっきから何を?」
「いえ、姫様には関係ないことです」
 銀時は正直アルビオンへは行きたくなかった。
 しかし、ルイズが行くと言う以上、ついていかざる得ない。
 それが銀時にとっての武士道だからだ。
 −やれやれ、俺はどの世界でもピンク色の髪をした女の子の面倒みる星の下にでもいるのかね。
 ルイズは友情のためだと思っっているが、銀時はとてもこれが友情だとは思えなかった。
 友情というのは対等な関係で初めて成り立つ物だ。
 銀時の親友、桂小太郎も良く銀時に助けを求めたり、仲間になれといってきたりするが
 あくまで対等な関係においてである。
 万事屋としてお願いするときは報酬も払うし、飯をおごってもらったりもする。
 そして、必ず銀時と共に戦う。
 しかし、今回は命がけの任務のわりに報酬もない上にこの姫は何のリスクも背負わないらしい。
 こんな一方的な友情があるのだろうか。

435 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/18(日) 22:58:40 ID:A9C9zQXx
なにげに銀さんの過去ってヘビィなんだよな。
支援

436 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/18(日) 22:58:49 ID:wDOgOMAM
支援

437 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/18(日) 23:00:36 ID:4x3Aj97D
>>428
ヅラじゃない、桂だ! 支援

438 :侍の使い魔:2008/05/18(日) 23:01:05 ID:ITYcDJnS
ルイズは早朝にでも出発するという。
 朝早いと聞いて銀時は、藁のベッドで寝ようとしていた。
「あの、頼もしい使い魔さん」
「ん・・」
 アンエリッタの言葉にめんどくさそうに返事をする銀時
「私の大切な友達を、これからもよろしくお願いします」
 アンエリッタはそっと左手を差し出した。
 銀時は心底めんどくさそうな顔で頭を掻く。
「じゃあ、あんたが行けよ、姫さん」
「え!?」
 もうこれにはアンエリッタは絶句するしかなかった。
 ここまで自分に対して無礼な態度をとったのは銀時が初めてだったからだ。
「姫さん、実はセ○バーの英霊(サーヴァント)で宝具にエクス○リバーが
 使えるとかって特技ない。それだったら姫さんが行ったほうが・・・」
 ルイズはワナワナ震えている。
「あんた姫様になんて口を・・そしてそのネタはいい加減自重しなさいって行ったでしょう!!」
 ルイズの怒りが頂点に達しようとしたとき突然ドアが開いた。
「きさまー!!恐れ多くも姫殿下に、なんて無礼なー!!」
 入ってきたのはギーシュだった。
 ギーシュは銀時に飛びかかろうとするが銀時はすでに『洞爺湖』を
 かまえギーシュに向けて振った。
「ぐええ!!」
 ギーシュは部屋の隅まで吹っ飛んだ。
「ああ、何かさっきからドアの向こうで覗いている奴がいるなとは思っていたけどよ」
「ちょっとこいつ盗み聴きしてたの、ギントキも気づいてたらなんで言わなかったのよ」
「めんどかったから」
「あんたねー」
「うぐぐ・・」
 倒れたギーシュが立ち上がろうとする。
 銀時はその顔を見て
「ところでお前誰だ?」
「何ぃー!!」
「あんた本気で行ってるの」
 銀時の言葉にギーシュとルイズは驚きの声を上げる。
「どっかで見たことあるなぁとは思うんだけどよ」
「僕だよ、ギーシュだよ、ギーシュ・ド・グラモン。ほら決闘しただろう」
「ん?ショーユ・デ・グラタン?何か不味そうな名前だな」
「違ぁーう!!ギーシュ・ド・グラモンだ」
「ああ、大島君ね、久しぶり、ところでペットのポチは元気にしてる」
「原形すらとどめてねーだろう、誰だよ大島君って」
 やいのやいの騒ぐギントキ達にアンエリッタは完全に置き去りにされている。
 ここまで無視されたのも初めてだった。
 死んだ魚のような目をしたルイズの使い魔は、マイペースの上相手のペースを
 崩すのが得意らしい。
 そしてルイズもだんだんその影響を受けているようだった。
 この後ギーシュも姫に懇願し、ルイズについていくことになった。
 さらにめんどくさいことになったと銀時はため息をついた。
 −どいつもこいつも一時のテンションに身をまかせやがって

439 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2008/05/18(日) 23:07:17 ID:D1jyuG2U
支援砲撃

440 :侍の使い魔:2008/05/18(日) 23:08:17 ID:ITYcDJnS
一応ここで投下終了です。
銀時の性格から考えてアンアンの事は好きになれなさそう。
次回はあのヒゲと接触。
サブタイトル随時絶賛募集中。

441 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/18(日) 23:09:56 ID:ewDJ+lzr
乙ー

幻想水滸伝から紋章召還してくれー!ルイズー!

442 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/18(日) 23:11:49 ID:x0oYLdp+
乙です

ところで
>侍の使い魔-2
>「げっ!!マジでか」
> ルイズの部屋から空に浮かぶ2つの月を見て銀時は自分が異世界に来た事を自覚した。
> ―なんちゃって幕末SFものから今度は異世界ファンタジーものですか。

これ、銀魂世界だと他の星に連れてこられたって認識しませんか?
メイジは超能力か超技術を使う天人って認識で。

443 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/18(日) 23:13:13 ID:IDdxRHEt
題案
「お前が親友だと思っても、相手もそう思ってるとは限らない。」

444 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/18(日) 23:14:38 ID:kpF8fQ/m
ヅラが許可されたら違うヅラが来た
何をry


445 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/18(日) 23:16:33 ID:wDOgOMAM
「悪いことをしてる奴に限って自分が悪い事をしてるとは思わない」とかはどうでせうか?

446 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/18(日) 23:18:16 ID:Deha6ZZ5
侍の人、乙です

>銀時の性格から考えてアンアンの事は好きになれなさそう

ですよね〜
原作だと銀さんの周りは芯を持った強い女性が多かったから、アンリエッタの印象が悪くなるのは当前かな
逆にタバサとは相性よさげな気がしますね
理由はどうであれタバサは強い意志をもって自分の身一つで行動してますし


447 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/18(日) 23:19:42 ID:bMEctnax
題案
「偉い人は常識とか足なんて飾りだとかがわかってない」

448 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/18(日) 23:21:35 ID:vFRRlGz2
銀魂の人乙です。

ほんとアンアンはdでもねー馬鹿ビッチ姫だわ・・・
一発誰かにぶん殴られた方がいいんじゃないか?

449 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/18(日) 23:22:01 ID:wsGZ+DHq
侍の人、Mの人、乙です

ヅラ議長の御子息なら姉妹スレではないか?

450 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/18(日) 23:34:42 ID:uZJBsa+g
まあ、自分も共に行動しても十中八九ろくでもないことをやらかすのがアンアンなんだけどね

451 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/18(日) 23:39:48 ID:lmIVdDHm
そもそも女に政治を任せようと考える国民が馬鹿なんだからしょうがない
ていうか親が悪い
女しか生まれなかったならさっさと婿もらうか嫁にいかさんでどうする
王族の女は次世代の王を産むのが仕事なんだから政治なんか知らないほうがいいのが普通でしょ
半端に政治知って口出してきたらめんどくさいことになるから

452 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/18(日) 23:40:33 ID:F21+pyhU
お前ここ初めてか? 力抜けよ

453 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/18(日) 23:40:56 ID:F3yU6zE3
乙です。更新これからも頑張ってください、楽しみにさせて頂いてます。

題案「情けは人の為ならずというが自分の為になった例しもない」

454 :侍の人:2008/05/18(日) 23:45:40 ID:ITYcDJnS
>>442
あくまでジャンプの主人公の銀時としてのネタです。
実際その考えも頭にありましたが、銀魂らしくするならこっちのほうと思いました。
不自然に感じたなら申し訳ありません。

455 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/18(日) 23:48:45 ID:A9C9zQXx
題案
「女の趣味に口を出すのもなんだと思うが他人がどう思うか考えた方が良いぞ。」

長すぎるな。

456 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/18(日) 23:50:39 ID:lmIVdDHm
イケメンのときの銀さんなら他人がどう思おうが関係ねえとかいうだろうな

457 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/18(日) 23:51:09 ID:YR6Sffhv
そもそも、姫様は女王になるための教育を受けていたのだろうか。
蝶よ花よと育てられ、世の汚いところを見る事無く婚姻を結んで終わり、の予定だったのではないだろうか。

458 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/18(日) 23:54:17 ID:lmIVdDHm
まあ中世の王制の常識とかのことはノボルが死んじゃうから

459 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/19(月) 00:00:06 ID:PgAnV764
うーん、ゼロ魔本編でも無能な働き者を地で行ってるからな

460 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/19(月) 00:01:40 ID:4x3Aj97D
自国の王族が女性の場合は、旦那さんは女王の夫というだけで実権は女王が握る…のはイギリスだけだっけ?
ヨーロッパの王族はほとんどが親戚筋だから他国から婿を迎えても、その国との関係にあんまり影響がなかったり
するんだよな。もともと身内同士で喧嘩してるだけだから。

461 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/19(月) 00:09:00 ID:QciM3bgz
女王でも命令を出すだけならいいんだよ
重要なのは命令を考える人なんだから
問題は何で何の勉強もしてない女に命令を考えさせるのか
その女が考えた精一杯の命令をなんで誰も添削とかしないのか
なんでそのまま伝えちゃうのか

アンアンが馬鹿っていうかあの国全部馬鹿じゃね

462 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/19(月) 00:09:08 ID:qSYPYecH
ヨーロッパは家族みたいなもんだからな
日本の東北だって伊達家中心にみんな家族みたいなもんだったぞ
もめごとはいっぱいあったけどな

そういやこのスレってそろそろ一周年か
何月何日だっけ?1スレ目がたった日?

463 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/19(月) 00:10:29 ID:Bn9gos+f
鳥の骨の胃に穴が開く日は近いな

464 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/19(月) 00:10:31 ID:D5Vsb09T
>>427
ttp://yutori.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1211108550/
どうかね?

465 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/19(月) 00:11:37 ID:CUigyLbl
ブルースワット呼ぼうぜ

466 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/19(月) 00:18:02 ID:SvIMpjWL
アンアンのビッチ議論は定期的にループするな・・・

467 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/19(月) 00:19:52 ID:R9wO3WDb
ゲルマニアに憚れる四人目の伝説が
居たりするのだろうか

魔法無効化能力持ちの使い魔とかだったら
やばすぎて記録に残せないよな

468 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/19(月) 00:20:09 ID:XYqWso1V
>>451
謝れ、サッチャーに謝れ!

469 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/19(月) 00:20:45 ID:PW88gNIn
アン王女ビッチネタはここ最近粘着している奴がいるような気がする。

470 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/19(月) 00:21:05 ID:jJ0vzT+T
>>467
上条さんのことですね

471 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/19(月) 00:32:35 ID:sMyXHQcu
>>465
第一話で学院長がのとっられて学院が壊滅するんですね、わかります

472 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/19(月) 00:44:09 ID:HrPXp/on
ヤーパン忍法、火炎車!

473 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/19(月) 00:45:19 ID:jjsDySRi
キンタロスとゴールドプラチナムを召喚しよう
同じ声の金金コンビだ

474 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/19(月) 00:58:09 ID:2yTuTphQ
あれ?両方てらそまだったけ?

475 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/19(月) 01:13:54 ID:vvY6FKTU
>>474
そう

476 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/19(月) 01:23:32 ID:+iaeKSD8
>>473
せっかくだからシャドームーンも入れよう

477 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/19(月) 01:30:41 ID:/d0RZw/M
>>476
そうなると、金・白金・銀トリオ結成か?

478 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/19(月) 01:32:19 ID:OdC7pFMl
ゲームボーイ、Sa・Ga2から『ちちおや』召喚。

召喚した日の夜に窓から逃走。

全ての虚無グッズを集めたガリア王が「謀ったな 大佐ー!!」→自爆

479 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/19(月) 01:35:55 ID:BDRjdzl9
ジョゼフはもうスイフリー呼べよ

480 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/19(月) 01:39:43 ID:q14eOmE1
>>441
あの世界観も『異界』の存在を認めてるからなぁ。
とりあえず召喚されるのが真の紋章だと、著しくパワーバランス崩壊しそうだ。


ヴァルキリープロファイルからレザード、
ニコニコ動画からいさじ兄さん、
VOCALOIDシリーズ、
( ^ω^)とかやる夫召喚も、ネタとしてはイイな・・・

いかん、書けないのに妄想がkskしてきた

481 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/19(月) 01:42:35 ID:wH+LX4Kv
ニコ厨Sine(シャイン)

482 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/19(月) 01:43:41 ID:jjsDySRi
スイフリーをwikiってみたが、なかなか面白そうなキャラだな
そのぶん再現難易度も格段に高そうだが

483 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/19(月) 01:45:32 ID:wH+LX4Kv
あ…間違えた。

   ||
 ∧||∧
(  ⌒ ヽ
 ∪  ノ
  ∪∪

484 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/19(月) 01:47:19 ID:gMAWb967
バトルホッパー呼ぼうぜ。

もちろん敵地から下着一つでバトルホッパーに乗って逃走するシーンもあるよ。


485 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/19(月) 01:49:55 ID:+l197pQT
召喚したやつが時空を移動できるとかで自力帰還が可能。
呼び出す連中ことごとくがそういう連中で、使い魔にしようとしたらふざけるなと殴られとっとと帰ってしまう。
そんなことを延々と繰り返して最後にサイトを呼び、ちょっとだけ使い魔に優しくなるルイズ・・・
というネタを思いついたが、自力帰還が可能な連中をそんなに知らんので書けねえや。

486 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/19(月) 01:50:25 ID:jjsDySRi
>もちろん敵地から下着一つでバトルホッパーに乗って逃走するシーンもあるよ。
こんな夜中に笑わすな、近所迷惑で怒られるだろうが

487 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/19(月) 01:58:43 ID:WxkHCtI1
自力帰還……足洗屋敷からバロネス=オルツィーとか?
あいつ自身が精霊召還の使い手で、シルキー召還すればシルキーのタンスが時計館のタンスと繋がってるから帰れるし。
というかみなぎ得一作品からってないよね。


488 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/19(月) 02:04:57 ID:q14eOmE1
>>485
デュエルセイヴァーからミュリエル・シアフィールド(アイスバーグ)
確か原作のDSでも自力で世界を渡ってたはず。

489 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/19(月) 02:16:59 ID:UdjFNcHy
>>485
山本一発。
ランスの世界に迷い込んだ娘(さっちゃん)を迎えに来てた。

ただし、一発がルイズに呼ばれると、早晩学院の女性はみな一発の愛人になってしまいそうだが。

490 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/19(月) 02:19:33 ID:jjsDySRi
>>485
プレインズウォーカー連中とかランドルフ・カーターとか

あと『ジャンパー』のデイヴィッドもいけるか……?
脳裡に鮮明に描けるなら距離関係なしにテレポートできるから、もしかしたら次元すら超えるかも

491 :ベルセルク・ゼロ:2008/05/19(月) 02:21:45 ID:zOGANGrf
五分後くらいから投下始めます。
人いるかな?

492 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/19(月) 02:22:35 ID:UdjFNcHy
>>485
罪を許された後のリアン・フレムデなら楽勝で帰っていきそうだ。
問題は一緒にいるであろうディンがエルフだ(ホントは違うけど)ということだが。

493 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/19(月) 02:23:04 ID:+l197pQT
ランドルフ・カーターくらいしか知らねえや・・・
あとはあの時計を持ってるクロウくらいか。

494 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/19(月) 02:25:54 ID:fYoCZXRq
かもーん

495 :ベルセルク・ゼロ16:2008/05/19(月) 02:25:58 ID:zOGANGrf
 部屋に入ってきたアンリエッタは感激に身を震わせ、ルイズの体をぎゅっと抱きしめた。
「あぁ! ルイズ!! ルイズ・フランソワーズ!! 懐かしいわ! 本当に久しぶり!!」
「ひ、姫殿下ッ!? いけません、こんな下賎な所にお一人で参られるなど…!」
「ルイズ・フランソワーズ! そんな他人行儀な口の利き方はやめてちょうだい! わたくしたちは友達でしょう!?」
 ルイズの言葉にアンリエッタはいやいやと首を振る。ルイズはひとつため息をついてからはにかみ、幾分くだけた口調でアンリエッタと語り始めた。
 そんな二人の様子をガッツとパックは呆気に取られた様子で見つめていた。昼間、学院を粛々と訪問した姫と同一人物とは思えない。どうやらこの姫殿下、昼間の態度は余所行きで、こちらが地のようだった。
(姫……ね)
 ルイズと手を取り合ってはしゃぐアンリエッタの様子に、ガッツはかつてその身をよせていたミッドランド王国の王女、シャルロットを思い出していた。彼女もまた、自らの手で当時反逆者として追われていた自分たちを城内に招き入れるなど、相当に活発な面を見せていた。
 やはり一国の王女ともなるとそのバイタリティは並ではないらしい。
 すっかり打ち解けた様子の二人は幼少の頃の思い出話に花を咲かせている。
 二人の会話からすると、ルイズはともかく、アンリエッタも幼少の頃は相当なお転婆であるらしかった。
 曰く、ルイズは幼少の頃アンリエッタの髪の毛を引きずりまわして泣かせたらしい。
 曰く、アンリエッタはルイズとドレスを奪い合い、拳でこれを勝ち取った。
 貴族の、それも王族である者にあるまじき下品な行為のように思われるが、ルイズとアンリエッタは懐かしげに、ともすれば誇らしげにそれらの思い出を語り合う。
「あぁ本当に懐かしい。懐かしくて涙まで出てきてしまったわ。あの頃は本当に自由で、毎日が楽しかった……出来るなら、いつまでも子供のままでいたかったわ」
 目尻に浮かんだ涙をそっと拭って、アンリエッタは呟いた。その響きにはどこか悲しみが混じっている。
「どうしてこの世には時間を戻す魔法がないのかしらね……」
「姫様……」
「結婚するの、わたくし」
 あまりにも悲しげな微笑み。無理やりに作られた笑顔をアンリエッタは浮かべていた。
 おそらくは望まぬ結婚なのだろう。彼女はトリステイン王国の第一皇女だ。その事情は容易に伺い知れた。
「おめでとう……ございます」
 それでも、ルイズはそう言うしかなかった。他に言うべき言葉が見つからなかったから。
「愛するものと結ばれるのが女の幸せよ。あなたも色々大変でしょうけど、頑張ってね。わたくし、応援しちゃうわ」
「はい?」
 突然のアンリエッタの言葉にルイズは目を丸くする。
「後ろの逞しい彼、恋人なのでしょう?」
 アンリエッタはいたずらっぽく微笑んだ。
 ルイズの顔は一気に赤くなった。
「ち、ちが、ちがいます!! 姫様、あれは私の使い魔です! こ、恋人とか、そんな、そんなんじゃないですよ!! 何言ってるんですか!!」
「使い魔? 使い魔はそこのかわいい妖精さんではないのですか?」
 アンリエッタの細い指がパックを指差す。パックは心外な! と頬を膨らませた。
「あやや、あれも使い魔です! どっちも忠実なる私の僕に過ぎませんわ!!」
「使い魔を二種、しかも片方は人間……? すごいわねルイズ。王宮に仕えるスクウェアメイジにもそんな人はいないわ。あなたは昔からどこか変わっていたけれど、相変わらずなのね」
 アンリエッタは感心した様子でガッツとパックを交互に見回した。
 ルイズはアンリエッタに褒められて、得意気に慎ましい胸を張る。
「黙って聞いてればこの小娘いけしゃあしゃあとぬかしおって!! エルフ次元流の錆びにしてくれる!!」
「ええ〜い! 姫様の御前なのよ!? 控えなさい栗頭!!」
 パックがぶんぶんと振り回す毬栗をルイズは杖で受け流す。そんな二人の様子にアンリエッタは口を押さえてくつくつと笑った。
 しかし、少しするとやはりその表情に影が落ち、アンリエッタは再びため息をついた。


496 :ベルセルク・ゼロ16:2008/05/19(月) 02:28:20 ID:zOGANGrf
「……どうなさったのですか? 姫様」
「…いえ、いいえ。何でもありません。あなたに話せるようなことじゃないの。忘れてちょうだい」
「姫様……」
 ルイズはアンリエッタの両手を包み込むように握りしめた。
「私たち、お友達でしょう?」
 ルイズがそう言うと、アンリエッタは嬉しそうに微笑んだ。
「わたくしをお友達と呼んでくれるのね、ルイズ。とても嬉しいわ……」
 アンリエッタは俯き、やがて決心したように語り始めた。
 アルビオンの貴族が反乱を起こし、今にも王室が倒れそうなこと。
 反乱軍はアルビオンの次にこのトリステインに侵攻してくるであろうということ。
 それに対抗するために、トリステインは帝政ゲルマニアと同盟を結ぶことになったこと。
 そしてそのために―――自身がゲルマニア皇帝に嫁ぐことになったこと。
「ゲルマニアですって!? あんな成り上がりの野蛮な国に!!」
「いいのよルイズ。好きな相手と結婚するなんて、物心ついたときからあきらめているわ」
 アンリエッタを本当に悩ましているのはそこではない。本題はここからだった。
 当然、アルビオンの反乱軍はトリステインとゲルマニアの同盟を望まない。二国間の同盟を出来る限り妨害してくるのは目に見えている。
「反乱軍はわたくしと皇帝の婚姻の妨げになるものを血眼になって探しています」
「妨げになるもの……そんなものが?」
 俯き、唇を噛むアンリエッタの様子を見れば容易に想像がつく。
 ―――あるのだ。
「おお…始祖ブリミルよ。この不幸な姫をお救いください……」
 話し終えたアンリエッタは顔を両手で覆うと床に崩れ落ちた。パックはぎょっとしてそんな姫を見つめる。あまりにも大げさすぎやしないだろうか。
「姫様! 教えて! 婚姻を妨げるものって、一体何なのですか!?」
 ルイズもアンリエッタに引っ張られたのだろうか、興奮した様子で捲くし立てる。アンリエッタは苦しそうに呟いた。
「それは……手紙なのです」
「「手紙?」」
 ルイズとパックの声が重なる。アンリエッタは続けた。
「ええ。その手紙が反乱軍の貴族に渡ったら、彼らは喜び勇んでゲルマニア皇帝に届けるでしょう。そうなればきっと同盟は反故…! あぁ…トリステインはただ一国で反乱軍に立ち向かわなければならなくなってしまうのです!!」
 ルイズはごくりと唾を飲む。パックはがじりとスルメを齧った。完全に観客気分だ。
「一体その手紙はどこにあるのですか!? トリステインに危機をもたらす、その手紙は!!」
「手紙は、アルビオンで戦いを繰り広げているウェールズ皇太子の元に……!」
 ガッツの眉がピクリと上がる。ルイズは大げさに両腕を開いて言った。
「プリンス・オブ・ウェールズ? あの凛々しき王子様が?」
 アンリエッタはのけぞると、ベッドに体を横たえた。
「ウェールズ皇太子は遅かれ早かれ反乱軍に捕らえられてしまうでしょう…! そうすれば、あの手紙が明るみに出るのも時間の問題!! そうなったらもう、トリステインは……!! 負けることはなくとも、大きな犠牲を払うことになってしまう!!」
 ルイズの顔が蒼白になった。口の中はからからに乾いてしまっている。潤すように、またごくりと唾を飲む。
 ルイズの胸にはひとつの決意があった。

497 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/19(月) 02:28:27 ID:wH+LX4Kv
ベルセルクキタ!!!!!111!!

