2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

病み上がりなんだが

1 :スペースNo.な-74:2008/07/22(火) 12:19:21
絵を練習したいのに調子が戻らない。2ちゃんしたり漫画読むことはできるんだけど・・・
なんか気軽にできる練習しってたら誰か教えてください

2 :スペースNo.な-74 :2008/07/22(火) 12:22:06
パクリスレ立てんなボケ

3 :スペースNo.な-74:2008/07/22(火) 19:05:21
夏っスねっ!

4 :スペースNo.な-74:2008/07/22(火) 20:30:25
 何故絵を描き始めたか君は覚えているだろうか。
――僕は覚えている。
 あれはそう、いつもいくスレで絵師(いい絵師)が降臨した時だった。
僕達が盛り上がってた話に拍車をかけるように、妄想を具現化する魔術師のように、絵にして僕達に見せてくれた。
 今にして思えば、それはどこか素人くさい感じがする絵だったように思う。
けれど、僕達が歓喜するほどその絵には魅力があった。 そう、そこには僕達の夢があったのだ。
 そうして僕も絵を描き始めた。彼のように僕も人を喜ばせる何かを表現したいと、魔術師になりたいと。
 しかし、現実は厳しかった。一言も僕の絵にレスがつくことはなかったのだ。
 当然と言えば当然である。
 僕の絵は……下手だったのだ。 醜く、そして汚く、落書き以下のゴミ。
 その事実に気付いた時、僕は泣いた。自分の力のなさに泣いた。そんなことにも気付けない己の情けなさと、そして屈辱に。
 涙と悲しみが彼果てた時、僕の中にあったのは復習だった。
 逆恨みかもしれない、けれど僕はあのスレの住人を見返してやろうと誓った。
 友に無実の罪を着せられ、復習の時をまったあの人のごとく僕は、復習のために絵を学びだした。
 hitokaku デッサン ドローリング 模写 ルーミス……。
 雨水をすいこむマンホールのように僕は知識を吸収した。そうして、必然的に僕の技術は向上した。
 特に売れ筋漫画家の絵は細部まで研究しつく、描き癖をマスターし、瓜二つにかけるほどになった。
 ついにその時はきた。 僕は一枚の絵を仕上げた。
 誰もが望む、そして今風の流行にそった完璧な絵だった。
 スレに投入すると、すぐに賞賛のレスがついた。僕はさらに絵を描き投下し続けた。
 神とよばれ、もっとと求められ、再うpお願いしますと頭を下げられた。
 だが僕の心には何もなかった。感動も満足もなかった。
 ただむなしかった。描き出した頃のあの純粋な楽しさ。あれは何だったのか。
 今書きなぐる絵は美しく、完璧かもしれない、けれどそこには心がない、愛がない、魂がない、そして僕という自身がないのだ。
 僕はスレを閉じると、静かにベットへと寝転がり、声を殺して泣いた。
 もう絵を描く事はないだろう。僕は失ったのだ、本当に描きたかったあの情熱を。僕自身の世界を。


3 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)