498 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/19(月) 02:30:10 ID:UdjFNcHy
支援中。

499 :ベルセルク・ゼロ16:2008/05/19(月) 02:30:11 ID:zOGANGrf
「姫様、私が……」
「駄目、駄目よルイズ! わたくしがやはりどうかしていたのだわ!! こんなことをあなたに話してもどうにもなりはしないのに!! 忘れてちょうだいルイズ・フランソワーズ!」
「何をおっしゃいますか姫様!! 『土くれ』のフーケを捕まえた私たちの力をお信じください!! それに、姫様のためならば例え地獄の炎の中だろうが、竜のアギトの中だろうが―――!!」
 ルイズは強い瞳でアンリエッタを見据え、自身の胸に右手を当てた。
「このヴァリエール公爵家の三女、ルイズ・フランソワーズ! 飛び込む『覚悟』は出来ておりますわ!!」
 ドォ〜〜〜ン! 
 パックが太鼓を打ち鳴らし、ルイズの宣誓に花を添える。
 アンリエッタは感激でぽろぽろ涙を流し始めた。
「ああ、私はまことに良い友人を持ちました。ルイズ、あなたの友情と忠誠に感謝いたします!!」
「お任せください姫様! この任務、必ずやり遂げてみせます!!」
 ルイズとアンリエッタは固い握手を交わした。パックはうんうんと頷き、二人に拍手を贈る。
「アルビオンに赴きウェールズ皇太子を探して、手紙を取り戻してくればいいのですね?」
「ええ、その通りです。『土くれ』のフーケを捕らえたあなた達なら、きっとこの困難な任務をやり遂げてくれると信じています」
 ルイズとアンリエッタは細かな打ち合わせを始めた。短い打ち合わせではあったが、その中で明日の朝早速出発することを決める。
 それからアンリエッタは壁に背を預け、じっと目を閉じていたガッツに目をむけた。アンリエッタはそのままガッツの方へ歩み寄る。
「頼もしい使い魔さん。これからもわたくしの大事な友達をよろしくお願いしますね」
 そう言って、ガッツにその左手を差し出した。アンリエッタはガッツがその手に口をつけることを許したのだ。
 皇女にその手を許される。トリステインに住まう者にとって、それは大変に光栄なことだといえる。
 だが、ガッツはまったくその場を動こうとしなかった。それどころか、目を開けるそぶりさえ見せない。
 アンリエッタはちょっと戸惑いながらガッツが目を開けるのを待っている。
「ちょっとガッツ!! 失礼でしょう!! 姫様がお手をお許しになられているのよ!!」
 あまりに無礼なガッツの態度にルイズは肩をいからせた。そこに至ってようやくガッツは目を開ける。
 アンリエッタは安心したように息をひとつつくと、再びその手を差し出した。
 ガッツの背が壁から離れ―――ガッツはそのままアンリエッタの傍を通り過ぎた。
 アンリエッタはぽかんとしてガッツの背中を見送る。
 使い魔の不手際は主人の不手際である。ルイズの顔が見る見るうちに紅潮した。
「ガッツ!! 無礼にも程があるわよアンタ!! 姫様を無視するなんて、何て態度なの!?」
 つかつかと部屋のドアに歩み寄るガッツのマントを掴み、ルイズは怒鳴る。
 ガッツはぴたりと足を止め、ルイズの方を振り返った。
 ルイズとガッツの視線が交錯する。
 ガッツが口を開いた。

「お前……何か勘違いしてるんじゃねえか?」

 心臓を、鷲掴みにされたような気がした。


500 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/19(月) 02:30:41 ID:+l197pQT
それはまさに支援だった

501 :ベルセルク・ゼロ16:2008/05/19(月) 02:32:31 ID:zOGANGrf
「え…?」
 咄嗟に言葉が出てこない。
 ガッツの冷たい視線に晒され、背中に汗が噴出すのがわかった。
 ガッツはルイズから視線を切ると、ドアノブに手をかける。

 勘違い? 何よ、何を勘違いしてるっていうのよ。ほら見なさいよ。姫様が呆然としてらっしゃるじゃない。ちょっと、待ちなさいよ。

 ―――待ってよ。

 その全ては言葉にならず、ガッツはノブを回し、ドアを開いた。
「うわ、わわわ!!」
 当然開いたドアに廊下で飛び上がる影がある。
 ギーシュ・ド・グラモンがそこにいた。
 ガッツはギーシュを一瞥すると、そのまま廊下の奥へと消えていった。
 ギーシュは部屋の中にアンリエッタの姿を発見すると、一瞬でその前まで駆け寄り、跪いた。
「姫殿下!! その任務、どうかこのギーシュ・ド・グラモンにお任せください!!」
「ギーシュ!! アンタ盗み聞きしてたの!?」
「失敬な!! たまたま姫殿下の見目麗しい姿を見かけて、ちょっと後をつけて、ドアに耳をつけてたら聞こえてきただけだ!!」
「思いっ切り盗み聞きじゃないの!!」
 ルイズの平手打ちがギーシュの頬に飛ぶ。パチーンといい音がしてギーシュはもんどりうって倒れこんだ。
「あなた、もしかしてグラモン元帥の?」
 倒れたギーシュの顔を覗き込んで、アンリエッタはギーシュに尋ねた。
 ギーシュは慌てて立ち上がり、恭しく一礼した。しかしその頬には綺麗にルイズの手のあとが残っているので締まらない。
「あなたも、わたくしの力になってくれるというの?」
「はい! 姫殿下のためならば、この命さえも石ころのように投げ捨てる覚悟であります!!」
 アンリエッタの顔を真っ直ぐ見ることが出来ず、少し上を向いたまま叫ぶギーシュに、アンリエッタはにっこりと微笑んだ。
「ありがとう。お父様に似て、あなたも勇敢でいらっしゃるのね。ではお願いします。どうかこの不幸な姫をお助けください、ギーシュさん」
「姫殿下が! 僕の名前を呼んでくだされた!!」
 ギーシュは喜びのあまり後ろにのけぞって失神した。その際、床で思いっきり後頭部を強打した。しばらくは目覚めそうもない。
 にやけた顔のままで失神するギーシュを廊下に放り出したルイズは、その間にアンリエッタがウェールズにしたためた手紙を受け取った。
「これをウェールズ皇太子に渡せば、件の手紙をすぐに渡してくれるはずです」
 ルイズは頷くとアンリエッタの手からその手紙を受け取った。
 アンリエッタはチラリとルイズに心配そうな目を向ける。
「ルイズ…大丈夫ですか? ガッツさん…とおっしゃった、あの方は……」
「大丈夫です、姫様。姫様は何も心配なさらないでください。いざとなればあんな奴の力を借りずとも、私だけでやり遂げて見せます」
「そうですか……」
 アンリエッタは右手の薬指から指輪を引き抜くとルイズに手渡した。
「ではせめてこれを……母君から頂いた『水のルビー』です。お守りにしてください。路銀が必要なら、これを売り払って充てても構いません」
 ルイズは恭しくそれを受け取り、アンリエッタに深く一礼した。
「この任務にはトリステインの未来がかかっています。母君の指輪が、アルビオンに吹く猛き風からあなたたちをお守りくださいますように」


502 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/19(月) 02:33:22 ID:jjsDySRi
アンアンどうなるのかしらん支援

503 :ベルセルク・ゼロ16:2008/05/19(月) 02:35:20 ID:zOGANGrf
 月明かりの下でガッツは井戸から汲み上げた水を浴びていた。剣を振って体に染み付いた汗を洗い流す。
 さくっ、と草を踏む音が聞こえる。振り返ると、ルイズが立っていた。
「明日は朝早く出発するわよ。今夜は早めに眠りなさい」
 ルイズは毅然とした様子でガッツに言葉を放つ。そんなルイズの声なぞどこ吹く風とばかりにガッツは再び井戸から汲み上げた水を頭から浴びた。
 ルイズもそんなガッツをじっと見据えている。使い魔の主人として、ここで引く訳にはいかなかった。
「行かねえぞ、俺は」
 短く、一言。
 ルイズは反発する。
「だめよ! アンタは私の使い魔なんだから!! 私の命令には絶対服従なのよ!? 言ったでしょ!?」
 強く、強く言い放つ。しかしその言葉とは裏腹に、ルイズの足は震えていた。
「俺も言ったはずだ」
 ルイズの部屋から持ち出したタオルで髪を拭く。そのタオルをそのまま首にかけ、ガッツは言葉を続けた。

「お前が俺を元の世界に帰す方法を探している限り、使い魔をやってやる、ってな」

 どくん、と心臓が音を立てた。
 そうだ。ガッツは確かに言っていた。ギーシュとの決闘があったあの夜に。

「お姫様の機嫌をとりたきゃ勝手にすりゃいい。だが、俺がそれに付き合う義理はねえ」

 確かにガッツの言うとおりだ。トリステインの危機を救うために戦地に赴く。これは明らかに『ガッツには関わりがない』。
 でも、フーケの時は? あの時、私を励まし、力を貸してくれたのは?
 ルイズは知らない。あの時ガッツが力を貸した動機は、あくまでオスマンとの取引によるものだということを。


 ―――――お前、何か勘違いしてるんじゃねえか?


 理解した。
 あぁ、なんて無様な勘違い。
 呆れるほど滑稽な。

 恥ずかしくて、悔しくて。
 それより、もっとたくさん、悲しくて。

「……えぇ、勝手にするわよ!!!!」

 既にその両足は毅然と立ち続けることなど出来なくて。
 ルイズは踵を返し、走り去った。
 部屋に駆け戻り、ドアを乱暴に閉める。
 汗をかいたせいで、ブラウスがべっとりと肌に張り付いている。
「最…悪……お風呂入ったのに………」
 呟きながら、ボタンを外す。ブラウスを乱暴に脱ぎ捨てると、新しい寝巻きに着替えるためにタンスを開けた。
 綺麗にラッピングされた包みが目に入り、ルイズの手が止まる。
「ふふ……」
 馬鹿馬鹿しくて、笑いすらこみ上げてくる。
 ルイズはゆっくりとその包みを手に取ると、窓からそれを放り投げた。
 どこに落ちていくかなんて見届けない。
 ルイズはすぐに窓を閉じて着替えを済ますと、ベッドに飛び込んだ。
「明日は早いから、寝ちゃわないと………」
 誰にともなく呟いて、目を閉じる。

 ―――閉じた目の隙間から、涙がぽろりと零れ落ちた。


504 :ベルセルク・ゼロ:2008/05/19(月) 02:36:26 ID:zOGANGrf
投下終了。
今回もちょっと短め。申し訳ない。
んじゃ、明日早いからもう寝ます。グンナイ。

505 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/19(月) 02:38:30 ID:gw9cSP/L
ああ、このシーンは何度見ても腹立ってしまうのはなんでなんだぜ。
ベルセルクの人乙です〜。

506 :ゼロの独立愚連隊:2008/05/19(月) 02:53:48 ID:WxkHCtI1
こんばんわ。
遅いですが予約無ければ投下したいと。

507 :ゼロの独立愚連隊-1:2008/05/19(月) 02:55:10 ID:WxkHCtI1
まあ誰もいないでしょうしせっせと投下。

 学院を騒がせた「土くれ」の騒ぎから三日目、ルイズの謹慎も昨日で終わり今日からは授業に
戻ることになった。

「……」
「あっ……」
 朝食に食堂へと向かう間、昨日サモンジがルイズに言っていた通り周囲の生徒からの今までの
ような嘲笑は無く、代わりにルイズに視線を向けることすらせず、あるいは視界に存在しないか
のようにして通り過ぎて行く、嫌なものを見たという表情で顔を逸らす、そんな反応があった。
 そんなギスギスした空気の中を、ルイズは周囲の様子を気にした様子も無くまっすぐに食堂に
入るといつもの席に着く。と言ってもそれは周囲の様子が気にならないのではなく、気にする余
裕が無いからなのだが。
「おいおい、ルイズちゃん本当に大丈夫かい? 食べられそうに無いなら適当な物をもらって帰
るけど」
「……大丈夫よ。今日から授業に戻るんだから、変なところを見せて前みたいになめられる訳に
はいかないんだから」
 食堂の椅子に沈み込むよう背中を預けたルイズが、搾り出しているような声で心配そうなサモ
ンジの言葉に返す。べっとりと隈が浮かんだ目にやつれた様子……ルイズの母親に対する恐怖は
相当な物らしく、母親に自分の爆発する魔法を認めさせることを想像する、それだけのことで朝
までうなされ続けてこの様である。もっとも、周囲の生徒からはやつれているというよりも「す
さんでいる」と見られているのか、ルイズに怯えた様子さえ見えているが。
 そのこともあるのだろう、おかげでルイズの周囲の席は誰も座っていないガランとしたものに
なっている。だが、誰も座ろうとしないルイズの近くの席に座る生徒がいた。
「あら、いい具合に空いている場所があるじゃない。ここにしましょうか、タバサ」
 のったりと顔を上げたルイズの前にあったのは、赤い髪と青い髪の顔。キュルケとタバサだっ
た。何でわざわざ、そう言いたげに二人を――主にキュルケを――睨みつけるルイズだが、それ
を気にしていないかのようにキュルケは髪を手で払うと、椅子に体を預けながら悠然とルイズを
見つめ返しながら鼻を鳴らす。さらにその横のタバサもルイズの視線を気にすることなく、一度
ルイズとサモンジに目を向けると手早く祈りを済ませて料理に手を付け始める。
「ははは……おはようキュルケちゃん、タバサちゃん。……そう言えばタバサちゃんとキュルケ
ちゃんって一緒にいることが多いよね。やっぱり仲がいいのかな」
「…………」
 このギスギスとしたルイズとキュルケの間に割って入っって行くのはさすがに無理と判断した
サモンジは、取り合えず声が掛けやすそうなタバサの方に声をかけてみた。しかし、タバサもタ
バサで、は少し顔を上げて肯定とも否定とも取れない無表情をサモンジ向けただけで食事を平ら
げる作業に戻る。話が広がるどころか、ほぼスルーされたサモンジはため息を吐いて目をその横
でジャブの応酬を続ける二人に戻す。
「ふふ、ずいぶんとくたびれてるわね。たった一日の謹慎がそんなに堪えちゃったなんて、案外
ヤワなのねぇ」
「なぁに? 私が処分を受けたのは少々やりすぎたってだけよ。非があるのはギトー先生達の方。
私が落ち込む理由なんて無いわ、変な勘ぐりはやめてもらえないかしら」
 いつも通りとも言えるやり取りにサモンジは呆れながらも、同時に変わらないキュルケの態度
に安堵していた。ルイズが存在していないかのように振舞う周囲の生徒の中で、ルイズに感情を
ぶつけ、ルイズが返す感情を受け止めさらにまた返してくれる。
(二人とも認めようとしないだろうけど、本当に得難い友達だよ。ルイズちゃん)
 とげの見える二人の会話とは裏腹に穏やかな気分でそのやり取りを眺めるサモンジ。と、満足
に箸が進んでいない――箸ではないが――二人をよそにタバサが食事を終える。食器を置く音に
なんとなくサモンジが目を向けると、タバサとちょうど目が合ってしまう。
「……」
「……」

508 :ゼロの独立愚連隊-2:2008/05/19(月) 02:56:17 ID:WxkHCtI1
 目を逸らすタイミングが取れずそのまま見詰め合ってしまうサモンジに、タバサはまっすぐに
サモンジと目を合わせたままじっとしている。タバサがどういうつもりなのか分からないサモン
ジは戸惑いながらも、その視線を受けたまま何もできず目を合わせ続けることしかできない。
「……」
「……」
 さらにしばらくの時間が流れ、サモンジとタバサの様子に気づかないままルイズとキュルケも
食事に手を付ける。そうしてようやく食事が終わろうという時、やっとタバサが口を開いた。
「…………」
 上手く聞き取れなかった小さな言葉にサモンジが首を傾げながら聞きなおそうとするが、その
前にテーブルの下からするりと紙の切れ端がテーブルの下からサモンジのコートの中に滑り込ん
で来る。突然の感触に軽く驚きながらサモンジはタバサに――

 ジャリン、と大きな音が周囲に響いた。

 タバサが自分のナイフとフォークを床に投げつけるようにして落としたのだ。
「あら、タバサ大丈夫?」
 軽く驚きながら様子を尋ねるキュルケに、タバサはゆっくりと首を振った後にサモンジと
目を合わせたままはっきりと返す。
「何も問題ない。何もなかった。先に行く」
「そう? ならいいけど……じゃあ授業で」
 頷きを返して席を立つタバサ。少しの間それを見送っていたキュルケだが、すぐに料理とルイ
ズへのちょっかいに戻り、ルイズも多少の余裕を交えながらいつものようにやり返す。
 結局気を利かせたメイドが二人の目の前にある食器を横から手を伸ばして片付けるまで、その
仲の良い喧嘩は続けられた。


「あなたの故郷のことについて、改めて聞きたいことがある」
 食堂の入り口近く、廊下から陰になる場所にサモンジを呼び出したタバサは開口一番にそう言
った。
 なぜ授業の時間を抜け出す様な時間で、と思って戸惑っていたサモンジもこの言葉に少々真面
目な顔になった。昨日の夜に半ば言い捨てるような形で口止めを頼んだ中心領域のことについて
の質問……わざわざサモンジを呼び出して二人だけの状況を作ったのは、口止めに対する配慮と
おそらくは、他人に聞かれたくない話だからか。
 そこまでを考えてからサモンジはじっとタバサの目を見る。……相変わらず今ひとつ、という
かほとんど感情が読めないものの、さして悪いことを考えての相談ではないだろうと判断する。
どうもタバサは年の割には色々と社会に出ているようで、諸々の判断ができる上に頭も切れる。
そんなタバサがわざわざサモンジが口止めを頼んだことに質問をしてくるのだから、答えられそ
うに無いことを敢えて聞いてくることも無いだろう。
「あなたの国は怪我の治療には魔法に劣るが、病気の治療については進んでいると聞いた」
 と思っていたところで予想外の言葉が来た。……病気?
「えっと……ああその話ね。気絶してた私に何の魔法をかけたのか聞いた時のか。まあ医者絡み
の話はウチの副長の専門なんだけどね……まあ病気についてはそうだね。
で、なんだい? 借りもあるし知らない仲じゃないんだ。できるだけ答えるけど」
 専門外の事柄に専門的な質問が来そうな雰囲気に少し困った顔で答えるサモンジ。だが、タバ
サはそれに落胆の様子を見せることも無く、淡々と口を開いた。
「心を患った人がいる。治療方法が見つからない。あなたの国のやり方で心当たりを教えて欲し
い」

509 :ゼロの独立愚連隊-3:2008/05/19(月) 02:57:42 ID:WxkHCtI1
 じっとサモンジを見つめるタバサ。それを見ながらサモンジは唸りながらぼりぼりと頭を掻い
ていた。これはまた専門外も良い所の質問な上に、質問自体も漠然としている。そもそも、精神
に関する病気など医者ですら判断が難しいものを、素人のサモンジに聞かれても正直困ってしま
う。ぬか喜びさせるだけになるだろうな、そう思いながらもとりあえずサモンジはできる限りは
状況だけ聞いてく事にする。
「心ねぇ。脳に関しては私達の方でも研究が遅れてるし、専門の医者じゃないと厳しいんだけど
ね。とりあえずは何が原因でどんな症状が出てるかを話してもらえないかな? あと一応、私は
医者じゃないんだから治療法とかは期待しないでくれよ」
 改めて当てにするなと念を押すサモンジの言葉に、やはり表には出さないものの落胆を感じな
がらもタバサは説明をする。
「脳……? とりあえず説明する。はは……その人物が発病した原因はエルフの毒の秘薬を飲ん
だため。症状は記憶の混濁と錯乱、癇癪。特に記憶の混濁が酷い。むす……親しい一部の人物以
外の興味を失い、またその対象等を誤認している。その状態がずっと継続している。
……知り合いなどの呼びかけを行っ、行われたようだが、癇癪を起こされ暴れるので効果はない」
 そう言って黙るタバサ。その説明する様子を観察していたサモンジは、その病人がタバサと親
しい人物ということは察した。というか、タバサもこんな質問を持ちかけた時点でそれは理解し
ていただろう。もっとも親しい友人であるキュルケがいない状況でサモンジにこんな質問をした
ということは、このトリステインでやれることは探しつくし、かつキュルケにも相談していない
事柄だったということまで容易く察することができる。
 その上でそう親しくない、単に一緒に探し物をした程度の知り合いであるサモンジにこんな事
の相談を持ちかけて来たのだ。もはや完全に手詰まりになっていた所に未知の国の話をするサモ
ンジに出会い、空しい結果になると思っていながらも一縷の望みを持ってしまったのだろう。
 また面倒な頼みが転がり込んできたな、そう思いながらもサモンジは本やテレビで聞きかじっ
た知識を掘り起こしながら細かい質問を投げ返す。その毒の秘薬を飲んだのは一度きりか、ある
いは継続的に摂取させられているのか。錯乱や癇癪といった行動に規則性はないのか、あるいは
それが起き易い状況はどんなものか。などなど。そして
「う〜ん、まあ聞きたいのはそんなところかな。……どうしよう、一応私の意見を聞いておくか
い? 専門外の人間の推論だけど」
「構わない。そこまで期待はしていないし、聞いてから判断する」
 所詮は門外漢の想像でしかない考えのため、タバサに断ってから話をすることにする。まずサ
モンジは認識に相違がありそうな心、脳の機能から話を始めた。脳の構造、記憶のシステム、脳
神経のネットワーク、脳の各部位が担当する役割、その他諸々……
 脳細胞の採取観察や脳波測定といった技術レベルを超えた知識、そしておぞましいとすら言え
る人体実験を通じてしか知りえない体の構造についての情報に、タバサは軽い眩暈すら感じなが
らサモンジの言葉を頭に詰め込んでいった。
 母を救うため。ハルケギニアの人間の知識では母を救えない。エルフの力は借りれようはずも
ない。しかし、この未知の国の知識の中に何かヒントでもあれば……

「で、考えられるのは最初の毒で脳にダメージを受けて物理的に記憶と判断力を壊されていると
いう可能性、それか毒で精神が混乱して間違った記憶や精神状態を正常なものと認識してしまっ
ているという可能性。とりあえず私に思いつくのはこの二つかな」
 サモンジの説明が終わり、タバサは大きく息を吸って呼吸を整える。
「それで治療法の心当たりは」
「うん……まあそれこそ専門外だからねぇ。脳は手術で弄くるのも難しいし、私達なら諦めずに
呼びかけるとかそれくらいかな」
 がくり、とその言葉に、今度こそ態度に感情を示しながらタバサは肩を落としながら大きく息
を吐いた。そんなタバサの様子にサモンジは慌てて手を振り、タバサの肩に手をかけて顔を上げ
させて弁明する。
「ちょっと待った! そうすぐにがっかりしないでよ。そりゃウチの副長なら色々ともっと詳し
い診断ができただろうけど……この国には魔法があるじゃないか。さっきまでのタバサちゃんの
話だと、脳が壊れると心も壊れるなんて思ってなかったんでしょ? ほら、えっと……脳に怪我
を治す魔法を使うとかあるじゃないか」
「……!」

510 :ゼロの独立愚連隊-4:2008/05/19(月) 02:58:51 ID:WxkHCtI1
 その言葉にタバサは一瞬で体に力を取り戻す。今までハルケギニアの魔法では、怪我をしたら
怪我を治す魔法、毒を受けたら毒そのものを消す魔法を使用していた。今まで魔法で試したのは
エルフの秘薬の毒を魔法で消す、あるいは効果を軽減できないかということ、それだけだ。そも
そも、脳が壊れれば心も壊れるという知識が無かったのだ。無論、サモンジの語る知識が完全に
正しいという保障はない。そもそも、魔法が存在しないという国に生きるサモンジと神に作られ
たハルケギニアの人間が同じ生き物という保障も無い。
 だが、試してみる価値はある。
 タバサはサモンジに向き直ると、軽く頭を下げた。
「おかしなところを見せた。……あなたの話はある程度解った。今度試してみるように言ってみ
る」
「ああ、まあ素人考えでこちらこそ申し訳ないんだけどね。あと、一応私は平民ってことだから
君が頭下げちゃ色々とアレだよ」
 はははと笑った後、ふと気づいたようにサモンジは腕時計を見る。話を始めてから結構な時間
が経ってしまっている。もう1時限目の授業は終了し、2時限目の授業が行われている時間にな
ってしまった。サモンジはタバサの肩に乗せた手でくるりとタバサを反転させると、廊下の方に
押しながら話しかける。
「あらら。もうこんな時間か……話が長くなっちゃったか、ごめんねタバサちゃん。ついでで悪
いんだけど、授業ついでに頼みがあるんだ。次の授業のときにギーシュ君に伝言頼めないかな」
 申し訳なさそうにそう言うサモンジに、しかしタバサはふるふると首をふった。
「グラモンは授業に出ていない。食堂でも見た覚えが無い。休みかサボり」
 タバサの返事にあちゃー、という顔をするサモンジ。一応昨日の別れ際にギーシュへ頼みがあ
るとは言っておいたが、やはり恋人に振られたというショックは大きかったのかもしれない。そ
して、それが原因で授業をサボるほどなら、おそらくサモンジやルイズの相手をするほどの余裕
はまず期待できないだろう。
「困ったなぁ。ボウガン作ってもらうとかしての私との付き合いの延長で、ルイズちゃんとも仲
良くして欲しい〜とか思ってたんだけど……この剣は飾りみたいな物だし、私の銃の弾はこの国
じゃ買えないから。それにボウガンならライフルと同じ技能で使えるからね」
「ぼーがん?」
 聞きなれない単語に首を後ろに向け、肩を押すサモンジに尋ねるタバサ。首を傾げながら振り
向くという器用な仕草に軽く笑みをこぼしならがサモンジが答える。
「ああクロスボウって言えば分かるかな、分からない? ハルケギニアじゃ発明されてないのか
なぁ。簡単に言えば簡易型の弓だよ。扱いが簡単で、体を鍛えてない私やそれこそタバサちゃん
みたいに小さな子でも弦が引けて狙いも付けやすい、って弓。まあ銃が主な私達の国じゃ時代遅
れの武器だけど」
 軽くしか説明していないつもりのサモンジだったが、タバサでも使える弓、という言葉にタバ
サの目が興味の色を表す。
「ではその話も聞きたい。今ならちょうどいい」
「? 今ならちょうどいいって……ただでさえ1時限目サボってるようなものなのに、2時限目
もサボる気かい? それはちょっと大人として注意しないといけないかな」
 少々おどけた調子で怒ったポーズを取るサモンジに、タバサはまたふるふると可愛らしいとも
見える仕草で首を振ると廊下の先を指差した。タバサが指差す先を追うと、
「あれ、ギーシュ君かい? 授業中にどうしたのさ」
 噂をすれば、というようなタイミングで現れたギーシュは、声をかけてきたサモンジを見つけ
るとにばつの悪そうな顔で挨拶代わりに手を振った。

511 :ゼロの独立愚連隊:2008/05/19(月) 03:00:04 ID:WxkHCtI1
以上で投下終了です。
では。

512 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/19(月) 03:35:51 ID:nv/ZZHEx
狂戦士、愚連隊>>乙です
>>505
「“親友を戦場に送り出さざるを得ない悲劇のヒロイン”=自分を客観視する」事で
知らず悦に入ってるからですよ

513 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/19(月) 03:49:46 ID:y/yJtu/e
両作品共に乙

そういえば疑問なんだけど、アルビオンからレコンキスタ追い出した後
アルビオンの領土とか云々はどうなったか知ってる人いる?
原作じゃあ賠償問題とかあんま触れられてなかったような・・・・・・?
ゲルマニアのが明らかに大国だしでトリステインは口出しできなくなりそうなんだけど
ゲルマ―はアメリカ的位置づけなわけだし
そうなるとトリステインはほんと戦争しただけ損で、姫さんなにやらかしとんのよということに

514 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/19(月) 03:54:24 ID:RtpJYER2
ふと思ったけどガリアの東の騎士の人って忠臣って言われてるけどそうでもないよね


515 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/19(月) 04:05:15 ID:GoMFMvf1
>>513
原作嫁。

516 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/19(月) 04:08:29 ID:SYQLEO3k
乙!
ところで、ルイズの台詞の
変なところを見せて前みたいになめられる訳に
はいかないんだから
だけ抜き出すととてもエロスな感じだよね!
……俺の脳は疲れてるらしい

517 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/19(月) 04:29:12 ID:fC17uAhv
136ww
久々にきたら凄い進んでるなぁ

518 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/19(月) 04:51:17 ID:GoMFMvf1
156召喚!

519 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/19(月) 05:07:30 ID:z+GiG8ZS
幻想水滸伝から紋章呼ぶならキャラ呼んだ方が面白そうだ、その際幾つかの紋章も紛れ込ませて。
でも本編が集結してないから難しいとこだよなぁ、伏線が大量にあるのにまだ少ししか明かされてないし。

いつになるか判らないがもしすべての伏線が解けたらかなり良いSSが書けそうな気もする。
呼びやすいキャラクターも幻想水滸伝2の主人公や幻想水滸伝3で悪役に回ったルックとかかなり良い味出してる
ただ非紋章でもナッシュとか良いキャラは結構いるんだけど、そっちはそっちで伏線張り巡らされてるんだよな

やっぱ浮かんでくるのは主人公勢と死んだキャラクターだよなぁ

520 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/19(月) 05:56:00 ID:0KRS9wY3
ルカ様とか七万人相手でも正面からまともに戦えそう

そこまで持ってくのが大変っていうか無理だけど

521 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/19(月) 06:27:07 ID:H17xhTCt
「君はバカかね」と青い顔の総統に徹底的に罵倒されるアンリエッタ。
出てくるメカには零士メーターがびっしり。

522 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/19(月) 06:36:16 ID:e55+MEGT
迷宮キングダムの人元気かな。久々に読み返していたら、またダッパ君達に会いたくなったよ。

523 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/19(月) 08:39:13 ID:U8bxZ/ds
ベルセルクも愚連隊も乙ー

・・・ガッツは何のかんの言ってもルイズを助けに行きそうだなぁ

524 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/19(月) 11:40:59 ID:UM2JVPwr
しかし前の話でなんだがアンリエッタがルイズの部屋に来た時に
烙印が僅かに反応(ガッツ自身も気づいてなかったようだが)してたのが気になるな
やっぱりあの人なのかしら?

525 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/19(月) 11:44:35 ID:f+fEt0ED
>>490
プレインズウォーカー達は世界渡り歩くのが仕事みたいなもんだからな。

ところでマジシャンザルイズでヨーグモスが入れないつってたのはヤッパリホームランドの奴なのかな。

526 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/19(月) 12:25:46 ID:HzC81vmt
ベルセルクさん乙
ロストチルドレンのときの「逃げ出した先に楽園なんかねぇ」
ってセリフはアンアンにこそふさわしいな。

527 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/19(月) 14:58:15 ID:QRs9UYAb
>>485
 遅レスだが、それを大まじめにやったのが「薔薇乙女も使い魔」だな
 長編SSで、オリジナル展開満載の、賛否両論な怪作だった

 というわけで、一発ネタで終わらぬ可能性がある
 さぁ!かきたまえ。今こそ勇気を振り絞る時!

528 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/19(月) 15:04:08 ID:iAZRB76o
ガッツ・・・やっぱりシャルロットとアンアンがダブって見えるのかね
思えばシャルロットのパー子ぶりも相当だわな
いちおう被害者だけども

529 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/19(月) 15:28:24 ID:RtpJYER2
ゼロ魔の登場人物のバカさは以上
ガリア王やキュルケが眩しく見えるぜ

530 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/19(月) 15:31:49 ID:65nhupTP
あんまり聡いとお話つくりずらいからじゃね
それにしたってフーケはアホすぎる

531 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/19(月) 15:50:10 ID:zyouykQm
バカの方が良くも悪くもオタに愛されるからだろ
常識人やまともな人はライトノベルでは影が薄くなるか、ツッコミ担当になるし

532 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/19(月) 16:06:14 ID:tS//9kxe
まあなんというか。
原作通りに展開させようと思うと、本当に「賢い」人間は(ストーリー展開的に)邪魔なだけだろうと思う。
2巻辺りなんか、冷静に考えたら行く必要ないわけだし。

……つくづく思うのだが、なんで誰一人として
「ウェールズ王子が手紙を破棄する」という可能性を
考慮した形跡がないのだろう?
婚儀の話が内密だからかなぁ。
それに、重婚云々言ってるけど、手紙が表に出てくる頃って
普通に考えるとウェールズ死んでるから重婚も何もないよーな……。
それともあの世界って死後の再婚も認められてないんだっけ?

533 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/19(月) 16:10:52 ID:FujMcPjk
アンリエッタが、同じ声の某「姫」(チェーンソー愛用)だったら、ルイズとその使い魔に
行かせるよりは、絶対自分で行った方が作戦の成功率は高いだろうな、と思ったのはワシだけ?

534 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/19(月) 16:11:51 ID:rkDHaiS1
>>532
ブリミルに誓う永遠の愛です
ここが不味い

535 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/19(月) 16:13:01 ID:sevvzlR+
手紙を返してもらう名目で亡命を勧めたかっただけのアン
王女に頼りにされたと舞い上がってたルイズ
必要性とか深く考えないサイト
他の目的が二つあったワルド
任務の内容を知ってる四名の誰が疑問をさしはさむと言うのか

536 :名無しさん@お腹いっぱい:2008/05/19(月) 16:13:48 ID:qfJztf/q
ガッツはなんだかんだ言って優しいからな
ベルセルクゼロ氏の作中のパックも言ってるけど、これが
物語初期の頃のVer1ガッツだったら考えるだけでもガクブル

537 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/19(月) 16:16:28 ID:65nhupTP
長すぎる黄金時代の連載のせいか黒い剣士の
ガッツがやけに丸くなったもんなあ

538 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/19(月) 16:20:46 ID:iAZRB76o
ロスチルでの黒っぷりも相当だったと思うけど
やっぱりキャスカその他のおかげでいくらか余裕出てきたんだろう

539 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/19(月) 16:22:15 ID:RtpJYER2
というか手紙の件はどうやってレコンキスタに漏れたんだ?
付き合っていたことすら幼馴染のルイズは知らなかったわけだし
となるとワルド経由かな

540 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/19(月) 16:23:56 ID:UM2JVPwr
どうも考えれば考えるほど辻褄が合わなくなってくるような気がせんでもないw

541 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/19(月) 16:26:21 ID:65nhupTP
つかなんでワルドにルイズが虚無でサイトがガンダールブってばれてるんだ?

542 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/19(月) 16:29:29 ID:f+fEt0ED
なんでルイズってあんなにエロいんだ?

543 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/19(月) 16:30:18 ID:SpvklmLq
 っていうか空のお城に住んでる人がわざわざ地上に降りてきて、地上のお姫様と(恐らくお忍びで)水の精霊の住む
湖に二人っきりで行ったなんて、やることやりに行ったって以外考えられないのが普通じゃね?
 お忍びっていったって暴れん坊将軍じゃないんだから、それぞれのお城の中では結構な人数がその事実を知ってる
だろう。情報だだ漏れはある意味当然。

544 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/19(月) 16:39:00 ID:RtpJYER2
>>541
小さい頃からルイズを知っていたから当然魔法失敗による爆発の事も知っている
ワルドはエリートだから魔法の失敗がどういう物か知っている
加えてワルドはブリミルについて多少知っている

ワルドが達した結論はルイズは虚無の担い手かも


>>543
アンアンの母の誕生日だったからハルケ中の王家がそこに集まってた

545 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/19(月) 16:39:56 ID:fYoCZXRq
>>535
オスマンは知ってて止めなかったわけだが。

546 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/19(月) 16:42:39 ID:8/qTU6Be
>>543
ラグドリアン湖の湖畔で行われた園遊会で、半ば偶然に出合ったのがなれの染。

しかも、舞い上がっていたのはアンアンだけで、ウェールズは王家の人間として理性的に振舞ってた。

547 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/19(月) 16:44:38 ID:65nhupTP
>>544
つまり学園のメイジ全員アホだったわけか

548 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/19(月) 16:45:58 ID:fYoCZXRq
>>544
>小さい頃からルイズを知っていたから当然魔法失敗による爆発の事も知っている
>ワルドはエリートだから魔法の失敗がどういう物か知っている
>加えてワルドはブリミルについて多少知っている

オスマンを始め、魔法学院の教師たちはワルドよりもっと良く知ってるわけで。
でも実際にガンダのルーンを見るまでは分からなかったわけで。


549 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/19(月) 16:47:01 ID:/HW7g1qo
>>545
いや、オスマンはこれを好機と「虚無」を暗殺しようとしたのかもしれん

550 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/19(月) 16:54:11 ID:X0w6zedk
もうやめて!
ノボルのライフはとっくにゼロよ!

551 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/19(月) 16:58:02 ID:gys8cdro
>ワルドがルイズが虚無だと云う事に気が付いていた理由

「今は無き私の母は魔法を使えないメイジだった……」
「なんだって?!」
「ルイズの一世代前の虚無の魔術師―――その使い魔、記す事すら憚られる者が、この私なのだよぉぉぉ!!」
「ゲゲェ―――ッッ!?」

すっかり影の薄いワルドさんにスポットが当たる可能性を考えてみた。

552 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/19(月) 17:07:31 ID:SpvklmLq
>>543
そうだっけ。ちょっと読み直してくる。ノシ

553 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/19(月) 17:08:56 ID:SpvklmLq
っていうか、学院の教員連中にまともな奴いないじゃん。特に1,2巻。

554 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/19(月) 17:09:14 ID:TABszdJc
ハレグゥの長老を凌ぐ胸毛なんですね、わかります

555 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/19(月) 17:12:33 ID:BNGRboLU
そもそも元ネタの「三銃士」で、
アンヌ王妃が愛人バッキンガム公に渡したダイヤの首飾りを取り戻し、
リシュリュー枢機卿の陰謀を阻むため、
ダルタニャンたちが英国へ渡るエピソードがあるわけで

556 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/19(月) 17:21:25 ID:C82HocMR
>>555
元ネタがそうだからって
手紙関連の辻褄云々とは別問題だろ

557 :名無しさん@お腹いっぱい:2008/05/19(月) 17:27:30 ID:qfJztf/q
でもガッツてああ見えてまだ二十代前半なんだよなぁ
その短いながらも凄絶の一言に尽きる人生を歩んでれば、アンアンの悩みなんて……
まぁ、歩んできた人生自体が違うから簡単に比較は出来ないんだろうが、
ガッツに鼻で笑われても仕方がない

558 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/19(月) 17:31:17 ID:CDY85LdE
手紙の矛盾に関しては、スルーの魔法を使うんだ。
こうゆう時の魔法だろ?
それでもダメなら文化、思想、ファンタジーのせいにすればいい。

559 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/19(月) 17:34:29 ID:mOc0wzop
いまさらだが>>485
3位以上の神剣もってるエターナルな連中なら大体いける

560 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/19(月) 17:35:16 ID:PVMZbfN4
セレブでビッチ
セレビッチですね

561 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/19(月) 17:49:56 ID:vvY6FKTU
>>560
……!?

562 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/19(月) 17:52:28 ID:UkpgQC9p
ストレートにアン様が使い魔召喚
自力でウェールズを助けるor手紙だけ破棄してもらうorぶっちゃけ縁談に邪魔な昔の男をヌっ殺す
作品て無いなあ(代哲人は例外)
姉妹スレの康一に期待したいが…

563 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/19(月) 17:53:48 ID:drnVWYP1
>>485
ドラえもんが22世紀の不思議道具で帰還とか、
長門有希が宇宙的不思議パワーで帰還とか、
こじつければ何とかなりそうなキャラだっているぞ。
小ネタにするなら3、4キャラいれば充分だろうから頑張って数キャラひねり出すんだ。

564 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/19(月) 17:56:00 ID:65nhupTP
実は異世界じゃなくて別の惑星でしたと言うことで
超人ロックならワープしまくればいける

565 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/19(月) 18:02:25 ID:+OWNrb/P
>>485
すげぇ遅レスだけど、自由に時空を移動っていうと封神演義の伏義を思い出す。時空じゃなくて空間だったかもしらんけど。


566 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/19(月) 18:03:21 ID:CpaNN58m
ダースベーダーのがまさにそれじゃん
最後艦隊で乗り込まれてたし

567 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/19(月) 18:03:47 ID:npCX9izr
>>565
時空じゃなくて空間だな、あの宇宙人なら

568 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/19(月) 18:11:10 ID:LcKrQpyD
カオシックルーンからデス様を・・・広場が阿鼻叫喚に包まれるか
ポン刀主体で戦う時雨キョウゴならまだ楽しく動かせるか

569 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/19(月) 18:34:33 ID:GM6jzyu0
手紙以前にアンリエッタがゲルマニア皇帝に嫁ぐこと自体があふぉ。
40過ぎの好色皇帝にいい歳した息子の一人もいないなんてありえん。
後継者じゃなくおふくろの王妃嫁がせる場面だろ、ここは。

570 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/19(月) 18:47:38 ID:zntHq4hZ
若い女のほうがいいに決まってるだろーが

571 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/19(月) 18:49:06 ID:rkDHaiS1
ヒント:種無し南瓜

572 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/19(月) 19:02:27 ID:8sAPirI5
1日遅れだけど、MtLのヒト、乙!
タバサのお話なのですね
MtLのタバサと言えば、3章(20)の「あなたを、守る」がカッコ良かったです

573 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/19(月) 19:04:07 ID:QD+AP8Ep
まぁ真面目な話、好色だろうが40過ぎだろうが、適齢の息子がいない可能性はあるよな。
男が生まれなかったのかもしれないし、幼かったのかもしれない。
死んでしまったのかもしれないし、ついでに言うとヨーロッパ貴族の場合非嫡出子には相続権が無いから後継ぎに出来ないし。
まぁ皇帝のほうでアンリエッタを欲しがったからと言う理由もかなりありそうだが、ここはどっちかというと「スルー」を発動させるべき場面だと思うw

574 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/19(月) 19:11:19 ID:iFLuPgQ8
ヴァリエールはじめ王家の血を引く大貴族のどこかから養子でも貰うつもりだったんじゃね
アンアンがいれば婿取りになっただろうが

575 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2008/05/19(月) 19:24:12 ID:2Xdqz1LI
>>571
中村主水?

576 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/19(月) 19:27:29 ID:JXkdLH4e
だとしてもありえないと思います。
王妃に新しい男あてがって高齢出産させる事が「現実的に可能」であれば、
まあなんとかなるでしょう。でも、あの状況で唯一の後継者を嫁がせるなんて
無茶苦茶もいいところです。

結論:マザリーニは国の簒奪を狙って王家の人間を消そうとしていた。


577 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/19(月) 19:28:51 ID:R9wO3WDb
ゲルマニア皇帝の娘が居て
それがキュルケ

チェルプストー家に預けられ18歳の誕生日に驚愕の事実を知らされる

という妄想

578 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/19(月) 19:31:27 ID:iFLuPgQ8
日本だと、「最初に生まれた男子を後継者として寄越す」という条件で、一人娘を嫁がせた大名家があったな

579 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/19(月) 19:40:29 ID:QD+AP8Ep
ヨーロッパでもそういう事はよくあるよ。>後継者として寄越す
アンリエッタがトリステインの統治者のまま結婚して、息子の一人にそれを継がせるとか、あるいは皇帝とアンアンの子孫がゲルマニアとトリステインの国王を兼任したまま統治していくとか。
イギリスの正式国名に付いてる「連合王国」ってのもそういう意味だ。

>キュルケは皇帝の娘
それはそれで面白そうだな。w

580 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/19(月) 19:42:44 ID:npCX9izr
んじゃコッパゲ先生は女帝の婿かw
そういや、ちょくちょく話題になってるけど
キュルケのモデルになった女帝ってドイツからロシアに嫁入りしてきた人だっけ?

581 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/19(月) 19:49:17 ID:B7tUjwVT
>あるいは皇帝とアンアンの子孫がゲルマニアとトリステインの国王を兼任したまま統治していくとか
近世のハプスブルグ家だっけ?
それやってたの

582 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/19(月) 19:55:01 ID:QD+AP8Ep
うむ、一時はオーストリア・神聖ローマ皇帝位に加えてスペインやオランダ国王の地位も持っていた。>ハプスブルグ家

583 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/19(月) 19:55:09 ID:rHOXZA2z
だからヨーロッパ史って分かりにくいんだよなあ

584 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/19(月) 19:57:35 ID:JXkdLH4e
>>571
種無しだと周りからの蔑視がものすごくなるのがヨーロッパ。
種無しに嫁がせるのは最悪の選択だし。
問答無用でトリスティン後継者生まれず滅びる事になるから。


>>578
最初の王子を、という条件付ならまだありえるけど、その場合でも
皇帝本人でなく適齢期の王子との結婚が自然。

>>570
好色だからそう言う条件出したとしても、普通承諾しないことくらいは
アルブレヒトもわかるはずだ。マザリーニも断ってもいいとわかるはずだ。
双方よっぽど馬鹿でない限り。

やはりアレか、作者の知能が登場人物知能の上限になるという法則か?
ということはノボルは…
スルーするしかないのかorz

585 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/19(月) 20:03:34 ID:npCX9izr
おんなじバカ作家でも取繕わずおバカ道を貫き通す阿智や成田――バカの方向性違うだろってツッコミはなしな――でも見習えばいいものを…………まあ三者とも嫌いじゃないが

586 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/19(月) 20:06:46 ID:Srg8yZHK
伏線らしい伏線もないラノベにそんなもん求めるなよぉ

587 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/19(月) 20:11:00 ID:spgQkNlA
>>583
簡単ジャン
ヨーロッパの王家はみんな親戚
戦争は全部内輪モメ
一番の被害者はパンピー
こんなんで後期西洋史の般教は優だったw

588 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/19(月) 20:11:50 ID:sevvzlR+
設定いい加減な方がこの手のSSの題材にはいいじゃない

589 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/19(月) 20:13:46 ID:B7tUjwVT
むしろそういういい加減な設定の方が、各キャラと書き手が補完してくれていいのかもな

590 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/19(月) 20:15:32 ID:BNGRboLU
魔法やなんやらはともかく、
クロムウェルがレコンキスタを率いて聖地奪還を目指している時点で
世界史オタクが茶を噴き出すような設定だから気にするな

591 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/19(月) 20:24:57 ID:drnVWYP1
>>589
でもキャラを説教して補完に代えるのは勘弁な。

592 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/19(月) 20:25:51 ID:NOExoIu0
>>588-589

SS作者の苦労を少しはわかってください(T_T)


593 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/19(月) 20:28:42 ID:pqmjMuUb
>>564
ロックさんと関わると大半の登場人物が死ぬだろうから
さっさと帰還してほしいな。

594 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/19(月) 20:32:13 ID:6iVQK9Es
>>593
むしろこのスレがピンチ

595 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/19(月) 20:35:03 ID:/mpuhXwj
登場人物だけで済めばいいねえ。

596 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/19(月) 20:35:09 ID:B7tUjwVT
実際のクロムウェルって議会派で、ピューリタン革命の際に護国卿に祭り上げられた人だっけ
中学、高校の歴史の授業じゃ、さらっとしか教えてくれなかったらうろ覚えだけど
>>591
節子ぉ!それ補完ちゃう!それ蛇足や!

>>592
SS作者の方ですね。プレッシャー与えておこう
が ん ば っ て 設 定 補 完 し て い っ て ね !


597 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/19(月) 20:36:44 ID:drnVWYP1
>>594
連載誌がことごとく休刊になるんだっけか。
実際は休刊になりそうなところでしか連載させてもらえてないだけなんだろうけど。
知名度の割に不遇だよね、ロック。

598 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/19(月) 20:37:46 ID:R9wO3WDb
ジャパネ○ト から社長

「まぁこれを見てください このマシンガン!今なら予備弾がカートリッジ五本!いいですか五本ですよ!
一発一殺だとしたら250人分ですよ!さらにさらにさ・ら・に 
今日は防弾チョッキ ホローポイントも遮る某防衛省のお墨付き!さらにさらにさらに!今なら赤外線カメラも付けて夜間でも大丈夫!これが今ならたったの100エキュー!どうです?!お嬢さん?!」
「うーん・・・でもジャムったりするんでしょどうせ?」
「ジャムが心配なあなたにはメーカー保障もお付け致します!!!」
「でも弾切れになったら只の鈍器にも劣るしなぁ・・・」
「はい、わかりました。ここはおしゃべりキリングソードのデルフ初期モデルをお付けしてお値段据え置き100エキュー!これは見逃せませんよぅ?!」
だんだんと声が枯れるがなかなか買おうとしないのだが
業を煮やしてデルフがアピール
「魔法吸収も出来る優れものですよ!!!今なら果物ナイフ”地下水”も付いてくるでよう!買ってくれよ!!」

「それだけ付くならお買い得じゃ無いのかな?」
「しょうがないわね、じゃあ100エキューで買うわ」
「毎度あり!またのおこしを!」



599 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/19(月) 20:41:56 ID:NOExoIu0
>>596
プレッシャーはいりません(TT)


600 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/19(月) 20:46:43 ID:7E+lHNeG
なんだこのプレッシャーは!?
動け!ジ・O!何故動かん!?私の知らない設定が内蔵されているのか!?



601 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/19(月) 20:57:57 ID:fDhSi6zT
>>598
一応さ、実在の人物をネタにするのは止めとこうぜ。


602 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/19(月) 21:05:48 ID:1Ege1lhv
そーいや、マイケルジャクソンとかの時はスルーされたけど、ルーデルの時はやたらファビョりまくって荒れたよな、

603 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/19(月) 21:06:09 ID:FDiduZG+
>>599のわざポイントが倍減るのですね、わかります>プレッシャー

604 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/19(月) 21:09:05 ID:8/qTU6Be
>>598
ホローポイント弾は、貫通力はどちらかといえば低めなのぜ。

あれは貫通力が落ちる様に弾頭を加工して、体内にダメージを与えるのぜ。

605 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/19(月) 21:12:57 ID:7+JIIAoQ
ドリルプレッシャーパンチはグレートマジンガーだったか?

606 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/19(月) 21:14:01 ID:gR4LksLj
やっぱAKMが一番だな。ロシアン.308口径のストッピングパワーは文句ない。

607 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/19(月) 21:15:38 ID:PW88gNIn
文殊の人のアンアンが椎名高志作品常連の
ふしゅるる〜なお嬢さんだったらな、と思ったことがあるけど、
基本的にいい人ばかりなのでちょっと違うだろうか。

おキヌちゃんを人柱にしたときは姫やめて寺社の嫁になってるし。

608 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/19(月) 21:21:20 ID:BNGRboLU
女華姫さまかよ
むしろシエスタがおキヌちゃんぽくね?

609 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/19(月) 21:35:30 ID:gw9cSP/L
むしろテファっぽいと思うけど。乳のサイズ以外は。

610 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/19(月) 21:39:27 ID:e58J7olS
>>608
原作終了から60年後ぐらいの小隆起様やピートみたいな長命種族召還して
シエスタの祖先が行方不明になった横島とおキヌちゃん、ってのは小ネタで考えたことあるなぁ。

611 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/19(月) 21:41:18 ID:zADE+YJM
>602
マイケルジャクソンは「ムーンウォーカー」から召喚
フィクション

ルーデルは「急降下爆撃機」から召喚
ノンフィクション と言うか自伝

フィクションの登場人物であるマイケルジャクソンは良いが
実在の人物を実在のまま召喚するのはアカンという判断


612 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/19(月) 21:41:21 ID:PW88gNIn
>>610
>小隆起様

いくら健康的なミニスカだとはいえ年増の巨乳と比べるのは間違っています。

613 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/19(月) 21:44:57 ID:nv/ZZHEx
ヤマグチノボルがそこまで考えなしとは考えられんが・・・・
グリグリとかやってみると、そう思える一面もある
まぁ、専門外だからってのもあるかも知れないけど
もしかしたら、マジでオタク層に当たるのを予見しての展開なのかも
後、アレじゃ無い?
スルー以上の魔法の言葉

“御都合主義(設定)”

設定も歴史も政略も戦略も全てひっくるめてゴミ箱行きに出来る魔法の言葉

614 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/19(月) 21:51:09 ID:f6ltNpJN
>>スルー以上の魔法の言葉

>>“御都合主義(設定)”

>>設定も歴史も政略も戦略も全てひっくるめてゴミ箱行きに出来る魔法の言葉


この文を見て、何故か「ゆでだから」の一言でなんでもありにされてしまう
某格闘超人漫画の作者を思い出してしまった。


615 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/19(月) 21:53:59 ID:NOExoIu0
頼むからSS作者の苦労を少しはわかってくださいorz

616 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/19(月) 21:57:41 ID:HQ64/u9x
>>614
でもゆでは
「面白さの前では設定など無意味ィ!」
って断言してたぜ
いやだからなんだってわけじゃないけども

617 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/19(月) 22:00:10 ID:U/KaiOxF
徹底的に練り込まれた設定の作品読みたければ銀英伝読めばいいじゃん。

618 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/19(月) 22:00:16 ID:Gndnnort
>>613
デウス・エクス・マキナですね   わかります

619 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/19(月) 22:07:26 ID:9N0g1LBt
「それがどうした」byアッテンボロー

620 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/19(月) 22:08:30 ID:IOWQuLrt
つうか、ゲルマニアの皇帝って設定くらいしか出てないよな?

アンアンに嫁がれなかったのは彼にとって不運だったのか幸運だったのか

621 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/19(月) 22:09:09 ID:7E+lHNeG
>>617

やだよめんどくさい。固っ苦しそうだし

622 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/19(月) 22:10:03 ID:DGLw5FQp
アルビオン分割統治会議でアンアンのでしゃばり振りに閉口してたぞ皇帝

623 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/19(月) 22:17:30 ID:FpbucGbP
>>617
原作の話だとしたら、練られてはないと思うんだが
大量の矛盾に御都合主義だから二次で遊べるんだぜ

前から思ってたんだが、ゼロ魔が設定ガチガチでどこにもスキのない川上稔作品みたいだったら
こんな風に二次とかクロスとかで楽しめなかったはずなんだがな

これっくらい柔らかめだから遊べるってことを、忘れてる人が多くないか?

624 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/19(月) 22:18:28 ID:BkDhkHoJ
遅レスだが>>559
ものべーなんか召喚したら壮絶に「当たり」だな。
ついでにアイスバニッシャーとかで契約が無効化される光景を幻視した。

……デルフリンガーの正体が永遠神剣第二位「紡ぎ」、もしくはその分身なんて電波を受信しちまった。

625 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/19(月) 22:25:15 ID:BdE+OKPP
>>624
それはサイトエターナル化なのか?!
デルフは魔法という「奇跡」を吸収して無かったことにするから「否定」とかでもいいと思うけどなぁ

忘れがちだけどサードガラハムとかも見た目的、強さ的に当たりだと思う
従うがどうかはまた別問題だが

626 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/19(月) 22:27:06 ID:v9A6ZofC
デルフは永遠神剣「驚愕」でいいよ

627 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/19(月) 22:32:00 ID:qaVq6C0M
おでれーたがりだもんな

628 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/19(月) 22:35:49 ID:BkDhkHoJ
>>625
……いや、設定的に「紡ぎ」はそこらに転がってても違和感ない神剣なんだよ。
それに、性格からして契約者をエターナル化しない気がする。

629 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/19(月) 22:49:38 ID:bh+qGM+7
確かに「紡ぎ」というのはいいかもしれませんね。

ところで第2巻の話が出るたびに王女についての批判が毎度のように
沸いてでていますけど(よく飽きないよなあと思う)サイヤの使い魔
の時だけはGJしかなかった気がする。何ででしょう?w

630 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/19(月) 22:52:27 ID:oh0Z2yu2
じゃあナルカナはどうよ
実は使い魔としての召喚二回目、前回は語ることすら憚れる…とか

「ゼロのルイズが剣を召喚したぞ!」
「――ただの剣にしか見えないのは、お前たちが未熟であるからだ…って
お? ここ、もしかしてハルケギニア? なっつかしいわねー。
そこのぺたんこが今度の私の主人ってこと?」

「あら、デルフじゃない。6000年たってこんなにぼろっちくなっちゃってさー。
そうそう、今度はわたしがガンダールヴみたいだからよろしくねー」
「や、やめろ! おめーだけは、おめーだけは俺を振り回すな! 砕けちまう!」

ちょっと妄想した。反省はしてない。

631 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/19(月) 22:53:50 ID:socIvTBV
>>626
なんか他にも「暴走」とか「憤慨」とかありそうだな

632 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/19(月) 22:57:40 ID:elZ6gzNT
流れを読まずに


ファントムブレイブからアッシュ召喚
あの世界の連中って雑草も武器として扱えるからなwww

…ガンダのルーンって雑草に反応するかな

633 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/19(月) 22:59:30 ID:spgQkNlA
>>630
ジャンプとポテチがないから3日で飽きて出雲に帰らないか?

634 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/19(月) 23:12:57 ID:oh0Z2yu2
>>633
退屈しなければ大丈夫だろ…多分
ルイズは見てて面白いタイプではあるしな ナルカナくらい強ければ
本気でキレさせなければルイズの方も大丈夫だろ

635 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/19(月) 23:17:31 ID:/tRug5FK
>>633
いじりがいのある奴がいるから、暫くは満足するんじゃないの?

もしくはナル存在化した望(先輩&レーメ付き)で召還すれば問題ない。
ネームブレイカーとかイモータルウィルとか打ちまくり状態になるのはやばいけど、
そもそもナルカナ自体のプライモディアルワンとかがやばすぎるから、さして変わらん気がするし。

636 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/19(月) 23:22:11 ID:R5WRx/eN
>>594
単独だとまだ大丈夫だろう
真に恐ろしいのは火の鳥と一緒になったときだと聞いたことがある。

637 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/19(月) 23:27:33 ID:DsdFzvqy
うーん、いろんなキャラを登場させるのはいいけど、売上部数とかも考慮して欲しい。
260万部以上のゼロの使い魔の世界でせいぜい10万部のキャラが暴れまわるのは気になるし、
逆に10億部のキャラが使い走りになるのも違和感が感じる。
これって、俺だけ?

638 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/19(月) 23:30:33 ID:iAZRB76o
テメーはこの手の二次創作の存在意義を全否定していったい何を得たいというのかね

639 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/19(月) 23:31:12 ID:is61Dgh1
>617
それはギャグで言っているのか? (AA略)
あれはSFに見せかけた三国志だぞ。
そのような話が読みたければ航空宇宙軍史読めと突っ込みを入れておく。

640 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/19(月) 23:32:02 ID:tehHLY2A
>>637
君はこのスレには向いてないね

641 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/19(月) 23:33:44 ID:baWgLyfD
>>637
正気か?
発行部数だけが作品のキャラの価値の判断基準だってか?
電波受信するのはたいがいにしとけよ

642 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/19(月) 23:34:06 ID:L5zpJEYv
銃夢のゼクス先生とかガリィってハルケギニアだとゴーレムの類として扱われるのか?
それとも少し変わった人間扱い?

643 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/19(月) 23:34:13 ID:gR4LksLj
ハリポタのハーマイオニー召喚とかって誰かやったっけ?

644 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/19(月) 23:34:42 ID:zADE+YJM
なら似合いのところで

はらぺこあおむし/エリック=カール 290万部
てぶくろ―ウクライナ民話/エウゲーニー・M・ラチョフ 260万部
ぐりとぐらのおきゃくさま中川李枝子(作) 237万部
しろいうさぎとくろいうさぎ/ガース・ウイリアムズ 232万部
おおきなかぶ―ロシア民話 /A.トルストイ 230万部

あたりから召喚すればいいというのか?

645 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/19(月) 23:36:57 ID:rPZRhZEm
懐かしいのおw
かぶを召喚とかルイズの腹に収まって終わりだな…

646 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/19(月) 23:37:50 ID:IOWQuLrt
>>637
なら世界で一番知名度のあるお方のイエス様でも呼ぶかね

647 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/19(月) 23:38:37 ID:npCX9izr
>>644
どんな内容かは知らんが、ルイズの胃やハルケギニアの常識に優しそうな連中が多そうだな、ウサギやネズミとかなら

648 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/19(月) 23:39:28 ID:DGLw5FQp
>イエス様でも呼ぶかね
「聖☆おにいさん」のキリスト様なら

649 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/19(月) 23:39:49 ID:BNGRboLU
つ「毛沢東語録」

650 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/19(月) 23:40:08 ID:iFLuPgQ8
>637
見事にお前だけのようだなw





権威主義も大概にしとけよ

651 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/19(月) 23:40:52 ID:DGLw5FQp
>>644
「さんびきやぎのがらがらどん」はどのくらい売れてるのか気になった

652 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/19(月) 23:41:03 ID:PW88gNIn
>>640
>>641
釣られるなよ。

653 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/19(月) 23:43:00 ID:oh0Z2yu2
>>635
逆に考えるんだ
分離状態で1人だけ召喚されて、迎えに来るのを乙女チックに待ってみるとか>ナルカナ

654 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/19(月) 23:43:39 ID:gR4LksLj
9番目の戦車/ときたひろし

チハタンはガチで泣ける(´;ω;`)
というか実際のチハタン列伝が絵本以上に…

655 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/19(月) 23:46:03 ID:rPZRhZEm
ゲリラ戦争
共産党宣言
わが闘争

この辺も熱い展開が…!

656 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/19(月) 23:47:00 ID:gw9cSP/L
変な釣りはさておき、召喚するならぬ〜べ〜とかプリンス・カメハメどうだろう。
ルイズを導いてくれそうじゃね?

657 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/19(月) 23:49:08 ID:gR4LksLj
>655
それは色々とヤバ過ぎるだろ…むしろプー○ン大統領の自伝を(PAM!PAM!

658 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/19(月) 23:50:22 ID:DGLw5FQp
>ハーマイオニー
ハリー・ポッターネタは意外だが今の所無い

659 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/19(月) 23:51:33 ID:zADE+YJM
>651
220万部で
ウォーリーをさがせ! 214万部のちょっと上だ

660 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/19(月) 23:52:35 ID:socIvTBV
>>644
エリック・カールの本の面白さはガチ
と言ってみる小学校教諭

661 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/19(月) 23:53:57 ID:iAZRB76o
. !! ______    ________ヽ ゙!斤ヽ}
  ゙!` =・=`i .i" =・=   /ヒノ/     >657君が自宅で暴漢に射殺されたって?
  i.  ̄  | |   ̄   ,r' トー'     最近は物騒で困るね、ククク・・・

662 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/19(月) 23:54:45 ID:BNGRboLU
10億部も発行部数のある書物はあんまりないだろ

ハリポタが3億5千万部
コナンやワンピースやDBやドラえもんが1億部超
ダヴィンチコードやらんまが5000万部
銀英伝が1500万部
ハルヒが400万部

663 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/19(月) 23:55:18 ID:auu+1/ze
日本で一番売れた本は、窓際のトットちゃんですたっけ?

664 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/19(月) 23:56:13 ID:iFLuPgQ8
聖書やコーランは10億どころじゃないな

665 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/19(月) 23:59:38 ID:qcqkMrwU
今、テイルズオブシンフォニアのラスボス『ミトスさん』が召還される小説書いて
書いているので出来たら乗せようと思います。

(需要あるかなー)

666 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 00:00:47 ID:PW88gNIn
>>664
コーランの発行部数はそれほどじゃないんじゃないかな。

たしかイスラム教徒は暗唱できるようにならないと
いけないと聞いたことあるのだが。

そこら辺が原理主義者とかポコポコ出てくる原因らしいけど。

667 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 00:02:00 ID:socIvTBV
>>666
日本人には「ごめんごめんららららー」としか聞こえないあれを暗唱しなきゃいけないのか…

668 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 00:02:21 ID:auu+1/ze
世界で二番目に売れた書物は、ああ無情だと聞いたな。
一番は新約聖書なので、コーランは3番目以下ということになる。

669 :637:2008/05/20(火) 00:04:29 ID:0rzj0xIc
作品のもっとも公平な評価が売り上げ部数とすると、自主出版のような発行部数のキャラがミリオンヒットの世界を蹂躙するのは、
本質的には邪気眼と変わらないのでは?
売り上げ部数より公平な評価、認知度を測るものがあれば別だけど、俺は >>637に書いたような状況だとプロのケーキ屋の
ショーケースに小学生の作ったシュークリームが並んでいるような違和感がある。
駄作は駄作と、傑作は傑作との方が良くない?


670 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 00:05:07 ID:GcJDmXqb
>>666
たしか外国語への翻訳も原則認められないしな

671 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 00:05:09 ID:glEGl6vO
需要あるよ。でも折角の良素材だから推敲は十分にね。

ハーフエルフで今のところ召喚されてるのはジーニアスとリックだけか?
それだけでなくエルフ(またはそれに似てる種族)はあまり来てないのな。

双月の女神を読んで思ったんだけど、序盤でルイズの虚無が少しでも覚醒するのはあり?
サモンナイト4のエニシアを召喚して才能開花とか頭を過ぎったんだけど…。

672 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 00:06:54 ID:m+gqsPNW
>>659
タンタンとスノーウィシリーズとかはどうだ?

673 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 00:07:36 ID:dCAohO4u
貴様のしたり顔にはほとほと愛想が尽きたわ!!

674 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 00:08:21 ID:nyzDQTuZ
>>669
リーグオブエクストラオーディナリージェントルメンでも読んでこい

675 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 00:10:04 ID:ie9u7bhq
「宇宙英雄ペリー・ローダン」シリーズが総発行部数10億部ぐらい

676 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 00:11:06 ID:9k5IkCET
ロボタック呼ぼうぜ

677 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 00:12:28 ID:jc0+EbFP
>>672
タルブ村で「コンコンニャローのバーロー岬!」が響き渡っているんですね!判ります

678 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 00:12:33 ID:xCxwQIYA ?2BP(30)
>>674
リーグオブレジェンドの原作のアレか。
確か映画ではネモ船長がやたらと強くなってたりしたよな。
・・・・・まさか原作(海底二万マイルの方じゃないよ)の方でもそうなのか?

679 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 00:14:33 ID:RZ2rlyhA
>>669
なんだ、釣りかと思ったがただのバカか。
発行部数とクロスに合う内容かどうか、ってのは全然関係無いわけだが。
むしろここはSS書きの力量によって変わるもんだ。
どんだけいい材料があっても料理人がヘタクソじゃあ食べられたモンじゃない。

680 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 00:16:10 ID:nyzDQTuZ
>・・・・・まさか原作(海底二万マイルの方じゃないよ)の方でもそうなのか?
マシンガンみたいな銛撃ち銃で大虐殺してた

681 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 00:17:53 ID:DE/7s7er
海底二万マイルのほうじゃノーチラスの衝角で鯨惨殺大会だぜ?

682 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 00:19:18 ID:US0+6t7Y
>>669
馬鹿のふりした釣りかもしれんが、発行部数なんざセールス戦略と資本で決まるもんだぜ?
携帯小説とかが発行部数に相応しい出来か?
ハリー・ポッターは日本人好みだったから日本で部数を稼げたのか?
それ以前に、作品が傑作かどうかなんざ個人の嗜好で決まるもんだ
そこまで言うんだったら、お前がゼロ魔とクロスさせるにふさわしい作品名を上げてみ?

683 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 00:19:38 ID:u/h3Pajh
ノーチラスでネモ船長と聞くとパロ先の不思議の海のナディアが連想される俺、参上

684 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 00:22:41 ID:HELg6xfk
>>646
「わたしは必ず竜を殺す」とか言って、世界で一番強い男を二人も(この時点で矛盾している気が・・・)蘇らせた人ですね

いや、私も某紹介HPしか見てないんですけどね
思いだして久しぶりにそのHP見てみたが、やっぱり笑える

あんなの呼び出したら、コルベール先生も再召喚を許可するぞww

685 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 00:25:06 ID:VbEnggmA
>>684
ルイズが宮本武蔵とブルース・リー召喚するんですねわかります

686 :669:2008/05/20(火) 00:25:43 ID:0rzj0xIc
>>682
ゼロ魔を読んだことないのにそんなのわかるわけないだろw

687 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 00:25:53 ID:nXWAaFky
>>685
セガールだろう、jk

688 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 00:27:28 ID:MVbqR9KQ
>>684
最後にゃハルケギニア真っ二つだなw

689 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 00:27:59 ID:nyzDQTuZ
「ゼロのルイズが使い魔を呼び出した!
世界で一番強い男を召喚したのだ!

   宮本武蔵と!

   ブルース・リーを!」

690 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 00:29:28 ID:Fk9TofA6
レンズマンネタってあったっけ?
読んだことのある人間も少なそうだから一度もないか

691 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 00:30:45 ID:ie9u7bhq
>>690
何度か話題にはのぼるが実際に召喚されたことはない
需要はあるらしいのでぜひ一度書いてみてください

692 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 00:30:55 ID:TntNKiHN
>>690
読んだことあるやつは多いみたいよ
ただキムとか呼ぶと無敵すぎて話を作れないっぽい

693 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 00:32:48 ID:lFsko0Mn
>>690
トレゴンシーのぬめぬめとした触手がテファの(ry
を期待しています。

694 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 00:36:10 ID:4+DaXBh/
>>690
ここはやはり、ウォーゼルで宜しく。

695 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 00:37:58 ID:isHn6tZB
ネトゲとのクロスはあり?
勿論自キャラではなく、NPCを出そうとは思っているんだど…
ちなみにクロスしようと考えているのはドがつくほどマイナーなRF onlineというゲームなんだが。

696 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 00:38:11 ID:Fk9TofA6
やっぱりレンズマンは一度もないのね
>>692の言うとおりキムを出すと話が破綻するしなあ
無理、書けそうにない

697 :MtL:2008/05/20(火) 00:38:36 ID:GVsqMPXD
同じくヴォーゼルでお願いします。

698 :684:2008/05/20(火) 00:38:52 ID:HELg6xfk
>>685
そしてギーシュに瞬殺される宮本武蔵とブルース・リー

699 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 00:39:39 ID:GVsqMPXD
ひゃあ!
わたししりませーん
作家なんかじゃありませーん!

700 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 00:40:24 ID:C9P07gas
このドジっ子め!w

701 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 00:41:09 ID:TntNKiHN
>>697
ドジっ子乙っす
これは今日中に一本投下予定だと思っていいすねw

702 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 00:42:26 ID:lFsko0Mn
>>695
オリキャラでなくちゃんとした個性を持っているのならいいんじゃないの。
オリキャラじゃなくても個性というか全く特徴を描写されないキャラもいるし。
(ネトゲじゃないけどDQ1の勇者とかFFV(FC)の光の戦士達とか)

703 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 00:45:21 ID:vc2wi7OS
本家より知名度が低いのは分かっているがここはサムライレンズマンのシン・クザクでお願いする


704 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 00:50:18 ID:4+DaXBh/
>>703
すぐハラキリとか言い出すから、不可

705 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 00:52:48 ID:isHn6tZB
>702
なるほど。
そういえば地球防衛軍からストーム1が召喚されたりしてたっけ。
ちなみに召喚予定のキャラはアクレシア帝国軍の英雄ロタン3rd。

…それにしてもRFonlineなんて知ってる人いるのか。

706 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 00:58:20 ID:Y7Q504wf
もくせいたいきけんのかいぶつノラゴーラごっこをしようと
触手をめいっぱいぬるぬるさせたトレッグおじさんが召喚されるんですね

707 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 00:58:58 ID:u/h3Pajh
>>705
逆に考えるんだ
「自分のSSで知ってる人間をどんどん増やしてやるぜ!」
と、考えるんだ

708 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 01:03:57 ID:DE/7s7er
じゃあ俺はロッド・マチャド先生でも召喚するか

だめだ。よく考えたらあのゲームでキャラ立ってるのあいつだけだけど実在の人物だ

709 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 01:08:52 ID:4B3li5ij
ルドラから主人公sとかもおもろいかもなぁ
ガンダ・シオン ウィン・リザ ミョズ・サーレント
憚られるのはデューン、おおどろぼうを伝説として残すのは躊躇するよ!

710 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 01:12:03 ID:5OY/cLBi
バナナフィッシュのアッシュ・リンクスとかどうかねえ?

711 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 01:12:41 ID:isHn6tZB
鷲は舞い降りるってジャック・ヒギンズか。

712 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 01:15:24 ID:/DRsz62K
>710
図書館からですねわかります

713 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 01:15:50 ID:isHn6tZB
むおおおお誤爆!

>707
ゲーム自体の過疎が進んでるから、これで少しでも新規が増えれば…
とりあえずやってみるぜ!

714 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 01:22:55 ID:HELg6xfk
『−鷹−5000人を抱いた男』より加藤鷹召喚!!

あっ、実在の人物はNGか

715 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 01:24:07 ID:nyzDQTuZ
単なる絶倫男なら「超男性」というバカ小説の主人公でいいんじゃないか

716 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 01:26:21 ID:ie9u7bhq
絶倫……ガロン塚もt

717 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 01:46:23 ID:tgBYmTZ6
て言うか、2.6M部も売れてたんだ
知らんかった

終わりのクロニクル読んだ俺が通りますよっと

SS作者の苦労>>申し訳無い。凄い響いた(_ _)

718 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 01:47:34 ID:nyzDQTuZ
「自己紹介しとこう!!オレは亀頭が握り棒程もある神の左手ガンダールヴ!!」
「オレは長さ30センチを誇る神の右手ヴィンダールヴ!!」
「抜かずで8時間やり続けた記録を持つ・・・神の頭脳ミョズニトニルン!!」
「一回の射精で1リットルのザーメンを流し込む記すことさえはばかれる使い魔!!」

だめだ寝る

719 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 01:56:02 ID:z6RyoXgv
8時間と頭脳どう関係あるんだよw

720 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 01:56:06 ID:ie9u7bhq
全員その名を記すことさえ憚られたという

721 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 02:41:05 ID:p+HNQAg9
>>719
果てそうになると、素数を数えて耐えてたんじゃないか?(w

722 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 03:09:58 ID:E+5E8YgR
大事なことなので2回言うがアクマこんにちわ楽しみに待ってます。す。

723 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 05:03:09 ID:P9PkK2b9
『スレが腐敗したと感じるなら少しの間離れてみたらどうだ?』



そんな風に言われ早2ヶ月、久しぶりに覗いてみたが余計酷くなってるな
てかここまで酷くなってるのにまだ人が大勢いるのに驚いた

724 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 05:29:38 ID:Qt2c7FCa
オーガスから桂木桂を召喚
タルブでは大尉がオーガス3作っていたり、シエスタの背中に怪しげな触手があったり、聖地に時空振動弾があったりする

メンテできる人間がいたらロボも結構持ちそうな気がする

725 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 06:45:22 ID:kRGgZtj0
>>723
建設的な事は何一つ出来ずに懐古に浸るしか出来ないなら毒吐きスレへどうぞ。

726 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 06:54:06 ID:DE/7s7er
>>723
じゃあもう2年くらい離れてみたらどうだ?

727 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 06:57:26 ID:LxV+xxJT
>>646
「失楽園」のイエス様が来たら酷いことになるな。
なにせ単騎でサタン軍を蹴散らす化け物だ。

728 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 07:03:31 ID:i2etnz7A
>>723
2ヶ月経っても未だそう感じるのなら今度は少しの間この世を離れてみたらどうだ?
そのまま帰ってこなくてもいいよ^^

729 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 07:12:01 ID:dMV8oC9o
小ネタ投下しようと思ってたんですが、大丈夫ですかね?

730 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 07:16:43 ID:sVLYiskj
いらっしゃいませ

731 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 07:17:37 ID:dMV8oC9o
「我が竜を見よ」よりドラゴンを召喚

 召喚の前日、ルイズはある言葉が聞こえたと言う。
 大きな絶望に立ち向かう希望に満ちた声を。
 そう、「我が竜を見よ!」と。

「ルイズがドラゴンを呼んだぞ!」
「何故だ!?」
「ありえない・・・」
「これは夢だ。悪い夢に違いない。夢なんだから覚めてくれぇぇーっ!!」

 魔法が一切使えない事で「ゼロ」という屈辱の二つ名を持つ少女、
ルイズは今日この日よりその二つ名が返上されることを確信した。
 黒い鱗に身を包み、申し訳程度に存在する羽は残念ながら飛べそう
に無いが、それは今後の成長に期待する方向でいいだろう。
「ふむ、サイズから言ってミス・タバサの召喚した風竜よりも若い
50歳程度のものでしょうか? 大変珍しい種類の竜ですね。
さ、早く契約を」
 教師のコルベールに促がされ、契約を済ませるルイズ。
 そこに待っていたものは・・・

 ポンッ! と音を立て赤ん坊になってしまったドラゴンだった。

 気まずい沈黙の後、タバサがポツリと呟く。
「ふりだしに戻る?」
 爆笑だった。

「さて、これは奇怪な現象ですね。一体何が起きたのか私にもサッパリわかりません」
 首を傾げるコルベール。
「正直ルーンも見た事の無い珍しい物です・・・これは念のために学院長に立ち会って貰いましょう。
 さ、みなさん。今日の召喚の儀式はこれで終了です。
 まだ召喚の終わって無い人は明日お願いします」
 パンパンと手を打って解散を告げる。
「ミス・モンモランシー。あなたは学院長を呼んで下さい。それからミスタ・グラモン、
あなたはマルトー料理長を呼んでくれませんか?」

732 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 07:18:14 ID:dMV8oC9o
「何故です? コルベール先生」
「竜とは言え、赤ん坊に必要な物はまずご飯でしょう。竜の餌になるような物を厨房で作ってもらいなさい」
「わかりました」
 テキパキと指示を出すコルベールの側で、ルイズは硬直して動けなくなっていた。
(な、何が起きたの? 推定50歳前後の幼竜を呼び出したと思ったら、急に生後一週間程度に変化してしまった
・・・超スピードやトリックなんてチャチなもんじゃない、もっとトンデモない何かを感じさせられたわ・・・)
 そんな中、肩に手を置き祝福してくれる存在が居た。
「おめでとう、ルイズ。良かったじゃない。何はともあれ、ドラゴンよ」
 キュルケだった。
「・・・どうして?」
「あら、何が? 小さくなった事だったらあたしにもわかんないわよ?」
「何が」おめでとうなのよ! 言いかけて止まる。
 ルイズは思い直した。
 前日から「召喚には自信がある」と宣言して、その言葉を真正面から聞いて、受け止めてくれた。
 他の誰もが笑う中、確かにドラゴンを呼んだ事を認めてくれた。
「そうね・・・ありがとう」
「ヴァリエールに感謝されるなんて、明日は雪かしらね」
「ツェルプストーに祝福されたから、きっと雪ね」
 今までは家が宿敵だった。それだけの間柄だった。
 でも、今日からは違う関係になれそうだとルイズは思った。
「待ってなさいよ。今は小さなドラゴンでも、きっと世界中で一番強いドラゴンにして見せるんだからね!」
「ええ、待ってるわ。だってあなたはドラゴンを呼べるメイジなんですもの」
 ドラゴンを呼んだ事への敬意。そして対等の者へ向ける力強い視線。
 キュルケがルイズの事を認めた瞬間だった。

 よくわからない現象は起きたけど、自分は確かに召喚を成功した。それも誰もが憧れるドラゴンを!
 ゼロと呼ばれ、どんな魔法を使おうとしても爆発する自分が、今までとは違う何かになったような気がした。
 試しにフライを唱えてみる・・・爆発した。
「こら、ミス・ヴァリエール。何をするのですか!」
 慌ててコルベールが止めに入る。
「残念。魔法が使えるようになったって訳じゃないのね」
「そうね。でも不思議。あの子を見ていると、何だか今のもただの失敗じゃない気がしてきたわ」
 何やら笑顔で話し合う二人をコルベールが不思議そうに見つめていた。
「はて・・・ミス・タバサ。あの二人はいつからこんなに仲良しになったのですか?
「ついさっき」

733 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 07:19:18 ID:dMV8oC9o
 オールド・オスマンが現場についた時には、モリモリと食事をするドラゴン
とルイズ、キュルケにタバサ、ギーシュにモンモランシーがその場に居た。
 ギーシュとモンモランシーはコルベールからアレコレ指示を受けたため。
 キュルケとタバサはこの召喚の結論が知りたくて、好奇心から残った。
 ちなみにコルベールはマルトーと次のおかわりの準備に入ってこの場から離れている。
「ふむ。元気な竜じゃのぅ。この子を召喚したのは君かね?」
「は、はい。私です!」
 目を細めて孫を褒めるような顔でいる。
「竜を呼ぶ事は誰にでも出来る事ではない。大切に育てるんじゃよ」
「はい! ありがとうございます!」
「さて・・・この竜は確かに変わっておる。羽は一体どうしたんじゃ?」
「え!?」
 言われて気がついた。
 ドラゴンは生まれた時からその身に相応しい翼があるはずなのに、このドラゴンには無かった。
「あ、あれ・・・おかしいな最初出てきた時には確かに・・・」
 焦って探すルイズだが、どこにも見当たらない。
「良い。恐らくはそういう種類なのじゃろう。わしらも全ての竜を把握しておるわけではないからのぅ」
「そう・・・ですか」
 そういう事もあるんだろう。そう思う事にしたルイズではあったが、やはり残念ではあった。
 ドラゴンとは空を飛ぶものと思っていたし、小さいとはいえ、その背に乗って空を飛びたかった。
「おお、オールド・オスマン! 入れ違いになってしまいましたな。ご覧になりましたか!?」
「良くぞ呼んでくれたな、ミスタ・・・この竜は非常に珍しい」
「やはり学院長もそう思われますか! あと、コルベールです」
「いや、わかっておるよ・・・うん」
 オスマンはすらっとぼけた。

 最初の異変は決闘によって起きた。
 きっかけはギーシュが落とした香水が原因で浮気がバレた事だった。
 売り言葉に買い言葉で決闘する事になってしまったルイズとギーシュ。
「君が『ゼロ』でも関係ない。魔法を使う事を止めないだろうね?」
「ええ、止めないわ」
 練金で生まれるゴーレムがルイズに襲いかかる。
 ギーシュの瞬殺で決闘が終わると思われた所へ闖入者が現れギーシュのゴーレムを粉砕した。
「な! 使い魔だと!? そんなのありか!」
「ありに決まってるじゃない。使い魔とメイジは一心同体よ」

734 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 07:20:19 ID:dMV8oC9o
「む・・・まあいいだろう。たかがドラゴンの赤ん坊くらいでひるむ僕じゃないって事を見せてやろう!」
 ギーシュはあくまでも強気だった。
 ドラゴンの強さとは大抵年齢で決まる。古く、大きい竜ほど強い。
 その法則で考えた結果。あの竜が自分より強いはずが無いという結論をギーシュは出した。
「助けてくれてありがとう。でも、もういいわ。あなたに怪我なんてさせられないもの」
 ドラゴンを背に守ろうとしたルイズ。
 しかし、ポンと跳ね上げられたかと思った瞬間にルイズはドラゴンの背に跨っていた。
「バカ・・・ありがとう・・・」
「では良いかね? 全力でいかせてもらおう」
 ギーシュが六体の女性型ゴーレム、ワルキューレを生み出す。
 それに合わせてルイズがドラゴンの角を握った瞬間、その異変は起きた。
(え? 何これ。ここはどこ?)
 真っ暗などこか。一対の瞳に見られる自分を感じる。
(誰? ・・・そうあなた、なのね?)
 その瞳がドラゴンのものだと悟った瞬間。まるで相手と自分が一つになるような気がした。
(え? あいつをどうするかって?)
 ドラゴンが目の前の獲物をどうするか尋ねている。そう自然に感じる事が出来た。
「そうね・・・全部やっちゃいましょうか!」
 ドラゴンとルイズが一緒になって吠える。
 その口からはおよそ赤ん坊の竜が生み出すとは思えない熱量の火の玉が生み出されていた。
「ポォラ!」
 吐き出した火の玉は着弾点を中心に巨大な炎を展開した。
 ルイズの圧勝だった。

 次の異変は盗賊退治。
 フーケが破壊の杖を盗み、それを取り返そうとした時だった。
 巨大な土のゴーレム相手に為す術も無く、ジリ貧になっていた時。
「えい! この! 破壊の杖なんでしょ!!」
 空しく破壊の杖を振るルイズ。
 振り上げられるゴーレムの拳を見て、彼女の取った行動は・・・
「逃げて!」
 自分の使い魔を逃がそうとする事だった。
 しかし、ドラゴンはじっとしたまま何かが起きるのを待つように
じっとしていたかと思うと、何事か突然吠えた。
 そこで起きた異常事態は誰も理解出来なかった。

735 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 07:21:06 ID:dMV8oC9o
 どんな理屈で竜が急に大きくなったと言うのだろうか?
 急な成長を遂げたドラゴンは今までより遥かに強くなり、
フーケのゴーレムを破壊した。

「ふむ。まさかあのロングビルがのぅ。まぁ良い。みなの者、よくやってくれた。
今日のフリッグの舞踏会はおぬし達が主役じゃな」
 オールド・オスマンが解散を告げる中、ルイズはその場に残った。
「学院長、あの竜は一体・・・」
「うむ。その件はミスタ・コルベールからも不思議な報告を受けておる」
「コルベール先生が?」
「お主の使い魔のルーン、な。どうもガンダールヴらしい」
「でも、ガンダールヴと言えば・・・」
「あらゆる武器の達人で、その卓越した戦闘力で始祖ブリミルを守った・・・そうじゃな?」
「・・・はい」
「わしにも良くわからん。いったい、どうして竜がガンダールヴなのか。答えはこれから探すしかあるまい」
 あの竜が武器を使う。どうにも想像がつかない。
 しかし、ルイズには何となく感じている事があった。
「多分、私です」
「何がかね? ミス・ヴァリエール」
「私が武器なんです・・・あの竜には乗り手が必要だった。
誰かと一緒に戦う事があの子にとって武器なんだと・・・そう思います」
「ほほぅ。なるほどの。ミス・ヴァリエールは良い使い魔を呼んだのぅ」
「ありがとうございます」

 三つ目の異変は夢の中。
 幼い頃の思い出の小舟の上。
「おや、珍しい。キリコだね?」
 そこには魔女のような巫女のような老婆が居た。
「キリコ? 私はルイズよ。ルイズ・ド・ラ・ヴァリエール」
「ルイズ? はてね・・・聞いた事のない竜使いだね」
「悪かったわね。まだまだ見習い竜使いよ!」
「そうかい・・・しかし似ているねぇ、キリコに」
 マジマジとピンクの髪を見つめて、ルイズを誰かと重ね併せるように観察した。
「誰なの? キリコって」
「あんたも竜使いならよく知っておきな。世界最強の竜使いの名前だよ」

736 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 07:21:42 ID:dMV8oC9o
「そう、教えてくれてありがとう。ところで、私に何か用?」
「ふむ・・・そうだね。ここで会ったという事は、おそらくは
お主にもヒナギク病の事を教えろという事なのかもしれないねぇ」
「ヒナギク病?」
「治療法がまだわかってない病気だよ。心当たりは無いかい?」
 ふと二番目の姉が頭に思い浮かんだ。
 どんな治療法も効果を見せず、部屋を出ることも出来ないカトレア。
「ちぃ姉さま・・・まさか・・・」
「ある様だね。いいかい? ヒナギク病の治療法を探すんだ。世界中で暴走する精霊を掻き集めてデータを集めろ!
 じきにヒナギク病の大流行が起きる。それまでに何としても治療法を探すんだ。いいね!」
「どういう事? そんな・・・」
「じゃあね、キリコに良く似たお譲ちゃん。運が良ければまた会おうさね」

「待って!」
 叫び声を上げながらルイズは目を覚ました。
 汗でびっしょりと身体が濡れていた。
「訳が分からないわ・・・ヒナギク病・・・あれは本当に夢なの・・・?」
 この日からルイズは世界と対峙する事になる。
 並み居る敵を竜で蹴散らし、世界のありとあらゆる場所を巡り、災害という災害と正面から戦うようになった。
 人は彼女を『クレイジー・ルイズ』と呼び、畏れ敬った。
 やがて、ヒナギク病と呼ばれる病が彼女の見た夢の通りに流行した。
 その影に潜む魔族と呼ばれる存在と戦う彼女達の合言葉は、世界の希望と共に語られたと言う。

「我が竜を見よ!」

737 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 07:23:58 ID:dMV8oC9o
以上で投下終了です。

長編でやってみたいと思ったんですが、
思ったよりうまくまとめられず、小ネタにさせてもらいました。

それでは、失礼しました。

738 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 07:27:08 ID:sVLYiskj
お疲れ様〜乙でした


739 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 07:31:40 ID:6lwBV7LE
GJ!
育成ものからだと敵が大概涙目だなww

740 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 07:47:29 ID:Y7Q504wf
>ポンッ! と音を立て赤ん坊になってしまったドラゴンだった。

ルイズが赤ん坊になったと誤読して
全員えらく冷静だな と
再読するまで間違いに気付かなかった orz

741 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 07:56:00 ID:Xb9qWOJU
最近の本スレは酷いな。GWも過ぎて暇がなくなり、新刊が近々発売するから
先に進んでる作者は迂闊に書けない。これが重なって投下が激減し雑談が目立つようになった。
しかも相変わらず話題はループ、燃料と称して下らない1レスネタを大量投棄、
挙げ句の果てにはしょうもない釣りに全力で釣られる始末。
これで酷いと言われても仕方ない気もする。

742 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 08:00:31 ID:CqxkpEHf
投下乙。
育成モノだといろいろキャラがいるから、
なに召喚させるかでいろいろ妄想できるな。
個人的にはモンスターファームとか見てみたい。

>>741
そういうレスの積み重ねがスレをダメにすると何故気付かない

743 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 08:17:53 ID:PgR6lHBx
>>742
「な、なにこのピンクボール?」
「チー♪」

こうですかわかりません

744 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 08:20:25 ID:H0cI7k+q
ピンクボールといえばカービィ…
もう復活は無いのかな…

そーいや
スマブラXのフィギュアを召喚するとどうなるんだろうか?

745 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 08:30:13 ID:0xGY8OX2
>>741
ならあんたが書けばいいだろ!ただで読ませてもらってる乞食の分際で偉そうにほざくな!

746 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 08:51:03 ID:9B2L96hd
学院での部活動の話少ないな。
某光画部の話があったが

>押忍!!魔法学院空手部

最初は強くなりたいルイズが主人公だったが次第に使い魔の高木が主役に…
もちろん初代ハルケギニア魂はブリミル(第二代はカリン?)

747 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 09:14:39 ID:KDK+1EHC
>>744
Xにミュウツーが出なかったのは、実はDX後にルイズに召喚されたから

そんなことを考えていた時期が俺にも(ry

748 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 09:48:30 ID:PWj8lTe7
>>746
ギーシュが沖縄空手やムエタイを習得しながらも毎回ヤラレ役になったり
ルイズがタルブ村にあった怪物バイクでレコンキスタに囚われたワルドを助け出すのか


749 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 10:21:03 ID:Q+kAoJwp
遅ればせながらササラの人乙。

頼むからササラは幸せにしてあげてください(泣
その男が元々惚れていた女との中を心で泣きながら笑顔で応援するササラはを見たら、もう私ぁ……

750 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 10:27:38 ID:J+Up68qF
>746
そういや最初は高木さんが主役じゃなかったな
まあ、あのマンガも最後は魔法バトル的なものになったよな

751 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 10:29:21 ID:gN7dm+T8
とりあえずみんな、彼女を思うなら名前をちゃんと覚えてやってくれ。
サ「ラ」ラだ、サ「サ」ラじゃない……。

ナンデフタリナマエカイテテフタリトモマチガエテルンダヨ (つ_T)

752 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 10:31:52 ID:CqxkpEHf
そういえばモノリスはもう小ネタにあるのか

ディノ: 新種のドラゴンとして扱われるかも。火とか吐くし。飛べないけどな。
ライガー・ハム・ラウー: 珍しい生き物扱いか。ベース動物だしな・・・。
スエゾー: 新種のバックベアード扱い?ツバでベトベトになるギーシュとワルキューレが目に浮かぶ。
ピクシー: ヤバイ。何がヤバイって、服みたいな部分、体毛なんだぜ? かき分けられるんだぜ?
ワーム: 「ゼロ」のルイズから「近寄りがたい」ルイズに。羽化でもう一匹モンスターも使えるぜ!
ゴーレム・ヘンガー: ゴーレムはともかくヘンガーはコッパゲに大人気かも。
ドラゴン: シルフィとの交流が気になる。年齢1桁なんて、シルフィからしたら赤ん坊かもしれないが・・・。
マジン: 亜人扱いか。
ニャー: 「チャックついてるー!?」 ガビーン
ゴースト: タバサ、暁に死す!
その他: 思いつかなかった。

753 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 10:46:35 ID:ROtyu98G
>>745
読ませてもらってる乞食なのはみんな同じだろ。お前の方がよっぽど偉そう。
ここ見てる限り妄想書いてる奴って誰一人実現できてないし、そんなに言うならお前の妄想を実現させて投下してみろと。

754 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 10:52:45 ID:xV/1eFLv
以後スル−で

755 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 10:53:18 ID:B3OKVzKc
>>753
>読ませてもらってる乞食なのはみんな同じだろ

だから、いちいちスレの空気を悪くするような事を書くなと言ってるんでしょうに
単にROMってるだけの奴が偉そうな事書くもんじゃない
そういうのはチラシの裏にでも書いてろ、な?

756 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 11:14:25 ID:1Z9nE6Si
つ【投下以外はチラシの裏でお願いします】

757 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 12:22:30 ID:oXBzCW2y
琉球空手の達人ミヤギを召喚。
「ルイズさん、ワックス掛ける、ワックス取る」
ミヤギは、カラテを通して彼女との心の交流を試みるが……


空手着ルイズって、何か良いと思わない?

758 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 12:42:40 ID:9w55lOox
>>757
で、ルイズが片方の眉を剃るんですね
「ふはははは!片方しか眉の無いメイジの、なんと滑稽なことよ!」


759 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 13:00:16 ID:m+gqsPNW
>>757
グレイシーとか西郷四郎とか呼んで柔道着ルイズというのはどうだ!もちろん中にシャツを着るなんていう軟弱な真似h(エクスプロージョン

760 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 13:01:24 ID:x1cJ3/VE
>>757
で、ギーシュとの決闘の時、
ワルキューレの中から爆発しながら現れるんですね。
更に噴水からはタバサが、空からはキュルケが。

761 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 13:16:39 ID:3n7aeFLg
空手使いなら雷音竜の名前をあげないわけにはいかない

「おれは地上最強だ どんなやつがきても0.2秒であの世へおくることができるんだ
 武器はもたない カラテだ!」

762 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 13:24:29 ID:S6FOQFl+
倒した相手に白いゲーム機を奨めていくわけですね分かります

763 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 13:26:25 ID:k06QlfIH
せがたさんしろうの事か〜!!

764 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 13:46:08 ID:B9IMsU6t
空手なら餓狼伝の丹波文七
拳を握り締めるとガンタールヴ発動

765 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 14:02:23 ID:rClYTraz
素手で闘う連中ばかり希望しやがって、デルフが可哀想だと思わんのか!!

766 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 14:07:18 ID:laoibVX8
大丈夫、デルフなら盾として充分活躍できる!

767 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 14:17:26 ID:nL13DKHp
デルフを盾とか防具って設定にすればOKじゃね?

768 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 14:19:27 ID:m+gqsPNW
ちがうよ、カイザーナックルやメリケンサックにしてしまえばいいんだよ!>デルフ

769 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 14:20:48 ID:AyiFWUIz
フルプレートアーマーで全身完全防御なデルフと申すか

770 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 14:25:12 ID:lFsko0Mn
デルフをダイの大冒険の鎧の魔剣みたいにしてしまえば。

どこぞの聖剣と一緒で剣でなく鞘の方が本体になってしまうな。

771 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 14:31:07 ID:AYL3yCbz
すみません、>>758>>760のネタが判らんません

772 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 14:33:36 ID:gN7dm+T8
>>768

そして「デルフリンガー・ライジング!」と叫ぶと
全身に魔法を吸収するフィールドが張られるのですね、分かります。

773 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 14:35:03 ID:CRdIzeAC
さすがに人食いオロチの名前が出ないあたり、皆空気読んでるな

774 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 14:35:11 ID:DKJZbI+o
ルイズが西方の大君主ベルガリオンを召喚
ルイズとセ・ネドラって見た目も性格も髪の色も似てるから、ガリオンビビるだろうな。

775 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 14:43:12 ID:gjyJ8yDt
ボクシングと剣を組み合わせたまったく新しい格闘技使えばいいんじゃねえか?

776 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 14:45:39 ID:9B2L96hd
なにおう!道着なら上だけ剣道着とか上だけ柔道着だろう?

大トリスティン魔徳会の魔道専門学校(通称:魔専)へ入学するルイズの話とかどうか?
シエスタとは男女の障害を越えた間柄になり、後にヴァリエール家の養女に(後に大女優)


777 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 14:50:07 ID:oXBzCW2y
シャドウハーツフロムザニューワ−ルドをやって思い付いた。
多留武(タルブ)忍者の里。
何百年も前にやって来た忍者の子孫が作った村。
シエスタ、ジェシカはくのいちです。
スカロンもくのいちです。

778 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 15:23:41 ID:WFrbE+ag
最新仮面ライダーから、名護さんとか音也とかどうだろう
音也は順応しそうだが、名護さんは無茶苦茶荒れそう

779 :名無しさん@お腹いっぱい:2008/05/20(火) 15:53:12 ID:FRheeQ22
忍者で思い付いたが、Shinobiから秀真を召喚ってどうよ?
最初から悪食覚醒だとオワタになるが…

780 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 15:54:09 ID:CRdIzeAC
幻想水滸伝のぼっちゃんが召喚されたらどうか考えた
意外と従順に従ってそうで困った

781 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 16:11:08 ID:qDjwgQuN
>>780
誰かソウルイーターに喰われそうで心配です


782 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 16:47:26 ID:ky8gpFym
>>781
なぜか紋章の所有権がルイズに移って
ワルドなりウェールズなりが喰われていくわけですね


783 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 16:58:45 ID:vc2wi7OS
柳生忍法帖Y十Mの十兵衛はどうかな?
剣の達人だけどあくまでも人の範疇にあるし、異世界でも直ぐに順応できる精神もある
問題は敵の女ですら十兵衛のためなら死をいとわないぐらいモテるところだが

784 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 17:01:30 ID:AYL3yCbz
甲賀幻乃助は・・・・・・・・・・強すぎるな

本気出したらワルドはおろか七万の軍勢すら普通に倒せる
本気出さなくても基本スペック桁違いだし



785 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 17:05:53 ID:vc2wi7OS
>>784
瞳術で相手が眼を見たら終了だし、中途半端な距離だと詠唱が終わる前に斬られるだろうからなあ

786 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 17:08:02 ID:nL13DKHp
魔界転生から宮本武蔵とか・・・だめだどんな展開になるか想像つかん。

787 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 17:11:43 ID:k06QlfIH
ケン=イシカワ作品は危険すぎる

788 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 17:15:46 ID:Q+kAoJwp
何が危険って、石川臭が漂った次点で(グルグル目のキャラ登場とか)
ハルケそのものが虚無るフラグがビンビンに成立するってのが一番危険w

789 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 17:16:53 ID:rClYTraz
サスケやカムイとか

790 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 17:20:07 ID:ie9u7bhq
ド ワ オ
ttp://www35.atwiki.jp/anozero/pages/3976.html

791 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 17:24:44 ID:i7+na8Wc
甲賀忍法貼なら忠誠心の高い小四郎あたりを・・・
こいつも基本スペック高すぎカマイタチの忍術が反則クラスか

792 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 17:26:41 ID:nL13DKHp
柳生忍法帖や甲賀忍法帖の話が出たから、同じ作者の魔界転生を出したら、原形をまるで留めていないほどアレンジされた石川版だと思われてるorz

793 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 17:28:22 ID:tVXQRcGh
風太郎なら「忍法剣士伝」のヘッポコ忍者木造京馬とかどうだろ。
原作では身分違いの恋仲であるお姫様がエロエローンなフェロモン女(本人の意志とは無関係に男を引き寄せてしまう)になってしまったのを、
塚原卜伝とか伊藤一刀斎とか宮本無二斎(武蔵の親父)といった怪物剣豪たちから守るために健気に頑張る男の子だ。
ヘッポコとはいえそういう剣豪達に比べると、って話なんで一般人よりは強い、でも人外どころか達人でもない、っていい感じの強さだと思う。
問題はルイズがエロエローンなフェロモン女になってしまうのがどうもイメージ出来ないことだが。

794 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 17:32:25 ID:tVXQRcGh
>>792
ドンマイw

795 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 17:32:30 ID:0sGOnUYT
忍者というなら、宇宙忍者バルタン星人を。
ルイズもいっしょに「フォッフォッフォッフォッ」
ってスペシウムが無いと誰も勝てないな。

796 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 17:39:37 ID:J+Up68qF
剣を防御に拳技・体術で闘うと言えば、るろ剣の蒼紫がいるじゃないか

797 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 17:42:40 ID:k06QlfIH
剣心召還したらデルフフラグたたずに殺さずでつきすすんじゃうな

798 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 17:42:46 ID:ThJnd+lE
忍術?
では御剣デモパラ一家で

799 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 17:45:05 ID:i7+na8Wc
柳生忍法貼の十兵衛ならちょうど良いと思うけどね
強くいい男だが稀にみる女難持ち

800 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 17:46:01 ID:CRdIzeAC
忍者……おぼろ丸……いやいや

801 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 17:51:16 ID:7CNsyKt6
>>798
ドラゴンになれるのがいるからルイズ大喜び、と思いきや長女召喚w

802 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 17:56:48 ID:dYF25oPW
>>800
不殺で突き進むのか百人斬りバージョンかでかなり変わるなw


803 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 17:57:43 ID:YoBXU9yz
>>801
まあ次男召喚よりはましか…

804 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 17:59:19 ID:i7+na8Wc
ルイズが甲賀弦之助を召喚
ギーシュとの決闘で瞳術発動・・・
いけそうか?


805 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 18:00:31 ID:balklw9a
ガイエの創竜伝から4兄弟召喚。

ハルケギニアの何処かに召喚された余を探しに来たはずの終が何故かガンダールブとしてルイズの使い魔に。
何故か始はロマリアに、続はガリアに召喚されていた。
さて。

806 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 18:06:55 ID:ap0iIyLK
>>804
たかが子供の喧嘩に瞳術使うほど軽薄じゃないだろ、弦之助は。

807 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 18:10:38 ID:i7+na8Wc
>>806
それもそうか
一瞬にしてギーシュの杖を奪って終了か
どのタイミングで瞳術を使うかだなあ

808 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 18:10:55 ID:kGEqGoFS
>>778
うっかり怪物3人組から誰か呼んだら学院皆殺しだな……ガクガクブルブル

呼ばれるのが音也だったら誰にアプローチかけるだろうか。
生徒は論外だろうからミス・ロングヒルあたりがヤバいかもしれんw

809 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 18:16:38 ID:AYL3yCbz
瞳術使うとしたらワルド相手か七万の軍勢相手でしょう

で、テファが召喚した朧と二人だけの世界に入り浸る、と

810 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 18:17:07 ID:282ffCYr
俺少し考えたが、故川内作品のダイヤモンド・アイとかコンドールマンとかダメかな?

811 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 18:19:58 ID:9JZVTnp4
甲賀忍法帖なら如月左衛門あたりがちょうどいいんじゃない?
地味に強いし

812 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 18:20:25 ID:7wQ/PEMC
>>800
おぼろ丸は火・水・土・風と一応全属性攻撃できるんだよなw
ライブアライブの主人公達は作品中でも中世編に召喚されてるから呼ばれても違和感が無いな。
また中世編の世界かと勘違いしそうな気はするけど。

813 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 18:22:10 ID:i7+na8Wc
>>809
七万の軍勢が自殺したり味方同士で殺しあうのは圧巻だな
甲賀、伊賀のない世界なら二人とも幸せなんだろうな
>>811
変装をどう活かすかだね

814 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 18:22:21 ID:AYL3yCbz
忍者ならハットリカンゾウ召喚がいいのではないか?

なんつーかもう、どんな深刻な状況でも平和でノホホンな事になりそう
ちくわにまざって鉄アレイ投げられたり

815 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 18:37:50 ID:BvwKw4aC
NARUTOから綱手

816 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2008/05/20(火) 18:38:25 ID:KDIO30kT
>甲賀忍法帖
ルイズが甲賀組、キュルケが伊賀組を召喚ってどうだろ
主人同士も仇敵で、争う理由ありまくり

817 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 18:43:05 ID:OhIIAd8/
このスレでよくある事の一つに『死んだはずの人間が召喚される』がある。
なら、うちはイタチ召喚も有りではないだろうか。パワーバランスは……ほとんど盲目とすれば問題ない、かもしれない。

818 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 18:43:09 ID:s4NPZVEu
>>812
おぼろ丸が本編終了後でエリアルリングを持ってたら、デルフどころかメイジ大半が涙目になりそうな悪寒。
アレ属性攻撃の大半をシャットアウトするし。まぁ王者の牙ほど理不尽では無いけど。

819 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 18:44:28 ID:ap0iIyLK
ワルド相手に瞳術使った場合、ワルド自分の偏在にフルボッコにされるのかw

820 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 18:44:38 ID:FRHgXGJY
基本忍びは君主一筋だからなぁ。ルイズに快く使い魔承諾してくれる忍者か…


ガルフォード「OK!OK!女の子を守るのは正義の味方の役目さ!このガルフォード、喜んで君に使えようじゃないか!そうだろ?ヘイ!パピー!」
パピー「ワン!」

もちろんルーンはヴィンダールヴ


821 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 18:44:41 ID:jCWyY8mf
シノブ伝から自称鷹こと音速丸を

822 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 18:50:46 ID:AYL3yCbz
>>821
タバサを見て
「むうううううん! 眼鏡無表情ナイチチ眼鏡娘属性だとぉ!けしからーん」(cv.若本規夫)

こうですか?わかりません!


823 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 18:50:58 ID:Q+kAoJwp
ギャグマンガ日和から芭蕉さんとか。
自分が凄腕の忍者だと思い込んでギーシュに喧嘩売って
「ボグオォ」「ヒヒィン(べしゃ)」

824 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 18:52:26 ID:B3OKVzKc
陰守マモルを…いや、ゆーなから決定的に引き離すのはまずいか?

825 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 18:52:51 ID:CRdIzeAC
ふと忍者ならストライダー飛竜もあるじゃないか、と頭の中でサイファーが閃いた
単純に、あのキャラにルイズのパンティー洗わせたかっただけだが
ただ、アンアンに依頼を受けた時点で、敵の首魁を暗殺出来そうで恐ろしいのが玉に瑕

826 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 18:54:58 ID:rwPH7sA/
ホァー!ホァー!

827 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 18:58:14 ID:ap0iIyLK
忍者召喚ならハマーさん召喚しかなかろう

828 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 18:59:16 ID:0sGOnUYT
そういやなんで誰も科学忍者隊を言い出さないんだ?

829 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 19:00:49 ID:jCWyY8mf
>>822
書いてから気づいたがそれにルイズとアンリエッタの中の人出ていたな

830 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 19:02:15 ID:nL13DKHp
忍者って言ったら、忍者COP サイゾウ だろう。

831 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 19:05:00 ID:i2etnz7A
かのこんからエロ狐を召還、








アン様が。

832 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 19:07:19 ID:DE/7s7er
そこで「ニンジャー」とか叫んでるフランスの某署長とか、ランエボを余裕でチギるタクドラをだな(ry

833 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 19:10:01 ID:YVWm7diI
忍者つったら昔ボンボンで連載してたハンゾーくんだろ。肩に付いてる亀で空飛べるんだぞ。

834 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 19:11:43 ID:Fw9qwYnJ
>>833
あれ、何気に設定えぐいんだぞ。
とてもじゃないが子供向けとは思えん。


と思ったがボンボンって意外にアレな設定が多かったような。

835 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 19:12:43 ID:S6FOQFl+
ボンボンだったらウル忍だろ

836 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 19:15:21 ID:dp9u5Stv
いやいや超闘士の方のウルトラも捨てがたい

837 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 19:20:42 ID:FRHgXGJY
>>834
光の狼になって襲いかかるパワーウェーブや戦車をぶっ飛ばすスーパーバーンナックルや高層ビルをぶっ壊すパワーダンクとかな!

ルイズ「うっおおーーっ!エクスプロージョン!!」
ワルド「う…ぎゃぁぁぁぁぁ!」
ルイズ「行こうぜ…新たな光(とき)を求めて…」
虚無の伝説に、終わりは無いのだから…!


ゼロの使い魔・「完」

838 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 19:21:30 ID:tVXQRcGh
ボンボンつーたら「ニンジャじゃ阿仁丸」とかか。
お馬鹿な野生児主人公阿仁丸が戸沢白雲斎の弟子で、風魔忍軍と徐福の残した忍法の奥義書六大仙書をめぐって戦うって話。
5つの神器を操る選ばれた戦士の一人がパンダで大金槌をもって暴れてたような。w
まぁこっちは別の意味でアレな話だが。

839 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 19:26:58 ID:mPkOHKBy
>>833
ハンゾーくんなら、大砲使うやつが使い魔向きだな

840 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 19:28:02 ID:HMSUU/1/
>>824
ぶる丸なんてどうだろう。
デルフくわえて、、、涎まみれだが。
てか大きすぎるか?

841 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 19:29:06 ID:2ZhUCm+1
ここで忍者の流れをぶった斬って
スーパーウルトラセクシィヒーロー・斬(本名:ジョニー)を召喚とか言ってみる

842 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 19:30:58 ID:B3OKVzKc
天誅の力丸とか?
ギーシュ戦で痺れ団子を…

843 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 19:33:38 ID:uKcwA3t+
初代ガンダールブ(左)とブリミル
ttp://news23.jeez.jp/img/imgnews34976.jpg

844 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 19:35:06 ID:i2etnz7A
いいね天誅キャラ。
レコンキスタ司令部に潜入しクロムウェルを暗殺する忍務とか王道だ。

845 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 19:36:50 ID:PGS2DFi3
忍空の風助とヒロユキ
異世界へ来ても「まいっか、なんとかなるだろ」で済ませ風助ならパンツだって洗うぞ
ただハルケギニアに風水の竜がいるかだけど

846 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 19:42:08 ID:nL13DKHp
>>844
ん?こんなところに団子が・・・何故だ、体が勝手に引き寄せられる!?
だ、団子が・・・落ちている物なのに・・・た、食べたい・・・

こうやっておびき寄せて後ろから必殺ですね、わかります。

847 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 19:46:59 ID:q45j++gV
忍者といえばカクレンジャーだろ。

848 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 20:07:29 ID:KDK+1EHC
忍者か…パッと思いつくのが侍魂の服部半蔵と赤影とジライヤだな

どれもよく知らんけど

849 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 20:09:03 ID:xCxwQIYA ?2BP(30)
忍者か・・・・・・

「拙者の名はロジャー。ロジャー・サスケ!白の真珠にして友の盾!世界忍者!」

だめだ、あの世界設定だと例え虚無とてセプテントリオンに対抗できるかどうか・・・・・


850 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 20:10:02 ID:Op78gDZC
ボンボンっていったら松の湯だろ

851 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 20:11:38 ID:PGS2DFi3
忍者なら魔法を見て何とも面妖な術を使うで驚きそうになさそう

852 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 20:11:40 ID:J+Up68qF
お前ら本当に忍者が好きだなw

853 :約束の地ハルケギニア:2008/05/20(火) 20:13:44 ID:NN1Dtn9W
投下していいですか?

854 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 20:15:34 ID:tMgME15J
シャドウハーツフロムザニューワ−ルドからアメリカン忍者フランクを召喚。
あいつの武器は鋸、仙人掌、バス停、梶木鮪、花火筒、
こけし、伝説の剣(台座付き)、おでん串。
ガンダにはもってこい。
破壊の杖も彼によって「爆刀・破壊丸」として大活躍。

855 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 20:21:01 ID:282ffCYr
お前ら忍者好きだな・・・忍者なら魔人ハンターミツルギとかもOKだよな

856 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 20:21:16 ID:CRdIzeAC
>>853
カモーン!!

857 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 20:21:30 ID:0RHQk5B0
支援するっす

858 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 20:23:14 ID:m+gqsPNW
>>825
せめてストライダー飛燕に。
どの道強すぎるが。

>>848
世界忍者戦ジライヤ?聖徳太子が作ったロボが切り札の?

859 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 20:23:37 ID:NN1Dtn9W
「ところでその猫、あんたの使い魔って言ってたわね」
「え、一応そうなるかな」
時が経ち、辺りは既に夜になっていた。今話しているのは、ルイズの自室である。ハルケギニア魔法学院は、全寮制の学舎であるそうで、今いる部屋も寮の中の一角である。
ベッドや椅子、テーブル等、一通りの家具は備え付けられていた。その中でルイズは椅子に座り、エクセルは壁に寄り掛かっている。因みにロゼはテーブル向かいの椅子に寝そべっていた。
「背中のマントに、使い魔がいる……って事はあんた、メイジなの?」
ルイズは若干不機嫌そうにありながらも、その実興奮を隠し切れずに問い掛けた。もしメイジ、魔術士であれば、人を召喚した事実は変わらないものの、少なくとも何も出来ない平民ではなくなる。
「いや、僕は魔法は使えないよ――剣や鎌、杖とかを使って炎を出したり、氷を生み出したり雷を落としたりはできるけど」
「何それ、意味わかんない」
ルイズの知るかぎり、魔法を用いず使い魔を作る方法は無かった。まあこの部分はいいだろう。ルイズは学問が優秀であるとはいえ、自分の知らないどこかでそんな文化が息づいているのかもしれない。


860 :約束の地ハルケギニア:2008/05/20(火) 20:26:09 ID:NN1Dtn9W
だが、杖ではなく剣や鎌で炎を出したり雷を落としたりする?その言葉はルイズにとっては完全に常識はずれの事だった。
魔法だってある程度加工してあるものでもいいものの、魔法の媒体になるのは杖である。純然たる武器で魔法を使うなど、聞いたことがなかった……少なくとも、人間の範疇ならば。
ルイズは多少躊躇いがちに、聞いてみる。
「って事は……もしかしてあんた、人間じゃないの?」
「ニンゲン……?違うよ」
人間ではない、との答えに、ルイズは自身の体が硬直するのがわかった。人間でなければ一体、何だというのか。
少なくとも耳は普通の人間のものだから、エルフとかの類ではない……と思う。外見的特徴が人間と殆ど変わらないのに、自らを人間ではないと言うエクセル。
ルイズの心に、若干の恐怖と、嘘だと思う疑いが生まれた。
「なら何なのよ」
ルイズは聞く。若干、好奇心も生まれているようだ。その問いかけに、エクセルの頬に何故か朱が差す。
「信じてもらえるかどうか、わからないんだけど――」
「何よ、勿体振らないで早く言いなさいよ」


861 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 20:27:20 ID:PxQf+0Rv
sageてね

862 :約束の地ハルケギニア:2008/05/20(火) 20:28:22 ID:NN1Dtn9W
「うん、わかった……実は僕、天使なんだ」
部屋の中を、沈黙が支配した。無論、驚きによる沈黙ではない。
「あんた、もうちょいマシな嘘つきなさいよね」
ルイズは大きく息を吐いた。ルイズの心中はもはや、エクセルは大嘘つき、という疑いしかなかった。
これではロゼが使い魔というのも、剣や鎌から炎を出すとかも途端に嘘としか思えなくなる。信じかけていた事に、自分を恥じた。
「やっぱり信じてくれないじゃないか」
「そんな大嘘、外で話さないでよ、恥ずかしいから」
「嘘じゃないのに……」
エクセルは肩を落とし、それからしばらく部屋を静寂が支配する。それを断ち切ったのは、エクセルの遠慮がちな問いかけだった。
「で、ここはリヴィエラのどの辺りなのかな?」
「リヴィエラですって?それがあんたの生まれた田舎の名前なの?ここはハルケギニアのトリステイン、覚えておきなさい、私に恥かかせないようにね」

863 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 20:30:12 ID:laoibVX8
C

864 :約束の地ハルケギニア:2008/05/20(火) 20:30:14 ID:NN1Dtn9W
エクセルは愕然とした。リヴィエラを知らないと言うのだ。常闇の迷宮を脱出している時に飛ばされたから、ここはリヴィエラだと勝手に思っていたが、別の世界なのだろうか。
ルイズの言葉から言えば、ハルケギニアという世界らしいが。
「参ったな、まだ問題が解決したわけじゃないのに……」
「問題が発生してても、不本意だけどあんたは今日から私の使い魔。戻ろうなんてダメよ」
「使い魔ね……ボクはエクセルの使い魔になってから、何かをした覚えがないけど……ここでは、何かしなきゃいけないの?」
椅子に寝そべりながら、ロゼが問い掛けた。ロゼがしてきたことと言えば、小窓にマナウィスプを取りに言ったり、合体攻撃に参加したぐらいのものである。
「当たり前でしょ、私の部屋に住ませてあげるんだから、最低限の働きぐらいはしてもらわないと。
まず、使い魔になった時点で感覚を共有――主人の目となり、耳となる能力が与えられるはずなんだけど……それは無理みたいね」
「そうだね」
「あとは主人の望む物を見つけてくるの。わかりやすいところで秘薬の材料とかね」

865 :約束の地ハルケギニア:2008/05/20(火) 20:32:05 ID:NN1Dtn9W
「でも僕は、自然とかそういうものに詳しくないからなぁ……キノコならちょっとぐらいわかるけど」
「田舎暮らしだったのに、植物とかの事も判らないのね……いいわ、後は主人を敵から守ることなんだけど」
「あ、それは多分大丈夫。このエクセリオンがあるからね」
エクセルは壁に立てかけていたエクセリオンを軽く掲げる。だがそれでも、ルイズの瞳には疑いが満ちている。
「そんな変な形の武器、見たこと無いんだけど。どっかの美術家が、部屋の飾りとして置いておいたものって言われたほうが、よほど信じられるわ」
「確かにこれはディヴァインだから、普通の武器とは違うけど」
「別にあんまり期待してないからいいんだけどね、その形だし。だから最低限の事をやってもらうわ。洗濯とか掃除とかね」
「……善処するよ」
エクセルはもはや泣きそうになっていた。目には微妙にだが涙が溜まっているように見える。
「災難だね、エクセル」

866 :約束の地ハルケギニア:2008/05/20(火) 20:34:03 ID:NN1Dtn9W
ロゼは相変わらず寝そべりながら言った。その態度にエクセルは若干ムッとしていたが、何も言い返さなかった。
と、ルイズが口を押さえて、あくびをした。
「もう眠くなってきちゃったわ、今日はもう寝ることにしましょ」
ルイズはベッドのほうに近づいていく。見たかぎり、部屋にはベッドが一つしかない。
「僕は何処で寝ればいいかな」
「……床、嫌なら椅子でもいいわよ」
エクセルは抗議しようとも考えたが、恐らく意味がないだろうと思い、抗議しないことにした。流石に床は嫌なので、椅子に腰掛ける。
「これ使っていいわよ」
ルイズは余っていた毛布を投げてよこしてきた。エクセルはそれを顔をあげて掴み……次の瞬間硬直した。
ルイズがブラウスを脱ぎ、下着姿になっていたのである。
「…………」
エクセルは何も言わないが、ルイズから目も背けない。若干呆けながらも、ルイズの肢体を見つめていた。
やがて下着も脱ぐ。それでもエクセルは目を背けない。頬は紅潮しているようではあるが。
「これ、明日になったら洗濯……」
ルイズはその時になって、始めてエクセルの視線に気が付いた。


867 :約束の地ハルケギニア:2008/05/20(火) 20:35:58 ID:NN1Dtn9W
「何よ、そんなにじろじろと見て」
どうやらあまり恥ずかしくはないらしい。ルイズの問い掛けにも、エクセルはただ呆けているだけだ。
「……もういいわ、これ、洗濯しておいて」
ルイズはキャミソールとパンティをエクセルに投げると、ネグリジェを着てベッドへ横たわる。
「…………」
やがてランプの灯が消え、ルイズが寝息をたてても、しばらくエクセルは呆けたままだった。

868 :約束の地ハルケギニア:2008/05/20(火) 20:37:53 ID:NN1Dtn9W
終了です。
とりあえずフォローを入れました。最初のレスでタイトルとsageが無いのはエラーで焦ってしまったので。
因みにマナウィスプですが、作品内ではステータスアップするシンボルです。

869 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 20:56:29 ID:LH96ZAtB
>>513
トリスティンがかなりを取りましたよ。
ガリアは港一つだけ、ゲルマニアは皇帝が辟易するほど
アンリエッタががんばりました。

それと、こういうときの(近代以降?)常識だけど、
獲得した領土は戦死者の数に応じて分配されます。
あくまで原則で、ジャイアニズムの通る国際社会ではありますが、
建前上は戦死者に応じて、です。
もちろん、領土獲得に役に立った戦闘での死者です。


ちなみに、首都周辺のアルビオン基幹領土はトリスティンの公爵が就いています。

870 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 21:00:30 ID:xCxwQIYA ?2BP(30)
あ、
忍者と聞いて思いついたのだが、こんなのはどうだろう?

彼は友に全てを託して死ぬはずだった。
だが、ルイズに召喚されて生き残ってしまった。
全てを失っていた彼はかつての名前『ヌル』と名乗る。
だが、フーケとの戦いを期にルイズの姿にかつての自分を見出し、再び「グレイ・フォックス」を名乗るようになる。

というのを妄想してみた。

871 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 21:03:39 ID:G1r9qNjM
忍者と聞くと飛影
ルイズがピンチの時にどこからともなく現れて、経験値を根こそぎ奪っていく自律ロボット
敵は零影と融合したワルド

872 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 21:07:07 ID:9B2L96hd
>>871
アンリエッタが亡国の女王となって異世界からの伝説の始祖―――ニンジャを探すんですね
二重クロスになってまうがシエスタの先祖は某ゲルマン忍者とかどうだろう?

873 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 21:18:27 ID:q0XpUk99
>>871
才人・ギーシュ・ルイズが虎型・竜型・鳥型のメカに乗って戦うんだな

874 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 21:20:13 ID:Z8evJYh8
ラハール呼んだのはあったから
ゼダを本状態で呼んだり

875 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 21:20:26 ID:isHn6tZB
ハルケギニア来たら薬の補充が……

876 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 21:27:33 ID:e7yqmy66
タイガー戦車出てくるって本当?あとブリミル人間で初代ガンダは女のエルフってのもマヂですか?
なんかルイズの記憶が無くなって、才人はえらいあっさり帰って来るらしいけどなんか知ってる?

877 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 21:28:17 ID:su0BfELY
約束の地の方、乙でしたー!! 

ニンジャと聞いて、ゆで作品から三戦三敗三死という不遇の超人召喚を連想してしまいました。

878 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 21:38:15 ID:ARVoKkQq
サイトってヒゲ薄いよな絶対
うらやましい

879 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 21:39:29 ID:DzbPV97D
>>793
無明綱太郎とか

ダメだ奴を呼んだら色んなキャラが刺身にされてしまう

880 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 21:40:40 ID:HELg6xfk
>>852
>>855
忍者が好きなのなんニンジャ?

881 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 21:42:19 ID:obPLgbgx
ドイツのガンダムファイター

882 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 21:43:46 ID:6GF2xy2u
50分に投下します


883 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 21:44:30 ID:rh3TNCNJ
忍空から風助はどうだろう。
ルイズ「カエル・・・カエルであってちょうだい・・・」
ただゼロ魔世界に自然龍がいるかが問題だ。

884 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 21:47:19 ID:PGS2DFi3
>>883
ヒロユキと一緒に召喚
で、変わった黒い鳥とカエルみたいな顔の子供扱い

885 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 21:48:31 ID:FRHgXGJY
>>882
作者の方よ、(出来れば)名乗られよ!

886 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 21:49:52 ID:DE/7s7er
>>882
ah- station colling, say your callsign please.

887 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 21:51:40 ID:/DRsz62K
SUPER64ですねわかります

888 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 21:55:56 ID:DzbPV97D
>>882
キサマの作戦目的とIDは!?

889 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 21:56:42 ID:62JVXVdH
ゼロの帝国第二章

890 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 21:59:23 ID:9JZVTnp4
帰れ

891 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 21:59:29 ID:nL13DKHp
>>888
ほほぉ…いい作品だな
というのを期待したいものだ。

892 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 22:00:07 ID:xCxwQIYA ?2BP(30)
待ってましたああああああああああああああああああああああ!!!!!

>>890
貴様こそ帰れ!!

893 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 22:02:39 ID:G1r9qNjM
>>892
かんちがいしてるかもしれないけど、提督とは違うぞ
荒らしまがいの小ネタで未登録な方だぞ

894 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 22:02:46 ID:BreemKyv
十傑衆
マスク・ザ・レッド
「生き恥をさらすのも辛かろう?楽にしてやるよ」

895 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 22:02:47 ID:62JVXVdH
だれも2008/05/20の21:50から投下とは言ってないw

896 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 22:06:40 ID:FRHgXGJY
原作のワルドって最後出てきたのいつだっけ?メンヌヴィル運んだとこ以降覚えてないや

897 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 22:12:05 ID:BvwKw4aC
室内で空気衝撃系の魔法使う奴はアホじゃないだろうか

898 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 22:15:31 ID:9B2L96hd
ぬーべーもいいがいずなもいいな、特に今週号はよかった

899 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 22:18:06 ID:xCxwQIYA ?2BP(30)
>>893
!?
そうだったのか・・・・
すまん、今part133まで戻って確認した。
こんなのが投下されてたなんて・・・・・・・

900 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 22:27:50 ID:ARVoKkQq
帝国は最初銀河なんとか伝ライの話かと思った
実際登場人物の名前挿げ替えてみたら元よりはるかにしっくりした

901 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 22:29:55 ID:CBP/cFce
未来永劫に投下お断りだな

902 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 22:29:59 ID:tMgME15J
スポ根ものや青春ものみたいな作品から召喚。
巨人の星やスクールウォーズ、柔道一直線とか………。


カリンさんがエアハンマーでちゃぶ台をひっくり返します。
ギーシュがワルキューレにのっかて校舎内を走り回る。
ルイズが足でピアノを弾きます。

青春ですねぇ。

903 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 22:42:19 ID:0sGOnUYT
そういえば、まとめwikiはssのまとめはともかく、最近過去ログ保管庫の追加が滞ってるけどいいのかな?
ちなみに俺はとってない。

904 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 22:42:45 ID:SqJdnCpR
なんだかブリミルと初代ガンダ良い奴っぽいな
ブリミルと初代使い魔'Sが敵なストーリー考えてたけどな……
どうしよう

905 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 22:44:24 ID:HELg6xfk
>>902
テニスの王子様はスポーツものでいいのですか?

906 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 22:51:07 ID:LH96ZAtB
まずいな・・・これではプロットを大幅に修正しなければならなくなる。
投下を遅らせるか、多少の矛盾が出てくるのを承知で再開しちまうか・・・

907 :展開予想:2008/05/20(火) 22:51:16 ID:BvwKw4aC
新世紀エヴァンゲリオンからレリエル

「・・・」
縞々のボールがルイズについて来るが意思の疎通は困難であった為
物凄い威圧感


「あ、香水が落ち・・・あれ?」
虚数空間に香水が吸い込まれた為決闘イベント回避

「破壊の杖?」
「どう見ても槍だわね」

「SOIYA!」
ルイズの投擲で打ち出されたロンギヌスの槍がフーケの土ゴーレムの胴体のみを抉りながら虚空に去っていった
「落ちてこないわね」
数時間、アルビオンのレコンキスタ旗艦を高速飛行物体が破壊したとの情報があるも未確認

「・・・」
「ルイズ、悪いんだけどその使い魔が目立ってしょうがないんだが・・・」

取り合えず傭兵を虚数空間に飲み込んだ後何事も無かったのかのように宿の上空で佇むレリエル

「そうさ!トリステインは腐っている!ウェールズしね!」
ずもももも
ワルドの足元に発生した虚数空間は偏在を飲み込むとすぐに消えた
「ときどき物が無くなるんだけど、あれが使い魔の能力?」
「いや、僕に聞かれても判らないよ」


「殿はこのルイズと使い魔にお任せください!」
どどーん どどーん
目立つ縞々バルーンを目掛けて砲撃が行われるが全く効果は現れない 業を煮やしたレコンキスタ軍勢が攻めてくるが

にょにょーん 半径5キロほどの動植物その他を飲み込むと
何事も無かったのように縞々バルーンが現れる

白き月と黒き月が健在なので
アダムへの回帰願望が無い為
使徒ですが無害です

おわり

908 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 22:54:39 ID:G1r9qNjM
>>906
提督の人かな?
いくらなんでも最終巻が出るまで待つわけにもいかないのでは?

909 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 22:59:33 ID:CRdIzeAC
>>906
あとあと後悔するかもしれないなら、投下を遅らせるのもやぶさかではありませんぞ

910 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 23:02:03 ID:C9P07gas
新刊でプロットが狂ってしまうのなら正式な発売日前に終わらせてしまえばいいじゃない。

911 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 23:02:12 ID:hkwJUI/D
>>897
ナーガの事ですね、わかります

912 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 23:02:46 ID:B9IMsU6t
ウラシマン召喚
wake up!wake up!

913 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 23:06:38 ID:/DRsz62K
佐藤大輔なら平気で投下するだろうよ!

914 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 23:12:33 ID:7CNsyKt6
>>907
うかつに投げたらアルビオン貫通して飛んでいきそうだw>ロンギヌスの槍

915 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 23:20:39 ID:9B2L96hd
そもそも提督やるるるの人は”聖地””ハルケギニア世界の成り立ち”の設定からして原作と違うのだ
なので「実は最新の原作の設定では”聖地”はこういうものだ」という設定等に今になってこだわる必要は無い
と思うのだがどうか?

916 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 23:21:21 ID:m6+kBlj4
避難所の消えそうな見てたら、バーダック召喚という電波を受信した。

惑星べジータと共に死ぬはずが助かり、フリーザも息子の悟空に倒される未来も幻視した。
もう気分が良くて、糞生意気な小娘の使い魔になるくらい良いや、とルイズと契約するバーダック。

しかし……

悟空の病死、フリーザすら圧倒する人造人間の猛威の前に全滅する戦士達。

たった一人残された戦士は僅か9歳。
壮絶な苦痛と絶望のさなか足掻き続けて10数年、力及ばず仇敵を討つ事なく倒れ付す孫。

という光景を見てしまったバーダックは、前回なす術もなくボロ負けした運命という名の超強敵に再び立ち向かう事にした。


……問題はドラゴンボールキャラッつー事だよな。
たかだか戦闘力1万の下級戦士とはいえ、ハルキゲニアにとっては充分すぎる脅威だし……

917 :ゼロな提督の作者:2008/05/20(火) 23:23:14 ID:vaayivR7
なんか賑わせてしまって申し訳ないですが・・・

近所じゃ14巻発売されてないんですよorz

少年ジャンプじゃあるまいし、早売りしてる所なんて知らないです


少なくとも、14巻読み終わるまで投下しませんから!
絶対しませんから!!

918 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 23:25:47 ID:NPGO40IO
>>916
たとえ強すぎても書けることはあるさ

ドラゴンボールキャラならば、いっそのこと戦争自体なくして異星人と戦う展開にするとか
異星人に他作品の敵を使えば豪華な小説になるかも


919 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 23:31:22 ID:54VWTqAB
>>917
ゆっくり読んでくれ
楽しみにしてるから

920 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 23:31:38 ID:dCAohO4u
>>918
いいか! 絶対言うんじゃねぇぞ!! 
そこまでやったらゼロ魔である必要ないだなんて言うなよ!

あっ

921 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 23:32:16 ID:9B2L96hd
無論、真のゼロ魔ものなら新作SSの投稿と新作原作の購読をどちらを優先すべきか言うまでも無い
無論、日本は言論・思想の自由な民主主義国家であるからして
原作を読む暇を惜しんででもSSの投稿を優先する世間に背を向けた影に生きるものたちもいる
それはそれで一つの逝き方と思う
ゼロ〇才人の作者の逝き様もOk

922 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 23:33:05 ID:MVbqR9KQ
>>918
それには最大の問題点がある。
それは、ぶっちゃけ殆どのゼロ魔キャラの存在意義が宇宙の果てまですっ飛ぶと言う事だ。
つーかゼロ魔でやる意味が無い。


923 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 23:34:56 ID:9B2L96hd
>>922
で、でも姉妹スレのDIO様召喚ものラスボスはフリーザ様な予感がするぞ
DIO様vsフリーザ様
これはこれで…

924 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 23:35:21 ID:G1r9qNjM
ゼロ魔世界に宇宙があるのかって問題もあるけどね

925 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 23:49:07 ID:ie9u7bhq
サイト以外が召喚されてる時点で「平行世界のひとつ」だから、少々設定が違っても問題ない
趙な人の場合、始祖が原作のラスボス(もどき)だったりしたことだし

926 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 23:50:16 ID:M7HUkZlX
かまいたちの夜2のBADENDで突然設定が変わったり、追加されたりなんて事もあった。
聖地の設定なんてスパーンと変えるぐらい楽勝………かな?

927 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 23:54:37 ID:LH96ZAtB
皆様、温かいお言葉ありがとうございます。
しばらくプロットの練り直しやらなんやら考えてから投下しようと思います。

928 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 23:59:09 ID:SlZnZtVL
早くネタバレ見たい人はどうぞ

ゼロの使い魔シリーズ総合スレ Part4
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/bookall/1209479750/

929 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 23:59:48 ID:PkRUI50s
鳥とか犬の獣タイプがガンダールヴだと、ルーン効果がろくに発揮できねえなあ。
テンプレに近い話の流れだと3巻で詰まるな。

930 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/21(水) 00:10:43 ID:YFRRuBpu
>>929
そこでシシ丸

931 :918:2008/05/21(水) 00:19:50 ID:rfKXlPA0
>>920
>>922
よ、よくも言ってくれたな〜〜!

・・・ご指摘のとおりこれではルイズがドラゴンボールの世界に召喚された話になっちまう
ゼロの世界観なんて糞食らえ!みたいな話も面白いと思ったんだが・・・

ゼロの世界観で考えると・・・悪役なら世界征服とかができるんだがな

932 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/21(水) 00:31:38 ID:PvC2w+Nf
このスレでやる意味ないだろ、それ
素直にDBスレでやった方がいいぞ

933 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/21(水) 00:33:53 ID:+Ff3lNOe
始祖ブリミルが、ナメック星や惑星べジータ出身とかならなんとか

934 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/21(水) 00:47:18 ID:WKyEQGDD
>>893
>>901

確認してないからなんとも言えないのだが、
話の流れからするに2軍降格クラスの出来なのかその作品。
変な例えで申し訳ない。


935 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/21(水) 00:49:07 ID:rfKXlPA0
ならばギーシュにピッコロを召喚させるのだ
ハルケギニア最強の武人となれ!
ギーシュ・ド・グラモンよ

936 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/21(水) 00:50:03 ID:Jw6/NyU7
>>934
×二軍降格
○選手籍剥奪

937 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/21(水) 00:52:07 ID:ELOV52so
>>934
そもそも、二軍にすら登録されない、
あるいは、そんな選手がいたこと自体があらゆる記録から削除されるレベル。

938 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/21(水) 00:56:05 ID:vEp7xC9M
後期のDBキャラは強すぎなので、最初期のヤムチャ召喚ってのはどうだろう?
普通に剣の使い手だからガンダも意味あるし、デルフの魔法吸収もこの時期のヤムチャになら貴重だ。

ルイズにキスされてもちょっと驚くだけだが(当たり前だ、俺はロリコンじゃないからな)
キュルケに言い寄られるとヘロヘロになりながら逃走。
テファを見て「おっぱいがひとつ、おっぱいがふたつ・・・」状態になったり
シエスタの爺ちゃんが武泰斗だったり。

939 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/21(水) 00:58:53 ID:viDXhWTx
銀河お嬢様伝説ユナからあいつらを召喚

懐古厨じゃねえ
ついにPSP版が出るんだぜ!

940 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/21(水) 00:58:57 ID:hDwsPi2D
>>934
二次創作のクロスなのに、キャラの性格が360度軽く突破して捩れ曲がって名前だけ拝借した完全別キャラに成り下がってる。

941 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/21(水) 01:06:28 ID:uKj4D681
>>934
>>940に追記
二次創作の作者自身なら「まだ」ともかく、
「そんなのがあるんですよ」と言ってるだけの輩が書いてると。

ゼロ魔世界蹂躙作品でもあるし、クロス先の変化も説得力ゼロ。

間違っても読もうなんて考えない方が。

942 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/21(水) 01:06:55 ID:6JKzUctq
>>934
記す事さえ憚られる作品です

943 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/21(水) 01:15:10 ID:D1bcyX3e
>>934
選手つーよか

試合に乱入したストリーキング

944 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/21(水) 01:26:21 ID:I1s1byoF
>>940
シエスタにお仕置きとか、アンチギーシュの性格改変作品も同じ扱いにすべきだな。

945 :名無しさん@お腹いっぱい:2008/05/21(水) 01:27:54 ID:K+d+seMA
無機物(ロボとか)系も難しいよな。
サモンナイト3からヴァルゼルドを召喚してみたいがルイズとの関係が発展しにくそうだ。
畜生、ルイズに振り回されるヴァルゼルド可愛いよヴァルゼルド

946 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/21(水) 01:28:57 ID:9ZPfG5qg
五分後くらいに『テイルズオブシンフォニア』のミトスさんが召還される
小説を投稿します。世界設定とか少し変わるかもしれませせんがお付き合い
下さい。
 

947 :ゼロの天使:2008/05/21(水) 01:34:21 ID:9ZPfG5qg
ゼロの天使00

作品名 テイルズオブシンフォニア
召還されたキャラ ミトス・ユグドラシル


「―――さよならだ、僕の影・・・僕が選ばなかった道の、最果てに存在者・・・」

巨大なマナで出来た彗星「デリス・カーラーン」の最深部、4000年に渡り星を支配し続けた巨大な神の機関クルシスはその最高指導者であったハーフエルフの少年の死と共に崩壊しようとしていた。

「・・・ここに・・・俺たちの世界にいても良かったのに・・・・」

燃える様な炎の剣と凍て付く冷気の様な青い剣を携えた少年、ロイドは哀れむような眼差しで、ゆっくりとミトスに歩み寄った。

「――僕は、僕の世界が欲しかった・・・だから僕は後悔しない。僕は何度でもこの選択をする。」

消え行くその表情からは、それが彼の本心であったのかロイドには読み取れなかった。

息を吸い、ロイドは剣をふるった。 「・・・馬鹿野郎・・・」




  ・・・そうさ、僕は後悔なんかしていない・・・


その瞬間、世界は光に包まれた。


948 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/21(水) 01:36:57 ID:RCwBYAQK
支援

949 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/21(水) 01:37:34 ID:pimEKaNU
支援

950 :ゼロの天使:2008/05/21(水) 01:37:44 ID:9ZPfG5qg
トリスティン魔法学園で二年生に進級する試験の一つに「使い魔召還の儀式」がある、
メイジとっては生涯のパートナーであり今後の進路にも影響する重要かつ神聖な儀式だ。
試験と言っても召還魔法自体は誰にでも出来るコモンマジックでありメイジ達は自分の元に
どの様な使い魔が訪れるのかと心躍らせていた。

「ギャー!!」

「ほぉ・・最後に来て大物をだしたものですな―ミス・ツェルプストー」

些か頭が寂しい中年男性が召還された小型の火竜サラマンダーをみて感服の声を上げる

「私の二つ名「微熱」の名に相応しい使い魔ですわ」

サラマンダーを召還した生徒―キュルケは己が呼び出した使い間を満足げに撫で回しながら自信に満ちた回答をする。

「えーこれで全員ですかなー?」
「いいえ、まだ・・ミス・ヴァリエールが」

キュルケの目線の先で名前を呼ばれた少女、ミス・ヴァリエール事ルイズが少し戸惑った表情をして前に出てくる。

「昨日あれだけ大見得きったんだからこの子より凄い使い魔を呼べるんでしょうね?」
「と、当然でしょうー」

言葉では強がっているが四系統どころか基本魔法であるコモンマジックでさえ一度も成功させたことが無い、正直不安でいっぱいだった。

(ここで強力な使い魔を呼べればもう誰も自分の事を「ゼロ」だなんて呼ばなくなる、
 でも・・もし失敗したら?)

落第?      サモンサーヴァントで?       学園史上初?

最悪の結果が頭を過ぎる中ルイズは杖を振るった。


951 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/21(水) 01:38:16 ID:2fvN+CN0
ちょっメル欄、メルアド書かなくていいんだぞ〜

952 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/21(水) 01:38:32 ID:lbWNJ0j3
取りあえず>>1をよーく読み直してから出直してくれとしか言いようが無い。


953 :ゼロの天使:2008/05/21(水) 01:39:42 ID:9ZPfG5qg
「宇宙の果てのどこかにいる、私の下僕よ! 強く、美しく、そして生命力に溢れた使い魔よ! 私は心より求め、訴えるわ。我が導きに応えなさい!」

周りからの「はあ?何その呪文ホンキデスカ」的な視線が痛い・・・

(お願い出てきてくれるならヘビでもカエルでも良い、あっでもカエルはやだな、うん昔から嫌いだし後、
出来るならツェルプストーのサラマンダーに勝てる奴、ドラゴンとかグリフォンなら大歓迎です)

ルイズのなかで要求がエスカレートしていく中、呪文が完成し今まで通り周囲に黒煙が立ち上る、
ただ今までと違いルイズは確かな手ごたえを感じ己の魔法が成功した事を確信した。

(何かな!何かな!他の星から来た魔王とか神の分身の聖女とかもいいなー
あっでも夢見がちな王様とか やたらいい声の戦闘狂とかは・・・ちょっと引くかも)

 どんどん加速していくルイズの妄想、内容が具体的なのは気のせいだろう・・・

 煙が収まるにつれて姿があらわになる、そこには。

(お、男の子・・?)

 煙の中から現れたのは14歳くらいの金色の髪をした男の子、
杖もマントも持っていないので貴族では無い様だ、と言う事は?

「ゼロのルイズが平民を召還したぞー」
「さすがゼロのルイズまさか平民を呼び出すなんて(笑)」
「あら?でも見てあの子、凄く綺麗な顔してる」
「ほんと、良かったわねールイズそんな可愛い子が使い魔になってくれて」

 ルイズは恥ずかしさと怒りで顔を真っ赤にする。

(落ち着け私こんな時こそ優雅に冷静に・・取り合えずコルベール先生に召還のやり直しを・・・って
出来る訳ないわよねー)


954 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/21(水) 01:39:48 ID:pimEKaNU
もしかして、初めての人かな?

955 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/21(水) 01:41:59 ID:viDXhWTx
初めての人っぽいがメル欄はヤバイぞ
速攻で変えることを奨める

956 :ゼロの天使:2008/05/21(水) 01:43:28 ID:9ZPfG5qg
召還に失敗したならいざ知らずこうして使い魔が現れた以上新たな召還を行うにはこの少年を殺さなくてはならない
 そんなことコルベール先生が許すはずが無いし私もしたくない。

(OK、OK、取り合えず前向きに考えよう、召還は成功したんだ、取り合えず留年は間逃れたしコモンマジックとは言え
一応魔法が成功したのでゼロでは無くなった、召還された男の子もみんながいうように結構綺麗な顔してるし、カエルやネズミが来るよりはマシだろう)

意を決した私はコントラクトサーヴァントを行おうと気絶している男の子に歩み寄る。

(うん、近くで見るとホント綺麗な顔してる、髪は肩まで有る綺麗な金色で・・・あれ?)

少年の顔にある違和感にきづいた時、背筋が凍りついた。

「ミ、ミミミミミミミスタ・コルベール!こっこの子」

コルベールは何事かと思いルイズのそばにより

「何事かね?ミス・ヴァリエーリ、召還のやり直しなら受付・・うっ!」

ルイズと同じく凍りついた。

耳が尖ってます、思いっきりエルフです! ええ、ハルケギニア最強種族です!

「エ、エルフだ!」

少年の正体を理解した他の生徒が騒ぎだす、子供の頃から植えつけられたエルフに対する恐怖は大きい。正直ルイズやコルベールだって出来れば逃げ出したいんです!

「ミ、ミス・ヴァリエール、と 取り合えずコントラクトサーヴァントを契約さえ済ませれば行き成り攻撃される事は無いはずです」

「は、ハイ!えーと、我が名はルイズ・フランソワーズ・ル・ブラン・ド・ラ・ヴァリエール。五つの力を司るペンタゴン。この者に祝福を与え、我の使い魔となせ……」


957 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/21(水) 01:44:52 ID:3u5jctiL ?2BP(30)
待て、メル欄にはsageと書いてから投下するんだ!

958 :ゼロの天使:2008/05/21(水) 01:46:43 ID:9ZPfG5qg
契約の呪文を唱え唇を合わせた。

左手に使い魔のルーンが浮かびあがると同時にエルフの少年が目をさました

「・・・ここは?」

「ここはトリスティン魔法学園です」

コルベール先生が油断なく杖を構えながら私とエルフの間にたつ。

「トリスティン・・・魔法学園?」

エルフの少年は状況がわからず困惑している、因みに私と先生を除いた生徒たちは皆
50メイル位離れた所から様子を伺っている。

「そ、そうよ貴方は私のサモンサーヴァントで召還されたのよ」

エルフは虚ろな瞳でわたしを見るとそのまま仰向けに倒れ気絶した。

「これは・・・見たことの無いルーンですね」

コルベール先生がエルフの左手に刻まれたルーンを興味ぶかそうにスケッチする。

「ミス・ヴァルエール、この事は私から学園長に報告します、貴方は次の授業は結構ですからその少年と今後の事についてしっかりと話し合いなさい」

コルベール先生の言葉を聞きながら私は思った 

(これからどうなるんだろう・・・)

 平民だと思っていた少年が実はエルフで自分はそれと契約を交わした・・・
 レビテーションで運ばれて行く少年を見送り、半ば放心状態の私には気絶しているはずの少年が呟いた言葉は聞き取れなかった。


   「姉さん・・・」


959 :ゼロの天使:2008/05/21(水) 01:48:57 ID:9ZPfG5qg
ゼロの天使01



「――― つまり、ここはトリスティン王国にある魔法学園で僕は君の使い魔として呼び出された、でいいのかな?」

 目を覚ましたエルフの少年・・・と私はコルベール先生に言われた通りはなしあった。
私は、サモンサーヴァントの事、ハルケギニアの事、魔法学園の事、そして元居た場所に返す魔法が無い事を告げた。

初めは勝手に召還して承諾も無しに使い魔のルーンを刻んだ事に怒るかと思ったけど今の所エルフの少年に敵意や怒りの様な物は感じられず、自分の故郷の事 
(シルバラント)や(テセアラ)などの事を聞きさらに自分はヘイムダールと言うエルフの森で生まれたのだと言う。

私がその何れも知らないと答えると少年は 
「そう――か・・」
と呟いて窓から見える月をぼんやりと眺めている。

 (怒ってるかな・・怒るよね、私だったら絶対怒るもん・・・)

 エルフは窓の外を見ながら物思いに耽っていたが少し目を閉じて溜息を漏らすと私の方を向いた・

「それで、使い魔は具体的に何をすればいいのかな?」

私は心臓の鼓動が飛び出る位高まるのをかんじた

「え えーとそれは私の使い魔をやってもいいって事かしら?」
「いいも何も、もう契約してる訳だし」

 左手のルーンを擦りながら「別にいいよ」みたいな表情をする。

 「えーと、いろいろ在るけどまずは主人の目となり耳となる事よ」
 「感覚の共有だね、でも出来てないみたいだけど」


960 :ゼロの天使:2008/05/21(水) 01:50:23 ID:9ZPfG5qg
「う・・・まあ、エルフだからかもね・・次はご主人様の望むものを見つけて来るのよ、苔とか薬草とか」
「うーん、この辺りの地理が分からないから難しいけど――うん、なんとかするよ」
「そ、そう、期待してるわ」 

(早く取りに行ってもらえる様にならないと)

「それからこれが一番重要!使い魔は主を持てる力の全てを使って守り抜くのよ!」

そう言ってからルイズは改めて己が呼び出したエルフを見る、エルフと聞いて真っ先に思い浮かぶのがメイジの使う「四系統」を
遥かに上回る「先住魔法」なのだが・・・

(小さい・・・)

目の前のエルフはどう見ても14〜15歳位の少年で今まで伝え聞いてきたエルフ達に比べるとあまりに頼り無いように見える。

「了解・・それで今日はこれからどうすればいいかな」

「今日は、特に何も無いわ私もこれから寝るもの」

ふぁー と欠伸をした所でルイズは大変な事に気が付いた

「あ!そうだ、貴方の寝るところ」
「ああ、僕は外で寝るから良いよ」
「え!いいの?」

過去の旅で野宿にはなれていたし、この辺りの地理も把握したかったので戸惑い無く外へ向かう

「あっ待って、私まだ貴方の名前聞いてない」

外へ行こうとするエルフを見てルイズは自分達が最も優先されるべき自己紹介を行っていない事に気が付いた。

「私はルイズ、ルイズ・フランソワーズ・ル・ブラン・ド・ラ・ヴァリエールよ」


961 :ゼロの天使:2008/05/21(水) 01:51:26 ID:9ZPfG5qg
ルイズが腰に手を当てて小さな体で威厳を示そうとする

「僕はミトス・・、ミトス・ユグドラシル」

エルフの少年、ミトスは軽く会釈すると部屋から出て行った。

一人になったルイズは勢い良くベッドに飛び込むと足をばたばたさせ始めた
(エルフよ!エルフ!ゼロの私がエルフを従えるなんて!)
今日、自分起きた出来事の素晴らしさにようやく実感がもてたルイズは枕を抱えてゴロゴロ転がる。
「神聖で、美しく、強力な使い魔!私が望んだ通りじゃない!」
あまりの嬉しさにポンポン飛び跳ねるルイズは――

「――褒めてくれて有難う」

何故か戻ってきていた使い魔に気が付かなかった・・・

 ポカーン・・・・

恥ずかしい・・・この上なくハズカシイです・・・

「ルイズ、さっき言い忘れたけどエルフの見た目年齢は当てにしない方が良いよ」

そう言うとミトスは「おやすみ」と言い残し今度こそ出てった

一人残されたルイズは恥ずかしさでしばらく放心していたが

「ご、ご主人様の部屋に入る時はノックくらいしろぉおぉぉぉおぉ!!」

やり場の無い怒りを枕に乗せて投げつけた。







962 :ゼロの天使:2008/05/21(水) 01:52:32 ID:9ZPfG5qg
外に出たミトスは回りに誰も居ない事を確認すると天使の翼を広げ飛び立った。
遥か彼方の町が見える位置まで飛翔すると自分の頭上に巨大な青い月と小さな赤い月が見える。

「二つの月もそうだけど、ここのマナは今まで感じたことの無い不思議な感じだ
ここは、本当に異世界なのか・・・」

かつて時の魔剣「エターナルソード」の主でもあったミトスは自分の住む世界以外にも数多の世界が有る事は知っていたが実際に訪れるのは始めてだった。

( 世界も・・・姉さまも救えず、行き着いた場所が異世界か・・・)

 『あはははははははははは!!』

体の底から湧き上がってくる笑いをミトスは抑える事ができなかった

デリス・カーラーンでロイド達に倒された自分がなぜ生きて、しかも異なる世界に存在しているのかは分からない、ただ一つだけ分かる事があった。

自分は世界から弾き出されたのだ

異端の種と言われるハーフエルフである自分達の居場所を探す、それが4000年前に始めた旅の目的だった。

その旅の終焉が皮肉にも異世界だった、そう考えると今までの事が馬鹿らしく思える

泥水をすすりながらも仲間と共に歩んだ日々
   世界のために世界を二つに切り裂いた事
    無機生命体の千年王国を目指しクルシスを立ち上げた事

全てが色あせて見えた。

双月の夜空で、ミトスは涙が枯れるまで笑い続た・・・・


963 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/21(水) 01:54:24 ID:Jw6/NyU7
いいねいいね

>涙が枯れるまで笑い続た

この表現すっげえつぼったが、惜しむらくは脱字が・・・・

964 :ゼロの天使:2008/05/21(水) 01:59:29 ID:9ZPfG5qg
こんには、初投稿でいろいろ至らない所があり申し訳ありません
これから内容共々向上して行けるように努力すのでしばらくお願いします。

965 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/21(水) 02:00:54 ID:Jw6/NyU7
とりあえず、書いた後音読するクセを持ったほうがいい。

展開はキライじゃない

966 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/21(水) 02:01:46 ID:x0j79xaO
・メール欄にsage
・2chで不用意にメルアドを晒さない
・晒したら即効でアドレスを破棄。でないとスパムみたいに色んなの来る(可能性が高い)
これやってりゃなんとかなる

967 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/21(水) 02:13:33 ID:x3Wulgu8
荒削りながらなかなか面白い
これからの成長に期待

968 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/21(水) 02:47:35 ID:EjJxIzxj
シンフォニアか懐かしい
続きが気になるな頑張って

969 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/21(水) 02:48:46 ID:3u5jctiL ?2BP(30)
新人さんみたいなので、自分が次スレ立てますね

あと、投下乙です

970 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/21(水) 02:50:33 ID:zfkVKTX+
>>775
風雲拳ですね、わかります

>>837
ギーシュ戦で
ル「なんだぁ…ゼロだぁ…一体誰の渾名だよてめーっ!!」
才「そいつは俺が聞きだそう」
ル「ばかぬかせーっ!?
  お前肩が外れてんじゃねーか!!」
なんて会話があったりする訳でしゅねキムしゃん

どうもこのスレには狼が何人かいるようです…ね!

971 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/21(水) 02:52:30 ID:3u5jctiL ?2BP(30)
というわけで次スレ立てました

あの作品のキャラがルイズに召喚されました part137
http://anime3.2ch.net/test/read.cgi/anichara/1211305858/

972 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/21(水) 03:04:24 ID:RCwBYAQK
スレ立て乙です

973 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/21(水) 03:42:08 ID:h9E1M3cH
>>971
乙。

偽テンプレNGID:tYZFTLTF

974 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2008/05/21(水) 06:03:11 ID:4jgXgQXP
すれたて乙です。
後埋め

975 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/21(水) 06:49:59 ID:0QfCYDEh
またテンプレ読まないで投稿する奴がきてたか・・・・

976 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/21(水) 06:54:07 ID:If/HPYn0
そろそろ埋めるか。

977 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/21(水) 07:01:28 ID:hDwsPi2D
では埋め・・・・

それはそうと、幸せの木の友達が召喚されるとか考えちまったorz

978 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/21(水) 07:18:08 ID:quGCpC0L
>978
あいつ等が召喚されるとゼロ魔キャラの体も脆くなるのか。
某グループのPVにあいつ等が使われたときメンバーの体もやたらと脆くなって
生首になっていたからなあ。

979 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/21(水) 07:37:36 ID:FpLF+uXZ
>>970
そういえば、石川賢版餓狼伝説コミックなんてものもありますね。
パワーゲイザーを直接脳天に打ち込むと全身の骨がばらばらになったりするやつ。

980 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/21(水) 08:07:51 ID:O55Fb+QQ
餓狼伝説からギース・ハワード召喚







ギーシュが

981 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/21(水) 08:35:00 ID:jVrBzAQG
>>980
ギーシュ・ハワードとでもいいたいつもりか

982 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/21(水) 11:27:48 ID:o5BS7dri
某富豪家の執事、ギーシュ・ロイヤル


983 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/21(水) 11:32:28 ID:5ZivJVOa
>934
野球で例えると
開始の合図と同時にいきなり毒霧
ひるんだ所でパイプ椅子で滅多打ち
動けなくなった所でチョーク攻撃
最後に立っていたのは俺だから俺の勝ちだと主張する
リトルリーグの試合に乱入したヨッパライオヤジ

984 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/21(水) 13:17:59 ID:MFc8XRO0
別の板でだが前に間違ってメアド晒したことあるがスパムもなにもきませんでした
そこのスレ住人には今でも感謝してる

985 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/21(水) 13:28:09 ID:6Av+SIy/
2chに限らず不特定多数の人間がみているところに
個人情報をやりとりするようなメールアドレスを書き込むのは
危険だからやってはいけないことなんだが。

986 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/21(水) 13:34:20 ID:7XTwBJs1
誰か忍者を忍者を書いてくれ
忍者が足りない

987 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/21(水) 13:54:38 ID:MFc8XRO0
>>985
大体そんなもんでしょメアドに限らず

988 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/21(水) 14:01:00 ID:CLICE7/Z
>>986
ウイザードリーの若い女忍者でいいよ。
すっぽんぽんで敵の首を刎ねまくるの。

989 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/21(水) 14:02:43 ID:n2tP1zb/
+激しく忍者+を召喚するのかw

990 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/21(水) 14:11:07 ID:hbGNdQpF
かげろうお銀でも召喚しとけ
サービスカットには困らんぞ

991 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/21(水) 14:16:33 ID:+PR5ee/S
「ホォアアアア!!いくぞアレクサンダー流忍術最終奥義!!!

 ハ マ ー が い っ ぱ い ! ! (ドオォーン)」

シエスタ「うわぁぁーーハマーさんがいっぱいいて気持ち悪ぅぅーーー!!」

「そらそら さっきの威勢はどうした!?
 ほーらこっちだYO!早く攻撃してみろ!!
 ハーハハハハハ!!」

ギーシュ「………」

「ほーらほら…(ハァ)できるだけ早く攻撃した方がいいYO!!」

ハァ シュル ハァ  シュル

「ちょっと…ほら早く(ハァ) 何ボサッとしてんの?(ハァハァ)ほら早く!攻撃して!(ハァ)」

「ちょっ…ねぇお願い…」

 ハァハァ

「ハァハァ…おなか痛いから…」

ハァハァハァハァ

「あ(ハァハァ)あの………」

ハァハァハァ

「調子こいてすいませんでした…」


 ガ ス ン

992 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/21(水) 14:22:16 ID:OSmiXhvP
>>989
とくればクックルだな

993 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/21(水) 14:25:31 ID:oxXNC7PZ
>986
召喚するのはなんニンジャ

994 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/21(水) 14:35:59 ID:x0j79xaO
ナニンンジャテ( ´д)ヒソ(´д`)ヒソ(д` )ソレハネーヨ

995 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/21(水) 14:39:36 ID:bY9vl+xT
ハマーさんを召喚
ルイズにジャンピング土下座をしてくれw

996 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/21(水) 14:44:11 ID:+PR5ee/S
>995
むしろ相手はギーシュだろ

「どうやったらそんなにモテるのか教えて下さい」
シエスタ&ルイズ「で、出たぁーージャンピング土下座ーーー!」

997 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/21(水) 15:19:21 ID:qXYXRvkK
997なら一気に1000まで埋める

998 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/21(水) 15:19:45 ID:qXYXRvkK
count down 2

999 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/21(水) 15:20:06 ID:qXYXRvkK
1

1000 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/21(水) 15:20:48 ID:qXYXRvkK
1000

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

340 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)